兼業農家で白色申告をしております。
農業が規模的に小さく収支が赤字で、サラリーマン収入と合算で、税金還付として申告しています。

兼業農家でも、自宅を事務所(自宅兼事務所)とすれば、経費としてかなり申請出来ると聞いた事があります。
実際に自宅は、農業を行っている所と同じ場所です。

そこで質問なのですが、
1.事務所として扱う場合には、税務署に何か手続き(書類の提出とか)が必要なのでしょうか。

2.経費としてはどの位計上しても良いものなんでしょうか。
  例えば、光熱費なら一般的に何割位とか、固定資産税なら何割とか
  自己申告なのは承知しているのですが、常識的な(税務署が文句を言わない)割合ってどの程度なんでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事業的規模である農業であれば、事務所もよいでしょう。


しかし、自宅の減価償却という形での経費計上となります。
したがって、自宅の購入金額からの計算です。そして、事務所専用の場所としてのスペースの面積で考えなければなりません。

このように考えると、年間の減価償却費数十万円でも、経費献上できる部分は数万円ではないですかね。そして、所得税が10%だとすれば数千円しか税金対策が出来ません。
このような経費計上により税務調査の対象となってもよいのでしょうかね。

事務所として経費計上するのに手続きは不要です。物をかったりするのは経営上の判断であり、税務署の許しも必要ありませんからね。

計上の度合いなんてものは、目安はありません。あっても公になっていません。税理士の中にはそのような指導をするかもしれませんが、絶対ではありませんし、経験談でしょう。
計上できるのは、事業に使っている割合の分だけです。それも、明確な根拠が必要です。便宜上一定割合で行うことが多いですが、法律上は許されていないと思います。ただ、実額での計算をしても大きく変わらない程度であれば、税務署も文句を言いません。一定の基準期間を設けて利用状況を割合化した根拠を作った上で行えば問題ないでしょうね。
電気代であれば、電気設備を一覧にし、その割合を根拠にしたり、便宜上、居宅部分と事務所部分の面積の割合で考えてもよいかもしれません。

私の実家も農業で、私が税理士事務所経験があることから、私が申告書類の作成をしています。
動力にかかわる電気代は、私生活で動力を使う設備がないことから100%計上しています。電灯としての電気代は10%程度にしていますね。これは、年間平均を一度出した結果からですね。
水道代については、農業で使う水は地下水ということで電気代だけで済んでいるため、一切計上していません。
固定資産税は、明細に基づいて、農地と農業設備の計上と自宅の10%程度を計上しています。

自宅部分がかかわるところは、場所を特定せず、目的と利用頻度と度合いの説明が出来るようにする程度で、指導されれば引き下がることを覚悟しての計上ですね。

素人が見ても、利用の割合が妥当性があれば、問題ないのではないですかね。
減価償却以外では、申告書・決算書に計上割合の記載はありませんしね。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>素人が見ても、利用の割合が妥当性があれば、問題ないのではないですかね
税務署を説得できる根拠を作るのが大変ですね、グレーゾーンではありますが、農業をしていなければ係らないであろう経費の証明(説明)はどうしたら良いか解らず、一般的にこの位の割合なら税務署も納得すると言った回答を期待していました。

税金は難しいですね。

大変参考になりました。

補足日時:2012/11/01 13:37
    • good
    • 0

兼業農家で「事務所」と言うのは難しいですね、「事務所」より、集荷準備をする「作業場」とか、農機具を入れる「納屋」は無いですか?


その手のスペースを面積按分して固定資産税を公租公課にするなり、家屋を償却資産として計上すればいいでしょう。
面積と使用時間を基礎に按分率を考えるといいでしょう。

給与所得と農業所得の損益通算は無理じゃ無いですか?
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm

この回答への補足

回答ありがとうございます。
作業場などは農業以外には使用しないので、固定資産税は100%計上しています。

損益通算に関しては、既に税務署に認めてもらっていますので、問題ないと思っています、また、農業収入が赤字の兼業農家に積極的に確定申告を促す税理士さんのページも多々ありますね。

補足日時:2012/11/01 13:31
    • good
    • 2

1、提出は必要ありませんが、提示を求められれば計算の根拠となる数字は必要です。



2、文面からして赤字、白色、兼業農家では限りなくゼロです。
 なぜなら業として営むからには営利を追求するからです。


そもそも損益通算してる時点でいずれは税務調査が入り、否認されるでしょう。


公認会計士の見解
http://www.zeitan.net/chiebukuro_965.html
しかし、農業としての規模が、事業としての体裁を整えていない(自己消費と他者へのおすそわけということであれば家庭菜園に近い)ことを勘案すると、給与所得との損益通算(相殺)は困難と思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

根拠となる数字は確かに難しいかもしれませんね。

ご案内いただいたページを見てみましたが、私の所はもう少し規模が大きいようです、農協へは出荷し、確定申告用の集計書的なものも農協サイドで作成してもらっています。
また、最初の頃は、確定申告時期に税務署の開催する出張相談所(公民館等で行っているやつ)に参加し、税務署職員の方と顔を突き合わせて申告書を記入していました。
昨年度からはe-Taxにて申告しているため、紙の書類は提出していません。

損益通算は全くの最初から行っていますが、税務署からはクレーム等はありませんでした。

知り合いには、税務署に「赤字なら農家辞めたら」なんて暴言をもらった方も居ますね。
そんな簡単に廃業出来るなら、日本の農業は間もなく消えてしまうんじゃないでしょうか

補足日時:2012/10/31 16:26
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q兼業農家自由業の確定申告

私は兼業農家です。H18年は農業と会社員をしており農業所得の確定申告をしておりました。訳ありH18年で会社を退職。

H19年は農業と、定職にはつかず歩合制の職(社員ではなく外注扱い)を9ヶ月と2ヶ月程度のアルバイトをしました。自由業?
いずれの職も税金の支払いはしておらず源泉徴収をしてません。
尚農業外での収入は130万程度でした。

この場合確定申告はどのように行えばよいでしょう?
給与収入ではないのでどうしてよいかわからなく困ってます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

農業所得については従来通り。

アルバイト代や外注に関しては、給与所得等の源泉徴収票があるものは、給与として計算する。それ以外の外注(「報酬等の支払い調書」等)に関しては、白色の一般事業、又は雑所得として申告すればいいと思いますよ。どちらを選ぶのかは、金額も130万円ですし、本年のみで、継続して事業として歩合制の外注を行うならば白色一般ですが、そうでなければ雑所得として、収入から必要経費(一般には給与所得控除と同じ3割程度ならば問題は無いとおもいますよ)を引いた金額を計上すればいいかと思われます。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Qローン返済中のマンション、自宅兼事務所で経費になる?

来年から個人で仕事をする予定です。
現在ローン返済中のマンションに住んでおりますが、その自宅を事務所兼用として経費に計上できるのでしょうか?

また、今まではサラリーマンでしたので、ひとつの通帳でローン返済、光熱費等の引き落としをしておりましたが、個人用と仕事用と口座を分ける必要はあるのでしょうか?
ローン返済で使用している口座は、時間外の手数料などがないサービスに切り替えているため便利で、お財布代わりに全てを管理しております。

1月1日からどのようにしておけば確定申告に便利かお教えください。

Aベストアンサー

まず現在は住宅ローン減税を受けていますか?受けていると話は厄介なので受けていないとして話を進めます。

自分の居住するマンションを事務所にする場合、居住スペースと事業用スペースを見積りその面積割合で事務所経費とします。水道光熱費関係も同じく使用してる割合で分けます。
次に、ローンですが、まずローンの元金返済分は当然ながら経費計上は出来ません。
ローンの金利の支払分をやはり同じく面積割合で分割して、事務所分を算出して計上します。
あと、減価償却費を見積もる必要が出てくるでしょう。これも事務所分を見積もることになります。

これら税務についてどうもよくわからないということであれば、お住まいの地区に商工会議所があります。
こちらでは自営業などの方を支援するため、無料の税務相談を行っていますので、一度ご相談されるとよいでしょう。節税の為には青色申告業者にするなどのやり方もありますので、開業前に相談された方がよいです。

では。

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q白色申告の経費と売上

フリーランスで自宅でグラフィックデザイナーをしていて、白色申告をします。白色申告でも家事関連費は経費にできますか?また、H19年12月請求してH20年2月入金の売上は、H19年の売上に含めるのでしょうか?

Aベストアンサー

>白色申告でも家事関連費は経費にできますか…

「収支内訳書」が、第三者が納得できる書き方になっていれば、問題ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

>H19年12月請求してH20年2月入金の売上は、H19年の売上に含めるのでしょうか…

はい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q白色申告の経費について教えてください

教えてください。個人契約のSE(1年目)です。
6年ほど前にも2年間契約社員をしていて、そのときは帳簿も何もつけ
ておらず、白色申告で確定申告したのですが、そのときの事業収入が
400万くらいで、経費は税務署の方が計算してくれて、130万
前後の金額を記入しました。(経費の合計欄だけ記入しました)
今年はちゃんと青色申告の申請書を提出して帳簿もつけていたのですが
経費の合計が20万たらずで、青色申告の控除額65万を足しても
85万にしかなりません。
以前の白色申告の経費の金額はどうやって算出したものなのか、疑問
です。なにかの割合でだしたものなのでしょうか。
今年は青色申告するしかないと思いますが、白色申告したほうが得だ
なんてことはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

白色であっても青色であっても実額にて計算しなければならないのは同じ事なのですが、白色の方の必要経費が算定されない場合、概算経費率とか給与所得控除額を便宜的に使っていた時代がありました。
ご質問者の場合には、給与所得控除額かもしれません。

現在、この手法は禁じ手になっていますが、ごく少額の雑所得のようなケースでは、いまだに使われているのが実態と聞きます。

青と白のいずれが得か、といえば青色申告特別控除がある青が得です。減価償却費の特例とかもありますし。

とはいえ、ルーズさもやや寛容な白を得だとしてあえて白色を選ばれている方もいますね。

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q《白色申告》自宅兼事務所の場合はどうやってすればいいんですか?

今年はじめて白色申告をすることになりました

自宅兼事務所で仕事をしているのですが
自宅と言っても妻の親の持ち家であり
私達夫婦家族は妻の親からの好意により無料にて住ませてもらっています(固定資産税についても妻の親が支払っています)

その他の光熱費は当然に私が支払っているので
水道、電気、ガス代や電話代(1世帯に1台です)やプロバイダー代に
ついては使用割合によって経費となるのはわかるのですが
自宅兼事務所については私の場合はどのような計算になるのでしょうか?

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

舅さんらと同居しているのですか。
マスオさんでもかまいませんが、同居していて「生計が一」なら、家族の持ち物はそのまま按分して経費となります。
お金を払う必用はありません。

同居といっても二世帯住宅であるとか、別居であったりして「生計が一」ではないなら、実際にお金を払っていない以上、経費にはなりません。
お金を払えば経費とすることはできますが、少しばかりの節税のために、その何倍ものお金を払うのはばからしいですね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング