現在イギリスに留学中の者です。
英会話がしたいためにホームステイを選びました。留学生を前から受け入れているらしく、家にいる子供たちは留学生慣れしています。特に私を気にすることもなく何かあったら質問してね、と言って自室にすぐ行ってしまったりしています。唯一の女の子(高校生)は食事の時などは質問をしてきてくれます。

話すためには一緒にいなければと思い、ホストマザーに「リビングにいてもいいですか?」「一緒にテレビを見てもいいですか?」など、出来るだけ話しかけに行きました。しかし、少しすると子供は自室に行き、マザーは忙しいのかどこかに行ってしまったりと、気づけばリビングに1人になります。
聞けばちゃんと話してくれるし、いろいろな留学経験者のエピソードを見ると全然優しいほうなのですが、どう接していけばいいかわかりません。

ホストファミリーとずっと一緒に行動する訳にもいきませんし、自室も用意してくれているので自分の部屋で過ごしたほうがいいのかと思ってしまいます。

大学生と高校生の男の子、高校生の女の子がいますが男の子は部屋にすぐ行ってしまう、女の子は友達と頻繁に遊びに外に行ってしまいます。
父親があまり家にいない家族のようで、母親は何かと忙しそうにしています。

例え1人になったとしてもリビングに極力いたほうがいいのでしょうか、また留学経験者様は1日にどのくらい自室にいましたか?(寝る時だけ、夕食以外は自室など…)、折角の留学ですからたくさんお話をして英語を話せるようになりたいのですが、特に留学生をかまわないような方たちにとっては自室にいてほしいと思っているのでしょうか…何かアドバイス等ありましたら答えていただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

英語圏ではなく、東南アジア圏にホームステイ経験があります。


また、家族の者がイギリスに半年ほど行っていました。

私の場合。
狭い家なのに私には特別に一部屋あてがってもらい(普段は4人で使っている子供部屋を、無理やり一部屋空けてくれたようでした)特別扱いはしなくていい、と言っても、一部屋使ってくださいと言われました。
そして、ホストファミリーはお店の経営をしていることもあり、皆店番に出てしまったり、そうでなければ遊びに行ったり、と、家にいるときは余り交流はなかったように思います。
ただ、カラオケ(のある国でした)に行きたい、とか、この土地の名所に行きたい、とか、動物園に行ってみたい、とか、自分から提案すると、ホストファミリーは総出で予定を合わせてくれて(大学受験を控えている男の子ですらもでした)皆付き合ってくれたように思います。

家族の場合。
ホストファミリーは「下宿人よりはややまし、ただし家族以下」という扱いだったように思います。
病気になった時や、悩みごとがあるときなどは大変親身になって相談に乗ってもらったようですが、普段はあんまり構われなかったようです。
家に不幸があって、私がホームステイ先に電話をかけた時も、結構ドライな反応でしたし、ただ、家族に対しては抱きしめてくれて、日本にすぐ帰れ、と言ってくれたとか。

話がちょっと変わりますが、あなたの家がしょっちゅう外国人を受け入れている家だとして、そんなに毎日構ってあげますかね?
友達とも遊びたいし、部屋でなにかしたい、ということもあると思います。

交流しなければ!という強迫概念があるように思うので、人恋しい時はリビングにいて、それ以外は自室でのんびり過ごす……というのも手ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。具体的な経験談参考になります。
確かに毎日かまうものではないと思いますが、自分が喋れるようになりたいがために話さないと…と勝手に思っていました。やとってくれている分ホストファミリーの時間もつぶすわけにはいきませんよね、のんびり過ごすと提案していただけて気が楽になりました。もちろん話せる機会があるときは話せるようにと、気を楽に楽しんで過ごせたらいいと思います。有難う御座いました。

お礼日時:2014/09/03 02:56

    ホームステイと言っても下宿です。

言葉を教えたり習ったりする施設ではありません。それを期待するなら個人教師を雇って金を払うのが当然です。

   下宿屋は家族揃って素晴らしい語学教師、○日居れば、入居の時は一言も喋れなかった日本人が美しいイギリス英語ペラペラになって下宿を出る、という広告にのせられた人もいるようです。

    ろくに話も出来ないよそ者に居間を占領されれば、質問者さんのお宅でも自室に引き蘢ることになるのではないでしょうか、まあ留学ノイローゼにならないだけいいんじゃないですか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。確かにここは英会話を教えてくれるわけではないですよね。
話せるようになるにはとにかくファミリーと同じ空間にいる事!などの回答を見かけてたので、それが出来ない自分に焦ってつい回答をもとめてしまいました。気が楽になりました。有難う御座います。

お礼日時:2014/09/03 02:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人で行く私費留学と大学で行く派遣留学のそれぞれのメリットって何ですか?

こんにちは。

私は来年、フランスへの一ヶ月程度の短期留学を考えています。
私は現在大学生で、私の大学ではフランスのとある大学への派遣留学制度があります。
そこで質問なのですが、大学の派遣留学のメリット、また、自分一人で行く私費留学のメリットをそれぞれ教えてください。

私の考えでは、大学の派遣留学で行くと、留学するまでこちらの大学で、派遣留学生のための授業が設けられるのでそれにより語学力がアップすることや、同じ派遣留学生同士で友好関係が増えるなどが考えられます。あるいは、奨学金制度があるなど・・・(あくまで私の考えですが)
しかし、個人の私費留学となると大学の派遣留学に比べて何かメリットはあるのか、と疑問に思います。

もし、個人で短期留学したことのある方、または大学での派遣留学と両方経験したことのある方などいらっしゃればそれぞれのメリットをお教えください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私費(1ヶ月間)と派遣(1年間)のロシア留学経験がある者です。

◆派遣のメリットとデメリット

経費が安い…最大のメリットだと思います。交換留学生なので、寮費・学費が無料、渡航費のみ負担、大学からの奨学金がある等、経済的にかなり有利です。
大学によっては国費の申請もできるので、それに通ればほとんどタダでいけます。

ただし、これは最大のメリットにして最大のデメリットでもあると思います。自分が払うお金が少ない分、やる気が出ないということです。

身銭を切った分だけとりもどそうと必死で勉強するタイプならば、自分でお金を払う私費の方が気持ち的に真剣になれます。

語学のUP…これは大学によって異なるところです。
派遣留学生のための授業があれば、語学力のアップにもつながりますが、もし日本人の交換留学生だけでかたまる様なことがあれば、せっかく留学しても普段日本語で話してしまって、思ったより上達しなかったりということもあります。

「絶対日本語で話さないようにしよう!」と言っても、つたない外国語での意思疎通が難しかったり、逆に変な用法を覚えてしまったりしては本末転倒かなと。なので、日本人の知り合いが少ないほうが、語学力のUPにつながる場合もあります。

ちなみに私が入ったクラスはほとんどがロシア人のハーフでした。すごくきつかったけれど、逆にしゃべらないと意思疎通ができないので、調べてがんばって話すことで上達のスピードも上がったと思います。

◆私費のメリットとデメリット

経費が高い…上にも書きましたが、これはある意味メリットでもあります。

待遇が良い…お金を払っている分、住むところや授業内容の待遇が良い場合があります。私の経験では、私費のときは赤じゅうたんが敷いてあるような寮、交換のときは壁紙がほとんどはがれかけた寮(しかもゴキブリやネズミが出る)でした。
授業数も交換は私費と比べて3分の1程度と少なかったです。その分自分でやったときの差が出ます。

ただ、私費の場合、授業をサボっても文句を言われないので、引きこもりになってた人などもいました。

手続でも、交換は結構ほったらかしというか、自分でやらなければならないことが多かったのに対して、私費は至れり尽くせりだったりします。


相手先大学とどういう条件で交換協定を結んでいるかが大きく関わってくると思いますが、結局は自分自身がどう動くかに関わってくるのではないかな、と思います。

こんな回答ですが、参考になれば幸いです。

私費(1ヶ月間)と派遣(1年間)のロシア留学経験がある者です。

◆派遣のメリットとデメリット

経費が安い…最大のメリットだと思います。交換留学生なので、寮費・学費が無料、渡航費のみ負担、大学からの奨学金がある等、経済的にかなり有利です。
大学によっては国費の申請もできるので、それに通ればほとんどタダでいけます。

ただし、これは最大のメリットにして最大のデメリットでもあると思います。自分が払うお金が少ない分、やる気が出ないということです。

身銭を切った分だけとりもどそ...続きを読む

Q3ヶ月ほど前から留学生のホストファミリーになりました。娘も今度アメリカ

3ヶ月ほど前から留学生のホストファミリーになりました。娘も今度アメリカに留学することもあり、少しでも英語を上達させる助けになるのでは・・・、という思いと留学生を受け入れることで、留学する心構えもできるという気持ちがあり、無料で約1年間受け入れることになりました。彼女はノルウェーからの留学生(高校生)で、当初は問題なく過ごしていたのですが、最近少しずつ気になることが増えこのままうまく付き合えるのか不安です。
例えば、(1)よく寝る。(布団ではなく、居どこ寝)夜は9時くらいから寝てますが、これは仕方ないと思っています。(2)起きるのが遅い(休日は昼近くまで寝る)(3)日本語を上達したいので、これからは日本語で話して欲しいと注文あり(今までは英語で会話していました。)(4)自分では日本語が話せていると思っているのか、「日本語わかります!」と言いながら文章になっていない言葉をならべるので、何度も聞き直すと機嫌が悪くなる。(5)「疲れた」「暑い」「眠い」等ネガティブな言葉ばかり言う。(6)お風呂に入っている間シャワーを出しっぱなしにしているらしい。(昨日初めて気づきました・・)これからますます暑くなり、クーラーもつけっぱなしにするのでは・・・という不安もあります。まだ高校生なのでどこまで注意したらよいのかも分かりませんし、自分の気持ちをなんとか切り替えて前のように楽しく過ごしたいという気持ちはあるのです。ぜひアドバイスをお願いします。

3ヶ月ほど前から留学生のホストファミリーになりました。娘も今度アメリカに留学することもあり、少しでも英語を上達させる助けになるのでは・・・、という思いと留学生を受け入れることで、留学する心構えもできるという気持ちがあり、無料で約1年間受け入れることになりました。彼女はノルウェーからの留学生(高校生)で、当初は問題なく過ごしていたのですが、最近少しずつ気になることが増えこのままうまく付き合えるのか不安です。
例えば、(1)よく寝る。(布団ではなく、居どこ寝)夜は9時くらいから寝てま...続きを読む

Aベストアンサー

高校生の交換留学生を受け入れて、ご不安があるようですが。。。

普通の日常生活を留学生に体験させてあげれば、それで良いのではないですか。
ともすれば、一般のお客様のような扱いになってしまいがちですが、高校生の交換留学は、ホームステイを通じて、異文化体験をさせて上げると言うのが、本来の目的ですよね。

ホストファミリーが留学生に合わせるのではなくて、留学生にホストファミリーの生活の仕方、生活習慣等を知って貰い、留学生にホストファミリーに溶け込んで貰うと言うので良いのだと思います。
まぁー、そうは言っても、文化も違う、環境も違う国から来た未成年者ですから、ホスト・マザーやホストファザーが、その辺を理解してあげて、滞在期間中は、お嬢さんと同じように生活できるように気配りしてあげれば良いのだと思います。

「シャワー」や「クーラー」の使い方や「暑い、疲れる、眠い。」ですが。。。

北欧は、北海道よりも、緯度で15度以上も北にある国ですから、日本の気候に身体が付いて行かないと言うのがあるのではないでしょうか。
北欧から来た人達は、日本は暑いと言って、冬でも、オッフィス内では冷房を入れているそうですよ。
日本人が赤道直下の国へ行った時のように、蒸し暑さを肌が感じているのではないでしょうか。

シャワーも、外気が寒いところでは、一旦止めると、次に出て来た時には、水でしばらくしないとお湯にならない。。。
と言うのもあるのではないですか。
でも、日本での、いや、我が家では。。。と言うのを教えて上げて、我が家のやり方に従って貰うというので良いのではないでしょうか。
教える時は、事が終わった後ではなく、始める前が良いですが。。。

我が家の息子も、高校生の時に、アメリカ東北部へ交換留学し、ホスト・ファミリーにお世話になりましたが、それ以来、10数年後の今でも、シャワーは30分以上も出しっぱなしで入っています。
良い意味でも悪意味でも、アメリカの文化を吸収して来てくれたと評価しながら、あきらめていますが。。。

我が家でも、イギリス、オーストラリアの女子大生にホームステイして貰った経験がありますが、彼女達に、何かを期待して受け入れても、期待どうりにはいかなですよね。
でも、帰ったあとで振り返ってみれば、彼女達から得たものは大きかったと感じています。
本やインターネットでは得られない生きた情報を得たり、彼女達の言動から学んだ事も沢山ありました。

未成年の外国人を預かって、大変なのをお察しします。
でも、ホストファミリーとして、貴女方がまいた種は、留学生の彼女を通して、将来、花が咲き実になる日が来るのだと思います。
息子を見ていてそう思います。
もう暫く、頑張ってください。

高校生の交換留学生を受け入れて、ご不安があるようですが。。。

普通の日常生活を留学生に体験させてあげれば、それで良いのではないですか。
ともすれば、一般のお客様のような扱いになってしまいがちですが、高校生の交換留学は、ホームステイを通じて、異文化体験をさせて上げると言うのが、本来の目的ですよね。

ホストファミリーが留学生に合わせるのではなくて、留学生にホストファミリーの生活の仕方、生活習慣等を知って貰い、留学生にホストファミリーに溶け込んで貰うと言うので良いのだと思います。...続きを読む

Q長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか? 先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘

長期留学の前に短期留学する事は有益でしょうか?

先日、大学の留学説明会に参加し、留学について酸いも甘いも色々学ばせてもらいました。
そこで考えたのが、「長期留学(1年~)の前に短期留学をして、留学の具体的なイメージを掴む」というものです。

正直、大学の留学センターに聞け、というような質問なのですが、留学経験者の方の生きた意見を聞いてみたいです。

ちなみに、長期留学は勿論TOEFLスコアなどが必要なもの、短期留学は初心者の語学留学的なものをイメージして頂くと助かります。

Aベストアンサー

長期留学の前の語学留学は、短期でも、有効でしょう。

大学2年の夏から、留学(転学)した人で、春休みに大学付属?のESL(英語学校)で英語を学び、異文化や学校の雰囲気に慣れて来て、長期留学で成功した人が居ますよ。

また、イギリスの大学で、交換留学を受入れている教授の話では、
・英語が流暢にコミュニケーション出来る。
・異文化に適応出来て、早く地元の生活に慣れる。
等の事が出来る学生は、留学に成功して帰ると言っていました。

短期でも、事前の語学留学は、長期留学への予行演習になると思います。
唯、費用と時間が掛かりますから、目的を良く弁えて、行かれると良いでしょう。

Q留学で、インターナショナルスクールに行こうか迷っています。高校から行きたいのですが、英語圏の学校に行

留学で、インターナショナルスクールに行こうか迷っています。高校から行きたいのですが、英語圏の学校に行こうと思っています。そこは、英語を教えてくれるのでしょうか?また、日本人はいるのでしょうか?年齢はどんな感じでしょうか?分からないことばかりですが、よろしくお願いします

Aベストアンサー

英語圏の国に行くのになぜインターナショナルスクールに行くの??英語圏なんだから現地校でいいじゃないの。英語の授業はありますが、日本の英語の授業とはもちろん違いますよ。彼らにとっては英語が国語ですから、日本人にとっての国語の位置付けで勉強します。

ふざけて質問してるわけじゃないよね?当たり前ですが、日本人がいる学校といない学校と両方ありますよ。同じように留学生かもしれないし、親の転勤かもしれないし、生まれも育ちもその国なのかもしれないし..... それはそれぞれでしょうがね。年齢は基本的に日本と同じです。ただ、貴方の英語力で何年生に入れてくれるかは、相手方の学校が決めることです。

Q日本に留学する外国人留学生

なぜ日本に留学するのでしょうか?
とくにアジア諸国の留学生が目立ちますが。

一般的にはアメリカあたりが多いのではないかと思うのですが、この人たちはなぜこれら欧米ではなくて日本なんでしょうか?
語学からしても、日本語を覚えるより英語を身につけた方がいいではありませんか。

>日本に留学する外国人留学生
どのような人たち、どのような目的、境遇を持った人が日本に留学するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直なところ、東南アジアからの留学生は日本政府から出る奨学金によって在学している学生が多いこと。逆に中国や韓国などの東アジアからの学生は近くて遠い国の日本に留学し、比較的に就労条件が甘い日本で就職を望む学生が日本に来るようです。ちなみに全て大学での話です。

ワタシの友人である台湾や中国の友達によると…中国では外資系企業に勤めることが一種のトレンドであって、財を稼ぐために外資系の企業に入るそうです。その外資の中でも日系企業は雇用体制がちゃんとしており、リストラなども少なくて好条件で雇ってくれるため欧州の企業よりも人気だと言ってました。で、日系の企業で働くには…中国の倍率の高い大学の日本語学科を卒業するか、金額はかかるが日本の大学に留学して日本で就職をするかによってしか殆ど雇ってもらえないようです。

世の中はなんだかんだ言っても経済大国であるアメリカや日本の企業が有名であって雇用条件も良いです。また、比較的に日本とアジアでは距離も近いし、文化なども似てるので楽なのだと思います。それと…小さいころから日本の文化から影響を受けた人たち(漫画や音楽など)が多いことも日本へ憧れて就学することの大きな点かもしれません。

逆に…日本よりもオーストラリアに近いシンガポールやインドネシア、タイの学生はオーストラリアに留学します。私自身もオーストラリアに留学して居ましたが…英国圏の国の人は、アメリカに留学してもアメリカ英語になり英国圏では通用しない…やアメリカの雇用やビザなどの問題でアメリカには行きたくない…それ以外にも治安や人種差別等の問題でアメリカには行きたくないという方が多かったです。 逆にオーストラリア人にとっては日本は働きやすいし、中学・高校で日本語や日本の文化を習ったので行きやすいと言う方が多かったです。

正直なところ、東南アジアからの留学生は日本政府から出る奨学金によって在学している学生が多いこと。逆に中国や韓国などの東アジアからの学生は近くて遠い国の日本に留学し、比較的に就労条件が甘い日本で就職を望む学生が日本に来るようです。ちなみに全て大学での話です。

ワタシの友人である台湾や中国の友達によると…中国では外資系企業に勤めることが一種のトレンドであって、財を稼ぐために外資系の企業に入るそうです。その外資の中でも日系企業は雇用体制がちゃんとしており、リストラなども少なくて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報