プロが教えるわが家の防犯対策術!

スキーを再開するべく、思案していました。今シーズンは、もう無理ですので、まだまだ時間はありますので、色々見ています。昔、スキーをしていたと言ったところで、素人同然なんですが、ビンディングのメーカーの(だと思っていました)チロリアが、スキー板を発売する云々の話は聞いた事がある気がします。また、スキーの量販店のようなところへも、よく見に行っていましたので、HEADというメーカーと、板が売っていたのは、よく覚えていますが、やたら沢山並んでいましたので、【まぁ、ランク下の格安モデルを扱うメーカー】程度の認識で、それ以来、離れていましたので、尚更わかりません。ソチ冬季五輪では、HERDや、HARTの板を使用する選手も居ましたので、『時代が変ったのか?』とも思っていたのですが、最近、Webで検索して見かけるのが、HEADの板に、チロリアのビンディングを取り付けたモノを見るのと、どうもチロリア専用の板をHEADが、作っているのか?相性が良さげな事も書いてあるのですが、同一グループだったのでしょうか?以前は気がつきませんでしたが?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現在のアルペン用ギアは,板とビンデングとブーツをセットで製造販売しています。

HEADは,HTMグループで,板がヘッド,ビンデングはチロリア,ブーツは旧サンマルコをヘッドとして売っています。HEADは,特にスピード系はワールドカップでも強いですね。

その他の有力グループは,板アトミック・靴旧コフラック・金具アトミック,板靴金具サロモンのアメアグループ,テクニカ(ノルディカ)グループ,ロシニョールグループ等があります。ノルディカは,SLで強いですね。

HARTは,昔はアメリカのメーカーでしたが,現在は日本のメーカーがブランドを買いまして日本製です。コブ乗り用には,ウッドコアのしなりの良い板が向いているようですが,日本人の職人でないとなかなか良いものが出来ないようです。普及品は中国生産のようです。モーグル板は,ID oneも有名ですが,製造はオガサカです。つまりモーグル板は世界の選手が日本製の板で戦っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。政界再編のようですね。組んでいたほうが、安心なんでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/16 08:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QスキーブーツのOEM生産について

スキー業界も世界的に再編の波が押し寄せて久しいですが、かつてのブーツメーカーの名前が消え、スキー板メーカーのブーツが多くなりました。

ブーツメーカーの買収およびOEM生産と推測しますが、どこのメーカーが作っているのかご存知の方教えてください。

例) ロシニョール → ラング

   ・アトミック
   ・フィッシャー
   ・ヘッド
   ・K2

   また、ノルディカとテクニカは同じ製造元でしょうか?
   アトミックとサロモンは、同じアメアスポーツですが、製造も同じでしょうか?

   上記メーカー以外にもOEM生産させているスキーメーカーがあれば教えてください。
   よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(金具)チロリア
   サロモン:(板)サロモン・(靴)サロモン・(金具)サロモン
   過去には板は,他社に製造依頼していたこともあるような,現在は不明

・フィシャー:(板)フィシャー・(靴)フィシャー,製造は不明・(金具)〔チロリア〕

・ヘッド:(板)ヘッド・(靴)ヘッド=旧サンマルコ・(金具)チロリア

・K2:(板)K2
   フォルクル:(板)フォルクル・(靴)テクニカ・(金具)マーカー
   K2は,フォルクルとテクニカのかなりを買収したはずですが,詳細については知りません。

・テクニカ:(板)エラン・ノルディカ・(靴)テクニカ・ノルディカ・(金具)マーカー
  かなりの部分がK2に吸収されたようです。詳しくは知りません。

・レグザム Rexxam(日本)
 ミズノがスキーから撤退して,OEM生産していた会社が,ミズノのスキーブーツ開発スタッフを受け入れて独自ブランドで製造・販売しているものです。

一番先頭が親会社です。スポーツ用品メーカーは,余りにころころ変わりますから現在の情報は知りません。〔   〕は,他メーカーのものを使用。チロリアが,アトミックなのかヘッドなのか分かりません。

・ロシニョール:(板)ロシニョール・ディナスター・(靴)ラング・(金具)ルック
   ルックは,自転車メーカーですが,スキー部門が切り離されてロシニョール傘下になりました。

・アメアスポーツ:(板)ボラント・ダイナミック
   アトミック:(板)アトミック・(靴)アトミック=旧コフラック・(...続きを読む

Qチロリア(フィッシャー)ビンディングについて教えて下さい

フィッシャーのスキーを中古で手に入れたのですが、ビンディングの調整方法がわかりません。どなたかお教え頂けないでしょうか。ビンディングには「Fisher」の字と、型番「sr13」(だったと思います)の字がありますが、見たところ、ものはチロリアのOEMのようです。また「free flex」の字もあり、そこそこのグレードのもののようです。わからないのは、1前圧調整法、すなわちヒールピースの位置決め方法 2トゥピースの、ブーツを押さえる部分の高さ調整方法の2点です。適当に設定したあげくケガをしてもいけませんので、切実です。皆様、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いようになっています。
どのビンディングでもそれほど変わりませんが、ブーツを取り付けた状態でヒールの位置調整金具のギザギザか、前圧調整用のねじのフチが、特定の位置になっていれば良いようです。

私もちょうどフィッシャーの説明書を探していたところ、この質問を見つけ、フィッシャーがチロリアのOEMである事を知り、無事探す事が出来ました。ありがとうございました。

参考URL:http://www.tyrolia.com/certification/dls0708/Techn.Manual.english.pdf

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いよ...続きを読む

Q最近のプレート付きSKIのビンディング取り付け

最近のプレート付きSKIのビンディング取り付けについて教えてください。従来のSKIは基本的に板に穴を開けて取り付けるのですが、最近のskiはすでにプレートが付いており、中にはご丁寧にビス穴まで開いているものもあるようですね。ズバリ!!ドライバー1本で自分で取り付けできるのでしょうか? あるいはサイズ変更(調節値超)できますか? ちなみに、skiは KEI-SKI(EPプレートなる純正のものがついてるようです)ビンディングはマーカーです。 SHOPしか無理ですかね?

Aベストアンサー

こんにちは。

プレートに初めから穴が空いていてビンディングが指定されていたり、ビンディングとセット販売になっている物であれば、「ポジドライブ」という特殊なドライバーと前圧や調節の知識さえあれば、自分でできなくもありません。もちろん自己責任で、万が一誤開放で怪我をしても誰も責められないのが条件ですが。(前圧の概念を知らない人が多いです)

ですが、EPプレートはカタログで見たところ穴も空いていないようですし、ビンディングも指定されていないと見ましたが、いかがでしょうか?
このタイプであれば、専用のゲージで穴位置を決めなければいけないし、使用するドリルや、前の穴と何センチまでずらせば良いかというノウハウもあるので、ショップに任せた方が良いと思います。

Qビンディング(プレート)の交換

現在、昨年モデルのオガサカUNITY-EX 165cmにチロリアLD12RAILFLEXをつけて使用しています。最近やはり昨年モデルのオガサカトライアンS155cm(中古)を購入しました。ビンディングはチロリアのフリーフレックスプラス14とオガサカのプレートFM550がついています。ブーツサイズが合わないのでショップで調整する予定です。そこでこのさい、ユニティのビンディングとトライアンのビンディング・プレートをそっくり付け替えたらどうかと思いつきました。あくまでもメインはユニティで来シーズン準指導員を受けます。こんなめんどくさいし、お金もかかるようなことをして滑りにメリットがあるでしょうか。なお私の技量は、SAJ指導員に「今年受けてもいいのに」と言われる程度です。ただし「通る」とは言われませんでしたが(笑)自分としては1級の前走は苦にならなくなったかな、という感じです。今週の土曜日にショップに行く予定です。それまでにどうかご助言よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

「こんな考え方もあるんだな」程度で読んで下さい。 準指を受けるという事で専門用語も使わせて頂きます。

基本的な両者の違いはStandHeightと重量と機能の3点になります。
LD12RAILFLEXは『35mm』
FREEFLEXPLUS14+FM550は21mm+16mmで『37mm』
この2mmの違いをあなたがどう感じるかという事です。

LD12RAILFLEXは『2430g』
FREEFLEXPLUS14は『2520g』さらにFM550の重量が追加されますので若干ですがFREEFLEXPLUS14の方が重くなります。

LD12RAILFLEXはトゥピースもヒールピースも稼動するDoubleFreeFlexでスキーのたわみをしっかりと表現します。 また、BootscenterAdjustmentで前後15mmづつセンター位置を動かす事ができます。 例えば小回りでは前に、大回りでは後に移動すれば、若干ですがスキーの操作性に変化をもたせることが可能です。
FREEFLEXPLUS14はヒールピースしか稼動しないFreeFlexPlusでカウンターフレックスに対応しやすくなっています。 つまり高速でのスキーのばたつきが抑えられるわけですが、準指の実技にそこまで必要な機能かな?とも思います。

最終的にご本人が決める事ですが、個人的には特にUNITYに不満を感じているわけでなければ、あえて慣れてる板にメスを入れる必要は無いように思います。

また、せっかくビンディングの付け替えをするのであれば『VIST』社のプレートを試してみられるのはいかがでしょうか? W-cupでは主流になっているプレートメーカーです。 競技用プレートではけっこうターン後半のスキーの走りが違います。 いろいろと種類が出ていますので、硬さと高さをご自分のイメージに合う物を選択して付け替えてみるというのもおもしろいんではないでしょうか?

ではでは、来シーズンの準指の試験がんばって下さい!

「こんな考え方もあるんだな」程度で読んで下さい。 準指を受けるという事で専門用語も使わせて頂きます。

基本的な両者の違いはStandHeightと重量と機能の3点になります。
LD12RAILFLEXは『35mm』
FREEFLEXPLUS14+FM550は21mm+16mmで『37mm』
この2mmの違いをあなたがどう感じるかという事です。

LD12RAILFLEXは『2430g』
FREEFLEXPLUS14は『2520g』さらにFM550の重量が追加されますので若干ですがFREEFLEXPLUS14の方が重くなります。

LD12RAILFLEXはトゥピースもヒールピースも稼...続きを読む

Qサンドイッチ構造とキャップ構造

スキーの構造で、サンドイッチ構造とキャップ構造がありますが、それぞれの利点と欠点を教えてください。
また、スノーボードでも同じ構造がありますが、スキーと同じ
利点・欠点ですか?

Aベストアンサー

もともとスキー板は単板から始まり、その後合板を経てサンドイッチ構造になりました。
80年代中~後半から、レースの現場においてエッジによりプレッシャーが掛けやすくするための構造としてキャップ構造が開発されました。
よって一般的にキャップ構造は構造上ネジレ剛性に強いのが特徴です。
さらにキャップ構造は製造工程が少なくでき、軽くて安価に製造できることも相まって、一般のスキー板の構造に広く用いられるようになりました。
しかし、最近のレースの現場では開発サイクルが短期間化し、選手の要求も多様化しています。
このため設計の自由度が高く、精度を確保しやすいサンドイッチ構造が復活してきました。

一般スキーヤーが使用する場合の利点・欠点ですが、キャップ構造の方が安価で軽いこと以外は、実感しにくいと思います。
乗り比べてみると、サンドイッチ構造の方がしっとりしていて、落ち着きのある感じがします。
一方、キャップ構造は悪く言えばパタパタする感じあります。
しかし、あくまでも上級者が乗り比べてみて得られる実感ですので、一般スキーヤーにはこの感覚が得られにくいと思います。

以上は、一般論と個人的な見解を述べたものですので、あらかじめご承知おきください。

もともとスキー板は単板から始まり、その後合板を経てサンドイッチ構造になりました。
80年代中~後半から、レースの現場においてエッジによりプレッシャーが掛けやすくするための構造としてキャップ構造が開発されました。
よって一般的にキャップ構造は構造上ネジレ剛性に強いのが特徴です。
さらにキャップ構造は製造工程が少なくでき、軽くて安価に製造できることも相まって、一般のスキー板の構造に広く用いられるようになりました。
しかし、最近のレースの現場では開発サイクルが短期間化し、選手の要...続きを読む

Qスキー板の耐用年数は?

スキー板の耐用年数は?
 20年前より使用しているスキーのビンディングが壊れました。普通であれば交換を考えるのですが使用回数があまり多くは無かったと言え相当の期間が経過しており通常の使用は危険と言う意見も聞かれます。
スキー靴も一昨年破損した為、廃棄いたしました。35年使用。
スキー本体もこの機会に処分を考えるべきか迷っています。 板は、ロシニョール・カーボンK 2.0m。ビンディングは、サロモン727で当時はそれなりのセットでした。
 皆様の御意見を参考にさせて頂きたいと思いますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私はスキー、ブーツ共約15年使っています。スキーはロシのスーパービラージュ、192cmを履いています。ワックスすれば滑りに支障はありません。ベースがGS系の板のせいかヘタリは分かりません。最近カービングスキーで滑ってみたくなり買換えを考えています。その前の板も約10年履きましたがビンディングの側面が欠けたのを機会に買換えました。ビンディングは怪我を防ぐ大事なパーツなので軽視しない方が良いと思います。
ブーツはサロモン、ヤマハ(今は撤退)と履き続け、共にいずれも10年以上使いましたが、ブーツは古くなると割れることがありますので無用の怪我を避けるため5年以上の長期使用は避けるのが賢明と思います。因みに、ヤマハ製はビスが取れて紛失したので先日買い換えました。
レースでもしない限り、板は半永久的、ブーツは割れる危険性があるので5~10年で履き替えるの良いと思います。

Qホットワックスをしたけど滑りませんでした。

今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。

Qラングのインナーブーツだけを購入できないのでしょうか?

スキーをやっていまして、ラングのレーシングのブーツを履いています。

6年前くらいに買ったので、インナーブーツが ヘタってきました。

シェルも経年変化はしているものの、
最近は滑走日数が少ないので、何とかあと数シーズンはいけそうです。


そこで、インナーブーツだけを購入したいのですが、
普通、インナーブーツだけを購入することはできるのでしょうか?

モデルチェンジはしているものの、ラスト(金型)形状は同じハズなので、
ラングの デモorレーシング系のであれば、インナーは同じですよね?


できるのであればお店なども紹介してください。

シェルだけの購入ってよくありますよね。
そのとき余ったインナーでいいのですが。

Aベストアンサー

購入されたお店に行けるのでしたら、修理という形で「インナー交換希望」を出されては如何でしょうか。
メーカー側のアフターサービスはあるはずですので、少なくとも修理という形なら受けてもらえると思います。
訊いてみる順序としては、「インナーの取り寄せ」「修理」の順でしょうか。
何れにしても、ブーツを所有しているという前提を伝えるのが肝要だと思います。

Qスキーのねじ穴の穴埋めについて

スキー板に付いていたビンディングを取り外した後のねじ穴を自分で埋めたいのですが、どうしたらよいのでしょう???穴埋めに必要になるようなものは市販されているのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私はやわらかいプラスチックの棒(タイラップの素材みたいなの)を はんだで溶かして穴に流しています。少し多めにもってからカッターで周りを傷つけないように削ればいいですよ はんだなければライターで溶かしてみてくださいね
昔 家の中でやったらじゅうたんを焦がしちゃいました! かなり母親に怒られたので注意してください♪

Qスキーのビンディングの位置が気になります

先日K2のfujative(フジャティブ)とビンディングを購入しました。159cmの板なのですが、よく見てみると、ビンディングの位置がやけに後ろ寄りに見えます。板の中心辺りの側面にcore centerというところからmio soleというところまで約7センチメモリが付いており、私のブーツの中心線が丁度mio sole(メモリのテール側の端)の位置と一致しているような状態です。普通ビンディングは多少後ろ寄りだと思うのですが、かなり後ろ寄りに見え、先端が長いので上手く滑れるか心配です。このビンディングの位置は、基準の位置に取り付けられているのでしょうか。また、こちらはフリーライド用の板ですが、普通の斜面やコブを主に滑るつもりで購入しました。滑る上で不便なことになるでしょうか。スキー道具の知識がないもので、どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

え~と、昔のテクニカルマニュアルを掘り起こしてみたんですが、+1、+2…と書かれているタイプのスキーの取り付けは書いてありませんでした。 やはり私がスキー屋でサービスの仕事をしていた時代とは変わってしまったみたいです。 すみません。

とりあえず、fujativeはツインチップのスキーなので、ビンディングはほぼスキーセンター付近に取り付けられるようになります。
また、どんなビンディングを取り付けられたのかわかりませんが、ずれたセンター位置を合わせる為にはもう一度穴を開け直す必要があります。 アトミックのビンディングやESS-BARのビンディングでしたら多少前後させることができますが、基本的にトゥピースの取り付け位置でセンター位置が決まりますのでずれている場合は穴を開け直してのビンディング付け直しになります。
というよりは、本当に間違っているのであれば販売店でクレーム交換にならないとおかしいです。

一番はっきりとした情報はK2ジャパンのサービスセンターが教えてくれます。 こちらがその代表番号ですので、03-3882-4142へ電話をして確認してみるのが疑問を解決する近道です。 平日の日中しか電話が通じませんので明日にでもかけてみてはいかがでしょうか?

え~と、昔のテクニカルマニュアルを掘り起こしてみたんですが、+1、+2…と書かれているタイプのスキーの取り付けは書いてありませんでした。 やはり私がスキー屋でサービスの仕事をしていた時代とは変わってしまったみたいです。 すみません。

とりあえず、fujativeはツインチップのスキーなので、ビンディングはほぼスキーセンター付近に取り付けられるようになります。
また、どんなビンディングを取り付けられたのかわかりませんが、ずれたセンター位置を合わせる為にはもう一度穴を開け直す必要があ...続きを読む


人気Q&Aランキング