里崎智也さんからビデオメッセージがもらえる

中古の戸建住宅の購入を検討しているのですが、条件として「抵当権者の抵当権抹消承諾必要」とある場合、抵当権抹消承諾をしてもらうのは大変ですか?

また、その処理を、自分でやるのではなく、他の人に依頼して、やっていただける職業の人はいますか?
また、それを依頼した場合、どれくらいの費用がかかりますか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「抵当権(担保)登記抹消」は言わずもがなの引き渡し条件です。

競売にでもかかっていなければ敢えて条件とする必要もありません。これは買い主からの提示条件で義務者は売り主ですから、こちらが心配することはありません。全ては間に入った仲介業者が手配します(司法書士も)。
抹消に関する費用は売り主負担になりますから、これもご心配ご無用。
予定通り抹消できなかったら(必要書類が揃わなかったら) 決済が流れるだけですが、それで損害賠償を求めることは無理です。その物件には縁が無かったと諦めてください。
    • good
    • 2

債務整理などの物件で売却可能額より債務額の方が大きく、物件が気に入って購入の申し込みをしても、その後に担保権者に具体的な返済金額や時期等提示して、承諾を取らなければならない物件なので、必ずしも購入できるとは限らない物件ということです。



尚、抹消関係の交渉や手続きは、売主と仲介業者が行いますので、買主の負担や手間はありません。
この抹消承諾ですが、担保権者が事前に承諾していても(書類などは出ません)、契約後に否決されることが稀にあり、売買契約には担保権抹消を条件とする停止条件が付帯することが多いです。ローンを利用する買主がローン条項を適用するように、万一担保権が抹消できないときは、白紙解除となる(手付金は返還されます)条文です。

物件が気に入っており、契約したいならば「万一この件で契約解除の際はペナルティーを支払ったり、受領したりは出来ないこと、必ず100%購入できないかもしれない」の2点さえ納得されるならば、特段負担はありません。

債務超過の物件の場合、手付金等は仲介業者の方で何らかの保全を取るはずですから、売主が使ってしまう危険もありません、ここは業者に確認してください。
上記についても業者に良く聞いて確認しましょう。
    • good
    • 1

抵当権は借入金全額を返済すれば抵当権の抹消はできます。


銀行の場合は借入金全額を返済すれば抵当権放棄証書、原因証書(金銭消費貸借契約書等)銀行の資格証明書が交付されますが、抵当権の抹消手続きは売主が処理しなければならない。購入者の費用負担はありません。売主は自分で法務局に抹消申請手続きをするか、司法書士に依頼することになります。
    • good
    • 2

金融機関に抵当権を抹消してもらおうとすると多額のお金が必要なのですよ。

そのお金を出すと安く買ったことにはなりません。
そんな物件を市場に出すことが問題です。任意売却としてプロの間で売買するのですが、それでタメなら競売です。
競売や任意売却の代行をする者がおります。しかし責任を負ってくれるわけではありません。
    • good
    • 2

基本的に No.1 の解答者さまがおっしゃるとおりです。

ただし「抵当権者の抵当権抹消承諾必要」という条件がある、というのが気になります。これは買い手(質問者さま)が売り手に要求した条件なのですか、それとも売り手がそのような条件をつけているのですか? 後者であれば何となく変な気がします。抵当権の付いている売り物件はたくさんありますが、それは売買時に抹消されるように手続きされることが常識なので、売り手側があえて「抵当権者の抵当権抹消承諾が必要」という条件を強調することはないと思います。
    • good
    • 0

抵当権抹消してもらうには



当然ですけど、借入者が借入額を返済する必要があります。



売主さんが、まだローンが残っている物件を
売りに出している

売却額でローン残額を完済の予定


ということならば、

それは売主さんが抵当権者(借入している金融機関)に
事前に話をして、決済日に入金を確認後に
抹消書類を発行してもらうように依頼をしておく
ことになります。

基本的にその辺の段取りは
仲介者・司法書士・売主でやることなので

購入者は特にやることはないはずですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q債権者の抹消同意が必要な物件の購入を考えています。

中古マンションの購入を考えておりまして、
その物件が「債権者の抹消同意が必要」とのことです。
とういう意味かぜんぜんわかりません。
不動産屋いわく、競売になる一歩手前だそうで問題ないと・・・
債権者が住宅金融公庫だそうです。
本当に問題がないのか心配です。
いざ引渡しになったとき居住者が出て行かない等ないのでしょうか?
不動産に関してはド素人なのでぜひアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

通常は 抹消同意が必要ということで販売してれば
公庫との合意はすでにできていると思います
ただし 売出しの金額からの値引きは厳しい可能性があります
居住者が出て行かなければ 代金を決済しなければいいだけです
公庫が債権者なら 債権を残しての売買にもなりません
そもそも そんな条件で住宅ローンは組めませんから

気を付けなければいけないのは
任売物件の場合 ほとんどが「瑕疵担保免責」になっていることです
瑕疵 つまり見えない部分の不具合については
一切責任を負わないということです
逆に言うと 破産一歩手前で住居を出て行くのですから
もし 不具合があっても直せるお金などないので
そのような条件になる事がほとんどです

不安な事は よーく担当営業マンに聞いてみましょう

Q建ぺい率、容積率オーバー物件を購入後に困ることは?

気になる物件が奇妙に格安なのですが「本物件は現況、建ぺい率、容積率を
超過しています」とありました。格安の理由はこれでしょうか?

建ぺい率、容積率を超過している=違法である、程度の認識はあるのですが、
一体どれくらいの不利益、罰則等があるのか調べてみると、過去ログに

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3299878.html
「建ぺい率がオーバーしている中古物件を購入する際には住宅ローンが組めず、
現金一括でしか購入できない。」

とありました。一般に困ることってそれだけでしょうか?
居住を始めて、「違法=肩身が狭い」「違法=売りにくい」は覚悟するとして、
それら以外に、税金面などにペナルティはあるのでしょうか?

そもそも、違法な建築を建てることを業者はよく認めたものだと
思いますけどね(建築後に法律が変わったかもしれませんけど)

Aベストアンサー

こういったケースは自治体によって判断がマチマチなのが実情なのですが、現状引渡しが中古物件での主流となっています。そういった事情から重要事項に該当するので建蔽・容積オーバーと業者は謳っていると思われます。こういった物件の場合での借り入れ判断は金融機関によりますので一概にローンが組めないと言う事はありません(返済負担率等の諸事情で蹴られる事の方が遥かに多いと思われます)。よって問題点としては余程常識外の増築でない限り低層住宅に行政代執行までして強制撤去というペナルティを課す行政機関は聞いた事もないので通常住む分には問題は特にはありませんが、入居後に何らかの増改築等で確認申請が必要になった場合には申請が通らなくなる可能性が極めて高い(自治体が違法物件と認識していた場合)ので注意が必要です。ただ質問者様が該当物件を購入するに当たって注意すべき点は(1)抵当解除されているか否か(2)欠陥住宅でないかのみですね。中古住宅(特に不動産競売で取引される物件)では民民売買でも不良物件が多いので注意が必要ですので売主が販売するにいたった背景を調べる事ができるなら知っておいた方が良いと思われます。因みに確認申請を受けずに住む方法(工事を床・壁で2期に分け、施工業者も分ける等)で増築をしたような事であれば施工に関しての心配は無用だと思われます。こういった事情を受注側が持っていれば施工に関してのトラブルは極力避ける(特殊な顧客である可能性が高い)ので施工自体の問題はないと思われます。

こういったケースは自治体によって判断がマチマチなのが実情なのですが、現状引渡しが中古物件での主流となっています。そういった事情から重要事項に該当するので建蔽・容積オーバーと業者は謳っていると思われます。こういった物件の場合での借り入れ判断は金融機関によりますので一概にローンが組めないと言う事はありません(返済負担率等の諸事情で蹴られる事の方が遥かに多いと思われます)。よって問題点としては余程常識外の増築でない限り低層住宅に行政代執行までして強制撤去というペナルティを課す行...続きを読む

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む

Q任意売却物件の購入で仲介業者がキレちゃいました

任意売却物件を購入したいと思い、先日からいくつか質問をさせていただいております。色々と不安がありましたが、こちらでアドバイスを頂きながら解消していき、明日契約の運びとなりました。

が、土壇場の今日になって仲介業者の担当者がキレちゃいました。

発端は、契約書の白紙解約の条件に「契約時に設定されている抵当権や差押以外に新たな差押等登記され、債権者の同意が得られない場合は白紙解約」との条文を盛り込んで欲しいとを頼んだことと、契約前に残置物を確認して「引渡し時までに売主の負担で残置物を撤去すること」という確約(覚書なり契約書にもりこむなり)をして欲しいことを伝えたことです。

仲介業者の言い分は「そんな面倒なこと(契約書を書き直し)をしなくても普通に解約できる。」「荷物はどかすでしょう普通。」「引越しだって始まってないのにこのタイミングでそこまではっきりさせなくても・・・。」「そんなに心配なら契約しなければいいじゃないか。」と、契約書を書き直す気も残置物について話をつめる気もさらさらない様子でした。

あちらのペースで喧嘩別れみたいになるのは大人気ないと思ったのでその場はおさめましたが、明日の契約の細かな打ち合わせについて質問しても「(買うのを)やめたらどうですか。」「(買うのを)やめれば心配しなくてすみますよ。」と、話にならない感じです。

なんとか説得して、当初の予定通り明日の夜に売主と会って契約する時間帯を調整すること(前日になっても調整できていなかったことに飽きれますが)はしてくれることになりましたが、その他のことに関しては仲介業者が完全放棄の体制に入ったので売主に直接聞いて交渉するしかないようです。何を聞いても二言目には「(買うのを)やめればすむのに。」状態です。

仲介業者ってこんなものなのでしょうか?白黒はっきりしないまま素直に判子を押して素直に契約していたら、仲介業者のおじさんもニコニコだったのでしょうけど、家だなんて大きな買い物でそれはできないです。ここで確認しないで判子を押したら「登記のときにごたついて、ゴミもたくさん押し付けられて、解約を申し出たら違約金を払わされた。」なんてことになりそうで、なんとしてでもそれは避けたい。

いくらなれない取引で知らない要求をされたからってキレちゃうって・・・。やっぱりうやむやにしたまま契約させたい事情でもあるのだろうか。

もうこの家の購入は無理っぽいですかね。気にいった家が買えなくなることもそうですが、早く家を決めて引っ越さなければいけない事情もあり、使えない仲介業者に振り回されて浪費したここ半月の時間が痛いです。

任意売却物件を購入したいと思い、先日からいくつか質問をさせていただいております。色々と不安がありましたが、こちらでアドバイスを頂きながら解消していき、明日契約の運びとなりました。

が、土壇場の今日になって仲介業者の担当者がキレちゃいました。

発端は、契約書の白紙解約の条件に「契約時に設定されている抵当権や差押以外に新たな差押等登記され、債権者の同意が得られない場合は白紙解約」との条文を盛り込んで欲しいとを頼んだことと、契約前に残置物を確認して「引渡し時までに売主の負担で残...続きを読む

Aベストアンサー

仲介業者がキレルのは、コメントしかねますが・・・
現在差押えなど入っていない状態で、担保権の解除などに関する白紙解除の条項を買い主が希望するのは的を得ていません。本来その条文は窮している売主が不測の事態での違約扱いを避けるために付帯する条文であり、その判断は仲介業者がするものです。
仲介業者は、残金で担保権抹消に問題ないと判断しているのですから、任せるべきであり、万一抹消出来なければ、売主は違約扱いでペナルティーを課せられます。そうならない様に業者も段取り確認済みのはずですから、そこは信用しましょう。
また白紙解除というのは、契約が無かったことと言うことで、仲介業者の手数料請求権もなくなります。
買い主のただの不安で、自己の手数料を0にする条文を加えろというのは、無理があります。そうしなければ危ない場合のみ、業者の判断で付加する類いの条文です。
まあ全く信用されていないと感じてへそを曲げたのっしょう。

また物件の引き渡しは、何も残さない状態が当たり前ですから、残す場合に文言は付加しますが、それ以外は一般的な契約書に書かれている内容で十分です。
はっきり言って、売主は登記上の所有者で、自己居住、差押えなどもないなら、債務整理物件とは呼びません。
瑕疵担保の負担がないぐらいで、普通の取引と変わりありませんよ。最初に業者が間違って、債権者が売主とか債務整理とか言ったので、質問者さんもそう思ってしまっただけです。当方などもそう思ってレスしてしまいましたが

担当者に決済前には、明け渡しの状況を確認して欲しいとお願いすれば良いことです。

担当者もベテランなのでしょうから信用して、任せましょう。その方が良い取引が出来るはずです。
電話して、不安で色々言ってしまいましたが、失礼しました。○○さんが頼りなので決済まで色々助けてください、よろしくお願いいたします、ぐらいへりくだって(内心は嫌でも)頼った方が良い結果と満足感が得られるでしょう。
欲しい物件を問題なく買えることが目的なのです。
他は目をつぶりましょう。

仲介業者がキレルのは、コメントしかねますが・・・
現在差押えなど入っていない状態で、担保権の解除などに関する白紙解除の条項を買い主が希望するのは的を得ていません。本来その条文は窮している売主が不測の事態での違約扱いを避けるために付帯する条文であり、その判断は仲介業者がするものです。
仲介業者は、残金で担保権抹消に問題ないと判断しているのですから、任せるべきであり、万一抹消出来なければ、売主は違約扱いでペナルティーを課せられます。そうならない様に業者も段取り確認済みのはずで...続きを読む

Q住宅ローンの金消契約について教えてください。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信用情報に照会すると履歴が残ると思うんですが、
銀行は仮審査・本審査と信用情報に照会を
入れているんですよね?
その上、また金消契約の際も照会するのでしょうか?

それと、順番がよくわからないのですが
金消契約の際は新住所の住民票や印鑑証明が
必要とありました。
中古住宅の購入なので、今売主が住んでいます。
ちょうど引渡しの前日あたりに引っ越していく
予定らしいのですが、金消契約日(つまり融資実行)
を引渡しの5日ほど前にしたいと売主から連絡が
ありました。どの段階で住民票を写すことに
なるのでしょう?

あと、この金消契約で融資実行となり、
その後はもう銀行に行くことはないですか?
銀行に直接聞けばよいのですが
不動産やさんに任せてるのであまり聞けず・・・。

最後に金消契約の段階で融資不可、となることは
ありますか?それはどんな場合ですか?

色々書いてすみませんが
宜しくお願いいたします。

中古の一戸建て住宅を購入し、
先日銀行から住宅ローンの
借入内定通知書がきました。

そして、金銭消費貸借契約のために
夫婦で(収入合算で購入したので)銀行に
きてくれといわれました。

この金消契約について教えてください。

過去の質問を閲覧させていただいたのですが、
この金消契約までは資金状況に変化を
させないほうがよいとありました。
(つまりカード使用しないほうがいいと)
もちろん借金するつもりはないのですが、
この金消契約の際も個人信用情報に照会するのですか?
信...続きを読む

Aベストアンサー

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の出る、ありがたい客」になるので、堂々とした態度で臨みましょう!
※借金しているといって「卑屈」になってはいけません。

金消契約時に新住所の住民票を用意できればベストですが、売主の退去の都合等、社会通念上合理的事由がありそれを銀行に説明し納得していれば、事前の移動は必要はありません。入居後速やかに住所変更すれば良いのです。
※銀行側としては、後での住所変更(通常の住所変更とは異なり、融資取引の住所変更は手順が多い)はメンドーかつリスク(債務者が速やかに住所変更をしてくれない等)が伴うため、金消契約時に新住所になっている方がありがたい。

取引日当日の動きとしては、一般的に買主側の取引銀行(住宅ローンを利用する銀行)で行います。双方の必要書類を確認し、
1.住宅ローンの実行・買主口座への入金
2.買主口座から決済相当額を出金し、売主へ支払い
3.売主が入金確認後、登記手続
となります。これが「取引」です(決済ともいいます)。
買主と売主の取引銀行が異なると、代金決済後の入金確認に時間がかかることも考えられますので、決済は朝一番からはじめた方が良いと思います。

この段階で物件は買主のモノになりますが、実際はその後(一週間程度、この期間については双方合意の上、売買契約書に記載します)売主が退去することになり、不動産屋を通じて「鍵」を受け取ります。これが「引渡し」です。

引渡し後、買主は中古物件の「リフォーム」等をし、速やかに引越しします。同時に役場へ出向き住民票の移動を行います。そして速やかに銀行へ住所変更の届けをします。

リフォームの有無、市外からの転入、売主の転居都合等により、全体のスケジュールは異なりますが、概ね上記のとおりになります。例外のケースもあるので、銀行・不動産屋とよく相談・確認をしてください。

通常、金銭消費貸借契約は取引日の前に銀行にて実施します。不動産屋・デベロッパー等が案内したり同席するケースもありますが、契約の主体は借主と銀行なので、不動産屋の参加は必須ではありません。むしろ守秘義務の観点からみるとジャマな存在となります。1時間程度で済むものです。この段階で審査をするということはありません。但し一般的な考えとして挙動不審であるとかは見ると思いますが、あくまで一般的な範疇であり普通にしていれば問題ありません。銀行からすると住宅ローンを利用する顧客は「利益の...続きを読む

Q私道負担つきの住宅のデメリットは何ですか?

戸建て住宅購入を考えている者です。
検索すると、私道がある私道負担付きの住宅をよく目にします。
これは何かデメリットがあるのでしょうか??
別に私道分のお金を払う必要があるわけでもないと思いますし・・。
お教えください。

Aベストアンサー

私道負担とはいえ現地の状況や形状によって異なります。
購入を予定されている物件の現地や資料を拝見していませんので
一概には言えませんが・・

一般的に私道負担というものは、読んで字の通り
「負担付の土地ですから、土地の購入者はその負担も引き継いでください」
という意味を持ちます。

負担=デメリットとして起こりうる問題として

1,売買対象の土地面積に私道部分が含まれていることがあります。
  この部分を売買代金(土地代として)に含めるかどうかは売主次第です。

2,位置指定道路等に認定されていれば固定資産税は減免されますが
  状況によっては、宅地と同等の固定資産税を払う必要があります。

3,購入後は私道部分も当然に貴方の名義となりますが
  私道である以上はその部分に建物や塀を建てたり
  花壇を作ったり、自動車の駐車場として利用することができません。
  もちろん他者の通行を妨げることもできません。
  経年劣化や地震などにより道路や側溝が凹んだり穴が空いた場合
  貴方(もしくは他の共有者と共同で)が修繕費用を負担しなければなりません。

4,私道部分について、周辺住人の方と共有だった場合
  今現在はご近所で話し合いのもと道路の使用や管理について
  マナーやルールを取り決めることも可能だと思います。
  しかし、将来子供の代になったり、第三者に土地建物及び私道部分を
  売却された場合、それら新たな方々がマナーやルールを必ずしも
  守ってくれるとは限りません。

5,将来、家の建て替えや増築の際、または火災等により家が焼失し
  再建築する際に私道所有者全員の同意が必要となるかもしれません。

このあたり、「将来にもしかしたら起こりうる問題」について
売主さん、仲介業者さんにしっかりとお聞きになり
場合によっては、各取り決めを書面で提出してもらう等してから
ご購入なさったほうが良いかもしれません。

私道負担とはいえ現地の状況や形状によって異なります。
購入を予定されている物件の現地や資料を拝見していませんので
一概には言えませんが・・

一般的に私道負担というものは、読んで字の通り
「負担付の土地ですから、土地の購入者はその負担も引き継いでください」
という意味を持ちます。

負担=デメリットとして起こりうる問題として

1,売買対象の土地面積に私道部分が含まれていることがあります。
  この部分を売買代金(土地代として)に含めるかどうかは売主次第です。

2,位置...続きを読む

Q根抵当権の抹消手続きをしたいのですが私でも可能でしょうか?

来週、義父がディックで借り入れていた500万円を主人が一緒に行って完済してくることになりました。
その後、その借り入れの根抵当権を抹消したいのですが、なるべく安く済ませたいのでその手続きは私が行こうと思っています。

私なりに調べてみたのですが、正直難しすぎて、結局どうしたらいいのかわかりません。完済したときにディックでもらってくる書類があると思うのですが、それをそっくりそのまま管轄の法務局へ持って行けばいいのでしょうか?それとも全くの素人の私では無理があるのでしょうか?

また、その根抵当権のついている土地は義父名義のもので、借り入れも義父名義での借り入れだったのですが、私が代わりに手続きにいくことは可能なのでしょうか?

仕事を休んで手続きに行かなければならないので、行ってから私ではダメだったとか、足りないものがあってまた後日もう一度・・・となってしまっては困るので、なんとか一回で済ませられるようにと考えています。

質問が多くて申し訳ありません。
ちょっと気持ちが混乱してしまっていて、うまく文章にできませんでしたが、よろしくお願いします。

来週、義父がディックで借り入れていた500万円を主人が一緒に行って完済してくることになりました。
その後、その借り入れの根抵当権を抹消したいのですが、なるべく安く済ませたいのでその手続きは私が行こうと思っています。

私なりに調べてみたのですが、正直難しすぎて、結局どうしたらいいのかわかりません。完済したときにディックでもらってくる書類があると思うのですが、それをそっくりそのまま管轄の法務局へ持って行けばいいのでしょうか?それとも全くの素人の私では無理があるのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

一般的に根抵当権の抹消手続きは以下の書類が必要になります。
(全て金融機関でもらえる書類です)
 ★根抵当権設定契約証書
 ★根抵当権解除証書
 ★根抵当権抹消委任状
 ★登記原因証明情報(オンライン法務局の場合)
 ★資格証明書(有効期間:発効日より3ヶ月)
書類の名称が金融機関によって若干違う場合もありますので参考までに。
また、登記名義人以外の方が手続きを行うことも可能ですが、
登記名義人の委任状が必要になります。
この場合の委任状は上記の金融機関発行の根抵当権抹消委任状の余白欄にお義父様のご署名・ご捺印(認め印で結構です)されても構いませんが、万が一書き損じがあった場合に、金融機関の捨印がないために再度委任状をもらいに行かなくてはならないということになってしまう恐れがあります。
よって、お義父様の委任状は白紙の紙に別途記入されることをおすすめします。
土地に根抵当権がついているとのことでしたが、建物にはついていませんか?
通常土地建物はセットで取得するので建物にもついているのでは?と思います。

法務局では、登記申請書の記入が必要になりますが、親切丁寧に教えてもらえますので、安心して行ってみてください。
ただし月末月初の繁忙期は避けてあげて下さい☆
費用は登記印紙で納めますが法務局で購入できます。

一般的に根抵当権の抹消手続きは以下の書類が必要になります。
(全て金融機関でもらえる書類です)
 ★根抵当権設定契約証書
 ★根抵当権解除証書
 ★根抵当権抹消委任状
 ★登記原因証明情報(オンライン法務局の場合)
 ★資格証明書(有効期間:発効日より3ヶ月)
書類の名称が金融機関によって若干違う場合もありますので参考までに。
また、登記名義人以外の方が手続きを行うことも可能ですが、
登記名義人の委任状が必要になります。
この場合の委任状は上記の金融機関発行の根抵当権抹消委任状の...続きを読む

Q木造スレート葺とは・・・

謄本に「木造スレート葺2階建」とありますが意味が良く分からないので教えて下さい。出来れば、小学生でも分かる様な説明だとありがたいです。

Aベストアンサー

木で作った、屋根がスレートでできている、2階建ての家ですよ。 みたいな…

Q送電線、鉄塔の近くの物件について

宜しくお願い致します。

当方一戸建て購入を考えております。
現在まで、色々な物件を検討して来ましたが、私どもの条件(金銭的な事、子供の学区内等)にあったものが無く、やっと条件に近い建売の物件を見つけました。

そこは、「どぶ川が50m位の所に流れている」「送電線とその鉄塔が直近に建っている」事以外はこちらの条件を満たしています。
どぶ川に関しては、私の探している地区では、あちこちに流れている為、どこでも同じと言う感じです。
しかし「送電線」で悩んでいます。その物件は送電線の鉄塔の間隣りにあり、敷地から鉄塔が5m程度しか離れていません。
送電線については色々な意見があるのを調べました。何だか難しい話ばかりで良く分かりませんでしたが、「害が有る、無い」等、はっきりとしていないのは分かりました。
そこで、生活するうえでの具体的な問題(騒音や防犯等)はどのような事が有るのかを教えて頂きたいと思います。
また、普段の生活で送電線から常に出ている電磁波を避ける様なグッズなどはあるのでしょうか?

この他の物件は、「金額が高すぎる」「土地が狭すぎる」「旗竿地」「日が全く入らない」「大きな川の真横」等など、こちらのダメな条件の上位にある物ばかりです。もうここしかない・・・?と言う状況です。
今回の物件はこの条件を全てクリアしており、送電線の害が「はっきりしていない」と言う事から、私の気持ちはこの物件に傾いております・・・。

実際に送電線の近くに住んでいる方等、ご意見宜しくお願い致します。

宜しくお願い致します。

当方一戸建て購入を考えております。
現在まで、色々な物件を検討して来ましたが、私どもの条件(金銭的な事、子供の学区内等)にあったものが無く、やっと条件に近い建売の物件を見つけました。

そこは、「どぶ川が50m位の所に流れている」「送電線とその鉄塔が直近に建っている」事以外はこちらの条件を満たしています。
どぶ川に関しては、私の探している地区では、あちこちに流れている為、どこでも同じと言う感じです。
しかし「送電線」で悩んでいます。その物件は送電...続きを読む

Aベストアンサー

 うーん、今の時期で2~5mGですか…。夏場だともっと計測値が上がりそうですね…。雨の日の方が計測値が低くなることもあるようです。あれ、これはケータイ基地局の電磁波だったかな。周波数によって、性質が違って来るんですよねー。散歩道にある高圧送電線の鉄塔は雨の日に「ジー」という音が鉄塔からよく聞こえます。

 ちなみに高さが10m足らずの66kV送電線の直下では40mG、また、高圧送電線ではないですが、電柱の変圧器(トランス)の近くの2階の部屋で最大20mGが測定されたことが、本に出ていました。一番影響を受けるのは細胞分裂が盛んな、胎児・子供などですが、大人も、というか生きている限り細胞分裂はしていくので、値が大きいとなると、より注意したいですね。ガン細胞に低周波の電磁波を24時間照射すると、増殖スピードが最大24倍にもなったそうです。

 ホットカーペット、電気毛布などは電磁波低減タイプ(相殺の原理を応用したもののようです)が出ているんですが。


 あと、鉄塔の倒壊がちょっと怖いです。一昨年の台風で倒れましたよね。それまでは「絶対倒れません」と電力会社は言ってたんですけれど。

 ご存知かも知れませんが、大阪府門真市末広町は、送電線に囲まれた町・ガン多発の町ということで色々な書籍やビデオで紹介されています。確かその土地で、蛍光灯を電線の下で持って立つと、何もしなくても蛍光灯が光るんですよね。なので、電磁障害も、付近の方などに確認された方がいいですね。

 それと他の方も書かれてましたが、鉄塔の近くですと自殺率も高いようです。また、自動車事故も多いみたいですね。どの本か失念して、今、手元に見当たらないのですが、どこかの交通機関が統計的に多いことを突き止めて国だかに報告したけれど、もみ消された?みたいなことが書いてありました。

 余談ですが、新幹線は交流電流、在来線は多くが直流電流で動かしているようです。直流の方はプラスとマイナスが入れ替わらないため、電磁波が出ませんが、モーターが内臓されていると電磁波が出ます。交流でモーター内臓よりは電磁波が強くないようですが、車体の横や、車両連結部近くの天井付近に「モハ」と書かれているのはモーター車です。「クハ」「サハ」表示のものはモーター車ではないので、通勤が長い時などは、その車両を選んで乗ると、被曝が低減されるようです。

 家電などもモーター内臓のシェーバー、ドライヤー、掃除機、洗濯機などはより電磁波が強くなるようです。特にシェ-バーなどは密着させるので、お使いであれば、せめて直流式のモーターにしたいですね。ドライヤーを頻繁に使う子供の白血病の発症率が上がる報告もあります。

 送電線も直流システムにして、近くに発電所を作れば、電磁波も出ず、クリーンで原発もいらなくなる発電が可能のようです。今は原発から変電所・変圧器などを経てどんどん電圧を下げながら電力輸送してますもんね。エネルギーもとても勿体無いそうです。

 うーん、今の時期で2~5mGですか…。夏場だともっと計測値が上がりそうですね…。雨の日の方が計測値が低くなることもあるようです。あれ、これはケータイ基地局の電磁波だったかな。周波数によって、性質が違って来るんですよねー。散歩道にある高圧送電線の鉄塔は雨の日に「ジー」という音が鉄塔からよく聞こえます。

 ちなみに高さが10m足らずの66kV送電線の直下では40mG、また、高圧送電線ではないですが、電柱の変圧器(トランス)の近くの2階の部屋で最大20mGが測定されたことが、本に...続きを読む

Q建ぺい率オーバーの中古物件はローンが組めない?

近所に築20年ほどの中古物件がでましたが、その家は建ぺい率をオーバーしている物件です。
うわさで聞いたのですが、建ぺい率がオーバーしている中古物件を購入する際には住宅ローンが組めず、現金一括でしか購入できない。
というのは本当でしょうか?

自分が買うわけではありませんが、疑問に思ったので質問させて頂きました。

Aベストアンサー

複数の不動産を購入しています

>建ぺい率がオーバーしている中古物件を購入する際には住宅ローンが組めず

ほとんどの金融機関が応じてくれません

・敷地内に違法(既存不適格)建築が存在している場合も同じです
・未登記建物が存在していてもほぼ同様でしょう
 私は土地の分筆で対応しました

建ぺい率オーバー物件は現金で買いました

なんらかの問題のある物件に対する貸付けは厳しいようです

しかし、

ローンが組めない=買い手が限られる=価格が割安

こうなりますので金持ちほど有利な世界でしょう

中古物件に対する貸出金額自体も新築に比べると20-30%少ないですね

建てるときは違法行為をしてないのに法律が後から変わっただけでひどい仕打ちです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A2%E5%AD%98%E4%B8%8D%E9%81%A9%E6%A0%BC


人気Q&Aランキング