出産前後の痔にはご注意!

この前、現行の新型オデッセイに試乗しに行きました
確かに快適にはなっていたのですが、どうも加速がモノ足りませんでした
というものも、ベタ踏みをしてみたのですが
今乗っているRA8オデッセイの方が速い気がするのです
まったくのドノーマルなんですよ
でも新型のほうが遅く感じ…

そんな事がありえるんでしょうかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>あれ、私のRA6は2.3Lだった気がずるんですがね



表題と文中がRA8と書かれていたので、3.0Lと判断しました。
RA6の2.3Lとの比較なら、現行のほうが明らかに速いはずです。

遅く感じるというより、もしかしたらあまりスピード感を感じていないだけかもしれません。
さすがに新しい分、ボディもエンジンもトランスミッションも足回りも洗練されていますので。
CVTも、昔の4ATと比べても良くなっているはずです。ホンダのCVTは、CVTの中ではそれほど違和感ない方かなと思います。

逆にうちで今乗っている、現行のエスティマ2.4LのCVTのほうが、いかにもCVTっぽく違和感が大きいですね。
    • good
    • 2

ECONモードがONになっていると、加速は鈍ります。

試乗のべた踏みで物足りないとなると、ECONモードにより出力を抑えられていた可能性はあります。
最近の車はECONモードが当たり前に付いていますが、正直このモードにすると加速が悪くて返ってアクセルを踏みがちになり、実用性に乏しい場合が多いです。

また、先の方も書いているように、オデッセイのRA8アブソは、V6 3.0Lエンジンで、最大出力210ps/5800rpm、最大トルク27.5kgf・m/5000rpmです。

新型のオデッセイのアブソは、直4 2.4L直噴エンジンで、最大出力190ps/6400rpm、最大トルク24.2kgf・m/4000rpmです。レギュラーガソリン仕様です。

排気量が違いますから、古いRA8とは言えV6 3Lと直4 2.4Lを比べるのはかわいそうです。
あの当時のRA8はミニバンとしてはバカッ速でしたし。

とはいえ、新型も私も試乗しましたが、ECONモードを切って普通に走り限りは、遅いとは思いませんでした。燃費は恐らくRA8が6~7km/L程度だとしたら、最新の直噴エンジンとCVTにより、9~10km/Lは行くとのことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれ、私のRA6は2.3Lだった気がずるんですがね
エコンモードは確かオフにしていた気がします
燃費は確かに魅力的ですよねー
CVTの走行感になれないのがあれですが…
ありがとうございました

お礼日時:2014/04/22 13:21

RA8


車重1720kg 最大出力210ps パワーウェイトレシオ8.2kg/ps

現行RC1(アブソルート)
車重1810kg 最大出力190ps パワーウェイトレシオ9.5kg/ps

排気量もダウンしてますから、加速が物足りないと感じるのは仕方ないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですかね
新型に期待しすぎていたのかもしれません…
ありがとうございました

お礼日時:2014/04/22 13:19

ありえまっせ!


車重が増えてるよって「遅く」感じま!
それを「良し」とするか「悪し」とするかはあんさん次第。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

RA とは」に関するQ&A: 薬指の関節の痛み

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qホンダ車の耐久性について

ホンダ車はトヨタ車に比べてエンジンやATミッションの耐久性が劣ると聞きましたが事実でしょうか?ホンダ車でも特にオデッセイはエンジン、ミッションは10万キロ前後で寿命が来てしまうとの事ですが…メーカー問わずに乗り方次第で寿命は違ってくるとは思いますが一般的に本当にホンダ車オデッセイは耐久性に欠けるのでしょうか?平成14年式の10万キロ走行のオデッセイを購入を検討中なので、経験者の方に教えて頂きたいですm(_ _)mよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3の方が仰る通りです。
オデッセイは2台所有しましたので一応コメントします。
1台目:初代後期新車購入7年で14万キロ走りましたが、特に問題ありません(たった一度だけ渋滞停止中にエンジンストールしました)でした。20万キロまで乗るつもりでしたが、ぶつけられてさよならでした。20万キロまで乗るつもりだったくらい好調でした。
2台目:三代目前期新車購入で現在3年半で10万キロです。これもまたなにも問題ありません。20万キロまで乗ろうと思っています。
ただ、なにかで読んだことありますが、ホンダはバッテリーが車に対し小さめのようで、ナビ、オーディオなどや車内電装関係に凝る方はバッテリー容量を大きくしたほうがいいのかもしれません。間違いでしたら申し訳ないですが。
メンテは基本的にはディーラーまかせです。ですから距離ごとにだいたい行なっています。
どちらの車も私の場合だと郊外を走ることが多いので、リッター10キロは切ったことありません(遠出すればリッター14)し、人にオススメしやすい車です。市街地ばっか使っている二代目オデッセイ所有者はリッター7しか走らないとぼやいてますが・・・

No.3の方が仰る通りです。
オデッセイは2台所有しましたので一応コメントします。
1台目:初代後期新車購入7年で14万キロ走りましたが、特に問題ありません(たった一度だけ渋滞停止中にエンジンストールしました)でした。20万キロまで乗るつもりでしたが、ぶつけられてさよならでした。20万キロまで乗るつもりだったくらい好調でした。
2台目:三代目前期新車購入で現在3年半で10万キロです。これもまたなにも問題ありません。20万キロまで乗ろうと思っています。
ただ、なにかで読んだこと...続きを読む

QRA8-のオデッセイに乗っていますが、 エンジンチェックランプが点灯しディラーでO2センサーの故障と

RA8-のオデッセイに乗っていますが、
エンジンチェックランプが点灯しディラーでO2センサーの故障と診断されたので、取り替えましたが、チェックランプが消えません。
バッテリーを外してリセットはしました、
その他に原因があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>バッテリーを外してリセットはしました、

バッテリー外してリセット出来るような車は
平成に入ってからは存在してませんが・・・

で、まさかとは思いますが、自分で交換したんですか?

それでは治る方がおかしいですよ。

Qオデッセイのタイヤについて

オデッセイ 12年式タイプ Lに乗っています。このたび、インチアップを考えています。そこで適合するタイヤサイズとセット可能なオフセット(純正も)を教えてください。今、純正アルミに215 60/R/16を履いてます。希望は18インチ(7.5J?)です。適合サイズと許容サイズを合わせてお願いいたします。

Aベストアンサー

ANo.1 です。

>225/50/R 18では支障はありますか?

直径が 683mm になってしまいます。

純正 215/60R16 が、直径 664mm ですので、

直径 659mm の 225/45R18 が、正しいサイズですね。

タイヤは直径を変えないことが基本ですが、多少変えるのでしたら、小さくするべきです。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2464880.html)の ANo.3 をご覧下さい。



>家内が乗るもので、少しでもリムを擦りにくくしたいのですが、、。

リムが縁石に擦りにくくという意味ですね?(フェンダーとではなく)

O・Z から、パテントリップ(http://www.oz-japan.com/products/street-style/opera-1-pl/index.html#honda)
というものが有りますよ。

8-18 ET+50 ですので、フェンダーは場合によってはフロントだけ何らか工夫する必要が出るかもしれませんが、

JATMA / ETRTOサイズで、

ホイール : 8-18 オフセット+50 225/45R18 (直径 659mm リム幅8インチ時のタイヤ幅外寸 230mm)
フェンダークリアランス フロント +0.5mm(0.5mmはみ出ている) リア -4.5mm(4.5mm引っ込んでいる)

という結果ですが、8-18 のホイールのリム幅は 229.2mm ですので、タイヤに収まっています。

フロントフェンダーを多少板金で引き出す覚悟で決断すれば、場合によっては運が良ければ個体差でそのまま大丈夫かもしれません。

ただし、インナーリムは大丈夫なのかは、私は全く分かりません。上記URLには、RA6 Odyssey などと、「付く車」として記載は有りますが、エンケイのマッチング 7.5-18 ET+51 よりもさらにリムが 5.35mm 内側に入る計算ですよね。{タイヤショルダー部(http://www.bridgestone.co.jp/tire_kanri/01/02.html)は、7.5-18 ET+51 よりも 1mm 離れていますが。}

フェンダー側クリアランスも(は)、実はタイヤショルダー部は、7.5-18 ET+48 よりも 2mm 引っ込みます(離れます)ので、フェンダーとタイヤが擦る可能性は、もしかしたら減るかもしれません。

問題はやはり、ホイールインナーリムフランジ部でしょうね。この部分については、専門家にお尋ね下さい。

インナー側のクリアランスについては、ブリヂストンのタイヤ館(http://www.taiyakan.co.jp/)が良く知っていますので、もしこの O・Z に決めましたら、注文前に、リム内側はサスペンション類と干渉しないかを良くご確認頂いて下さい。

※このパテントリップは、この部分だけ交換ができるのです。



次に、やはりリムを擦る心配がある場合は、そして、デザイン上、上記 O・Z 以外にしたい場合は、新品2セット購入されてはどうでしょうか?

1セットは、「どうぞ、いくらでもキズ付けて!」というものに おろすのです。

これって意外と良いですよ。万が一 ホイールが1本、完全にいかれた場合も、普通ならそこで4本パアですよね。しかし、まだあと3本のストックが有る訳です。


「変なこと言っているなあ… 」とお思いでしょうが、

実際、リムは擦りますよ。私は擦ったことが一度もありませんが(公道での話)(過去に海外でラリーをやっていた頃は、ホイールなんて高速コーナーで土手に接触させるものでしたが。)、擦る人の場合、ホイールを多少引っ込めてやったとしても、数ミリではないですか。運転中の誤差なんて、数センチ単位ですよね。

タイヤのリムガードも、気休めですね。たしかにリムガードに助けられることは結構あるのでしょうけど、それのおかげで運転が楽になるようなことはないですね。

運転が楽になるのは、ホイールをもう1セット用意しておくことのほうが有効です。
そのお金を取っておいて、数年後に全く新しいデザインのものを買ってもいいでしょうけどね。どちらにするかはご質問者様のお考えでご自由にお決め下さい。


(http://www.fujicorporation.com/ecb/?direct=tireandwheel)は見たことありますか?
[HONDA]→[オデッセイ RA6789]→[サマー]→[18インチ]→[検索] やってみて下さい。
全幅違いのアブソルートの件がありますので、全てが RA6 L に付くサイズがあるかどうかは分かりませんが、お買い得が沢山有りますよね。

(YOKOHAMA DNA GP 225/45R18 新品4本だけでも、お近くのタイヤショップではこの位の金額ですよね。)

こちらは新品ホイールセットでの金額。

込み込み料金ですと、工賃とバランスと送料全て込みで、

お住まいの地域によって送料の金額は違いますが、
北海道 6300円/ 東北・関東 4200円/ 信越・北陸・東海 5250円/ 近畿・中国・四国・九州 6300円/ 沖縄 16800円のようです。
これ以上のプラス料金は一切ありません。

この料金で、ウエイトバランスまで取れた物が、ご質問者様の玄関まで(しっかり梱包されて)来る訳です。


「タイヤ4本のみ」の程度の金額で買った新品セットなら、初めから元は取れていますよね。これならキズも怖くないかも?



>あと、オフセット + 55はどうですか? 宜しくお願いします。

気になるところですよね。私も知りたいところです。インナーの情報は、私の知る限り、ブリヂストンが社外秘の情報として積極的に収集している以外に、聞いたことがないですね。ブリヂストンのデータでは、インナーの車体との距離が載っているのですが、そのデータ集は非売品。
普通は、タイヤショップでもお客さんにコピーすらくれません。


当方所有の、エンケイのマッチングデータブック2003 2006(http://www.enkei.co.jp/p_catalog.html) では、7.5-18 225/45R18 は。オフセット+51~+48 までが載っていますね。こちらは実車に付けてみてのデータですので、信憑性は間違いのないものです。しかし、オフセット+51 よりも中に入れたデータがありませんので、これ以上のことはなんとも言えません。


インターネット上の情報から推測する方法もありますが、こちらの方法は、信憑性は若干落ちます。(よって、最終的には、注文前に、専門家にご確認下さい。)


誤記ではないのか?とさえ思えてしまう情報から。(http://www.wheel-navi.com/Search/msect/)[オデッセイ]→[次へ]→ L RA6 1999~のところを[18インチ]→[OK]

1999~ L RA6 HONDAオデッセイ ベストマッチングホイール 18×8 オフセット+58 だそうです。(タイヤが何かは記載がないですね)


マッチングを載せている別のサイトでは、


7.5-18 オフセット+50 225/40R18 と、タイヤを小さくする派
(http://d-up-car.com/honda/ra6odyssey1.htm)

7.5-18 オフセット+53~+52 225/40R18 と、タイヤを小さくして、さらに「ローダウン車のみ可」とする派
(http://www.naproparts.com/match/honda.htm)

7.5-18 225/45R18 オフセット+48派
(http://www.j-sp.com/RNG/matching/matching.html)→[ホンダ]

7.5-18 225/45R18 オフセット+55~+52派
(http://mattingu.weblogde.net/2006/02/post_181.html)


などが有り、いったいどれを信じて良いのかは、分かりませんね。「きっと付く」、「たぶん付く」、という意味合いが強いのか、「必ず付く」、「実際に付けたことがある」、なのか?の基準も無いですし。

そこで、例えばホイールマニファクチャラー大手のサイトでしたら、かなりの信憑性は有りますね。


ダンロップ(http://www.rozest.com/match/index.html)

[同意して車種から検索]→[ホンダ]→[オデッセイ]→[RA6]→[H11~]→[検索] を見ますと、

7.5-18 225/45R18 で、オフセット+55 と、オフセット+48 が出てきますね。


weds では、7.5-18 オフセット+55 もありますね。
(http://www.weds.co.jp/products/matching/M21-FARMAS_LEONIS-honda.pdf)


しかしこれも、実際に車両に付けてみた結果であるのか?は分かりませんので、信憑性は非常に高いですが、ダンロップの同意のところにもありますように、“参考値”ですね。


これも考え方なのですが、

『出す方法は有るのだから(スペーサーなど)、迷ったら内側に。』という考え方と、

『出た時はいくらでも方法はあるのでから(フェンダー板金加工、または、フェンダーオーバーガード。)、危険なスペーサーは使わないようにしよう。』

という考え方ですね。

スペーサーなどの危険性はご存知ですよね。ご家族も運転されるお車ですと、パンク時などにスペーサーが思わぬトラブルの原因になる場合も考えられます。
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2441764.html)の ANo.2


ただ、今回のオデッセイのケースに限ってですが、当方の計算では、7.5-18 225/45R18 オフセット+55 でも、全く問題ないかな~?。という気はしていますね。

アブソルートが、7-17 オフセット+55 を付けているのですよね。

7.5-18 225/45R18 と、7-17 215/55R17 を比べますと、

7.5-18 225/45R18 タイヤ直径 659mm リム幅7.5インチ時のタイヤ幅外寸 225mm ホイールリム幅外寸 216.5mm

7-17 215/55R17 タイヤ直径 668mm リム幅7インチ時のタイヤ幅外寸 226mm ホイールリム幅外寸 203.8mm

なのですね。

よって、オフセットを同じ+55にした場合、18インチのほうが、リム幅が 6.35mm 内側にさらに車体側に入り込む計算ですが、リム自体が17in.→18in. と広がる(にげる)訳ですし、タイヤ総幅(幅外寸)は同じですし、ホイールリム幅外寸はタイヤ総幅に収まっていますし、「このあたりに関しては、全く問題はなさそう。」といった感じですね(ご質問者様のお車が、あとから出てきたアブソルートと全く同じ足回りだとの前提で。)。

ただし、呼称のタイヤ幅が、215→225 と、片側 5mm も広がる訳ですし、ロープロファイル化(55R17→45R18)されますと、それだけでタイヤのショルダー(http://www.bridgestone.co.jp/tire_kanri/01/02.html)部は角ばって張り出しますので、特にこの部分などは大丈夫か?が心配ですね。

先ほどの O・Z の 8-18 オフセット+50 は、225/45R18 を付けたとしても、このタイヤショルダー部は[7.5-18 225/45R18 オフセット+55]よりも 5mm も車体から離れています。
(リム部は逆に 1.35mm 車体に近いですが。)


よって、「7.5-18 225/45R18 オフセット+55 は大丈夫か?」との件は、オデッセイを所有したことがない私としては、なんとも言い難いことですね。

アブソルートは、2001/11 にあとから追加された、車幅までワイドボディー化された(RA8・RA9と同じ)、言ってみればバージョンアップモデルですよね。このモデルよりさらに、

タイヤショルダー部が 5mm(呼称で)も広がったものを付ける場合、ハンドルを目一杯切った時のインナーの干渉などはどうかな~。といったことは 考えてしまいます。

L とアブソルートでは、最小回転半径が同じ 5.7m ですので、まあ、それほど心配はしなくていいのかな?なんて考えたりもしていますが。
(車種によっては、大き目のタイヤのグレードの場合、ハンドルが途中までしか回らないようにしたりします。)


よって、私の考え(回答)は、

「もし、お車の足回り全体が、アブソルートと全く同じサイズ(部品)のものでしたら、7.5-18 225/45R18 オフセット+55 は9割がた大丈夫でしょう。」ということになります。


ホンダの場合、

(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/odyssey/199912/image3/014-02.jpg)Fサスペンション
(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/odyssey/199912/image3/014-03.jpg)Rサスペンション
(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/odyssey/199912/index.html)

純正状態でも、見るからに近くて、何だか擦りそうで内側には入れたくないような気がするのですよね。


新品を買うのでしたら、問題解決は簡単ですね。専門ショップに聞けば、例のブリヂストンのマッチングデータ集を持っているお店なら、すぐに調べて分かることです。


問題は、オークションなどで中古を買う場合などですね。ある程度は調べる方法は有ります。

実物のお車が手元にある ご質問者様の場合、実は簡単です。

実際にお車を、小さな鏡なども使って測るのです。純正の16インチは、

6.5-16 215/60R16 タイヤ直径 664mm リム幅6.5インチ時のタイヤ幅外寸 221mm ホイールリム幅外寸 191.1mm

ですので、7.5-18 ET+55のホイールインナーは、現在の純正よりも 12.7mm も内側に入り込む計算です。タイヤは数字上はたいしたことはないですね、たったの 2mm です。

しかし、この総幅(幅外寸)は、タイヤのサイドウォール部(http://www.bridgestone.co.jp/tire_kanri/01/02.html)同士を測って「2mm の違い」と言っているだけで、実際は、ロープロファイル化された 225 ということを考えて、タイヤショルダー部は余裕を持って(大げさに)測っておいて下さい。


どうですか?ギリギリそうですか?それとも、ぜんぜん余裕でしょうか?

ご質問者様は、あまりツライチにすることには興味はなく、なるべく引っ込める方向がお好きなのですね?

上記方法で、よく測ってみて下さい。特に、ハンドルを左右に目一杯切った時のタイヤショルダー部と、サスペンションアームとタイヤショルダー部との距離関係は、重点的にお調べ下さい。

FF車(FFベース4WD含む)は、リアは特に余裕がないことが一般です。


もし、前後共にタイヤショルダー部の余裕が充分にある場合は、現行のオデッセイの18インチ(7-18 ET+55)の新車外しなどがオークションで出品されれば、それを考えるのも一つの手ですね。
(http://shopping.autobytel-japan.com/wheel/almi_shoping_3.asp?mno=01&sno=05&mname=ホンダ&sname=オデッセイ)
例:(http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b67341213)美品、落札価格111001円
私なら、(http://www.fujicorporation.com/index.php)の新品をお勧めしますが。69300円から。

7-18 オフセット+55 225/45R18 のタイヤショルダーの位置と、7.5-18 オフセット+55 225/45R18 のタイヤショルダーの位置は、実は全く変わりません。

しかし、ホイールの表は(ホイールだけは) 6.35mm 内側に入り込みますので、タイヤがリムを守ってくれる可能性は7.5in.より7in.のほうが高いでしょうね。



>それは凄い情報ですね。気を付けます。(ANo.2様お礼欄より)

車の個体差ですね。個体差がこのような形で出てくるのですね。

ご質問者様のお車も、糸におもりを付けてフェンダーからのすき間を測ってみて下さい。

純正16インチ車ですと、

フェンダークリアランス フロント -9mm(9mm引っ込んでいる) リア -14mm(14mm引っ込んでいる)

位になっていることと思います。

もし現時点で、左右に差が無い場合は、新しいホイールを付けてみても、決して左右に差は出ません。

事故車の場合などは、左右で大きく差が出てしまうことがあるのです。また、事故車でなくても、外車などは左右で「1cm も違った」なんて話はよくあることです。


また、オデッセイは違いますが、ローダウンさせるとリアが片方は引っ込み、もう片方は飛び出す車も世の中には有ります。
(http://www.daytona.co.jp/dcuatro/rate/index.html)
こういった車は、ローダウンさせなくてもサスペンションが動けばどちらかは飛び出しますので、社外アルミホイール選びは難しいのです。
オデッセイは違いますので、ご安心下さい。



>RA6とRA7はどういう違いですか?

RA6 直4 2.3リッター FF
RA7 直4 2.3リッター 4WD
RA8 V6 3.0リッター FF
RA9 V6 3.0リッター 4WD

(http://www.honda.co.jp/factbook/auto/odyssey/199912/026.html)
(http://www.goo-net.com/catalog/HONDA/ODYSSEY/index.html)


>最近譲り受け、乗り始めましたので

私もホンダ、とても好きなのですよね。考えてみれば、私は、免許を取ってからず~っと、必ずホンダは何かしら1台所有していますね。
ホンダを持っていないと、人生じゃないみたいですものね。『“Do you have a HONDA?”』 ですものね。
(http://www.honda.co.jp/HDTV/DoyouhaveaHONDA/classic-test/index.html)

ANo.1 です。

>225/50/R 18では支障はありますか?

直径が 683mm になってしまいます。

純正 215/60R16 が、直径 664mm ですので、

直径 659mm の 225/45R18 が、正しいサイズですね。

タイヤは直径を変えないことが基本ですが、多少変えるのでしたら、小さくするべきです。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2464880.html)の ANo.3 をご覧下さい。



>家内が乗るもので、少しでもリムを擦りにくくしたいのですが、、。

リムが縁石に擦りにくくという意味ですね?(フ...続きを読む

Qタイミングベルトを交換しなくてもよいという友人

タイミングベルトは10万キロを目安に交換が必要かと思います

実際に知り合いが10万キロ以上交換なしで走行し、突然タイミングベルトが切れたという事例を見ました。

しかし ある友人曰く、「毎日走行している人はベルトを交換する必要がない、週に2,3日しか乗らない人は10万キロで交換する必要がある」
と言う友人がいます
(毎日乗る人は何万キロまでタイミングベルト交換不要かは 聞いていませんが・・)

これは何か根拠のある話でしょうか?

それとも間違った考え方でしょうか?  教えてください

Aベストアンサー

私は整備士免許を持っていますし、20年近く現場の経験もありますが、100%間違いですね。今は自動車ではなく産業用機械の設計のほうの仕事についていますが、産業用機械でもタイミングベルトは使いますが、もちろんメンテナンスが必要な部品です。

毎日乗っていようが月に一度だろうが切れますよ。タイミングベルトは樹脂製でエンジン回転中は常に屈曲しながら回転し、断続的なトルク変動にされされている部品です。樹脂部品ですので熱の影響も受けますし、経年変化もあります。経年変化という点では毎日ある程度の距離を乗る人の場合は10万キロでは、経年変化による劣化の影響は少なくなる可能性は有りますが、熱の影響や繰り返しの屈曲やトルク変動については、毎日乗っていても変わらずに、ベルトに対するストレスとなります。

まぁ、10万キロというのは、通常の使用であれば10万キロまでは切れませんよという目安ですから、必ずしも10キロで切れるというわけでは有りません。どの程度長持ちするかは、使い方しだいですね。同じ10万キロ走るにも、エンジンの回転をブンブン上げて走るような使い方では、当然ベルトの傷みは激しくなりますし、オイル交換をサボって、メンテナンス状態の悪い状況でもベルトで駆動されるカムシャフトなどの摩擦が大きくなるので、ベルトの寿命は短くなります。

まぁ、最近はまたベルトからチェーンに戻っているので、チェーンの車であれば交換は必要ないですけどね。タイミングベルトは必ず切れますので、安全率を見て10万キロで交換したほうが良いでしょうね。切れればもちろんエンジンはかかりませんし、エンジンによってはベルトだけではすまない場合も有ります。タイミングベルトが切れると、カムシャフトはすぐに止まってしまいますので、バルブもその位置でとまってしまいます。しかし、クランクシャフトは慣性で回り続けるため、ピストンはすぐにはとまりません。そこで、エンジンによっては開いたままになっているバルブとピストンが衝突して、バルブクラッシュという現象が起こってしまうものもあります。こうなると、シリンダーヘッドをはずしてバルブの交換やバルブシートの研磨など、重整備必要になってしまいます。バルブクラッシュを起こすかどうかはエンジンの設計しだいですが、高回転型のスポーツ向けエンジン(高出力化のため圧縮比を高くとりバルブの開度を大きく取っているため)やディーゼルエンジン(こちらは圧縮比が非常な高いため)ですが、こうなってしまうとタイミングベルト2回交換するより高くつくでしょう。、また、当然自走はできませんから、牽引などにかかる費用を考えると、切れる前に事前に交換にするほうがはるかにりこうでしょう。

私は整備士免許を持っていますし、20年近く現場の経験もありますが、100%間違いですね。今は自動車ではなく産業用機械の設計のほうの仕事についていますが、産業用機械でもタイミングベルトは使いますが、もちろんメンテナンスが必要な部品です。

毎日乗っていようが月に一度だろうが切れますよ。タイミングベルトは樹脂製でエンジン回転中は常に屈曲しながら回転し、断続的なトルク変動にされされている部品です。樹脂部品ですので熱の影響も受けますし、経年変化もあります。経年変化という点では毎日あ...続きを読む

Qオデッセイ(RA6・7)の前期と後期の外観の違いは?

当方H12年式のオデッセイL(RA7)に乗っています。
オークションでエアロを購入しようと思っています。
バンパーごと交換タイプではなくリップスポイラーを予定中です。
まだオデッセイに乗り始めて間もない為、前期後期の違いが分かりません。

オークションを見ると、後期用です、前期用です、アブソルートには不可です等とあるのですが前期、後期では互換性がないのでしょうか。
前期用でも後期に付けたり、その逆でも取付可能なのでしょうか。

また、外観だけで結構ですので前期後期の違う点を教えて下さい。

Aベストアンサー

H13年11月にマイナーチェンジしていますので、おそらく前期モデルだと思います。
後期の外観の主な変更点は以下のとおりです。カッコ内は前期です。

・グリル下部にメッキラインが追加。
 (グリル上部にあたるボンネットのみにメッキライン)

・バンパーフォグの廃止。
 (フォグが付いている、または取り付け用の化粧カバーがある)

・リアエンブレムがメッキタイプに変更。
 (エンブレムは黒地にホンダマーク)

エアロの適合についてはバンパースポイラーでしたら適合する場合も多くありますが、ハーフタイプでは、純正のバンパー形状が異なる為に適合しない場合がほとんどでしょう。

Q車の整備について。パワーステアリングフルードは基本的に全車種対応でしょ

車の整備について。パワーステアリングフルードは基本的に全車種対応でしょうか?
私は10年以上前のホンダ車に乗っています。パワステフルードが少なくなっており、MORI DRIVE社のフルードをホームセンターで購入したんですが、いざ入れようとしたところ『ホンダ純正以外不可』と書いてありました。出来ればJAFにお勤めか整備士免許を取得されてる方、教えてください。
ちなみに車はG25Aです。

Aベストアンサー

現役 自動車修理工です。

これはパワステフルードに限ったことではありませんね。

エンジンオイルだって、「純正 ○○オイルをご使用ください」と書かれてることが多いですし、ブレーキフルードでも、「必ず純正の○○フルードを」となってます。

でも、たいていの場合は、純正でなくても問題ありません。

メーカーは、その部品を開発するにあたって、自社の油脂を使うことを前提にしてます。
その油脂によって最高のパフォーマンスを得られる製品・部品を作ります。

しかし、ユーザーは必ずしも純正オイルを使うとは限らない・・・ってコトくらいは想定してます。
だからといって、他社の数限り無いオイルを使って、「このオイルなら同等の性能を引き出せる」、「これはダメ」・・・なんてテストできるワケもありません。

ですので、自社が開発した製品は、自社のオイルを使ってもらってこそ、想定してる性能を引き出す自信が持てるというものです。


・・・メーカーが指定してない油脂を使うことは、場合によってはホントにイケナイこともあります。

例えば、特殊な構造のオートマチックトランスミッションなど。
かつては、「オートフルード D2」などのオイルで対処したりすることも多かったものです。
ところが、ちょっと古い話しですが、日産の「エクストロイド CVT」などは本当に特殊なミッションで、これを開発するのに、石油大手の「出光」と共同で行なったのです。
オイルに求められる性能が特殊でシビアなため、まずオイルから開発しなくてはならなかったからです。
そのため、このATには決して「ATフルード D2」なんてのは使えません。フツーのCVTオイルでももちろん不可です。

・・・ほんの一例ですが、こういうコトもあるにはあります。
でも、こと パワステオイルならば、そこまでシビアなことではないと思います。
ホームセンターで「パワステフルード」として販売されてるならば、それを使ったところで大きな不具合は起きないでしょう。

ただ、今お乗りのクルマのパワステオイルが減る原因は突き止めておいたほうがイイでしょうね。

現役 自動車修理工です。

これはパワステフルードに限ったことではありませんね。

エンジンオイルだって、「純正 ○○オイルをご使用ください」と書かれてることが多いですし、ブレーキフルードでも、「必ず純正の○○フルードを」となってます。

でも、たいていの場合は、純正でなくても問題ありません。

メーカーは、その部品を開発するにあたって、自社の油脂を使うことを前提にしてます。
その油脂によって最高のパフォーマンスを得られる製品・部品を作ります。

しかし、ユーザーは必ずしも純正オイルを使う...続きを読む

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

QATF(オートマフルード)を交換しないとどうなりますか?

ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???しかしディーラーに交換を相談するとかならず、2万キロ事に交換していないなら今更交換すると詰まってしまうかもしれないそれなら不具合が出るまで交換しない方がいいとの回答。いったいATF(オートマフルード)を交換しないとどうなるのでしょうか?そもそもその役割すらすらないのですが・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集した蟻の巣の様な油路をバルブで切り替え、自動でギアを変速する構造になっています。
その潤滑油・作動油であるATFが、走行を重ねる事により劣化し不純物(磨耗鉄粉等)が増えると、油路のバルブの動きがスムーズでなくなり変速ショックが大きくなってきます。又、バルブやギアを動かす時の摺動抵抗も増大する為、燃費も悪くなります。
この劣化したATFを交換せず走行を続けると、更に不純物が増え潤滑性能が低下する為、バルブやギアの磨耗が進行し、その磨耗した部分を劣化したATFが埋める様に入り込み部品と部品とのクリアランス(隙間)を正常保つ役割をする様になります。
この様な状態が進行した状態でATFを新品に交換すると、磨耗した部分を埋めていた劣化したATFが洗い流され、クリアランスが正常に保てなくなり、部品と部品とのクリアランス過大によりバルブが正常に作動しなくなったり、油路に血栓の様に固まった不純物が取れ他の油路を塞いだり…等々、様々な不具合が発生してしまうのです。
従ってこの、部品の磨耗が進行する前の状態。=2万キロ走行毎の交換が必要、という事なのです。


【ATFを交換しないとどうなるのでしょうか?】

ATFを交換しないとどうなるかは上記の通りですが、今の国産車ならば全く交換しなくても10万キロまでは変速ショック増大や燃費悪化等の症状は出るものの、普通の走行をしている限りATが壊れる事はまずありません。
あなたの車はすでに14万キロも無交換という事なので、ディーラーの方に言われた通り交換はしない方が賢明です。
この先、ATが壊れた時にはもう走行距離も15万キロ超になっているでしょうし、車自体も寿命時期に近づいているので、高いお金を出してAT交換するより新車を購入した方がいい…という事になってしまうでしょうが。

≪こんにちは。以前、某自動車メーカーの開発耐久実験にいたものです≫

【ATF(オートマフルード)を交換したことがないまま14万キロを迎えました。取説には2万キロごとに交換しろというかなり繊細なもの???】

なぜ2万キロごとに交換した方が良いのか…

人間の任意のタイミングで手動でギアを変えるMT(マニュアルトランスミッション)に対し、AT(オーマチックトランスミッション)は運転者のアクセルの踏み込み量・路面の勾配・積載量等々、それら全てを機械で計算し、非常に複雑かつ密集し...続きを読む

Q走行中にギヤをバックにいれると、、、?

ふと思いついたのですが、怖くて試してみる気になれません!どなたかどうなるか知ってるかたいましたら教えてください!

Aベストアンサー

はは、いますね、こういう馬鹿な事を考えるやつって。

で、友人で本当に首都高でやった奴がいました。最初は恐る恐るやったので、ギアが入らなかったのですが、思い切ってがしっと入れたところ、車両は急停止、エンジンが見事大破しました。

車は、廃車になりました。友人は、二度とあほな事はしないという人生の重大教訓を得ました。

質問者様は、経験せずして、校訓を得られる事を期待します。違うと思うなら、やってみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報