もうすぐ70になる父のことです。先日の健康診断の結果、ALPの数値が1500近くありまして、再検査をすることになりました。
昨年は300弱だったのが急激に上がっていますが、ほかの肝臓の数値は高くありませんでした。

そのほかで、肺に小さな影が見つかり、そちらも再検査することになりました。

父はがんかもしれないとすっかり落ち込んでしまって、母も心配で仕方なく落ち着かない様子です。

再検査は2週間先に予約をしましたが、私としてはみんなであれこれ心配しているくらいなら、大きな病院で早急に検査をしてもらって、必要な治療を受けた方がいいのではないかと思っているのですが。父自身がはっきりと病名を突き付けられる覚悟ができないようで、ほかの病院に行くことを拒んでいます。
父は黄疸などもなく、どこが痛いということもなく、体も毎日畑仕事をしているので、同世代の方に比べればしっかりしていると思います。

1、こういった検査は急いだからといっていいものでもないのでしょうか?

2、父ががんである可能性は高いのでしょうか?

不安な毎日を過ごしています。どんなことでもお答いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アルカリフォスファターゼ(ALP)は、肝臓の異常のほか、骨や腎臓に異常があっても高値になることがあります。

少し間をあけて再検査をしても、高値が続く場合には詳しい検査が必要と考えられますので、内科受診をお勧めいたします。
    • good
    • 3

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

結構、ALPの単独上昇症例をみていますが、無症状の場合、骨シンチとかすると、(転移性)骨癌はほとんどなく、肋骨骨折とか、骨粗しょう症とかの人が多いです。

ただし、普通の骨折だけ、骨粗しょう症ではなく、なんらかのカルシウムやリンの代謝異常を伴いますが。

(転移性)骨癌は初期から結構、痛みがでるので、痛みがなければ、骨シンチかガリウムシンチをして、さっさと診断した方がいいと思います。
    • good
    • 43

胆汁の流れが悪くなった場合はALPだけではなくγGTP、場合によってはビリルビンも上がります。

そういうのがなくてALPだけが高値になる場合はまず骨由来を考えます。甲状腺機能亢進症などもありえますが、高齢者で肺にも陰影があるのなら、まずは骨転移を伴った悪性腫瘍を考えなければなりません。

骨転移があるとすれば進行癌ですが、化学療法が有効なものも少なくありませんので、診断は早めに付けた方がよいと思います。治療をどうするかはその後の話です。

残念ながら悪性腫瘍である可能性はかなり高いと思います。
    • good
    • 39

質問の1と2は、結局、癌なのか? 癌だったらどうなのか? と言うことですよね?


もし癌なら、骨転移ですから、治療の選択肢は化学療法をするかどうかでしょう。
化学療法は、延命治療ですから、急いでもしょうがないと思います。
この場合、するならガリウムシンチが手っ取り早いかと思います。
癌でないなら、考えやすいのは、何かの薬のアレルギーです。
ALPだけ上がることがあります。

まずは、ALPのアイソザイムの結果を待つことです。
骨じゃなければ、一つ一つ可能性をつぶしていけばいいです。
骨なら、癌を疑ってもいいと思います。
    • good
    • 20

「基準値を超えてALP値が高くなっているのは、胆汁の流れが完全に止まって黄疸が出てくるようなときです。

胆道が詰まって胆汁の排出が阻害されると、胆汁中に存在したALPは肝細胞を逆流して血液中に増加します。同時に肝細胞では盛んにALPが生成されるため、いっそう増加します。

黄疸は色々な病気によって起こります。急性肝炎の黄疸では、ALPはそれほど上昇しませんが、細胆管性肝炎、胆汁性肝硬変、がんや胆石が原因の総胆管閉塞による黄疸では非常に高い数値を示します。

ALP値が著しく高くなった場合、そのアイソザイム(同じはたらきをするが分子構造は異なる酵素群)を測定し、どれが多いか見極めることが診断の重要な手がかりとなります。
ALPアイソザイムの6種類(ALP1~6)について、高値のとき疑われるは病気は以下の通りです。
ALP1…閉塞性黄疸、限局性肝障害
ALP2…各種肝疾患、胆道系疾患
ALP3…骨の病気(健常小児に多い)、副甲状腺機能亢進症
ALP4…悪性腫瘍の一部、妊娠後期
ALP5…肝硬変、慢性肝炎、慢性腎不全
ALP6…潰瘍性大腸炎

アイソザイム検査で疾患部位が特定できたら、自他覚症状からそれぞれの病気に適した検査法が選択され、確定診断されます。

異常があったらどうするか?
ほかの肝機能検査、特にGOT・GPT、LAP、γ-GTPなどの値も参考にして診断します。
ALPが異常値で、GOTやGPTの値にも異常がある場合は、肝臓や胆道系の病気が疑われます。特に慢性肝炎や肝硬変、栄養過多による脂肪肝などの慢性疾患、探査機などの胆道系疾患では、GOTやGPT値が軽度から中等度上昇し、ALP値も少し上昇します。

胆道の閉塞、狭窄や肝内うっ血では、LAP値やγ-GTP値も、しばしば同時に上昇します。
ALPが異常値でもGOTとGPTが異常値ではない場合は、肝臓や胆道系以外の病気が疑われます。その場合は前述のALPアイソザイム検査やLAP、γ-GTPなどの検査を行ないます。

異常な場合に疑われる病気
閉塞性黄疸、慢性・急性肝炎、肝硬変、肝臓がん、胆汁うっ滞、胆石、胆道系のがん、すい臓がん、がんの骨転移、骨軟化症、甲状腺機能亢進症、慢性腎不全など」
http://medical-checkup.info/article/47088979.html

1 検査は早いに越したことはありません。

2 わかりません。
 すべては上にも書かれている通り、その他の検査も併せて
 総合的に専門家の判断を仰ぐべきです。
    • good
    • 22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬のALPについて

犬のことで質問です。 シーズー10歳です。今日犬の健康診断に行ったのですが、先生になんの問題もないと言われましたが、ALPが1000以上あります。いつも先生はALPが高いことを言いますが、多飲多尿など症状がないなら大丈夫といいますが、少し気になります。ステロイドの塗り薬(デルモゾール)をカユカユに塗っています。他の数値は問題ないのですが、色々調べたところALPが高いのは遺伝の原因もあるということも聞きました。私は一応医療看護系の学習者であるため人間でALPが高いということの恐ろしさはわかっていますが、犬のことはわかりません。先生は多飲多尿の症状がでたら薬を飲んで処置すると以前言っていましたが、症状が出てからでは遅いと思います。
また意外とALPだけが高い犬もいるみたいで。。先生は大丈夫といいますがその先生を信用しても大丈夫なのでしょうか。

Aベストアンサー

獣医師の増田と申します。血液検査の結果を拝見いたしました。
確かにALPの数値が高いと考えられます。ALPは肝臓のなかでも胆道に関する影響を反映するほか、骨や細胞に何らかのダメージがあっても少々する項目です。(骨折でもALPの数値は上昇します)
あとは、ステロイドをそこそこの期間使用している例ですとけっこう数値が上昇することがあります。
ALP単独で体の異常を評価することはどちらかというと少ないといえます。一般的に肝臓に関する検査項目ALT(GPT)やGGT(γ-GTP)といわれるものが上昇し、かつALPが上昇している例では、肝臓の働きになんらか影響があると考えることが多いです。拝見する限り、肝臓そのものに著名な異常がある可能性は低そうです。あとは、脂質の代謝などの問題やステロイド使用の反応と考えられますが、脂質代謝異常も他の項目(TCHO)を見る限り異常といえる範囲ではないと思います。
もちろんその子の全体的な評価を当方が行っていない点や、血液検査のみですべてを判断しかねる部分がございますので、断定ができない点をご了承ください。
ステロイドの使用期間と他の全身への影響(例えば、皮膚が薄くなった、食欲が異様にある、尿量の増加、など)があれば精密検査などが必要となる場合があります(その場合は、一般にALPの数値がもっと高くなっていることが多いです)。

ご参考になりましたら幸いです。

獣医師の増田と申します。血液検査の結果を拝見いたしました。
確かにALPの数値が高いと考えられます。ALPは肝臓のなかでも胆道に関する影響を反映するほか、骨や細胞に何らかのダメージがあっても少々する項目です。(骨折でもALPの数値は上昇します)
あとは、ステロイドをそこそこの期間使用している例ですとけっこう数値が上昇することがあります。
ALP単独で体の異常を評価することはどちらかというと少ないといえます。一般的に肝臓に関する検査項目ALT(GPT)やGGT(γ-GTP)といわれるものが上昇し、かつALPが...続きを読む

Q先日会社の健康診断のオプションで癌の血液検査をしました。 結果、腫瘍マーカーCEA-Sの数値が高く1

先日会社の健康診断のオプションで癌の血液検査をしました。
結果、腫瘍マーカーCEA-Sの数値が高く18.3もありました。
病院へ行き2日間の検便検査をしたところ血便はなかったので大丈夫とのこと。
次に胃カメラをしました。
胃潰瘍が見つかったものの腫瘍は ありませんでした。
やはり 次は大腸内視鏡ですか?
初めてのことで怖くて怖くて…。
どちら様かお答え願います。
49歳主婦です。

Aベストアンサー

便潜血検査で陰性ですから、大腸内視鏡の可能性はあるが不要な検査かも。

数値が高値の時は、症状にあわせてほかの血液検査やX線造影、超音波、CTなど消化器系を中心に、肺や婦人科などの精密検査も必要になります。
また、がんは進行性であり、高値ががんによる場合は上昇傾向を示すため、1~2ヵ月後に再検査を行います。これで変動がなければ、高値でも心配ないことがあります。

腫瘍マーカーとは
癌細胞または癌に対するからだの反応によって作られ、血液や尿、組織などで増加している物質のことです。しかし、癌細胞だけでなく、正常細胞でもつくられますので、健常な人の体内にもわずかに存在します。また、悪性腫瘍だけでなく、良性の疾患でも上昇することがあります。
このように、癌以外の原因で腫瘍マーカーが陽性になることを「偽陽性」といいます。

以上を参考になさって、主治医とよく相談してご自分で納得できる検査を受け
(納得できない検査であれば、何度でも説明を求め 言いなりにならないで)
原因を調べてもらいましょう。

Q血液検査でALPのみ高値

心臓に持病があるので3カ月に1度通院し毎回血液検査をしています。前回293だったALPの数値が今回416と高値でした(他の数値はすべて正常でした)。
念のためアイソザイム検査もしてもらったのですが、結果はALP2 39.6% ALP3 56.3% ALP5 4.1%と骨由来が高値でした。1年ほど前にもALPが高値だった時があり(ALP値369)、アイソザイム検査をしましたが、その時の結果は、ALP2 59.8% ALP3 36.8% ALP5 3.9% でした。
担当の先生はそれほど心配する数値ではないので、次回の結果を見てからで良いでしょうとのことでしたが、個人的に少々心配しています。(特に骨折などはしていないので、アイソザイムのALP3が気になります。)

次回の通院は3カ月後なのですが、それまで様子見で大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

鑑別すべき疾患はたくさんあるので、ここに記載してある事でしか判断できない我々と、いろんな情報をもっている担当医では、信用すべきは担当医です。

Q先日父が心筋梗塞で倒れました、すぐカテーテルの検査をして心臓の根元に詰まってたのがわかり、そのまま手

先日父が心筋梗塞で倒れました、すぐカテーテルの検査をして心臓の根元に詰まってたのがわかり、そのまま手術する事になりました。今は両足の根元から管が通ったままで集中治療室にいてます、急な事で全く知識もないのでこの先どうなるのか分からず心配です,,,、色々自分なりに調べたらカテーテル後に亡くなった方もいてるみたいで凄く不安です。
お医者さんからも合併症の話も聞かされましたがどれくらいの確立でなるのでしょうか??

また前みたいに元気になる事は可能でしょうか?
一度心筋梗塞になれば寿命とかも短くなってしまうんでしょうか?

ホント昨日の事で何がどーなってしまうのか不安でわかりません!
誰か教えて下さい!宜しくお願いします!

Aベストアンサー

義父も十年前くらいに最初倒れて
大手術して
その後軽く再発して
また手術しましたが
今は元気にゴルフなどやってますよ!
これから室温管理とかありますが
季節が暖かくなるので良かったですね
これからは食べ物にも気を付けて
早く回復出来ると良いですね!
悪い症例のことはあまり考えず
明るく励ましてあげてくださいね
お大事に

Q健康診断でALPの数値が低かったんですが。。。

ALPってなんだろうと思って調べると
「ほとんどの臓器に含まれている酵素ですが、血液中のALPは主に肝臓や骨、骨髄、小腸から流れ出たもので肝臓を経て胆汁中に排泄されます。したがってこれらの臓器に異常があるかどうかしることができます。」
と、とあるページに書いてありました。

数値が低いと前立腺肥大症、甲状腺機能低下症になりやすいらしく、更に調べるとまさに
・食べる量が減っているのに太る
・肌が乾燥して寒さに弱くなる
・頭髪が薄くなる
など、いくつか思い当たる症状があります。
これは「基礎代謝」が低くなっているそうなんですが、教えて下さい。

基礎代謝を高めるとALPの数値は上がって行くのでしょうか。それとも、ALPの数値が上がれば基礎代謝が高まるのでしょうか。
(どうすれば数値が正常になるのでしょう?)
他の数値(GOTやγ-GTPなど)は全く正常です。

Aベストアンサー

医師です。
ALPそれだけで病気の診断はできません。ご指摘の通り特異的な検査ではありませんしその他の検査、症状などあわせて診断します。
病的意義があるのはたいてい高い値となるときです。
確かに代謝とのかかわりはありますが、それをイコールで結びつけることはできません。例えば骨の代謝の活発な子供ではかなり高いALPの値が出ます。しかし、何か病変があっても高くなります。

前立腺肥大との関連は知りません。
数値が低いと甲状腺機能低下になりやすいのではなく、機能低下の結果そういう値が出ることがあるわけで(これも常に正しいわけではありません)、そこから診断に到ることはありません。
甲状腺機能低下症には他にも様々な特徴的な症状があります。挙げられている症状だけでは診断に到りません。甲状腺機能低下症は単に「代謝が低下している状態」ではなく、病気です。もし気になるようであれば病院で診察を受けてください。他の検査を加えて確定診断となるでしょう。
診察を受けてそうでないとなれば気にする必要はないでしょう。

Q健康診断 肝機能の数値について

こんにちは。
特定健診受診結果がら届きました。
肝機能の数値がら高いのです。
LDL コレステロール値 123
GOT 40、 GPT 43、γGTP 102 でした。
ほかの項目は正常でした。
一昨年もこれらの数値が出て血液検査をし、様子をみることになり、
昨年はLDLが122、γGTPが53でした。
食事は野菜を多くとり、健康には気をつけているけど方だと思います。
どうして、毎年、肝機能の数値が高いのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

GOT、GPTは若干高め。ΓGTPも正常値が50~60以内であることから若干高めですね。これが同年代の男性であれば、飲酒を1,2週間やめれば60程度に下がるでしょうと回答するのですが、飲酒をしないという場合は、薬剤性か脂肪肝(ナッシュを考えて)を考えますが、常用の薬剤はありませんか。アレルギーの薬を単発で服用したから上昇するということは、なくはありませんが、可能性としては低いです。血圧降下剤、抗生物質や痛み止め、先は抗がん剤や副腎皮質ホルモン剤などの定期服用ならば大いにあり得るのですがね。次の可能性は、サプリメントの服用です。毎日服用することや組み合わせで、上昇する場合があります。思い当たる節がなければ、次回の検査で現在と同じような値が出るならば、HBS抗原、HBS抗体とHCV抗体を精密検査としてやってもらってください。B,C型肝炎をまず否定したいところです。最後の可能性はアレルギーです。次回はアレルギー症状のない時に検査を受けてみてください。LDLはほぼ正常、昨年の数値もほぼ正常です。また、今の数値では疲労感などはまだ出ないと思います。肝機能障害と言うには、そこまで高くありません。ΓGTPは肝機能障害では100から500程度上昇します。肝炎では1000以上になることも稀ではありません。ただ高めだということには変わりなく、数か月後には受診して再検査もしくは精密検査(肝炎や超音波)されることをお勧めします。

GOT、GPTは若干高め。ΓGTPも正常値が50~60以内であることから若干高めですね。これが同年代の男性であれば、飲酒を1,2週間やめれば60程度に下がるでしょうと回答するのですが、飲酒をしないという場合は、薬剤性か脂肪肝(ナッシュを考えて)を考えますが、常用の薬剤はありませんか。アレルギーの薬を単発で服用したから上昇するということは、なくはありませんが、可能性としては低いです。血圧降下剤、抗生物質や痛み止め、先は抗がん剤や副腎皮質ホルモン剤などの定期服用ならば大いにあり得るので...続きを読む

QALPの数値のみ高い

2年ほど前からALPの数値(正常値70~300)が高いと言われ
処方食を食べさせたり、お薬を飲ませたりしていますが
一向によくなりません。
先生によると、数値だけで見ると、腸が悪いんじゃないかと
言うことですが、家の犬は毎日快便ですし、どんなものを食べても
下痢すらしたこともありません。
それを言うと、体質だからしょうがないと言われました。
病院を思い切って変えようか悩んでいるのですが
他の病院も同じような治療法だとしたら
変える意味が無いような気もするし・・・とても悩んでいます。

ALPの数値のみが高くて現在は正常値に戻ったと言う方
どういう治療法で治りましたか?
処方食の種類やどんな薬を飲んだかなど
教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

補足
小型犬・・・4歳
ALP・・・800~900
(ALPの数値以外は全て正常値です)

Aベストアンサー

 こんにちは、ALP(アルカリホスファターゼ)というのは酵素の一種で、様々な要因で血液中に現れるものです。一般的には、一部の薬剤やホルモンの影響、胆道系、子宮、骨や腸の異常などが主要な原因といわれています。原因によって治療法も変わりますし、処方食なども変わってしまいますので、ALPが高いからこの治療というものはないと思います。おそらく、血液検査だけではこれらを判断するのは難しいと思います。可能であれば、腹部超音波検査やホルモンの検査なども含めて検査をされるのも良いかもしれません。
 ちなみに、お水を飲む量が多くなったり、皮膚の状態が悪くなったりなどといった症状はないでしょうか?

Q夫の健康診断結果を見て下さい!!

肝臓の要精密検査と出ました。
年齢 52歳

以下のとおりです。
(空腹時)

GOT 46←H
GPT 87←H
γ-GT 60
トリグリセライド 101
HDLコレステロール 42
ヘモグロビン 466
ヘマトクリット 14.6
血糖 101
MCV 91.6
MCH 31.3
MCHC 34.2
LDLコレステロール 157←H
AFP 3.9
CEA 1.6
CA19-9 10
PSA 0.5

メタボ予備軍、脂肪肝との診断ですが、精密検査では他に出るかも知れません。
特に気にしてるのは、腫瘍マーカーです。
一応は正常範囲内ですが、正常の中でも数値が高い方なのではと心配しています。
AFP、CEA、CA19-9などはもっと小さな数値であるべきなのでは?
その辺も含めて感想をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

腫瘍マーカーはこんなもんだと思います。
腫瘍マーカーで早期発見が可能なのは前立腺癌のPSAくらいですから、現状でこれらにどれだけ意味があるか疑問です。がんが疑われているわけでもないのに、調べるなんて野暮だと言っても言い過ぎではないくらいですから。
脂肪肝に関しては、生活指導があるでしょう。

QWin32:VB-ALPについて

昨日avast!でウィルスチェックをしたところ「Win32:VB-ALP」っていうのに感染していたので、チェックボックスに移動しているのですが、
「Win32:VB-ALP」っていったいどんなウィルスなのでしょうか?
ネットで調べてみたのですがヒットしなくて処理の方法分からないのです。処理の仕方とかご存知でしたらどうか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

googleで検索してもたいした情報は見つかりませんね。

参考ですが
Win32:VB-ALP [Wrm]
http://www.google.co.jp/search?q=Win32%3AVB-ALP+%5BWrm%5D&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rlz=1B3GGGL_jaJP270JP270
自動翻訳などで確認まではしていませんが、参考で調べたらどうですか。

せっかく、avast!で発見され対応しているのでソフトのデーターベースにあれば調べられます。(無いものをあったりはします)

また、有名な解説サイト「おじいちゃんのメモ」を参考に
「ウイルスを発見した時」
http://www.iso-g.com/modules/xfsection/article.php?articleid=33
すれば、大体は対応出来ると思います。他のページも参考にして下さい。

リンクの一番下
「"Jotti's malware scan" や "VirusTotal" などでの結果を、誤検出の場合・・・・・・・」
などでWin32:VB-ALP [Wrm]を発見したファイルについて調べれば語検出の確認や他の対策ソフトでの別名が調べられます。
運が良ければ別のベンダーのサポートページを読むことが出来る場合もあります。

又は他社オンラインスキャンで確認するとか

googleで検索してもたいした情報は見つかりませんね。

参考ですが
Win32:VB-ALP [Wrm]
http://www.google.co.jp/search?q=Win32%3AVB-ALP+%5BWrm%5D&sourceid=navclient-ff&ie=UTF-8&rlz=1B3GGGL_jaJP270JP270
自動翻訳などで確認まではしていませんが、参考で調べたらどうですか。

せっかく、avast!で発見され対応しているのでソフトのデーターベースにあれば調べられます。(無いものをあったりはします)

また、有名な解説サイト「おじいちゃんのメモ」を参考に
「ウイルスを発見した時」
http:/...続きを読む

Q母(50再)が先日の健康診断で子宮細胞診Class3bと出て、本日はか

母(50再)が先日の健康診断で子宮細胞診Class3bと出て、本日はかかっている婦人科で再細胞診断の結果が出、Class4ということでした。組織診断の検査結果が 出るのが6月3日です。
そこで数点ご質問があります。

1 細胞診断Class3b・4で、組織診断の結果によっては病期のステージが末期…ということもあり得るのでしょうか…?
2 健康診断を受ける前から、股関節の痛み・しびれがある時があると言っていたのですが、これはリンパ節に転移しているときにでる症状と考えられますでしょうか。
3 今回受けた産婦人科と、国立の癌センターを検討しています。どちらにかかるのが良いと考えられますでしょうか。

お忙しい中とは存じますが、ご教授お願い致します。
(20代 女性)

Aベストアンサー

皆さんお答えしているように
1.細胞診の数値は癌の進行を表すステージとは違います。もし癌が見つかったとしても末期ということはないと思われます。
2.それくらいの年齢の方には良くあることかと思います。リンパに転移して痛むような状態まで癌が進行していたならば不正出血や月経異常、腰痛腹痛など女性器周辺の異常が明らかにあると思いますので、それがないようなら関係はないと考えてよろしいのではないでしょうか。
3.国立のガンセンターは手術待ちの方がたくさんいます。おそらく手術まで2.3ヶ月待ちなんてことになるかと思いますので、なるべく早く取ってしまいたいと思うならばご近所の産婦人科をご検討なされてはいかがでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報