出産前後の痔にはご注意!

金のインゴットの生前贈与に関しての質問です。
法律に詳しい方、どうぞ宜しくお願いします。m(_ _)m


86歳の父親から50歳の子供に生前贈与するケースでの場合です。

生前贈与するには、以下の2種類の方法があると理解しています。

(1)通常の生前贈与 (毎年1年間に累計110万円が非課税の上限)
(2)相続時精算課税制度(累計で、総額2500万円が、非課税の上限)
    ただし、相続時精算課税制度を一度使うと、以後、(1)の生前贈与はもう使えない。

これで、間違いないでしょうか?そして、ここからが質問ですが、

(質問1)この二つの方法を同じ年に、同時に仕えるのでしょうか?

(質問2)今年、父親が、子供に1000000円を、生前贈与として、子供の通帳に振込みました。

で、最近になって、金相場が上昇した為、父親が持っている金のインゴットを売ろうと考えましたが、
これを売ると所得が増え、現在の健康保険の自己負担が1割から3割になってしまいます。

そこで、父親は、子供に相続時精算課税制度を利用して、
この金のインゴットを生前贈与しようと考えました。
この場合、その生前贈与の金額はどの様に算出し、
税務署には、いつまでに、どのような申告を行えば良いのでしょうか?


( 因みに、この金のインゴットは、父親が昭和62年に1、5kgを3315000円で買ったモノで
(500g×3本)、収入印紙が貼られた「現金お買い上げ表」が残っていますが、
店舗自体はもう有りません。

このインゴットを、とりえず、2012年の9月19日に、「第一商品」に販売したとして、
この日の「第一商品」の金相場を例として計算すると、
金買取価格は、1、5kgで、7072500円になります。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>生前贈与するには…



生きている人からもらうことが贈与であり、死んでからもらうなら相続です。
わざわざ生前贈与などと、「生前」の枕詞を乗せる必用はありません。
俗語です。

>(2)相続時精算課税制度(累計で、総額2500万円が、非課税の上限…

非課税というわけではなく、課税の可否を相続発生時まで先送りするというだけです。

>(質問1)この二つの方法を同じ年に、同時に仕えるのでしょうか…

贈与者が別人ならかまいません。
同一人からなら、どちらか一方のみです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm

>この金のインゴットを生前贈与しようと考えました…

インゴットのまま贈与するのですか、それとも現金化してから贈与するのですか。

>この場合、その生前贈与の金額はどの様に算出し…

1,000,000円の現金はそのままの数字で加算。
インゴットを現金化して贈与するなら、やはりそのままの数字で加算。
インゴットのまま贈与するなら、贈与された日の取引相場 (小売価格ということ)。
http://www.mmc.co.jp/gold/faq/tax.html

>税務署には、いつまでに、どのような申告を行えば良いの…

「贈与税の申告」(確定申告とはいわない) を来年 2/16~3/15に。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

ご回答、どうも、ありがとうございます。

>インゴットのまま贈与するなら、贈与された日の取引相場 (小売価格ということ)。

インゴットのまま贈与するのですが、
この金の買取価格には、貴金属店によって違いがある為、

「どこの店の買取価格を基準にしたら良いのですか?」

と、国税庁の『タックスアンサー』にも、
所轄の税務署にも問い合わせましたが、両方とも、

「ハッキリと記載された文言がどこにもない為、返答できない。
 調べてみるので、時間を下さい。」

みたいな返事でした。
国税庁でも、分からない事ってあるんですね。(^.^;ゝ

明日にでも、又、所轄の担当の人に電話してみるつもりです。

ご回答、どうも、ありがとうございました。

補足日時:2012/09/20 22:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご回答、どうも、ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2012/09/20 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGOLD 金地金1500グラムの売り方と税金

生前、父から譲渡された金1500グラムの売却を検討しています。

【質問1】
金地金には田中貴金属と書かれています。
田中貴金属の店舗は家の近くにもあるのですが、
そこで売るのがいいのでしょうか?
それとも他の店がよろしいのでしょうか?

【質問2】
売買時期については、今かなり上がってきているので
売却を検討しだした次第なのですが、
今は売らない方がイイという意見はありますか?

【質問3】
そして、当方、専業主婦なのですが、税金はいくらかかるのでしょうか?
また、どうやって納めればいいのでしょうか?

【質問4】
金売買に関するお得なアドバイスやテクニックがありましたら
併せてお教えいただけるとありがたいです。

なんだか散逸した質問になってしまい申し訳ありません。
知識もないのに欲をかいてしまい恥ずかしい限りです。

Aベストアンサー

【質問1】
田中貴金属のホームページを見てください。
昨日(23日)の終値が、2,514円。その日の相場で価格が決まりますので信用の置ける店で売却されたほうがよいと思います。

http://gold.tanaka.co.jp/index.php

売りと買いでは価格が異なります。手数料を含んだ金額が店舗内に張り出されています。田中貴金属(他に、三菱金属などがありますが、店舗が限られています)が、一番安心して売却できると思います。田中貴金属の刻印(実際には、どこの製品でも売却可能です)があるのであれば、なおさらです。

私も、田中貴金属で売却しました。

【質問2】
こればっかりは、神のみぞ知るです。
インフレ傾向に向かっているようですので、上昇の可能性はあると思います。また、最近少々下落していると思います。私も、現在少々所持していますが、売却は考えていません。

【質問3】
お父様から贈与された時点で、贈与税は既に、免責ではないでしょうか?

譲渡益を証明するものがないと思いますので、税金は考える必要ありません。絵画や、骨董品を売却するのと同じだと判断しています。私も約2Kgを売却しましたが、なにもしませんでした。

>今は売らない方がイイという意見はありますか?
急なお金の必要がなければ、あえて売却する必要もないと思います。
いつでも売却できますから。私は、車を買うために売却しました。
貴金属は、インフレになれば当然値上がりしますので、ヘッジ(リスク回避)になります。

【質問4】
特にテクニックはないと思います。田中貴金属の店舗で、売却の用紙に住所、氏名を記入して、順番を待ちます。売却の場所は、店舗内の専用のカウンターがありました(銀座店)。数百万か数千万円の金額がいとも簡単に動いています。

参考URL:http://gold.tanaka.co.jp/index.php

【質問1】
田中貴金属のホームページを見てください。
昨日(23日)の終値が、2,514円。その日の相場で価格が決まりますので信用の置ける店で売却されたほうがよいと思います。

http://gold.tanaka.co.jp/index.php

売りと買いでは価格が異なります。手数料を含んだ金額が店舗内に張り出されています。田中貴金属(他に、三菱金属などがありますが、店舗が限られています)が、一番安心して売却できると思います。田中貴金属の刻印(実際には、どこの製品でも売却可能です)があるのであれば、なおさらです。
...続きを読む

Qもらった地金の換金

私がパソコンを使うのでネットで調べてほしいと知人に頼まれたのですが、私には全く縁の無い内容で、散々調べたけどよくわからなかったので質問させてください。

知人は15年ほど前に伯母さんから地金を合計4キロほど預かったようです。借用書など一切なしで、昔のことなので購入時の証明書なども無いようです。
その後、10年ほど前に伯母さんからその地金を好きにしてよいと言われたそうですが、特に何もせず。
ですが、最近になってお金が必要になったため、この金を売りたいと今回考えたそうなのですが、税金などについて知りたいといわれました。
ネットで調べた感じだと、かなり税金がかかりそうなのですが、状況でいろいろ違うようで詳しいことはよくわかりませんでした。
どのぐらいかかるものなのでしょうか?
そして、なるべく税金のかからない方法があれば知りたいようなので、(たとえば、いくらかぐらいずつ売るなど?)詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

>知人は15年ほど前に伯母さんから地金を合計4キロほど預かったようです。
>借用書など一切なしで、昔のことなので購入時の証明書なども無いようです。
>その後、10年ほど前に伯母さんからその地金を好きにしてよいと言われたそうですが、特に何もせず。

これは贈与とみなされますが、「贈与税」の時効が成立してしまっています。しかし、購入時の書類も、借用書も、贈与の契約書も何もないのでは「どうやって時効を証明するのか」という話にもなってきます。

また、地金の「購入価格」は「贈与された時の市中の金価格」ということになるはずですが、「ではそれはいつのことか?」というのがまた問題になります。

税務署がどう判断するのか(どこまで言い分を聞いてくれるか)次第にならざるをえないですね。
もし「購入価格不明」とされたら売却価格の5%が購入価格(取得費)になってしまいます。

『No.3258 取得費が分からないとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3258.htm

現在の価格が4,500円くらいですから230円くらいになってしまいます。10年、15年前なら1,300円くらいです。(まあ、不明ではなくどこかで折り合いをつけてくれるでしょうが。)

『年次金価格推移』
http://gold.tanaka.co.jp/commodity/souba/y-gold.php

>お金が必要になったため、この金を売りたいと今回考えた

ということは結構な量の売却が必要でしょうか?
毎年少しずつでいいなら非課税枠の中で売っていくという方法もあります。

「譲渡所得の特別控除」の50万円の枠を使えば「売却益」が50万円までは申告不要です。

さらに、「給与所得者」で申告不要に該当する人ならば20万円までは申告不要なので「売却益90万円」までは申告不要です。

(売却益-特別控除)÷2
=(90-50)÷2
=20

※ただし、「申告が必要な給与所得者」の場合は【全ての所得】を申告する義務があるのでこの20万円の枠は使えません。

『No.3161 金地金を売ったときの税金』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3161.htm
『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

ちなみに、そもそも1キロのインゴットだった場合は一気に売るしかありません。
時価で400万円をかるく超えますので取得費を「1,500円」と仮定すると「売却益」が300万円くらいになります。

そこから特別控除の50万円を差し引いて250万円(※他に譲渡所得がない場合)
所有期間が5年を超えるので課税所得は半分の125万円

他にも所得はあるでしょうから税率は10%は超えるでしょう。

『No.2260 所得税の税率 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

税率10%で税金が「13万円くらい」、20%で「25万円くらい」
消費税の20数万円はそのまま手元に残るはずなので、さてこの税金を高いと見るか安いと見るか?

※購入価格と金相場、売却単位などで状況は変わりますからあくまで単なる目安です。

『小さい地金をまとめて大きい地金に、反対に、大きい地金を小さい地金に交換できますか? 』
http://qa.tanaka.co.jp/php/qanda_html.php?SeniMotold=QACombinations&Tab_category_id=1&tabflg=-1&QAID=346&Action=show
※大手地金商以外で行なっているかどうかは分かりません。
『店頭で地金を売却する時の手数料はかかりますか? 』
http://qa.tanaka.co.jp/php/qanda_html.php?SeniMotold=QACombinations&Tab_category_id=1&tabflg=-1&QAID=45&Action=show
『金の売買と消費税』
http://www.yareike.com/005/ent37.html

なお、取得額がはっきりしていても税金の計算は独特ですからいっそ税理士に相談するのも良いかと思います。
単発の相談なら1時間5,000円くらいが相場でしょう。

一方、「税務署」に相談すれば無料です。
別に身分を明かさなくても相談できます。
また、回答に間違いがあるかもしれませんから最終確認は必ず税務署で行なって下さい。

『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

※不明な点がありましたら「補足する」からご質問ください。

>知人は15年ほど前に伯母さんから地金を合計4キロほど預かったようです。
>借用書など一切なしで、昔のことなので購入時の証明書なども無いようです。
>その後、10年ほど前に伯母さんからその地金を好きにしてよいと言われたそうですが、特に何もせず。

これは贈与とみなされますが、「贈与税」の時効が成立してしまっています。しかし、購入時の書類も、借用書も、贈与の契約書も何もないのでは「どうやって時効を証明するのか」という話にもなってきます。

また、地金の「購入価格」は「贈与された時...続きを読む

Qだまされない、純金の買いかた

こんにちは。
さて、通貨の価値が上がったり下がったり、預金金利がただ同然だったり。そんなご時世を反映して、金やプラチナなどの貴金属を、貯蓄代わりにする人が増えている(らしい?)と言います。
 延べ棒や、金貨、アクセサリー、様々に形を変える金ですが、純金を買うときには、換金性が重要だと思います。純金を買うときに、いかに偽物をつかまないようにするのか、古今東西今昔の今に通用する方法をご存じの方、ぜひご教示ください。

Aベストアンサー

>24kの金のアクセサリーの資産価値はいかがで
>しょう。(よくジュエリーショップが言いませんか)
>「換金性が高いからアクセサリーは24k」という
>話のことです、換金しようとしてもデザイン料で
>かなり消えてしまいそう。。とても元値は期待
>できないですよね。

金を資産で持つ場合は、必ず1g=?円なのか、相場観算する必要があります。
例えばですが、24k(純金)、100gのネックレスがあったとします。
それで、金相場が、1g=1,000円とします。
ですから、100g×1,000円=100,000円の価値があります。
当然、デザイン料&加工賃が上乗せされるので、10万円では、購入出来ません。
ですから、デザインもくそもないインゴットなどは、デザイン料&加工賃が極めて少ないので、24kのジュエリーよりは、換金する率が良いと言うだけです。
ですから、金を資産として持ちたい、でも、身にも付けたいと言うなら、ジュエリーも有りだと思います。
女性だと、このように考える方もそこそこいると思います。
あと、24kのジュエリーは、少ないですし、また首に掛ける訳ですから、500g(ほとんど手数料を取られない重さ)もある物は、無いです。
ですから、換金率は、悪いです。
あくまで、ジュエリーは、ファッションで持つべきと思います。

>換金性が期待できない=(買ったときと同等の
>売却ができない)なら、14kでも18kでも
>24kでも、デザイン上の好きずきとなるので
>しょうか。

ちょっと違います。極めて換金性の高いジュエリーに、喜平ネックレスがあります。
簡単に言うと、喜平ネックレスには、大蔵省(財務省)の刻印があります。
喜平ネックレスは、おもに、18kが多いので、刻印があれば、75%金ですよと言う事を保障されているような物です。
でも、買取業者としては、純金(24k)に精製(溶かして、不純物を取り除いて24kにする事)して、初めて売却出来るので、相当換金率が悪くなります。
あと、低品位(14k等)ですと、そもそも刻印が無い場合がほとんどですので、もっと、換金率が悪くなります。(商品に信頼性が無い為、溶かして調べる必要がある。溶かす手間賃も、当然、売る方は取られる)
理由は簡単で、ジュエリーの偽物は、大抵「18k」などと、刻印があります。当然、メッキ製品がほとんどですので、価値は、0です。
ですから、いくら金でも、資産で持ちたいのなら、インゴットか、メイプルリーフ金貨で持つべきです。
でも、メイプルリーフ金貨を資産で持つ場合でも、使用してはだめです。
24kは、非常にやわらかいので、身に付けると、すぐきずきずになります。
きずきずになると、前に書いたように、プレミアの価値が無くなってしまい、金の重量のみの価値になります。

参考までに、よく新聞などで、「記念金貨」、「大蔵省(財務省)刻印入」などという商品を良く見ますが、相場換算すると、おそろしく吹っかけている場合がほとんどです。
こんな時、素人は、刻印があれば、大丈夫と思うのでしょうね。
まあ、刻印は、事実ですが、余程の金貨で無い限り、売る時は、地金換算ですから、相場が大幅にアップしない限り、大損になります。

>24kの金のアクセサリーの資産価値はいかがで
>しょう。(よくジュエリーショップが言いませんか)
>「換金性が高いからアクセサリーは24k」という
>話のことです、換金しようとしてもデザイン料で
>かなり消えてしまいそう。。とても元値は期待
>できないですよね。

金を資産で持つ場合は、必ず1g=?円なのか、相場観算する必要があります。
例えばですが、24k(純金)、100gのネックレスがあったとします。
それで、金相場が、1g=1,000円とします。
ですから、100g×1,000円=100,00...続きを読む


人気Q&Aランキング