プールで平泳ぎをしていたら左足の内側が「ポキ」となり、痛くなりました。
前からなんとなく痛いという程度はあったのですが、日常生活で痛みを感じることはありませんでした。
今回、歩くのができないほどではないのですが地面に左足がつくと痛みます。
左膝のでっぱりの1センチくらい下が押すと痛みます。
予防法と治療法、または痛みがはやくひく為の方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は交通事故をしてから、


歩く時に膝の1cm下が痛み…
最初は歩けたのですが、一年後には立ってることもしんどくなり
漆骸骨の手術を受けました。
膝の下には色んな神経がとおってるので
一番痛みが出やすいみたいです。
一度、病院で検査をされた方がいいと思います
    • good
    • 0

痛くなった時の状況からして、ちょっと見慣れない例ですね。



これは素人判断してはいけません。

sydneyh さんのおっしゃる通り、すぐに整形外科にかかりましょう。
    • good
    • 0

素人考えで自然治癒する段階ではないと思います。


すぐに整形外科か接骨院に行き治療してもらってください。

私も以前軽い捻挫をしたんですが、ある一定の体重移動をしなければ歩いても痛くなかったので、そのまま何日か湿布をするくらいで放っといたんです。けれどしばらくしてその痛みがどんどん足全体に広がってきて、結局整形外科に行くはめになったんですが、お医者様に何故もっと早く来なかったかととても怒られました。すぐ病院で治療すればこんなに痛くなることもなかったし、治療も簡単に済んだそうです。
今は治療費だけでも薬局などで買うより処方してもらった方が安いですから、すぐ病院に行くことをおすすめします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラインドタッチ上達法

是非是非!!
ブラインドタッチ上達法を伝授してください。

Aベストアンサー

「タッチタイピング」を身につけるには、タイプライター時代のタイピスト達がそのプライドに賭け、試行錯誤を重ねながら、約100年の年月をかけ、集大成した10本指を使うことによる「ホームポジション」を利用した方法が一番容易で、かつ、短期間、で、しかも、誰にでも学習できる最良の方法です。全くの初心者であれば、1日10分ほどの練習を3週間も続ければ身につけることができます。

学習の要点は、指を置く起点を「ホームポジション」とし。キーボードの中央にあり、左手の指はA(小指)、S(薬指)、D(中指)、F(人差し指)、右手の指はJ(人差し指)、K(中指)、L(薬指)、;(小指)です。「F」キーと「J」キーの構造は指の触感で「ホームポジション」を認識できるように特別な構造になっています。云うまでもなく、この方法で使用される事を前提にキーボード自体が作られています。また、ホームポジションに指を置くことが特徴であり、また、大原則です。さらに、最初からキーの配置を意識しないで学習できますので、キーボードを見ないで学習することができるのも大きな特徴です。

具体的な指の使い方を記述して見ますと、各指を「ホームポジション」上に置き、

左手の小指でそのままの位置で、打鍵すれば、「あ」の文字の入力が
右手の中指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「い」の文字が、
右手の人差指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「う」の文字が、
左手の中指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「え」の文字が、
右手の薬指を上方に伸ばして、打鍵すれば、「お」の文字が、入力ができます。
また、左手の人差し指で打鍵し、続いて、小指で打鍵すれば、「ふぁ」の文字の入力ができます。

このように、指の動かし方と文字が一対一で対応していると云うことで、「指の動かし方自体が文字である」と云うことです。この指の動かし方を身につけることこそが「タッチタイピング」を習得すると云うことです。

ところで、ホームポジションに指を置くことが基本であると同時に大原則ですが、実際のキーボードのキーの配列は千鳥状でホームポジションをキープすることは必ずしも容易なことではありませんので、「ホームポジション」をキープするコツを会得し、各文字に対する指使いのポイントを頭で覚えるのではなく実際に指を使って身につけることです

指の使い方を学習する
http://new1.jp/demo/touch/start.html

タッチタイピング習得のコツは、非常に単純なことですが、キーの位置を意識しないで、ホームポジションからの「指の動かし方」をイメージしながら、「決められた指(動かし方)で決められたキー(文字)を打鍵すること」を常に守ることです。「常に」と云うことは、既に自己流の操作を身に付けている方には少しきついですが、練習、実務を問わずと云うことです。「タイピング」は頭で覚えるのではなく、身につけることですので多少なりもと時間がかかりますが、必ず習熟することが出来ます。

なお、蛇足ですが、速さを鼓舞するような練習用のソフトはお勧めできません。折角身に付いた指使いが乱れてしまい、一進一退を繰り返すことになり、「百害有っても一利も無い」ものです。確実な指遣いを常に守って操作していれば、必ずタッチタイピングに習熟することができます。また、入力速度も向上します。急がば回れと云います。確実な指使いが身に付きましたら、練習用のソフトに挑戦し、腕を磨いて下さい。入力速度は飛躍的に向上することは間違えありません。

「タッチタイピング」を身につけるには、タイプライター時代のタイピスト達がそのプライドに賭け、試行錯誤を重ねながら、約100年の年月をかけ、集大成した10本指を使うことによる「ホームポジション」を利用した方法が一番容易で、かつ、短期間、で、しかも、誰にでも学習できる最良の方法です。全くの初心者であれば、1日10分ほどの練習を3週間も続ければ身につけることができます。

学習の要点は、指を置く起点を「ホームポジション」とし。キーボードの中央にあり、左手の指はA(小指)、S(薬指)、D...続きを読む

Q足つぼです。左足くすり指と小指の下を 押すと痛いのですが、ここのツボと内臓の関係を教えて下さい。

足つぼです。左足くすり指と小指の下を
押すと痛いのですが、ここのツボと内臓の関係を教えて下さい。

Aベストアンサー

正確にはツボでは無く、反射区。

Qデッサン上達法

この『デッサン上達法』という情報商材はどうなのでしょうか?
http://de-ssin.com/
文体とか見ると、よくあるナンバーズ攻略法や視力回復法のような同じニオイを感じるのですが…。

Aベストアンサー

あの~、サイト見ましたけど、これって情報商材とかではなく
単なる教材の通信販売ですよ?

大して役に立たない情報をどんな中身なのかもしらせないで
ぼったくりとも思える価格で情報商材を売っているサイトとおなじには見えないですけど?

仮に教材の価格が高いと思うならかわなければ良いだけです。
また、デッサンの上達法を解説しているものでしょうから
その効果は本人の能力や練習次第。

そこらの情報商材は能力関係なしで努力次第だとうたっているのとは違いと思いますけど。

Q左足が思うように動きません

仕事上、よく動く仕事をしています。
重いものを運んだり、短距離を走ったりしています。

左足の太もものうしろ(お尻の下です)が
時々、急激な痛みが走り、足を動かすことすら
できないときがあります。

1瞬だけですが、力もはいらなくなり、
思うように自分で動かせません。
その1瞬だけ我慢すれば、多少は痛みはありますが
思うように動かす事ができます。

最近は慢性化してきて、動かせない時が10分に
1回くらいになりました。
仕事で動いている時だけで、普段の生活では
そういった事はありません。

病院にいくのであれば、何科にかかれば良いと
思いますか?
また、こういったことは、整体や針などに
なるのかもわからないので、
ご経験のある方やご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

過去にギックリ腰等腰痛になったことはありませんか?
可能性として腰椎を傷めたことにより坐骨神経痛を起こし
ていることが考えられます。
まずは整形外科等の検査を受けてみて下さい。その結果
腰椎等に異常なしとなれば検査で見つけられないほどの
ズレがあるかも知れませんので整体やカイロプラクティ
ック等で診てもらって下さい。

Q料理上達法教えてください。

料理上達法教えてください。

失礼な聞き方かもしれませんが、シンプルな質問としました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本の基本は、食べることが好きになることです。
そして、おいしいものを食べた時に、
「この料理は、どんな材料を、どうやって調理したんだろう?」と常に問い掛けることです。

そして、その料理を自分で作ってみて、自分が体験した味が再現できるか挑戦することです。

まずは、簡単な料理からはじめてみてください。
例えば、オムレツ。
簡単といえば、簡単な料理ですが、「ふっくらとして、外側はこんがりと焼けているけど、中身はとろりとしていて、塩味も効いているけど、ほんのりと甘味もある。」
こんなオムレツに挑戦してみてください。
下準備、フライパン選び、火加減などなど、いろんなことが学べます。

あるいは、ご飯。
柔らかすぎず、硬すぎず、お米が一粒一粒、つやつやと光って、あなたに向かって笑いかけてくるようなご飯。

下準備、ご飯選び、水加減、火加減などなどが学べます。

あと、好きな人がいて、その人のために料理する、という目的があれば励みになりますね。

Q胸の痛み

年齢45歳 男性です。糖尿病です。
4週間に一度、内分泌内科を受診し、尿と血液検査をおこなっています。
今回は直接、糖尿病とは関係ないと思いますが、大した運動もしていないのに、突然、胸と歯ぐき(奥歯)が痛み、息苦しくなることがたまにあります。
(頻度としては数ヶ月に1回あるかないかなのですが、一度おきると1日に数回おきることもあります。)
もう、10数年前から見られ、糖尿病等で入院した際や定期的な診察の際に医師に相談し、心電図等の検査をしてもらったり、人間ドック等でも特に異常はないと言われす。
また、足のむくみがひどく、一日ソックスをはいているとソックスの上あたりを指で押すと1cm以上もくぼんでしまいます。
腎臓が悪いと浮腫みやすいと聞きますが、尿検査等で特に異常は見当たりません。
前述の痛みとむくみは関連がないかもしれませんが、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

かなり高率に狭心症でしょう。
歯ぐきの痛みは放散痛と考えられます。
持病として糖尿病があることからも、狭心症の温床として考えやすいです。
24時間心電図(ホルター心電図)などはやりましたか?また、やったとすると、その検査の最中にこの症状が起きましたか?
痛みのあるときにしか心電図の変化は出ませんので、心電図検査中にこの症状が起きなければ、検査上は異常なしとされてしまいます。
足のむくみも心臓の異常を疑う所見の一つです。

主治医から循環器科の医師に紹介してもらえるよう相談して下さい。

Q川柳の上達法

下手の横好きで川柳を趣味にしていますが上達法を御伝授ください。

Aベストアンサー

何度か入選経験が有りますが、正直インスピレーションです。
その後で、最初に思い付いた言葉より別な言葉の方がしっくり来るか?再考の繰り返し

五七五のうちの、単語1つを強引に決めてしまうのも早いです。
基本的に、社会風刺・ひねり・オチ…この辺は結果で有って
最初から狙わなくていいです。

あとは、とにかく「数」ですよ。
そうそう、入選作品をたくさん見るのもお忘れなく

参考URL:http://www.google.com/search?hl=ja&q=%E5%B7%9D%E6%9F%B3&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

Q痛み止め薬

左足リスフラン靭帯損傷のため整形外科にかかり、痛み止めとして、
「ロルカム錠4mg」を処方されました。毎食後1錠ずつ服用とのことです。
来週ハーフマラソンを走るのですが、
このマラソン当日にこの痛み止めを一度に倍の2錠を飲んで、
痛み対策に万全を期したいのですが、大丈夫でしょうか?
ほかにアミノバイタルなどのサプリメントも服用予定です。

Aベストアンサー

処方どおり服用したほうがいいです。
痛み止めは、副作用のきつい薬です。もしうまくいったとしても
痛みが消えて、もっとひどくなる事を考えても、止めるべきです。
オリンピック等で、金メダル候補で、これが最後の大仕事なら、わかる気もしますが、それほど思いつめなくてもマラソンは、いつでもあります。

Qウイニングイレブンの上達法

ウイニングイレブン9の上達法を教えてください。テクニックや設定方法など何でも結構です。

Aベストアンサー

↓なんかはどうでしょう。サイト左にあります

参考URL:http://www.w-eleven.jp/9/log2899.html#top

Q膝痛。

私の母が膝の関節痛の対処として両膝を縛る形でサポーターで固定しています。
健康雑誌に掲載された内容を実践しているとの事ですが、半年たった今でも改善されていないようです。
母と同じような膝痛の対処を行っている方はいらっしゃいますでしょうか?
いらっしゃいましたら、結果などを教えてくださると助かります。

Aベストアンサー

具体的な内容が不明ですが恐らく逆効果と思われます。膝のサポータは大まかに二種類あり、マッジクテープでしっかり留め、バネなどの力を利用して関節をサポートするもの。もう一つは筒状になっており、膝を冷えから守る保温目的のもです。

膝痛ベルトや腰のコルセットなどをすれば確かに楽なのですが、楽をさせすると筋肉は落ちます。人間の体は負担のかかるところは強く、負担の軽いところは弱くなるようにできています。コルセットなどは楽になる環境を人為的に作り出しています。もちろんコルセットが必要な場面がありますが“手術直後”や“激痛で歩けない”など限定的な使用に限られています。ですから保温目的の緩いサポーターなら常用しても問題はありません。

一方、筋肉とは非常に重要で、膝で言えば腿の前の筋肉が最も大切です。膝に痛みを抱えている人は、腿前の筋肉もかなり落ちています。ですから腿前の筋肉を鍛えるということは、治療をする上で最も大事な項目になります。筋力は家で例えると“柱の太さ”です。柱が弱いとそれだけ、もろい家ということになります。腿前の筋肉が強くなれば“自前のサポーター”になります。


>私の母が膝の関節痛の対処として

病院でレントゲン検査をしましたか?膝痛の原因は変形性関節症など膝の原因、リウマチなど全身的な疾患、腰などからくることもあります。原因が分からないうちは正しい対処方法はできませんので、検査をしていないのならまずは病院にかれてみてください。


レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

具体的な内容が不明ですが恐らく逆効果と思われます。膝のサポータは大まかに二種類あり、マッジクテープでしっかり留め、バネなどの力を利用して関節をサポートするもの。もう一つは筒状になっており、膝を冷えから守る保温目的のもです。

膝痛ベルトや腰のコルセットなどをすれば確かに楽なのですが、楽をさせすると筋肉は落ちます。人間の体は負担のかかるところは強く、負担の軽いところは弱くなるようにできています。コルセットなどは楽になる環境を人為的に作り出しています。もちろんコルセットが必要な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報