「教えて!ピックアップ」リリース!

まつ毛エクステのサロンを開くため、自宅マンションの1室を美容所登録したいと考えています。
美容所登録の条件として、登録区画内に流水設備が必要です。
リフォーム会社に見積もりを依頼したところ、給水は問題ないが、排水が難しく、
廊下を10センチ上げて浴室までのルートを取る必要があると言われてしまいました。
この方法は厳しいので、他の方法がないか探しています。

そこで、自宅マンションの1室を美容所登録したことがある方がいらっしゃいましたら、
どのように流水設備をクリアしたか、教えていただきたいと思います。


●詳細
・美容師免除保持。
・すでにアイリストとして活動しています。
・会社員で、夕方以降と休みの日しか活動しないため、他のテナントや賃貸を借りる予定はありません。
・保健所より、流水設備に、タンクを利用することは不可と確認
・洗面所を美容所登録区画にはできません(生活区間として利用しているため)
・他の条件はクリアしています
・美容所登録は市町村により規定が若干異なる旨理解しています。
・マンションの管理規定もクリアしています


すごく調べ、ほぼ無理なのだろうと諦める・・までに至っていますが、藁をもすがる思いで、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

カテゴリはライフにします。

A 回答 (1件)

《マンションの管理規定》ではなく、「管理規約」とそれに付帯する「使用細則」を熟読すれば、その種の工事が不可能だということが分かる。



管理規定をクリアしていると言うが、そもそも、専有部の内装工事を実施するには、管理組合理事会(理事長)に「工事申請書」(設計図や工事日程表など添付)に加えて、上下左右の部屋の居住者から「工事同意書」を貰い、それらを提出しないといけない。そういう書類提出を受けて、理事会で審議し、で、問題が無ければ、理事会承認となり、それで、初めて、専有部の工事が実施できる。

そういうことが、国交省の標準「管理規約」に記されている。国交省の示す標準をモデルにして、たいていのマンション「規約」は出来ているので、こういうことは、全国一律だと思う。で、躯体全体に影響を及ぼす可能性がある給排水管工事は、まともな理事会ならば承認しない。

皆が皆、給排水管を勝手にいじりだしたら、何時、水漏れが起こるか分からなくなる。少なくても、水漏れの可能性が増す。そして、なにより、不特定多数のお客がマンションに出入りすることで、防犯上の問題も生ずる。挨拶もちゃんと出来ない、見ず知らずの人々が、しょっちゅうマンション内に出入りするということでは、マンションの資産価値も大幅に下がり、一気に、マンションのスラム化が始まる。

店舗としての専有部でない限り、ちょっと、営業は難しい。店舗とか、事務所としての専有部であっても、他の居住者に迷惑を掛けてはいけないという項目もあるので、なかなか「規約」をクリアするのは難しい。勝手に工事をやれば、当事者の負担で「原状復帰(工事)」を理事会から求められる。それに従わなければ、最悪、「共同生活に適さぬ人」として、裁判所に提訴(理事長が原告)されて、「強制退去処分」を受けることになる。

でも、まあ、あるいは、可能かもしれないという疑い(かすかな望み)があるのなら、管理組合の理事長に問い合わせましょう。何も答えられないという丸投げ理事長なら、管理員とか、管理会社(フロントマン)に聞いてみましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

規約、規定について詳しくご説明いただきありがとうございました。

お礼日時:2014/07/02 09:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング