はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

質問させてください。

青銅器時代の、ブリテン諸島のビーカー人についてなのですが、
「ビーカー人はケルト人にほぼ間違いはない」とwikiでは
記載されています。

イベリア人の渡来のあとにビーカー人が侵入してイベリア人を征服、
その後、大陸から渡ってきた少数ケルト人に征服されたというのが
私の認識でしたが、「ビーカー人はケルト人」という記事を読んで
混乱しています。

現代におけるビーカー人のおおよその定義はどうのようになっている
のかをご存知の方がいらっしゃれば、何卒ご教授ください。

どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

門外漢ですが。

(回答がつかないので・・)

ビーカー人=インド・ヨーロッパ語族=ケルト人、だろうという事のようですね。三段論法みたいですが。
ビーカー人はビーカー文化の担い手を指し、人種を指すものではないようです。箸文化圏人みたいな感じでしょうか?

ビーカー人はイベリア人を征服したのではなく、非定住生活(=放浪)をしながらイベリア人と徐々に同化していったようですね。放浪民なので物流やら軍事やらを担っていたのではないかとか。

有名なストーンヘンジなどを作ったのはイベリア人時代からこのイベリア・ビーカー人時代だったようです。で、その後にやってきたケルト人に征服された、という流れのようですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わざわざ見つけてくださり、ご回答いただきありがとうございました!

「ビーカー文化の担い手」という解釈をすると、なるほど納得な気が
致します!

もっと広い視点でものごとを見てみようと思いました。

ありがとうございました!!!

お礼日時:2013/11/15 09:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲルマン民族の大移動となったフン族はなぜ・・

歴史の勉強していくと何故?何故?と疑問がわいてきます。またそれを知った時
すっきりします。ゲルマン民族が移動することによって、ヨーロッパに変化が起きましたが、ではそのフン族がいきなり西方へ移動してきたのは何故でしょうか?
いろいろ調べてみましたが・・ゲルマン民族大移動の原因で出てくる程度、しかも
それまでおとなしくしていたのに、いきなり移動したようなニュアンスです・・
どなたか、ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

フン族についてはアジア系遊牧騎馬民族という位の情報しか正確なものが乏しい民族です。

「きょう奴」が分裂して一部が西進し中央アジアキルギス高原に達して定着した部族の子孫という説があり彼らは多数の家畜を抱え遊牧し、乗馬に巧みで当然騎射に長けていました。
農耕を知らなかったので自然に生える草を家畜の餌にし殆ど生の獣肉などを食べていたといいます。
従って草がなくなれば当然移動して新しい草原を探さねばなりません。
東方は彼らが既に同様な生活習慣で暮らしてきたので草はないことを知っていますから西進するしかなかったのです。  こうしてヴォルガ川にたっし、さらに西進しました。  これには気候の変化説、疫病説など諸説もありますが正確なところは不明です。  この時代の移動速度は緩やかなものでした。

そこには既に東ゴート族が居住していましたから彼らを略奪、抵抗する者を殺しました。
この情報はすぐに東、西ゴート族に伝わり、かれらフン族の残酷さ、騎馬戦術の脅威が過大に誇張されて伝わったため、パニックが起こりゴート族の西方への大移動が起こって次々とゲルマン民族などの大移動が伝播したのです。  この頃は草原の確保より略奪が目的に変化していてフン族の移動は迅速で警報が間に合わない事もよく起こりました。

アッチラというフン族の王が出現し部族をまとめてから、その攻撃力はすさまじいものとなり現在のフランス、イタリアまで侵略された位です。

フン族についてはアジア系遊牧騎馬民族という位の情報しか正確なものが乏しい民族です。

「きょう奴」が分裂して一部が西進し中央アジアキルギス高原に達して定着した部族の子孫という説があり彼らは多数の家畜を抱え遊牧し、乗馬に巧みで当然騎射に長けていました。
農耕を知らなかったので自然に生える草を家畜の餌にし殆ど生の獣肉などを食べていたといいます。
従って草がなくなれば当然移動して新しい草原を探さねばなりません。
東方は彼らが既に同様な生活習慣で暮らしてきたので草はないことを知っ...続きを読む


人気Q&Aランキング