人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

直腸癌による骨盤内臓器の全摘手術後15年ほど経ちますが、数年前から尿の濁りを頻繁に繰り返すようになり、その都度の発熱を伴い困っています。近頃は月に1度かそれ以下の間隔で再発します。

尿検査では大腸菌、クレブシエラ、腸球菌など、2種類程度の菌が検出され(時には他種の菌が検出されることあり)、当初はクラビットの数日の服用で回復していましたが、その後起因菌が耐性化してしまい、現在のところファロムやセフェム系の抗生剤が有効。掛かりつけ医師(内科医)から予備のためファロムを1週間分くらいずつ処方されています。
その服用で2~3日日後には症状は解消しますが、4日目くらいまでは尿中にまだ細菌や白血球が少数検出されることがあり、その場合は7日~10日くらいに服用を中止しています。

現在のところ腎機能は異常はみられないようですですが、このように抗生剤の服用を頻繁に繰り返していると菌の耐性化が危惧されるところです。
紹介を受け泌尿器科の専門医師も受診ましたが、「結石などは見られないので尿の流れをよくするように」といった指示を得たのみです。

医師の診断では、原因としては「尿管(或いは導管内)に尿が貯留し、細菌が繁殖して時々腎臓に逆流している」あるいは「腎臓に慢性的に菌が住み付いている」のいずれかだろうといった推測です。
もし原因が前者なら、生活上で尿の逆流を防ぐ方法や注意点はないか、後者の原因なら細菌感染を何とか完治する方法はないか、このような場合どのような専門医の診断を受けたらいいか、などの点をどなたかにご教示いただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も月に数度の腎盂腎炎に悩んだ者です。


クランベリージュースは浴びるほど飲みましたが効果はありませんでした。
私の場合は放射線性膀胱炎でしたが、最終的にバルーンカテーテルを留置しました。
尿路感染予防にビタミンCを摂取しています。
お役に立たない回答で申し訳ないです。
どうぞお大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。バルーン留置とは生活上随分ご不自由なこととお察し致します。
何か“同病相憐れむ”の感ですが、クランベリーは最近は効果について否定的な話が増えてきたようですね。ある程度有効であっても予防効果までは期待できないとのこと。
そこで今は少なくとも無駄に腹圧を掛けるのを避ける(尿の逆流を防ぐ意味で)程度しか策はないのかと思っているところです。

お礼日時:2014/06/14 07:57

可能な限り飲水はされているようですので、パウチ内の尿を頻繁に破棄したり、仰臥位で導管内に逆流しない様に気を付けたり、医学的に本当かウソか微妙なところですがクランベリージュース(濃いのがお勧め)を試してみる、などです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。シロウト的に考えられる基本的な注意点は守っているつもりですが、やはりこの件は再発は防げないというわけですね。
クランペリーの点についても、最近は効果について否定的な話をよく聞くようになりました。
改めてお礼申します。

お礼日時:2014/06/02 16:32

年齢をお書きになっていませんが、


一日の尿量はどうでしょうか?
尿量が減ると、逆流も起きやすくなります。
高齢になると、基本的に水分量が減る傾向があるので、
まずは、この点を注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
一応水分は十分とるように注意しているつもりです。結局確実に防ぐ方策というのはないのですね。

お礼日時:2014/06/02 16:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回腸導管における尿路感染予防について

骨盤内臓器全摘(回腸導管を形成)から15年経ちますが、最近になって尿路感染を繰り返すようになり、その防止のため日常生活面で注意すべき点を教えて頂きたいと思っています。
最初の10年間ほどは特に問題なく過ごしましたが、5年位前から年に1~2回くらい急な発熱と細菌尿を起こすようになり、急性腎盂腎炎と診断され何度か入院し抗生剤の点滴を何度か受けました。
さらに今から1年ほど前からは、微熱(37℃以下)を伴う軽い尿懸濁を月に1~2回くらい繰り返すように変わり、CT検査で回腸導管部に尿の貯留が認められ、腎炎が慢性化している可能性を指摘されました(血液検査では腎機能の大きな異常は認められていない)。
しかし尿から検出される細菌は検査のたびに異なり、大腸菌、緑農菌、れんさ球菌、腸球菌など種類はまざまなので、同一菌の慢性的な感染とも考えにくいと思われます。治療にはそのたびに抗生剤を1週間ほど服用し、またその後の発熱時のためにも抗生剤を予め処方されています。
日常生活上は、水分のなるべく多量の摂取(ただし多量過ぎるとNa濃度が下がる)、クランベリー(エキス)服用、尿の逆流を防ぐ工夫(特に就寝時)、ストマ交換時の注意(アルコール綿による消毒など)などの常識的に思いつく注意は払っています。
またST合剤(バクタ)を常時服用することで防止が可能かもしれないとの医師の診断もありますが、抗生剤を飲み続けるのは最後の手段としてなるべく避けたいという(漠然とした)思いがあります。
そこで何か他によい対処法があればと思う次第です。専門の方のお知恵をお借りできれば幸いです。よろしくお願い致します。

骨盤内臓器全摘(回腸導管を形成)から15年経ちますが、最近になって尿路感染を繰り返すようになり、その防止のため日常生活面で注意すべき点を教えて頂きたいと思っています。
最初の10年間ほどは特に問題なく過ごしましたが、5年位前から年に1~2回くらい急な発熱と細菌尿を起こすようになり、急性腎盂腎炎と診断され何度か入院し抗生剤の点滴を何度か受けました。
さらに今から1年ほど前からは、微熱(37℃以下)を伴う軽い尿懸濁を月に1~2回くらい繰り返すように変わり、CT検査で回腸導管部に尿の貯留が...続きを読む

Aベストアンサー

ANo1です。

 回腸導管という環境の中では、いったん治療して症状が改善しても実際には導管内には多種類の菌が存在していたり、ストマからの菌の侵入が容易であることから、無菌を保つことは不可能です。尿の貯留があれば、その中ですぐ細菌は増殖します。発症時はたまたまその時優勢になった菌が検出されるだけで、菌の種類は常に多種存在しているはずです。
 尿路に感染結石がある場合などは、そこには薬が作用しないのでいったん治療しても、再びその結石から菌が湧き出てくるので優勢になるのが毎回同じ菌種であることもあります。

Q回腸導管て?

回腸導管て何ですか?詳しくても要点だけでもいいですので誰か教えてください!あと、回腸導管の看護も教えてください!いいホームページがあればそれも教えてください!わがまま言ってスイマセン。

Aベストアンサー

参考までに。
回腸導管は膀胱が使えなくなったときに、例えば膀胱ガン、膀胱周囲(尿道、子宮癌、大腸ガンなど)の癌の浸潤によって使えなくなったとき、膀胱を摘出せざるを得なかったときに、膀胱の代わりに腸の一部(回腸)を使って、
膀胱を作ること。
当然尿道も使えませんので、回腸に溜まった尿は回腸と皮膚とつないで(すなわち腹部の)皮膚から出します。
 看護はこの皮膚の先に着けた袋の取り替えと、皮膚周囲の清潔です。


人気Q&Aランキング