痔になりやすい生活習慣とは?

罵蹴(ばしゅう)の意味を教えて下さい。

普段わからない単語をみたらメモに綴っているのですが、
何時見たかわからないこの単語が書いてありました。

辞書を引いたのですが、なかったので
分かる方お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「蹴り倒す」という言葉があるので、「罵倒」を誤まってツイ「罵蹴」と書いたのかも。


でも、意味は通じますよね。「罵語」と書いても「罵言」のことだなぁ~、という具合に。
因みに、団鬼六の小説にはその類の(造語か誤植か校正ミスか不明な)言葉が散見されます。
    • good
    • 0

文字通り、罵る(ののしる)、蹴る。


ののしりけとばす。金持(強者)が貧乏人(弱者)に対する仕打ちといった殺伐とした情景が浮かびます。中国の日常風景を彷彿とさせます。

日本語ではない(日本では使わない)でしょう。
    • good
    • 0

(口で)ののしり、(足で)けることです。



    罵倒(ばとう)のようなものです。理屈で言うと罵蹴が先で、その結果罵倒になると言うお方もいらっしゃるかも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「捕える」と「捉える」

「捕える」と「捉える」の用法の違いはありますか?
手元のにある国語辞典には、「捉える」はありませんでした。(;;)

例えば、
  瞬間の映像を「とらえる」という場合、
「捉える」?「捕える」?「撮らえる」?
どれでも、いいような気もするし。どれも正解ですか?
また、
  イメージを「とらえる」
の場合は?

頭がごちゃごちゃになってしまいました。
お願いします。

Aベストアンサー

これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。

ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。

常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそのまま使え、「捉える」は「とらえる」と書くのが正しいということになるでしょう。

ただ、慣用的に使われている状況というのは、あくまで多くの人が見てどちらが自然な使い方に見えるかどうかということでしかなく、どちらが正しい、どちらが間違っている、というレベルの問題ではないと思います。

ですから私の感覚から言いますと、「この問題の捉え方が重要だ」、「逃げた猫をやっと捕らえた」という使い分けが自然に感じます。No.4の回答もその感覚を基準にしたものです。
しかし、No.5さんの『「映像を捕える」でも正解です。』にも納得できます。というのは、「映像」というものに対して「捕える」が正しいか、「捉える」が正しいか、「とらえる」が正しいかを説明できる理論的なものやオーソライズされたものがないからです。
ただひとつあるとすれば、先ほど申し上げた「常用漢字」に入っているかどうかです。昭和56年(1981年)に定められた常用漢字1945文字のひとつが「捕(ら)える」です。
この基準に従えば、正しいのは「捕(ら)える」と「とらえる」だけです。

しかし、お上は漢字の使用に関して、教科書などを除いて実質的な制限を定めていません。ですから「捉える」という表現も可能であり、例えば文学や歌詞の世界では「女」と書いて「ひと」と読ませたり、「昏い」と書いて「くらい」と読ませたりできるのです。

以上、自説ですが参考にしていただければと思います。

これはきちんと調べた上での話ではないことをお断りした上でお話ししますと、中国で生まれた漢字は無数と言っていいほど膨大な量があり、その中で漢字の字体が違っていても意味が全く同じというものが数多く存在するようです。

ご質問の「捕える」と「捉える」も元々同じ意味だったものを日本が中国から漢字を輸入したあとで、その形が違うところから、使い方やニュアンスも変えて使うようになったと推測します。

常用漢字云々はお上の決めたことですから、それを基準にすれば、「捕える」「捕らえる」はそ...続きを読む

Q蓋然と偶然と必然

蓋然と偶然と必然

蓋然の対義語をネットで調べてみると

蓋然<=>必然

でした

そこでそれぞれの意味を辞書で調べてみると

蓋然・・・ある程度確実であること
必然・・・必ずそうなること

でした

この意味は似ていてどちらかといえば類義語ではありませんか?

蓋然の意味をそのまま逆にすると

ある程度確実でないこと

になります

すると必然とはまったく違った意味ではありませんか?

ですから対義語は偶然であるべきではありませんか?

あるいは、必然も偶然も対義語と考えることができませんか?

Aベストアンサー

答えは既に出ていますが、


蓋然<=>必然
この場合のキーワードは 結果 だと思います。
結果そのものがはっきりしているか、そうでないか。

偶然<=>必然

この場合のキーワードは 理由、あるいは因果関係ではないでしょうか。

結果に理由があるか、ないか。つまり必然が含む2つの字義からこういう結果がでたわけでしょう。

対義語というのは二つの言葉の中に対照的な意味が(ひとつ)あればなりたつようです(二つ以上あれば無関係になるのでしょう)。

ただし

>蓋然・・・ある程度確実であること

これはかなりえーかげんないいかたです。つまり結果がぴたっとは定まらないけれどおおざっぱにいえばその周辺に来るだろう、「大体そういうことになりそうだ」ということですから

蓋然・・・ある程度確実でないこと(ぴたっとは決まらない)
とも言いかえることが可能なのです(これも意味が取りにくいいいかたですが)。これは逆の意味にはなっていませんね。

Q「賜る」と「承る」の違い

辞書を調べても同じような意味のような気がするのですが、「賜る(たまわる)」と「承る(うけたまわる)」の違いって何ですか???

Aベストアンサー

違いを明確にするならば

賜る→「もらう」の謙譲語
承る→「聞く」の謙譲語

と思えばいいと思います。
なので、品物をもらう場合は
「賜る」と言いますが、「承る」とは言いませんね。
でも意見や助言などをもらう(聞く)場合は
どちらも可能ってことです。

Q壁と璧のちがいって?

質問です
壁と璧の違いってなんですか?
使い分けや意味などを教えてください
お願いします

Aベストアンサー

「璧」とは、元々“平らで中央に孔のあいた宝玉”を意味し、完璧は「傷のない玉」、あるいはそれを壊さずに完全な形で手に入れることが本来の意味となります。
ですから、“かんぺき”の漢字は「完璧」であって、「完壁」は誤りです。

一方「壁」は、言うまでもなく「塗り壁」「家の壁」などの平らな壁面をいいます。

Q喪に服す・・・とは?

「喪に服す」とよく聞きますが、喪に服すとは何をすることですか?
または何をしないことですか?
よく聞きますが、まったく知りません。分かりやすく教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「喪」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。』で、その際の「死者を弔う」の儀式を「葬式・葬儀」といいます。
この場合の「服す」というのは、『従う』ことを指します。
ですから、「喪に服す」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むという風習に従うこと』を指します。

実際には、亡くなってから「忌明け」(宗教・宗派によって異なります。一般的な仏教の場合は七七日=49日間とされていることが多いです)までの『服忌期間』と、それ以降で喪に服している期間の『服喪期間』に分かれます。
亡くなってすぐ家の玄関には「忌中」という貼り紙を出しますし、年賀状を出せません-という年賀欠礼状に「喪中につき」などという言葉が遣われているのをご覧になったこともあるかと思います。

いずれにせよ、近親者が亡くなった場合、遺族はいろいろと行動を慎みます。
何をするか-というよりも、こんなことはしない・控える-というカンジです。
こちらのサイトなどにも書かれていますので、ご覧ください。
http://www5.ocn.ne.jp/~nanko/hukumokikan.htm
http://sougi.oriaca.net/2005/05/post_155.html
http://www.if-u.co.jp/memorial/chart0121.html
なお、服喪期間については、諸説様々あります。
3か月、半年、1年、いや血縁の近さによって違う、同居・非同居で違う、家単位で考える、個人で考える…などなど。
「一般的」という言葉がこれほど通用しない世界もないと思います。

現在では、葬儀が終わるまでと法要の際に喪服を着る程度ですが、昔は服喪期間中はずっと喪服を着ていたようです。
喪服から衣装を改めることを「除服(ぶくぬぎ)」といい、源氏物語などにもその記述があります。http://www.xiangs.com/Genji/Fuuzoku/fuuzoku02.shtml

「喪」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。』で、その際の「死者を弔う」の儀式を「葬式・葬儀」といいます。
この場合の「服す」というのは、『従う』ことを指します。
ですから、「喪に服す」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むという風習に従うこと』を指します。

実際には、亡くなってから「忌明け」(宗教・宗派によって異なります。一般的な仏教の場合は七七日=49日間とされてい...続きを読む

Q網羅ってどういう意味でしょうか?

網羅ってどういう意味でしょうか?

よくこの問題集はすべて網羅されている。とかって聞きますがこの場合に使う網羅とかカバーされている、つまりすべてが詰まっているっていう意味ですよね?・・よくわかりませんが。
検索すると網羅的と出てきました。網羅的な理解はできた、と。
どういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

網羅(名詞)は、関係のあるものを残らず集め収めること。

そもそも網羅的という言葉は正しいのでしょうか?
「的」がつくと、付いた言葉を曖昧にします。
網羅の意味を曖昧にしてしまうと、完成的みたいに微妙な感じがします。

Q「腎」の部首について。

漢字検定2級の勉強中に、「腎」を勉強していましたが、
部首は「肉(にく)」でした。

腎は、肉という漢字を使っていないのに部首が「肉(にく)」だなんて
変だなと思ったので、質問しました。


これはまさか「月(にくづき)」のプリントミスなのでしょうか?
(そんな感じはしませんが・・)
もしよかったら、腎の部首が使われてない肉という部首の理由を教えて下さい!

Aベストアンサー

>これはまさか「月(にくづき)」のプリントミスなのでしょうか?

「にく」が正解ですが「にくづき」のことと同じです。

元は月へんと形が異なっていたのが、月へんの月の方が、肉の字を漢字の部首で使う場合の月の形と同じになり、区別するために「にくづき」というようになったものです。

本来の月へんは中の横二本線の両端が縦線にくっつかず、少し隙間があいていました。


人気Q&Aランキング