(1) 構造物設計事務所が提示する「1000kg/m2」の床に、「50cm×100cm」600kgの重量物を1個設置できるでしょうか?

(2) その理由は?


この重量物を2個並べて、「100cm×100cm」1200kgを設置する場合は、耐荷重を超えているので、設置できないと判断できそうですが。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>1m2あたり1000kgまで重量物を積載できるのであれば、1200kgの重量物はたとえば2m2に均等に力が分散するよう鉄板またはH鋼の架台を作成するのが望ましい、とか。



そのような対策をとることが望ましいと思います。
またこの場合その架台が十分な構造性能を有しているか、また架台の重量も含めて床が持つのかを考えなければなりません。

>しかし、建物の構造上無理かもしれないので調査しないといけないのかなと。

既存物の場合、劣化や何らかの欠陥が生じていることもあるので、重量物を新規に載せる場合は調査する方が望ましいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私は積載荷重の意味を間違えて解釈しておりました。
よくわかりました。
勉強になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2004/06/16 00:17

#6です。


まだ悩んでおられるようですが。
その原因はminokichiさんの発想が逆なためだと思います。

構造設計する際にどれくらいの荷重がかかるかこれをまず決めなければなりません。
このそして決めた荷重を元に構造計算をして、構造部材のサイズや材料を決定する。
これが正しい手順です。

新築の場合構造設計が終わった後から、載せられるものを決めるのではないのです。別途検討が必要になりよけな手間がかかるだけですし、万が一、構造が持たないとなると補強の追加工事が発生してしまいます。一般に補強工事が後から発生した場合、最初から見て設計したものに比べて費用が多くなります。

後から荷重を設定するのは、用途変更、改修工事や工場における大型生産機への入れ替えなどの場合だけだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
おっしゃるとおり、発想が逆なのかもしれません。

今回このような質問をしているのは、重量物の設置を身近に計画しているが、設置できるかできないか検討する材料として、積載荷重という目安を知り、この値をどのように利用・応用するものなのか知りたかったのです。

1m2あたり1000kgまで重量物を積載できるのであれば、1200kgの重量物はたとえば2m2に均等に力が分散するよう鉄板またはH鋼の架台を作成するのが望ましい、とか。
しかし、建物の構造上無理かもしれないので調査しないといけないのかなと。

お礼日時:2004/06/14 16:24

>じゃあ耐荷重って、目安?


>どのように使うものなんでしょうね。

まず用語が本当に耐荷重なんですか?
多分積載荷重とか他の用語を使っていると思うのですが。

一般に平方メートル当たり何kgfというのは設計に用います。
設計の段階ではどこに何がおかれるかなんて、決まっていませんよね。一般の家庭なら部屋の模様替えとかもあるので。

それでは構造設計はできません。また複雑な荷重を計算するのかなり大変です。それで荷重を、単純化して計算します。それが分布荷重と集中荷重です。
平方メートル当たりというのは床のような面に対して分布荷重で計算する場合で、点に近い荷重に対しては集中荷重にモデル化して解析します。

要するに、設計で仮定した条件を示しているのです。だから仮定を超えた場合は、別途検討が必要になるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。。
確かに表現が誤ってます(^ ^;)
失礼しました。

用語は「積載荷重」となっております。
1.0t/m2ーーーーーー10KN/m2
集中荷重だと問題あり、架台作成をお勧めします、
と記載あり。

この積載荷重を参考に、重量物を設置できるかどうかは、その仮定としか比較できない。
また、どのような仮定かは調査しておかないといけませんね。

難しい~(ToT)

今まで単純に1m2あたりの積載荷重と1m2あたりの重量物を比較しておりました。
積載荷重のうち、どれだけの重量物を設置する場合に検討する必要があるのか?

頭が痛くなってきました。。。

お礼日時:2004/06/11 16:27

>素人的に、0.1m×0.1mに600kgの重量物を設置すると穴が開きそう・・・と心配になります。



その通りです。部分的に荷重が加わる場合と、均等に荷重が加わる場合は、実際部材に生じる応力が異なりますので別途検討が必要になるのです。

>しかし、0.5m×1mだと微妙なんですよね。
では何を基準にするか?

平方メートルあたり1000kgの荷重が床面全部にかかった場合を想定していますので、部分的にそれを越すケースについては別途検討が必要と言うことです。

>耐荷重だと思うのですが、0.5m×1mに500kgだったら鉄板はいらない・・・になるのかな~。

載せるものが底が平らなら大丈夫だと思います。脚がついている場合は各脚に均等に荷重が分散するとして、脚の面積に重量を脚の本数で割った分の荷重がかかった状況になります。この場合0.1m×0.1mのケースに近い状態になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1m2あたり1000kgまで対荷重のある床。
これは1m×1m、0.5m×2m、0.1m×10mなど、色々な1m2が考えられますけど、重量物を設置する場合の鉄板敷きにも検討する必要がありそうですね。

じゃあ耐荷重って、目安?
どのように使うものなんでしょうね。

お礼日時:2004/06/10 13:49

No.2です。



1m2あたりの耐荷重と、設置する重量物を1m2に換算した場合の重量を比較することが正しいのかどうか?ということです。

例が1m×0.5mになっていたので、質問の意図がわかりづらかったのですが、質問の意味はもっと極端な例にして、これが例えば0.1m×0.1mに600kgの場合も同じように取り扱えるかということにしてもいいんですね。
これが、平方メートル当たり換算だと60,000kgになるのでだめと考えるのか、それともトータルでは600kgなので範囲内でokと考えるのか、そういうことを聞きたかったということですね。

それなら、どちらの考えも正しくないというのが答えだと思います。

元々荷重のかけ方の仮定条件が違うので、仮定が異なれば別問題として取り扱うものだと思います。

実用上はNo.3の方が回答しているように、板を敷いたり基礎を作ることで荷重を分散させて、仮定した荷重条件になるようにして対応することが多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

耐荷重というのは、「1m2あたり・・・」が条件であれば、「鉄板を敷いた場合・・・」の文言が隠れていると解釈すべきなのでしょうか?

素人的に、0.1m×0.1mに600kgの重量物を設置すると穴が開きそう・・・と心配になります。
しかし、0.5m×1mだと微妙なんですよね。
では何を基準にするか?
耐荷重だと思うのですが、0.5m×1mに500kgだったら鉄板はいらない・・・になるのかな~。

お礼日時:2004/06/09 17:52

悪徳不動産屋参上


簡単です
100cm×100センチの板を物体の下にひき、過重を分散させればOKです。水槽を置いたりする人がいますが、いつも忠告していることは、建物の構造上問題なくても、床材等の仕上げ材は凹みます。点で支えるのではなく、面で支える事によってだいぶ違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
荷重分散の一例ですよね。
承知しております。
極端な話、部屋一面に鉄板があればどこにでも置けそうですね。

お礼日時:2004/06/09 17:42

質問の内容からでは判断できないというのが答えです。


 
 荷重分布が異なっています。設計条件は等分布(均等に平面的に載っている状態)により計算していますが、質問のケースの場合、部分的な等分布荷重または集中荷重として取り扱う荷重条件であり、等分布荷重状態と応力状態が異なります。一般に積載荷重の範囲が小さくなると載せられる荷重は小さくなります。
 応力状態はその積載位置やスパンにより変わりますので答えが出ません。

 次に一般的な話ですが、設計する場合荷重条件ぴったりなるような条件で設計できるケースはまれで、若干の余裕があるはずです。その余裕内に納まっていれば設置できるといえます。

 床組の方法にもよるので、構造設計事務所に確認した方がよろしいと思います。
 なお、積載物が何かわからないのですが、設備機器の場合防振対策や固定のための基礎が必要な場合もありますので早めに相談した方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
床に重量物を設置することは、構造設計事務所から大丈夫との了解は得ております。

知りたいのは、1m2あたりの耐荷重と、設置する重量物を1m2に換算した場合の重量を比較することが正しいのかどうか?ということです。
ネットで調べてもなかなか解説されているサイトがありませんし。。。

お礼日時:2004/06/09 12:53

1m2に600kg置くなら大丈夫だけどもちろん2個置いたら駄目だね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
本件の重量物について、1m2あたりに換算すると1200kgになりますが、そのような計算はしなくても良い、と言う事でしょうか?

お礼日時:2004/06/09 11:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のサスの最大許容荷重

バネで最大許容荷重をオーバーするとどうなりますか?

全長180センチ
バネ定数4kgf/mm
最大許容荷重480キロ
最大許容作動長120センチ

自分の車の車重は約1500(カタログ値)


ギリギリですかね?

Aベストアンサー

 ・・・ん?180センチ?ミリですよね?でもmmだとすると、自由長180mmのばね??なんか凄まじく短いですが・・・或いはFF車のリヤとか???

※120mm=480kgfなので、最大輪重が375kgfなら残りのストローク量は26mm程度になります。
 常識的に考えると、この残ストロークは結構苦しい数値です。

※まず車重=1500kgfという数値を確認してください。
(1)車両重量(空車重量)でなく、総重量ですよね?
(2)軸重を確認しましたか?
 クルマの前後重量配分は、空車で50:50でも積車(総重量)では必ずしも50:50にはなっていません。
 車検証の軸重欄を見て、重い方の軸重を1/2してください。これがそのクルマの最大輪重になります。

※確認の結果やはり最大輪重が375kgfだったとしても、ばねの残ストロークだけを見ると雰囲気的にはこのばねは使わない方が無難な気もしますが、

(1)ばね上の最大上下加速度は乗用車であれば2.5G程度です。
 輪重が375kgfとすると、ばねにかかる最大荷重は937.5kgfが一つの目安となります。

(2)フツーのクルマであれば(妙な改造をしていなければ)、金属ばねが全ての荷重を分担しているワケではなく、フルバウンド付近ではゴムばねが並列で働く様に設計します。(このゴムばねの事を『バンプラバー』と言います。)
 このゴムばねが分担する荷重はクルマによってマチマチですが、
イ)ストロークにすると静止1Gからのバンプストロークの20%程度を受ける様に配置する事が多いです。
ロ)バンプラバーの破壊強度はかなり高く、分担荷重量に関係なく1~1.5tf程度では破壊しない様に設計されています。

・・・っというワケで、残ストローク26mmの間にバンプラバーが十分圧縮される位置にあるのであれば、このばねを使っても問題ないでしょう。(逆に、26mm以内でバンプラバーに当らないのであれば、このばねは使えないという事になります。)
 勿論すぐにバンプラバーに当ると、乗心地も操縦性も安定性も、最悪のモノになる可能性は十分ありますが。

>ポンッと力が掛かりバネが折れたりはしないですか?

 ばねが折れるのは過大入力ではなく、疲労破壊です。(ばねに使われるSUP材とは、そういう材料です。)
 故に長期間使っていれば折損するケースも出て来るでしょうが、装着後即折損という事は考え辛いです。

 ・・・ん?180センチ?ミリですよね?でもmmだとすると、自由長180mmのばね??なんか凄まじく短いですが・・・或いはFF車のリヤとか???

※120mm=480kgfなので、最大輪重が375kgfなら残りのストローク量は26mm程度になります。
 常識的に考えると、この残ストロークは結構苦しい数値です。

※まず車重=1500kgfという数値を確認してください。
(1)車両重量(空車重量)でなく、総重量ですよね?
(2)軸重を確認しましたか?
 クルマの前後重量配分は、空車で50:50でも積車(総重量)...続きを読む

Q壁に10kgくらいのものを設置する場合補強は?

新築の基礎の養生中です。

壁のところに10kgくらいの情報ボックス(LAN,TV,電話を集中管理)を設置しようとおもっています。

10kgくらいのものをネジで固定するのですが、この場合壁の裏側には特に補強は必要ないでしょうか?
それとも10kgだとかなりの補強をHMにお願いしたほうがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

壁内の配線はこの際触れずに補強の点のみ回答します。「壁は多分木材」とのご返答ですが、木造で石膏ボード壁と推察します。
補強は必要無いでしょう。石膏ボード用のアンカーがあります。プラスドライバーだけで埋め込めます。それを使用してボックスをビス留めしてください。
エアコンの室内機(10kg以上)もこの方法です。
壁裏に補強の桟木を入れてもらうのが最善策ですが、打ち合わせに消極的なHMさん相手だと、配線とボックス位置の取り合いがちゃんとできるか不安ですよね。
総合的にみて、質問者さんの場合はボードアンカーが最適だと思います。

Qバネ荷重時の摩擦

質問させてください。
あるバネ付きの物体の荷重を測定しました。
物体には摩擦が発生しています。

(1)荷重印加時は:F=kx+摩擦
(2)荷重印加をやめバネ力で戻っている最中は:F=kx-摩擦

となり、F(荷重)-S(変位)曲線を見ると、
(1)、バネ単体、(2)の順になると考えてますが、
実測したら
(1)、(2)、バネ単体となってしまいました。
何か考え方がおかしいのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

考え方は正しいと思います。

>実測したら
>(1)、(2)、バネ単体となってしまいました。

計測法が不明で大小関係のみではなんともいえませんが下記のような要因は無いんでしょうか?
摩擦力<測定誤差、物体の有無による誤差(質量など)

Q蓄熱式暖房 大×1か、小×2個 オススメはどっち

各階に大きいタイプ(6~7kW)を1台置くのと、小さいタイプ(2~3KW)×2~3台置くのでは、
快適性、電気代などはどれくらい変わりますか?
2Fリビングで総2階建て 40~45坪 1Fと2Fは扉で仕切ります。

1Fは寝るだけですので、極力弱設定で室温は15度位でよいです。

特に、実際に使われている方、専門家の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

我が家では、LDK(22畳)+和室(5畳)で、アルディのRDF-6040という6kWの蓄熱式暖房機を1台使用しています。

もちろん、部屋全体が暖かいのですが、やはり、蓄熱式暖房機から距離があると、その恩恵が少なくなります。

特に真冬になると、暖まりたい場合は、自然と、蓄熱式暖房機の前に立ってしまいます。

そう考えると、大×1より、小×2の方が、暖かさのムラが少なく、効率的に部屋が暖められるので、お勧めです。

ただ、6kW×1より、3kW×2の方が、導入コストは高くなると思いますし、本体の体積も大きいと思います。
(ランニングコスは、同じkWなら、そんなに違いはないと思います。)


あと、ご存知のように、蓄熱式暖房機はかなり重いので、2階に設置する場合、大きいタイプ(6kW以上?)だと、別料金が発生する可能性があります。

そこらへんを含めて、ご検討されたほうが良いと思います。

ちなみに、経験的に、思っているよりは、暖かさが弱いと感じると思うので、少し大きめのタイプにしておいた方が、後悔は少ないと思います。(電気代は高くなりますが)

Q木材(梁)の曲がり計算について。荷重ポイントの違いによるたわみ量の変化について。

以下の条件でたわみ量を測定した場合、荷重点(1)(2)でたわみ量(Δy)がどのくらい異なるかを知りたいと思っています。
【基本条件】
 E(曲げヤング):任意(固定とします)
 L(スパン)=2800mm
 ΔP(荷重)=10kgf
 h(材厚)=34.5mm
 b(材幅)=130mm

【比較条件】
 荷重点(1):Lの中心点への1点集中荷重。
 荷重点(2):Lの中心点より右に140mmずれた地点。

(1)の条件での計算は、私のような素人でも可能なのですが、(2)の条件ですと、全く検討がつきません。
できれば計算の根拠となる公式?まで教えて頂けると助かります。

簡単でわかり難いですが、荷重点は下記の通りです。
↓:荷重点
-:材料(1コマ=140mm)

荷重点(1)
----------↓----------

荷重点(2)
-----------↓---------

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>曲げモーメント図は書けません。物理に関しては全くの素人で、パラメータの意味を少しと数式での計算の仕方がわかる程度です

そうですか。そうなると、1番目に関しては簡単に出ますが、2番目はちょっと難しいですね。
一応言葉の意味は説明しておきます。
・曲げモーメント図
 曲げモーメントは一定ではありません。
 場所によって異なります。

・単純梁
 梁の両端を2つのヒンジ支点で支えている梁です。
  ______________________
 △         △

・共役はり
 これは曲げモーメント図がわかってないと説明のしようがないので、省略します。

・載荷して
 載荷は荷重を載せることです。荷重を作用させると同義です。

>視点を変えて。。。たわみ(Δy)を求める式で、
>1点中央集中荷重 Δy=(WL^4)/(48EI)

これは1番目にそのまま使えます。
 w = 10kgf
 L = 2.8m
 E :ヤング係数
 I = 1/12 × b ×h^3
  = 1/12 × 0.13 × 0.0345^3
  = 4.449 ×10^(-7) m4

>2点荷重 Δy=(23WL^4)/(648EI)
2点荷重というのがよくわかりませんが、おそらく荷重が二つ作用するものではないでしょうか。
式の中に位置のパラメータが入っていないので、2番目のような非対称の荷重を考えることはできないと思います。

(2)の式を示しておきますので、計算してください。
なお、(2)の場合、たわみの最大値は荷重を載せた場所に出るとは限りません。

Δymax = PL^3×β(1-β^2)×√(3 ×(1-β^2) / (27EI)

ここで、
β= b / L
  = 1.26 / 2.8

>曲げモーメント図は書けません。物理に関しては全くの素人で、パラメータの意味を少しと数式での計算の仕方がわかる程度です

そうですか。そうなると、1番目に関しては簡単に出ますが、2番目はちょっと難しいですね。
一応言葉の意味は説明しておきます。
・曲げモーメント図
 曲げモーメントは一定ではありません。
 場所によって異なります。

・単純梁
 梁の両端を2つのヒンジ支点で支えている梁です。
  ______________________
 △         △

・共役はり
 これは曲げモーメ...続きを読む

Q木造の3階に120×45×45cmの水槽を置きたいのですが、

木造の3階に120×45×45cmの水槽を置きたいのですが、
前回の質問(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5823937.html)で回答の一つに、「造り付けのベットのようなものを大工さんに作ってもらいその上に置きます」とあったのですが、これはコンパネを重ねて代用はできないでしょうか。現在180×60cm(スペースの関係上横は60cmにカット)のコンパネ2枚の上にアングル台を置いているのですが、このコンパネを4枚または5枚くらいにすれば反りも軽減され、荷重が分散できないでしょうか。見た目は厚さ5センチくらいの立派な板になると思うのですが。

Aベストアンサー

たぶん住宅なので、押入れの天井部分に固定していないでのせている部分があると思いますが、
なければ押入れ部分に簡単な点検口をつければよいと思います。□450mm程度、工事終わればふさぎます。
概算工事費  何もわからないで予想です。根太受け小梁はもつと仮定してですが
予想金額
現場調査費 20,000
大工労務費 2人工*20000=40,000
補強根太増設 材料費 10,000
補強金物       20,000
仮設足場板他     10,000
計          10,0000
運搬諸経費      25,000
合計         125,000 
これぐらいでないですか

Q座屈荷重の無次元化

第1座屈荷重が,
F=(π/L)^2*EI
で与えられて言う場合,これを
F'→FL^2/EIと言う具合に無次元化すると座屈荷重はπ^2ですよね?
ではF'→F/EAと無次元化すると座屈荷重はいくつになるのでしょうか?
ここで,L,E,I,Aはそれぞれ梁の長さ,ヤング率,断面2次モーメント,断面積です.
どうぞよろしくお願いします.

Aベストアンサー

No.2です.間違いが見つかりました.
F'=(π/L)^2*EI/Aではなく,
F'=(π/L)^2*I/Aですね.
どうもすみません.

Q床暖房の上に重量物を置けないんですか?

今度オール電化の中古住宅を買うんですが
リビングに床暖房があるみたいですが
ネットで知らず知らずたら色々デメリットあり
重いものを置けないとありますが
ソファーやダイニングテーブルは
置けるのですか?

Aベストアンサー

メーカーのWebサイト等に説明があります。
ソファーやダイニングセットなどの一般的な家具は問題無いです。それは「重い家具」ではないので。。。 そういった一般的な家具が置かれる事を想定して作られています。

えっと。。。以下にもありますね。

http://rinnai.jp/service/faq/living/floor_heater/answer

なお、大きな本棚やタンスなどを置く場合、その下が暖められるのは中に収納している物によくない場合がありますので、そういった場合は起き場所を決めてそこを避けて施工するのがよいです。

参考まで。

Q荷重指数(ロードインデックス)と空気圧について

インチアップの際、タイヤサイズによって、荷重指数(ロードインデックス)が関係しますよね。
荷重指数90のタイヤから、インチアップで荷重指数88のタイヤに変えた場合、(90-88=2)で、標準空気圧より、2kg/mm2多く空気を入れたのが適正となることは分かりました。

しかし、私の場合、
225/45/17(荷重指数:90)から、
F:235/40/18(荷重指数:91)と
R:265/35/18(荷重指数:93)に変えました。
上記の計算でいくと、フロントは1kg/mm2、リアは2kg/mm2空気圧を落としたのが、適正空気圧となるのでしょうか?
荷重指数が下がった場合の注意は書いてありますが、上がった場合のことは書いてありません。

また、上記のタイヤ表記は正確ではなく、正確には、
225/45ZR17、235/40ZR18、265/35ZR18です。
ZRが荷重指数に関わるかはまだ知りません。

以上、お願い致します。

Aベストアンサー

荷重指数が上がってもインチアップしている場合は空気圧を下げる必要はありません。
荷重指数とは同一サイズででのタイヤに掛かる許容重量の目安であって、インチアップした場合の適正空気圧に当てはまるものではありません。
逆に0.2kぐらい上げたぐらいが適正空気圧と思った方がよろしいでしょう。

インチアップした場合の空気圧の設定に関してですが、乗っている車の純正サイズにインチアップした分を割り増した数値が目安となります。
例えば純正195/65R15(空気圧2K)を17にインチアップした場合、2KX20%増(2インチUP)=2.4K、18なら2KX30%増(3インチUP)=2.6Kとなります。

但し上記の計算は純正サイズの荷重指数を下回らないのが前提ですので、やむを得ず下がってしまう場合は下がった分だけ足してください。
それとZRは速度記号なので荷重指数とは異なります。

Q建物の不当毀損行為にあたる重量物の搬入とは?

区分所有権の対象となるマンションで一区分所有者が室内に重量物を搬入することは建物の不当使用行為に該当する場合があるということを聞きましたが、この「重量物」の定義が良くわかりません。

実際何キロからのものが重量物に該当するのでしょうか?家庭用冷蔵庫も重量物でしょうか?
電気温水器は?

建物の不当毀損行為に該当するような重量物の定義を出来ましたら具体的にお願いします。

なお、規約等には重量物の搬入についての記述がないマンションです。

Aベストアンサー

マンションには、床の耐荷重があります。簡単に言えば床が耐えられる重さの事です。それを超える物になるでしょう。私が経験した中で一番重かったのは、観賞魚用の水槽ですね。500kg~1t以上のものがあるらしいのです。もちろん水をいれてですが。重さの限界は管理会社に聞くのが一番です。設計段階で耐荷重も計算されてるでしょうから。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報