人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

平安時代の女性の名前は、例えば、藤原道長の娘、彰子は「しょうし」と音読みされています。
これは、当時の読み方(呼び方)が不明なので、音読みするという約束事があるからだそうです。
しかし、鎌倉時代の北条政子は、「まさこ」、室町時代の日野富子は「とみこ」と読んでいますが、これも約束事ですか。
「まさ」は、訓読みでしょうか。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

こんにちは。


bungetsu です。


>>疑問は、政子を「まさこ」と呼ぶのは(読むのは)歴史仲間の約束事でしょうか。
「まさこ」と記した史料があれば、「まさこ」と読めばよいのですが、それがなければ「まさこ」と呼び慣わしている、ということになります。


「政子」という署名などは、現在、見つかっていません。ましてや、「政子」にふりがなを振った物も見つかっていません。

そこで、「せいこ」ではなく「まさこ」と呼ぶのは、父の時政の「政」を貰ったことから、父が「ときまさ」と呼ばれていたので、「政子」を「まさこ」と呼ぶというのが、学者や歴史作家の間では共通した認識となっています。

あなたの言われる通り、単なる「慣わし」です。



鎌倉幕府の公式記録である「吾妻鏡」には「平政子」とありますが、より多いのは「二品禅尼」という敬称で記載されています。

また、源頼朝卿妻、あるいは、「源政子」などでなく「平政子」という記載がありますが、女性としてはたいへん珍しく、政子の特別な地位が考慮されているものと思われます。これなどにも「ふりがな」が書かれてありませんので実際にどう呼ばれていたかは、正直なところ「不明」です。

「吾妻鏡」は治承4年(1180)~文久3年(1266)までのことが記されていますが、その成立は正安元年(1300)頃と言われています。

従って、頼朝や頼家、実朝の死後、政子が「尼将軍」と呼ばれ、父の時政(初代執権)や義時(2代執権)などと鎌倉幕府を動かしていたことを前面に出すため「平政子」と書かれたものではないでしょうか。

多分に「吾妻鏡」が記された時には、政子は頼家や実朝などの実子も失ってしまっていましたので、「源」の姓を名乗る必要性がなくなり、婚家(源氏)から実家(北条=平氏)への帰属を強めたものと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明して下さって誠にありがとうございます。
大変よく解りました。

<「政子」を「まさこ」と呼ぶというのが、学者や歴史作家の間では共通した認識>だったのですね。
つまらないことかも知れませんが、ここのところを確かめたかったのです。
お陰さまですっきりしました。

また、吾妻鏡に「平政子」と書かれている理由もよく解りました。
とにかく次から次へと疑問が湧いてくるのです。
いつも丁寧に回答して下さって誠にありがとうございます。

お礼日時:2012/12/01 15:10

 とりあえず、以下の辺りが参考になるかと思います。



http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/saiku/hyakuwa/jo …

 現代になってから、記録や口伝にない名前の読みについては、いろいろと悩んで読みを「選んでいる」ことが窺えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

斎宮歴史博物館では、斎王の名前を「訓読み」にしているのですね。
「訓読み」を採用したいきさつが、大変参考になります。
感謝申し上げます。

お礼日時:2012/12/01 20:41

こんばんわ。


私は、自称「歴史作家」です。

多くのメディアでは、北条政子は最初から「政子」と出ていますが、これは間違いで、

実は、北条政子の幼少の頃の名前は判明していません。

政子と名乗るようになったのは、頼朝と一緒になってから、父の北条時政の「政」の一字をもらって「政子」と名乗ったと言われています。

従って、時政(ときまさ)の「政」(まさ)をもらいましたので、「政子」(まさこ)と呼ぶようになったと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

時政の「政」をもらって「政子」と書いたのですね。
疑問は、政子を「まさこ」と呼ぶのは(読むのは)歴史仲間の約束事でしょうか。
「まさこ」と記した史料があれば、「まさこ」と読めばよいのですが、それがなければ「まさこ」と呼び慣わしている、ということになります。

平安時代の「彰子」は、歴史仲間(学者先生?)で「しょうし」と音読みする約束になっているそうです。
NetでもTV(NHK高校講座)でもそのように説明されています。
小難しいことを言ってすみません。

お礼日時:2012/12/01 10:16

別に読み方が不明だったわけではありませんよ



道長の長女は 彰子(しょうし)
    次女は 妍子(けんし)
    三女は 威子(いし)
    四女は 喜子(きし)
ともともとがこの呼び方です
当時の貴族の娘(特に摂関家の中宮)は こういう風に呼ぶ習慣があっただけです 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/12/01 20:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北条政子は源政子という名で呼ばれない理由?

北条政子は源頼朝の妻となったのに、「源政子」と言われずに、「北条政子」と呼ばれるのはなぜなのか。

疑問1
この時代に妻となっても、夫の姓を名乗らないのが習慣であったのか。

疑問2
政子の手紙などには、署名を「源政子」としたものはないのか。また、「北条政子」としたものはあるのか。

疑問3
通称で言えば、細川ガラシャは夫の姓で呼ばれるが、これは、戦国時代へと時代が下り、習慣が変わったからなのか。あるいは、キリスト教徒という特殊な理由でなのか。

Aベストアンサー

1・明治の戸籍創設以前では女性が自ら姓や苗字を
 名乗ることは極めて稀であったと思います。
 女性は公式な地位を持ちませんから文書の署名も
 遺っていません(例外はあります)。

2・源政子の署名は目にしたことがありません。
 鎌倉幕府の公式記録である『吾妻鏡』には
 「平政子」もありますが、より多いのは「二品禅  尼」という敬称で記載され
 ています。
 「源頼朝卿妻」などでなく「平政子」という記載は 女性としてはたいへん珍し
 く、政子の特別な地位 が考慮されているものと思 われます。
 また『吾妻鏡』の時代になると政子は婚家(源氏) から実家(北条=平氏)
 への帰属を強めたのではないでしょうか。

3・細川ガラシャの呼び名の来歴は知りませんが、
 もしかするとイエズス会の僧によるカトリックの
 慣習からきているかもしれませんね。
 日野富子についてはよく知りません。

Q女性の名前

女性の名前
平徳子とか北条政子とか日野富子といったように鎌倉時代や室町時代の
女性は姓を名乗っていましたが、江戸時代だとそういうことはありません。
これは女性の地位の低下ということでしょうか?
また北条とか日野は生家の名ですが、これらの時代は結婚しても夫の家に
入るという考えではなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも平徳子とか北条政子といった名前は
今で言うところの「文書上必要な名前」であって
実際に彼女達がその名前で呼ばれていたことは
なかったのでは?と思います。
「徳子」などといった公的につけられた名前は「いみな」と呼ばれ、当時
直接口に出して呼ぶことは憚られていたはずですし。
江戸時代の女性もちゃんと姓を名乗っていました。ただ、公的な場に
名前が出てくることがほとんどなく(公的な名前を付けられることもなく)、多くの女性が
幼名のまま生涯を過ごした時代、であることはたしかかと思います。

>また北条とか日野は生家の名ですが、これらの時代は結婚しても夫の家に
>入るという考えではなかったのでしょうか?

そういう考えもあったと思います。ただ、中世の頃は、女性にとってまだまだ
婚家より実家の存在が大きいんですよ。女性も男性同様、実家の遺産相続の権利を
きちんとあたえられていたりしますし。戦国時代の武家の女性も、結婚は
家に入る というよりは実家の代表として敵地に赴く、という感じだったのでは
ないでしょうか。 


人気Q&Aランキング