ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

NHKの時報は2種類の高さの音を4つ使って表現されていますが、どのような音の高さで表されているのでしょう?
それはどういう理由でそうしているのでしょうか?
ご存じの方いらっしゃったら教えて下さい。

A 回答 (6件)

#2です。


一部勘違いがありましたので、補足させてください。

>>「耳の感度が一番高い音程」=880Hz・・
昔、時報の音の説明で聞いた記憶があったので、そう信じていましたが、念のため調べてみると、実際には3KHz位にピークがあるそうです。↓
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/newrep …
ただ、新しい研究では若干規格が変わったそうで、↓
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr200 …
これによると、普通の音の大きさに関していえば、1KHz弱のところにもピークがあり、やはり440Hzと880Hzでは差がありますね。

なぜ440や880Hzを使っているのか?は分かりませんが、
人間の歌声の高い目の音程に近い、というのがひっかかります。↓
http://www.sakai.zaq.ne.jp/senkon/second.html
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/1414/o …
#1さんの仰る「1オクターブの完結」は、大いに頷けます。
「耳にやさしい、ほどよい高さの音」とも言えるのではないでしょうか。
また、救急車のサイレンの音が880Hzをはさんでいる、というのもなんらかの意味があるようにも思います。

ちなみに3Kzくらいの音というと、「赤ちゃんの泣き声」や「女性の悲鳴」の音の高さ、という記述のページもありましたから、「必要にかられて、その高さの声(音の周波数)を出す」という珍解釈(?)も成り立ちそうです。(笑)
いくらよく聞こえる、といっても時報には向かないような・・

それにしても#1さんも#4さんも、とても「一般人」とは思えませんね、敬服いたします。
私も勉強になりました。
    • good
    • 0

880というのが、人間の生理に馴染む高さだと聞いたことがあります。



新生児の産声は、人種・性別・体重などに関係なく、みんなほぼ全員この高さなのだと聞きました。

そのへんにもちょっとだけは関係あるのかもしれません。

全くのご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考でも大変貴重です。ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/12 19:53

>でもなぜ440hzのラでなければならなかったのでしょう、ドでもファでも良いような気がしますが・・・。


確かにそうですよね。
ラ音=440Hzで整数値だけど,それ以外の音は周波数が無理数になるから,とか? でもあんまり関係なさそうですよね。
実際,TBSラジオはド音を使っています。

ちなみに,昔のNHKの時報は,今よりも1オクターブ低かったそうです。
手元の本(『時と暦』)の中に,昭和8年(1933年)のNHKの時報のやり方が出ているのですが,これがなかなか面白い。
59分20秒から0分0秒まで,カチカチという音を1秒ごとに鳴らします(電話の時報と似てますね)。
そして,予告として,28, 29, 30, 39, 40, 50秒に,ピアノでラの音(110Hzと220Hz)を鳴らします。
0秒には同じくピアノで,440Hzを鳴らします。

残念ながら,その後どういう変化をたどって今の時報になったのかまでは書かれていませんが,何らかの理由で,音程が一オクターブ上がり(やはり,前の回答にあるように,聞きやすいというのが大きいと思います),またピアノの代わりに簡便な電子発信音にかわったのではないでしょうか。

直接の回答につながる情報を持ち合わせないので,お答えできずスミマセン。よけい疑問が深まってしまったかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

勉強になり真下。ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/12 19:52

>でもなぜ440hzのラでなければならなかったのでしょう



 特に明確な理由はないと個人的には考えています。大昔は基準音などなかったはずです。音楽が体系化されるにしたがってどの楽器のこの音を基準とするとか、音叉などの物理現象を利用した基準音が定着したものと想像しています。ただし、楽譜は残っていても音そのものは残っていないので、正確にはどの周波数を基準としたのか分からないはずです。(楽器の大きさやその発声原理が特定されればある程度の幅を持って推測は可能かと)

 近代になって音のもつ物理的特性が定量化出来るようになって測定してみたらたまたまラの音が440Hzに近かった、ということだと思います。440Hz前後の周波数を持つ音は自然界の中で進化してきた人間の耳にとってもっとも聞きやすい音の高さと判断され、この音が選択されたと想像しています。

 自然界で人間が生き残るために知覚が必要とされる音が数百ヘルツを中心とした広がりを持つ帯域だったのではないかと考える理由ですが、自らに迫った危険を察知、回避するための自然現象の発する音や、動物の鳴き声といったものを捉え、知覚するのは必要なことであったはずです。

 自然現象で考えれば雷や雨の音、水の流れる音、風の音などそれぞれの発生原理や音をだす物の物性から特定の音の高さが決まり、それを音を聞くための動物の器官、つまり耳がその周波数にもっともよく対応したのだと思います。

 動物の鳴き声の周波数ですが、これはその動物の大きさや発声器官の構造に左右されます。しかしこれとても物性というものに束縛されます。イルカやコウモリなどは、獲物となる生き物の可聴音以上の周波数の音(超音波)をつかって狩りをしますが、獲物となる生き物がそれを「聴く」ことができれば狩りにはならないはずですので、可聴音の範囲はたいていの生き物ではほぼ同じではないかと推測しています。犬などは人間より高い周波数を聴くことができるらしいですが、おそらく人間が聴くことの出来る最高の音よりオクターブ上(40KHz)以内ではないかと考えます。

 それとオクターブを使う理由ですが、たとえば3度の和音を使ったとします。ド・ド・ド・ミーとハミングで音を実際に当ててみるとおわかりと思いますが、音の流れが完結せず不安定な感じです。4度(ド・ファ)でも同じです。5度(ド・ソ)は流れがだいぶ強いですがそれでもドと1オクターブ上のドというつながりほど完結しません。ある意味、時報のあの4つの音の流れはイ長調かハ単調(最初の音がトニックだとすれば)の、メロディーとリズムを備えた音楽なんだと思います。

 時報で使われる音色としては、倍音のサインカーブの単純な組み合わせのように感じます。アタックは不快さを与えるほど強くはなく、明確に音の始まりを表現しています。最後の音のサステインレベルも程良く設定してあり、総じて違和感や不快感のない音色でかつ明確に表現されていると感じます。
http://www.junkyard34.com/FruityLoops/Help/html/ …

 ちなみにピアノでは3つ並んだ黒鍵の右側二つの黒鍵の間の白鍵がラです。ギターは中心となる周波数が一オクターブ分他の楽器より低いので、1弦の5フレットが最初の3つの音で、その一オクターブ上の最後の長い音は1弦の17フレットになります。

 以上は私見ですので、自信無しです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもご丁寧にご説明戴き、本当に勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/12 19:50

#1さんのお答えの通りです。



>それはどういう理由で・・
最後の少し長い音(880Hz)は、人間の「耳の感度が一番高い音程」だそうです。
前の3音がかろうじて聞こえる程度でも、最後の音はよく聞こえるので、「聞き漏らさない」という効果もありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう理由だったんですね。ありがとうございました。たすかります。
ついでに良いですか? すると先に880hzの方が決まって後でオクターブ下げて3音を作ったことになるということで理解していいでしょうか?

お礼日時:2004/02/11 08:56

固定音階でいうと「ラ(A)」ですね。


移動音階で言ってもハ長調の「ラ」です。
空気を一秒間に440回ふるわせる音の高さは「ラ」と決まっているからです。ヨーロッパではオーケストラのチューニングの時442Hzを基準とする場合も多いようですが。
短い3つの音が440Hz、それに続く長い音が880Hzで最初のラよりオクターブ高くなっています。ピアノの鍵盤かギターで試すこともできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。でもなぜ440hzのラでなければならなかったのでしょう、ドでもファでも良いような気がしますが・・・。もしおわかりならそこの所も教えて下さい。

お礼日時:2004/02/11 08:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレゾルシノール樹脂について

レゾルシノールとホルマリン(ホルムアルデヒド)による、レゾルシノール樹脂の合成の反応式を教えてもらえないでしょうか?

レゾルシノール樹脂の構造式だけでも構いません。

わがままを言って申し訳なおですが、できるだけ早くお願い致します。

Aベストアンサー

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A8%B9%E8%84%82


ただ、ポリエチレン(PE)やPETなどのように一本鎖の高分子なら「-(CH2-CH2)n-」といった
描き方ができますが、フェノール樹脂などの場合は、「ベンゼン環から2本のメチレン結合が
出る場合」の他に、「ベンゼン環から3本のメチレン結合が出る場合」もあるため、
PEなどのように「-(○○)n-」といった描き方をすることはできません。


ポリエチレン:
  
・・・/\/\/\・・・

  →「-(CH2-CH2)-」(または「-(CH2)-」)で代表させることができる


フェノール樹脂:
(メチレンを2つ持つベンゼン環を「○」、3つ持つベンゼン環を「◎」で表示)

    ○    ○
・・・/ \ / \
      ◎    ○―・・・
      |
      ◎
     / \
・・・―○    ○―・・・

 →「○」と「◎」が不規則に現れるため、一部の構造で代表させることができない

フェノール樹脂のフェノール(水酸基1個)を、レゾルシン(別名レゾルシノール、水酸基はメタ位の
位置関係で2つ)置き換えた形のものがレゾルシノール樹脂です。
(原料をフェノールからレゾルシンに変えれば、後は同様の(もしくはそれより穏やかな)条件で
 反応が進むと思います)


従って、構造としてはフェノール樹脂とほぼ同じで、フェノール樹脂中のベンゼン環に、既存の
水酸基に対してメタ位に水酸基を追加で書き込んでやったものになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83...続きを読む

Qメチルオレンジについて

教えてください!!

メチルオレンジはなぜ水に可溶なんでしょうか?

またそれにはメチルオレンジのどのような構造が関わっているのですか?

早急に知りたいです!!

Aベストアンサー

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のページで「メチルオレンジ」を検索して構造を眺めてください。水中で溶解しているメチルオレンジの化学式になります。酸性下では、水素イオンがジアゾ基と呼ばれる-N=N-のところに結合して陽イオン、また中性・塩基性下では、スルホン酸基のところが水素イオンを放出して陰イオンとなっています。
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q43.html
関わっている、といわれるととても難しいのですが、ジアゾ基やベンゼン環がなければこのような構造はとれません。一番影響が大きいのはスルホン酸基でしょうか。

どなたか、詳しくご存知の方、サポートよろしくお願いします。

1.
ものが溶けるという現象は、単純には言えないのですが、基礎的な法則として、似たような構造のものに溶けやすい、ということがあります。水は極性が大きく、また、メチルオレンジも極性が大きい(極性が大きい→分子内での電荷の偏りが大きい→イオン性物質はそうみなせる)ということで、溶けるということです。
実際には、他にも水に溶けるための要素は「水和するか」「溶けたときにある程度の小ささか」などいくつかあります。
まま昔ですが、大学で習ったことはそんな感じでした。

2.
以下のペー...続きを読む

Q山口における重力加速度

山口における重力加速度を教えてください。
実験では、9,86になったのですが、先生に値が大きいと言われました。
有り得る誤差の範囲だとは言われたのですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本政府の機関(旧建設省)の中に国土地理院というのがあります。日本全国の地図を作っている総本山ですが、重力加速度の測定も行っています。山口県で実測した重力加速度の正確な値は [1] を参考ししてください。県内のある場所での重力加速度は[2] で計算できます。

[1] 日本全国の重力加速度実測値(調べたい地点をクリック)http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/gravity/grv_jpn/map.html
[2] 経緯度と標高が分かっている場所での重力加速度 http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/gravity/calc/gravity.pl

Qなぜ楽器のチューニング音がA(ラ)なのでしょう?

楽器のチューニングの基準となる音を英語でA(440Hz)と呼ぶのは分かりますが、それがピアノの白鍵だけのキーであるハ長調のC(ド)とズレているのはどうしてでしょう?440Hzの音が基準になるのであれば、440Hzがハ長調のドでは無い理由を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら説明を試みます。(投稿しようと思ったら,回答#6の中で参照されているサイトに似たようなことが書いてあるのを発見してしまいましたが,せっかく書いたので載せちゃいます,笑)


ヒトが音楽理論を確立しだしたのは,ギリシア時代らしく(ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスさんは,音楽理論家としても有名です)。この時に基準となったのが,今の階名でいうと「ラ」に相当する音だったようです。ちなみにピタゴラスは弦楽器の一種のようなもので音楽理論の研究をしていたそうです。現代の弦楽器にAの音が含まれているのは,その辺の名残でしょうか。

ここから七つの音が発生した経緯について。

音階の起源は「テトラコード」と言われています。先ほどの基準「ラ」と,そこから四度さがった「ミ」の間に音をふたつ入れた四つの音からなるものです(テトラコードとはそのまま4つの音という意味)。ここで「ミ」がなぜ登場するかといえば,おそらくは数学的に一番簡単に導かれる音だからでしょう。ラの周波数の1.5倍の周波数を持つ音がミになります。(整数倍だと,ラのオクターヴ違いしか出てきません)
なお,理由は分かりませんが,当時は音階は下におりる方向に考えていたようです。

いくつかあるテトラコードの中で一般的だったのが「ラ-ソ-ファ-ミ」という4つ。ミからはじめて同じ間隔で4つつなげると「ミ-レ-ド-シ」。これで今私たちが知っている階名が揃いました。
ギリシア時代には,この7つの音を並べたギリシア旋法というものがありましたが,それは,基準「ラ」から上にいくつ・下にいくつつながるか,というようなもので,今で言うところのキー(調性)のような考え方はなく,旋法の一番上(下)の音がなんであってもあくまでも基準(メーセ「中心音」というらしい)は「ラ」だったようです。

さらに,その後「ラ」基準ではなくて「ド」基準のメジャースケールが主流になった経緯について。

時代はくだって,中世ヨーロッパ。
その後,経緯は不明ながら,常に「ラ」を基準とするのではなくて,一番下の音を終止音とする旋法(正格旋法)と,下から4番目である(上から五番目,というべきか)下属音が終止音となる旋法(変格旋法)をもつ教会旋法が中世では主流となりました。
しかし,初期の教会旋法では,終止音となり得たのは今の階名でいえばレ,ミ,ファ,ソの四つであり,今でいうメジャースケールやマイナースケールは存在していませんでした。ドやラを終止音とする音階は,自然発生的にできたのではなく,教会旋法の理論的な拡張として,ある意味人工的に作られたようです。(なぜ初期の教会旋法の中にドやラを終止音とするものが入っていなかったのは分かりません)

ところが,あとから登場した「ド」からはじまる旋法が,和声的な音楽をつくるのに極めて都合がよかったのです。それは,ドのすぐ下に半音間隔でシがあり導音の役割を果たすこと(シを聴くとドに解決して欲しいと思う),主和音/トニック・属和音/ドミナント・下属和音/サブドミナントがいずれも長三和音/メジャーコードであったからです。
結果として,何種類もあった旋法の中から,「ド」からはじまるものが「メジャースケール」として生き残りました。
「ラ」からはじまる旋法は,トニック・ドミナント・サブドミナントの三つのコードが短三和音/マイナーコードであったため,「ド」からはじまる旋法の裏返しのような形で生き残ることになりました。

こんにちは。
素人ですが。

歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。


以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら...続きを読む

Q臨界点について

f(x,y)の関数について臨界点を求めるように課題が出ました。

質問(1) 臨界点と境界点は同じものなのですか?
質問(2) 同じではないとしたら、臨界点とは何なのですか?

どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

> δf/δx=4x^3-2x-2y    …… (1)
> δf/δy=4y^3-2x-2y   …… (2)
>
> という問題があって臨界点をもとめると
> (x,y)=(1,1),(0,0),(-1,-1)
> となっている問題集があるのですが、具体てきにどうやって解いているのですか?
> 私がとくとy=xを満たす点、というように無限に出てきてしまうのですが。。。

y=x というのは、(1)-(2) からでてきたのだと思いますが、それだけでは解いたことになりませんね。
なぜなら、
(1)かつ(2) ⇔ (1)かつ( (1)-(2) ) ⇔ (1) かつ y=x
だからです。
これより、関数 f の臨界点が (0,0), (1,1), (-1,-1) と求まります。

Qセッケン水に塩酸を加えると?

セッケン水に塩酸を加えたとき、白い小さな固形物が浮いてきたのです。
この白いものが何なのかが分かりません。
色々と調べてみたのですが、他の酸性溶液で弱酸の脂肪酸(R-COOHなど)が浮いてくる…というのはありました。
これは塩酸でも同じなのでしょうか?
また、この白いものが浮いてくる反応の化学反応式も教えていただきたいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩酸でも同じです。
石けんは末端がR-COONaとなっていますよね。
つまり、カルボン酸のR-COOHと強アルカリのNaOHの塩(えん)になっているわけです。これに塩酸のような酸がくると・・・
R-COONa + HCl → R-COOH + NaCl
となります。新たに生成するR-COOH(脂肪酸)は水に対する溶解度が低い(いわゆる油脂ですね)ので、白い固体となって浮いてきます。もうひとつ生成するのはNaClつまり塩(しお)ですね。これは水に溶けます。

Q「ラ」の音について

ドレミファソラシドの「ラ」です。
オーケストラの演奏前のチューニングの開放弦であり、
赤ちゃんの産声もこの音階だと聞いたことがあります。
また、時報の音も「ラ」だそうですね。
「ラ」という音は、人間にとって何か特別な意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

音叉の「ラ」の音だからです。

日本人はハ調で音をとりますから、何で「ラ」って思うのかもしれませんが、音階の最初のAの音はラだから、ラであわせるそうです。

現在「ラ」の音は440Hzになっていますが、これは1939年のロンドン国際会議で決められたものだそうで、1859年パリで最初に音叉(ラ音)の基準を決められたときはラの音は435Hzだったそうです。
時代や人、劇場の音響によって様々なHzに決められています。

現在主流の442~444Hzでの調律は、交響曲などをフルで演奏したとき、段々音がズレて下がっていくそう(上がる場合もあり)で、わざとずらして設定しているようです。(厳格な絶対音感保有者はズレがものすごくきになるそうです)

Qクロム酸ストロンチウムの沈殿について

こんばんは。
学校の実験で第5属の金属イオンの分離をしたのですが、わからないことがあったので質問させていただきます。

まず、Ba,Sr,Caイオンの混合試料溶液に酢酸アンモニウムとクロム酸カリウムを入れてBaCrO4沈澱させました。
次に、ろ液にアンモニア水とエタノール(99.5%)を入れてSrCrO4を沈殿させました。
なぜエタノールを混合するとSrCrO4の沈殿が起こるのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかることを書いておきます。

BaCrO4よりもSrCrO4、CaCrO4の方が水に溶けやすい。
SrCrO4はエタノールに溶けにくい。
NH3があるとCa2+は沈殿しにくい。

溶液に溶質が溶けにくい別の溶媒を混ぜ、溶解度を下げて沈殿させることはよく行われます。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q有機化学の教科書について

有機化学の教科書で、「Carey Advanced Organic Chemistry(PartA、PartB)」がありますが、これは最近は邦訳版は出ていないんでしょうか?
20年くらい前に邦訳版が出ていたようなので、中古で手に入ればこれで勉強しようと思うのですが、今出ている原書とは内容が随分違っているんでしょうか?
有機化学は古い本で勉強しても問題ないでしょうか?


また、Careyに匹敵するような和書または原書の邦訳版の教科書があれば教えて下さい。

どなたかご存知の方、ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
今気づきましたが、私が書いたのはAdvanced Organic Chemistryではなくて、Organic Chemistryの方の話でしたので、無視して下さい。

教科書に関しては、難易度的に、
(易)マクマリー<ボルハルトショアー<ブルース(難)といった感じでしょうか。マーチの教科書はそれらよりも詳しいですけど、少し異質です。


人気Q&Aランキング