人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

このあいだ知人と話して驚いたことがあります。

その知人は今まで所得税以外の税金を払ったことがないのに、役所から催促の連絡がきたことが一度もないまま何年も過ごしているそうです。

知人いわく以下の点から自分は知らず知らずのうちに税金の「抜け道」に入ってしまったのかも?と話してました。

・住民票を実家においたままだが、会社には現住所(住民登録をしていない住所)で申告している。

・今までバイト・水商売・個人での家庭教師など、ちゃんとした会社での正社員経験がない。現在はOLですが契約は派遣です。

・親の扶養から外れてない。これに関しても「外すきっかけがなかったし、特に誰かから注意があったわけでは無いのでそのままにしてる」だそうです。

・年金に関しては知人が二十歳の頃から「免除申請」を親が役所へ手続きしてるそうです。今の知人には人並みの収入があるのですが、「私たちの世代は受給できる年齢も遅いし”払い損の世代”ってテレビでやってたから」ということでいまだに免除申請を行ってるそうです。でも歳とったときどうするの?ときいたら「それまでにいっぱい働いて老後の資金を溜めるか、個人年金に入るかあるいは生活保護を受ける」という答えが返ってきました・・・。

なお、源泉徴収は毎年ちゃんともらっているので知人が勤める会社はちゃんと役所へ申告してると思うのですが・・・住民税や年金等の催促が来ないってことは役所の人がちゃんと仕事してないせいでしょうか?

ちゃんと税金を納めている私としてはいくらか腹が立つ出来事であると同時に、何故払わなくても催促がきてないのか不思議でなりません。

お役所仕事や税金の調査などに詳しい方がいましたらぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

このようなケースでも、年金などの社会保障と納税を1つの個人番号で管理するマイナンバー制度で様変わりして行くのではないかと思います。


    • good
    • 4

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

国税の観点からいえば、アルバイト、ホステス等報酬はいずれも、源泉所得税の対象となります。


その税額は月々から天引きされますが、はっきりいってこの税額は高く、その後、確定申告をすることにより還付される場合がほとんどです。
前の方もおっしゃっていましたが、税金は給与で天引きされている可能性が高いですね。
また、親の扶養に入っているといっていましたが、給与、報酬については支払った者が、支払の受けた者の市区町村に受けた人はどれだけ受けた人に渡したかを支払調書というもので報告します。
この収入額が103万を超えている場合、税務署で調べた後、親の勤務先に親の扶養が誤っていますとして、差額の源泉徴収を納めなさいと通知が行きます。
その後その勤務先が親に対して差額の金額を会社から請求されるか、給与の天引所得税に加算されています。(つまり会社に税金を払った言うことですね)
なので親は税務署に税金を直接納めたわけではないです。
    • good
    • 48

親の扶養に入ってるという点が、何の扶養なのかな?と思いますが、概してあなたの知人(以下Aさん)のような方は、所得税で損をしてることが多いのです。



バイトでも源泉徴収をします。
水商売では「税金などしったことではない」経営者もいますが、報酬として支払われてるときには、源泉所得税10%を引かれての手取りを貰ってそのままになってることが多いです。
このように収入から所得税が源泉徴収されてると、本人が積極的に確定申告をしないと、戻るべき所得税も還付がされません。
くれといわないとお釣りをくれない、悪徳タクシーもどきが国税庁だと思ってください。

バイト先でも水商売先でも「源泉徴収すべきものが漏れていた場合」には、その経営者が支払い、本人に請求することができますが、それ以上に「安く使ってたので、どうでもいい」という世界でもあります。
特に水商売では、10貰うべきところを、なんだかんだで6貰って終わりにさせられてる場合もあります。

そう考えると「今まで所得税以外は払ったことがない」というAさんは、その払ってる(本人は意識してないだけ)所得税がべらぼうな額になってる可能性もあります(※)。

年金については、どのような処理がされてるか不明ですが、後々困るのはAさん自身です。
よく生命保険加入されない理由を「保険料だけ積み立てておくほうが有利だ」という方がおられますが、人間そのようなことができるものではないでしょう。

一杯働いて老後資金をためるといわれるAさんですが、こと所得税にかんしては「べらぼうな負担をさせられてるのに、それに気が付いてない」可能性があると私は思います。

市民税や健康保険料課税のための「資料」は、本人が提出する確定申告書や、勤務先から提出される給与支払報告書が基準になっていきます。
派遣社員ということですので、給与支払報告書が届けてる住所地に提出されますので、本年の6月になれば住民税も負担するようになるはずです。

ちゃんと納めてる人からみるとAさんが何も納付してないように見えますが、Aさんが口にするように「所得税ははらってる」のです。それも納付しなくても良い額を支払ってる可能性大ですね。


所得税率10%は年間所得が195万円以上の部分です。
Aさんがそれ以下の所得の場合には所得税なし、あるいは5%でよいのですが、10%徴収されて「所得税は払ってるよ」と口にしてる場合もあるわけです。
「おいおい、あんたさ。所得税払ってるだけで、他の請求がないっていってるけど、その所得税そのものをべらぼうに負担してるんじゃないの?」というわけです。

制度のハザマで捕捉されてない方は確かに居られますが、その多くは「所得税を払いすぎてる」と私は思います。
タクシーに乗って一万円渡して「つりはいらないよ」って降りてしまう人は、どうしてもタクシー代って多く払ってると思いません?
    • good
    • 19

住民税は、住民票と違う住所を居所として申告しても、居所の役場から徴収されるのでご心配なく。


ちなみに、去年(H24年1月~12月)の収入にかかる住民税は、今年6月から徴収される。たぶん特別徴収(給与天引き)で。

ちゃんと税金を納めている人でも、就職1年目は(前年に住民税がかかるほどの収入がない限り)住民税がゼロなのは当たり前なのでご心配なく。

余談だけれど、退職して無職無収入になったときにも、前年分の収入にかかる住民税は請求されるので、仕事を辞めるときはこのあたりの支出も考えておかないといけない。

この回答への補足

「住民税は、住民票と違う住所を居所として申告しても、居所の役場から徴収されるのでご心配なく。」
→いえ、それが一度も徴収されたことないんですよ。その会社でもう何年も働いてるのに、ですよ?実家にも現住所にも催促状は来たことないみたいです。だから不思議なんですが、役所の怠慢の可能性が高いですよね。

補足日時:2013/02/24 17:56
    • good
    • 13

>住民票を実家においたままだが、会社には現住所(住民登録をしていない住所)で…



会社から給与支払報告がその自治体になそれているはずです。
その話が、一昨年以前の話なら、

>勤める会社はちゃんと役所へ申告してると思うのですが・・・住民税や年金等の催促が来ないってことは役所の人がちゃんと仕事してないせい…

会社か役所のどちらかに、手続きの不備があるのでしょう。

>今までバイト・水商売・個人での家庭教師など…

それは、自分で確定申告をしないとだめです。
確定申告をしていないということは、意図的に脱税しているということです。

>親の扶養から外れてない…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ、お話の内容は 1.税法のようですが、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
親が会社員等ならその年の年末調整で、親が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分の判断をあとからするということです。

>今の知人には人並みの収入がある…

それなら、親自身も脱税をしていたということです。

>現在はOLですが契約は派遣です…

それは去年の現況ですか。
そうだとして、年末調整はありましたか。
あったのなら、今年 6月になれば住民税の納付書が届くはずです。

年末調整がなかったのなら、3/15 までに確定申告をしないといけません。

年末調整または確定申告がきちんと行われている限り、住民税も正しく課税されます。

この回答への補足

知人が今の会社に派遣として勤め始めたのはたしか5年くらい前からだと思います。
源泉徴収書は毎年もらってるということなので、会社が年末調整をちゃんとやってる、ととらえて良いでしょうか?

確定申告をしなかったのは「めんどくさい、やり方がよくわからない、確定申告しろという催促がなかった」というのが理由です。

扶養から外れてないと書きましたが何の扶養なのかは不明です。知人は母子家庭で、お母さんが還暦をとっくに過ぎたいまもパートで働いてます。子供の頃から実家は経済的に苦しかったそうです(この点は幼馴染なのでよく知ってます)

そういえば、税金払ってないぶん浮いたお金をお母さんへ仕送りとして送ってると以前きいたことがあります。

でもまあ、脱税してるわけなのでその仕送りを「母親おもいの良い子供」ととらえていいのか「親子ぐるみで脱税してる」と軽蔑すべきなのか悩みます。

結論としては他の方の回答にもあったとおり、役所がちゃんと国民ひとりひとりのお金の流れを調べてないから(物理的に不可能だから)脱税してる人間を見落としてしまう・・・ということでしょうかね?

補足日時:2013/02/24 17:53
    • good
    • 7

源泉徴収は所得税で、国に支払う税金ですが、住民税は住民票のある地域に支払うもので、国に支払う所得税とは別のものですので、地方税の催促が来ないってことは、確かに役所の人がちゃんと仕事していないせいですが、実際には国民全員の調査は不可能に近いです。



国民総背番号制にして、お金を全て電子マネーにすればどんな人でも脱税はできなくなります。

日本の新しい税制(New tax system of Japan)
https://sites.google.com/site/nipponnnoatarashii …

この回答への補足

やはり役所の怠慢が原因なのですね・・・。たしかに何十万、下手すれば何百万の住民が登録している区役所で、数住人の職員が全員の調査をするなんて物理的に不可能ですよね・・・。私は低収入で税金を納めていますが、なんだか馬鹿らしくなっちゃいますね・・・。

補足日時:2013/02/24 17:26
    • good
    • 17

 


>親の扶養から外れてない
これは関係ないですね。
扶養の申請をしても本人の納税免除にはなりません、扶養の範囲内で皆さん納税してます。

扶養枠を外れる人を扶養に入れたままなら、親が脱税をしてる事になります。
 

この回答への補足

そうなんですね・・・。
しかしどうして扶養から外れるほどの収入を得てる人が扶養枠におさまることが出来ているのでしょうか?ここがまた不思議な点です。
会社が収入をちゃんと申告してるなら役所からツッコミがはいると思うのですが・・・。住民票を置いてない区に申告してるからなのでしょうか?でもそれはそれで役所から会社へ確認の電話が入るとか無いんですかね?
う~ん・・考えれば考えるほどわからないです。

補足日時:2013/02/24 17:19
    • good
    • 4

普通に親が払ってるんじゃないですか



払ってないなら最悪まとめて請求きますけど
結果は一緒ですが纏めてくるとショック大きいですよ

まぁあなたが心配する話ではありません

この回答への補足

いいえ、親御さんも払っていません。
というか、実家へも催促の電話や手紙は一切きたことないそうです・・・。
私がどこかへ密告しない限りばれないものなのでしょうか?
だとしたらずるいですね。

補足日時:2013/02/24 17:07
    • good
    • 13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納付書が送られてこない

都民税、区民税についてお聞きします。
税金の納付書が自宅に送られてきません。
どのような事が考えられますか????
社会保険に加入済みです。

昨年3月、新しい派遣先に変わりました。
その前のほぼ一年は未収入です。
都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

今、同じ派遣先で一年間働き続けています。
まだ、税金の納付書が送られてきません。

同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?
もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をしておらず,またkoike333さんも確定申告をしておられない。つまり,どこからも申告していないので課税できない。
・5月末が住民税の当初課税の期限ですから,もうすぐ来る。(自治体によって納付書の来る時期が多少違います。)

などが考えられます。

>社会保険に加入済みです。

これは,特に関係はないです。

>昨年3月、新しい派遣先に変わりました。その前のほぼ一年は未収入です。都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

・住民税は,前年の収入に課税されますので,一昨年に課税されるだけの収入がなかった場合は,昨年は非課税であったものと思われます。

>今、同じ派遣先で一年間働き続けています。まだ、税金の納付書が送られてきません。同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

・一概には言えませんが,人口の少ない自治体ほど早く処理(住民税の計算)ができますから,早く納付書が来ます。

>昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?

・上記のとおり,一昨年は収入が少なかったようですので,昨年は住民税が非課税だったのではないでしょうか。

・具体的には,自治体によりますが,年収100万円(もう少し基準額が低い自治体もあります)以下ですと,多くの自治体では住民税は非課税です。平成18年1月1日から平成18年12月31日の収入が100万円以下ですと,平成19年度は住民税は非課税です。

>もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

・平成19年1月1日から平成19年12月31日の収入が100万円以上ですと課税されますから,そろそろ来ると思います。

---------------
 念のためなのですが,派遣先は給与支払い時にkoike333さんのお住まいの自治体に給与支払い報告はしてくれているんですよね?
 してくれない場合は,koike333さん自身で確定申告をしないと住民税が計算できません…

 補足が必要でしたらどうぞ。

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をし...続きを読む

Q住民税の督促が来ないのは?

私は、現在アルバイト勤務です。

以前、正社員として働いた会社を辞めてからは、住民税を払っていない事に気づきました。辞めた次の年には納付書が送られてきたので就業した最後の一年分を払い、その後は未納のまま7年が経っています。

現在、年収にして約240万円あり、給与から所得税のみ天引きされているのですが

1. 住民税は天引きされないのでしょうか?
2. なぜ国民年金のように納付書が送られてこないのでしょうか?
3. 自ら納付しに行くのならば、毎月? 年に一度?
4. 収入の額に関係なく納付しなければいけないのでしょうか?

正直に思う所、払っていない人は大勢いるのではと思います。

国民年金がこれほど騒がれているのに、住民税はそれほどでもない
ということなのでしょうか?

延滞金がつくとか、将来の年金受取額の減額にもつながると聞き
今からでもさかのぼって、7年分支払う方がいいのでしょうか?
それとも督促がない限り、放っておいてもいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1. 住民税は天引きされないのでしょうか?
特別徴収であれば、給与から天引きされます。
給与明細で確認するか、給与担当者に聞いてください

2. なぜ国民年金のように納付書が送られてこないのでしょうか?
未納の場合、督促状が送られてきます。
送られてこないということは、完納している可能性が高いです


3. 自ら納付しに行くのならば、毎月? 年に一度?
普通徴収のことですね。
その場合、全納(年に1回)、または、分納(年に4回)を選べます

4. 収入の額に関係なく納付しなければいけないのでしょうか?
所得税と同じく、収入に応じて支払いますので、非課税の場合もあります。(控除項目にもよりますが、所得100万円くらいまで非課税)

Q住民税の納税通知書が届かない。

住民税の納税通知書が6月27日現在届きません。
区役所に確認したところ、「支払に該当していません。」との事。
非課税の場合は前年度の収入が35万と聞きましたが、源泉徴収表を確認したところ給与収入が233万円程でした。
明らかに違っていますよね?

会社が報告していないのかどうか、聞きづらいので自分で調べて出来ればと思います。
もし、このままほっておくとどうなるのでしょうか?

ちなみに給与から天引きはされていません。

Aベストアンサー

まさか3人も扶養に入れているなどというオチは無いでしょうね?

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q住民税を払っているか確認したい

お世話になります。
昨年度ですが、転職など色々あり、全て住民税を支払っているか確認したいのですが
その場合、1月1日時点の住所のあるところに、課税証明を取るのが一番早いでしょうか?

2回引越しをしていてますが、全て転送届けをしているのですが、
住民税の未納?のお届けがきません・・・私の記憶では1・2ヶ月未納のときがあると
思うのですが。。。すいません是非教えてください!

Aベストアンサー

転送届けってのは「郵便局」に出してるだけの話ですから、住民税の課税や滞納とは別物です。
貴方の現在の住民登録地と、その前の住民登録地の市役所に「税金の未払いがあったら明細を送ってくれ」と伝えれば送ってくれます。
納税証明書が出るわけではないです。
滞納があれば、市とすれば本人から滞納明細を送ってくれと云われたら「はいはい、納めてね」と送るに決まってるからです。
滞納や未納がないときには、本人であることを何かしら確認したうえで「ありませんよ」と教えてもらえて終りです。

Qずっと年金を払ってきていないのですが・・・

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったかは覚えていません。

簡単に言うと、「何がなんだかわからず、めんどくさくなってそのままにしてきた」状態です。


最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。


現在サラリーマンの方と6年くらい同棲をしています。一応結婚予定はあります。

サラリーマンと結婚した場合、専業主婦もしくは働いていたとして年間130万円以上稼がなければ、夫の扶養に入っていた場合、妻が年金を払っていなくても年金がもらえるというのはつい最近知りました。(ただし25年扶養もしくは払っていないともらえませんが)。

その場合、もらえる金額は過去の支払いなどに応じた金額になるのでしょうか?

それをあてにしてるわけではありません。

ただ今から年金をきちんと納めたとしても、納めた金額より少ない金額しか支給されないのなら、自分で貯金をしていったほうがいいのではないか・・・と現実問題として思ってしまいます。

結婚したとしても、相手に負担をかけないように考えると自分の場合、どうすることが1番ベストなのかを教えていただければと思います。

年金の係りの方に相談しても結局は「払った方がいい」的なことしかいわれません。


今までいい加減にやってきたことのツケが回ってきたんだとはわかっています。
でもなんとかしたいんです。
力を貸してください。よろしくお願いします。

真剣に質問しているので、冷やかし的な意見はご遠慮願います。

質問自体がおかしいことは百も承知で質問させていただいきます。

これまでの状態を何とかしたくて、お力を貸していただければと思います。
当方現在33歳・女です。


私は高校を中退してからずっと働いてきました。
普通にアルバイトをしていた時期もありますが、主に夜の仕事で生計を立ててきました。

20歳の時、年金手帳というものが送られてきてたはずなのですが、今はもうどこかへいってなくしてしまいました。

途中で年金だか保険料だかの「免除」の手続きをしたのは覚えています。でもどちらだったか...続きを読む

Aベストアンサー

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
自分で年金を10年払った。
その後結婚で扶養になり15年。
合計でですので25年、年額で50万円貰えます。

今33歳で、すぐに結婚して扶養になった場合(自分では年金は払ったことがない場合。
後、25年扶養になるか、あるいは、
扶養期間と、自分で払った期間の合計が25年以上必要です。
(扶養期間中に、別途自分で年金を払っても、2ヶ月分にはなりません、当たり前ですね)。

ちなみに扶養になっても、旦那さんの給料から天引きされる保険料は変りません。
それでいて、あなたは毎月保険料を払っているのと、同じ恩恵を受けられる。
サラリーマンの妻の特権です。

一見、奥さんのいない独身者、
また、夫婦でそれぞれで保険料を払っている自営業者から見ると、
不公平で昔、国会で問題になりましたが。


損得計算。
年金は元を取るのには約10年かかります。
65才から10年で75歳。
75歳以上生きる自信があるなら、
払ったほうが得です。
これは、自分で払う場合で、扶養なら自分で一銭も払わなくていいので、
大得でしょう。

最後に国民年金は65才まで払うことが出来ます。
強制で払うのは60才までですが、支払い期間が25年に達しない場合は、
65才まで払えます。

>最近年金の問題で役所?から電話がかかってきました。
今までのことを説明して、「もしこれから25年間払い続けたとして年金をもらえるようになったときにいくらもらえるんですか?と」聞いたところ、月に1万円ちょっとだったと思います。

嘘です。
国民年金は40年払って満額で、
65才以降年額で約79万(月額66000円)貰えます。
年金は払った月数に比例です。
25年だと、年額約50万円(月額42000円)。


夫の扶養になった場合。
国民年金を払ったのと同じ恩恵を受けます。
たとえば、
...続きを読む

Q住民税は無職でも払うのでしょうか?

平成18年~平成20年8月まで無職の期間があり、その間に現在の所得の状況を教えて欲しいような書類が来ました。所得がなかったので税金がかからないと思い、返送しなかったのですが、無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?ちなみに国民保険は無職の期間も払っていました。
現在は平成20年9月から始めたアルバイトの仕事で月13万程度の収入があります。現在もアルバイトの方は続いていおり、社会保険、雇用保険に加入しています。その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか?
今まで確定申告をしたことがないのですが、今までの分をさかのぼって申告できるのでしょうか?
質問がわかりづらくてすみませんがわかる方教えてください。

Aベストアンサー

>無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?
いいえ。
正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。

>その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。
ですので、貴方の場合今年もかかりません。

>確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか?
年収103万円以下なら所得税かかりません。
バイト先で年末調整というのをしてあれば、確定申告しなくても還付されているはずです。
バイト先から「源泉徴収票」をもらったと思いますが、その中で「源泉徴収税額」の欄に数字が0(もしくは未記入)であれば、年末調整されていて所得税は還付されています。

そうでなければ、所得税天引きされたままになっています。
源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行ってください。
所得税全額戻ってきます。
なお、確定申告の時期は3/16日までですが、貴方の場合は還付の申告なのでいつでもできます。
急ぐ必要ありません。
明日は税務署めちゃ混みです。
避けたほうがいいです。

>無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?
いいえ。
正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。

>その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。
ですので、貴方の場合今年...続きを読む

Q今まで来なかったのに突然市民税の請求が来た!

今年の2月の話なのですがあの時は、納期限が迫っていたので特に考えもせずに納付してしまいましたが
昨年6月から今年5月分迄の(確かこの一年間分だったと思います)市民税・県民税と言う納付書が突然届いたのです
思い当たる事と言えば、去年10月に三年間働いていた会社を辞めてます。だから給料から
取れなかった分が、納付書として来たのかな?と思ったのですが、
去年11月から、また別の会社で働き始めたにも関わらず今年の7月ごろに又、
平成19年度の市民税・県民税の納付書が届いたんです;
しかもこれは、2月に届いた納付金額よりも倍近くの請求額でした。

市民税の事が今イチ、理解出来ないのですが、
普通、市民税と言うのは、給料から差し引かれるものなんでしょうか?
税に関する知識が全くないので教えてください・・・・

Aベストアンサー

一般には、事業所・事務所等(給与支払者)が従業員等が納めるべき住民税額を
毎月の給与の支払時に徴収し、その徴収した税金を市町村に納入しています。
この仕組みを特別徴収といいます。

会社など給与支払者は、従業員の1年間の給与支払い報告書を所轄の市区町村
に提出します。 市区町村では、毎年1月31日までに提出された前年分の給与
所得から、その市区町村の市県民税(住民税)を計算され、会社など給与支払者
に従業員等(納税義務者)の「特別徴収税額の通知書」が毎年5月31日までに
送付されます。

普通徴収の個人が支払う住民税は、納期が原則として4期であるのに対して、
会社など給与支払い者が徴収する特別徴収の住民税は12期なので、従業員等
(納税義務者)の1期あたりの負担が少なくて済みます。

上記に述べたように、住民税は所得税と違って、前年度分の給与所得から計算
されますから、住民税の納付は1年遅れで納税しなくてはなりません。

質問者様の疑問を要約しますと、

1) 18年10月・・・3年間勤務したA社を退職。
2) 18年11月・・・B社に入社、現在に至る。
3) 19年2月・・・18年の6月から19年5月分までの住民税の納付書が届き支
         払った。
4) 19年7月・・・19年度分の住民税の納付書が届いた。

1)の18年10月にA社を退職された時点で、A社はあなたの18年(実際は17年分の
住民税)の10月までの特別徴収を、11月分から普通徴収にした旨をあなたの所轄
の市区町村へ報告したもよう。
従って、17年分の残りの11月分~18年5月分の納付書が届いたと思われます。
これに付いては、3) の支払った納付書を、今一度ご確認されてみてください。

4) 今年の7月に届いた19年度分の住民税の納付書は、18年分の住民税と思われ
ます。 これに付いては、A社での18年10月までの給与所得分~B社の11月と
12月分の合計の住民税が届いたものと考えられます。
B社に入社してから、現在までB社による住民税の特別徴収(給与から天引き)
はなかったでしょう。

19年の給与所得に対する住民税は、B社によって20年の6月から特別徴収により
給与から引かれると思います。

一般には、事業所・事務所等(給与支払者)が従業員等が納めるべき住民税額を
毎月の給与の支払時に徴収し、その徴収した税金を市町村に納入しています。
この仕組みを特別徴収といいます。

会社など給与支払者は、従業員の1年間の給与支払い報告書を所轄の市区町村
に提出します。 市区町村では、毎年1月31日までに提出された前年分の給与
所得から、その市区町村の市県民税(住民税)を計算され、会社など給与支払者
に従業員等(納税義務者)の「特別徴収税額の通知書」が毎年5月31日までに
送付され...続きを読む

Q無職です。税金などいくらぐらい払えばいいの?

今、無職の23歳です。実家に暮らしています。自分の税金ぐらいは払おうかと思っているのですが、どの税金に対して、いくら払えばいいものかわかりません。親は面倒をみてくれると言っていますが、自分のことなので自分で支払っていきたいと思っています。税金、保険など自分が支払うべき金額を毎月、親に渡すつもりです。ここでは一般的成人が暮らしていくのに、毎月いくらお金がいるのか、ぜひとも教えていただきたいと思います。
国民健康保険は親の扶養に入れてもらっています。この場合、親にどのくらい払えば妥当なのでしょうか。あと、県民税、市民税はどのくらいの額なのでしょうか。他にも支払うべき税金などあったらご指摘、お願いします。

Aベストアンサー

【税金関連】

(1)所得税
 今年(2003年)1月から12月末までの収入が年間103万円以下なら所得税は0円です。還付(所得税が戻る)の必要があれば来年2月16日から3月15日に確定申告にて還付請求ください。還付手続先は住所地を所管する税務署です。因みに、今年年末時点で働いていればその会社で年末調整を行なうでしょうから、他に収入がなければ来年の確定(還付)申告の必要はないです。

 <ご参考:小生回答者No.1>
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=412128

(2)住民税
 収入が年間100万円以下なら住民税は0円です。住民税算出式は市区町村により多少異なりますが、主に前年の所得金額に応じた所得割と、所得金額の多少にかかわらず、一定の均等割(東京特別23区の場合は特別区民税分3,000円+都民税分1,000円)との合計額が住民税となります。住民税は前年の所得等により算出され、翌年の6月より支払いがはじまりますので留意が必要です。つまり2002年1月から12月の収入に対し、2003年6月よりの支払いとなります。

 http://www.taxanser.nta.go.jp/7300.HTM

【社会保険関連】

(1)年金関連
 
 日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の方は全て国民年金に加入することになっています。自営業者、農業や漁業に従事している方は国民年金の保険料を自分で納めます。このような方を国民年金の第1号被保険者といいます。会社などに勤め、厚生年金保険や共済組合に加入している方は、国民年金の保険料を直接納めることはありません。これは厚生年金保険や共済組合が加入者に代わって国民年金に必要な費用を負担しているからです。このような方を国民年金の第2号被保険者といいます。従って、会社に就労しなければ第1号被保険者となります。保険料は13,300円/月です。加入手続は住所地を所管する市区町村役場国民年金課です。

 尚、保険料の減免については、市区町村役場を通して申請を行い、社会保険庁長官が認めた場合に限り免除されます(申請免除)。この申請免除については、平成14年4月分の保険料から、これまでの保険料の全額を免除する制度に加えて、保険料の半額を免除する制度(半額免除)が施行されてます。

 http://www.sia.go.jp/outline/nenkin/qa/qa0601.htm#qa0601-q604

(2)健康保険関連

 国民健康保険料は各市区町村により違いがありますが、概ね前年の所得が関係してきます。因みに、東京特別区(23区)の場合の健康保険料の算出式は次の通りです。
 年間保険料(限度額53万円)=所得割額(世帯加入者の住民税合計額X194/100)+均等割額 (27,300円X世帯の加入者人数)
 つまり、lovebalanceさんが東京23区にお住まいでご両親に国民健康保険で扶養されるとした場合は、あなたを扶養する分の 年間保険料=(あなたの住民税×194/100)+27,300円となります。

 <ご参考:小生回答者No.2>
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=360889

【結論】

 所得税  :0円
 住民税  :昨年の所得より算出され2003年6月より支払い
 年 金  :13,300円/月
 健康保険:年間保険料=(あなたの住民税×194/100)+27,300円

   
 

【税金関連】

(1)所得税
 今年(2003年)1月から12月末までの収入が年間103万円以下なら所得税は0円です。還付(所得税が戻る)の必要があれば来年2月16日から3月15日に確定申告にて還付請求ください。還付手続先は住所地を所管する税務署です。因みに、今年年末時点で働いていればその会社で年末調整を行なうでしょうから、他に収入がなければ来年の確定(還付)申告の必要はないです。

 <ご参考:小生回答者No.1>
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=412128

...続きを読む

Q年金や税金を払っていない人が結婚する時

過去から5年くらい年金、税金等を払っていない女性が結婚をする予定のようなのですがこの場合って税金等の未払い分はどうなるのでしょうか?
旦那さんに支払う義務が生じるのですか?
どうなるのでしょうか?
友人は社会保険になるから払わなくても良くなる!と言っています。
私はそのような事は無いと思うのですが実際はどうなのでしょうか?
未払い分が無くなるみたいな事があればまじめに払っているのが馬鹿らしくもなります。
宜しければ詳しい事を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>旦那さんが25年以上働いて年金を払って行けば結局同じなんでしょうか?
そんなことはありませんよ。
大変なデメリットを抱えています。
まず、国民年金は老後にもらえる年金だけでなく、障害者になったときにもらえる障害年金もあります。
こちらは20才から本来支払わないといけない期間全体(加入すべき期間)に対して1/3以上未納があると、受ける権利がありません。
つまり、滞納し続けている現在は障害を負っても受け取る権利がないということです。
1級障害者で年100万円程度ですから、30才で障害者となり80才まで生きるとすると5000万円の保険の価値があります。
(障害年金は終身です)

あと、老齢年金の受給金額もきちんと支払った年数に比例します。
全体で40年支払いますので、5年支払わないと、受け取りは大ざっぱに言って満額の35/40しか受け取れません。

>私は18歳から払い続けてますからどうなんでしょうかねぇ
厚生年金ですね。こちらは18,19才の支払い分は国民年金には反映しませんが、厚生年金の比例報酬部分の受給額に反映します。
このまま65才になると、国民基礎年金(国民年金の老齢年金と同じ物)に加えて、厚生年金ももらえますので、受取額は非常に多くなります。
童話でキリギリスの話がありますけど、まさにこれはそれですね。
後で良かったと思うのはアリさんです。

>「請求なんか来ていない、収入が一切ないんだから来るはずが無い!」なんて事を言っていました。
年金について言うとそんなことはありません。20才になれば、学生であっても支払い義務があります。
必ず通知がいっているはずです。ただ頻繁に督促状が来ると言うことはないと思います。
収入がない場合は免除申請というのがあります。
これをすると受給額は減らされますが、一応受給できます。
しかし、免除申請をしていなければ滞納状態ですから、その分の受給額はなく、加入年数が25年に満たないと受給すら出来ません。
いわばそれがペナルティです。
これはきついですよ。私のまわりにも年金にかけていなくて無年金のひとがいますが(要するにキリギリス)、70才越えても働かないとお金がないので大変な状態です。

なお、税金(所得税、住民税)について言うと、収入がなければもちろん請求はありません。
税金は一定以上の収入に対してかかるものだからです。

では。

>旦那さんが25年以上働いて年金を払って行けば結局同じなんでしょうか?
そんなことはありませんよ。
大変なデメリットを抱えています。
まず、国民年金は老後にもらえる年金だけでなく、障害者になったときにもらえる障害年金もあります。
こちらは20才から本来支払わないといけない期間全体(加入すべき期間)に対して1/3以上未納があると、受ける権利がありません。
つまり、滞納し続けている現在は障害を負っても受け取る権利がないということです。
1級障害者で年100万円程度ですから、3...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング