最近小説を読み始めたのですが、書店の入口に並んでいるような人気作やメジャーな小説しか読んでいません。しかもなかなか自分にとって最高だと思える一冊に出会えていません。
そこで伺いたいのですが、以下の条件でオススメの小説はないでしょうか。
・現実味がある(現実世界である)が、少しファンタジー要素がある
・読み終わったあと心が温まる
このような感じなのですが、今まで読んだ中で近かったのは「つなぐ」「カラフル」です。
病気で亡くなる感動系や、悲劇系のものは好きじゃないです。
これはゲームになるのですが、DSのレイトン教授の時間旅行や悪魔の箱のような雰囲気が大好きです。
よろしければ助言お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「扉守」(光原百合・文春文庫)中国地方の街で、ちょっと不思議なできごとを集めた奇譚集。


「コンビニたそがれ堂」(村山早紀・ポプラ文庫ピュアフル)黄昏時にだけ現れる不思議なコンビニ、たそがれ堂。
「ぶたぶたシリーズ」(矢崎存美・光文社文庫)ちょっと不思議で、ちょっとさみしくてこころあたたまるシリーズです。
「テルミー」(滝川廉治・集英社スーパーダッシュ文庫)「死を想う」物語としておすすめです。
「ペンギン・ハイウェイ」(森見登美彦・角川文庫)とてもかしこい小学生が、憧れのお姉さんと一緒にペンギンの謎を追う夏の物語。
「鈴の神さま」(知野みさき・ポプラ社)山の上に住んでいる、昔の言葉の幼子。彼の正体は……?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「コンビニたそがれ堂」。とても自分好みな作品だと思い、書店で予約しました。その他の作品も是非読んでみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:40

メジャーな小説ですが好き嫌いがあると思います。

よしもとばなな作品。

少しファンタジーですが、ありえないような設定を使いつつ、かなり現実の世界を反映させていると思います。

心は温まります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

条件に沿ったお答えありがとうございます。
心温まる作品に出会えるきっかけに感謝します。
ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:47

「座敷わらし」をモチーフに家族の絆を描いた作品で


荻原浩 愛しの座敷わらし (上・下)
http://www.amazon.co.jp/dp/4022646071
http://www.amazon.co.jp/dp/402264608X


ファンタジーとミステリが入っている青春物語で
那須田淳 一億百万光年先に住むウサギ
http://www.amazon.co.jp/dp/4652077874
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまで貼っていただき感謝します。
是非読ませていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:45

香月日輪『桜大と不思議の森』


http://www.amazon.co.jp/%E6%A1%9C%E5%A4%A7%E3%81 …

乙一『箱庭図書館』
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784087451313
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまで貼っていただき感謝します。
二作品とも読ませていただきます。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:42

悲劇じゃなくて寂寥感のある幕引きという感じでしょうか。



心霊探偵八雲(神永学)
 死霊を見ることの出来る大学生が警察に協力して殺人事件に臨みます。

鹿男あをによし(万城目学)
 学校教師が巨大な呪術儀式に巻き込まれます。
 同作者の「鴨川ホルモー」「プリンセス・トヨトミ」もそうですが、話の締めがほんのり爽やかです。

ビブリア古書堂の事件手帖(三上延)
 本を読めない男性が本の知識に異常に秀でた古本屋店主と出会い、本にまつわる謎解きに関わっていきます。
 ファンタジーではありませんが似た雰囲気なので一応ピックアップ。

宮部みゆきの時代小説・心霊もの
 江戸の暮らしとその暮らしに忍び込む霊が細かに描かれています。
 「ぼんくら」「霊験お初」「三島屋変調百物語」などのシリーズも良いですが、
 シリーズものの敷居が高ければ短編集でも良いかと思います。
 個人的にお勧めなのは「幻色江戸ごよみ」収録の「庄助の夜着」。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たくさんの作品、オススメの作品を教えていただきありがとうございます。
ひとつずつ読んでみます。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:36

リチャードバックのイリュージョン


パウロコエーリョのアルケミスト

なんてどうかな

精神世界の文学みたいな感じです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

精神世界の文学ですか。気になります。
是非読んで見たいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2014/09/13 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q今ファンタジー小説でどのようなストーリーのものが人気なのでしょうか?

ここの項目には多数質問をしている者ですが、実はファンタジー小説家を少し目指してる物書きでして、
一体今どのようなストーリーが流行りなのか知りたくて質問しました。
皆さんがこんなストーリーものなら読みたいとかありましたら、是非とも返信を頂きたく思う次第で
あります。
後、お聞きしたい質問として、魔物退治ものとかはゲームでは人気ですが、小説になると時代遅れも
甚だしいものなのでしょうか。
自分で考えろ!!!と言われればそれまでですが、別にここに書かれた内容はあくまでも参考内容でして、
そのまま使う事はないので安心して下さい。
それでは、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
質問から少し趣旨がズレてしまいますが。
魔物退治ものなら、今、アニメで放映されている「デルトラクエスト」が人気ですよ。(帯にもRPGのような……というような文句があったように思います)
シリーズで三作目まで発売されていますし、図書館ではいつも借りられている状態だということも伝えておきますね。
セブンス・タワーやタラ・ダンカン、ストラヴァガンザなど、それなりに読んで思うところは、魔物退治というくくりで考えるよりも、いかにスリリングさやスピード感を感じさせてくれるか……いかに登場人物を身近に感じられるか、そちらの方が大切な気がします。
そういう点で、時代背景が古くゲド戦記のような重厚感を出そうとすると、ちょっとキツイかもしれないかな……とは思います。
やはり、どこかに現代を感じさせる物や人が出てきてほしい・共感したいと思うのではないでしょうか。

個人的な意見なので、あまり参考にはならないかもしれませんが。
創作活動、がんばってくださいね。

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Qファンタジー小説が読みたいのですが・・・。

こんばんは。
ファンタジー小説を読みたいと思い探しているのですが、
どうにも数が多くてどれが自分に合うものなのか分かりません。
片っ端から読みたいのですが、当方学生な物ですから買うお金も探す時間も余裕がありませんTT

そこで皆さんの力を借りようと思い質問させていただきます。
僕の読みたいと思うファンタジー小説は、
・剣と魔法
・人間以外の種族
・ゴブリンやコボルトなんかのモンスター
・恋愛要素は少なめ(無い方がよい)
イメージとしてはゲームのWizardryみたいな感じの世界観でしょうか。
これらが出ててくるような小説はありますでしょうか?
また他にもおすすめの小説なんかあれば教えて下さい
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハリー・ポッターが流行る前のファンタジー小説といえば

#1さんお勧めの
指輪物語(J・R・R・トールキン)全6巻(文庫では10巻)+ 追補編
ナルニア国物語(C・S・ルイス)全7巻
はてしない物語(ミヒャエル・エンデ)1巻
ゲド戦記(アーシュラ・K・ル・グウィン)全5巻 + 外伝1巻

の四つでした。どの作品も映画化されているので、聞いたことがあるかもしれませんが、もし未読のものがあれば読まれるといいと思います。どこの図書館の児童書コーナーにも絶対に置いてありますので。ゲド戦記以外はだいたい質問者さまの条件を満たしています。
ナルニア国物語はどちらかというと子供向け(だからといって幼稚な読み物というわけではない)、ゲド戦記は「小学校高学年より」と書いてあるのにも関わらず、結構大人向けです。老境ゲド(主人公の魔法使い)の心理描写とかありますし……。

個人的には「はてしない物語」が大好きです。物事を論理的に考える癖のある人なら「はてしない物語」、感情的に捉える人なら「ナルニア国物語」、神話が大好きで世界設定に凝る人なら「指輪物語」、内面的な世界を大事にする人なら「ゲド戦記」が合っています。

……そんなのとっくに読んでるって?
それなら「ベルガリアード物語(デイヴィッド・エディングス)」か「氷と炎の歌(ジョージ・R・R・マーティン)」をお薦めします。どちらもめちゃくちゃ大河長編ですが。日本の作品なら「ロードス島戦記(水野良)」があります。

ハリー・ポッターが流行る前のファンタジー小説といえば

#1さんお勧めの
指輪物語(J・R・R・トールキン)全6巻(文庫では10巻)+ 追補編
ナルニア国物語(C・S・ルイス)全7巻
はてしない物語(ミヒャエル・エンデ)1巻
ゲド戦記(アーシュラ・K・ル・グウィン)全5巻 + 外伝1巻

の四つでした。どの作品も映画化されているので、聞いたことがあるかもしれませんが、もし未読のものがあれば読まれるといいと思います。どこの図書館の児童書コーナーにも絶対に置いてありますので。...続きを読む

Q浮気を繰り返す旦那

浮気を繰り返す旦那が、妻の浮気を知ったらどー思うんですかね?

妻は結婚してから一度も、浮気をしたような気配がなく、いつも喧嘩の原因は旦那の浮気…妻は浮気を繰り返す旦那に愛されていないと思ってしまい…ほかに求めてしまった…という設定で。

Aベストアンサー

まさにそのままの知人を知っています。

その旦那は自分のことは思いっきり棚にあげ、妻の浮気を責め立て妻を悪者にしたてて、離婚裁判に持ち込みました。(ただ、本人としては、離婚裁判はパフォーマンスで、ここで妻に改心してほしかったようです。)

妻の方が離婚に前向きになり始めた頃、離婚を拒否。引き止めに懸命になりましたが、あえなく離婚。

別れた妻は、今、本当に愛してくれる人と一緒になって幸せそうです。

彼のその後の心中はわかりません。

浮気を繰り返していた頃、彼には罪悪感なんてなく、隠す努力すらしなかったというのに、勝手なものです。そういう人だから、浮気を繰り返すのでしょうが…。

Q何を読んでいいかわからない 本を読みたいけど何を読んでいいかわかりません。 好きなタイプの小説はハリ

何を読んでいいかわからない


本を読みたいけど何を読んでいいかわかりません。

好きなタイプの小説はハリーポッター 打ち上げ花火下から見るか横から見るか 西尾維新作品 マンガの小説版など映像が想像しやすいタイプの青春とかファンタジーかな、とは思っています。

Aベストアンサー

ハリーポッターやドラクエの原点になったと言われれている指輪物語

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Qいままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなん

いままで読んだファンタジーの小説の中で、自分が一番好きだった小説はなんですか?そして、どうしてその小説が好きなんですか?

Aベストアンサー

小野不由美「十二国記」
→ただのファンタジーではなく、登場人物の成長を通して自分の考え方も見せるので。
下手な自己啓発本より、ずっと心にぐっときます。

上橋菜穂子「精霊の守り人」
→ファンタジーと言うより、歴史大河小説のような感じです。
精霊や異世界も出てきますが、民族や国勢、国家の派閥、侵略など壮大な物語ですが、大人も子供も読める物語です。この国は本当に地球上にある(あった)のではないか?と思ってしまうほどリアリティがあるのも好きです。

同じ作者の「獣の奏者」も壮大な物語なのですが、主人公の考え方に賛同できなかったのでイマイチでした・・・

Q『小説の書き方を教えて下さい』という質問について。

このサイトのような質問サイトや2chなどの電子掲示板において、
『小説の書き方が分からない』『小説の書き方を教えて下さい』
という質問がたびたび単発でなされますが、
実際の作家に「小説の書き方はインターネットで質問して知った」と公言している人はいるのでしょうか。
つまり、ネットで小説の書き方を質問した人が小説家になれた例はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとしなければ、無制限に自作を世界中に公表できます。
 ふつうの仕事をしないで文学だけに取りくむ作家よりも、現実生活の
あいまに書きつづける、アマチュア作家が主流となるでしょう。
 
 むかし書いて売れた人や、これから小説を書きたい人、いま書いても
出版できない人などが、小説家を名乗っても、なんら差支えありません。
 名刺に「writer」の肩書を付けても、どこからも非難されません。
 
 タウンページの「著述業」に載せることも可能です。
http://members.at.infoseek.co.jp/nk5wada/chiteki20000421/00675_00000/00211_00000.html
 職業分類体系 19991210 知的財産権判決速報
 
 よく当る宝くじ売り場について質問した人が高額当選する可能性は、
ゼロではないにしても、聞かなかった人より多くはならないでしょう。
 ただし、パソコンの情報なしに生きる現代人は、絶滅するはずです。
 

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとし...続きを読む

Q小説でラブコメが読みたい!(ネット小説、ラノベ以外)

あまり小説を読んできていないのですが、今むしょうにラブコメを読みたくて、いい本がないかな?と探しています。
お勧めの本があったら、教えてください!
ネットで検索をかけるとネット小説ばかりひっかかって何が面白いのかわからないのです。
ネット小説などではなく、出版されているものがいいです。

イメージでは、くっつきそうなのに、なかなかくっつかない・・・!みたいな、もどかしーいかんじのものが読みたいです。
最新でなくてかまわないのですが、できたら90年代以降のものだと読みやすいかなあと思います。
今まで「おいしいコーヒーのいれ方」くらいしか読んだことがないのですが、ああいう男の子目線でオイシイ設定、というよりは女の子向けのものがいいなぁ、と・・・注文が多くてすみません。
希望を満たしているものでなくても全然いいので、お勧めの「ラブコメ小説」を教えてください!
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっとジャンルが変わりますが、「(株)魔法製作所」シリーズ(シャンナ・スウェンドソン・今泉敦子訳・創元推理文庫)を推します。主人公は田舎からニューヨークに出てきた女性で、ニューヨークにはなんか変な人がいるなあ、と思っていたのだが、実は彼女は「妖精」を見ることができる能力の持ち主で、その能力を生かして転職、というサクセスストーリーになります。その中で究極かっこよくて照れ屋という天才魔法使いと出会うのですが、彼との仲が進まず読者はやきもき……このやきもきさが快感だよね!というところが楽しかったのでおすすめです。ファンタジーにはなりますが、とても現実的でリアリティのある主人公の視点からの話になりますので、あまり読み慣れない方でも楽しめるのではないかと。映画を見ているような感覚で楽しめました。翻訳文も舞台が現代なので、読みやすいものだと思います。
気に入っていただければ幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報