早速質問です。
無髄神経どうし、有髄神経どうしでは、太いほうが伝導速度は大きいのはなぜですか?
教えてください。よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

伝導速度は,局所回路電流の大きさと広がりによります。



(1)興奮部でのNa+電流の大きさによる影響
Naチャネルの密度と興奮部の面積が関係しますから太いほど面積が広くなり大となります。

(2)電気緊張電位の影響
全く小生には説明がつきません。参考URLを…
http://kankak.eng.ocha.ac.jp/ikeda/kougaku.html

(3)ランビェ絞輪の間隔
太い神経ほど間隔が広い傾向にある。

一番大きな原因は,(2)では…?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは!ご回答ありがとうございました!難しそうですね・・・。参考にさせていただきます!

お礼日時:2004/03/09 00:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱の伝わり方(伝導・対流・放射)について

熱の伝わり方(伝導・対流・放射)について

制御ボックス内の温度について、概念的なところを掴みたいのですが
どなたか教えていただけないでしょうか。

<条件>
・ボックス内に熱源があり、常に暖められている。
・ボックス表面は太陽光を受けている。

<質問>
T3とT1の関係はどのように表せますか?

Aベストアンサー

初期条件を決める必要があると思うのですが、勝手に決めて良いのでしょうか?
あとは化学工学で決まってしまいますが。

Q有髄神経繊維と「無髄神経繊維」

お世話になります。

ニューロンから伸びている軸索をカバーする物で神経鞘があり内部は、「髄鞘」という物質があると聞きました。

この「髄鞘」がある神経線維を「有髄神経繊維といって、無いものを「無髄神経繊維」というのです。

「有髄神経繊維は脊椎動物の神経線維

「無髄神経繊維」は無脊椎動物の神経線維・交感神経


また、脊椎動物には有髄神経繊維、無髄神経繊維があるという事でしょうか?^^;
だとしたら、交感神経が無髄神経繊維なのはまたどうして?
この「髄鞘」はどんな効果があるのでしょうか?

という質問をした所



「伝導速度が速くなるのは髄鞘の電気抵抗が高いからです」

とお答えをいただきました。

…せっかくお答えいただいたのですが…電気抵抗と伝導速度の関係がわからないんですよTT

抵抗が無い方が早いのでは?と思うし(哀)また、交感神経で、無髄なのはまたなぜかと。もしかしたら、交感神経は、動物的に「古い機能?」という事になり、野性的(興奮・闘争本能)で原始的な無脊椎に多いとか(また全然違うし)交感神経は緊張時、副交感神経はリラックス(健康浅知恵・泣)

理科の電気の勉強にもどらないといけないかなTT

お世話になります。

ニューロンから伸びている軸索をカバーする物で神経鞘があり内部は、「髄鞘」という物質があると聞きました。

この「髄鞘」がある神経線維を「有髄神経繊維といって、無いものを「無髄神経繊維」というのです。

「有髄神経繊維は脊椎動物の神経線維

「無髄神経繊維」は無脊椎動物の神経線維・交感神経


また、脊椎動物には有髄神経繊維、無髄神経繊維があるという事でしょうか?^^;
だとしたら、交感神経が無髄神経繊維なのはまたどうして?
この「髄鞘」はどんな効果が...続きを読む

Aベストアンサー

交感神経について。

神経による情報伝達の優れた点は、指令がすばやく目的地まで伝わることです。捕食者からの回避行動や、逆に捕食行動では、外界の情報をいかにすばやく取得し、あるいはいかに早く行動するか、そのスピードが生死を分けますから、できるだけ早く気づき、早く動けるような方向に神経のシステムが進化してきたんだと思います。ちなみに、神経が情報を伝える速さは、
・神経線維が太いほど、それに比例して速い
・有髄神経だと、無髄神経に比べて飛躍的に速い
です。ただ、太い神経線維や、神経線維を取り巻くミエリン鞘などは、いってみれば、細い神経線維や、ミエリン鞘なしの神経線維に比べると、生物にとって、材料費、維持費、構造の複雑さなどの面で負担がかかります。ですから、体中の全部の神経をそれにするというのは、コストパフォーマンスの面で、無意味だったのでしょう。ほんとにスピードが必要な部分だけが、そういう高速回線を使用するように進化してきたのだと思います。

交感・副交感の自律神経は、機能的に古いかどうかというよりは、高速回線が必要ないので、昔のシステムのまま取り残され、アップデートされなかった、というイメージでいかがでしょうか。唾液や消化液、汗の分泌やら、胃腸のぜん動運動… みんな一刻を争うとはいえない機能です。

交感神経とそれ以外と2つに分けるとこうなりますが、この間にはいくつもの中間があり、一番太くて有髄なのが、筋肉を動かす運動神経線維、次が外界や筋肉の情報を脳に伝える知覚性の神経線維… 皮膚の痛覚などを伝える知覚性線維、ときて、最後に自律性線維となります。スピードの必要に応じて太さがいろいろあります。

ちなみに、自律神経系よりももっと、コストのかからない情報伝達システムもあります。それはホルモンを利用した情報伝達システムです。神経は、結局のところ目的地までケーブルをひかないといけませんから、その分の経費がかかりますが、ホルモンは血液中に分泌され、血流を利用して目的の臓器まで情報を伝えられますから、専用のケーブルそのものが不要です。そのかわり、自律神経などよりも、情報が伝わるのがさらにずっとゆっくりです。

交感神経について。

神経による情報伝達の優れた点は、指令がすばやく目的地まで伝わることです。捕食者からの回避行動や、逆に捕食行動では、外界の情報をいかにすばやく取得し、あるいはいかに早く行動するか、そのスピードが生死を分けますから、できるだけ早く気づき、早く動けるような方向に神経のシステムが進化してきたんだと思います。ちなみに、神経が情報を伝える速さは、
・神経線維が太いほど、それに比例して速い
・有髄神経だと、無髄神経に比べて飛躍的に速い
です。ただ、太い神経線維や、...続きを読む

Q熱の伝わり方(伝導、対流、熱放射)

フライパンから調理している食品への熱の伝わり方と湯飲みに入ったお茶から湯飲みを持つ手への熱の伝わり方は3つのうち主にどれが当てはまるのでしょうか?

Aベストアンサー

フライパンは伝導

湯飲みは伝導(湯飲みから手)ともいえるし対流が入っている(お茶から湯のみ:でも、伝導の範疇かなぁ)ともいえるかも。


重複を許すなら後者も伝導、許さないなら対流、かなぁ???

Q有髄神経の跳躍伝導について

「有髄神経では活動電流が髄鞘を越えて興奮を伝導する」というのがよくわかりません。軸索の周りに髄鞘があるとおもうのですが、軸索を刺激が伝導するときに髄鞘は軸索を包んでいるだけで髄鞘で遮られていないので越える必要がないと思うのですが。軸索って一本の長い棒みたいなものですよね?

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中でbiologist33さんの回答が参考になります。

◎http://isweb26.infoseek.co.jp/school/bunseiri/Sinkeihp.htm
(電気シグナル伝達のメカニズム)
●http://www.pri.kyoto-u.ac.jp/brain/brain/12/index-12.html
(神経線維の信号伝達のスピード)
●http://www.asahi-net.or.jp/~ny8h-ky/jojo/histology_6.htm
(無髄神経線維と有髄神経線維の縦断像と横断図)

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=150360

Q伝導、対流テであたたまる身近なものって

小学校4年生の理科の学習内容で、もののあたたまり方を学習するのですが、日常生活の中にあるような身近なもので、伝導と対流の仕組みであたたまるものってどんなものがありますか?
教科書には伝導は金属の棒に始まってフライパン、スプーンなどがあげられています。対流はお風呂や鍋のをあたためた時の水、ストーブ、エアコンであたたまる空気などあるのですが、それ以外で何かあるか、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

伝導:物と物が直接触れ合う事で熱エネルギーが移動する現象ですね。
鍋で大根が茹でる場合、熱源-鍋-湯-大根、と3段階の伝導を経ていますし、もちろん大根の表面から内部への熱の伝わりだって伝導です。石焼芋が焼けるのだって伝導の成果ですし、冷たい手を暖かい手で暖めてあげる事だって伝導ですね。
それから逆に氷やアイスクリームがジュースや器に触れて溶けるのだって、ジュースや器から氷への伝導です。「熱:エネルギー」は温度が高い方から低い方に向かって移動するという原則を理解するうえで、「低温」の存在を認識することは大きなポイントです。高い・低いというのは相対的な話なんですね。

対流:
強制対流と自然対流がありますが、ここでは自然対流のことでしょうね。熱の移動によって膨張・収縮して密度が変化することにより、流体が移動する現象です。
冬の室内で足元が寒くて天井あたりは暖かいなんてのも対流の結果。温かい空気は上に上り、壁や窓で冷やされた空気は下に降りるからですね。焚火の煙が上に上がるのも対流ですし、冷凍庫を開けたときやドライアイスの白い煙(正しくは冷えた空気ですけど)が下方向に移動するのも対流です。
この辺を詳しく理解しようと思ったら熱膨張と密度変化についての勉強が必要です。熱気球が空を飛べるのも対流と同じ原理ですね(温まって上に昇ろうとする空気を捕まえているわけです)。
それから、例えば地球の空気も暖められて上空に昇り、上空で冷やされて降りるって対流をしています。空気中に含まれる水蒸気は雨や雪として降ってきたりしますね。
これはトンビが輪を描く上昇気流のような局地的なものもありますが、赤道で暖められて温帯で降下するといった地球規模の対流もあり、例えば貿易風・偏西風・台風などもそういった対流と地球の回転がエネルギー源になっています。
海水でも同じく地球規模の対流があります。深層海流ですね。北極や南極域で沈み、赤道付近で上昇する大きな流れです。

ちなみに最近話題になった「くるくる鍋」なんて、対流を利用して鍋の内容物をかき混ぜる手間を省くってものがありましたっけ。


ついでに、熱の伝わりにはもひとつ「放射」というのがあります。
例えば、陽だまりが暖かいのは太陽の放射する熱を受けるからですね。反射式ストーブなんかも放射による伝熱現象を利用したものですね。

伝導:物と物が直接触れ合う事で熱エネルギーが移動する現象ですね。
鍋で大根が茹でる場合、熱源-鍋-湯-大根、と3段階の伝導を経ていますし、もちろん大根の表面から内部への熱の伝わりだって伝導です。石焼芋が焼けるのだって伝導の成果ですし、冷たい手を暖かい手で暖めてあげる事だって伝導ですね。
それから逆に氷やアイスクリームがジュースや器に触れて溶けるのだって、ジュースや器から氷への伝導です。「熱:エネルギー」は温度が高い方から低い方に向かって移動するという原則を理解するうえで、「...続きを読む

Qアフリカツメガエルの神経伝導速度

はじめまして。
モデル生物であるアフリカツメガエルの神経伝導速度について調べてみたいいのですが、どこかに方法が詳しく載っているサイトなどありませんでしょうか?また、目安として大体どれくらいの速度がカエルの神経伝導速度なのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

日本語のサイトでは探せませんでした。
conduction velocity Xenopus nerve をキーワードで検索するとかなりの数の論文があるようです。例えば下記のURLではアフリカツノガエルの有髄神経の伝導速度の実験結果が載っています。これの282Pに神経線維の直径と伝導速度の関係がグラフ化されていますね。

参考URL:http://www.pubmedcentral.nih.gov/pagerender.fcgi?artid=1348748&pageindex=1#page

Q対流と放射の違いや関連性について

建築伝熱の対流・放射・伝達についてですが、対流と放射の違いや関連性は何でしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。
建築のことは知りませんが、お答えします。

石油ストーブの近くにいると、ストーブに向けている胸・腹は熱くなりますが、背中は熱くなりません。
これは、ストーブから発せられる赤外線が、直接体の前面に当たっているからです。
外で日光を浴びても似たことが起こります。
これが放射です。

同様に、ストーブを壁に向けると、壁が赤外線で熱せられますが、熱くなった壁の表面付近では空気が暖められ、上昇し、天井に達します。
天井にあった空気は、新しく昇ってきた熱い空気に押しのけられて下降します。
これが対流であり、また、対流と放射の関連性です。

夏の昼間に突然土砂降りが発生するのは、太陽で熱せられた地面の付近の空気が急上昇し、それが上空でまとまった雲となることから起こるものです。

Q伝導速度について

神経が太いのと細いのでは伝導速度が違うのはなぜですか??

Aベストアンサー

神経繊維の内部にも電線と同じく内部抵抗が存在します。
神経線維の太さ(横断面積)に内部抵抗が反比例するため太い方が早くなります。

Q熱対流

熱対流って簡単に定義する場合なんて言えばいいでしょうか?
例えば「熱伝導」の場合
熱伝導とは、固体中で場所によって温度が異なっている時、
熱が高温から低温に移動する現象
という感じで熱対流についても簡単に説明したいのですが
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

熱対流=流体の一部分の温度が上がると膨張により密度が小さくなって上昇し、そこへ周囲の低温度の流体が流入する現象が繰り返されることによって熱の伝達が起こる現象

Q【神経系】興奮伝導速度

こんばんは。
次のような神経系の分野の問題なのですが、どういう解法で解けばよいか分かりません(><)もし分かる方いらっしゃいましたら宜しく御願い致します。

(問)座骨神経につながったカエルの神経筋標本を用いて、標本から座骨神経上の40mm離れたA点を刺激すると、12ミリ秒後に筋肉が収縮し、60mm離れたB点を刺激すると、14ミリ秒後に筋肉が収縮した。
(1)この結果から、神経の興奮伝導速度は、何m/秒か。
(2)興奮が神経の末端まで伝導された後、筋肉が収縮し始めるまでに要する時間は何秒か。

答)(1)10m/秒   (2)0.008秒

Aベストアンサー

二つの条件から答えを導きます
(1)
(60mm ― 40mm)÷(14ms - 12ms)=10mm/ms = 10m/s

(2)
(1)の答えと条件の一つより
伝達にかかる時間 + 収縮までにかかる時間 = 12ms
(40mm ÷ 10mm/ms) + 収縮までにかかる時間 =12ms
これを解いて
収縮までにかかる時間 = 8ms =0.008秒


人気Q&Aランキング