新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

100000円の電化製品を2回払のクレジットカードで買った場合の仕訳を教えて下さい。

100000円の内訳は
95000円 電化製品本体、5000円 リサイクルの引取費用です。

クレジットの分割手数料はかかっていません。

この場合、1ヶ月に5万円づつ引き落としされますが、この5万円の内訳は

42500円 本体一部
2500円 リサイクル費一部

みたいな感じで仕訳ればいいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

電化製品自体の価格が95,000円なら、即時費用化して構わない。

次のような仕訳がいいだろう(科目は一例)。

購入時
消耗品費 95,000 / 未払金 100,000
支払手数料 5,000

1回目の引落し
未払金50,000 / 預金 50,000

2回目の引落し
未払金50,000 / 預金 50,000


なお、電化製品のリサイクル料は処分時に発生し購入時には発生しないため、リサイクル預託金勘定の発生する余地はない。
    • good
    • 0

No.3です。



失礼、勘違いでした。
    • good
    • 0

No.2です。



>リサイクル費用は、新規で購入した電化製品分ではなく
旧製品の引取に必要なもののため、前払の処理ではないのですが
その場合どうすればいいでしょうか?

それならば、

1.電化製品をクレジットカードで購入した日
〔借方〕器具・備品   95,000/〔貸方〕未払金 100,000
〔借方〕雑費       5,000/

です。
    • good
    • 1

>リサイクル費用は、新規で購入した電化製品分ではなく


>旧製品の引取に必要なもののため、前払の処理ではないのですが
>その場合どうすればいいでしょうか?

1も2も、前払いの処理なんてしてませんが???
    • good
    • 0

正しい仕訳は次の通りです。



1.電化製品をクレジットカードで購入した日
〔借方〕器具・備品   95,000/〔貸方〕未払金 100,000
〔借方〕リサイクル預託金 5,000/

2.カード代金の半分が口座から引き落とされた日
〔借方〕未払金 50,000/貸方〕普通預金 50,000

3.カード代金の半分が口座から引き落とされた日
〔借方〕未払金 50,000/貸方〕普通預金 50,000

以上、税込会計方式
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速教えていただいてありがとうございます。

リサイクル費用は、新規で購入した電化製品分ではなく
旧製品の引取に必要なもののため、前払の処理ではないのですが
その場合どうすればいいでしょうか?

お礼日時:2013/11/06 11:12

それでは簿記の意味を為しません。




購入時

借方                   貸方
備品             95,000 未払金 100,000
前払金(リサイクル費用) 5,0000

一回目引き落とし時
未払金            50,000 銀行預金 50,000

二回目引き落とし時
未払金            50,000 銀行預金 50,000

勘定科目は一例ですがこのようにするのが一般的
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速教えていただいてありがとうございます。

リサイクル費用は、新規で購入した電化製品分ではなく
旧製品の引取に必要なもののため、前払の処理ではないのですが
その場合どうすればいいでしょうか?

お礼日時:2013/11/06 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクレジットカードで分割払いしたときの仕訳

ミュージシャンをしていまして、CDをよく買います。
参考資料なので経費で落としているのですが、個人兼用のクレジットカードで分割払いで購入することが多いのです。
1.この場合、どのような仕訳にしたらいいのでしょう?
2.また、分割なので年をまたがって支払っていくことになるのですがそういう場合の対処もお願いします。

Aベストアンサー

まず、購入した日付で
経費 XXXX/未払金 XXXX
で計上します。
(経費科目が何かはわからないので、経費としています。
適切な勘定科目をいれれば問題ないです。)

支払(引落し)日に
未払金 XXXX/現預金 XXXX
で計上します。

最終支払が終わったら、未払金が0になるはずです。

分割払いで手数料がかかる場合は、経費として支払い手数料を計上すれば問題ないでしょう。

年をまたがったとしても、経費はその年に計上されますから、翌期にその経費が計上されず、未払金が繰越されるだけです。

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Qポイントカードの仕訳け処理について

ポイントカードの仕訳けについてお伺いします。
現在、個人で美容室を経営し、お客様にはポイントカードを発行しています。貯まったポイントはポイントに応じた商品と交換しています。例えばポイントを販売価格¥1050(税込)の商品と交換した場合の仕訳けはどのようになるのでしょうか?この商品の仕入れ価格は¥735(税込)です。
いろいろ調べていると販売促進費になるらしいのですがこの場合販売価格でしょうか?仕入れ値でしょうか?消費税はどうなるのでしょうか?当方、税込み経理でおこなっています。

Aベストアンサー

#2です。

>売上割戻・売上値引・販売促進費といろいろな意見がありますがどれでもとくに
問題ないということなのでしょうか・・・。

会計理論上は売上割戻が正解であり、売上値引も販売促進費も誤りです。

売上割戻:買い手(顧客)が商品を一定以上の金額、または数量を購入した場合に売り手が買い手に付与するインセンティブ。

しかし税法上は、売上割戻・売上値引・販売促進費のどれもが損金ですから、販売促進費で経理処理したとしても税務当局から問題視されることはないでしょう。

Q申告済で年度をまたがるクレジットカードの仕訳は?

初めて利用させて頂きます。

個人事業で小さなショップではございますが、青色申告をしております。
H22分の申告はすでに終わっているのですが、
H23分の帳簿を記帳しようとしたところ、仕訳でつまづいてしまいましたので、
ご質問させて頂きました。

事業用のクレジットカードとして、個人名義ではございますが、
カードを用意いたしました。
そのカードで、経費を購入した分なのですが、たとえば

2010/11/22 ¥5000
2010/11/30 ¥6000
2010/12/01 ¥7000

 合計1,8000円が2011/01/10に事業用の口座から引き落とされておりました。

2010/12/05 ¥8000
2010/12/10 ¥9000 の合計1,7000円は2011/02/10に引き落とされておりました。


本来なら、未払金として処理しておけばよかったのかと気づきましたが、
H22分で未払金をたてておりませんでした。
その場合、2011/01/01に

経費/未払金 として合計金額を記載しても大丈夫でしょうか?
訂正などの手続きをしなければなりませんでしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、
ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスを頂けましたら幸いです。

失礼いたします。

初めて利用させて頂きます。

個人事業で小さなショップではございますが、青色申告をしております。
H22分の申告はすでに終わっているのですが、
H23分の帳簿を記帳しようとしたところ、仕訳でつまづいてしまいましたので、
ご質問させて頂きました。

事業用のクレジットカードとして、個人名義ではございますが、
カードを用意いたしました。
そのカードで、経費を購入した分なのですが、たとえば

2010/11/22 ¥5000
2010/11/30 ¥6000
2010/12/01 ¥7000

 合計1,8000円が2011/01/10に事業用の口座から引...続きを読む

Aベストアンサー

経費/未払金
この仕訳は22年にたてておくべき仕訳です。
23年になって、口座から引落されたときに

未払い金/普通預金
です。

今回のケースですと、22年の経費が実際よりも少なく計上されてるわけです。
少なく計上してしまった分が23年に支出されてるので、さぁ、どうしようかということになります。

確定申告書提出期限は3月15日でしたので、その時点で解消されててもよい問題なんですけどね。
精密にいうと、22年分の決算を直して、更正の請求をします。
貸借対照表上の未払い金が増、損益計算書上の経費の増です。

金額的に多額だというものではありませんので、今年になってから事業用口座から引き落としされた額を「事業主貸」にしてしまう手があります。
事業主貸 / 預金
です。

事業主がカードで買ったもので、事業用の経費になるべきものだけど、未払い金計上もしてないし、経費計上もしてないので、たいした金額ではないので、自腹で買ったことにする。
という処理です。

経費にならないものを経費にするというなら「あかん」ですが「本当なら経費にできたのになぁ」と自腹にするのが別にあかんことではありません。
面倒ならこういう方法jもあるというだけです。学校の先生に聞くと「違う」と云われるかもしれません。

経費/未払金
この仕訳は22年にたてておくべき仕訳です。
23年になって、口座から引落されたときに

未払い金/普通預金
です。

今回のケースですと、22年の経費が実際よりも少なく計上されてるわけです。
少なく計上してしまった分が23年に支出されてるので、さぁ、どうしようかということになります。

確定申告書提出期限は3月15日でしたので、その時点で解消されててもよい問題なんですけどね。
精密にいうと、22年分の決算を直して、更正の請求をします。
貸借対照表上の未払い金が増、損益計算...続きを読む

Q売掛金に含まれる立替金の仕訳を教えてください。

経理を自力でやっている、素人経営者です。
外注業務として行った作業について、発注先より売掛金として振込み入金されるのですが、その中に個人的に立て替えた文房具代や交通費が一緒に振り込まれてしまいます。
すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため、できれば別に仕訳をしたいと考えています。
現在使っている経理ソフトでは「諸口」のような入力方法ができないため、困っています。
請求時には売掛金として、「売上」、「交通費」「立替金」の3つに分けて仕訳を行っているのですが、入金時に普通預金に一括して振り込まれた後の仕訳方法がわかりません。
そのままでは当然ながら、「交通費」と「立替金」がマイナスになったままとなってしまいます。
また、立て替えた交通費と文房具代は、後日個人として会社へ請求して支払いを受けることになるので、個人の立替金を一旦会社へ預ける形になり、会計上問題がないか不安です。
素人にもわかりやすいアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

交通費は、会社が中抜きとか増額とかせえへんと、受け取った金額をそっくり渡すのやろ?ほいだら、仕訳に交通費そのものが出てこなくて一向に構へんのよ。

税務署に対しては、そのとおりで、請求書とか見せろ言われたら出せばええ。

請求については、別個にせんでもええよ。一括で請求して構へん。内訳書とか内訳欄とかで内訳が分かれば十分よ。

既に仕訳で分かりやすいんが出とるもの、そちらの回答さんも参考にしてな。「預り金」か「未払金」かは、きっちり言うと契約内容とか関わってくるけどこだわる必要ないもの、どっちゃでもええ。あなた自身で分かりやすいほうを選んでええよ。

Q社会保険料の決算仕訳

経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,000
               / 当座預金         \1,300,000

と仕訳して、末日に

預り金(健康保険)   \50,000
法定福利費       \50,000
預り金(厚生年金)   \150,000
法定福利費       \150,000
法定福利費(児童手当) \5,000
                     / 当座預金  \405,000

と仕訳しています。

決算を向かうに当たって未払処理をしたいのですが、どう仕訳したら良いのか教えていただきたいです。

法定福利費 / 未払金

で良いのでしょうか?
また、上記の決算仕訳をしたときに、次期はどのように仕訳したら良いのかも教えてください。



宜しくお願いします。

経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,0...続きを読む

Aベストアンサー

社会保険料は「翌月徴収」で、決算月もお示しの数字と同額という前提です。

1.決算時の未払金計上の仕訳
法定福利費(健康保険) \50,000
法定福利費(厚生年金) \150,000
法定福利費(児童手当)  \5,000
                    / 未払金  \205,000
2.翌期初月納付時の仕訳
預り金(健康保険)  \50,000
未払金         \50,000
預り金(厚生年金)  \150,000
未払金         \150,000
未払金(児童手当)   \5,000
                    / 当座預金  \405,000

以上のとおりです。

Qクレジット分割による備品購入の処理

期の途中でエアコンを購入し10回のショッピングローンとしました。
こんな額で分割にするのかという突っ込みはなしとして…
エアコン代金 63,000 分割手数料 6,025
100円未満の端数は初回払い。
初回…6,925
2回目以降…6,900
仕訳を考えると…
購入時
建物付属備品 63,000
未払手数料 6,025 / 未払金 69,025

初回支払
未払金 6,925 / 普通預金 6,925
支払手数料 625 / 未払手数料 625

2回目以降
未払金 6,900 / 普通預金 6,900
支払手数料 600 / 未払手数料 600

このような仕訳で良いのでしょうか?
また、手数料と利息、どちらの勘定を用いるのが妥当でしょうか?

Aベストアンサー

利用明細に「分割手数料」とでも書いてあれば「支払手数料」一本でいいでしょうけど、ご自分で計算して区別できるのであれば「利息」と「手数料」に分けてもかまいません。

科目としての「消耗品」は厳密には資産の科目ですから、取得価額10万円未満のため全額その期の必要経費にするのであれば、「消耗品費」「消耗備品費」など、’費’をつけるのが望ましいです。

Q配送料、代引き手数料について

通販で消耗品を購入した時、勘定科目は何になりますか?運送費でいいのか、消耗品費に含めていいのでしょうか?今まで消耗品費に含めて処理していましたが、ふと疑問に思いました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、購入代金に含めて「消耗品」で処理をします。

特に、固定資産を購入して固定資産に計上する場合は、引取運賃も含めて固定資産に計上し、減価償却をすることとなり、引取運賃だけを経費処理することは出来ません。

Q事業主借・貸の仕分けをおしえてください。

個人事業です。
事業主が、事業用の消耗品代金5千円を立て替えました。

○月●日
消耗品費5000円/事業主借5000円  摘要:事業主立替


その後、その立替分を事業用のお金から事業主へ現金で返した

×月△日
事業主借5000円/現金5000円   適用:○月●日事業主立替分

相殺されるようにしたいのですが、これであっているでしょうか?摘要の書き方もアドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

No.1さんの方法でも大丈夫ですが、
〇月〇日 事業主貸○○円/現金○○円
と仕分けをしてしまうと、事業主借、貸勘定が決算の時点で残ってしまうことになるので、決算整理において、
〇月〇日 事業主借○○円/事業主貸○○円
として相殺しないといけません。

事業主借勘定とは、事業上の経費を家庭用の現金で支払った場合や、事業上の現金を家庭用の現金で補充した場合など、年初の元入金の増加があった場合、その増加分を表す勘定です。

事業主貸勘定とは、家事上の経費を事業用の現金で支払った場合や、商品を家庭用として使ってしまった場合など、年初元入金の減少があった場合、その減少分を表す勘定です。

事業主借勘定が借方にくるのは、その勘定を消すために行われます。

原則は上記の定義ですので、質問者様の仕分けでいいと思います。
事業上のお金と家庭用のお金は分ける必要がありますからね。
〇月〇日 消耗品費○○円/事業主借○○円
で、収入(もうけ)が出れば、
〇月〇日 事業主借○○円/現金預金○○円
でいいと思いますよ。

摘要は内容がわかれば何でもいいんですよ。
なので「家事費より立て替え」なんかでもOKだと思います。

経理ってややこしいですよね。
私も勉強しながらやってます。(義母が税理士なのでしょっちゅう聞いてやってます。笑)
お互いに頑張りましょう!

こんにちは。

No.1さんの方法でも大丈夫ですが、
〇月〇日 事業主貸○○円/現金○○円
と仕分けをしてしまうと、事業主借、貸勘定が決算の時点で残ってしまうことになるので、決算整理において、
〇月〇日 事業主借○○円/事業主貸○○円
として相殺しないといけません。

事業主借勘定とは、事業上の経費を家庭用の現金で支払った場合や、事業上の現金を家庭用の現金で補充した場合など、年初の元入金の増加があった場合、その増加分を表す勘定です。

事業主貸勘定とは、家事上の経費を事業用の現金で支払...続きを読む


人気Q&Aランキング