出産前後の痔にはご注意!

化学で有色イオンの色彩表現なのですが、誰が決めたものなのでしょうか?やたら文学的な表現が多いし曖昧な表現が多過ぎて迷惑です。

例えば青系統の色は細かく分類されていますが、緑系統の色は適当じゃないですか?(※高校化学の範囲のお話です。)
クロム(III)イオンとニッケル(II)イオンの色に関して言えばニッケルは薄いグリーンでクロムは暗い緑なのに表現上は"緑"…。ちなみに掲載されているのは学校で配られた数研出版の化学図録です。
化学は暗褐色とかあるのだから暗緑色とクロム(III)は表現するべきだと思います。

色の決定は外国人がしたのでしょうか?間違ってたら申し訳ないのですが、外人の虹彩はアジアのような黒ではなく青や緑の人が多く、その関係で色盲が多いというのを聞いたことがあるのですが、そういうのが関係しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応、色の表現方法というのはJISで定められています。


参照→JIS Z 8102「物体色の色名」/JIS Z 8110「色の表示方法 - 光源色の色名」
(※JISはインターネットで無料で閲覧可能です。番号で検索して閲覧してみてください→http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html

また、溶液の吸光スペクトルを測定して、そこから計算によってxy色度図を用いることで、表現は可能です。
参照→JIS K 0101「工業用水試験方法」 10.色 の項
xy色度図と色名の対応↓
http://www.mottai-navi.com/Contents/Sikaku/sikak …

なお、溶液の場合、明るいか暗いかは濃度や厚さにもよるので、一概に見た目で比べてこれは暗いというのも酷な話です。
そのために、化学では、モル吸光係数という濃度と液の厚さ(同じ色の液体でも、光の通る距離が長くなるほど濃く暗く見えますよね?)で標準化した値を用います。

>色の決定は外国人がしたのでしょうか?間違ってたら申し訳ないのですが、外人の虹彩はアジアのような黒ではなく青や緑の人が多く、その関係で色盲が多いというのを聞いたことがあるのですが、そういうのが関係しているのでしょうか?
「色の決定」が何を指しているのか難しいのですが…。
一応上に書いた色に関するJIS規格はアメリカのISCC-NBSという規格が参考にされているそうです。

ただ、色名(色の文学的表現方法とでもいいますか)について申しているのなら、色盲云々というのは、おそらく違うと思いますね。
科学的に測定した波長やスペクトルといったものについて論じるならば、これは当然ながら万国共通です。(物理法則ですから、日本でもアメリカでもヨーロッパでも同じ。当然ですね。)
ですが、同じ波長であっても、その国の文化によっては、色名が違うことがあるのです。
有名な話としては「虹の色数」というのがあります。
(参考→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%B9#.E8.99.B9 …
また、太陽の色は、文化圏で差があったりします。(日本では通常赤色ですが、西欧圏ではたいてい黄色だそうです。)
つまり、同じ波長やスペクトルでも、表現上、違うことが起こりえるのです。
(青りんごなんかが典型ですかね。海外だとちゃんとグリーンアップルです。ま、緑という概念が定着した現代の日本では違和感を感じますけど。)

最後に、色の違いがなぜ起こるのか、に関してですが、これは他の方が書かれているようなかなり高尚な学問になります。
興味がおありならば、大学に進学されたさいに触れてみてください。

以上、話が途中それたような気がしますが、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答本当にありがとうございました。今はとにかく"受かる"ことに特化した勉強をして大学に入ってから深く潜っていきます。

お礼日時:2012/09/03 23:00

色を定量的に表したものは吸光スペクトルです。


こういうものを厳密に表そうとすると量子力学が必要になります。

No1さんの回答のように、大学に入ってから量子化学や
錯体化学を勉強してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大学に入ってから勉強しようと思います。ご回答ありがとうございました★

お礼日時:2012/09/03 22:58

金属は配位子として何が付いているかにより色調がとてつもなく変わります。


これを細かく表わした人は日本人ですが、最近は吸収波長とモル吸光係数以外使いませんね。
いずれにせよ高校レベルでそれ以上細かく表わしたら「大嘘」になりますので、大学へ入ってから配位子場理論で悩んで下さい。^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な理論の集積の結果を今は"覚える"しか手はないのですね。ご回答ありがとうございました★

お礼日時:2012/09/03 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色の読み方。

化学で出てくる、

深青色、深赤色、
橙赤色、
淡緑色、淡赤色、
暗赤色、暗褐色、
青白色、緑白色、
血赤色
濃青色

………


これらの色の読み方をひらがなかカタカナで教えてください。

また、これ以外にも、読みにくそうな色があれば、教えてくれるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

深青色 しんせいしょく
深赤色 しんせきしょく
橙赤色 とうせきしょく
淡緑色 たんりょくしょく
淡赤色 たんせきしょく
暗赤色 あんせきしょく
暗褐色 あんかっしょく
青白色 せいはくしょく
緑白色 りょくはくしょく
血赤色 (おそらく)けっせきしょく
濃青色 のうせいしょく

>また、これ以外にも、読みにくそうな色があれば、教えてくれるとありがたいです。

青緑色 せいりょくしょく あるいは あおみどりいろ
赤紫色 せきししょく あるいは あかむらさきいろ
紫金色 しきんしょく
赤銅色 しゃくどういろ

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q本試験と空試験

容量分析における、この2つの用語のきちんとした説明ができません。
できる方、おしえていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは 何方からも解答が無いので、浅学を省みず、、、
 容量分析で言う空試験は、2つに大別されます。
 まず、「逆滴定」の場合
 過剰な反応試薬を加えて一定時間置き、次いで反応し残った反応試薬を滴定するものですが、この場合の「空試験」は、試料を加えない、反応試薬のみの分析をいいます。「本試験」は試料を加えた場合です。
 一方、普通の滴定では、試料を加えたものを「本試験」(と言う言い方は、自分には馴染みが無いのですが)と言い、この場合の「空試験」の意義がaitatataさんには解からないのでしょうか。
 試験に用いる試薬に不純物が有り、本試験に対してマイナス又はプラスに作用する場合が、まま有ります。
 この、不純物によるズレを補正するため、「空試験」を行います。 つまり、試料を用いないで、「本試験」と全く同じ操作を行う訳です。
 

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q[Al(OH4)]-に酢酸とアルミノン試薬を入れたら赤色沈殿をしたんですが

[Al(OH4)]-に酢酸とアルミノン試薬を入れたら赤色沈殿をしたんですが、赤色沈殿の化学式と物質名が分かりません。知っている方教えて下さい。 また、[Al(OH4)]-の物質名は、水酸化アルミニウムイオンで良いんですか?

Aベストアンサー

化学物質としての正規名称ではありませんが、あえて呼ぶなら「アルミノンアルミニウム」でしょうか。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002910462/


また、[Al(OH)4]^-(6配位として描けば[Al(OH)4(H2O)2]^-)の名前は、「アルミン酸イオン」に
なると思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0
(「1.1 化学的性質」の段を参照)
http://www.taimei-chem.co.jp/8323_1.htm

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。

QTLCスポットのUV発色について

TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。

そのときの発色の原理について、質問があります。

TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。
共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに、長波だけ反応する物質、短波だけ反応する物質があり,なぜこのような結果になるのか不思議です。
自分なりに考えてみたところ、「短波で消光するのは、シリカゲルに蛍光物質がぬってあって、その上に展開した物質が覆うように存在するからであり、別に共役二重結合を持たなくてもプレート上に展開された物質はすべて確認できるのかな。長波で反応する場合は、共役二重結合によって紫外線を吸収した後、別の波長として放出し、蛍光物質として検出できるのかな。」と思いましたが、よくわかりません。
どなたか、ご存知の方、教えてはいただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

TLCを使った実験で、展開後、スポットを確認するために、紫外線ランプを当てますよね。私の実験室では、長波366nm、短波254nmのランプを使います。

そのときの発色の原理について、質問があります。

TLCプレート(silica gel 60 F254)を使っているのですが、プレート上に展開された物質が、長波でも短波でも反応する場合、長波では紫外線を当てるとその物質が蛍光発色し、短波では、その部分だけ消光します。
共役二重結合がある場合、紫外線に反応すると理解していたのですが、長波と短波を当てたときに...続きを読む

Aベストアンサー

共役二重結合のような電子が励起されやすい状態にある化合物は強いエネルギーを持った短波長の紫外線によって励起され発光ではなく熱となって基底状態へともどります。つまり紫外線を吸収するので見た目はその部分だけ消光します。当然全ての物質が吸収するわけではなく、展開後に溶媒を減圧したりして完全に乾かさなくてもUVで検出されないことからも分かります。長波長の紫外線で光る物質は長波長の波長で励起されて可視光を放つものです、エネルギーが弱いためにどんな物質でもというわけではありません。光る物質の多くは長い共役系を持っているなど弱いエネルギーでも励起できそうな物ばかりですよね。
ちなみにシリカゲルのUV-Visスペクトルを測定すると260nm以下あたりから吸収域を持っていることが分かります。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Qエネルギーが高いと不安定?

受験時代はこのことを当たり前のように思っていましたが、改めて考えてみると、どうも納得がいきません。この間の授業で先生が「エネルギーの高い分子は不安定だから・・・」とおっしゃったので何でだろうと思いました。
エネルギーが高いものは高いもので存在しているんだから不安定も何もないんじゃないのかって思うのですがおかしいでしょうか。よくエネルギー図などで説明されるのですが、そもそも活性化エネルギーというものが何で存在するのかもわかりませんし、なんだか受験時代に覚えさせられたことにうまく言いくるめられているようで変な気分です。
具体的な理由があれば教えてください。

Aベストアンサー

 これは化学にも物理にも通用する法則です。何故エネルギーの低い状態が安定なのかは誰にも分っていません。ただそれに反する現象がないからそれは一応の真実とされています。科学における真理は常にそうなのです。それは科学では演繹でしか証明できないのでやむを得ないのです。熱力学第二法則も同じですね。


人気Q&Aランキング