マンガでよめる痔のこと・薬のこと

花を見る目的で菜の花を10アール程植えました。来年以降も引き続き花を楽しみたいのですが、2年目以降はこぼれ種で大丈夫とも聞きました。
1.刈り取りもしないで自然まかせでもいいのか
2.刈り取りだけは必要か
3.耕起も必要か
出来れば「1.」で済ませたいのですが、最小限度の措置を教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

一年くらいなら自然任せでもいいでしょう。


毎年ということなら耕起までした方がいいですよ。

種が多すぎて密植状態になってしまいます。
耕起すると一部が深く埋まってそれが防げます。

刈り取りしないと、発芽しても日陰になってしまい密植と重なると育ちが悪くなります。

刈り取ったものは耕起により埋め込んで、肥料になります。

これを秋にもう一度すると春の花がきれいに咲きます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

耕起は密植状態防止と施肥を兼ねた菜の花に優しい対応のようですね。
再播種が必要ないだけ費用と時間を節約できそうですし検討してみたいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2013/06/01 13:17

回答もほとんど出尽くしていますが蛇足で。


そのままにしておくと来年の花はほとんど見られません。それは畑が「雑草」だらけになるからです。

>最小限度の措置を教えてください

刈り取らないでそのままトラクターで耕起する。できれば種ができたと思われたらすぐに、まだ菜の花の茎が青いうちにロータリーをかける。枯れてからでは茎が硬くなってトラクターへの抵抗が大きく、ロータリーへの絡みつきが多い。これを3~4回やればまた来年花が楽しめます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

刈り取りをしないで耕起だけですか!
通常考えられる作業として
1.刈り取り 2.採種 3.施肥 4.耕起 5.再播種
が考えられますが一つだけで済みますね!
時期をキッチリ見極めれば、これまでの皆さんのご助言にある過密予防・除草効果・施肥効果そして自然に優しい対応が「最小限度の措置」で出来そうですね。
ありがとうございます!

お礼日時:2013/06/01 13:28

 >菜の花栽培の2年目以降の対応


 こぼれ種の一番の問題は発芽がコントロールできないこと
 だと思います。今の時期のアブラナ科は種を蒔くと
 3~4日で発芽をしますから、落ちた種はほぼ発芽して
 しまうと思います。質問者さんが種をお持ちでしたら試しに
 蒔いてみてください。
 菜の花にするには10月播種、年内はあまり大きくさせずに
 3月あたりからトウ立ちがはじまるのが良いですから、
 3.耕起も必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発芽時期までは考えておりませんでした。コントロールは難しいようですね!
幸い当地は降雪地帯で開花が5月中旬以降で、種の成熟期が7月中旬ころ、播種時期が8月中旬から9月の中旬とされております。
あんがい自然がコントロールしてくれそうですね。
大変参考になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2013/06/01 13:09

自然に任せても出ます。


でも、今年の花で薄かったところは有りませんか?
薄かった所があれば、花が一杯あるところの株を刈り取って、薄いところに叩き付けて、種子を落としてください。
ただ、最初に植えたのが食用の品種でも、次の年は先祖帰りして、野生の菜の花になり、3年目には茎が細い原種になるようです。
花も小さく、貧弱になりますので、出来れば毎年幾らかずつでも種子を蒔いた方が良いです。
もし、作業をする体力的余裕があるなら、種子が出来た時点で草刈機で刈り取った方が来年多く芽を出します。(本当の芽出しは今年の秋ですが)
刈らずに置くと鳥や虫に食べられちゃうように思います。
私は土手に野生の菜の花を増やしていますが、多いところのを刈って、少ないところに種子をこぼしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

花が薄かったところだけに人為的にこぼれ種を施す方法は合理的ですね。
今年の種は品質保証付きの「キザキノナタネ」でしたが、雑種や先祖がえりは考えられますね。
草刈り機械で刈り取ることも検討しながらよりベターな(楽な)方法を検討したいと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2013/06/01 12:04

土は生きている。

生きているから作物が育つ。これが基本です。

菜の花はアブラナ科の野菜の花を言いますが、相手は草花では無く野菜です
から、どうしても連作障害からは逃げられません。
連作障害は開花数が少なくなる、開花しない、病害虫の被害に遭いやすい、
生長段階で枯れる等の被害を受ける障害の事を言います。

観賞目的でしょうが、連作障害にかかると菜の花畑も疎らになって見た目も
悪くなります。特にアブラナ科の作物は連作障害に掛かりやすいので、同じ
場所には続けて植えない事が基本です。

大根、キャベツ、小松菜、チンゲン菜、ブロッコリー、カブで2年、白菜で
3年は連作障害に掛かりやすいと言われています。

1、無理です。生育は1年で終わりますので、開花して種が出来たら全てを
抜き去り、土が見える状態にするのが基本です。自然任せでは駄目です。

2、刈り取っては駄目です。根から抜く事が必要です。

3、耕さないと土は死んだままです。耕して酸素を入れて、土壌改良や肥料
を入れないと土は生き返りません。

本当に開花がみたいんでしょ。だったら手抜きをせずに基本とされる事をし
ましょうよ。開花させるのに必要最小限で出来る事はありませんよ。
苦労して栽培して、開花した時の喜びは大きいはずです。苦労をせずに開花
させても、喜びはそんなに大きくは無いはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

確かに菜の花は野菜でもありますよね!
連作障害までは考えておりませんでした。
農地として永続的に作物を栽培し続ける観点からの大変貴重なご意見をありがとうございます。
土を生かしながら花を楽しむ方法を検討してみたいと思います。

お礼日時:2013/06/01 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「雑草対策」で、なにか植物、草花等植える方法はあるでしょうか?

家の敷地内の畑(100坪程度)での、雑草対策に頭を悩ませています。

本来、作物など作り、その過程で雑草対策をすればいいのですが、

仕事もあり、日々の暮らしもありとてもやれません。

一部、除草剤、草刈機などを使用してやってはいるのですが、
とても、追いつきません。

そこで、考えたのですが、例として、芝生等を張ったり、もしくは他の植物、草花等で、地面をはうようなものはあるでしょうか?

結論として、畑で作物の収穫などは考えていません。

ただ、なるべく除草剤は使わず、
そして、一番理想的なのは、
他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。

そのような植物などはありませんでしょうか?

どうか、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在100坪に生えている草がそれ以外の多年草や1年草なら一度草取りをしてから繁殖力の強いグランドカバーを植えれば
雑草は気にならなくなります。

>そのような植物などはありませんでしょうか?
  グランドカバーになります。
 わたしが植えているのは
ヒメイワダレソウ:繁殖力がすごすぎて今は半分以上取り去りました。

ヒメイワダレソウツルヒメソバ:スポット的に植えたほうがいいですね。
http://kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tsuruhimesoba_large.html
リシマキアオーレア:黄金葉が綺麗です。
http://www.rakuten.co.jp/gardensk/430279/438185/610623/610625/
ワイルドフラワー:多年草の混合です。 毎年咲きます。
 手がかからず隙間から生える雑草も気になりません。
 これがよろしいとおもいますよ。
https://www0.takii.co.jp/CGI/netshop/catalog/products/item/FZZ956/00000049

 余計なお世話ですが出来れば頑張って菜園付の和洋折衷の庭でも
 お作りになるとよろしいんですがね。 造園やさんに相談して
「楽しめる参加型のお庭」を作ってはいかがでしょう。

 つまり和風庭園のような鑑賞を目的とした庭ではなくパーゴラとか
歩きながら随所に色々な施設や置物を置いて楽しみ、場所によっては
家庭菜園としてのスペースを確保してキッチンガーデンにする・・・
とかですね。
 100坪全部無意味は雑草対策では芸がないとおもいますがいかがで
しょうか?。
 

草取りは日々時間のある方が家にいるから管理できるのであって仕事の合間にするのは大変苦痛を伴いますよね。
 これから10月までウンザリするでしょう。

>他の「植物」で、雑草を「駆逐」できないか?と考えた次第です。
  残念ですが雑草にまさる他の植物はありません。 わたしもいろんなグランドカバーを植えていますがやはりそれらを植える前には完全に
雑草を一旦消し去る必要があります。
 特にスギナやドクダミなど地下茎の雑草は液状除草剤で駆除しないと
だめです。
 
 つまり今現在...続きを読む

Q畑に菜の花を植える理由は?

この時期、うちの近所の畑ではなぜか、ほとんどの場所で菜の花が植えられているんです。
でも菜の花畑というわけじゃなく、畑の隅のほうに数本~数十本ずつ無造作に植えられている感じ。
とても観賞用や収穫用とは思えません。

いったい農家の方はなぜ、畑の隅に菜の花を植えるのですか?
それともどこかから種が飛んできて、勝手に生えてくるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

畑のの端っこなら去年の種が残っていたか何かでしょう
http://kantech-systems.com/nanohanayuuki_1.html

水田においては菜の花の茎や根が肥料として、稲(米の)の成長を促す肥料としての役目を果たしますので、積極的に植える(種をまく)場合があります。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q花の種の取り方

※ガーデニングはほば初心者です。

とっても気に入っているお花など、種を取れたらうれしいなぁと思います。
可能であれば・・・

種類によるとは思いますが基本的にどうやって取ればいいのでしょうか。

あと、ミニトマトの種はどうなのでしょうか。
切った時に中の種をとっておいて乾燥させれば、市販品のように育つのでしょうか。

お恥ずかしい質問ですみません。
まったくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは^^
自分で育てた植物からタネを採って、それをまた育てる・・・
そうやって咲いたお花の愛しさは、格別です。

採種の方法は、種類によっても違いますが、大事なのは
「よく晴れた日の午前中に採る」事でしょうか。
天候不良で水分が残っていたりすると、カビが生えたり
腐ったりしやすいので、十分に乾燥させてから採種します。

種がはじけたり、飛び散ったりしやすい種類などは、
「そろそろかな?」という時期になったら、お茶や
ダシを小分けにする時に使う、ティーバックをかけて
首を緩くしばるか、ホチキスで留めておくといいです。
種が自然にはじけて、袋の中に散ったところを袋ごと採れば簡単です。

ミニトマト、他の方も言われるように、発芽しやすいようです。
ただ、市販のミニトマトの多くは、品種改良されたものです。
病気になりにくかったり、実が付きやすかったり、甘みが強かったり・・・
そういった特性は、種から育てる場合は期待できません。

これは、お花にも言えるのですが、一代交配種(F1)の場合、
種をとって蒔いても、親と同じものは出てきません。
さらに、自家採取の場合は、近隣に植えられている別の花
(もちろん、同種・別品種など)の花粉で自然交配する場合も多いので、
そのような交雑がある場合は、どんな子供が育つかは未知数です。
それもまた、一つの楽しみですが・・・。

有名なところでは、ピーマンや唐辛子。
同じ仲間なので、交雑してしまい、からいピーマンや
辛みのない唐辛子・・・などが育ってしまうことがあるそうです。

そういう事も、また楽しみになるのが、自家採取&実生です。
おもしろそうだと思えるようでしたら、是非、チャレンジしてみてください^^

こんにちは^^
自分で育てた植物からタネを採って、それをまた育てる・・・
そうやって咲いたお花の愛しさは、格別です。

採種の方法は、種類によっても違いますが、大事なのは
「よく晴れた日の午前中に採る」事でしょうか。
天候不良で水分が残っていたりすると、カビが生えたり
腐ったりしやすいので、十分に乾燥させてから採種します。

種がはじけたり、飛び散ったりしやすい種類などは、
「そろそろかな?」という時期になったら、お茶や
ダシを小分けにする時に使う、ティーバックをかけて
首...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qネギの植え替え時期などについて

初心者です。
一昨年知人からいただいた普通の棒ネギ、植えっぱなしでずっと利用してきました。
植え替えた方がよいということなので、4月も間近となり、植え替えてみようか思っているところです。
植え替えの適期など、ネットで調べてみましたが、いろいろ出てはいるものの、もう一つはっきり分りません。
まだ、時々霜なども時々ありますので今頃植え替えても良いものかどうか、ちょっと心配しています。
そこで、次のについて教えていただけたら幸いです。

1 植え替えの適期
2 植え替えの方法(深さ、肥料の量や与え方など)
3 その他必要なこと。

などのついてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。
ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。
私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。
やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。
質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。
密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。
30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。
この時肥料はやりません。あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。
この辺はNO1様の回答を参考にしてください。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q菜の花の種をまく時期は?

雪国です。ゴールデンウィークころに、菜の花畑がとても綺麗に咲く地域です。

菜の花の種を、昨年秋に蒔きました。秋にもう芽が出ていました。ネットで調べたら、秋に蒔くと書いてあったのでそうしました。

雪が解けてみたら、あの芽が見あたらないんです。
もしかして春蒔くものだったのかな、と思っています。雪の下になって死んでしまったのかと思っております。

菜の花畑を作っている方でも、見聞きした情報でもかまいませんので、種を蒔く時期を教えてください!
たくさん種を売ってる店を知っていたらその情報もお願い致します。

今年庭に黄色い花を見ることができるかな。。

Aベストアンサー

http://lining.kir.jp/flower/jiten/ITINEN/mustard.html

播きっぱなしでは難しいでしょうね

わたしの勤務先のサイロには菜種が数千トン有ります

油を絞る原料です

来られればいくらでもあげますが...(笑)。

メールを頂ければ無料でお送りしても良いのですが、この掲示板では特定のサイトへの誘導が禁じられています

種は確か、小鳥のエサとしてペットショップに置いてあると思います

その場合は日本産の上質なもののはずです

うちのはほとんどがカナダ産です

花を楽しんだ後はお召し上がり下さい...(笑)。

検索は、

菜種、菜の花、アブラナ、からし菜...。

育て方、播く、栽培...等との組み合わせが良いでしょう。

Qコスモス畑の作り方

休耕している田んぼ(6a)があります。
去年の春に村の世話役さんから「コスモス畑」にしてほしいと種をもらいました。
蒔くだけでいいと簡単に思っていたら、コスモスの芽より雑草の方が多く、草引きがたいへんでした。
今年もまた昨日種をもってきました。
花の種を蒔く前に除草剤を蒔くようなんですが、どういう除草剤をどれくらい蒔くのか、また肥料とか、きれいなコスモス畑にするにはどんな手順・コツがあるのか、お教えください。

Aベストアンサー

>我が家は私一人なんです。
非農地。女性1名の労働力として答えます。
除草剤は非農地用 非選択性除草剤。パラコートとかラウンドアップとかいわれるものを散布(必専用噴霧器)。
https://www0.takii.co.jp/netshop/catalog/pickup/html/00000000048.html

1週間後にもう一度噴霧。こちらは.ハラコートなどと同じに.シマジン
http://www.nichino.co.jp/chemical/regist_info/06602.shtml
のような発芽抑制剤を規定濃度混ぜてください。

3日後.種をまく場所だけとうクワ
http://www.kuwaya.com/

商品紹介
唐鍬

又は.ジョレン
http://www.kuwaya.com/

商品紹介
草削り・ジョレン

で表面1-3cmを耕してください。
前者は固い土の場合にある程度の力で振りおろさない(高い場所から重いものを落とすと自然と深い(といてっても2-3cm)場所まで掘れます)と土が掘れません。後者は柔らかい土の場合です。硬い土を掘ろうとすると腕にちからを入れなければならず疲れます。どちらを選択するかは作業の楽さです。

耕し終わったらば.耕した場所だけシマジンのような発芽抑制剤をまいてください。

1週間後種をまいてください。運がよければ1週間程度で目が出ます。運が悪ければ(シマジンが効きすぎれば)芽が出ません。

発芽後の除草は.「コスモスよりも背が高い草」又は「将来コスモスよりも背が高くなるであろう草」又は「つる草のように付近一帯覆う性質のある草」のみを除草します。
1-3週間に1回30分か1時間で終わるでしょう。

これが.おっつけの手抜きの内容。

1mか2m四方だけは.後で手できれいに草を全部とっておいてください。ここに20本も移植しておいてください。ここを密林にしてコスモスを育てて全体に広がるようにします。

>我が家は私一人なんです。
非農地。女性1名の労働力として答えます。
除草剤は非農地用 非選択性除草剤。パラコートとかラウンドアップとかいわれるものを散布(必専用噴霧器)。
https://www0.takii.co.jp/netshop/catalog/pickup/html/00000000048.html

1週間後にもう一度噴霧。こちらは.ハラコートなどと同じに.シマジン
http://www.nichino.co.jp/chemical/regist_info/06602.shtml
のような発芽抑制剤を規定濃度混ぜてください。

3日後.種をまく場所だけとうクワ
http://www.kuwaya.com/

...続きを読む

Q野菜収穫後の茎や葉は捨てるべき?

 植物から堆肥を作るには乾燥させてから山積みにして切り返しを行うとよく書いていますが、その様な堆肥作りは難しいのが実情です。
 現在サツマイモとタマネギを交互に栽培していますが、いつも悩むのがサツマイモを収穫した後のツルや葉、それから定期的に抜く雑草の取り扱いです。
 化学肥料だけをやり続けても土は硬いままで、何らかの堆肥をやりたいところですが、例えばツルや雑草(この場合種子は覚悟する必要はあるが)をある程度小切りにして畝にパラパラと巻いておけば一応肥料にはなるのでしょうか?
連作障害はないものと仮定して回答頂けないでしょうか。

実際に巻いてみると丸虫が集っているようですし、その結果分解すれば立派に肥料成分は回収出来そうな気がします。
また、これを濡れたまま積み過ぎて嫌気性になると脱窒素反応により硝酸塩も分解されて窒素になってしまうと、あるサイトで解説していましたが、私は少なくとも燐酸や加里、石灰などはそのままその場に残るような気がします。

Aベストアンサー

ご希望により回答します。
 新鮮な残渣を土中に鋤き込むことは、次の作目に向けた効率的な農作業として普及しております。醗酵しておりませんので、当然この残渣は堆肥ではありません。過剰な残渣を鋤き込めば分解に伴うガス発生が懸念されますが、この残渣は少量ですので数週間たてば障害にはなりません。この間、元肥として家畜堆肥、化学肥料を施用したり、耕起、整地など植え付け準備があります。残渣や灰の肥料効果はご期待されているほど大きくはありません。それは家畜堆肥の適正施用量は1反に乾物(含水率0%)で600kg前後、原物で2t前後であり、さらに化学肥料を散布することからもお分かりとお思います。複雑な生態系を持つ土を維持する1つの努力とご理解ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング