こんにちは 
私はフィカスプミラが家にあるのですが 新しく葉が出てきて
育つたびに 葉が茶色くなって枯れてきてしまうみたいなので
す 茶色い斑点みたいなのができたりします 新しい新芽で 
これから大きくなるってところなのに もう茶色くなってしま
っている物もあります

これって水が足りないということなのでしょうか? 今は 午
前中日当たりのよいベランダに出しているのですが 家の中に
入れたほうがよいのでしょうか? 教えてください

A 回答 (3件)

そうなると、後は思い当たるところが有りません。



もう少し様子を見てください。
後は、下記の園芸相談を利用してみたらいかがでしょうか。


鈴乃園お知らせ掲示板&園芸相談コーナー
http://www65.tcup.com/6519/suzunoen.html


○園芸の相談は
http://www.pref.kanagawa.jp/guide/09/0910.HTM


おはなやさん 園芸相談 のページです。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~o-hana/engei.html
    • good
    • 0

こんにちはn-gumoと申します。


Luckymeさんと同じ症状で我が家のプミラが枯れてしまった事があります。
うちの場合は多分日焼けです。
今まで室内で育てていたものを、この時期の強い太陽に当ててしまうと
弱い部分(新芽、斑など)からやられてしまうみたい。
今年は春の早い時期から屋外において、日光になれさせておいたので
現在元気に育っています。…と、私は思っています。
Luckymeさんが最初から午前は外、午後は室内、と育てていたのだとしたら
トンチンカンな回答になってしまいますが
植物って環境の変化がとてもストレスになるみたいですよ。
室内で育てたものは強い日差しが苦手。
屋外で育てたものは多少の日照り続きや寒さにも強い。
元は同じ鉢から株分けしたものでもこんなかんじに個性が出てきます。
どの状態のときが一番元気だったか思い出して、
なるべく近い環境にしてあげてみてはどうでしょう。
    • good
    • 0

水をどの程度やっていますか。



水のやりすぎは良くありません。
土の表面が白く乾いたら、葉水をかねて上からたっぷりかけてやってください。

日当たりは、今のままで問題ないと思います。

肥料は成長期内で2ヶ月に1回固形肥料を与えます。

こんな点に注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
水は 土が乾いているときだけ 上げています。 肥料はあげたことはありませんが…

もうちょっと様子を見たほうがよいのでしょうか?

お礼日時:2001/06/11 00:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプランターと地植えで野菜栽培 収穫量は?

プランターで野菜を育てると地植えに比べて収穫量が減ったり子ぶりに育ったりしてしまいますか?

プランターでも地植えでも変わらない野菜はありますか?

Aベストアンサー

補足ですが、

http://aquaculture.gldplants.com/hydroponics-container/contents.html


こういう風に500mLペットボトルを使った水耕栽培ではやはり、根のはれる量、水量の少なさによって、容量の大きなタンクの水耕栽培よりも収量が落ちます。


単純に容量というだけでなく、根がどれだけ栄養を吸収できるかですので、塩ビパイプの中に水耕の根を伸ばしている場合もあります。数メートルですが、成長はよいようです。

また、プランターの最大の欠点は、水が保持できないということです。

これでは植物はまともに育ちません。

しかも、短期で最大の成長を求める野菜では無理があります。

単純の底にバケツに穴をいくつかあけたものと栽培比較してみてください。

同じ、それ以下の容量なのに、全然、成長が違います。

また、プランターとセットとなっている培養土は木くずや土の大粒の塊ですので、かさは有りますが、すかすかです。

半年後には半分以下の量に減っています。もちろん、水持ちなんていいはずがありません。

そういうことを考えれば、プランターでも最大限の収量を得ることも可能です。追肥と合わせて。

補足ですが、

http://aquaculture.gldplants.com/hydroponics-container/contents.html


こういう風に500mLペットボトルを使った水耕栽培ではやはり、根のはれる量、水量の少なさによって、容量の大きなタンクの水耕栽培よりも収量が落ちます。


単純に容量というだけでなく、根がどれだけ栄養を吸収できるかですので、塩ビパイプの中に水耕の根を伸ばしている場合もあります。数メートルですが、成長はよいようです。

また、プランターの最大の欠点は、水が保持できないということです。

これでは植物...続きを読む

Qミニトマトの葉に茶色の斑点

ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

調べると斑点病のようにも思えますが、今ひとつ確信が持てません。

どなたか詳しい方、対処法と併せて教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

>ミニトマトの葉に茶色の斑点
ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

       ↓
葉かび病や輪紋病が推測されます。

ご心配なこととお察し申し上げます。
家庭栽培では安全安心な野菜作りと相まって、病害虫被害が強力な農薬散布等をしませんので、どうしても出やすくなります。
でも、苗の初期の段階を超えれば、本来の性質が丈夫で育てやすいので、日照と風通しに気を付け、水遣りの過剰を避ければ耐性もあり大丈夫だと思います。
痛んだ葉を摘葉・摘芯し感染拡大を図りながら、ダニやナメクジ被害にも朝夕の点検で注意してあげ(見つけ次第割りばし等で捕殺)し、丈夫なトマトは病気にも強いです。


~ご参考~

葉かび病
<被害の特徴と発生生態>
主に葉に発生する。はじめ葉の表面にかすかに黄斑が現れ、その裏側に灰白色~灰褐色のビロード状のカビが密生する。被害が進むと葉は乾燥して巻き上がり枯れる。
葉裏の胞子が飛散して伝染する。とくにハウスなどの多湿な環境で発生しやすく、晩秋から早春に多。密植や通気が悪いと発病しやすく、肥料切れにより株の勢いが衰えた時にも病気にかかりやすくなる。
<防除>
被害葉を摘除し、ハウスの換気を十分行う。
抵抗性品種の利用が有効である。


輪紋病
<被害の特徴と発生生態>
葉でははじめ暗褐色、水浸状の小さな斑点ができ、しだいに拡大して1センチ程度の同心輪紋状の大型病斑となる。
被害が進むと茎や果実にも同様の病斑をつくる。多湿になると病斑上には黒いビロード状のカビが生える。
病斑上にできた胞子が飛散して染する。
適温は28℃で、高温乾燥条件で発生が多い。
<防除>
着果期以降、肥料切れしないように注意する。とくに生育後半に発生しやすい。

http://osaka-ppa.or.jp/zukan/index.php



<私見>

トマトは南米のアンデス山地(高地)が原産地ですから、本質的に乾燥の痩せた土地でも丈夫な育て易い野菜です。

症状が進んでいる場合は、写真orガラス瓶に被害葉を入れて、園芸店やホームセンターにて相談し薬剤「トップジン・ダイセン・ベンレート他」を用途用法をアドバイス頂き散布します。

しかし、私は特別に収量や大きさを重視する農家ではない場合は薬剤の使用は安全性や周辺の草花への影響等より最後の手段だと思います。

主な原因は、家庭栽培では、過保護&愛情過多となり→水・肥料の与え過ぎ、土壌の湿潤、置き場所が日陰や葉の密生による日照不足が原因として考えられます。

また、鉢やプランターに苗の株間が狭く、根詰まり(根が張れず)や根焼け(肥料に直接触れて根が傷む)していませんでしょうか?

その他、アブラムシやナメクジ、ヨトウムシ、ダンゴ虫の被害、うどん粉病や縮葉病にも注意してください。
被害葉は感染を防止する為に手で切り取って捨ててください。
さらに、その土やプランターは連作(昨年も栽培)障害は大丈夫でしょうか?

とりあえず、
日照不足の解決:置き場所の変更、摘葉。

水遣り      :土が乾かない程度に水遣りは抑え気味に、夕刻に上げる(昼間は日差しで水が煮立つ)

摘葉・わき芽欠き:密生している葉、地上部に近く傷んだ葉を取り除く、またわき芽は手で欠く。

葉の状態でチェック:下葉が内側に巻き込んでいる(チッソ過多)、葉が小さく薄い色で植えに向いている(栄養不足)、葉が大きく下に向いている(栄養過多)。

受粉        :風や虫が媒介して実成しますが、念の為に花を揺する等して受粉を促す。

落花する      :高温で葉や根が傷む(株元にマルチをする)、落花(栄養不足→追肥、着果促進剤)

支柱と紐保持  :風対策やつるの誘引に支柱を立て、紐で保持する。 

追肥には鶏糞・米ぬか・草木灰をチッソ・リン・カリのバランスや過不足にあわせ調整してあげる。
土壌が弱っていると思う場合は、株元から少し離して鶏ふんや堆肥を与え土に元気を与える。
さらに、花が元気に咲いて来たら、トマトトーン(着果促進剤)を100倍希釈して霧吹きで花に散布してあげる。

摘果と収穫     :たくさん実が出来てきましたら、適当に間引く(摘果)事で、ミニトマトの大きさや味が良くなります。



◇ご参考記事

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query …

http://www.iris-saien.com/howto123/#step_a

http://nao-k.jp/kusabana/planter/purannta.htm

http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%83%7E%83j%83g%83%7D%83g&index=log

>ミニトマトの葉に茶色の斑点
ミニトマトの葉に茶色の斑点が何枚も見られるようになりました。
苗の購入時から少し見られていたので、植え付け時に切り落としていたのですが・・・

       ↓
葉かび病や輪紋病が推測されます。

ご心配なこととお察し申し上げます。
家庭栽培では安全安心な野菜作りと相まって、病害虫被害が強力な農薬散布等をしませんので、どうしても出やすくなります。
でも、苗の初期の段階を超えれば、本来の性質が丈夫で育てやすいので、日照と風通しに気を付け、水遣りの過剰を避...続きを読む

Q紫蘭を地植えにしたい

家にある紫蘭ですが、根が張りすぎたのか鉢が割れてしまいました。
そこで、これを機に地植えにしようと思うのですが、通常植替えは10月11月がよいとされているようです。
今の季節に鉢植えから地植えにしても問題ないでしょうか?
些細な質問ですみませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

根が張りすぎたものをそのまま鉢の戻すよりは
下におろしたほうがいいでしょうね。
根はほぐした方がいいでしょう。
日当たりがいいと結構繁殖します
その点場所をしっかり決めて植えたほうがいいです。

Qウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

ウンベラータの葉について☆ 病気?葉ダニ??斑点上の枯れ…???

もらってきたばかりのウンベラータの葉に斑点状の何かが出来始めて、その部分は枯れているような感じです・・。

葉ダニ!?かとも思ったのですが、全ての葉の裏を見てもダニは1匹も見当たりませんでした。(葉ダニは夜行性なのですか? 普段は土の中に隠れているのでしょうか…(>_<))

葉水は、2日に一回くらい、水道水で与えています。
霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!?
虫なのか病気なのかが判断できません・・・。

原因と対策を教えて下さい!
どうぞよろしくお願いいたします・・!

Aベストアンサー

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくかき混ぜます。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
これ1株だけでしたら、薬液は300mLぐらいあれば十分足りますから、それに準じた希釈をして下さい。水1Lで薬剤1mL、水300mLで薬剤0.3mLの割合です。展着剤は少しアバウトでも構いません。葉の表裏や茎や表土に入念に散布します。
その他にお勧めする薬剤とすれば、ベンレート水和剤あたりでしょうか。粉末ですから上記mLはg(グラム)に置き換えてください。1mL=1gです。水1Lで0.5gが2000倍希釈です。展着剤も同様に混入します。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00152.html(水で2000倍に希釈)。
これら二つの薬剤は散布後も薬液による葉の汚れもほとんど目立ちません。

しかし治療効果とはいっても斑点部分が青葉に変わるわけでもなし、効果があるのは予防と発生ごく初期だけです。発生ごく初期も、目を皿のようにして見て発見できるぐらいのもので、蔓延するともうダメだという事です。ほとんどの殺菌剤や病気についてこの事が言えますから、薬剤散布も予防散布が一番大事であると心得ましょう。
新たに貰ったり購入したものも、ただちに予防散布しておく事が望ましいです。どのような病気が付いて来るかわかりません。

しばらく薬剤散布期間が終るまでは葉水は控えましょう。葉水で病気が広がる事もあります。
斑点部分はもう回復しませんから、さしつかえなければ病葉は除去した方がよろしいです。
鉢土を過湿にしないようにしましょう、病気を併発させる場合があります。一応鉢土の表面が乾いたらしっかり水遣りしますが、今度は鉢土を早く乾かすようにします。そのためには明るい所や風通しの良い所に置きます。また床面直置きするよりもレンガみたいなものを左右に並べ、その上に鉢を置くと下からの通気性が良くなります。
また窒素肥料ばかり多く与えるのも避けます。N:P:K(窒素:リン酸:カリ)が等量か10:8:8ぐらいの緩効性化成肥料を与えます。
http://www.hyponex.co.jp/catalog/05/index.html#c
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00508.html
他にはIB化成肥料。以上参考まで。

ハダニは温室内でなければ、発生時期としては少し早いです。大体7月~9月の暑い盛りに発生が多く見られます。ホコリダニも同様です。
ハダニの被害を受けると、葉が白っぽいカスリ状になります。また葉裏も汚くなります。病気の新たな発生が見られなければ、また葉水を再開しましょう、葉の表裏や茎に与えます。ハダニ類の発生の予防になります。特に夏場は1日1回は与えましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
もしハダニ類の発生が見られれば、この薬剤がお勧めです。主成分がデンプンで安全性が高く、高温期における薬害も出にくいものです。また害虫の気門を塞いで窒息死させますから、害虫の薬剤耐性にも強いです。100倍に希釈して、1週間おきに3回ぐらい散布します。なお粘質なので、計量にはストロー付きの目盛りの付いた注射器のようなものを使います。200円ぐらいで園芸コーナーにあると思います。

>霧吹きに入れたままにしておいた水なので、古かったのがいけないのでしょうか!? 。
水が濁っていたり、腐っていなければ構いません。

補足。
ハダニは極小で肉眼では見難いと思います。赤っぽいダニのようなものを見つければ、それはハダニではなくタカラダニです。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00387.html
風に乗って飛ばされて来る場合もあるでしょうね。越冬するものもいます。最初は少量でも世代交代が恐ろしく早いので、短期間で増殖します。また退治しても葉に被害跡は残ります。
画像からはハダニの被害には見えませんが、夏場は注意しましょう。

斑点性の病気でしょう。おそらく貰ってきた時点で付いて来たものと思われます。
http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki21.html
このなかでどの病気かを判断するのは難しいのですが、広範囲に効くダコニール1000あたりを葉の表裏や茎に万遍なく散布すると良いでしょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00138.html (水で1000倍に希釈)。
1週間おきに3回ぐらい散布します。また予防の為に、健康な葉茎にも散布しておきましょう。散布は霧吹きか噴霧器を使います。展着剤も薬液1Lにつき、数滴混入させてよくか...続きを読む

Q黒竹を地植えする方法

カテゴリーが見つからず、申し訳ありません。


鉢に入った180センチの黒竹を8鉢購入しました。

鉢植えしかどこも扱っていなかったので鉢植えのものを
購入しましたが、地植えを考えています。

(1)鉢植えから地植えにするのにまずい季節はありますか?
(2)地植えをするときに鉢から抜いた黒竹の土は落とすものでしょうか、
 大事にするものでしょうか?
(3)地植えにするときに使う土は培養土、腐葉土どちらでしょうか?
(4)浅植えでしょうか、深植えでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1)鉢植えを地植えにするなら時を選ばず出来るかと思います。
と言ってもみもふたも無いので、少しダメな季節を言うと、竹の葉が落ちてから(俗に言う竹の秋)暑さの盛りを過ぎるまで、と、凍結期(冬でも雪も降らず土も凍結しないなら大丈夫)。
さらに一番良い季節を選ぶなら、竹の子が出て、枝葉が固くなってから、竹の秋になる前。

2)出来れば、土を付けて植え替えてください。良い時期に植え替えれば、古い竹と、今年の竹、そして、土の中に来年の芽を持っていることが株として枯れない条件です。

3)植えるために掘った穴を植え付けで埋め戻す土は、黒土が良いです。ホームセンターに有るかと思います。

4)鉢の表面が出る浅植えでも良いですし、鉢の深さひとつ分くらい深くても構いません。(それ以上は駄目ですが)

書いた中から、出来る範囲でやってください。
条件が良いと、植え替えしたままでなにもしなくても根付きますし、大雑把な時期に植えると、水掛などの手間が余計にかかります。

Q葉に黄色い斑点が出て、葉が縮れます、ハダニでしょうか

ベランダで育ててるハナミズキとトベラの苗に黄色い斑点が出て、葉が縮れます
ネットで調べ、ハダニかなと思ったのですが、いくつか見たサイトでは「黄色い斑点、色がぬける、くもの巣がはる」などの記載は有りますが縮れは載っていませんでした
(私のところの樹はずいぶん前からの症状ですが、くもの巣は有りません)
写真UPしようと思いますので、詳しい方いらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>葉に黄色い斑点が出て、葉が縮れます、ハダニでしょうか


新葉に火ぶくれの様な状況が起こりますのは→「縮葉病」ではないでしょうか?
我が家では、ハナミズキは、葉の表面に白い粉を振ったようになり、その後に縮れてくるケースが見られます。

気温が低く、雨が多い年に多く発生するといわれております。
病害虫に対しては、色々と殺虫剤や農薬が市販されているようですが
私は、周囲の樹木への悪影響や果実&野菜の安全安心に不安な為に使用しておりません。

ある程度の、被害は覚悟の上で、根本原因は、樹木の体力体質の問題であり、環境(土壌・水遣り・日照)も含めて対応を考えたいと思います。
土壌のチェックを行い問題が無ければ、残る原因は日射の当たりが悪くなったり、栄養素が不足と考え→栄養液を与え、重なり合ってる枝や、葉を少し梳くような形で剪定します。
その時に、病状が移転拡大しないように、症状が出ている葉・枝を切除します。

尚、葉ダニは、下草や周辺の雑草で発生して移動してくる事が多いので、樹元の雑草の除草刈り取りを中心に行い、木酢液を霧吹きで吹き掛け、被害葉を早めに処分しております。


http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%83n%83i%83%7E%83Y%83L&index=log&key1=2008&key2=01




kuromatuak様に於かれましては、皆さんからの情報とアドバイスを参考にされ、大切なハナミズキ・トベラを病害虫から守ってあげて下さい。
そして、新緑、美しい花や紅葉を楽しまれますように、心より祈念申し上げております。

>葉に黄色い斑点が出て、葉が縮れます、ハダニでしょうか


新葉に火ぶくれの様な状況が起こりますのは→「縮葉病」ではないでしょうか?
我が家では、ハナミズキは、葉の表面に白い粉を振ったようになり、その後に縮れてくるケースが見られます。

気温が低く、雨が多い年に多く発生するといわれております。
病害虫に対しては、色々と殺虫剤や農薬が市販されているようですが
私は、周囲の樹木への悪影響や果実&野菜の安全安心に不安な為に使用しておりません。

ある程度...続きを読む

Qこの幅で庭木(コニファー)は地植えして育ちますか?

ガーデニングは全くの初心者です。いくつか質問させてください。

木を植えたい場所がブロック塀と犬走り(コンクリート部分)の間で70CMしかありません。
ここに庭木(コニファー)を数本植えたいと思いますが、この幅で地植えする事は出来ますか?地植えではなく、やはり鉢植えのほうが良いのでしょうか?

また、真夏に植えるのは良くないと聞いたことがありますが。。。この時期(7月の上旬まで)に木を植えても大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

幅70cmぐらいあれば、高木ではないゴールドクレスト等のコニファーならば大丈夫です。
確かに夏場に植え付けを行うのはよろしくありません。昨日、今日と真夏日のような暑さです。
できるだけ週間天気予報と照らし合わせて、曇天や雨天が多い日を選びましょう。
根土を出来るだけ崩さないように、そのままそっと植えつけるならば出来ないこともありません。

その前にバーク堆肥を土とよく混ぜて、土壌改良しておきましょう。
土の量に対してバーク堆肥を3~4割ぐらいです。思ったより沢山必要です。庭土の量は想像するよりも多いからです。
これで後々の根の張り具合も良くなり、早く生長に入るでしょう。

肥料を与えるのは新芽が展開してくるなど、生長が始まってからでよいです。株の最大径直下あたりを3~4箇所掘って、油粕などを今の時期は軽く与えてやりますが、9月になってからでも構いません。

あまり深く植えないように気をつけます。倒れそうならば、しばらく支柱などで支えてやります。
植え付け後は水をタップリ3回ぐらい分けて与えます。
前述したバーク堆肥を株元周辺に厚さ3~4cmぐらい敷き詰め、所謂マルチングを施しておいてやると良いでしょう。これからの夏場にかけて土の乾き過ぎを防ぎます。
通常の水遣りは、マルチングが十分乾けば与えるぐらいで構いません。

参考URL:http://www.hometeien.co.jp/sentei/matu1.htm

幅70cmぐらいあれば、高木ではないゴールドクレスト等のコニファーならば大丈夫です。
確かに夏場に植え付けを行うのはよろしくありません。昨日、今日と真夏日のような暑さです。
できるだけ週間天気予報と照らし合わせて、曇天や雨天が多い日を選びましょう。
根土を出来るだけ崩さないように、そのままそっと植えつけるならば出来ないこともありません。

その前にバーク堆肥を土とよく混ぜて、土壌改良しておきましょう。
土の量に対してバーク堆肥を3~4割ぐらいです。思ったより沢山必要です。庭土の...続きを読む

Qサンセベリアの新芽が出てきて・・・

今夏買った、サンセベリア・スタッキーが
最近、新芽を2本出しました。
新芽が出たとしても、このままほっておいて、
春の植え替え時に、植え替えればよいのでしょうか?
それとも、今、植え替えを行ってもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

お住まいの地域が分かりませんが、部屋の中においていらっしゃいますか?
サンセベリアはそろそろ休眠期に入りますので、植え替えは来年になさった方が無難でしょう。
新芽が出てもほっておいて大丈夫です。
鉢一杯になっても案外平気な植物ですから、根の動きが悪いこの時期に植え替えるより、植え替え時期を待たれた方が良いと思いますよ。
ちなみに我が家は関東で、現在玄関外に出してありますが、新芽が沢山成長して鉢一杯になりつつあります。
もう少ししたら家の中に入れようと思っています。

Qコムラサキシキブを地植えから鉢植えにしたいと思っているのですが落葉季まで待った方が良いのでしょうか?

コムラサキシキブを地植えから鉢植えにしたいと思っているのですが落葉季まで待った方が良いのでしょうか?今はやらないほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

地植え株の大きさにもよりますが
本来ならば2~4月が植え付け期だったと思います。
私は、地植え株の根元に実生でたくさん生えた株が
引き抜かれて捨てられ、萎れていたのを拾ってきて植えたら
今頃でしたが根付いたことはありますので
あまり大きな株ではなく、根を傷めないなら植え替えられるかもしれません。

ただ、地植えから鉢植えとなると植物からみれば
根も伸ばせられない限られた狭い環境に悪化させられることになるかもなので
なんとも言えません。
答えになっていませんが、自己責任でお願いします。

単にコムラサキシキブの鉢仕立てが欲しいのなら
この秋に実った実を鉢に蒔いておくだけで
春には芽が出て花を咲かせ、実ると思いますよ。
うちはあちこちに勝手に芽を出して
ど根性状態で増えているので困っていますw

Qドラセナマッサンゲアナの葉が茶色に

お世話になります。7月の上旬にドラセナマッサンゲアナ(一つの鉢に3本)を買って育てていますが最近葉が根元から茶色になっているのに気がつきました。水やりは控えぎみにしてきたつもりです。(8~10日に一度)肥料は百均で売っていた「観葉植物の肥料」というのを小さじ一杯ぐらい、7月の下旬に与えました。レースのカーテン越しに光が入ってくる窓際に置いています。一度茶色になった葉の部分は枝ごと取り去ったのですが、今度はまた別の枝が同じ症状です。

そこで質問ですが、
(1)肥料が安いものだったのでいけなかったのでしょうか?(値段が安いのと量が少ないのでついつい買ってしまいました)葉が茶色になる原因は何なのでしょうか?
(2)水やりを行い、鉢の底にたまった水を捨てようとして気がついたのですが、長さが3~4センチぐらい、太さ1~2ミリぐらいの虫が動いていました。一見ミミズのようにも思ったのですが私の知っていますミミズはもっと大きく太いのです。この虫は何なのでしょうか?
(3)土の表面に直径2~3ミリぐらいの、グレーっぽい色の粒が沢山見つかりました。一つづつ取り除いたのですが、これは何なのでしょうか?

以上、1~3の一つだけでも結構ですのでどなたかご教示願えれば幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

お世話になります。7月の上旬にドラセナマッサンゲアナ(一つの鉢に3本)を買って育てていますが最近葉が根元から茶色になっているのに気がつきました。水やりは控えぎみにしてきたつもりです。(8~10日に一度)肥料は百均で売っていた「観葉植物の肥料」というのを小さじ一杯ぐらい、7月の下旬に与えました。レースのカーテン越しに光が入ってくる窓際に置いています。一度茶色になった葉の部分は枝ごと取り去ったのですが、今度はまた別の枝が同じ症状です。

そこで質問ですが、
(1)肥料が安いものだ...続きを読む

Aベストアンサー


急激な環境の変化があったら弱ります。
買ったばかりとの事ですので、可能性は高いのではないかと思います。
環境に慣れていない状態で肥料を与えられてしまい、肥料やけを起こしたのではないかと思います。
お店側での施肥量が不明でしょうから、肥料切れを起こさない限り、
2ヶ月ほどは様子を見たほうが良かったかもしれません。

他にエアコンの風が当たって枯れている可能性もあります。
遮光していても環境の急変で葉焼けは起こります。

肥料は百均も他の店も、あまり違いがありません。
それに百均の肥料は安くはありません。


イトミミズかユスリカの幼虫(赤虫)ではないでしょうか。
釣りの餌ですね。


何かの虫のフンではないでしょうか。


人気Q&Aランキング