公正遺言書で、相続させたくない人間がいる場合に付言事項にその旨を書き込めると聞きました。もちろん、遺留分を請求されたら拒むことはできないのは十分承知しています。

そこで、質問ですが、相続をさせたくない人の個人的な名前を書くこととは、後々もめる原因になったりしますか?
主人に隠し子がいて、出来れば、自分たちの子供には異母兄弟の存在を知らせたくない、遺産も一切渡したくないと身内全員で意見が一致しています。勿論私たち夫婦も・・・
また、公正証書に知らない人の名前が書いていて、「○○には相続させない」と記載してあれば誰か気になって私たちの子供が自ら調べてしまうでしょうか?

であれば、やはり個人名などは書かずに相続させたい人間の名前だけを書くのが無難でしょうか。
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般的な遺言書は公証役場で 正副3通で作ります。



〇〇には相続させない・・などとは書きません。

長男〇〇に土地を半分  長女〇〇に土地を半分
次男〇〇に預金の全額  と言う感じです。

又は〇〇男、〇〇子、〇〇雄の3人で3等分する事・・・てなな感じですかね。

ただ・・・非嫡出子は認知してあるんですか?  してなきゃ裁判になるだけです。
裁判をすれば、遺恨が残りますから遺留分を当然要求してきます。

遺産の預金通帳、土地、家屋、車等々の財産の処分は相続者全員の同意書、印鑑が必要になります。
特に預金は、全員の署名捺印、印鑑証明、住民票が必要です。
全員の書類が揃わないと預金は下ろせません。

放棄なら遺産放棄の手続きをして非嫡出子から必要な書類を出して貰わねばなりません。
>異母兄弟の存在とありますが・・認知しているなら戸籍謄本を取れば出て来ます。
子供がパスポートや進学、就職で戸籍謄本が必要になり 取れば「非嫡出子」の名前は載っています。

ためしに一度 子供の名前と父親の名前で(別々の日に)戸籍謄本をとったらどうですか?  
必ず両方に載っていますから・・・

ただね・・・どんな理由があろうと貴女の旦那さんの実子で有る事には変わりないです。
養育費は払っていますか?  それも憎しみから不払いですか?  子供の権利ですよ。

子供はどう思うでしょうね。  今は子供でも20年すりゃ良い歳になります。
当然、貴女方もそれなりに歳を取り そのう体も動かなくなくなります。

それに非嫡出子が素直に育たなかったらどうします?  
当然 仕返しをしようと相続法を猛勉強してきますよ。 893になっているかも知れません。
復讐だけに人生を生きて来るかも知れません。

人間 守る物が無くて残す物が無ければ怖い物はありません。
因みに知り合いで 捨てた親兄弟憎さで完璧に仕返しをして草の木1本残さなかった人が居ます。

そりゃそうですよね。  本妻側の子供は、それなりの大学に行きそれなりの就職をして・・
対して自分は、母親が再婚しても 連れ子だからと虐められ虐待を受け 本妻の家庭が幸せなら・・
誰の責任だ・・と思ったら怒りの矛先は、何処に向くでしょうか?
貴女の子供も非嫡出子も 人間であり感情を持った生き物です。
悔しいでしょうが 憎いでしょうが・・財産の移動や生前贈与等の小手先で相続を誤魔化すのでなく
温情を掛けよと思いませんか?  

それと財産移動した為に 息子や娘、嫁に財産もない足手間取りの老人を見切りつけて
特養老人ホームに反共的に入れられた人も知ってます。
穏便に済ませられませんか?  貴女の旦那でも責任もあるのですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q異母兄弟、異父兄弟どっちもいる人って。

結婚式をする女です。
新郎側の招待者には新郎母の異母兄弟、異父兄弟もいます。

ふと思ったのですが、異母兄弟と異父兄弟がいるって子持ち同士が再婚したってことですか?

異母兄弟、異父兄弟はひとまわりくらい年齢が違うそうです。
義母がいろいろ話をしてくれましたが、ちんぷんかんぷんでした。。。

あと、異母兄弟、異父兄弟ともに夫婦そろって来ることにびっくりなんです。
(↑義母とはそんなに付き合いがないっぽいのです。)
ちなみに新郎は田舎の長男です。
田舎では普通のことなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実父、実母が離婚後それぞれ再婚し、そこでできた子供は異母兄弟、異父兄弟となるのでは?
子持ち同士が再婚すると、連れ子同士は血のつながりがないので、異母兄弟異父兄弟とはならないと思います。
計算上のシュミレーションですが、
新郎母が10歳くらいの時に両親がそれぞれ再婚し、12歳くらいの時に新しい弟や妹ができると、新郎母の実父と継母の間には一回り離れた異母弟(妹)、新郎母の実母と継父の間には一回り離れた異父弟(妹)ができます。

一回りも違えば、本当の兄弟でも大人になってからの付き合いは薄い場合がありますよ。新郎母が実母に引き取られていた場合、異父弟(妹)と一緒に暮らしていた場合、でも同様と考えられるでしょう。
この場合実父と継母の間にできた子は一緒には住んでいないことになるのでほとんどつながりはないでしょうね。

それでも田舎(と言っても地方によって違いますが)は、親族中心の結婚式になったりしますから、はとことか、いとこの子供とか、母のはとことか、実際には新郎新婦がそれまで会ったことのない人が結婚式に来る場合もあります。

Q遺言公正証書 記載事項について。遺言者は直筆署名するものか?

遺言公正証書 記載事項について。遺言者は直筆署名するものか?

遺言公正証書の記載事項についてお伺いします。
公正証書の最後に下記の記載があります。
==========================
この正本は嘱託人 日本花子(遺言者仮名)の為
平成〇年〇月〇日 本職役場において原本により作成したものである

〇〇県〇市〇丁目〇番地
〇〇地方法務局所属
公証人 日本太郎(公証人仮名直筆署名と思われる) 捺印

============================
質問(1)
日本花子と手書きで書いてあるのですが、これは遺言者が直筆署名していなければいけないのでしょうか?

質問(2)
(質問(1)の回答が遺言者の直筆署名でなければいけなかった場合)
遺言者の直筆署名でなく他人の署名であった場合、遺言公正証書は無効にできるでしょうか?

公正証書内には下記記載もあります。

遺言者を『印鑑登録証明書の提出により人違いでないことを証明させた』

ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>日本花子と手書きで書いてあるのですが、これは遺言者が直筆署名していなければいけないのでしょうか?

 「この正本は嘱託人 日本花子(遺言者仮名)の為平成〇年〇月〇日 本職役場において原本により作成したものである」の「日本花子」が手書きということですか。この文章は遺言者ではなく、公証人が書く文章ですから、遺言者が「日本花子」と手書きする必要はありませんし、むしろ遺言者自身が書く方が変です。
 正本である旨が記載されているページはあらかじめ印刷されているもので、嘱託人の名前の部分を公証人(実際に筆記したのは、公証役場の事務員でしょうが。)が穴埋めしただけのことです。

>遺言者の直筆署名でなく他人の署名であった場合、遺言公正証書は無効にできるでしょうか?

 遺言者が署名押印しなければならないのは、公正証書遺言の「原本」であり、原本は公証役場で保管されています。お手元の正本には遺言者の氏名とその下に丸の中に印と印刷されている部分があると思いますが、それは、原本に遺言者の署名及び押印があるという意味です。

Q異母兄弟の相続権

現在、私の家族構成は、私、妻、母の3名です。今のとこ子供はおりません。
先日私の父が逝去し、その相続の件で、私は一度も会ったことがありませんが、異母兄弟がいることがわかりました。その異母兄弟には3人の子供がいるらしいです。
あくまで素人の私が調べたところですが、私、妻、母の3人の中で私が最初に死んだときは、妻と母が相続することで問題ないと思います。しかしながら、母の死後つまり、私と妻の2人きりの状態で私が死んだ場合(現時点で最も想定されるシナリオです)第三順位の相続人として兄弟姉妹が登場することになっています。
この場合の兄弟姉妹に異母兄弟は該当するのでしょうか?
また、この異母兄弟が死亡していた時にはその3人の子供が相続権を持つのでしょうか。
一度も会ったことのない人間が、私の資産を相続するなど解せませんが、どなたかご教授頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

お早うございます、jixyoji-ですσ(^^)。

まず下記HPで法定相続人の範囲をご覧ください。lukelukeさんのおっしゃっている異母兄弟は【1人】で宜しいんですよね?その【1人】の異母兄弟に子供が【3人】ですね?

「法定相続人」
http://tamagoya.ne.jp/tax/tax066.htm

●しかしながら、母の死後つまり、私と妻の2人きりの状態で私が死んだ場合(現時点で最も想定されるシナリオです)第三順位の相続人として兄弟姉妹が登場することになっています。
この場合の兄弟姉妹に異母兄弟は該当するのでしょうか?

民法第889条規定をご覧になればわかるように第3順位者である"兄弟姉妹"は第1順位者,第2順位者がいない場合初めて適用になりこれは例え【異母兄弟】でも同じです。ただ無論lukelukeさんにお子さんができれば【異母兄弟】は関係なくなります。

●また、この異母兄弟が死亡していた時にはその3人の子供が相続権を持つのでしょうか。

lukelukeさんにとって甥・姪にあたる関係であれば代襲相続で相続権があります。これはあくまで"異母兄弟が死亡していた時"という条件付です。

正直申し上げてlukelukeさんにお子さんがいれば問題ないですが,お子さんがいない状態でしかも異母兄弟がいて甥・姪がいるとなると【遺言書】を念のため作成する事をお奨めします。下記HPをまずご覧ください。

「子供のいない子供のいない夫婦は遺言を書くことをお勧めします」
http://www.kazu4si.com/HP/iigonnsouzoku/zirei/sinnkon.htm

自筆遺言書も有効ではありますが裁判沙汰になると証拠能力にイマイチ欠ける点や紛失する可能性もあります。正式な遺言書を残しておくにはお近くの行政書士,司法書士に相談する事をお奨めします。遺言書作成,相続財産の算定など幅広く行っているので極めて有効です。料金も住んでいる場所によりますが\50,000-前後だと思われます。

「日本行政書士会連合会」
http://www.gyosei.or.jp/

「全国司法書士会一覧」
http://www.shiho-shoshi.or.jp/data/zenkoku.htm

最寄の公証人役場で『公正証書』で【遺言書】作成もできます。『公正証書』は裁判沙汰になっても極めて有効な証拠ですし差押や強制執行の根拠にもなりお勧めです。相談は無料なので一度相談してみましょう。

「日本公証人連合会」
http://www.koshonin.gr.jp/

相続の関連法規は以下の通り。

「民法=第5編相続==」
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/minnpo-souzoku1.htm#souzokunin

====抜粋====

第886条(胎児の相続能力)

(1) 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
(2) 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、これを適用しない。
 
第887条(子及びその代襲者)

(1) 被相続人の子は、相続人となる。

(2) 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。但し、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
(3) 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合にこれを準用する。

第889条(直系尊属・兄弟姉妹)

(1) 左(以下)に掲げる者は、第887条の規定によって相続人となるべき者がない場合には、左(以下)の順位に従って相続人となる。
 第1  直系尊属。但し、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。

第2  兄弟姉妹

(2) 第887条第2項の規定は、前項第2号の場合にこれを準用する。

第890条(配偶者)

 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、前3条の規定によって相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

========

それではよりよい法律環境をm(._.)m。

お早うございます、jixyoji-ですσ(^^)。

まず下記HPで法定相続人の範囲をご覧ください。lukelukeさんのおっしゃっている異母兄弟は【1人】で宜しいんですよね?その【1人】の異母兄弟に子供が【3人】ですね?

「法定相続人」
http://tamagoya.ne.jp/tax/tax066.htm

●しかしながら、母の死後つまり、私と妻の2人きりの状態で私が死んだ場合(現時点で最も想定されるシナリオです)第三順位の相続人として兄弟姉妹が登場することになっています。
この場合の兄弟姉妹に異母兄弟は該当するのでしょう...続きを読む

Q公正証書遺言、遺言者が存命中の場合は?

土地建物の公正証書遺言があります。
祖母が作った公正証書遺言なのですが、土地建物の権利をその証書で持った長男(父)がなくなり、次男である叔父が祖母の介護をするから
土地建物をよこせといってきます。
祖母は存命中です。

公正証書遺言の変更は、簡単にできるのでしょうか?
生活が脅かされ困っています。
教えてください。

Aベストアンサー

遺言は、相続が開始しないとその効力を持ちません。
ですから、お祖母様が存命中には、土地建物の権利は依然としてお祖母様のものです。
公正証書遺言が作成されたからといって、
その時点で父上が土地建物の権利を得たわけではありません。

従って、叔父上が「chayuneko」さんに土地建物を寄越せと言われても、
そもそもその権利はお祖母様にあるので、譲りようがないということです。
また、お祖母様存命中には「chayuneko」さんがご自身の相続分を放棄することもできません。
叔父上の要求自体がお門違いというわけです。

なお、遺言者が存命中に受遺者(遺言によって財産を受け取る人:この場合父上)が死亡した場合は、
その部分については遺言が無効になります。
従って、土地建物の権利については、法定相続人が相続分を持つことになります。
(「chayuneko」さんは父上を代襲して法定相続人になります)

もちろん、公正証書遺言を変更することもできます。
形式を満たす遺言が複数ある場合は、日付の新しいものが有効となります。
簡単にできるか、というご質問の主旨がよくわからないのですが、
少なくとも最初の遺言を作成するよりも難しい、ということはありません。

遺言は、相続が開始しないとその効力を持ちません。
ですから、お祖母様が存命中には、土地建物の権利は依然としてお祖母様のものです。
公正証書遺言が作成されたからといって、
その時点で父上が土地建物の権利を得たわけではありません。

従って、叔父上が「chayuneko」さんに土地建物を寄越せと言われても、
そもそもその権利はお祖母様にあるので、譲りようがないということです。
また、お祖母様存命中には「chayuneko」さんがご自身の相続分を放棄することもできません。
叔父上の要求自体がお門...続きを読む

Q異母兄弟と代襲相続

法定相続分について、配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合は、配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4とされています。

ところで、この場合、
(1)異母兄弟姉妹は、そうでない兄弟姉妹の半分ということでよかったでしょうか。
(2)それと、異母兄弟についても代襲相続は認められているということでよかったでしょうか。

Aベストアンサー

(1)民法900条4号但書後段により、その通りです。
(2)民法889条は代襲相続を異父母兄弟で区別していないので、その通りです。

Q全財産を1人に相続させたい場合の遺言書

全財産をAに相続させる。では不十分なのでしょうか?

銀行預金がほとんどなのですが、
銀行名、口座番号なども書かないとダメなのでしょうか?

もちろん自筆で日付や基本的に書かなくてはいけない
項目は書くつもりですが、預金口座が複数あり
満期の後にまた書き直すのは、すこし手間かと思っております。

Aベストアンサー

遺言としては、それで構いませんよ。
「遺産は仲良く分けなさい」でも遺言としては十分です。もっとも、こういう事を書くと後々揉めるというだけど、遺言者は草葉の陰ですから気にすることはないと言うだけです。通常は、揉めないように色々と指示を書いているということです。

ただ、一人に相続させるというのは遺留分がある以上、どんな遺言を書いたとしても他の法定相続人を排除することは不可能というだけのことです。

Q異母兄弟との遺産相続

主人の遺産相続に関して質問します。
まず主人の父親がなくなり約10年、最近になって急に残された母親が自分の元気な内に遺産相続を済ませておきたいと言い、調べてみると一人っ子と思っていた主人に異母兄弟のお兄さんが独り認知されていました。
質問1:故人がなくなってから約10年も経って遺産相続はできるのでしょうか?
質問2:遺産は土地、家屋のみで固定資産評価額で1000万程度です、相続義務もないとは思うのですが、異母兄弟に対しては必要ですか?
むしろ母も亡くなってからもめるより今した方が良いのかと悩んでいます。
質問3:相続に関してお兄さんが16%程度の相続権がある事は調べてわかりましたが、もしそれを支払う場合固定資産評価額しかわかってないのですが、相続資産の評価額はどのように調べれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

1.亡くなったお父さんが遺言をせずに、家の名義も亡父のままという状況を前提に、預金等の資産についても状況は同じはずですがこの点は無視します。更に異母兄の相続割合16%というのが父親の婚外子=非嫡出子であるという理解をします。

2.質問1にある「10年も経ってから遺産相続ができるのか」という問題ではなく、現時点では対象不動産を法定相続割合に応じて、1/2が母親、1/3がご主人、1/6が異母兄という状態で共有している状態です。(既に相続人に権利がある状態という意味では母親・ご主人・異母兄の立場は同じ)

3.この割合のままで不動産の相続登記を行うのなら、母親・ご主人単独でも登記申請は可能ですが、恐らくは一部であっても異母兄の名義にはしたくないとの意向でしょうから、今後3人の相続人間で、実際の資産の帰属を決める協議が必要です。

4.これが先の回答にある遺産分割協議であり、「母親或いはご主人が金銭○万円を異母兄に与える代わりに不動産に関する権利を放棄する」という形での協議の上で登記申請書類作成が必要です。現実の登記申請書類には、異母兄の実印押印・印鑑証明・住民票を求めることになりますので、現金と引き換えにこれらの書類を求めることになりますが、実際の手続には司法書士にお願いすることになりそうです。(素人でも登記手続は可能ですが、異母兄とのやり取りは一回切りで間違いが無い方が良い筈です)

5.質問2については、母親の相続分は100%ご主人に相続されますので、(母親とご主人の意見が同じだという前提であれば)遺産分割協議を母親の生前・死後に行うかどうかは特に関係ありません。但し、持分割合が最大の母親が言い出している今が、亡父の相続問題を決着させるタイミングだという気はします。

6.質問3については、土地に関する相続税の評価は路線価で行われます。参考までに国税庁のHPをリンクさせておきます。地図から対象土地の前面道路の平米当り単価に土地の平米数を掛けて相続税評価額の目安を確認して下さい。もっとも、相続人間では当然課税評価額ではなく、物件の時価を前提に取り分の協議が行われる筈ですので、この評価を使っても意味は無いのですが、物件の評価については厳密性よりは異母兄側が納得する数値であれば良い、と考えれば固定資産税評価額・路線価価格でも交渉の物差しにはなりそうです。
http://www.rosenka.nta.go.jp/

1.亡くなったお父さんが遺言をせずに、家の名義も亡父のままという状況を前提に、預金等の資産についても状況は同じはずですがこの点は無視します。更に異母兄の相続割合16%というのが父親の婚外子=非嫡出子であるという理解をします。

2.質問1にある「10年も経ってから遺産相続ができるのか」という問題ではなく、現時点では対象不動産を法定相続割合に応じて、1/2が母親、1/3がご主人、1/6が異母兄という状態で共有している状態です。(既に相続人に権利がある状態という意味では母親・...続きを読む

Q遺産分割協議書がなくとも、遺言(公正証書)に基づいて、被相続人の現預金や不動産を分配することが可能なのでしょうか?

はじめまして、一つご相談させてください。

このたび、父の逝去にともない、相続が発生しました。

遺産分割協議書がなくとも、遺言(公正証書)に基づいて、被相続人の現預金や不動産を分配することが可能なのでしょうか?

公正証書なるものは、一緒に同居していた方が持っており、それを他の相続人一同に見せたのです。被相続人は、逝去時、99歳という高齢でしたので、そのちょうど10年前=まだ元気な頃、公正証書を作成したようです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

遺言(公正証書)が不完全な場合には、その不完全な部分については
遺言趣旨に沿う範囲で協議が必要です。

曖昧な部分がなければ協議書は不要です。

Q 異母兄弟の相続権

 異母兄弟の相続権
 私(50歳)の父は10年前に死亡しました。相続処理はすべて終わっています。
 父は再婚で先妻(20年前に死亡)との間に子が2人(現在ともに70歳代で子・孫もあり)います。
 私は、要するに「後妻の子」というわけで、弟(40歳代)と2人兄弟です。
 ところで、私の母がこのたび死亡しました。私と弟が母の相続人となるのは当然ですが、上記義理の兄弟(ともに70歳代)も法律上の相続人となるのでしょうか。
 私のウル覚えでは、私と弟が2/6づつ、義理の兄弟が1/6づつ、要するに、「異母兄弟は半分」であったように記憶しているのですが・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えの部分は、質問者のご兄弟(半血兄弟を含む)が逝去、子親なくして第3順位の兄弟への相続がおこった場合です。

Q父が作成した公正証書遺言書を紛失してしまいました。この場合、父はまだ健

父が作成した公正証書遺言書を紛失してしまいました。この場合、父はまだ健在ですが遺言書の現物が無いと遺言自体が無効になるのでしょうか?また、子供としてとるべき処置はどうしたらよいのかアドバイスをいただければと思います。

Aベストアンサー

#4追加
他の回答に、相続人からできるとありますが、
再交付(謄本)は本人(被相続人)のみです。 相続人はできません。
子供にだって知りたくない場合があります。

死亡後は、相続人からできます。


人気Q&Aランキング