法律関係に詳しい方々にお尋ねします。
日常生活で必要な法律知識を得る為には、どのような勉強をすればよいのでしょうか?

最近、法律に関する知識が必要とされる場面に遭遇する事が多くなってきました。
賃貸契約、雇用契約、交通事故等、その他諸々の契約や、些細なトラブルが起きた際などに
弁護士さんに相談するほどの事ではない(少額の為、費用の方が高くつく)が
相手の提示する条件が、妥当などか妥当でないのか、判断できずに困る事が多々あります。


こちらに法律の知識がない為、不当・不利な契約を結ばされているような気もしますが
果たしてそれが、不利なのか、世間一般的にそういうものなのかどうかが分かりません。
売買契約等で些細なトラブルがあった際も、法に則って交渉ができない為、歯がゆい思いをします。

そこで、気合いを入れて法律の勉強をしたいと思っています。
とは言え、一般会社員ですので弁護士になりたいわけではなく、日常生活で困らない程度の知識が身に付けば構わないのです。
司法書士や行政書士の勉強をする事も考えましたが、司法書士の場合は「登記」、行政書士の場合は「官公庁への届出」が専門分野ときき、自分の求めている物と異なるような気がしました。
それとも、司法書士・行政書士の勉強をすれば自然と日常生活レベルの知識は付く物なのでしょうか。
そうであれば、時間・金銭的にも比較的余裕がある為、資格取得に向けて勉強をしたいと思っています。

また、生活に困らない知識が付くのであれば、資格を得なくても構いません。

法律を生業とされている方からアドバイスを頂けましたら幸いです。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

日常生活に困らない法律知識って、難しいですね。



法律の学習は、ああすればこうなる式に知識のみ詰め込むもののようなイメージがあるかも知れません(かつての私がそうだったので)。しかし、実際は、条文の背後に膨大な理論が構築されていて、それらの理論への理解が不可欠です。

それらの理論を学習するには年単位の時間がかかります。

基本の6つの法律を学習されれば、とりあえずかなりの法律問題への対処力がつくと思います。
しかし、まず勉強すべきは憲法、民法、刑法の3つの法律です。

各法律ともに基本の解説書(受験勉強の世界では基本書と呼ばれます)のページ数は軽く1,000ページを超えます。特に民法は2,000ページを超えると思います。それらは、厳密な定義を持つ多くの専門用語と、複雑な理論構成で書かれています。また、条文や判例集を参照しながら読み進めることになります。一読してマスターできるようなものではなく、何度も反復して学習し、なんとなくわかってくるようなものです。

日常生活に困らない法律知識・・・ということなので、それならば「how to」ものでいいのかもしれません。しかし、やはりそこには理論がないので、法律の学習とは言わないと思うのです。

もし、本気で学習されるのであれば、まずは民法からされることをお勧めします。
民法は法律の中の法律です。

特にお勧めの本は内田貴「民法I」です。他には大村敦志「基本 民法I」でもよいです。初学者の理解に配慮して書かれており、しかも内容的なボリュームも十分です。それらの本と、コンパクト六法などの小型六法、それと判例集を買ってとりあえず読んでみて、それで学問的興味がわいてくるなら、ぜひ継続して学習されるとよいと思います。

法律書は高価なので、そこでまずくじけてしまいそうですが、金銭的にも余裕がおありとのこと。ぜひがんばってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい御回答を有難うございます。
仰る通り、まずは民法が有効な様に思いました。
ハウツー本も好きなのですが、しっかりまずは民法を学びたいと思います。
御回答有難うございました。

お礼日時:2014/07/03 16:18

日常生活に役立つ法律知識を学びたいということでしたら、消費者庁や国民生活センターのホームページを


よく見ることでしょうか。結構トラブル事例が掲載されていますが、法的根拠なども解説されています。
また、刊行物としては「暮らしの豆知識」「ハンドブック消費者」などもオススメ。
(暮らしの豆知識は国民生活センターの、ハンドブック消費者は消費者庁の刊行物です。)
資格では、消費生活アドバイザー、消費生活専門相談員ですね。
(消費生活アドバイザー資格は、日本産業協会主催で、一般向け、消費生活専門相談員は各自治体の消費者センター
にて相談員として働く人のための資格です。)
これ以上は、「法学検定」➡法科大学院ですかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
成程、そういった公式サイトやハンドブックも役立ちますね。
消費生活アドバイザーは確かにそういった問題にも詳しそうです。
視野に入れて学んでゆきたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2014/07/03 16:24

手元において置いて必要に応じて調べるには、次の2点は初学者向き(基本的)で便利ですよ。



(1)『日は常生活の法律全集』(自由国民社)
(2)『口語 民法』(自由国民社)

まずは、ここらへんから始めたら宜しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御返答有難うございます。
初心者でも読めそうな御本を紹介頂き、有難うございます。
早速入手してみます。
有難うございました。

お礼日時:2014/07/03 16:22

ちょっと違った視点からのアドバイスになりますが・・・



>生活に困らない知識が付くのであれば、資格を得なくても構いません。

逆に発想を代えて、資格取得を意識して法律の勉強をされたらいかがでしょうか。

私は、ファイナンシャルプランナー2級と宅地建物取引主任者の資格を取りました。この資格取得のため法律の勉強をしましたが、日常生活でも役に立っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

FPは魅力的ですね。金融関係の知識かと思っていたのですが、法律も学ぶのですね。
そちらの方面も視野に入れて学んでゆきたいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2014/07/03 16:21

#3 さんの回答通りで、そう簡単に理解できる


ものではありません。
相当気合いを入れて勉強しても、何年もかかります。

法律というと、日本語で書いてあるから読めば
何とかなるだろう、と思っている人が多いです。
とんでもないです。
例えば、原子物理学の本を読んだ場合、そもそも
部外者にはちんぷんかんでしょうし、読んだからといって
どうにかなるものでもありません。
それと同じです。

生半可な知識はかえって危険です。
だから専門家がおり、専門家以外は、それで稼いでは
いけない、ということになっているのです。


”賃貸契約、雇用契約、交通事故等、その他諸々の契約や、
 些細なトラブルが起きた際など”
    ↑
そういう部門ですと、民法ですね。
条文だけで1044条あります。

素人向けの書物としては、我妻栄「民法案内」1~10
がお勧めです。
全部で2万円ぐらいになります。

一度読んだだけではどうしようもありません。
何度も繰り返し読むことになります。

本屋か図書館で、少し読み込んでみたらいかが
でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。
具体的な書籍名を教えて頂き、大変参考になりました。
時間がかかってもよいので、まずは読める所から読んでみようと思います。
有難うございました。

お礼日時:2014/07/03 16:19

会社員⇒会社に顧問弁護士契約して貰う事です



個人的には 法律に詳しい人(弁護士・司法書士・法科卒)と親しくなる

自分で勉強してる間に 問題が通り越して行くのではないか・・と思う
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有難うございます。
自分の向上の為にも勉強したいと思っています。
時間をかけて学びたいと思います。

お礼日時:2014/07/03 16:15

現実問題として、弁護士さんですら、特定の分野を専門とするようになっています。



それほどに、法律の枝分かれが多く、さらに末端が絶えず改正されるのに完璧に追いついていく、というのは大変なのです。

また、「相場」についてもそれぞれの業界での手の打ち所というのがあって、得意な弁護士さん・司法書士さん・行政書士さんを通して代理してもらったほうが時間短縮できる(時間を金で買うことができる)というのも事実なのです。

それが、彼ら「士」のつく士業さんたちの儲かる理由ではあるのですが。

以上の意味からすると、現行法じゃなくても大まかにどういう法律があるか、というのを知るには、司法書士・行政書士さん・税理士さんの勉強する本や、知りたい事案の説明が書いてある法学コーナーの参考書などを立ち読みして、わかりやすいものをお買い求めになるのが良いかもしれません。

(技術士や弁理士は説明不要かと思いましたので省略しております)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御返信有難うございます。
成程、弁護士の方でも特定分野を専門とされているのですね。
ご指摘の通り、「相場」はありますね。
大きな問題を抱えている場合は弁護士さんに依頼するのですがあまり些事でその都度弁護士さんを依頼しているわけにはゆきませんので・・・・と思った次第です。
法学書をひとまず参考にさせて頂きます。

お礼日時:2014/07/03 16:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律を勉強したいと思ってますが何をしたらいいかわかりません。

私は建設会社の経理事務です。気は弱く頭の回転もそんなに速くなく記憶力は悪いほうです。仕事はまじめにがんばってやっとできてます。
31歳女性ですがこんなにたよりなくていいんだろうかと思ってます。
将来、結婚出産にむけて、それとそろそろ母親(母子家庭です。)を守る立場になる年齢ですが、こんな私なので将来が怖いです。自信をもつために法律を勉強したいと思います。ですが、資格取得が目的ではありません。生活していくうえでの法律、経理をしていくうえでの法律を学びたいです。何をどうやって勉強したらいいのでしょうか。高卒です。資格は簿記2級とか。勉強が苦手な私でも(がんばるつもりですが)何をどうやって学んだらいいか、またはおすすめのスクールを教えてください。

Aベストアンサー

 とっても頑張っているのが文章からわかります。むしろがんばりすぎなくらいです。
 「自信を持つため」など、資格を目的としないのであれば本屋さんや図書館などにおいてある暮らしの法律知識が載っている本を読んでみたらどうでしょうか?そういうジャンルのコーナーが大抵置いてありますよ。交通事故や結婚、仕事など身近なトラブルの例が分かりやすく書いてあり、万が一困ったときにどうすればよいかを学べます。六法や専門書を読まなくても日常生活では十分すぎるほど使えます。
 そして、「もっと法律の勉強をしたい」とか「法律で稼ぐ」って思ったら資格取得のスクールに行くとか通信講座を受ければいいと思います。スクールは結構高いですし、資格取得を目的にしていますから。
 

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む

Q離婚をするが、家の名義が夫の場合どのようにすればよいか教えてください。

離婚をすることになり、夫が出て行き、私と子供が住むことになったのですが、住宅ローンの残債がまだあり、家の名義も支払いも夫になっています。残債を一括で支払うこともできませんし、私は無職のため、住宅ローン自体を私(妻)名義で借り換えることもできません。
よって、住宅ローンの名義自体は、今までどおり夫のままにして、夫が慰謝料代わりに支払いをし、ローン完済後に不動産の名義変更をしようと思うのですが、その約束として、財産分与協議書には具体的にどのように記載すればよろしいのでしょうか?
また、ローン完済まで長い期間、不動産の登記上は夫であるため、夫が勝手に処分したりしないように、したとしても無効にできるように公正証書などで対策をとることは可能でしょうか?
もし、可能なのであれば、具体的にどのように記載すればよろしいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1様の回答にありますように出来ません。
家の名義は夫ならばローンも夫でないといけません。
あくまでも夫が住んで、夫との契約です。
それを個人の離婚問題でかえることはできません。
貴女が無職ならば当然、銀行ローンは組めないでしょうし、最初の保証人の代わりも探さないといけません。
こういったご質問が多いのでいつも不思議なのですが、この質問がどれだけ危険かわかりますか?
貴女がローンを払えない。
夫は慰謝料と養育費といいながら勝手に売却することを想定内としている。
結局、夫のローンをひきつげるのは稼ぎのある妻と別れても信用関係の出来ている夫婦です。
もっといえば信用関係があればこんな公正証書は必要ないし、非道徳的な公正証書を作成することもできません。
貴女が母子家庭でもし病気になって働けなくなった場合も福祉を受けようにも持ち家、夫の名義に住んでいると色々な制約がでますよ。
もし夫と信頼関係が築けるならば夫に相談しましょう。
あくまでも夫婦の話としてのことです。
確実な母子家庭を目指すならば家はもったないでしょうが処分するか夫が住む。
貴女と子供は市町村の運営する市営住宅などに入居(家がある場合は普通は入れません)し、養育費と慰謝料を公正証書に残すことです。
それが一番確実ですよ。

No.1様の回答にありますように出来ません。
家の名義は夫ならばローンも夫でないといけません。
あくまでも夫が住んで、夫との契約です。
それを個人の離婚問題でかえることはできません。
貴女が無職ならば当然、銀行ローンは組めないでしょうし、最初の保証人の代わりも探さないといけません。
こういったご質問が多いのでいつも不思議なのですが、この質問がどれだけ危険かわかりますか?
貴女がローンを払えない。
夫は慰謝料と養育費といいながら勝手に売却することを想定内としている。
結局、夫の...続きを読む

Q訴えるぞ! 警察に通報するぞ! は脅迫になるか?

脅迫になるでしょうか?
勿論
「てめえこの野郎、訴えるぞ! ぶっ殺すぞ!」とか
「貴様警察に通報するぞ! 月夜の晩だけじゃねえぞ!」
「もうじき、おまわりがてめえの家に押しかけてくるだろう! 楽しみに待ってろよ!」
などの、危害を加える旨の文言を付加したり乱暴な言葉づかいをせずに、純粋に

「貴殿の主張の法的根拠が不明です。
 公明正大に解決したいと思います。
 よって法的手続きに乗せてください。」とか

「貴殿の行為は違法行為に当たります。
 よって警察への通報を検討します。
 これ以上、当方に対する違法行為を続ける場合は躊躇なく必ず警察へ通報いたします」とか

「当方は弁護士と相談の上訴訟を提起する準備をしております。
 法廷でお会いしましょう」

というように冷静に、訴訟提起の予定や警察通報の予告をすることは脅迫罪に当たるでしょうか?

また訴訟提起の予定や警察通報の予告をすることで相手の行動に制限を掛けること(暴力や嫌がらせを辞めさせるとか、あるいは相手が自分に都合のいいことばかりを警察や弁護士に吹聴することを辞めさせること)は強要罪、そのほかの法律違反に当たるでしょうか?

脅迫になるでしょうか?
勿論
「てめえこの野郎、訴えるぞ! ぶっ殺すぞ!」とか
「貴様警察に通報するぞ! 月夜の晩だけじゃねえぞ!」
「もうじき、おまわりがてめえの家に押しかけてくるだろう! 楽しみに待ってろよ!」
などの、危害を加える旨の文言を付加したり乱暴な言葉づかいをせずに、純粋に

「貴殿の主張の法的根拠が不明です。
 公明正大に解決したいと思います。
 よって法的手続きに乗せてください。」とか

「貴殿の行為は違法行為に当たります。
 よって警察への通報を検討します。
 これ...続きを読む

Aベストアンサー

「万引きは、内容に関わらず全て警察に通報します」など、お店にも良く貼ってありますよね?
そのように、法的根拠に基づく正当な対応である場合は脅迫はなく、「警告」だと思います。


「暴力や嫌がらせを辞めさせるとか、相手が自分に都合のいいことばかりを警察や弁護士に吹聴することを辞めさせること」は正当な権利ですから、問題ないでしょう。
というか傷害や名誉棄損で実際に訴えるべきですから、それ(^^;


ただし、悪徳金融などで不当な利子を請求しているちか、オレオレ詐欺のように本来は自身に正当性が無いのに、素人に「法的手段」をちらつかせて従わせる意図をもって例文を出してきたのであれば、強要罪が成立する可能性があります。
ワンクリック詐欺などもそうですね。『ご登録ありがとうございました。〇〇万円を5日以内にお支払い頂かない場合は、法的手段によって回収させていただきます』なんて一方的に送りつけてくるやつ。ああいうのは「だまし行為」に分類された犯罪行為で、時には「詐欺」罪に相当することもあるのですが、上記文書だけでは(今の法律上は)罪が成立するとは言い難いところ。だから消費者センターも「無視しましょう」としか指導できないんでしょうね。

「万引きは、内容に関わらず全て警察に通報します」など、お店にも良く貼ってありますよね?
そのように、法的根拠に基づく正当な対応である場合は脅迫はなく、「警告」だと思います。


「暴力や嫌がらせを辞めさせるとか、相手が自分に都合のいいことばかりを警察や弁護士に吹聴することを辞めさせること」は正当な権利ですから、問題ないでしょう。
というか傷害や名誉棄損で実際に訴えるべきですから、それ(^^;


ただし、悪徳金融などで不当な利子を請求しているちか、オレオレ詐欺のように本来は自身に...続きを読む

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q法律用語の蓋し

法律用語の蓋しは偉い学者が誤用して定着してしまったという話を聞きましたが本当ですか?
「なぜなら」みたいな意味で使われていますよね。
広辞苑でしらべてみたら、「考えてみるに」という意味があるので、誤用というわけでもなさそうなので、気になります。誤用が一般化して辞書にも載ったということかもしれませんが……
誰のどんな使い方が誤用ということになったのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

「けだし」を国語辞典で引くと通常の意味は、次の2つです。
(1)かなりの確信をもって推量する意を表す。→「確かに」、「おそらく」、「たぶん」
(2)疑いの気持ちをもって推量したり仮定したりする意を表す。→「もしかしたら」、「ひょっとしたら」
これだけでも、だいぶ違いますね。(笑)
まあ、しかしそれでも、「思うに」、「考えてみるに」と約せばなんとか通じますね。

ところが、法律用語ではなんと「なぜなら」になっちまうんですね、これが。
質問者さんが言われたえらい学者が誰かは存じませんが、我妻栄先生の名著「民法講義」によく出てくる表現です。日本語としてはおかしいですね。
で、気になって調べてみると、もっともっと昔から使われているようです。
たとえば、「憲法義解」(伊藤博文著』(明治22年)あの大日本帝国憲法の解説です)。
また、北海道旧土人保護法案理由書(明治32年制定)にも、「北海道旧土人の保護に関しては、一視同仁の叡旨を奉し、明治初年よりこれが方法を講したりとするも、
未だ十分にその目的を達するに至らす、蓋し旧土人の皇化に浴する日向浅く、その知識の啓発、頗る低度なりとす。」という記述も見つけました。

このように、「蓋し」の誤用は古く、明治初期の昔にさかのぼるもののようです。
古い判決では、「蓋し」が頻繁に使われていましたが、最近は少なくなっているように思います。

「けだし」を国語辞典で引くと通常の意味は、次の2つです。
(1)かなりの確信をもって推量する意を表す。→「確かに」、「おそらく」、「たぶん」
(2)疑いの気持ちをもって推量したり仮定したりする意を表す。→「もしかしたら」、「ひょっとしたら」
これだけでも、だいぶ違いますね。(笑)
まあ、しかしそれでも、「思うに」、「考えてみるに」と約せばなんとか通じますね。

ところが、法律用語ではなんと「なぜなら」になっちまうんですね、これが。
質問者さんが言われたえらい学者が誰かは存じ...続きを読む

Q女性のSEはどんな感じなのでしょう?

はじめまして。
私は就活中の学生です。

プログラミングは学校の授業でかじった程度なので
これから勉強しなければならないことがたくさんあ
りますが、漠然とプログラミングが面白いと思いま
した。

私は人と接することが好きなのでそういった仕事と
は無関係だと思っていましたが、SEは人との折衝能
力も求められる仕事だということを知り、とても興
味を持ちました。

最近からSEを募集している説明会などに行き始めま
して、メーカー系・ユーザー系・独立系の違いをよ
うやく理解した段階です。
そのそれぞれにメリットやデメリットがあることがわ
かりましたが、どの方向に進むかはまだ決まっていま
せん。

しかし、男性に比べで女性は残業をさせづらいという
のも理由の一つなのか、周りを見ると男性の方が圧倒
的に多いです。

私は女性ですが、体力面・精神面での忍耐力には自信
があります。

もし、女性にとって働きやすい企業について何か情報
となるものがありましたら教えていただきたいです。

また、男性の方から見た女性SEのイメージや、女性SE
の方で職場でつらかったことなどを教えていただけた
らありがたいです。

レベルの低い質問かもしれませんが、よろしければご
回答をお願いします。

はじめまして。
私は就活中の学生です。

プログラミングは学校の授業でかじった程度なので
これから勉強しなければならないことがたくさんあ
りますが、漠然とプログラミングが面白いと思いま
した。

私は人と接することが好きなのでそういった仕事と
は無関係だと思っていましたが、SEは人との折衝能
力も求められる仕事だということを知り、とても興
味を持ちました。

最近からSEを募集している説明会などに行き始めま
して、メーカー系・ユーザー系・独立系の違いをよ
うやく理解した段階で...続きを読む

Aベストアンサー

現役SEです。もちろん女&子持ちです。
#とっても、長くなりました・・・・

#3の仰るとおり、企業内の女性の割合、女性管理職が女性技術職の何%で、男性の管理職との比率と同じか、育児休暇の取得実績は大事かと思います。

また、それにプラスαとして、在宅勤務制度があるか、長期休職時の技術フォローをどの程度してくれているかも大事かと思います。

#長期休職=育児休暇と思われがちですが、既婚女性では親の介護も男性より多く取得する傾向にあります。

SEとして、大変だなあと思ったことは、新しい技術がどんどん出てくることです。常に勉強です。常に自分が最新技術も身に付け、なおかつ過去の資産であるものに対しての技術も身につけなくてはいけないということですね!!
(言語に対してもだが、ミドルウェア、ハードウェア、OSに対してもですね)

質問者さまは、プログラムが面白い、人と接することが好き、そして人との折衝能力も求められる仕事だということを知って興味を持ったとのこと・・・

残念ながらプログラムはPGの作業です。(中小企業のソフト開発系企業は、PGもSEも両方やることが多いですが・・・)確かにSEになるにはPGの要素が必要なため、まずPGからはじめることが多いようです。
但し、プログラムをしっかり勉強したい場合はソフトウェア開発を行っている企業&部署でなくては、最初に1,2ヶ月の研修で数種類の言語研修を行って、その後まったくコーディングしていない!!てことも多々あります。

SEは、顧客の仕様を理解し、顧客から使いやすいと思われる製品構成を提案、理解していただき、なおかつ顧客側のリスクを削減してあげるのが仕事です。そのための、設計と実際開発を行うPGの管理及び提供するシステムに対しての安全性が確立いているかチェックをするのが仕事だと思っています。
#割と多いんですよ!!『動けばいいじゃん!!』なんて思っているSEとPG・・・おかげでいろいろなところでつぎはぎして・・・

特に徹夜して無理やり作ったもの、過度な残業で疲れた体に鞭をうち作ったもの・・・頑張ってくれた人に感謝しつつも、冷静に判断をし、ダメなものはダメ!!時間が足りないのなら、スケジュール調整も行う(顧客に対してもですね!)そのための折衝能力は必要ですね。
#技術側には納得するような技術的指摘、顧客に対しては、技術的な言葉抜きで納得してくれるように説明・・・

私も、子供ができる前は基幹系業務でバリバリ徹夜ありで働いていました。
最初の3年~5年が勝負ですね!!私からすると、この業界で3年経っても責任のある業務に就けない人は適正がない!!5年経って設計書及び計画書が書けない人も適正がないです。(最低でも設計書かな・・・)
#前者の場合は、PGとしての適正、後者の場合はSEとしての適正です。

子供ができた時、会社と相談し社内製品開発業務の部署に変更していただき、自宅で作業が可能な状態を会社の方から提供していただきました。
(在宅勤務可能な部署への変更をしてもらいました・・・)
その間、もともと基幹系のスキルが高かった(顧客からの信頼度が高かったらしい)ため、顧客先より、育児休暇明け(私は1年とりました)に10:00~15:00でいいから、打ち合わせだけでいいから来てくれませんか?といわれました。よって、育児休暇明け1年位は何故か部署掛け持ち状態で働いていました。その後、基本は自社で製品開発系の業務、残業が必要な過渡期には15:00位まで自社に出勤し、部下の作業状態、打ち合わせetcをこなし、作業指示を行い自宅で自分の作業を行っていました。
で、今は、、、別部署に拝み倒され顧客先に常駐して作業しています。(半年の予定がそろそろ1年になろうかとしています。。。)

因みに、外資系、日本系の話も出ているので。現在私は日本系の企業で働いています。外資系企業からの引き抜きで・・・

外資系企業->女性でも、子持ちでも平気で海外出張ありました。子持ちの先輩方を見て大変だなぁ~なんて思っていました。海外出張のときベビーシッターを会社の経費で派遣してくれるらしいが・・・
日本系企業->最近はだいぶましになりましたがやはり男性優遇みたいなところが垣間見れます。(上司によって違うけど・・・)

で、私が外資系から日本系企業に移った理由はとっても単純なんです。英語が嫌いだから。。。外資系となると英語は話せてあたりまえ、、、人によっては数ヶ国語、、、私は、英語読めるけど話せないんですよ。。。どうも発音が悪いらしくってなかなか通じない(日本人英語ってやつですね、、仕事じゃ通じない)、ヒアリングもゆっくり話してくれる人はなんとか聞き取れるけど早口な人は・・・
で、基幹系の仕事をしていたとき4年目途中でトラバーユ、日本系企業に移って今に至るわけです。
子供産んだのも日本系企業に移ってからです。

#だからって、IT業界は英語マニュアル読む機会がおおいから英語はある程度できたほうがいいですよ(^^)

>私は女性ですが、体力面・精神面での忍耐力には自信
>があります。
いいことです。特に忍耐力必要になります。。。あとは、協調性が大事ですねまた、性別、年齢にこだわらず楽しく会話ができること男性が多い職場でも楽しく仕事ができますよ・・・八方美人では困りますが。。。

で、最後に私の今の立場は???
グループリーダー(主任といった方がわかりやすいかな?)ですね(^^)
因みに、私の所属している部署のマネージャー(部長クラス)は男性ですが、次の位であるエキスパート(課長クラス)は女性です。で、その下にリーダ(係長クラス)女性1名、男性2名、グループリーダー(主任クラス)女性2名の構成で、部署的には協力会社含めると40名~50名います。他の部署に比べ女性が多いのです。理由は社内製品の開発部署のため時間調整がやりやすいことが最大の理由ですね!!因みにグループリーダー以上の女性は全て既婚者、内私含めて3名が子持ちです。

では、参考までに・・・就職活動頑張ってくださいね

現役SEです。もちろん女&子持ちです。
#とっても、長くなりました・・・・

#3の仰るとおり、企業内の女性の割合、女性管理職が女性技術職の何%で、男性の管理職との比率と同じか、育児休暇の取得実績は大事かと思います。

また、それにプラスαとして、在宅勤務制度があるか、長期休職時の技術フォローをどの程度してくれているかも大事かと思います。

#長期休職=育児休暇と思われがちですが、既婚女性では親の介護も男性より多く取得する傾向にあります。

SEとして、大変だなあと思ったことは...続きを読む

Q民事裁判とは、どのようなものですか? 経験者の方、教えて下さい。

こんばんは。

民事裁判経験者の方に質問です。 

民事裁判とは、どのようなものですか?

訴訟の提起から裁判終了までの流れに沿って教えて下さい。

裁判を経験した感想等も伺えたら助かります。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍しくありません。

原告が申し立てたことのひとつひとつについて、被告は、
1.認める
2.争う
3.知らない
のいずれかを申し立てるのが原則です。

認めるといったものは、真実ではなくても、原告の言い分が真実となります。
争うといったものは、立証義務がある方が、証拠をもとに証明します。証明できないと、真実であっても、うそだということになります。

最終的に双方の陳述(といっても、文書のやりとりですが)、が終了すると、裁判官が判決を書きます。

その間、判決ではなくて、和解しないかという打診が裁判官から何度もあります。互いに合意すれば、判決と同じで、強制執行などもできます。

双方が納得しなければ、判決ということになります。
裁判官は、原告の言い分が多分正しいのだろうなと思っても、原告が証明しきれてないと、正しいという判決は書けません。

つまり、裁判は、裁判官が正否をジャッジするのではなく、証明できるかどうかの争いなのです。

だからウソが飛び交います。そのウソを証拠で突き崩していくことになります。

素人でも裁判はできますが、文書のやりとりですから、文書力と証拠がカギです。

未経験の方が争えば、負けてしまいます。弁護士の助力は不可欠でしょうね。

民事訴訟の約30%は本人訴訟といって、弁護士に依頼せずに自分で争っている訴訟です。

まず、原告が訴状を書き、裁判所に提出します。訴状には書式があって、一応それに沿って書くことになります。穴埋めすれば書けるような用紙が裁判所においてあります。

訴状は相手に送達され、第1回の期日が決まります。
一応、原告、被告が揃って裁判所で争うのが原則ですが、民事訴訟はほとんどが書面での陳述つまり、文書でのやりとりになります。それが、何度も何度も続いて、2~3年以上争っている事案は珍し...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

Q40歳からの資格取得(司法書士)及び就職状況について

司法書士という資格に興味をもっています。
資格取得後の話ですが、40台での就職(それも地方!)状況はどうなのでしょうか?
独立開業は考えておらず、法律関係の事務所勤務希望です。
今までのQ&Aには目を通したつもりです。
とりあえず、合格して地元の司法書士会に履歴書を送れば、法律事務所から連絡がきて何とかなる!という意見があったのですが、それにしても年齢や性別(女)で、難しかったりするものなのでしょうか?
自分の強みとしては、英語がそこそこできる(TOEIC800点)くらいなのですが、これも地方だと余り関係ないものなのでしょうか?
まずは合格するのが先なのですが、資格だけとっても・・・となることは避けたく、情報を求めています。
予備校の説明は、ちょっとバラ色すぎるようで。
実務関係者の正直ベースでのご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。地域にもよるでしょうが、自己破産で1件20万円前後じゃないですかね。
弁護士が40万円前後でしょうから、まあ半分くらいでしょう。
非効率といっても、近頃はそれ専用のいいソフトもあるし、慣れればどういう事はないみたいですよ。
これからも多重債務や破産は増えるでしょうから、そういう面を開拓していけば、食いっぱぐれはないでしょう。
新人でも1年目から事務員を雇って、羽振りのいいのはいる(^^;)


>>Uターン就職の選択肢として考えているのが甘いんだろうなとは思ってます。

地方というのがどの位の人口の都市かわかりませんが、合格したら開業するのが前提として考えた方がいいでしょう。
質問者さんは女性という事なので、地方では女性司法書士は少ないから、開業してもその点は有利でしょう。
大都市でないのなら、土地家屋調査士・行政書士の資格は取っておいた方がいい。
その資格があれば、登記関係は全部引き受けられますからねぇ。
土地家屋調査士の仕事が来れば、司法書士の1件の単価とは1桁違いますからスポットで来ればボーナス気分になります。


>>司法書士という仕事の喜びややりがいなど、教えていただけたら幸いです。

登記は、誰がやっても結果は同じ。金額が高いか安いかだけ。
依頼者が金を払って、司法書士が当然の報酬をもらうビジネスライクの関係です。

やはり、困っている人を助ける事が喜びになるでしょう。
例えば、法律に無知な人で、悪徳商法にかかってる人を救うとか。
クーリングオフの文章は行政書士でも書けますが、折衝や訴訟は司法書士の分野になります。
簡易裁判所の範囲(140万円迄)の事案は、報酬の関係で弁護士はなかなか引き受けないのでねぇ。
多重債務者も、ワラにもすがりたい気持ちですから、救ってくれた人間には感謝をしますよ。
そういう面では、司法書士の仕事はやりがいがあるでしょう。

後、本当に司法書士に合格しようと思ったら、司法書士の受験指導校は慎重に選ばなければいけません。
勉強をした1年間の時間を損をします。(私の過去ログも参照)
難しくなってますし、合格者の年齢層も若くなってますからね。

いずれにしても、よく考えて結論を出して下さい。
頑張って下さい。

>>少なし・・・で、それでも仕事を選ばなければ、なんとか食べてはいける・・・ということなのかな?と。
>>地裁の書記官をやっている友人も、試験の大変さのワリには仕事内容や報酬が報われないという意味
>>で、余りオススメではないと言ってました。

そうですね。
新人は、司法書士の中の資格内資格である簡易裁判所代理権の資格を取って、訴訟やそういう面倒な
債務処理をやる事で活路を見出しています。
ベテランの司法書士は、登記をやった方が効率がいいから、あまりやりたがらない。
低額ねぇ。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報