最近小説を読み始めたのですが、書店の入口に並んでいるような人気作やメジャーな小説しか読んでいません。しかもなかなか自分にとって最高だと思える一冊に出会えていません。
そこで伺いたいのですが、以下の条件でオススメの小説はないでしょうか。
・現実味がある(現実世界である)が、少しファンタジー要素がある
・読み終わったあと心が温まる
このような感じなのですが、今まで読んだ中で近かったのは「つなぐ」「カラフル」です。
病気で亡くなる感動系や、悲劇系のものは好きじゃないです。
これはゲームになるのですが、DSのレイトン教授の時間旅行や悪魔の箱のような雰囲気が大好きです。
よろしければ助言お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「扉守」(光原百合・文春文庫)中国地方の街で、ちょっと不思議なできごとを集めた奇譚集。


「コンビニたそがれ堂」(村山早紀・ポプラ文庫ピュアフル)黄昏時にだけ現れる不思議なコンビニ、たそがれ堂。
「ぶたぶたシリーズ」(矢崎存美・光文社文庫)ちょっと不思議で、ちょっとさみしくてこころあたたまるシリーズです。
「テルミー」(滝川廉治・集英社スーパーダッシュ文庫)「死を想う」物語としておすすめです。
「ペンギン・ハイウェイ」(森見登美彦・角川文庫)とてもかしこい小学生が、憧れのお姉さんと一緒にペンギンの謎を追う夏の物語。
「鈴の神さま」(知野みさき・ポプラ社)山の上に住んでいる、昔の言葉の幼子。彼の正体は……?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「コンビニたそがれ堂」。とても自分好みな作品だと思い、書店で予約しました。その他の作品も是非読んでみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:40

メジャーな小説ですが好き嫌いがあると思います。

よしもとばなな作品。

少しファンタジーですが、ありえないような設定を使いつつ、かなり現実の世界を反映させていると思います。

心は温まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

条件に沿ったお答えありがとうございます。
心温まる作品に出会えるきっかけに感謝します。
ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:47

「座敷わらし」をモチーフに家族の絆を描いた作品で


荻原浩 愛しの座敷わらし (上・下)
http://www.amazon.co.jp/dp/4022646071
http://www.amazon.co.jp/dp/402264608X


ファンタジーとミステリが入っている青春物語で
那須田淳 一億百万光年先に住むウサギ
http://www.amazon.co.jp/dp/4652077874
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまで貼っていただき感謝します。
是非読ませていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:45

香月日輪『桜大と不思議の森』


http://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A4%A7%E3%81 …

乙一『箱庭図書館』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784087451313
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまで貼っていただき感謝します。
二作品とも読ませていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:42

悲劇じゃなくて寂寥感のある幕引きという感じでしょうか。



心霊探偵八雲(神永学)
 死霊を見ることの出来る大学生が警察に協力して殺人事件に臨みます。

鹿男あをによし(万城目学)
 学校教師が巨大な呪術儀式に巻き込まれます。
 同作者の「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」もそうですが、話の締めがほんのり爽やかです。

ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)
 本を読めない男性が本の知識に異常に秀でた古本屋店主と出会い、本にまつわる謎解きに関わっていきます。
 ファンタジーではありませんが似た雰囲気なので一応ピックアップ。

宮部みゆきの時代小説・心霊もの
 江戸の暮らしとその暮らしに忍び込む霊が細かに描かれています。
 「ぼんくら」「霊験お初」「三島屋変調百物語」などのシリーズも良いですが、
 シリーズものの敷居が高ければ短編集でも良いかと思います。
 個人的にお勧めなのは「幻色江戸ごよみ」収録の「庄助の夜着」。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの作品、オススメの作品を教えていただきありがとうございます。
ひとつずつ読んでみます。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:36

リチャードバックのイリュージョン


パウロコエーリョのアルケミスト

なんてどうかな

精神世界の文学みたいな感じです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

精神世界の文学ですか。気になります。
是非読んで見たいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹の小説を読んでみたいです。 私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さん

村上春樹の小説を読んでみたいです。
私は小説を読むことが好きで色々と読んでいたのですが、村上春樹さんはノルウェイの森しか読んだことがありません。以前までは大丈夫だったのですが最近はグロテスクな表現やハードボイルド系の小説が苦手で、山田悠介さんや太宰治などは読めなくなってしまいました。そういった表現がないものでオススメを教えて下さい。

Aベストアンサー

「回転木馬のデッドヒート」はどうでしょうか。
読みやすいわりに奥の深い短編集です。

下記の書評の中で同じことを書いてる人がいますが、私が初めて読んだ村上春樹の本で、結局今でもこれが一番好きです。

書評
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E6%9C%A8%E9%A6%AC%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%91%E4%B8%8A-%E6%98%A5%E6%A8%B9/dp/4062749068

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html

Q読書の秋 読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏

読書の秋
読書の秋ですね。私は一冊読んで好きになると、その作家さんばかり読んでしまうのでどうしても偏りが出てしまいます。
そこで、皆さんのおすすめの作家と作品、出来れば感想(短くネタバレ無しで)を教えて下さい。吉田修一さん、湊かなえさん、浅田次郎さん、瀬戸内寂聴さんは、かなり読んでしまったので他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。心理描写がおもしろいです。

ナサニエル・ホーソーン『緋文字』。罪を犯してしまった牧師の苦悩が見事に描かれています。

シオドア・ドライサー『シスター・キャリー』。いなかで育った娘が都会に出てきて、さまざまな経験をする。都会とは何か?富とは何か?成功とは何かを考えさせられる作品。

フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー(華麗なるギャツビー)』。繁栄の1920年代、だれもが富の追及に夢中になっていた時代、超越的な理想主義を追い求めた主人公の姿が、悲しくも美しい。

参考までに。

庄子薫のものが最近また文庫で読めるようになりました。『さよなら快傑黒頭巾』、『赤ずきんちゃん気をつけて』などは人気があります。昭50年頃に圧倒的な人気を得た作品ですが、不思議なことに、今読んでも古くない。軽妙な語り口がいいです。

柴田翔『されどわれらが日々』。これまた超ロングセラーで静かに読まれ続けています。この作品を嫌う老人もいるけれど、若さっていいな、と感じさせる純文学です。

レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』。少年が書いた世界的傑作です。三島由紀夫なども絶賛しています。...続きを読む

Q非現実的な作品や、恋愛小説で、お勧めの小説。

小説を探しております。
最近は、出版数も多く、なかなか探すのが大変で、
それゆえ、お尋ねいたします。

好きな作風は、内容的に、非現実的なものが好きです。
特に、時代設定は現代、もしくは近未来ほどで、人物や、設定が現実とは違うような作品が好きです。

他に、恋愛小説なども好きです。

希望としましては、作品の内容より質が高いほうが好ましいです。

このような、内容の作品。また、このような作風の作家さんを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

山尾悠子。伝説の美文家。美文といっても華麗とか絢爛とかいうのではなくて、透明かつ硬質、という評語がまずは来る。長年の沈黙を破って最近『ラピスラズリ』を上梓。

まずは図書館で処女出版『夢の棲む街』(ハヤカワ文庫)を探してみてください。

有名どころだと誰の文章に似てるか、と訊かれたら、最近亡くなった倉橋由美子を蒸留器にかけてどんどん火を燃して容赦なく無意味に純化した感じ、とねじれた答をします。思わせぶりは何もなし、とにかく徹底して意味がない。ただただ非情な美しさが連続するのみ。

この人は写真で見ると、ほんとに素晴らしい美貌の持ち主で、デビュー当時みんなひっくり返って驚いたもんです。こんな美人がこんな小説書くわけ? ありえねえ。すごすぎ。

まあ容姿は関係ないか。関係ないですね。なにはともあれ復活なさって目出度いかぎり。

あー、この人の書くものは色恋の要素は零です。が、あとはご希望にことごとく添うものと思われます。

Q推理小説などで現実で実行してもバレなさそうなトリックが出てくる小説を教えてください。

推理小説などで現実で実行してもバレなさそうなトリックが出てくる小説を教えてください。

Aベストアンサー

あるミステリー作家のエッセイの中で
完全犯罪を思いついたが、あまりに完全犯罪なので
真似をされるとこまるので、小説に書けないというのがありましたね

そういうのはあるでしょうね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報