最新閲覧日:

 英語で自己紹介をしたいのですが、名前、出身、住んでいる場所、趣味、などの一般的なものしか浮かびません。英語で自己紹介するパターンのようなものはあるのでしょうか?何かアドバイスのようなものがありましたらお教え願います。英語で自己紹介をし終わった時は、「Thank you」で締めくくるものなのでしょうか?また、「私は○○大学大学院△△研究科□□専攻です。」という場合と、「私は○○大学大学院△△研究科□□専攻出身です。」を自己紹介で言う場合はどのように言ったらよいのでしょうか?ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

自己紹介のパターンはその紹介の場面によって違うと思います.



単なる社交の場合は私的なデータから始め、仕事の場合は、仕事の資格、学歴、経験などから始めるのが普通だと思います。

今、現在大学院にいる場合は、
I am in the graduate program(school) at XX University, studying YY.
I am working on my M.A./Ph.D. at XX University, in YY discipline.
I am working on my M.A./Ph.D. in YY, at XX University.

それで、XX専攻を、“My research is in the area of,,,,"

過去の場合は、
I have a graduate degree in ___from University of XX.

I received my M.A.(Ph.D.) from XX University in __.
それで、xx専攻を、“My dissertation was on___".
“My area of study was in ___"

アメリカなどでは、自分の個性、思想、価値観をしめす自己紹介を好むと思います。例えば、学歴だけでなく、xxの研究に情熱を感じるようになった経緯など(アネクドウト?)少し話すとか。

以上、参考になったら、使ってください。
    • good
    • 0

まず前半部分について。


たいていの場合はおっしゃるような紹介で全然問題ないと思います。
何かスパイスを聞かせたい場合、自己アピールを強くしたい場合は
もうちょっと、Witが聞いている方がいいんでしょうね。
Wit の聞いているギャクをいれるとか。
具体的な例は思いつかないですけどね。
何か、自分のことに関して、イメージを与える一言を用意するのはいいかもしれません。印象に残ります。

私が使うのは自分の名前の由来です。
日本語って一文字一文字に意味があるじゃないですか。
だから、日本の文化もいっしょに伝わるのじゃないかなと思っています。

後半部分について。
I am in a master's program in Economics/Math... in ....University
や、(修士過程)
I am in a ph.D program in Economics/Math...in ....University
(博士過程)

というとか、
I am a Graduate student in .... University and majoring in ..... (研究科). My field of interest is ...... (専攻)
というなどいかがでしょうか。
    • good
    • 1

ワタシの英会話学校での経験では、


たいてい家族構成を紹介に入れてきます。
実家の親とか、兄弟とか、姪や甥に至るまで。
あげられている内容は、大抵に入っています。
ホームステイ先でも、家族構成は聞かれました。
あと、いい終わったら
「That's all.」っていつも言うんですが、
そのあとで「Thank you.」って言うのもいいですね~。

後半のいい方は、ちょっと難しいですぅ~~~~(^^;;;
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ