ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

昨年は落ちて、今回再受験しようと思っています。
独学で宅建試験に挑戦しているのですが、前回は一問目から順番にやっていて時間が足りなくなってしまいました。一応解答欄は埋めましたが、焦ってしまいました。
その時、学校に通っている人は、一問目からではなく何問目からか先の問題からやればいいように言っていたのですが、どういうことなのでしょうか?
試験の裏ワザとかがあるんでしょうか?
お教えいただきたいのです。
もうあと少ししかありませんので焦っています。
昨年も過去問ではクリアー出来ていたのですが、本番では時間が足りなくなってしまいました。
直前での試験対策もお教えいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1番様がおっしゃられておりますように、特に何番目唐と言う物はございません。




資格取得したのが約20年前なので、公表されている平成24年度試験問題を参考にして書きますが・・・
 「権利関係(民法)」全般が得意な方:問1から
 「権利関係(民法)」全般は不得意だけど『相続』は得意な方:3ページ目の問10から
 「権利関係(民法)」に比べれば他の方が早く解ける方:3ページ目の問11から
 「業法」が得意な方:13ページ目の問26から
このように、得意な所からサッサと解き始めていき、不得意な分野の問題を解くための時間を作る事が大切です。

但し、幾ら得意分野からとはいえ、『3ページ目にある問10[相続]を解いたら、13ページ目~22ページの問26~44番[業法]を解いて、再び3ページ目に戻って問11[借地借家法]を解く』みたいにあっち行ったりこっち行ったりしているとページをページをめくり直す時間がもっていないです。仮に3ページ目から始めたとしたら、途中に出てくる不得意分野は飛ばしていき、一旦最後の問題まで進んだ上で、問1に戻るようにしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
昨年は一問目から考えてしまい、焦りました。
今年は宅建業法から始めようと思います。

お礼日時:2013/10/09 00:07

暗記さえしていれば答えが出やすい宅建業法・その他法令等から解いて、考慮時間が必要な権利関係(民法等)は後回しということですね。

民法があまり得意じゃ無い人は特に。

学校のテストや入試でも解きやすい(自分の得意な)問題から解け!は鉄則だったはず。別に裏技でも何でも無いと思います。

焦りはミスを生みますよ。この時期は知識を詰め込もうとするよりも、これだけ勉強したんだ、大丈夫!くらいの前向きな気持ちにテンション上げていく方が大事じゃないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
昨年は民法が不得手でして、時間を取りすぎ余裕がなくなりました。今年は宅建業法から始めようと思います。
今は問題集やってますが、時間がかかるんですよね。(汗)

お礼日時:2013/10/09 00:15

宅建の試験問題は毎年民法を重点にしたり、業法を重点にしたりいろいろ趣向を凝らしています。

一概に言えませんが、若干偏った問題がでる場合が多い。確かにすべてをマスターするには相当の年数が必要になることもあります。また、合格率も50%前後ともいわれています。昨年の試験問題と同じ項目に力を入れていると肩透かしに合うこともありますので、注意が必要です。宅建は宅建業法と民法が重要なことです。1.2回不合格になっても落胆せす、再度チャレンジしてください。私の部下で20回目に合格した者もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
最後の追い込みで問題集を解いているのですが、時間がかかってしまい焦ります。
肩の力を抜いて、頑張ります。

お礼日時:2013/10/09 00:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨盤のゆがみを治すにはどこへ行くべき?

23歳女です。
骨盤の歪みが半端ないです。
数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。
恐らくこれも骨盤のゆがみのせいかと思いますが、上半身はかなり痩せているにも関わらずお尻や太ももが全く痩せません。
またむくみをとってもとってもまたむくみ、リンパマッサージやツボ押しをしたり、毎日筋トレ、スクワットや腹筋、土日にはスポーツを必ずして、水を毎日1リットル飲んではいますが、上半身が恐ろしく痩せていくばかりで下半身は微しか痩せませんのでバランスがとれていません。
また冷え性もひどく生理痛も半端ないのと慢性の便秘です。
この場合、整体に行くべきでしょうか?整骨院、接骨院、ヨガ、整形外科、いろいろありますが、どこへ行けば治りますか?
もちろん日頃の癖は直していくつもりです。
いち早く、確実に治る場所を教えて下さい。
自身の努力は惜しみません。

Aベストアンサー

骨格・骨盤の歪みはレントゲンがなくては絶対に分かりません。骨盤とは外からその半分も触れることが出来ません。整体師やマスコミが色々なことを言っていますが、レントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。あることないこといい、お客さんがお金を落とす動機付けを作っているだけです。


>数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。

まずこの言葉忘れてください。例えレントゲンを撮っていても、骨盤や骨の分野は整形外科です。内科医に正確な判断は出来ません。それどころか付け焼刃の専門外の知識で、時々ありえないことを言う医師も実際に多くいます。とりあえず整形外科医の判断を仰ぎましょう。


骨盤が歪むとは例えば、四角い積み木の上部に割り箸を一本、底面に割り箸を二本挿したものを想像してください。四角い積み木が骨盤、一本の割り箸が背骨、二本の割り箸が脚です。背骨や脚に見立てた割り箸が曲がれば、四角い骨盤は傾きます。正面から見て正方形に見えていたものが、(四つの角が直角な)ひし形に見えたとします。さて、果たしてこれは骨盤が歪んだことになると思いますか?

正方形がひし形になるのは、形が変わったからでなく骨盤が歪んだとは言いません。その上下の骨格の異常で骨盤が歪んで見えているだけです。例えば正方形が平行四辺形に見えたり、三角に見えれば、骨盤が歪んだと言えます。

これは実際でも同じことが言えます。側弯症など背骨に原因がある場合、股関節、膝などに異状がある場合です。整体師やカイロプラクターは、脚の長さの左右差や、骨の表面的な高さ、のみで骨盤歪んでいると判断することが多いです。しかし上記の例のようにこれでは正確な判断とは到底言えません。

私の知り合いにも元整体師が数人いますが「骨盤矯正はセールストーク」と言い切っていました(汗;
彼らは言葉巧みに、根拠のない治療を受けるように言い寄ってきます。中には首への治療のように危険なものも含まれています。これは厚生労働省でも警告しています。医療まがい(根拠が無い)のセールストークには十分お気をつけ下さい。


>整骨院、接骨院、ヨガ、整形外科、いろいろありますが、どこへ行けば治りますか?

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●接骨院・整骨院
柔道整復師という国家資格者ですが、この資格は
 打撲・捻挫・挫傷 以上のいわゆるケガの治療
をするライセンスです。腰痛や肩コリ、膝痛の治
療は出来ないのでご注意ください。また保険が使
えるのも “急性のケガ”のみです。多くの整骨
院は、このシステムを悪用して不正を働いていま
す。その金額は毎年、なんと4000億円です。この
お金は全て、我々が納めた保険料です。

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。ヨガは体操教室です。治療を目的としているところでありませんので、体に何か不調のある方は悪化する可能性があります。実際の臨床の現場でも 「ヨガで・・・」 方が非常に多いです。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

骨格・骨盤の歪みはレントゲンがなくては絶対に分かりません。骨盤とは外からその半分も触れることが出来ません。整体師やマスコミが色々なことを言っていますが、レントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。あることないこといい、お客さんがお金を落とす動機付けを作っているだけです。


>数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。

まずこの言葉忘れてください。例えレントゲンを撮っていても、骨盤や骨の分野...続きを読む


人気Q&Aランキング