プロが教えるわが家の防犯対策術!

1週間前にひどい腰痛になりました。
それからもにぶーい痛みがあり昨日、また痛みが強くなり我慢が出来なくなったので、病院に行ったところ「(レントゲンでは)骨に異常はみられない、ヘルニアの初期ってところでしょうね」と言われて、牽引後にコルセットされました。

原因は「疲労」と思われるそうです。
確かにその少し前から忙しい日々で心身ともに疲れてたんですがそれが、腰にきてしまったんでしょうか?

この症状についてと今後、気をつけることを教えて下さい。お願いします。

これから薄着になるので「コルセット」が目立たない服装など、こういった経験のある方もお願いします。

A 回答 (6件)

私も椎間板ヘルニアと付き合っています(^^;


疲れがたまったりすると、ふとしたときに再燃することがありますね。日頃心がけることができることは、腰に負担をかけないことでしょうか。重いものを持ちあげるとき、腰を曲げてもちあげるのではなくしゃがんでもちあげるとか、ベッドのマットレスは硬めにするとか。
後、日頃から腹筋を鍛えることで、自然のコルセットとなり、再燃を予防できるそうですよ。
おだいじにしてください。
    • good
    • 0

相当以前に酷い腰痛を経験しました。


最初は整形外科を受診して、椎間板ヘルニアで鎮痛剤を処方してもらいました。
その後、整形外科の牽引では治療は難しいと考え、友人の紹介でカイロプラクティックで費用と時間は掛かりましたが、症状は改善されました。
それ以降はたまに腰が重いと感じる位になりました。
腹筋と背筋のバランスが悪いから、腰痛になるとのことでしたので、毎晩背筋を鍛える軽い運動をしています。

ご参考まで。
    • good
    • 0

こんにちは


私もそういう状態になったときがありまして、整形外科に重い腰を上げていった結果、椎間板ヘルニアでした。

もしも、太ももの裏や、ひざ下に痛みがあるのであれば、坐骨神経という神経を、圧迫している可能性があります。ほうっておいて悪化した場合、手術をしなければならないかもしれません。
(私は、放置した結果、手術して3週間入院する羽目になりました。)
通院されている整形外科は、MRIのある大きな総合病院ですか?普通はヘルニアの診断をすれば、神経症状を診断するために、MRIで確定診断をすると思いますが・・・。
一度、大きな病院にかかられることもお勧めします。
お大事にしてくださいね
    • good
    • 0

二十数年前に椎間板ヘルニアになってから、ずっと腰痛と付き合って来ました。



 今までの経験からの注意点です。

1)腰に負担のかかる事は避ける。
物を持ち上げる時、急に姿勢を替える時など気を  付ける。
2)腰の痛みがなくなったら、腰廻りのストレッチとコア筋肉(主に腹筋、背筋)を鍛える。ただし鍛え方はさまざまな方法があり、腰に負担のかかる運動もあるので注意が必要です。
水泳が一番リスクが少ないと思います。

3)私は学生だったせいか、コルセットは勧められませんでした。さらしを巻いて直りました。

その時の説明では、コルセットはオーダメイドで作らないと効果が少ないそうです。
 豚肉の塊を想像してください。そのままでは腰がなく柔らかく折れてしまいますよね。
外側にプラスチックの板を巻くと外側で支えて中が柔らかくても折れません。でもゆるい巻き方だとゆれてしまいます。 これが、コルセットの状態。

 一方焼き豚の如く、紐でしばると肉がしまって折れなくなります。これがさらしの状態。

なにぶん古い話ですので、治療や医療器具も格段に進歩しているでしょうから、現代には当てはまらないかもしれませんが、私はこの説明に納得できました。

また、私と同じ時期に妹も椎間板ヘルニアになりました。私はさらしを巻いて、牽引しただけで直りましたが。 妹は手術し、数ヶ月入院、数年はコルセットを手放せませんでした。 ちなみに妹は水泳をずっと続けて直ったようです。

だらだら書いてしまい、すみません。
    • good
    • 0

腰ということで、どうしても腰には負担がかかりやすいです。

そのためにも日頃から気をつけることは、腰をひねらないということが大事です。重たい荷物を持ち上げるときも出来るだけ荷物と体の距離を近づけたり、後キャリーバックみたいなカバンを利用したり、起き上がる時は腹筋を利用して起き上がると腰にも負担がかかるので一度横を向いて起き上がるとか・・・とりあえず曲げたり、ひねったりする動作を避けてください。  コルセットは何色ですか?肌色?黒?白?コルセットも色々色があるので、一番自分がよく着る服の色と合わすと目だちませんよ。何色のコルセットをしているのか分かりませんが・・・
    • good
    • 0

レントゲンでの評価は、椎間板そのものが写るわけではないので間接的な判断になります。


ヘルニアであることを確定する(および その他の異常がないかどうかを確認する)ためには、一度どこかの病院で「 MRI 」という検査をやってもらうとよいと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!