Injuries of this kind can be caused by a violent contraction

of the muscles of the thigh.

ですが、

Injuries of this kind は

This kind of injuries では間違いですか?


また、受動態の文に換えるなら下ので正しいでしょうか?

A violent contraction of the muscles of the thigh

cause injuries of this kind.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Injuries of this kind も


This kind of injuries も
意味は同じで,どちらも正しいです。
injuries という複数で kind としてよく,
順序もどちらでもいいです。

(受動態でなく)能動態にすれば,can がありますので,
A violent contraction of the muscles of the thigh can cause injuries of this kind.
となります。
(仮に can がなければ causes と -s がつくはずです。contraction の方が主語なので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご教授ありがとうございます!!

お礼日時:2012/10/20 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qkind of とkinds of What kind of...

何気なく使ってる言葉ですが、きっちりとした違いを確認したいので教えてください。

たとえば、一台の車の種類について話す時は this kind of carでいいんでしょうか?

二台以上の車の種類については these kinds of carsになるんでしょうか?

またWhat kind of car is this? と一台の車の種類についてたずねる時はこれでいいとおもうんですが、二台以上の車の種類についてたずねる時も、KindにSはつかないで、そのままWhat kind of cars are these?
となりますか?それとも複数なので、What kinds of cars are these? になるんでしょうか?

ちょっと頭の中で整理できなくなってしまったので、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
kind もsort も複数になれば s が付きます.
all kinds of books
these kinds of cars
various kinds of people など、
例文を出すと、
In the village where various kinds of people live, ......のように使います。
しかし疑問文の時は、複数の車がそこにあっても、そのシチュエーションによってどちらも使う事が出来ます。
「これらは何の種類の車」?と、聞きたいのはある一つの特定した種類の答えを想定して場合と、これらたくさんの車が見るからに様々な種類が混じっているように見えて、それらの説明を求めたい場合とで s を付けるかどうか決まって来ると思います。
下記に複数のものについての疑問文には、両方使えるという例を出しました、参考にしてください。
http://adwords.google.com/support/bin/answer.py?hl=en&answer=71503

http://gii2.nagaokaut.ac.jp/gii/blog/lopdiary.php?itemid=443

また、疑問文でも「いくつの種類の」という場合は
How many kinds of ...... do you have? となります。

こんにちは
kind もsort も複数になれば s が付きます.
all kinds of books
these kinds of cars
various kinds of people など、
例文を出すと、
In the village where various kinds of people live, ......のように使います。
しかし疑問文の時は、複数の車がそこにあっても、そのシチュエーションによってどちらも使う事が出来ます。
「これらは何の種類の車」?と、聞きたいのはある一つの特定した種類の答えを想定して場合と、これらたくさんの車が見るからに様々な種類が混じっているように見えて...続きを読む

Q「a kind of」と「of a kind」

「a kind of ~」と「~ of a kind」との違いが分かりません。
「kind」は「種類」という意味だと考えればよいと思うのですが……。
この違いについてご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかお知恵を拝借させていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

1. a kind of~ は、下記のように「一種の」と言う意味です。
 http://eow.alc.co.jp/a+kind+of/UTF-8/
It is wasabi, a kind of horseradish.「そればホースラディッシュシの一種で、ワサビです」
He is a kind of environmentalist.「彼は一種の環境保護者だ」

2. ~ of a kindは、下記のように「同じ種類の」という意味です。
 http://eow.alc.co.jp/of+a+kind/UTF-8/
"There never is but one opportunity of a kind."「同じ種類の機会は一つしか無い」> これはまたとないチャンスだ。
 
 これと似たような of a 「同じ~の」という使い方は下記のような諺にもあります。

Birds of a feather flock together.「同じ色の羽根の鳥は一緒に群がる」日本の、類は友を呼ぶ、とか同じ穴のムジナ、に似ています。
We are birds of a feather.(上の諺を踏まえて)「私たちは似た者同志だ」

1. a kind of~ は、下記のように「一種の」と言う意味です。
 http://eow.alc.co.jp/a+kind+of/UTF-8/
It is wasabi, a kind of horseradish.「そればホースラディッシュシの一種で、ワサビです」
He is a kind of environmentalist.「彼は一種の環境保護者だ」

2. ~ of a kindは、下記のように「同じ種類の」という意味です。
 http://eow.alc.co.jp/of+a+kind/UTF-8/
"There never is but one opportunity of a kind."「同じ種類の機会は一つしか無い」> これはまたとないチャンスだ。
 
...続きを読む

QThe kind of gift a host will give a stranger, friend to friend.

こんにちは! お世話になります。

ホメロスのオデッセイア Robert Fagle訳を今読んでいます。

そこで出てきたタイトルの通りの台詞なのですが、英語力の不足なのか国語力の不足なのか分からないのですが良く分かりません。

背景:父オッデッセウスがトロイ戦争が終わっても中々帰ってこない。そんな中、オデッセウスの妻ペロネペイアには求婚者が群がり、しかもオデッセウスの屋敷の食べ物を貪り食い毎日どんちゃん騒ぎ。息子テレマコスはさすがに参っていたところに、パラス・アテネが人間に姿を変えてテレマコスに会いに来て色々とアドバイスをする。 

そして、アテネが帰ろうとすると、テレマコスは引きとめようとしつつ帰る時には、みやげを持たそうという台詞の一部

「The kind of gift a host will give a stranger, friend to friend.」

自分なりに考えてみた訳(かなり変になってしまいました):

まあ一種の主人が訪問客に渡すであろう贈り物、友から友へ。

質問:最後のfriend to friendは「友から友へ」だと思うのですが、そうすると、host will give a strangerと私の頭の中ではつながらないのですが、本当はどういう意味なんでしょうか?(なにか物すごく単純な誤解をして文章を読んでいるような気もします。)

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは! お世話になります。

ホメロスのオデッセイア Robert Fagle訳を今読んでいます。

そこで出てきたタイトルの通りの台詞なのですが、英語力の不足なのか国語力の不足なのか分からないのですが良く分かりません。

背景:父オッデッセウスがトロイ戦争が終わっても中々帰ってこない。そんな中、オデッセウスの妻ペロネペイアには求婚者が群がり、しかもオデッセウスの屋敷の食べ物を貪り食い毎日どんちゃん騒ぎ。息子テレマコスはさすがに参っていたところに、パラス・アテネが人間に姿を変え...続きを読む

Aベストアンサー

The kind of gift a host will give a stranger, friend to friend

SVOなどの構造からポンと浮いたところにあるような印象を受けるため難しそうな印象を受けますが、文字通り「友から友へ/友人同士として/味方同士」のように考えればいいと思います。

「主人が訪問者へ、友から友へとして与えるような贈り物」

文法的には副詞ということになるのでしょうか。またこういう表現を使わないとどうなるのか、などいろいろ難しい面もあります。

このような表現は無冠詞で使うことに特徴があります。

He was reading, pipe in mouth.「パイプをくわえて本を読んでいた」
We see eye to eye.「目と目で見つめ合う」
friend or foe「味方であれ敵であれ」

無冠詞にすることで名詞らしさが薄れ、修飾語句らしくなるのでしょう。

Q和訳:There can be no man of worth but has a piece of singularity.

こんにちは、いつもお世話になります。

「原仙作 著:英文法標準問題精講」より、

There can be no man of worth but has a piece of singularity.
(P224)

語の品詞・用法のページに出てきた英文なので、butが関係代名詞という事が載っているだけで、和訳が載っていません。

興味深い英文なので、和訳を考えてみました。

piece of singularityだけは、「一風かわったところ、奇癖」と載っていました。

「一風かわったところはあっても、人するだけの価値はないだろう。」

で良いでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

man of worth=立派な人物

関係代名詞のbutは通常否定文のあと主格としてもちいられます
who dose not haveとおきかえるとわかりやすいです

There can be no man of worth who dose not have a piece of singularity.

canは可能性の意味です

つまり

一風かわったところがない立派な人物が存在する可能性はない
=立派な人はみな一風かわったところを持っている。

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報