キリストの十二使徒について、彼らの前職業では、漁師が、2組の兄弟で、計4名います。
他の職業(例えば、農業従事者や商人はいない)が少なく、漁師の割合が高いです。
この高いのは、キリスト教や当時の社会に関係があるのでしょうが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

この高いのは、キリスト教や当時の社会に関係があるのでしょうが。



ユダヤ教における異端派であるので、主要な職業層が少ないのではないかと推測します。

ユダヤ教の中の
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E5%BF%83% …

このへんの更に分派がイエス派の人々ですので、職業的な分散が中心値から外れるのではないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
<異端派であるので>
なのですね。当時も、ユダヤ教はいくつかに分かれてたのですね。
<主要な職業層>
は正統派に属しておます。その後キリスト教となった派は、異端の方に位置しており、特定の職業(漁師など)が属しているのですね。
なお、キリスト教においては、魚が重要な役割を担っています。(これはユダヤ教からと流れ込んだ、という説明を見つけました)。魚にかかわる漁師も重要な役割を持っていた、のかなと空想し始めました。

お礼日時:2014/12/22 09:31

<異端派であるので>


なのですね。当時も、ユダヤ教はいくつかに分かれてたのですね。
<主要な職業層>
は正統派に属しておます。その後キリスト教となった派は、異端の方に位置しており、特定の職業(漁師など)が属しているのですね。
なお、キリスト教においては、魚が重要な役割を担っています。(これはユダヤ教からと流れ込んだ、という説明を見つけました)。魚にかかわる漁師も重要な役割を持っていた、のかなと空想し始めました。

====
だいたい新宗教ってのは、異端から出てくる。地理的にも異端な場所。

1 なんとなくのユダヤ民族宗教

2 古代イスラエルが、北部のイスラエルと南部のユダに分離

3 北部のイスラエルが滅ぼされる
※ 南部のユダに「おれたち本流だよね」意識が生まれる。

4 南部のユダも滅ぼされて、バビロン捕囚される(ユダ王国のエリート層)
※ 選ばれた本流である俺達も滅ぶって何よ → 信仰が足りなかったんだ

5 バビロンがペルシャに滅ぼされて、ユダヤ人戻る
※ この間50年ほど。パレスティナの地を忘れて、バビロンで同化するには短すぎる

6 やっぱり俺たちは神に選ばれたんだ

ということで、ユダヤ教が成立します。

イエスの生活したサマリアは、この北部イスラエル王国の土地なので、地理的に異端でありエルサレムなどの南部からみれば、宗教心がなく早くに滅んだ連中で、混血も進んでいるとされていた。


最初の活動場所がガリラヤ湖周辺なんだから、漁師が多めなのは当たり前で、漁師が多ければ漁師に分かる言葉を使うのが当たり前ではないか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございました。
新興宗教であるキリスト教は、当時はユダヤ教の一派であり、正統派でなく異端なのですね。そもそも、異端宗教というのは、地理的にもまた信者も異端(はずれやのけもの)なのですね。そして、宣教地域も異端地であるガリラヤ湖周辺であり、漁師が信者になるのは、確率が高く不思議ではないのですね。

お礼日時:2014/12/22 19:40

またまたplapotaです。

「お礼」拝見しました。

>>キリストは、湖畔を頻繁に宣教していたのでしょうか

福音書を読むと、イエスの行動場所として、ガリラヤ、ナザレ、カナ、コラジン、ベツサイダ、カペルナウム、ナインなどが記載されてゐます。祭がおこなはれるエルサレムは別格として、ガリラヤ湖周辺がイエスの宣教の中心でした。

park123さんのおかげで、あちこちのカテゴリに参加することができてゐます。ぶらげろさんもときどき哲学カテゴリから出て行つてゐます。ありがたうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再三再四のご回答ありがとうございます。沢山調べていただきました。
<あちこちのカテゴリに参加すること>
は、知識の厚みを高めることになりますね。
地方廻りをしていたキリストは、上エレ(上京のパロディのつもり)しました。後世の私から見たら、一旗挙げるために上エレし、結果的にユダヤ教、キリスト教、イスラム教とつなげるように、エレサレムで亡くなりました。

お礼日時:2014/12/21 06:02

回答番号4,5のplapotaです。

ギリシャ語について、もう一点追記します。

古典ギリシャ語は、いまでは会話することがないので、発音はそれぞれが好き勝手にしてゐます。回答番号4ではウィキペディアの顔を立てて、

ΙΧΘΥΣ
イクトゥース

と書きましたが、「イクテュース」とする人が多いと思ひます。「Υ」は、ドイツ語の「ü」、フランス語の「u」、中国語の「y」などに近い音と推定されてゐます。ウィキペディアでは、語尾のこの母音が短い音のやうに記載されてゐますが、ここは長母音です。

ついでに、
「Ι」は、「i」......イ
「Χ」は、「ch」......息を吐きながら、カキクケコ
「Θ」は、「th」......息を吐きながら、タティトゥテト
「Σ」は、「s」......サスィスセソ
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再三のご回答ありがとうございました。
<発音はそれぞれが好き勝手>
なのですね。申訳けないのですが、猫に小判のようでした。

お礼日時:2014/12/21 05:41

回答番号4のplapotaです。

ギリシャ語について少し追記します。

ギリシャ語は語順の制約がゆるやかです。ただし

ΘΕΟΥ ΥΙΟΣ
神の 子

よりは

ΥΙΟΣ ΘΕΟΥ
子 神の

のほうが普通です。その意味でも、

ΙΗΣΟΥΣ ΧΡΙΣΤΟΣ ΘΕΟΥ ΥΙΟΣ ΣΩΤΗΡ

で「魚」を表すといふのは、後世のこじつけにすぎないと思ひます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
<後世のこじつけ>
ですか。魚のような絵は描かれていたが、その絵をΙΧΘΥΣとは綴りにくい、ということですね。

お礼日時:2014/12/21 05:35

4人の漁師は、ペテロ、アンデレ、ヨハネ、ヤコブですね。

他の使徒でおもしろいのは、国税庁職員のマタイです。

聖書のマルコ福音書1章16-20節の記述を読むと、イエスの宣教の初期に、4人がほぼ同時に弟子になつたと推測されますので、ただそれだけの理由だと思ひます。たまたまではないでせうか。

あへて言へば、イエスが、以下の「これからは魚をとるよりは、人間をとりなさい。」といふギャグを使ひたかつたのかもしれません。ちなみに私は釣り質問が好きです。

*** *** *** *** ***
シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」
(新共同訳聖書 ルカによる福音書5章10節)
*** *** *** *** ***


キリスト教と魚の関係がしばしば指摘されますが、後世のこじつけと考へます。もつとも聖書に魚についての記述が多く見られるのは事実ですけれど。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AF% …

このウィキペディアに、

ΙΗΣΟΥΣ ΧΡΙΣΤΟΣ ΘΕΟΥ ΥΙΟΣ ΣΩΤΗΡ
イエースース クリストス テウー ヒュイオス ソーテール
イエス キリスト 神の 子 救世主

の頭文字をとつて、

ΙΧΘΥΣ
イクトゥース


になるとの記載がありますが、この言葉は聖書にはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急なご回答ありがとうございました。
漁師の
<4人がほぼ同時に弟子になつた>
ということですね。また、見かけにらず、キリストはギャグ好きで
<人間をとる漁師>
というフレーズを使いたかったのかもしれないのですね。それ以上に、
<釣り質問>
が好きなplapota様は、ギャグ好きなのかもしれませんね。
キリストは、湖畔を頻繁に宣教していたのでしょうか、
<聖書に魚についての記述が多く見られる>
ますね。
<ΙΧΘΥΣ
イクトゥース
魚>
について、記憶を訂正しておきます。

お礼日時:2014/12/20 22:23

キリストと魚の関係があるということを聞いたことがあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
ご指摘して頂いた
<キリストと魚の関係>
で、思い出したことがあります。まるで自信がない内容ですが。迫害を受けていたキリスト教徒は魚の絵を描いていた、そうです。ギリシャ語(?)では、魚はキリストと発音する、のだそうです。以上、当てにならない記憶です。

お礼日時:2014/12/20 16:48

もう一度 聖書を読み直せば判ります

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/20 16:37

母数がたった12人では社会的に多いか少ないかなんて論じるのは無理です。


しかもその4人は2組の兄弟というのなら実質2人のようなものでしょう。
兄弟で一緒に漁師をすることは珍しくありませんし。
100人中30人が漁師で他の職業はほとんどバラバラとかなら議論するに値しますが、12人中4人(しかも2組の兄弟)ではたまたまキリストが出会っただけ、で説明がついてしまいます。

仮に漁師にキリストと結び付きやすい社会的要因があったとしても12使徒のデータだけではなんとも言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
<母数がたった12人では>
ということですね。
<たまたまキリストが出会っただけ>
かもしれませんね。

お礼日時:2014/12/20 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被用者が使用者に損害を与えた場合の責任

民法第715条の使用者責任は被用者が第三者に与えた損害の責任を使用者が負うとなっておりますが
被用者が使用者自身に損害を与えた場合には責任の所在はどのように考えればよいでしょうか?

状況としましては使用者が被用者に業務委託(有償にて使用者の役所への届出を被用者が代理提出)をしましたが
指示や手続きの流れに問題があり使用者に損害が発生したという状況では被用者が責任を負う事になるのでしょうか?

715条では使用者自身は第三者になりえないように見えますので
このようなケースでは709条になるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民法715条は、被用者によって第三者に生じた損害について、被用者を利用することによって利益を得る使用者の責任を認める規定ですので、使用者自身の損害については適用されません。
おっしゃる通り、使用者に生じた損害について、被用者の故意過失、因果関係が認められた場合に、709条によって損害賠償請求が認められます。

Qキリスト12使徒について

先日、テレビでキリスト12使徒について放送していました。
後で広辞苑で調べてみたら、そのうちの11人は、テレビと同じ名前でした。
しかし、もう一人の名前をテレビではナタナエルと言い、広辞苑にはバルトロマイという人が載っていました。
この2人は同一人物ですか?

Aベストアンサー

先ほどの回答のURLが間違っていたのでもう一度おくります。
英語:http://www.newadvent.org/cathen/02313c.htm

日本語:http://www.ss.iij4u.or.jp/~ana/12shito.htm

Q使用者と被用者を訴える?

被用者の不法行為責任を追求するために
使用者と被用者の両方を訴えるという事は大変なことなのではないでしょうか?
多分切手代は2倍かかるでしょうし、一人で2人以上を相手にするというのでは、やはり単純に考えても大変であるように思います。
実際の裁判においてもそのようであると考えていいのでしょうか?
被用者使用者それぞれを別個に訴えた場合のリスクと比較してどうでしょうか?
よろしくおねがい致します。

Aベストアンサー

 別個に訴えたとしても,#1の方のおっしゃられますとおり,併合処理(事件をくっつけて1個の事件のようにして期日の指定等を行うこと)されるでしょう。
 同一裁判所への提訴であれば,その可能性は極めて高くなりますし,仮に別々の裁判所へ提訴してもどちらかから移送・回付の申出がなされれば,同一裁判所で審理され併合処理となるでしょう。
 むしろ,別々にすると,申立の都度,申立手数料(収入印紙で納める)がかかり,これが馬鹿になりません。印紙の方は,一緒に申し立てれば同一利益(両者への請求額が同一とすれば)ということで1つの納付で足りますが,別々だと単純に言えば印紙代,切手代(切手代も一緒にすれば単純に2倍するよりは,かなり少なくなります)は2倍になります。
 少なくとも,最初に納めるべき費用は一緒の方がはるかに得になります。
 
 勝ち負けについても#1の方のとおり,どちらでも有利・不利ということには直結しません。将棋などの他面差しとは全然違います。むしろ矛盾点をつけ得るということで言えば,一緒の方が有利な可能性もあるとすら言えます。
 
 もっとも裁判進行の上手・下手で言えば,法的知識が無いか少ない被用者(個人)が上手く立ち回れない蓋然性は確かに高いでしょう。その結果,例えば欠席判決で簡単に勝訴判決を手にできるかもしれません。だとすれば,被用者だけを訴えれば得なのでしょうか。そうは断言できません。これは,単に可能性の問題であり,その後控訴されるかも知れないし,実際どのように転ぶかは誰にも分かりません。当然,資力の問題もあります。

 なお,別の質問でも回答しましたが,使用・監督者への責任追及は被用者本人へのものと比べれば,主張しなくてはならない点が若干付加されます。手間が全く同じで,安上がりという訳にはいきません。

 別個に訴えたとしても,#1の方のおっしゃられますとおり,併合処理(事件をくっつけて1個の事件のようにして期日の指定等を行うこと)されるでしょう。
 同一裁判所への提訴であれば,その可能性は極めて高くなりますし,仮に別々の裁判所へ提訴してもどちらかから移送・回付の申出がなされれば,同一裁判所で審理され併合処理となるでしょう。
 むしろ,別々にすると,申立の都度,申立手数料(収入印紙で納める)がかかり,これが馬鹿になりません。印紙の方は,一緒に申し立てれば同一利益(両者への請...続きを読む

Q紀元前4年頃 - 紀元後28年頃(イエス・キリストの時代)

いろいろ調べてもよく分からなかったので、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。
(もしあったら、参考になりそうな文献もお願いいたします。)

紀元前4年頃 - 紀元後28年頃イスラエルでは女性のどのような職業があったのでしょうか?

ヨロシクお願いいたします。

Aベストアンサー

主婦と売春婦です。
基本的にユダヤ教では女性の労働は禁じています。
守れない人はユダヤ教徒ではないとなるわけです。

Q国民年金と被用者年金の受給資格

昭和23年生まれの方が、加入期間18年で被用者年金を
脱退することになりました。
この場合、被用者年金に新たに加入する場合は2年で、
国民年金に加入する場合は7年で年金の受給資格を満たす
と聞きましたが、国民年金に加入する場合と言うのは、
被用者年金による受給は断念し、65歳からの老齢基礎年金
のみをあてにするという解釈で良いのでしょうか?

逆に、例えば昭和23年生まれの方が加入期間20年ちょうど
で被用者年金を脱退した場合というのは、65歳からの老齢
基礎年金は受給できないということになるのでしょうか?

Aベストアンサー

被用者年金というのは、国民年金+被用者年金独自支給という2階立てで構成されています。
つまり国民年金側から見れば、被用者年金に加入している人は、国民年金2号被保険者といい、国民年金にも加入しています。
ですから、受給するときには、国民基礎年金+被用者年金独自支給となります。

まず老齢にかかわる年金について大原則からいいます。

1.年金受給資格要件の加入期間充足
 これはどの年金を受け取る場合でも必要な最低要件です。全部に共通の要件です。
「公的年金に通算して25年以上加入していること」
公的年金には、国民年金に直接加入(1号被保険者といいます)、厚生年金などの被用者年金(国民年金2号被保険者)、被用者年金に扶養されている国民年金加入者(国民年金3号被保険者)、などなど全部です。
また、どの年金にも加入していなくても、海外転居期間における任意加入期間なども(通称カラ期間)加入期間に参入されます。

見方かえると、被用者年金加入者も国民年金2号被保険者として加入していますから、国民年金加入期間+カラ期間が25年以上あれば加入期間の要件を満たすといえます。

2.年金の受給(本式)
以下のものを両方とも受給できます。

a)国民基礎年金
 1の要件を満たせば、65歳から日本国民全員が受給できます。

b)被用者年金
 1の要件を満たせば、加入期間に応じて65歳より受給できます。

<以下例外、暫定措置として認められていることです>

3.特別支給の年金
60~65才の期間で、被用者年金加入期間のある人は、受給できることがあります。
これは生年月日に応じて異なります。昭和23年生まれですと、
男性であれば報酬比例部分は60歳より、定額部分(+加給年金)は64歳より受給できます。
女性であれば定額部分も61~62才から受給できます。

4.受給要件にかかわる加入期間の特例

さて、被用者年金20年で受給できるという話は、特例になります。ご質問の生年月日ですと被用者年金が20年あれば加入期間の1を満足します。つまり

「被用者年金に新たに加入する場合は2年で、国民年金に加入する場合は7年で年金の受給資格を満たす」

という意味は、先に書いた2や3の受給全部に影響します。

このほかにも色々特例はあるのですが割愛します。

では。

被用者年金というのは、国民年金+被用者年金独自支給という2階立てで構成されています。
つまり国民年金側から見れば、被用者年金に加入している人は、国民年金2号被保険者といい、国民年金にも加入しています。
ですから、受給するときには、国民基礎年金+被用者年金独自支給となります。

まず老齢にかかわる年金について大原則からいいます。

1.年金受給資格要件の加入期間充足
 これはどの年金を受け取る場合でも必要な最低要件です。全部に共通の要件です。
「公的年金に通算して25年以上...続きを読む

Q紀元前・・B.Cと言いますがキリストが生まれたのはB.C4年は何故?

こんにちは。
BCは「ビフォア・キリスト」
ADは「アンノ・ドミニ」
というそうですが、キリストが生まれたのはBC4年との事です。
質問なのですが

1.キリストが生まれた年が紀元0年ではないのでしょうか?
何かの間違い?とかキリストが生まれたとされる日(年)を0年としたけど、後から違ってるのが発覚したとか・・。
2.「アンノ・ドミニ」って「我が主の年」って意味らしいんですけど、いまいち意味がわかりません。どなたかご存じですか?

お忙しいとは思いますが、どなたかご存じの方お教え下さい。

Aベストアンサー

まず大前提として「紀元0年」って存在しない事を理解しておいて下さい。
・・・紀元前(BC)1年-紀元(AD)元年-紀元2年・・・
ですから。(0に次が2って事はないでしょ?)

1について「キリストが生まれた年が紀元元年」として現在の西暦は成り立っています。(今年は2006年)
ところが、後世の研究によって実際にキリストが産まれたのは、考えられているよりも前だった事が判明しています。
a)皇帝アウグストゥスが人口調査の勅令を出しているころで、
b)キリニウスがシリア州の総督であって(紀元前8年?~紀元前3年ころ?)
c)ヘロデ大王の存命中(BC4年に死亡)
が聖書(ルカによる福音書)から読み取れる条件です。
a)は何回かアウグストゥスによる人口調査が行われていますが、b)とc)に合致するのは紀元前6年のものだと考えられています。(紀元前7年ころに木星と土星が極めて近くに観測され、これがマギたちに大いなる王の誕生を予感させたのではないか、という説もあります→クリスマスツリーの天辺に飾るあの星ですね)

よって、おそらく紀元前6年ころ生まれたのだが、西暦を決める人が間違えた事が後から発覚した~けど今更全世界で変更はできない、のです。

2.について
キリスト教では「イエス=キリストは我が主である」と信仰告白します。そして紀元元年が、主であるキリストの生まれた年です。よって、「我が主の歳で数えて今年は何年目」~がADなのです。(キリストは十字架の上で死刑になった後復活した、と信じられていますからまだ死んでないんです。お釈迦さんは死んでます=入滅。仏教では入滅後何年、という数え方をします。逆の考え方ですよね)

まず大前提として「紀元0年」って存在しない事を理解しておいて下さい。
・・・紀元前(BC)1年-紀元(AD)元年-紀元2年・・・
ですから。(0に次が2って事はないでしょ?)

1について「キリストが生まれた年が紀元元年」として現在の西暦は成り立っています。(今年は2006年)
ところが、後世の研究によって実際にキリストが産まれたのは、考えられているよりも前だった事が判明しています。
a)皇帝アウグストゥスが人口調査の勅令を出しているころで、
b)キリニウスがシリア州の総督であって(紀...続きを読む

Q国民健康保険と被用者保険

今年から国民健康保険に加入になりました、大阪市内在住40代です。

国民健康保険は1~5月で7万4千円ぐらい支払いました。

6月から2万8261円です。

国民健康保険は、これで計算すると、6月~12月分の2万8261円×7か月分で年間19万7827円、1か月あたり2万2652円ですよね。(3月までかかるのは知っていますが今年の分だけとして計算したいです)

これには介護保険も含まれているんですよね。

会社員の時は、はっきり覚えていないのですが、被用者保険1万円ぐらい介護保険1500円ぐらいだったと思います。

去年の冬の賞与の明細はあって、被用者保険8249円、介護保険1411円でした。
(賞与は夏も冬もとても少ないです、普段の給料よりも低い)

余談ですが、会社員は賞与からも被用者保険、介護保険、厚生年金まで差し引かれるのですね。
もしかして、私がいた会社だけですか?
年間14か月分も差し引かれるって会社員時代も疑問に思っていましたが。

被用者保険はこれで計算すると1万1500円×12か月の13万8000円と賞与分9660円×夏よ冬の2か月分で19320円を足して157320円、1か月あたり13110円ですね。

結局2倍近く違うという事なんですね。

この解釈で合っていますか?

今年から国民健康保険に加入になりました、大阪市内在住40代です。

国民健康保険は1~5月で7万4千円ぐらい支払いました。

6月から2万8261円です。

国民健康保険は、これで計算すると、6月~12月分の2万8261円×7か月分で年間19万7827円、1か月あたり2万2652円ですよね。(3月までかかるのは知っていますが今年の分だけとして計算したいです)

これには介護保険も含まれているんですよね。

会社員の時は、はっきり覚えていないのですが、被用者保険1万円ぐらい介...続きを読む

Aベストアンサー

>(3月までかかるのは知っていますが今年の分だけとして計算…

1回あたりいくら、1月あたりいくらかではなく、年単位で考えないと意味ありません。
国保は一般に 7月に納付書が来て翌年 3月までの間に毎月払いあるいは 4回分納となりますが、その合計で考えます。
7~12月で区切って高い安いを言っても意味ありません。

>結局2倍近く違うという事なんですね…

被用者保険は、半額を事業主が負担していますので、結果として国保は結局2倍近く違うということにもなります。

しかも、被用者保険はそのときの給料が計算基準なのに対し、国保は前年の所得が算定材料という違いもあります。
したがって、退職して無職になったような人でも退職した年の翌年は国保税がすごく高く、安くなるのは翌々年からになります。

>これには介護保険も含まれているんですよね…

はい。

>会社員は賞与からも被用者保険、介護保険、厚生年金まで差し引かれるの…

はい。

>年間14か月分も差し引かれるって…

だから、支払回数は関係ないって。
1年分合計して考えないと。

Qキリスト教徒が洗礼に際して授けられる名、洗礼名について

キリスト教徒が洗礼に際して授けられる名、洗礼名についてですが名を授ける執行者は一般に司祭・牧師などの聖職者・教職者であるそうですがどういう基準で名前をつけているのでしょうか?例えばその人のイメージにぴったりだったりとか、また何か願いを込めたりして付けているのでしょうか?また洗礼名には聖人や天使の名前を付ける場合があるそうですが本当にそうなんですか?私はキリスト教徒ではありませんが最近本を読みキリスト教について大変興味を持ちましたのでこのような質問をさせていただきます。お解りになられる方がいらっしゃいましたらどうぞお教えください。

Aベストアンサー

#2です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%97%E7%A4%BC%E5%90%8D
にもありますが、宗派によっても違うみたいですね。
基本的にカトリック的な宗派が洗礼名をつけているようです。
ここにもあるようにつけるのは自分。それを儀式として承認するのが聖職者になるようですね。私の友人の場合、西洋の歴史上のある哲学者の名前をつけていました。

Q被用者の意味

被用者という言葉は公務員と区別する為の言葉で、会社員を指し、自営業者や建設業の一人親方は含まれないと判断してもいいのでしょうか。また、青色専従者は被用人となるのでしょうか。 

Aベストアンサー

> 被用者という言葉は公務員と区別する為の言葉で、会社員を指し、
国民年金法第5条第1項に「被用者年金各法」と言う単語が出てきます。
 ・厚生年金保険法
 ・国家公務員共済組合法
 ・地方公務員等共済組合法
ですので、法律用語としては民間会社の社員等と公務員等を区別する単語では御座いません。

> 自営業者や建設業の一人親方は含まれないと判断してもいいのでしょうか。
隅っこをつっけば色々とひねくれた事を書けますが、一般にはご見識の通りと考えます。


> また、青色専従者は被用人となるのでしょうか。
給料を受取っているのだから、被用者と考えます。

Qクリスマスはキリストの誕生日ではない?

聖書のどこにもキリストの誕生日に関する記載はないそうです。
※もし実際には記載がありましたら、どこに、どのように書かれているかお教えいただければ幸いです。
なぜ、12月25日がキリストの誕生日ということになったのでしょうか?
また、12月25日でないとしたら、実際の誕生日はいつなのでしょう?

Aベストアンサー

「ルカ 2:8」の記述を信じれば「12月」は在りません。
パレスチナ地方は11月から3月は「雨季」になります。
現在、この地で昔ながらの生活を営む放牧民(羊飼い)は「4月から10月」の間しか「夜通し」家畜の放牧をすること無いようです。
http://www.pcs.ne.jp/~yu/twi/qumran/qumran.html

「マタイ 2:7ー10」にあるベツレヘムの星の記述を正確な天文事象の描写として捉えた場合、月による木星食のあった「BC6年4月17日」を生誕日と発表した天文学者(マイケル・モルナー)がいます。
http://www.pcs.ne.jp/~yu/trek/2002/bethlehe.html

「歴代 24」でダビデ王が1週間の神殿奉仕に割り当てた24組は6ヶ月間隔で毎年2回の神殿奉仕の義務があり、9月末か10月初めの仮小屋の祭の終から第1組の神殿奉仕が開始されます。
「ルカ 1:5、8、9」によると、「バプテスマのヨハネ」の父「ゼカリヤ」が「神殿奉仕」をしていた期間に天使からヨハネの誕生を告げられますが、ゼカリヤの所属した8番目の「アビヤの組」は11月末か12月の初めの1週間、その後6月末か7月の初めにさらに1週間奉仕をします。
天使告知からヨハネの母はまもなく受胎したので妊娠期間を考慮すると、ヨハネは9ヶ月後の9月初め、または4月初めに生まれたとすると、「ルカ 1:26」でイエスはヨハネより「6ヶ月程」若いとありますから、イエスは「3月初め」か、あるいは「10月初め」の何れかに生まれたと考えられます。

マルクス=アウレリウス帝が「無敵の太陽神=Deus Sol Invictus」をローマ帝国の最高神と定めた後、西暦304年にディオクレチアヌス帝が「無敵の太陽」の称号を「ミトラ」のみをさす称号として「無敵の太陽ミトラ=Sol Invictus Mithras」が帝国の保護者(救世主)となります。テオドシウス帝により380年にキリスト教が国教とされるまでの数十年間ローマ帝国の国教はミトラ教でした。
392年にキリスト教以外の異教信仰を禁止する帝国の政策でミトラ・キリスト(救世主なるミトラ)という呼称がイエス・キリストになり、救世主・無敵の太陽のイメージが、少年の姿をした「ミトラ・キリスト」からひげを生やした「イエス・キリスト」の像へと操作され、これがイエス・キリスト(像)誕生の真相であるのなら「12月25日」は妥当な生誕日と言えます。
他にも「聖母子像」が200年頃帝国内で(特に女性に)人気のあった「天上の女王・海の星・処女の聖母」と呼ばれた「イシス」であるのは確実で、イシスの神殿は後に「聖母アリア教会」になっています。

確かなことは初期の教会指導者は本来異教徒の風習である「生誕日を祝う」気持ちなど微塵も無かったのは間違えありません。

*イランのミトラ=サオシャント伝説 「処女母」としてこの世に現れた女神アナーヒターは秘蔵されていた「ザラシュストラ」の精子を使って「サオシャント=救世主」なるミトラを生んだのは「紀元前272年12月25日、聖なる洞窟の中」である。ミトラは、人々を教え導きながら平和に暮らして前208年にバージェスタン地方のビド・アーバード村で64歳の天寿を全う「昇天」した。
http://homepage2.nifty.com/Mithra/HP_Mithraism_History_West.html

*「マラキ書 4:2」ではキリストを「義の太陽」としています。
*ローマ教皇(パパ)が被る三角の帽子は「ミトラ帽」と呼ばれています。また、ミトラ教の最高位は「パパ」と呼ばれました。

「ルカ 2:8」の記述を信じれば「12月」は在りません。
パレスチナ地方は11月から3月は「雨季」になります。
現在、この地で昔ながらの生活を営む放牧民(羊飼い)は「4月から10月」の間しか「夜通し」家畜の放牧をすること無いようです。
http://www.pcs.ne.jp/~yu/twi/qumran/qumran.html

「マタイ 2:7ー10」にあるベツレヘムの星の記述を正確な天文事象の描写として捉えた場合、月による木星食のあった「BC6年4月17日」を生誕日と発表した天文学者(マイケル・モルナー)がいます。
http://www....続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報