出産前後の痔にはご注意!

2010年のとある日、当時妊娠6ヶ月だった私は事故を起こしました
私は「自転車」で相手が「車」です

押しボタン式の信号機で、私がボタンを押さず渡ったことが原因です
圧倒的に私が不利で悪いのも承知ですが、妊娠していたため
周囲の方のアドバイス通り、被害届けだけは出しました

その他の事は動かず喋らずで、何も聞かされていませんでした
(ちなみに相手は未成年でした、私が妊娠してることを告げると
相手の親が「最悪だなぁ、ややこしいなぁ」と言っていたのを覚えています)

相手は車に傷がつきましたが、身体は大丈夫だったと思います
私は妊婦だったので、病院に行き診断書等書いて頂きました(捻挫とか大したものではない傷の)
ちなみに私は保険に入っていません

そして2年以上経ったつい最近(その間、全く音沙汰なし)に、相手さんの保険会社さんから
「商法第662条により当社契約者である○○様の貴殿に対する損害賠償請求権を代位取得致しました」
と手紙が来ました

困ったことに私は来月上旬に離婚し、精神の調子を崩し通院中の身で
離婚したら生活保護を申請する予定なのです
(無職・無保険・無貯金です)

そんな状況ですので、まだ誰にも相談できずに居ます
保険会社さんに電話をし、その旨を伝えた方がいいのかよく分かりません

こういったことに無知過ぎますし、時期が時期だけに
相手に良いように扱われるのもツライです
かと言って逃げる事は正しいと思えないのもあります

ちなみにその時の赤ちゃんは元気に産まれ、元気に育ってます

保険会社さんに正直にこの状況を伝えるべきでしょうか?
教えてくださると、とても助かります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

被害届けでなく警察呼んで事故処理→人身事故なので人身事故の届けだと思います。


現状を読む限り裁判されて判決→強制執行されても取られるものないでしょう…。
強制執行かけても動産不動産などない人からは、取れないんですよ。
不安なら役所で30分無料の弁護士相談ありますから電話して予約取ってから、詳細を箇条書きにして相談してみて下さいね。
    • good
    • 2

被害届って人身事故のでしょ?


それなら、もうとっくに処理終わってますので、今更、取り下げはできないですよ。

お金を払えるあてがないのに電話しても仕方ないかと。
通知が何回も来て、その度に事故を思い出すから嫌だというのであれば、「保険会社に生活保護受給するので払えません」と言ったらもしかしたら回収は諦めるかもしれませんね。

どっちにしても、保険会社の出方次第になります。
2年以上経ってるということは、すでに時効が迫ってます。
時効は3年ですので、それまでに保険会社が訴訟等起してこなければ、時効を援用して終了です。
    • good
    • 2

つまり、相手は車の損害については、車両保険を使い、保険会社が請求権を代位取得して、今後ご質問者に請求してくる旨通知してきたわけですね。



>無職・無保険・無貯金です

これであれば、もう開き直って放置しておくしかないでしょう。
保険会社が裁判起こしたとしても、強制執行する資産がないのですから、どうしようもありません。
とりあえず放っておいて様子見ですね。

この回答への補足

回答本当にありがとうございます

>相手は車の損害については、車両保険を使い、保険会社が請求権を代位取得して、今後ご質問者に請求してくる旨通知してきたわけ

おそらくそうなんだと思います

手紙には開封したら10日以内に電話を!と書かれていたのですが
その電話もしない方が良いのでしょうか?

私はお金は払えませんが(現段階では)
被害届けは取り下げたいと思っています
その旨を伝えるべく、電話はかけた方が良いのでしょうか?

時期が時期だけに、今はそのこと(事故の件)に
申し訳ないのですが、気を配っていられないのが現実です・・・

補足日時:2012/10/27 02:03
    • good
    • 1

賠償などを一切せずに放置したのでしょうか?



クルマの損害について、損害賠償請求権を代位取得した通告なのでしょうね。

あなたの身の上話は同情を買うには丁度いいでしょうが、
相手が保険会社ではそれも有効か疑わしいでしょう。

あなたは、相手から損害賠償請求をされたのですか?
請求されていたのに払わずに放置したのですか?
それとも、そもそもお互いがどれくらいの損害であるか話し合わなかったのですか?
なら、その清算から始めなければならないでしょう。

大事なことを放置したから、本来なら優位である立場を捨ててしまって、
相手の損害だけ明確に残ってしまい、単なる不良債務者になってしまっている感じですね。

この回答への補足

回答本当にありがとうございます

それが今まで相手さんや、その保険会社さんからも何の連絡もなかったのです
保険会社さんが、相手さんの車の修理代を、事故があった2ヵ月後には支払っているようで
その「支払いましたことにより貴殿に対する損害賠償請求権」のようです

しかしそういった連絡も何もありませんでした
これだけ払えという請求もありませんでした
妊婦なので、互いにことを荒げたくないのかな?とも思っていました

額が100万近いので、今の状況ではとてもではありませんが、払えません
(分割で細々と可能なら頑張りたいです)
被害届けに関してなら、すぐにでも取り下げることが可能なのですが・・・

補足日時:2012/10/27 01:07
    • good
    • 3

問題を整理してください。


あなたは何を問題としているのか。
あなた自身の状況は、正直、あまり関係ありません。

事故の過失割合はどうなっているのか。
それに応じた補償、この場合は車の修理代を負担するだけです。
相手は金額について言って来てないのでしょうか。
無いのであれば、あなたはどうもしようもありません。
「私は無職で精神障害でシングルマザーで生活保護です」なんて言っても、だからなに?というだけです。

問題なのは、相手の請求金額を支払えるかどうか、
また、過失割合などから、その請求額が適正かどうかです。

この回答への補足

回答ほんとうにありがとうございます

それが2年も経って急にお手紙が来たので、ただただ驚くばかりなんです
この2年間、そういった連絡は相手さんからも保険会社さんからも無く
モヤモヤはしてましたが、子供が生まれてからは忙しく
本当に忘れていました

そうこうする内に離婚、病気と立て続けに問題が起こり
お金が無い最中、このお手紙です

正直言って、100万近いお金は払えません
(現段階では)
生活が落ち着いてきたら、分割でも良いとおっしゃってくださるなら
頑張って払っていきたいです

補足日時:2012/10/27 01:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険に係る損害賠償請求権の代位取得について

健康保険に係る損害賠償請求権の代位取得について

健康保険法を勉強しているのですが健康保険に係る損害賠償請求権の代位取得についてよく分からない部分があります。

健康保険の給付事由が第三者の行為によって生じた場合で保険者が保険給付を行った時、保険給付を受ける権利を持つ者が第三者に対して有する損害賠償請求権を保険者が取得した場合、『保険給付を受ける権利を有するものが第三者から同一の事由について損害賠償を受けた時は、保険者は、その価額の限度において、保険給付を行う責めを免れる』・・・・とあるのですが、この『 』の中が具体的にどのような状況を指すのかがよく分かりません。

私なりに考えた答えは、

例えば交通事故が発生し被害者Aと加害者Bが両方とも怪我をして治療費の一部を協会けんぽに請求する場合、
(1)協会けんぽが被害者Aの治療費に対し保険給付する。
(2)協会けんぽはこの保険給付に関し、被害者Aが加害者Bに対して持つ損害賠償請求権を代位取得する。
(3)一方、加害者Bの治療費についてBから保険給付の請求があった場合は、協会けんぽは(2)で取得した損害賠償請求権の価額に達するまではBに対し保険給付を支払わなくて良い。

この(3)が『 』の具体的内容を示すものと理解しましたが正しい理解でしょうか?

よろしくお願いします。

健康保険に係る損害賠償請求権の代位取得について

健康保険法を勉強しているのですが健康保険に係る損害賠償請求権の代位取得についてよく分からない部分があります。

健康保険の給付事由が第三者の行為によって生じた場合で保険者が保険給付を行った時、保険給付を受ける権利を持つ者が第三者に対して有する損害賠償請求権を保険者が取得した場合、『保険給付を受ける権利を有するものが第三者から同一の事由について損害賠償を受けた時は、保険者は、その価額の限度において、保険給付を行う責めを免れる』・...続きを読む

Aベストアンサー

>、『保険給付を受ける権利を有するものが第三者から同一の事由について損害賠償を受けた時は、保険者は、その価額の限度において、保険給付を行う責めを免れる』

 つまり、損害賠償の治療であっても、健康保険の規定に定められている治療費の支払いを拒否する適確な理由がない場合は、保険者は組合員の治療費を支払う義務が出てきます。
 ただし、その中で加害者に対して請求できる金額(損害賠償金)は、元々加害者が支払うべき治療費ですから、健康保険組合は、治療費を医療機関等へ支払うことで、いわゆる「立て替え払い」をして、加害者へ請求できる分を請求するのです。

 例えば100万円の治療費を保険者が支払ったという事故で、その事故の被害者の過失割合が30%とすれば、加害者に対して{100万円×(1-0.30)}=70万円の請求権を持つのです。

 ただし、「保険給付を受ける権利を有するもの」つまり、交通事故の被害者(患者)が、「第三者から同一の事由について損害賠償を受けた時」つまり、被害者以外の第三者、言い換えると加害者本人や加害者加入の自賠責保険・任意保険等から、「同一の事由について」つまり、交通事故の賠償金として治療費の支払いを受けた場合は、「保険者は、その価額の限度において、保険給付を行う責めを免れる」つまり、「加害者等から支払いを受けた金額分は、治療費を二重に支払う義務はない。」ということになります。

 上記事例の場合で、健康保険組合に100万円の治療費支払い義務があったとしても、そのうち50万円を加害者が支払った場合は、被害者が加害者から支払いを受けた50万円の支払い義務はなくなるという意味です。
 結果的に残金の50万円は支払わなくてはなりません。
 この場合の第三者の行為に起因する求償可能な金額は35万円{50万円×(1-0.30)}となります。

 法律は意味を理解することが大切ですので、あまり難しく考えないようにしてください。

>、『保険給付を受ける権利を有するものが第三者から同一の事由について損害賠償を受けた時は、保険者は、その価額の限度において、保険給付を行う責めを免れる』

 つまり、損害賠償の治療であっても、健康保険の規定に定められている治療費の支払いを拒否する適確な理由がない場合は、保険者は組合員の治療費を支払う義務が出てきます。
 ただし、その中で加害者に対して請求できる金額(損害賠償金)は、元々加害者が支払うべき治療費ですから、健康保険組合は、治療費を医療機関等へ支払うことで、いわゆる...続きを読む

Q法律等に詳しい方、損害賠償請求権の代位取得について教えてください

1年半程前なんですが、スキー場で滑っている時に友人と2人で女性に怪我をさせてしまいました。友人と私がゲレンデの真ん中に座り込んでいる女性を発見して、お互いによけようとしてぶつかり、こけた先にその女性が座っていたという感じです。病院に行き、細かい話は後ほどという事になり半年程経って、社会保険事務所から連絡がありました。
女性は健康保険で治療を受けており、国が負担している8割分は怪我をさせた私達に支払う義務があるという内容でした(損害賠償請求権の代位取得?)そんな事は初めて聞いたので、支払う義務はあるものかと質問させて頂きました。しかも、こちら側も向こうも、お互いに悪い(こちらもよけきれなかったし、あちら側も、初めてのスノーボードで上級者コースの真ん中に座り込んでおり、しかも、怪我をした手首は普通の手袋をしていた為、生身の状態であった事)と考えていたのに、社会保険事務所側の話し合いで、社会保険で賄われている負担分の過失割合が2:8=(女性):(私達)に決まってしまったらしく、実はあまり納得していません。(こちらも大怪我をしていた可能性もあるわけですし、実際自分の身は自分で守るのがゲレンデでの常識ですので・・)
女性に対しての慰謝料は加入している日常生活賠償責任保険でおりたのですが(私分だけ)この代位取得に関してもそこからおりるもんなんでしょうか?

長々とすいません、詳しい方がいらっしゃれば、よろしくお願いします。

1年半程前なんですが、スキー場で滑っている時に友人と2人で女性に怪我をさせてしまいました。友人と私がゲレンデの真ん中に座り込んでいる女性を発見して、お互いによけようとしてぶつかり、こけた先にその女性が座っていたという感じです。病院に行き、細かい話は後ほどという事になり半年程経って、社会保険事務所から連絡がありました。
女性は健康保険で治療を受けており、国が負担している8割分は怪我をさせた私達に支払う義務があるという内容でした(損害賠償請求権の代位取得?)そんな事は初めて聞...続きを読む

Aベストアンサー

この手の事故は既に判例があったと思います。
その判例は見つかりませんでしたが、
似たようなケースがありましたので
参考URLをご覧ください。

健康保険は第三者の行為による傷害などの治療に
保険を適用して使用することはできません。
ご質問の場合には
社会保険事務所が一時立替払いをしたので
加害者への請求権が社会保険事務所にあるということです。

>社会保険で賄われている負担分の過失割合が2:8=(女性):(私達)に決まってしまったらしく

何か勘違いをされているようです。
過失割合を他人が勝手に決めることはできません。
2割は健康保険の自己負担分として相手方が自腹で支払い、
残り8割を保険保険を使用して治療を行い
この分を加害者に請求するということでしょう。

>日常生活賠償責任保険でおりたのですが(私分だけ)この代位取得に関してもそこからおりるもんなんでしょうか?

代位取得云々は関係ないでしょう。
賠償責任保険であれば治療費もでませんか。
ご自分の保険証券等を確認しましょう。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ZI3H-KWRZ/law2jikoski.html

この手の事故は既に判例があったと思います。
その判例は見つかりませんでしたが、
似たようなケースがありましたので
参考URLをご覧ください。

健康保険は第三者の行為による傷害などの治療に
保険を適用して使用することはできません。
ご質問の場合には
社会保険事務所が一時立替払いをしたので
加害者への請求権が社会保険事務所にあるということです。

>社会保険で賄われている負担分の過失割合が2:8=(女性):(私達)に決まってしまったらしく

何か勘違いをされているようです。
...続きを読む

Q自動車の車両保険に詳しい方お願いします

私:車両保険 限度額100万
 
今回事故に遭い 私の過失0(追突事故)、私の車両損害50万の場合、もし相手側から10万しかもらえなかった場合、後の40万は自分の車両保険から支払われるのでしょうか。またこの場合も来年の自動車保険で事故件数1となるのでしょうか。

Aベストアンサー

あなたが無過失事故で相手から一部しか回収出来ない場合 加入車両保険請求すれば差額を支払いされます。
車両保険で補償された場合 賠償請求権は保険屋に移行 あなたに代わり保険屋が相手に代位求償します。費用対効果も勘案 回収できなければ保険屋が泣くことになります。

あなた加入保険会社があなたの無過失事故であることを認定 相手が確認出来る事故の場合車両保険請求・使用してもノーカウント事故として等級進行 等級落ちしない特約が自動付帯されてる保険会社もあります。

等級落ちする保険会社、ノーカウント事故とする保険会社 色々です。

ノーカウント事故とする保険会社、損保ジャパン?、日新火災?と思います。あなた加入保険屋はどうでしょうかね??? 確認されたし・・・・。

Q損害賠償請求権の移転とは?

交通事故の被害者です。

加害者が任意保険に加入していないために、私の加入している自動車保険の人身傷害保険を使い、手続きを受けました。保険会社が自賠責への請求を代行する形になっているかと思います。
事故から半年を経過し、症状固定ということで、計算書と協定書を送ってきました。
もし、症状が悪化した場合、相手への補償請求はできるのかと保険会社に尋ねたところ、それは可能だということを言っていましたが、協定書を見ると、「本件事故についての人身傷害保険金の請求が一切終了したことを確認します。また、本件事故による私の甲(加害者)に対する損害賠償請求権は、受領した上記保険金の額を限度として貴社に移転することを承認します。」とあります。
損害賠償請求権という意味がいまいちわからないのですが、これは自賠責への請求権が無くなったという意味なのか、加害者に直接請求、つまり最悪の場合、訴訟を起こした場合も、加害者へ請求する権利が無くなる、示談が成立したことになる?ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

「受領した上記保険金の額を限度として」と書いてありますね。

つまり、保険会社が人身傷害で支出した分については、相手への請求権は保険会社に移転するということです。
あなたがそれ以上の賠償を求めるなら、加害者へ直接請求することが出来ます。

簡単に説明しますと。
あなたの求める損害賠償の金額が500万とします。
そのうち、人身傷害から300万受け取りました。

この場合は300万は保険会社に請求権が移転されるので、加害者に請求できるのは200万となります。
要するに二重取りできない仕組みということです。

Q車両時価額の決まり方を教えてください!

先日、追突されてしまい全損でした。
私の過失は0とのことで、相手の保険会社は認めています。
車両を同じ年式、同じグレードを購入しようとしていますが
検索すると220万円+諸費用なのですが、
時価額以上は出せない!の一点張りで非常に困っています。
時価額は158万円とのことでした。
私は、車両保険に入っており、全損の場合、200万円まで出ます。
この金額は、時価額から算出されたと聞いております。

そこで、教えてください。
時価額はどうやって出しているのでしょうか?
車両保険の時価額と異なるのはなぜでしょう?
また、被害者の方々は、この条件でみな泣き寝入りしているんでしょうか?

Aベストアンサー

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは古い車を廃車すれば還付がある為です。)
認められる経費は、車庫証明取得費用、自動車の登録費用になります。

これらを分からずに中途半端に要求すると、保険貸会社は、
「払う必要は一切ない(物が含まれている)」などと括弧の中は言わずに拒否してきたりします。


示談とは相手が納得した状態です。
納得してくれさえくれれば良い、と保険会社は考えていますので、上のように、言葉をうまくごまかしながら支払いを減らそうと頑張って来ます。
これらはきちんと賠償請求できる範囲を把握して請求していくと、逃げ道がなくなる為に(嘘は言えませんから)合意に近づいていく事になります。

請求できる範囲の理解と、請求金額の理解を良く行って、正しい損害賠償をして貰うようにがんばってください。

時価額とは、同じ形式、年式、グレード、同等の状態の車の再取得できる価格になります。

保険会社は買い取り価格の方を提示してくるのが一般的です(金額が安いですからね。)が、車の価値は再取得の方の価格になりますので、出来るだけ多くの中古車情報誌などより、同じ程度の車の販売価格の例を集めだし、その金額で主張していく事になります。

また、その他として認められる経費の部分は、事故車の廃車手数料があります。
新たに購入する車の、重量税、自動車税、自賠責保険は、認められません。
(これは...続きを読む

Q交通事故での相手の請求額が払えない時には。

支払能力がない人が損害賠償を請求された場合、どのように解決すればいいのですか?確か最低限の生活は保障されると思ったのですが。またその場合、最低限の生活とはどのような状態ですか?
こちらは学生で、現在学生宿舎に入っています。親や親類は当てに出来ません。
交通事故を起こしてしまい(無保険&追突なので過失は10:0)、46万ほど請求されているのですが、支払いが困難です。月2万が限度と伝えてありますが、納得せず、こちらの支払能力を超えた請求をされています。支払方法について調停とか出来ますか?
また、支払額を減らすために、請求金額そのものを争うことはできますか?口頭で払うと伝えてしまったのですが・・・。

Aベストアンサー

No.3の回答に同感です。
が、少しアドバイスです。

【確認1】
kanyakoさんが未成年の場合親にも賠償の義務が生じます。

【確認2】
停車していた車に後方から追突してしまい、
相手方の車の修理費用として46万円を支払わなければならない。
と、いうことでよろしいでしょうか。

【賠償方法】
1.親に工面してもらって1回で支払い、毎月2万円を親に返済する。
2.サラ金などから借金をして毎月2万円を返済する。
3.相手方に深深と頭を下げて毎月2万円の返済にしてもらう。
4.調停を行う。

相手方の車の修理費用は修理工場に一括で支払うため
相手方が一時的に立替払いをして毎月2万円を受取るのは
考えにくいでしょう。

親や親類は当てにできず、相手方に迷惑を掛けないようにするためには
2の案が丸く収まると思います。

>支払方法について調停とか出来ますか?
できます。
しかし、相手方には調停に出席の義務はありません。

>支払額を減らすために、請求金額そのものを争うことはできますか?
争いはできますが、絶対に負けると言っても良いでしょう。

相手方が死亡したら学生生活いや今後の人生は終わっていたでしょうね。
それを考えれば大事にならなかったと思いますので、
ご自分で借金をして支払った方が誰にも迷惑を掛けることがないと思います。

No.3の回答に同感です。
が、少しアドバイスです。

【確認1】
kanyakoさんが未成年の場合親にも賠償の義務が生じます。

【確認2】
停車していた車に後方から追突してしまい、
相手方の車の修理費用として46万円を支払わなければならない。
と、いうことでよろしいでしょうか。

【賠償方法】
1.親に工面してもらって1回で支払い、毎月2万円を親に返済する。
2.サラ金などから借金をして毎月2万円を返済する。
3.相手方に深深と頭を下げて毎月2万円の返済にしてもらう。
4.調停を行う。
...続きを読む

Qフリート契約と全車両一括付保契約について教えて下さい。

フリート契約と全車両一括付保契約について教えて下さい。車が10台以上あるとフリート契約という扱いになり、有利な保険料で契約ができるようになると聞きました。さらにそこに全車両一括付保特約という契約を付帯するとさらに保険料が安くなると聞きました。しかしこの全車両一括付保契約というのが今ひとつ理解できません。普通のフリート契約とどこが違うのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

仮に15台の車の保険があり、フリートになっていたとします。
フリート契約は常に満期日をすべて料率審査日に統一する必要があります。
15台をバラバラに契約すると事務処理が大変ですので、すべてをまとめて
一本にして規約するのが「全車両一括契約」です。

これにより、契約の始期も満期も同じとなりすっきりとするだけでなく、
10台以上まとめた契約に適用される「多数割引-5%」も適用されます。
更に「全車両一括契約」は新車や車両入れ替えなどがあれば、自動的にその
時点から保険がかかっている仕組みになっていますので、安心です。
(翌月に毎月の異動分を報告して精算します)

なお「全車両一括契約」にすれば、割増なしで12分割払いも可能です。
(一般の場合は分割は5%の割増となります)

そのためフリートはまず100%が「全車両一括契約」とするのが常識です。

Q小型貨物と普通貨物の違いは??

先日、中古車を買いました。まったくはじめてで分からない事があります。車種はニッサンのホ-ミ-バンロングで2700cc平成4年式なのですが、ニッサンの営業の方に安田火災の自動車保険を勧められたのですが、私は農協で加入したいと思ってます。しかし農協のパンフレットをみても分からない事があるのです。それはいろんな種別があるのですが、自家用小型貨物車なのか、普通貨物車なのかという事です。農協に問い合わせしたのですが、小型だと言われました。しかしニッサンの営業マンはキャラバン(ホ-ミ-)は普通貨物だというのです。平日、仕事のため農協の窓口へ行くことができません。問い合わせでも訪問はしてないと言われ郵送で申し込みをしようと思ってます。いったいどちらになるのでしょう?詳しくお知りの方がいましたら、よろしくお願いいたします。
あと、プレ-トは1ナンバ-という事です。

Aベストアンサー

【自家用小型貨物車】
自動車のナンバープレートの色が白地に緑文字で、分類番号が40~49または400~499で、長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.00m以下排気量2000cc以下の貨物車 

【普通貨物】
分類番号が10~19または100~199で、長さ12.00m以下、幅2.50m以下、高さ3.80m以下で小型貨物車枠に収まらないもの

となりますので、1ナンバーなので間違いなく普通貨物車です。

参考URL:http://www5b.biglobe.ne.jp/~egm43731/

Q賠償金を払わないとどうなる??

例えば、「生徒にいじめをした小学教師に対して、被害者家族は1300万円の損害賠償の訴訟を起こした」という内容のニュース(曽祖父が米国人であるためにいじめを受けたというあのニュースです)で、そのまま1300万円賠償!の判決が出た時、よかったよかったと思うのですが(よかったと思う思わないはさておいて)、判決が確定した時、もし賠償責任者(この例では教師だけと仮定)がお金を払わない場合どうなるのでしょうか?
また、多額の賠償判決を受けた人はちゃんと払っているのでしょうか?
「払わなかったら1年間刑務所」とかだったら、払わない方が楽じゃないのか?と思ってしまい、気になって質問させていただきました。

Aベストアンサー

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済義務はなくなります。(厳密に言うと債務がなくなるわけではありませんが、法的に取り立てることは出来なくなります)

ただし、破産法366条では以下の債権ついては免責できないとしています。

(1)租税債権
(2)破産者が悪意をもって加えたる不法行為に基づく損害賠償債権
(3)雇人の給料のうち一般の先取特権を有する部分
(4)雇人の預り金および身元保証金。
(5)破産者が知りて債権者名簿に記載しなかった請求債権、但し債権者が破産の宣告ありたることを知りたる場合を除く。
(6)罰金、科料、刑事訴訟費用、追徴金および過料。

つまりご質問にある小学校教師は(2)に当たりますので、破産しても免責になりません。生きている限り弁済を続けなければなりません。
少なくとも返済完了まで普通の生活は出来なくなります。ただお分かりのようにもともとたとえばルンペン生活しているような人だとそれは痛くも痒くもないということになりますが。

微妙なのは業務上過失など過失による損害賠償です。法律上は免責を受けられることになっています。ただ実務上免責としてしまうか?というと疑問です。
最近の危険運転致死罪であれば(2)に該当するとみなされるでしょうね。(多分)

日本では債務を返済しないということについては、刑法違反とはならないので、逮捕されたり投獄されることはありません。

ただいつまでもその債務は残ります。それはどういう意味を持つかというと、いつでも強制執行できるということです。
勤め人になれば、その給与の一部は差し押さえられるし、家を買えば家を差し押さえられると、返済が完了するまで続きます。死んでもその債権は子供に引き継がれます(ただし相続放棄できます)。

ただ普通の債権については破産して免責を受けるとその債務に対する返済...続きを読む

Q車の車検は1年?2年?3年?でしたっけ??

えと、確認の意味を込めてですが、車の車検年数について教えて下さい。

<普通自動車>
新車の場合・・・最初は3年後、その後2年置きに車検
中古車の場合・・・2年置きに車検

<軽自動車>
新車、中古車問わず・・・2年置きに車検

で、よろしかったでしょうか?

確か以前は、10年経過した車は1年置きに車検だったように記憶していますが、今もそうでしょうか?

あと、外国車(ディーラ物、並行輸入物)も同様でしょうか?

Aベストアンサー

<普通自動車 3ナンバー・5ナンバー>
昭和63年07月01日以降登録車において、
新規登録から初回3年、以降2年おきに車検です。
中古車であっても新規登録から半年しか経っていないなど、初回車検がまだである場合は
新規登録から3年で初回車検となります。

なお、中古車であっても、新たに輸入した場合は
初回3年車検、以後2年車検となります。

昭和63年06月30日までに新規登録の場合、
初回2年、以後2年、但し、新規登録から10年を超えて車検となる時以降、1年車検となります。

<軽自動車>
4ナンバー車は初回2年、以降も2年
5ナンバー車は初回3年、以降2年
但し、昭和63年06月30日までに新規登録の場合、
4ナンバー・5ナンバー共に
初回2年、以後2年、但し、新規登録から10年を超えて車検となる時以降、1年車検となります。

ではどうぞご参考下さい。


人気Q&Aランキング