これまでに、合併特例法により合併の是非について住民投票を実施したところで、
住民投票をした結果、合併反対になったにもかかわらず、
合併しないと今後の行政運営が成り立たないなどの理由で、
再度合併に向けて協議または合併したところはありますか?

A 回答 (1件)

福島県の飯舘村というところは、住民投票を行って、反対の方が多かったのですが、拮抗していたため、議会との協議により法定協議会に参加することを決めました。


この、拮抗していた場合は協議して決定するという方法は、投票の前に確認されていたようです。
村の広報紙に割と詳しく載っています。

参考URL:http://wwwsv.vill.iitate.fukushima.jp/kouhou/h15 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
住民投票には決定権がないという代表的な例ですね。
とても参考になりました。

お礼日時:2004/03/12 11:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合併特例法と合併支援策

市町村合併について質問です。
合併特例法というものと、合併支援策というものがあるようなのですが、どう違うのでしょうか?
また、財政的支援として、「合併直後の臨時的経費に対する財政措置」「特別交付税措置」「補助金」は、合併特例法ではなく、合併支援策で定められているのですよね?

Aベストアンサー

国会の作った合併特例法に基づいて、行政が実施するのが支援策なのでは?

Q住民投票の行方は…?(市町村合併)

今、私が住んでいる市(A市とします)は合併問題で揺れています。
B市との合併の話が出たのですが、私たちの市は市議会で「合併をしない」という結論を出しました。
ちなみにB市は「合併してもいいよ」という結論です。
A市は人口3万人弱、B市は60万人強です。
財政問題等を考えれば合併した方がいいのでしょうが、私個人は独立してやっていって欲しい、と思っています。

最近、A市の市民グループが署名活動をして「合併協議会」なるものを設立してほしい、という訴えを市長に提出しました。
「合併協議会」とは、合併の是非、合併の方式、新市の名称・事務所の位置・将来計画などを協議する組織だそうです。
それに対応して、住民投票が行われることになりました。
「合併協議会」を設立するか否か、という投票です。

そこで皆さんにご意見を伺いたいのですが、「合併協議会」が設立されれば、必然的に合併の方向で話が進んでしまわないでしょうか?
きちんと合併の是非について協議してくれるのでしょうか?
皆さんはどう思いますか?

もちろん、最終的には私個人の意見として冷静に考え、答えを出して投票したいと思っていますので、皆さんの意見をお聞かせください。
わかりづらければすみません。

今、私が住んでいる市(A市とします)は合併問題で揺れています。
B市との合併の話が出たのですが、私たちの市は市議会で「合併をしない」という結論を出しました。
ちなみにB市は「合併してもいいよ」という結論です。
A市は人口3万人弱、B市は60万人強です。
財政問題等を考えれば合併した方がいいのでしょうが、私個人は独立してやっていって欲しい、と思っています。

最近、A市の市民グループが署名活動をして「合併協議会」なるものを設立してほしい、という訴えを市長に提出しました。
「...続きを読む

Aベストアンサー

市町村合併の特例法の協議会設置ですね。

地方自治法に定められた、「協議会」になるには、
双方の議会の決定により設置されるものと、
住民の請求によるものと2つあり、
今回の場合は、市長が、合併について、住民の大勢を知るために行うものですね。

「合併協議会」が設立されるには、参加する自治体の議会の決定が必要です。
ですから、合併する事を前提に、「協議会」が設立され、その具体的な合併方法を協議する場となります
どこかで、協議会ができたものの、合併が決まらなかったもものがありますが、条件的な問題もあるようです。

現状では、議会は反対が多数を占めており、それを変えようとする市民運動の段階ですね。
それぞれの市には、独自の文化と歴史があり、数字だけでは、一概に決められない問題もあるので、
もし、B市の住民となったらどうなるのか?
を考えて決定されれば良いかと思います。

Q市町村合併における住民投票の義務

私の住んでいる市では現在、市町村合併が行われようとしています。
別に私自身は住んでいる市名が変わるだけではなくて
周りの町村がくっつくだけなのでどっちでもいいのですが
合併対象の市議会議員や町議会議員だけでどんどん話が進んで合併することが大筋で決定になり、
その間、住民対象の意見交換会みたいのはありましたが決定権はありませんでした。
それで結構、近所では広告とか張り紙で住民投票は行わずに合併をすることは反対という活動を行っている人もいます。
そこでひとつ疑問に思ったのですが
この間、南セントレア市の合併自体が中止になった住民投票がありましたが
市町村合併では住民投票を行うのは特に義務化はされていないで
議員だけで決定を行ってもいいものなのでしょうか?
普通に予算や条例を決めたりするのと市町村合併は少し違うような気がします。
御回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住民投票をするのにも、議会の議決が必要です。

町長か議員の提案で「住民投票条例」が作られ、そのために実施されます。

確かに、議員や有力者段階だけが盛り上がり、一般住民は何にも判断できないうちに「合併」されたりあるいは「破綻」したりしています。

「合併するかどうか」というようなとても重要なことは、やはり住民投票などの住民参加がなおざりになるとますます行政と住民の関係が希薄になり、「どうでもいい町」になってしまうんではないでしょうか。

合併後の町の未来については、今はすべて仮定であり、何の保障もありませんが、住民の大多数が納得したもので無ければ意味が無いと思います。

ご質問者様のお気持ちはもっともだと思います。もし、少しでも住民の声を聞こうとするような議員が身近にいらっしゃるなら、ぜひご相談なさったほうがいいと思います。

Qある町がある市と合併して、のちににその合併された町が合併した市から離脱することはできますか?

ある町がある市と合併して、のちににその合併された町が合併した市から離脱することはできますか?

Aベストアンサー

自治体は合併するのみではなく、分離することも法的に可能

実際に分離した事例もないでもない

質問が、するかしないかではなく、出来るかどうかなので

答えは「出来る」となる

現実的かどうかは別だけどね

Q新・旧 市町村合併特例法

市町村合併特例法は、新・旧があります。
新、の施行期日はについて質問です。
新では、
この法律は、平成17年度4月1日から施行し、平成22年度3月31日にその効力を失う。
ただし、平成17年3月31日までに都道府県知事に合併の申請を行い、平成18年度3月31日までに行われる市町村の合併については、現行法が適用される。
と書かれてあるのですが、ここで現行法というのは、旧合併特例法のことをいっているのでしょうか?

Aベストアンサー

そうです。
いわゆる、「経過措置」ってヤツです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報