プロが教えるわが家の防犯対策術!

ヨーロッパでの新卒現地採用について。
海外(特にヨーロッパ又は北米、豪州NZ)での現地採用経験者、もしくは現在現地採用として働かれている方に質問です。

私は現在大学生で将来の就職の際、海外での現地採用を視野に入れています(それも日本食レストランやコールセンターなどの単純作業ではない仕事)

そこで、現地採用経験者の方にどのようにして現職を手に入れたのかの経緯について話をお伺いしたくトピックをたてました。


これまで自分で調べたり、インターネットを含めて様々な方の話を聞くうえで、新卒での海外、それも欧州での職探しの難しさについては多少理解しているつもりです。

・ただでさえ若者の就職率が悪い欧州にビザも何もない日本人の若者が職探しをするむずかしさ。
・言語の壁
・日本企業からの駐在員と現地採用の条件を比べた時の待遇(最もこれについては私は特に気にしません)
・経験不足、特殊能力があるわけではない
・日本帰国後の仕事
・通貨価値の違いから日本に帰国した際に生活できる貯蓄ができるのか

などなど考えればきりがありません・・。

そして、意見をいただく前に私について多少紹介させてください。

私は現在東京の文系大学生で2年生を終え、諸事情によりアジアの国に長期滞在中です。(2015年に日本の大学卒)
語学についてですが、英語は今のところネイティブとの会話でも日常会話であれば問題なく英語メディアの活字以外のニュース(ラジオ、テレビ)でも7割程度は理解できますが100%理解はできません。過去に受けたTOEICでも800点を少し超えるほどです。
現在滞在している国の現地語は日常会話なら可能です(英語のが断然得意)

なので現在の時点で就業経験はありませんが、英語で仕事をする十分な英語能力は備わってないでしょう。
最も就職までに時間が数年あるのでそれまでに可能な限り勉強は続けます。

職業経験についてですが、日本でのアルバイト経験の他、今のところありません。
しかし来月から半年ほどこちらの企業でインターンシップをさせていただく予定です(現地語と英語と日本語を使う仕事)。
このような在学中の経歴も職歴として見られる可能性はあるのでしょうか?



以上とても長文になりましたが、現地採用として現地の会社または日系企業で働かれている方、過去にそのような経験がある方、もしよければどのようにして職を探し(求職に使った媒体)、手に入れたか、苦労したことなど何でもいいのでお話を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

僕は現地採用じゃないし専門家でもない。


ただ、分かてるのは、難しい路線だと言うこと。

そして現地採用されたり、帰国後のシュウカツで海外営業などになれる奴は、ほぼ100%向こうの大学に留学(短期も含む)してたってこと。

そして英文学や日本文化などでなく、経済学や工学など実学を専攻をしてたってこと。

英語力は必要だけど、それがメインのスキルじゃない。


最後に、日本の悪いところは、日本が欧米と比較しても、
意外にも治安がよく(日本人には)人種差別は少なく、サービスも良く、仕事もあるってことかな。
つまり
日本が言うほど悪い国じゃないってのが、日本人が外に出ない要因になってる。
語学とかはすきなんだけどだからと言って欧米でずっと暮らすのを選択する人は少ないよね。


韓国、インド、アフリカとかだと母国と2-5倍ぐらい仕事の待遇が違うし、他にも問題が多い。
だから毎年、数万ー数十万人ずつ欧米に移住してって帰ることは少ない。
日本の場合は、実際、欧米で仕事に就いても1年に1回は帰ったり、日本の同業種で転職する人が少なくない。
アメリカで弁護士取ったり、MBA取った人でもたいがい日本に帰る。
こういう傾向は他の国ではあまりない。
知り合いのアフリカ人(エリート)は兄弟5人全員が違うヨーロッパ各国で暮らしてる。
口で言っても分からないと思うし、ともかく海外で仕事をしたら良いだろう。

あと、まああまり薦められることじゃないけど、ガイジンとしての身分があるから、ともかく現地の人と結婚しちゃうことだよ。
上記の国では生活保障がしっかりしてるから、最悪、生活保護とかが軽くあるし、死ぬまで暮らせる。
これは日本のナイジェリア人、フィリピン人見てれば分かると思うけど。
パリなんかもかなりフランス人と結婚して離婚して、仕事も無く一気に路頭に迷うガイジン日本人は多いけれど、子どもはフランス人なわけだから、フランスの手厚い社会保障でずっと暮らしてる女性がけっこういる。
この境目は「フランス人か否か」だからね。
    • good
    • 0

知り合いがベルギーに女追っかけに行って、そこで探したら仕事見つかった。


たぶん日系企業。
年収300万ぐらいだけど彼女の収入もあるし、暮らせるのに不便はなさそう。


実は
ヨーロッパとかは日本の1,5-3倍くらいの平均年収があるし、そこそこの仕事にんさえ就ければナントカなる。
タイで塾講師とかも5-10万は貰える(タイの公務員の月収は3万円程度)。

個人的には少し勉強をしてどんなカタチであれ現地の学校(交換留学や院)に行った方がいい。
(海外では、英語力や学歴に対してシビア。むしろ日本は大学名にこだわるが、海外は高卒、大卒、大学院卒、そして専攻という専門性へのこだわりが強い。日本の子どもの偏差値主義並に、書類主義的でもある。
可能性を広げる意味では、自分らしさなどへの甘えは捨て、1書類上の人物として採用されやすい方を選ぶといい。)

その方が可能性は広がる。ガイジンでも無料の福祉やソーシャルスキルセンター入れたりするし。
移民に寛容でカネもあるのはベネルクス+北欧。
アメリカ、豪州、英国は日本食レストランバイトみたい負け犬日本人が多い。不法滞在になったり、結局は日本に帰る奴が多い。

今ワーホリできるのは、
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、中華民国(台湾)、香港。

仕事なんて需給で決まるから、ワーホリ後でチャンスが多いのは、香港とデンマークじゃないかと思う。前者は金融と貿易、後者は海洋とエネルギーがある。
(ワーホリで豪州やカナダに行ったけど、現地で仕事も無いし、英語力もつかないなんて奴はごろごろいるし、基本的には薦めない)
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新卒で海外就職しますが…

こんにちは、はじめまして。

日本国内の大学で、独文を専攻している24歳の女性です。
2011年の3月に卒業後、ドイツへ渡り、日本食レストランに就職予定です。


この「新卒で海外就職」というものに、 まさか自分ができるとは思わなかったと驚く反面、
昔からドイツで生活して何かを成し遂げること、に憧れていました。留学を目指していましたが断念しました。就活でもドイツのことなど、忘れていました。
だから、ドイツへ就職することは、何かのチャンスなのかな、と考えたりします。

しかし、この件を大学の就職課に知らせたところ、以下の事を懸念されました。
~不安要素~
1. あまり有名なところではない。福利厚生はしっかりしてる?生活できるのか? (日本国内と勝手が違うから、そういう面も不安とのこと)
2. 一応、正社員採用であるが、私は「ウェイトレス・サービススタッフ」の位置なので、ずっと ただのバイトのような仕事しか任されないのではないか? そうしたらキャリアに繋がらず、万が一、帰国し転職しようと思っても 職がない可能性も。だらだら現地に居続けることになってしまう

3. 行く際の渡航費が自己負担であること
私は社長にメールで尋ねました。

1. 福利厚生:あり。ただしドイツの法律に沿って徴収される。週1.5日勤務、10時間×5日、5時間×1日。 有給は約三週間。
2. 今後私がどのようなポジションになるかは、私の仕事次第。 昇給は、3ヶ月~半年ごと。まずは基本的な業務をまずは覚えられるように、との事…。

3.企業なら自分で出してくれるもんではないのだろうか?
ビザは会社が介入するので、おりやすいとの事。住居や役所の手続きも手伝ってくれるらしい…

社長は学生時代、私の在籍するD大に通っていたようで(途中で辞めて方向転換したようだが)、面接も少し親近感を感じました。
私が社長に買われたのは、ドイツ語より、三年間接客業のアルバイトをやっていたことだと私は思っています。

ただ、飲食業の正社員というと、他の販売と比べたら多忙極まりないですし、
日本と全く違うと思うので、自分がその中でやっていけるかという怖さもあります。
母は、私がドイツに憧れ勉強したことを知ってるので、「まぁ挑戦してみたら」と応援してくれてます。
私は挑戦したいのですが突っ走てはいけないのか迷います。 何か助言をお願いします。

こんにちは、はじめまして。

日本国内の大学で、独文を専攻している24歳の女性です。
2011年の3月に卒業後、ドイツへ渡り、日本食レストランに就職予定です。


この「新卒で海外就職」というものに、 まさか自分ができるとは思わなかったと驚く反面、
昔からドイツで生活して何かを成し遂げること、に憧れていました。留学を目指していましたが断念しました。就活でもドイツのことなど、忘れていました。
だから、ドイツへ就職することは、何かのチャンスなのかな、と考えたりします。

しかし、...続きを読む

Aベストアンサー

海外在住日本人です。

海外に行くと、日本のように受け身ではやって行けません。基本的に、何もかも自己責任です。

私の場合は、友達の友達の友達の...という現地のツテの方を紹介いただき、大変お世話になりました。
一緒に銀行に行って口座を開くのを手伝ってくださったり..。


現地に親族友人など、協力し後ろ盾となってくれる人がいなければ、やはり過酷だろうとは思います。
文化も言葉も地理も、何もかも違うでしょうから。

可能なら、2、3週間でもよいので、現地にホテルをとって、どんな所か下見に行くとよいと思います。
渡航費や滞在費などはかかりますが、2度目の渡航で現地にわたる時の安心感が違うと思います。
日本から、何を持って行けばいいかも、そのときある程度目星はつくと思います。

どちらの都市かは不明ですが、大きな都市ならば、きっと日本人のコミュニティがあるはずです。
都市名 日本人 コミュニティ などで、ウェブサイトを検索してみてはいかがでしょう。
最初は、やはり日本人を頼るとよいと思います。

親切な人と、あなたが日本にいる間に知り合えて、現地で道案内や文化のことなどお世話になれたら、どんなにいいでしょう。
もしそのようなことになれば、何が欲しいか聞いて、日本からおみやげとして持って行けばいいと思いますよ。
海外にいると、日本のもので欲しいものって、必ずありますから。


日本で就職しても、将来の保証なんてありませんよ。
海外就職が夢だったのなら、このチャンスを何をおいてもつかんで、その後は自分で道を切り開いて行ってください。

現地に行けば、いろいろな人と知り合い、コネができるでしょう。コネは海外で仕事をする時はホントに大事です。
あなたが頼めば、あなたの希望するような、良い仕事を紹介してもらえる可能性だってあるんです。

そのままウエイトレスの仕事に甘んじる必要もないのですよ。あなた次第です。

海外在住日本人です。

海外に行くと、日本のように受け身ではやって行けません。基本的に、何もかも自己責任です。

私の場合は、友達の友達の友達の...という現地のツテの方を紹介いただき、大変お世話になりました。
一緒に銀行に行って口座を開くのを手伝ってくださったり..。


現地に親族友人など、協力し後ろ盾となってくれる人がいなければ、やはり過酷だろうとは思います。
文化も言葉も地理も、何もかも違うでしょうから。

可能なら、2、3週間でもよいので、現地にホテルをとって、どんな所か下見に...続きを読む

Q海外勤務の実現可能性が高い業界や職種

私は現在大学三年生でそろそろ就職活動を本格的に始めようと思っています。
そこで質問なのですが、私は将来どうしても海外で仕事がしたいと考えています。一口に「海外勤務」といっても色々な勤務があるとは思いますが、現実的に自分の英語力(TOEIC700点程度)から考えて英語圏ではなく、入社後に特別な語学教育を受けて(例えばマレーシア語など)その地域へ派遣されるという形がベストではないかと考えています。正直この国がいいなどのこだわりはありません。
そこで、上のような海外勤務ができる可能性が一番高い業界や職種にはどのようなものがあるのでしょうか?回答よろしくお願いします。
またなぜ海外勤務にこだわるか疑問をお持ちになるかもしれませんが、自分は今までの大学生活で長期休みのたびに一人で世界を旅してきて、それに魅せられたという部分が大きいです。このような経験は就職の際強みになるのでしょうか?そんなことをしている人間はいくらでもいるのでプラスにはならないのではないかと自分では考えているのですが・・・
回答の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、業種から言えば金融、商社、メーカー、流通、サービス、マスコミと何でもあり状態ですね。
かくいう私も上記の一分野ですが・・・。

業種にもよるでしょうが、入社した時から一貫してその気持ちを持ち続けていればチャンスは巡ってきますし、特技をアピールすることでさらにその道は近づきます。
ただ、漫然と希望しているだけでは望みは叶いません。
TOEFLやTOEICなどの語学は、現地でスムーズに業務を行うためのツールに過ぎません。
むしろ、その会社が海外で行っている事業に必要な業務スキルを身につけることが絶対条件です。

>このような経験は就職の際強みになるのでしょうか?

入社の際のアピールになるかどうかは分かりませんが、入社後の海外勤務へのアピールとしては意味が無いと思います。
前述の通り、海外で必要な業務スキル(語学除く)を持っているかどうかが決め手です。

老婆心ながら、海外で働くことだけが目的なら現地採用という手もあるかもしれませんが、現地採用と日本からの駐在員では待遇に天と地ほどの差があります。
もし、あなたの希望が一過性のものでないなら、しっかりと日本で就職して、駐在の道を求めた方が良いと思います。
目標を見失わずに努力すればチャンスは巡ってきます。しかし、後悔は先に立たないのです。

>入社後に特別な語学教育を受けて(例えばマレーシア語など)

これから就職される身のあなたにはキツイ言葉ですが、この手の考えは早く捨てた方が良いと思います。
私はある程度の自身の目標が定まった時期に、自腹で地元の語学学校に通いました。
そして、赴任後も自力で勉強を続けています。

「本来、そんな金は会社が払うんじゃないの?」という正論も理解できます。
しかし、自分の目標を達成するには、「納得しようがしまいが、アピールできる事は全てする」ぐらいの気概が無ければ実現しません。
正論を振りかざして自分の目標が絶たれるほうがよっぽどもったいないですから。
仮に、あなたと私のような人間が同時に就職したら、会社はどっちを海外派遣するでしょうか?

私なりの結論は、
1.海外にある程度の事業規模をもっている会社なら業種は問わずにチャンスはある
2.就職してからどの業務が海外事業と繋がっているか把握し、その仕事に積極的に絡む
3.その努力を数年続ける。そして時期を見計らって希望する
これが一番有効だと思います。

バンコク駐在

まず、業種から言えば金融、商社、メーカー、流通、サービス、マスコミと何でもあり状態ですね。
かくいう私も上記の一分野ですが・・・。

業種にもよるでしょうが、入社した時から一貫してその気持ちを持ち続けていればチャンスは巡ってきますし、特技をアピールすることでさらにその道は近づきます。
ただ、漫然と希望しているだけでは望みは叶いません。
TOEFLやTOEICなどの語学は、現地でスムーズに業務を行うためのツールに過ぎません。
むしろ、その会社が海外で行っている事業に必要な業務スキルを...続きを読む

Q卒業後のワーキングホリデーについて。

大学卒業後、日本で社会人経験のないままワーキングホリデーなどで海外に1、2年、働く経験をして、日本でキャリアを積むことは難しいのでしょうか?ハローワークの方や、市の就職支援機関のスタッフの方と話している限り、日本で何年か社会人として働く経験のないまま、海外に行って帰ってくる人は、日本での就職活動にとても苦労するとよく聞くのです。やっぱりそれって本当なのでしょうか?

ちなみに海外(英語圏)では、前半はTOEICのスコアを800点くらいまで上げて、後半はどこかの企業でインターンさせてもらうことも考えています。キャリア&留学カウンセラーの方に聞いたら、私の英語力だと、よく言う、日本の土産屋とか、日本食レストランで働かなくとも、地元の企業で働かせてもらうこともできるとも言っていました。

どうなんでしょうか?

卒業後、日本で働くとしても1年くらい働いて(この場合も、正社員以外の、契約社員とかでも大丈夫なのか心配です。)それから海外に行くことも考えています。

特に海外でワーキングホリデー、または長期留学経験のある方、なにかアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

ちなみにいま22歳です。

大学卒業後、日本で社会人経験のないままワーキングホリデーなどで海外に1、2年、働く経験をして、日本でキャリアを積むことは難しいのでしょうか?ハローワークの方や、市の就職支援機関のスタッフの方と話している限り、日本で何年か社会人として働く経験のないまま、海外に行って帰ってくる人は、日本での就職活動にとても苦労するとよく聞くのです。やっぱりそれって本当なのでしょうか?

ちなみに海外(英語圏)では、前半はTOEICのスコアを800点くらいまで上げて、後半はどこかの企業でインターンさせ...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1様の意見が当たっています。

ちょっとワーキングホリデーの解釈があいまいというか、
良いように取りすぎているというか、ワーホリは基本的に「遊び」です。
仕事もバイト程度しかありません。
その内容も日本食レストランや日本人相手の土産物店がほとんどです。

そもそもなぜ海外に行くことを考えているのでしょうか?
明確な目的がないと海外に行く意味がありません。
漠然と「英語を使える職業に就きたい」だけならまず就職してからです。
でも、英語圏でどのような学問を学びに行きたいのか?
それは日本の大学で学べないのか?
将来、海外でこういう職業に就きたい。
例えば「アメリカの大学で会計学を学び、米国公認会計士(CPA)の資格を取得してアメリカで働きたい」など具体的な目標が必要です。
長期留学を考えている人はしっかりと考えています。
本当に確固たる意志を持って海外に行かないと流されて終わりです。
就職では「英語+何ができるか」です。
「英語話せます。TOEICのスコアは800点です」だけではダメなんですよ。

また、企業側からすれば
「ワーホリで1年間?ああ、まだ働きたくなくて遊びたかったのね」
と思うのが大半です。
「真面目に語学を学びに行ったんだな」とは残念ながら考えないのです。

ちゃんと就職活動して就職し、自分の人生に遊びであれ、学びであれ海外生活は必要なのかを何度も考えて下さい。
それから必要であればワーホリを考えてはいかがですか?
就職してキャリアアップしていくうちに
「ワーホリでこのキャリアを捨てるのはもったいない」
と思うようになるかもしれませんよ。

NO.1様の意見が当たっています。

ちょっとワーキングホリデーの解釈があいまいというか、
良いように取りすぎているというか、ワーホリは基本的に「遊び」です。
仕事もバイト程度しかありません。
その内容も日本食レストランや日本人相手の土産物店がほとんどです。

そもそもなぜ海外に行くことを考えているのでしょうか?
明確な目的がないと海外に行く意味がありません。
漠然と「英語を使える職業に就きたい」だけならまず就職してからです。
でも、英語圏でどのような学問を学びに行きたい...続きを読む

Qフランスでの現地日本人採用情報

フランスでの現地日本人採用情報

フランスでの現地日本人採用情報を探しています。
希望は・日系企業のフランス支店
   ・語学学校などの日本人スタッフ

です。OVNIなどにも目を通したのですが、飲食店のウェイトレスなどの情報が
おおく、もう少し事務など企業内で働けるものを探しています。

フランスで見れば一番いいのですが、日本に帰ってきてしまったので、
どなたかご存知の方、教えていただければと思います。

Aベストアンサー

飲食店関係がなんといっても求人数が多いのでどうしても目立ちますが、根気よく見ていればOVNIでも事務系の求人も結構見かけます。「労働許可があってビジネスレベルの日英仏があやつれる。」というのがたいていは最低条件でその上で経験者優遇というパターンが多いと思いますが、それらをクリアしているなら企業に直接履歴書を送りつけるというのもポピュラーだと思います。今はあまり専門性のない仕事はワーキングホリデーの若者で埋まってしまいますし、長期の安定した仕事も現地で結婚していてすぐにでも仕事を始めたい人がたくさん目を皿のようにして求人情報をあさっていますから、遠隔操作で仕事を得たいならやはり直接アピールしたほうがいいのではないかと「思い」ます。

Q学校卒業後に海外へ渡った方に質問です。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない自分には特に難しく思われます。
(当方経営学部です)

海外の大学、大学院に進学するためのお金と高い学力もありません。

最近は就職留年してでも、一度日本で就職してから、
時期を見て海外に行った方が良いんではないかと考えるようになりました。


そこで、学校を卒業してからすぐに
海外に行かれた経験がある方がいればお話をお伺いしたいです。
例えば、どう海外で過ごしたか、その経験が今どう活かされているかなどです。

また、何かアドバイスがあればお願いします。

よろしくお願いします。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない...続きを読む

Aベストアンサー

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地の企業が外国人(私たち日本人のことです)を雇うには、会社側がワークパーミットを申請するためにそれなりの費用が必要です。その費用に見合うだけの能力のある人間でなければ意味がないので、必然現地の人間よりもハードルが高くなります。同じ能力だったらもちろん現地人を採用するでしょう。ことばに少しでも不自由があるようではもちろん却下です。

日本語が話せるということは、特定の分野では大きな武器になる場合があります。ただ、日本語を話せる人材を欲している企業がそもそも少ない上、日本人が多い地域ですと、就労ビザをもっている人が優先されます。
社会人経験がなく、就労ビザをもっていないとなると、その人たちには勝てませんね。それに日本企業の現地支社などは、特に社会人経験を優先します。まず新卒は採らないでしょう。

海外で就職をしたかったら、日本で経験を積んだ方がはやいと思います。海外に支社のある企業だったら、駐在の可能性もあります。3年ほどの社会人経験があって同業種に限れば、日本にいても海外の転職先が見つかるかもしれません。海外就業希望者のための求人サイトだってありますし、英語のできるSE等、言語+専門知識のある人を募集している所は多いです。

abarenbo15さんはすでに英語がかなりできるようですし、あとは社会人経験となんらかの専門分野を身につけることで道は開けてくると思います。英語ができる人はゴマンといますから、特に海外で働きたいとなったら、あまり武器にならないでしょう。英語は当たり前のこととして、プラスアルファです。専門分野といっても、貿易事務や旅行代理店での経験程度でも、ないよりはましです。

・・・とはいっても、就職留年をするんだったら海外に行ってなんとかがんばってみるのもひとつの手でしょうね。でもその場合にはあまり長居をしないほうがいいです。
2年以内に帰ってくれば、第二新卒として扱われると思うのでまだ間に合うと思います。英語ができるだけでも第二新卒までだったら許されるようです。それ以上だと、英語ができるがあとは何もなしっていうことで敬遠されてしまうでしょう。それと、日本はまだまだ新卒至上主義で、新卒で就職しないと後々厳しいことは確かです。茨の道でも生きていける強い意志がなければ、おとなしく新卒(就職留年をしてもいいです)のうちに就職することをオススメします。この機会を逃すと求人は顕著に減りますし、レールからはずれた人間だとみなされます。

まぁ、自分は何も考えず海外に行ってしまったので人にアドバイスできるような人間ではないのですが、自分の経験から思ったことを書きました。ですので、必ずしも上記のことが絶対ではないですし、実際何ら特別な知識や経験もないのに現地で就職できた人も知っています。それと、僕の場合はヨーロッパ圏のことですが、アジアや中東とかだとまた実情は異なるのかもしれません。

どんな道を選ばれても、意欲さえあれば軌道修正は可能だと思います。うまく第一歩を踏めるといいですね。

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地...続きを読む

Qヨーロッパで日本人が働く場所は?

 私は、オーストリアやスイスが好きです。ドイツ語は、覚え始めたばかりです。しかし、まだ一度もそちら方面へ旅行に行った事がありません。オーストリア方面へ行ってみて本当に好きだったら、将来、オーストリアやスイス、またはドイツに住んでみたいのですが、それには当然、働き先が必要です。しかし、私は音楽関係とは無縁です。オーストリア等で働いている方、または活躍されている日本人の方は、音楽関係の方が多いのではないかと思います。その為、音楽関係以外で日本人が働ける職業がないか探しています。
 何かご存知の方がいたら、教えてください。
 よろしくお願い致します。
 

Aベストアンサー

こんにちは。
日系企業のドイツ法人に駐在勤務している者です。
一般的な事情はよく分かりませんが,私の知っている範囲で。

ここにいる日本人勤務者の職種は,セールスエンジニア(セールスのために主に顧客のエンジニアと技術的な商談をする)・営業企画・経理・人事・経営など。基本的には日本におけるサラリーマンの職種と同じです。

ドイツ勤務に至った経緯ですが,希望して来たという人はほとんどおらず,海外勤務自体希望したことがないのに決まっちゃったという人もいます。私の場合は,海外勤務にも挑戦してみたいな~,というような話を会社にした事はありましたが,駐在先がドイツに決まったのはほんの偶然です。
一方で,希望しているけれども来れないという人もいるようで,ドイツ勤務を狙ってわが社に就職するのはあまり効率がよいとはいえないでしょう(笑)

また,ドイツ現地法人で採用という形で働いている日本人も何人かいらっしゃいます。

 ・ドイツ語と英語ができる
 ・一般的なビジネススキル(PC関連,一般ビジネス常識)とできれば実務経験

というのが最低条件のようです(ちなみに日本からの駐在員はドイツ語はほとんど・・・^^;)。
職種は,日本人役員の秘書・営業系一般事務など。
多い採用パターンは,
 ・ドイツ人男性と結婚している日本人女性
 ・学生としてドイツに来て,そのまま就職
です。

どのようなスキルがどの程度のレベル必要なのかは,法人によりけりなので,私からは何とも言えませんし,どういう形で求人・採用が行われているのかも存じ上げません。申し訳ありません。
滞在・労働許可は,ドイツの場合,外国人である自分でないとできない業務を行うためとして企業への採用が決まり,採用企業が書類を用意すれば,勤務先限定の労働・滞在許可を取得可能です。

ちなみに,こちらはドイツに暮らしている日本人向けの情報誌のweb版です。
それほど多くはないですが,求人情報も載っています。
http://www.newsdigest.de/newsde/index.php

在ドイツ日系企業対象の人材エージェントもあります。
直接リンクを載せるのは控えますが(広告みたいになってもアレなので)他の方がご紹介のリンク先からもたどれます。

その他,海外での留学・就職・生活系の情報が充実しているサイトとしてはこのようなものも。
http://www.alc.co.jp/crr/kaigai/index.html
相当量の情報がありますので,ご興味があれば覗いてみてください。

こんにちは。
日系企業のドイツ法人に駐在勤務している者です。
一般的な事情はよく分かりませんが,私の知っている範囲で。

ここにいる日本人勤務者の職種は,セールスエンジニア(セールスのために主に顧客のエンジニアと技術的な商談をする)・営業企画・経理・人事・経営など。基本的には日本におけるサラリーマンの職種と同じです。

ドイツ勤務に至った経緯ですが,希望して来たという人はほとんどおらず,海外勤務自体希望したことがないのに決まっちゃったという人もいます。私の場合は,海外勤務...続きを読む

QMBAを取りたいと思っていますが、GPAが1.8なのです。

GPAが1.8でも、海外の人気校のMBAを目指す事は可能でしょうか?
また、国内の、例えば早稲田や慶応のMBAを取る場合にも、GPAが1.8では足切りにあってしまうのでしょうか?

GPAが低い理由は、(1)私は工学部出身なのですが、将来は自分でビジネスをやりたいと考え、大学の授業に興味が持てず、ベンチャー企業でのアルバイトに精を出していたから。(2)100点満点中60点を取れば単位がもらえたので、如何にして60点ギリギリで、無駄に勉強しないで単位を取るかという遊びを勝手にやっていたから。
大学は日本ではそこそこ有名な大学で、英語はTOIECしか受けた事がありませんが満点近く取れます。

MBAに詳しい方いらっしゃいましたらご指導よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

某米国MBA在学中の者です。

> ハーバード、ケロッグ、プリンストン等を目指すならGPA4.0が必須です。

そんなことはありません。US Newsのランキング(参考URL)をご覧になれば分かるとおり、平均は3.6です。
#ちなみに確かプリンストンにはMBAはありません。

また、「大学に入りなおして・・・」という方法を書かれている方がいらっしゃいますが、そもそもMBAに入るために大学に入りなおすという不合理な選択をするような人を受け入れるようなビジネススクールも少ないと思いますよ。大学に入りなおすということがキャリア上合理的に説明できることも必要だと思います。まず不可能だと思いますが・・・。

また、他の方がおっしゃっている通りGPA1.6というのは、例えばアメリカでは大学が卒業できないレベルで、それを覆すようなよっぽどのアピールポイントが無いと、上位校はほぼ不可能だと思います。逆に、下位ランクの学校かつ社費であれば、可能性はあるでしょう。

いずれにしても、恐らく国内外関わらずどんなランクでも、プロフェッショナルスクールと言われるビジネススクールでは、勉強しないと落第しますよ。国際的にMBAと認められている学校では、GPA3.0が卒業要件になっています。

参考URL:http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/usnews/edu/grad/rankings/mba/brief/mbarank_brief.php

某米国MBA在学中の者です。

> ハーバード、ケロッグ、プリンストン等を目指すならGPA4.0が必須です。

そんなことはありません。US Newsのランキング(参考URL)をご覧になれば分かるとおり、平均は3.6です。
#ちなみに確かプリンストンにはMBAはありません。

また、「大学に入りなおして・・・」という方法を書かれている方がいらっしゃいますが、そもそもMBAに入るために大学に入りなおすという不合理な選択をするような人を受け入れるようなビジネススクールも少ないと思いますよ。大学に入り...続きを読む

Q海外で働くにはどうしたら良いか教えて下さい!

海外で現地の日本人観光客を相手にするツアーガイドになる場合は、どのようにしたら良いのか教えて下さい。海外旅行に行く度に、いつも魅力的に見えてなりません。まずは旅行会社に就職すべきなんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

海外生活8年目。31歳女で、現在、ドバイの米系5つ星ホテルで、シニアゲストリレーションマネージャーをしています。

私は、まず2000年に日本で大手旅行会社の専属添乗員になりましたが、9.11テロなどがあり、海外デビューが遅れていた先輩が目の前に何人もいましたので、チャンスを与えられるのを待ってないで、自分から行動しなければ何も起こらないと思い、会社を辞めて、まず日本で英国系のツアーオペレーター会社で旅行手配業務を学び、そこから駐在員として2002年にドバイへ渡りました。

日系大手旅行会社で経験を積んでから現地支社へ駐在員として渡ることもできますが、もちろん現地人スタッフ達を率いる管理職となりますので、それなりの経験を積んでからです。

近道は、日本で、自分の好きな国の旅行手配を専門とする外資系のツアーオペレーター会社にまず入社してみてはどうでしょう。もちろんここに入るまでに最低2-3年の旅行業での経験と知識と英語力が必要です。外資系のツアーオペレーターなら、日本で働いている間も、常に英語で電話やEメールで海外とのやり取りで、取扱エアラインやホテルとの人脈もでき、私にとっては夢のような仕事で、しかもたくさん学べました。(日本ツアーオペレーター協会のホームページをつけておきますね。)

ドバイでは当時まだ日本人ガイドが少なかったので、日本ではめったに会えないようなお偉い方々と一緒に、現地の新聞社やテレビ局へインタビュー通訳として同行した事もありましたし、周辺諸国へも数々仕事で旅行できました。

海外で暮らすことでの苦労や苦い体験は数え切れないですが、海外でいろんな国籍の仲間と仕事をして、貴重な人や物との出会いや発見がありました。

行きたい国にもよりますが、観光が主な収入源になっているアジアの国などでは、日本人1人採用する金額で、日本語を話す現地人を何人も採用できます。普通の日本人ツアー客などは、彼らに任せれば十分ですので、日本人スタッフに求められるのは、彼らの日本語教育、VIP客の対応や、クレーム対応、日本人マーケットへのサービス向上のための社員研修、営業、現地についての日本語版案内の翻訳や編集などの仕事が求められます。

旅行中に、事件や事故が起きたり、盗難、迷子、病気、入院、お亡くなりになる方など、いろんな方がいらっしゃいます。そうなると、海外旅行中の日本人のお客様にとっては、現地の日本人スタッフが一番の頼りになりますので、添乗員時代の経験はかなり役に立っています。

海外生活8年目。31歳女で、現在、ドバイの米系5つ星ホテルで、シニアゲストリレーションマネージャーをしています。

私は、まず2000年に日本で大手旅行会社の専属添乗員になりましたが、9.11テロなどがあり、海外デビューが遅れていた先輩が目の前に何人もいましたので、チャンスを与えられるのを待ってないで、自分から行動しなければ何も起こらないと思い、会社を辞めて、まず日本で英国系のツアーオペレーター会社で旅行手配業務を学び、そこから駐在員として2002年にドバイへ渡りました。
...続きを読む


人気Q&Aランキング