人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

車種は、
BMW 3シリーズ E46 AL19 318i(1998年、走行距離14.1万キロ)
です。

(1)アイドリングが不安定です
さきほど乗ってきた、比較的安定していましたので、
動画はありませんが、
600回転から1000キロ回転を、いったりきたりってことが、
頻繁にあり、
そこまで行かないにせよ、不安定です。
何かが詰まっているカンジもあります

(2)エンジンが吹けません
下記動画のとおりです。
・終始、アクセル全開です
・0:05あたりに、2速に落ちています
・最初のほうは平坦ですが、加速していかなどころか、失速すら・・・


なんでしょう、これは・・・。

下記はこの車の詳細です。
ボンネットの塗装など、機関と明らかに関係のないものは、
除いています。

購入は2009年12月、7.8万キロで購入。

(1)不具合のため修理・交換
■1年目(7.8~9.7万キロのとき)
・フロントロアコントロールアーム&ブッシュ マイレ製
・冷却水漏れ(エキスパンションタンク+α)
・ヘッドライトバルブ
・フォグランプバルブ
・リアハブベリング
・右リア&左リアドア 雨水漏れ

■2年目(~11.5万キロのとき)
・ヘッドライトパッキン?
・左フロントキャリパー中古
・タイロッドエンドマイレ製

■3年目(~13.2万キロのとき)
多分ない

(2)予防修理・交換
■1年目(7.8~9.7万キロのとき)
・ATF(8万キロのとき)

■2年目(~11.5万キロのとき)
・ファンベルト&テンショナ
・A/Cベルト&テンショナ
・A/Cベルトテンショナ
・ブレーキホース 右前のみ
・エアクリーナー
・NGKプラグコード
・ボッシュプラグ
・エアコンフィルター
・ワコーズRECS
・ボッシュバッテリー
・燃料ポンプ
・燃料ホース(一部)
・燃料フィルター

■3年目(~13.2万キロのとき)
・エアコンフィルタ

(3)消耗品修理・交換(約8万円)
・エンジンオイル 平均5千キロ間隔、フィルタは2回に1回交換

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

セーフティ・モード入りましたね。

安全のため路肩に移動できる最低限の出力に抑える、っつー欧州安全基準の奴っすわ。
雑に言うと、エンジンに致命的なダメージを与えないためのロック状態、っすね。

じゃあ何が原因かっつったら。。。(1)の症状をハンチングっつーんっすけど、それっすね。

事細かに書いて頂いたんでざっと拝見したら。。。アイドルバルブを交換してねえっすね。BMW社内では何って呼んでたっけな。。。えーっと。。。忘れた!
とローラ的な能天気振りはさておき、「BMW アイドルバルブ交換」で検索するとゴロゴロ出て来るっすよ。交換自体は、エンジン脇にチョイ腕を突っ込まないといけないめんどくささはあるっすけど、基本セルフメンテナンスで出来る範疇っす。ザックリ言って、バルブを外す、スロットルチャンバー内をエンジンコンディショナーで洗う、新品のバルブを取り付ける、終了です。

で、今までの履歴から見ると。。。念のためそろそろエアフロメーターも交換を検討されるとベターっすね。で、4個だか5個あるO2センサーも交換するとベストっすね。履歴メニューで見つからなかったもんで。。。俺が見落としたのかな。


でね、動画拝見しましたけど、大変危険な撮影方法っすよ。即刻やめてくださいね?リアルにアッブネエから。人がいなくてもどっかからタヌキが出てきたらどうしよう、っすよ。サッ…とよけらんないからね?
撮影するならね、2000円かそこらで売ってるドライブレコーダーでちいちゃい奴売ってるでしょ?アレを固定して回す(録画する)のがベストっすね。それ以外にも「ウェアラブルカメラ」で検索するとちいちゃい、チャイチーカメラがゴロゴロ出て来るんで買っとくとイイっすね。最悪出川さんなんかの自分撮りヘルメット、自作できるからね?

それにしても立派にメンテナンスに入れてるっすね。リスト見て「ああ、コレも大事だよねぇ」って、復習させてもらいましたわ。今後もそのノリ、大事にしてくださいね。

この回答への補足

こんにちは、アイドルバルブですが、
交換しました。
ハンチングの症状がなくなりました!
ありがとうございました。

変わって
別のトラブルが発生中ですが・・・。
それはまた別であげます・・・。

補足日時:2013/07/28 12:16
    • good
    • 3
この回答へのお礼

こんにちは、ご回答ありがとうございました。

アイドルバルブ、交換したことがないです。
検索したら、たしかにいっぱい出てきましたよ。
といいますか、
エンジンまわりって、プラグコードとプラグ本体しか交換したことないです・・・。
ちょっと手配かけます!

動画は、そうですね
片手運転はいうまでもないです。
以後、何か考えます。

>立派にメンテナンス
いえそうでもないです・・・、
ギリギリのところで、これしてないと、
多分止まってますw
距離乗るんで、そこそこ手いれないとってのもありますが・・・。

そろそろ水回り一式、今度はウォーター^ポンプも、
交換しないといかんかなってかんじです。
タンクが破裂してからでは遅いので・・・

お礼日時:2013/05/25 10:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBMWの不安定なアイドリング

噂で聞いてはいましたが、やはりBMWは色々トラブルが多いみたいですね・・・
みなさんの症状を読みながら、近いなぁ。って思ってました。

処置の仕方がだぶるかもしれませんが・・・私のBMWの症状についても教えてください。

12年前の318A4Rになります

まずエンジンは一発でかかります。
パーキングの状態でエアコンがついてると回転数は安定しますが、エアコンを消すと200ぐらい回転数が落ちてブルブルいいだしてアイドリングがすごく不安定になります。なので・・寒いときも温度上げてエアコンにしてます。
その状態で走行はスムーズにいきます。
ところが、信号待ちで停車してドライブにしてるとブルブルいいだして、エアコンつけてても、またまた回転数200くらいさがります。でニュートラルにすると安定します。

車屋さんに聞いても、たまにカラふかしして回転数あげたらいいよ!←空気を抜くみたいなこと。いわれましたが・・その時、一瞬回転数が落ち着くような、落ち着かないような・・
いまいち納得いかず・・・
どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

確実にアイドル調整バルブっつーパーツがブローバイガスで煤けて感度がゼロに近い位まで落ちた症状っすね。質問者様の返事から察するに「一度ディーラーで見てもらいます」コースっすね。

#1さんが答えてる事なんっすけど、実際には壊れてんじゃなくてパーツのご臨終っす。ワイパーブレードのゴムが全部擦り切れたら壊れたとは言わないでしょ?消耗品なんだから『ご臨終』っつったほうが合ってるっすよね。
パーツ交換の作業そのものは#2さんが回答している通りで、ガンプラ作れるだけのスキルがあればセルフメンテナンスで出来ちゃうレベルっすね。結構自分でやっちゃう人が多くて、俺なんかもゼロ戦や戦艦大和のプラモデル作れちゃうスキルがあるから自分でやっちゃうんだけどね。
肝心なのは交換したにしろ洗浄で済ませたにしろECUを1回リセットしないとダメっすよ。#3さんが指摘しているのは実は本人も気づかないうちにECU学習を行っていたって事なんっすよ。ただリセットされてない所で上書き学習しているからたまにバグも起こるっすからECUは確実にリセットしたほうが良いっすね。
基本BMWなんかだとバッテリー端子を外して1時間放置、でエンジン系統のECUはリセットされるっす。外す時はマイナスプラスの順で付ける時はその逆、を絶対守れば誰でも出来る事っすね。それでECUは『初期化』された状態だから理想は100km/hの定速走行を5分間行うんっすよ。それでECUの学習は完了っすけど、近場に100km/h定速走行できる場所がないなら1~2時間通常走行を続ければ学習は終了するっす。

でも質問者様は「一度ディーラーで見てもらいます」だから、見てもらった後受取時に「ECUのリセットも、済みました?」と確認を取る事だけがマストっすね。やってない、と答えられたらやってもらってください。

確実にアイドル調整バルブっつーパーツがブローバイガスで煤けて感度がゼロに近い位まで落ちた症状っすね。質問者様の返事から察するに「一度ディーラーで見てもらいます」コースっすね。

#1さんが答えてる事なんっすけど、実際には壊れてんじゃなくてパーツのご臨終っす。ワイパーブレードのゴムが全部擦り切れたら壊れたとは言わないでしょ?消耗品なんだから『ご臨終』っつったほうが合ってるっすよね。
パーツ交換の作業そのものは#2さんが回答している通りで、ガンプラ作れるだけのスキルがあればセルフメ...続きを読む

Qコンピューターリセットとアイドリング不調の関係

 バッテリーのマイナス端子を外して10分以上放置したところ
アイドリングが不調になってしまいました。
 そもそも、このバッテリーからマイナス端子を外して放電時間をとったことで、アイドリングに影響がでることはあり得るのでしょうか?

 ありえた場合は、どのような対処が良いのでしょうか?

 この行動をとる以前は、現象の発生は有りませんでしたが、たまたま、このタイミングで発生したという事も確率的に低いと感じますがあり得るとも思います。
 (別な要因であれば、それはそれでアドバイス欲しいです)

症状は、1分~3分位アイドリングしていると
  A.突然回転が落ちて、あれっ!! と思っている間もなくブオーンとアクセルを吹かしたように
    一旦回転が上がる。
  B.まるで古いハーレのような力強く乱れた低振動。
  C.アイドリング状態のみで、ジェット噴射側は問題なし。

別な要因として怪しい所と、その対応状況は
(1)フェーエルフィルター/ホース
  フィルターは、1年以内に交換済み
  ホースは3年くらい
(2)プラグ
  1年以内に交換済み
(3)バッテリー
  電圧計で12.0V以上あり
(4)エンジンオイル/エレメント
  やり過ぎなほど交換やメンテ
(5)排気系
  1年以内に、触媒つまり除去
(5)走行距離
  10万キロ
  フェールポンプは交換無し
  エアマスセンサーは交換無し

車種 BMW Z3 CH19 1997 LH MT


宜しくお願い致します。

 バッテリーのマイナス端子を外して10分以上放置したところ
アイドリングが不調になってしまいました。
 そもそも、このバッテリーからマイナス端子を外して放電時間をとったことで、アイドリングに影響がでることはあり得るのでしょうか?

 ありえた場合は、どのような対処が良いのでしょうか?

 この行動をとる以前は、現象の発生は有りませんでしたが、たまたま、このタイミングで発生したという事も確率的に低いと感じますがあり得るとも思います。
 (別な要因であれば、それはそれでアドバイス欲し...続きを読む

Aベストアンサー

ECU搭載のインジェクション車両はみんなそうっすよ。#1さんが指摘しているコンピューターのリセットっすね。

対策としては手っ取り早いのが100km/h定速走行を5分間、でECU学習が終わりますわ。当然一般道では無理なんで100km/h走行が法的に許されている自動車専用道路・若しくは高速道路で学習させてくださいね。

若しくは1時間程度エンジンを止めずに走行してください。一般道で信号待ちしてもイイからとりあえずずーっと1時間走る、で学習は完了するっすよ。欧州車は全般的に1時間でOKっす。それにしても。。。三菱は1週間も掛かるんっすね。驚きです。


まずはECUに学習させてあげてください。それでも不具合が出るようならもう一度ご連絡ください。そん時考えますわ。

QBMWのエンストについて。

いつもお世話になっております。先ほど起きたエンストについて質問させてください。
当方は1999年式 E46 320iに乗っていますが、本日2回目のエンストを信号待ちでしてしまいました。
以前ディーラーに持っていったところ、「何か色々な要因が重なったらなります。気になるなら検査してみますか?」というような感じだったので、その後は気にせずに乗っていました。
しかし今日もまた信号待ちでしてしまったのです。
そこでお聞きしたいのですが、BMWはエンストを起こしやすいのでしょうか?
これは原因が見つからない場合が多く、放っている人が結構いると聞いたことがありますが実際はどうなのでしょうか?
ご存知の方や経験なされた方がおりましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

E46よりエンジンの電子制御が複雑になりエンストトラブルは多いようです。ディ-ラ-にてコンピュ-タ-のエラ-履歴は確認できなかったのでしょうか?センサ-類のトラブルならエラ-として確認できるはずです。カムシャフトセンサ-の場合は発信時にアクセルを踏み込むとスト-ルするようです。その他コンピュ-タ-の学習機能に問題がありエンストする場合もあるようです。この場合は、コンピュ-タ-のリセット又は、デ-タ-の書換えにて対処するようです。キャニスタ-(燃料蒸発ガス排出抑止装置)不良にてエンストする場合もあるようです。この場合、暑い時、燃料満タン時に生じやすく燃調不良よりアイドリング不調、エンストに至るようです。対策は、単純に燃料を満タンにしないことです。ディ-ラ-でもエラ-履歴の残っていない修理や複合的な要素よりの不具合は修理判断が難しくなります。オ-ナ-の不具合時の適切な説明が肝要かと思います。

Q渋滞中の突然のエンスト。原因、可能性について教えてください。

渋滞中の突然のエンスト。原因、可能性について教えてください。

BMWE46に乗っています。2000年式で走行距離は9万キロぐらいです。

今日渋滞にはまり1、2時間ほど低速走行をしていました。

通常アイドリング時のエンジンの回転数が700rpmぐらいなのですが、突然500~700rpmの間を上下しはじめました。ハッチングというものでしょうか。その間小さな音ですが「グウォーン、グウォーン」という音が聞こえてきました。

その後、明らかに異常だと分かるぐらい、車体が縦に大きく揺れはじめました。
そして、1分ぐらいその揺れが続き、突然エンスト。。

すぐにエンジンをかけ直したのですが、その後の走行はなんともありませんでした。

実は1ヶ月前に、同じような現象が起きたことがあります。車体の揺れはなかったのですが、ハッチング後エンストしたことがあります。その時も渋滞中だったと思います。

原因は一つではないかと思いますが、考えられる原因、可能性を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

吸気系っすよね。これの原因。ドイツ車って多いっすよ。ブローバイガスをスロットルチャンバーに戻して燃焼室に送る、でおなじみのキャブの進化系のインジェクションシステムの弊害なんっすよ。

もっともブローバイガスを燃焼室で燃やしちゃうから結果的に環境に優しい、それにキャブは壊れにくいっつー実績からドイツ車だけじゃなくて欧州車では一般的に使われてるんっすよね。

だけどブローバイガスがスロットルチャンバー経由だから途中にあるアイドリング調整バルブのセンサー部分も汚れちゃうんっすよ。だから3万km毎にインジェクションクリーナーでスロットルチャンバーごと内部洗浄してやる必要があるんっすよ。でも意外とこの辺知らない人が多い(オーナーだけじゃなくてディーラー整備の人達も、ね)からほったらかしにしちゃう。ほったらかしだからセンサーの感度がどんどん悪くなって最終的にはアイドリングに近い状態で流しているとガッタガタ言って止まっちゃう。
ハンチングはアイドリング調整バルブの汚れで起こる典型的な症状っすよ。センサーの回転を拾うモーター部分がブローバイガスの煤で固着しちゃうの。シトロエンやオペルなんかは見える所にバルブがあって、ハンチングが起こるとバルブを思い切り叩いてみるのね。そうすると引っかかりが取れて直っちゃう。一時的にだけど。

BMWの場合はエンジンに向かって右側のエアダクトの奥にチャンバーがあって、そのチャンバーの脇にバルブがついているんっすよ。「BMW アイドリング制御バルブ 洗浄」でググるといろんな人があの取り出し辛い所に手を突っ込んで洗浄しているので参考になるっすよ。ただし洗浄が終わったらナスカルブみたいな熱に強い潤滑材を差さないと再発するっすよ。

#6さんが言っているのも原因のひとつっすね。なにしろ欧州車のブローバイホースは5-7万kmで交換が基本の消耗品っすから(ドイツ本国ならホースの価格は1000円前後)。9万kmでホースを交換した事ないっつったらエアマスのコネクター配線の劣化もチョイ心配っすね。本来は純正品交換なんっすけど、裏技として「febi パーツ」で楽天市場検索を掛けるとドイツ直輸入のメーカー純正品を扱っているお店が出てくるっす。1000円とまではいかないけれど、かなり安く買えるっすよ。
国内で純正のホースを買うお金が出せるなら「BMW シリコン ブローバイホース」で検索するとより長寿命のホースが手に入るっすよ。でもこれは秘密です。
それでもドイツから取り寄せとなると早くて2週間・通常1ヵ月見積りなのでさらに裏技として、ガス器具用のホースがスーパーとかホームセンターとかコンビニとかに売ってるでしょ?アレを純正のホースと同じ長さに切って取りつけておくと充分代用品になるんです。実際イギリスではこの手のメンテが一般的っす。けど見た目はカッコ悪いっすよ。

もし9万km走行現在でスロットルチャンバー洗浄とブローバイホース交換の記憶がない・記録がない、だったらエアマスも含めて上記の全てを交換する必要が出てくるっす。けど症状を見た限りではまず真っ先にアイドリング調整バルブの洗浄もしくは交換で完治しそうっすね。なにしろこのバルブ、ドイツ本国じゃ8000円程度で普通に売られている消耗品っすから。扱いとしては、ワイパーブレードと同じっすね。日本じゃ欲の皮に突っ張った中間業者のおかげで高いけど。。。

吸気系っすよね。これの原因。ドイツ車って多いっすよ。ブローバイガスをスロットルチャンバーに戻して燃焼室に送る、でおなじみのキャブの進化系のインジェクションシステムの弊害なんっすよ。

もっともブローバイガスを燃焼室で燃やしちゃうから結果的に環境に優しい、それにキャブは壊れにくいっつー実績からドイツ車だけじゃなくて欧州車では一般的に使われてるんっすよね。

だけどブローバイガスがスロットルチャンバー経由だから途中にあるアイドリング調整バルブのセンサー部分も汚れちゃうんっすよ。だ...続きを読む

QE46 アイドリング時の車体の揺れ

BMW E46に乗っています。最近、渋滞にハマったときに気がついたのですが、アイドリング状態が5分ほど続くと、車体が上下に揺れます。乗っていると気分が悪くなるほどです。

一度エンジンを切ってかけ直すと元に戻り、5分経つとまた揺れ始めます。

エンジンはハンチングすることなく落ち着いていますし、特に異音もしません。ただ上下に揺れる感じです。

アイドリングが長く続かなければ、走行は問題ないのですが、放っておいたらまずいでしょうか?また、もし原因などが分かれば教えてください。

ちなみにエアマス、カムシャフト、クランクシャフトセンサーは6ヶ月以内に交換しています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

去年乗ってたOPEL VECTRA 97モデルでも似たような症状が現れたっすね。その時の経験から申しますと。。。

最初に感じた時はエアマスとカムシャフト・クランクセンサーを疑ってOBD2履歴をチェックしたっす(VECTRAの場合シーメンズ製ECUユニットなのでコネクター#5と#6のピンに針金差して結線するとエンジンマークが点滅してOBDコードを表示してくれるんっすわ)。すると1515(インテーク系の不具合)と出たんでエアマス洗浄とアイドル制御バルブを洗浄したっす。
それでもしばらくすると同じ症状が現れて再度OBD2履歴をチェックすると。。。また1515。やっぱエアマス洗浄用のクリーナーじゃダメだったかな?っつってスロットル洗浄用のクリーナーで洗ったら、まぁキッタネエのが出るわ出るわ。センサー部分の真鍮が輝くまで連続洗浄で治まったっす。
それでもしばらくするとまた症状が現れて。。。今度はハンチングっす。まさかのハンチングっす。見ても分かってたけど、とりあえずOBD2チェックをしたらおなじみの1515。で、いろんな人から情報収集して「真鍮部分に潤滑材を塗らないとセンサーが引っかかってハンチングを起こすよ」と言われてCRC556を大量噴霧。これで治まったっす。
けど1週間もしないうちにまたあの日以来の変な感じが。で、いろんな人から「CRCは、熱に弱いよ」「CRCは、使えねえよ」っつわれて7UPの裏技・ATFを垂らして何とか治まったっす。
けどまだなんか変な感じの名残が。。。っつー事でかわいい女の子に勧められて『ナスカルブ』を買って噴霧してみたっす。すると変な感じが消滅していつまで経っても平気だったっす。

っつー経験から、俺ならアイドル制御バルブを疑うっすね。ブローバイガスをスロットルに循環させて完全燃焼させるでおなじみのキャブの進化系が欧州車のインジェクションの基本っすから、スロットル洗浄の記憶がない、した事ない、なら真っ先に疑うべき所っすね。
次に疑うのがオイルの量っす。結局俺のVECTRAは色が気に入らないっつってVECTRA2000モデルの下取りに出しちゃったんだけど、これが納車時に6Lもオイル入れてきやがって。アイドリングが何か気持ちワリイの。売った店では「そういうエンジンですかね」とかナントカ言ってシレっとしてたっすけど、VECTRAは5Lがメーカー規定量で1Lも多く入れてやがんの。トーシロかよ。

っつー事でまずスロットルにくっついてるアイドル制御バルブを取り外してみてくだされ。十中八九、煤けてキッタネエと思うっすよ。洗浄して高熱に耐える潤滑材をたっぷり噴霧すれば寿命が伸びるっす。そういうのメンドクセエ、とかチョイお金に余裕があるっつーなら新品に交換するのが一番っす。ついでにスロットルチャンバー内部にもクリーナーをたっぷり入れて掃除しとくとイイっすね。
で、流れでエンジンオイルの量を見てくだされ。レベルゲージの上限と下限のマーキングがあると思うっすけど、上限までオイルが届いていたらそれも原因っす。っつーのも国産車では上限までオイルを入れて規定量っすけど、欧州車は一律で上限と下限の真ん中で規定量っすから。あちらではそういう見方が基本っす。もし上限いっぱいまでオイルが入ってたら全交換するか1Lだけ抜いてもらわないと後々いろんな所にエラーが出るっすよ。アイドル制御バルブなんか一例で、エアマスもオイル入れ過ぎで大量発生したブローバイガスにやられちゃった結果だし、カムシャフトセンサーやクランクセンサーも漏れたオイルに浸食されて壊れちゃった結果っすから。メルセデスなんか、エアマスのコネクター配線が折れるから、ね。

お陰様でそういう経験したおかげで今のVECTRA、快調っす。エンジンなんか軽くなってうっかりすると400ccのバイクと出だしで追い抜いちゃうから、ね。あっぶねえからそっとアクセル踏むようにしてるけど、「なんだよ、VECTRAって、こんなにイイクルマだったのかよ」って今更分かった感じっす。あなたのE46も、ちょっとチェックするだけで簡単に予想を上回るっすよ。

マウント類は。。。考えられねえなぁ。#1さんがご指摘されている通り、出るなら最初から出るからなぁ。。。

去年乗ってたOPEL VECTRA 97モデルでも似たような症状が現れたっすね。その時の経験から申しますと。。。

最初に感じた時はエアマスとカムシャフト・クランクセンサーを疑ってOBD2履歴をチェックしたっす(VECTRAの場合シーメンズ製ECUユニットなのでコネクター#5と#6のピンに針金差して結線するとエンジンマークが点滅してOBDコードを表示してくれるんっすわ)。すると1515(インテーク系の不具合)と出たんでエアマス洗浄とアイドル制御バルブを洗浄したっす。
それでもしばらくすると同じ症状が現れて再度OB...続きを読む

QBMWのオイル交換をスーパーオートバックスにて

当方、BMW323i(E90)に乗っております。エンジンオイルの事でご意見をお願いします。

量販店でのオイル交換は一抹の不安もあり、いままでは正規ディーラーで交換していたのですが、ディーラーですと24000円(フィルター+工賃込)ほどします。
スーパーオートバックスですと純正同等のオイルを使用しても約半額強で済みます。

今の車も乗ってあと1年くらいと考えていますので、あまりお金をかけたくないのが正直なところです。
SABにおいても作業員のスキルによるとは思いますが、SABでオイル交換することはどう思われますか?

Aベストアンサー

問題ないと思いますよ。

新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。

車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。

反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。

たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。

一般的にオイルは、アンダーカバーを開けると、オイルパンというものがエンジンの下部に付いており、ここのドレンプラグを開きますとエンジンオイルが抜ける。

そしてエレメントを取り外して、新品と交換し、ドレンプラグを締め、新しいエンジンオイルを入れるという感じの作業です。

どちらかといえば、近年では、エンジンを温めた後に、エンジンオイルレベルをチェックするホースにオイルチェンジャーで上から抜く方式が主流のような気がします。

BMW(バリエリッシュ・モトーレン・ベルケ)のオイル交換が高いのは、オイルレベルセンサーとかの点検とかもやっているのかもしれません。

作業そのものは、他の国産車とかと同じような工程ですので、初心者レベル級のスタッフに当たってしまっても、問題出ない範囲内です。

問題というのは、極端な言い方をすれば、ドレンプラグを締め付けが弱いとかの場合、オイルが漏れる可能性とかもあると思うのです。

でも、オイルレベルチェックは、車のセンサーが付いていますので、減ればチェックランプ点灯するので気づくと思われますから。

参考URL:http://minkara.carview.co.jp/en/userid/487006/blog/26805071/

問題ないと思いますよ。

新車で購入し、8年間とか乗り、「後1年とか乗って買い直そう」という感じだと想定しました。

車は、長く乗ろうと考えた時に、どうせならきちんと整備して・・・とお金を投資するという事があると思います。

反面、「後乗って2年とかで買い直すつもり」という感じになると、必要以上にあまりお金をかけたくないという気持ちだったりします。

たぶん、E90のオイル量というのは、4Lくらいで、オイルエレメント交換するとプラス0,5Lくらいになると思います。

一般的にオイル...続きを読む

QBMW e92 アイドリング不調と異音

中古で1年前に購入したBMW 2008年式 E92前期 50000キロです。
エンジン始動時にアイドリングが不安定でエンストしかけます。2、3秒で普通に戻るのですが、加速時のエンジン振動が少し大きく、たまにガラガラと異音もします。
ネットでよく見かけるイグニッションコイル故障かと思い、中古車屋で診てもらったところ、イグニッションコイルの場合、エンジンチェックランプが点くはずだか、点いていない。とりあえずオイル交換をしたら、なんと不調が治ってしまいました。
前回のオイル交換は半年前、交換後約10000キロ走りました。抜いたオイルが少し少なかったから、オイル下がりか単にオイル消費で量が減って、その影響でミスファイアを起こしていた、ガラガラ異音はエンジン振動でフロントパイプから鳴ってたのかもも、と。
オイルが減ることでミスファイヤやアイドリング不調が起きるのでしょうか?またエンジン振動でガラガラ異音が起きるのでしょうか?エンジン内部から鳴っていると思い込んでいたので、ホッとした反面、なんだか拍子抜けしました。

Aベストアンサー

むしろ「日産は紙なんだ。。。」ってほうがショックっすけど(ゼロ戦の頃から進歩なしかよ、と3年は思い出し笑い出来そうっす)。。。

イグニッションコイルはチェックランプ付いたっけかなぁ。。。とは思うんっすけど、オイル下がりでそういう症状、ありますわ。昔から。いろんな要素が絡んで出てる症状なんで割愛しますけど、ザックリ言って「オイル足んないよお」ってクルマが教えるように出来てるんです。マジで。
で、日産の例とカブったのは偶然だと思うんっすけど、BMWでもそろそろエンジンのヘッドカバーガスケットを交換したほうがイイっすね。大丈夫、BMWは紙じゃないから。純正でもゴムだから。フォッケウルフから相当進歩してるんで、平気です。

ついでにカムシャフトセンサーとクランクシャフトセンサーも交換時期っすね。実際には7万km位まで放置しといても平気なんっすけど警告灯の店頭を見たくないなら5万km位の定期交換が無難っす(とBMWとかヨーロッパのメーカーは言ってます)。
この辺国産車でも同じタイミングで交換してるっすよね。だから5年目(1年=1万km)の車検は急に高くなるんっすよ。なんて事はない、ディーラーとかで車検代にセンサー代金とかを組み込んじゃってるからなんっすわ。
って事は。。。ドイツ車はドイツ国内では1年=2万kmで計算するから「5年は大丈夫」っつってるこの辺のパーツは10万kmまで平気なんじゃね?とは思うんっすけどこの言葉信じて明日クルマが変なんなっちゃったらヤなんで5万km毎の定期交換を勧めておきます。それとも一か八か、「警告灯点くかなロシアンルーレット」やってみます?


俺ならガスケット交換とカムシャフトセンサーとクランクシャフトセンサー交換を同時に頼んじゃいますね。工賃はガスケット交換単体とそんな変わんないはずだから。


あ、あとATフィルターの交換とATコンピュータのリセットもあったよね、BMWの場合。

むしろ「日産は紙なんだ。。。」ってほうがショックっすけど(ゼロ戦の頃から進歩なしかよ、と3年は思い出し笑い出来そうっす)。。。

イグニッションコイルはチェックランプ付いたっけかなぁ。。。とは思うんっすけど、オイル下がりでそういう症状、ありますわ。昔から。いろんな要素が絡んで出てる症状なんで割愛しますけど、ザックリ言って「オイル足んないよお」ってクルマが教えるように出来てるんです。マジで。
で、日産の例とカブったのは偶然だと思うんっすけど、BMWでもそろそろエンジンのヘッドカバー...続きを読む

QE46後期318iのDME交換

以前からE46のエンジン不調についてご質問させていただいております。

6月ごろからエンジンチェックランプの点灯,点火不良が出始め,その後さまざまなことを試してみましたが,未だ改善されておりません(泣)
手を加えたところでは

イグニッションコイル・プラグ交換
バッテリー交換
エアマスメーター・エアクリーナー交換
カムシャフトセンサー(IN,EX)交換
ブローバイホース交換
WAKOS RECS施工による燃焼室洗浄
機械式エンジンフラッシングによるオイルライン洗浄

といったところです。
空ぶかしの際に,1500rpmくらいで「うももも・・・」とつっかえるようになり,それからブオーンと吹けるので,燃料が足りない可能性もあるとみて,今度,インジェクターフラッシュを施工してもらう予定でいます。

ディーラーでも原因はよくわからないということで,インジェクター不良,バルブの駆動系(ラッシュアジャスター等)の不良という話も出ましたが,確証が持てないということでした。

DME本体の故障も疑っているのですが,同型車両の中古DMEを取り付けることを検討しています。

E46のDMEは型番があっていればそのまま交換でいいのか,それとも車体ごとにコーディングなどをしなければいけないものなのか,またコーディングの必要がある場合はディーラーなどでできるものなのか,調べてみたのですが,はっきりとした情報がありません。
ディーラーにも聞いてみたのですが,ディーラーではコーディングなどはできないというようなことを言われてしまったので,どうしようかと考えています。

DME交換についてご存知の方,経験のある方がいらっしゃいましたら教えていただければと思います。

以前からE46のエンジン不調についてご質問させていただいております。

6月ごろからエンジンチェックランプの点灯,点火不良が出始め,その後さまざまなことを試してみましたが,未だ改善されておりません(泣)
手を加えたところでは

イグニッションコイル・プラグ交換
バッテリー交換
エアマスメーター・エアクリーナー交換
カムシャフトセンサー(IN,EX)交換
ブローバイホース交換
WAKOS RECS施工による燃焼室洗浄
機械式エンジンフラッシングによるオイルライン洗浄

といったところです。
空ぶかしの際に...続きを読む

Aベストアンサー

3番シリンダーでのミスファイヤーがあるとのことですが、これは常にでるのでしょうか?
ミスファイヤ自体は、たまたま1回出て、でないということもあります。
エラーリセット後も出ている状況でしょうか。

イグニッションコイルを交換しているとのことですが、ケーブルも交換されていますか?
ケーブルの劣化が原因というのもあります。
ただ、BMW乗りのくせして、イグニッションコイルとケーブルがセット品か分かりません^^;

あと、ググっていたら、こんな意外なところが原因でミスファイヤがでる事例もありました。
http://blog.hokkeji.com/?eid=1603075

インジェクターフラッシュもメンテナンスの一環としてはいいと思いますが、今回のトラブル解消に繋がるかはちょっと疑問です。

DME交換については、以下の記事がありました。
E90以降は簡単にはできないと書かれているので、逆にE46で有れば大丈夫?
http://www.ushibuse.jp/category/1531550.html

QBMW 318ツーリング 冷却水が減る原因

BMW E46 318ツーリング最後期型(N46エンジン)に乗っています。

去年夏ごろ高速道路走行中に突然冷却水警告灯が点灯し、、間一髪でSAに駆け込みオーバーヒートはまぬがれました。原因はサブタンクの破裂でした。
認定中古車の1年保険を利用し、サブタンク周り1式、サーモスタットをディーラーにて無償交換してもらい、その後問題なく走行していましたが、昨年の秋ごろ、旅行中にまたもや警告灯が点灯。今度は、アッパーホースからの漏れが発覚。そしてロアホースとともに交換しました。

それから心配なので定期的に冷却水の量を確認するようにしていたのですが、昨年末に冷却水が減っていること(赤いフロートが底についてました)を確認し、またもやディーラーに検査入院しました。ところが、今回は圧をかけても漏れが発覚せず、年明けまで検査がかかると言われ、結果ウォーターポンプの軸から漏れていると言われ、ウォーターポンプを交換しました。その時にガスケットからエンジンに漏れ出してはいないことは確認してもらいました。念のためラジエターキャップも交換しました。

がしかし!先日確認したところまたもや冷却水が減っていました!目視では、漏れた形跡はありません。駐車場にも漏れた形跡はありません。
念のため水道水を入れたところ500ML ぐらい入りました。

少しラジエターキャップが緩んでいたかもしれません。そもそもキャップから蒸発することなどありえるのでしょうか?
他に原因等があるようでした、可能性の範囲でどなたか教えていただけないでしょうか?

BMW E46 318ツーリング最後期型(N46エンジン)に乗っています。

去年夏ごろ高速道路走行中に突然冷却水警告灯が点灯し、、間一髪でSAに駆け込みオーバーヒートはまぬがれました。原因はサブタンクの破裂でした。
認定中古車の1年保険を利用し、サブタンク周り1式、サーモスタットをディーラーにて無償交換してもらい、その後問題なく走行していましたが、昨年の秋ごろ、旅行中にまたもや警告灯が点灯。今度は、アッパーホースからの漏れが発覚。そしてロアホースとともに交換しました。

それから心配なので...続きを読む

Aベストアンサー

これ、ヒーターバルブの破裂じゃね?

サブタンクの破裂、アッパーホースの寿命、ウォタポン交換、って来たら次はヒーターバルブ、ってのが王道っすからね。
車種によってはシリンダーヘッドガスケットの亀裂でエンジン燃焼室にクーラントが漏れてる、っつーケースもあるっすけど、E46にはそういう報告は聞いた事がねえっす。最後に聞いたのはOPEL ヴィータBモデルで、それ以降はまず聞かない話っすね。コレが発生するとアイドリングがガッタガタになるっすから。

チェックとしてはまずエンジンルーム開けてすぐに臭いを嗅ぐんっすよ。クーラント漏れ特有の甘ぁい臭いがしたらまず最初に疑うべき所っすね。
で、クーラント臭がしたらクーラントホースをタンクから追いかけるんっすよ。なんか2つか3つに分かれてる所にコネクターにしてはでかすぎる、って奴があったらそこから水が漏れた痕跡がないか見てみるんっすよ。漏れて水が流れた痕跡を見つけたらこのパーツを取り寄せて交換っすわ。大体8万km目途(±2万kmの誤差)で出る所っすからね。消耗品です。
交換は自分でもできるっすよ。繋がってるホースを力技だけでスン!…と抜いて破裂したバルブを取り出して新しいバルブをサン!…と差して終了っすから。タンクのキャップを開けなければクーラントはチョロッとしか出て来ないっすから。ただやけどが怖いから冷間時に作業して下さいね。

水道水を補充する前と、した後では、エンジンの調子に変化が出ました、っつー補足の下りを見るとヒーターバルブって気がするっすよ。ラジエーター内圧がバルブの裂け目から空気が入った事で下がったのを水の補充で適正値に戻ってトルクが回復した、って解釈っすわ。とにかく丁寧にホースを辿って水の出た痕跡を探してみてくだされ。

欧州車お約束のヒーターバルブでなければ他の回答にあるようにラジエーター本体を疑ってくだされ。

これ、ヒーターバルブの破裂じゃね?

サブタンクの破裂、アッパーホースの寿命、ウォタポン交換、って来たら次はヒーターバルブ、ってのが王道っすからね。
車種によってはシリンダーヘッドガスケットの亀裂でエンジン燃焼室にクーラントが漏れてる、っつーケースもあるっすけど、E46にはそういう報告は聞いた事がねえっす。最後に聞いたのはOPEL ヴィータBモデルで、それ以降はまず聞かない話っすね。コレが発生するとアイドリングがガッタガタになるっすから。

チェックとしてはまずエンジンルーム開けてすぐ...続きを読む

QE46後期318iの水温センサー異常

6月頃から起こり始めた3番シリンダーのミスファイヤーと格闘する者です。
これまでの経緯として,
コイル,プラグの交換
エアマスセンサー,エアフィルターの交換
バッテリー交換
カムシャフトセンサー交換
ブローバイホース交換
RECSによる燃焼室クリーニング
機械式フラッシング(ジニアスフラッシング)の施工
VANOSソレノイドバルブの洗浄
などを行っておりますが,未だにエンジン冷寒時に三番シリンダーのミスファイヤーを検知します。
現在はC110を接続して,エラーが出るたびに消去して,を繰り返しながら乗っています。

C110でエンジンの状態をモニターしたところ,Coolant temperature, engineという項目で,通常は100℃前後を示している数値が,時々-50℃というありえない温度を検知していることがあります。
グラフに示すと一瞬ですが,谷ができるのが確認できます。

水温センサーの異常からミスファイヤーを起こすということは考えられるのでしょうか?

いずれにしろ異常な数値を記録しているので,水温センサーの交換はしようと考えております。

また,3番シリンダーのミスファイヤーのみを検知するということは,コイルが異常でない場合はハーネス側の不良も疑っているのですが,点火系を強化する方法はコイル交換以外に何かないでしょうか?
点火系チューンをされたことがある方の体験などを教えていただければと思います。

6月頃から起こり始めた3番シリンダーのミスファイヤーと格闘する者です。
これまでの経緯として,
コイル,プラグの交換
エアマスセンサー,エアフィルターの交換
バッテリー交換
カムシャフトセンサー交換
ブローバイホース交換
RECSによる燃焼室クリーニング
機械式フラッシング(ジニアスフラッシング)の施工
VANOSソレノイドバルブの洗浄
などを行っておりますが,未だにエンジン冷寒時に三番シリンダーのミスファイヤーを検知します。
現在はC110を接続して,エラーが出るたびに消去して,を繰り返しながら...続きを読む

Aベストアンサー

>ディーラーでの診断機によるチェックではやはり3番シリンダーのミスファイヤと検出されました。

前回「偶発的な不具合が出たときの情報をメモリーできる計測器」と書きましたが、それは「診断機」のことではありません。
「3番シリンダのミスファイヤ」を表示するに至った原因を特定しなければなりませんね。
ある気筒がミスファイヤするとその瞬間、エンジントルクが低下します。
簡単に言えば、回転数が一瞬下がります。この一瞬の“さがり量”を常時監視して、“さがり量”がある範囲を超えるとミスファイヤ(失火)と判定しています。
同時に、どの気筒が爆発行程であったのかを見ています。
ところが、エンジントルクの変動は、オートマ(AT)の変速や、エアコンでも起こります。

気筒の判別や“さがり量”は、カムシャフトセンサやクランクアングルセンサからの信号で見ています。
信号電圧波形自体を見なければなりません。
これらのセンサの機械的な動きが正常であるか、カムシャフト自体にガタがないか、潤滑は正常かなどもみる必要があるでしょう。
同時にO2センサの電圧も参照してミスファイヤが発生したのかを見なければなりませんね。
ある運転域での空燃比にミスファイヤの原因があるのかも知れませんので、インジェクタの駆動時間も記録しておくべきです。
さらに、ATやACの作動も同時に観測せねばなりません。
ATやACの作動時にミスファイヤを検知したのではないのか、そこまで注目せねば診断できません。
もちろん、点火コイルの電圧波形も見て、百発百中OKであることを確認しておかねば、
配線の接触不良を見落とすことになります。
つまり、「診断機」ではダメでメモリー機能付きの「計測器」の出番です。

たいていの場合は、診断機の判定に従えばよいのですが、この車の場合は「計測器」が早道だと思いますね。
何か難しそうなことを書きましたが、ディーラーは経験豊富ですから手際よくやってくれるでしょう。

なお、水温がマイナス50度ではエンジンは回りません。
当然、そんな低温時の点火制御など考慮されていません。

>ディーラーでの診断機によるチェックではやはり3番シリンダーのミスファイヤと検出されました。

前回「偶発的な不具合が出たときの情報をメモリーできる計測器」と書きましたが、それは「診断機」のことではありません。
「3番シリンダのミスファイヤ」を表示するに至った原因を特定しなければなりませんね。
ある気筒がミスファイヤするとその瞬間、エンジントルクが低下します。
簡単に言えば、回転数が一瞬下がります。この一瞬の“さがり量”を常時監視して、“さがり量”がある範囲を超えるとミスファイヤ(失...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング