ウエスタンブロッティングの操作においてブロッキング溶液にスキムミルク溶液を使用するのは何故なのでしょうか?
また、スキムミルク溶液以外にはどのような条件を満たしているものが使用できるのでしょうか?

A 回答 (2件)

ウエスタンブロットした膜上には,ブロットされたタンパク質が存在しますが,その他の部分は何もない状態です。



この状態で,抗体(タンパク質)を作用させるとどうなるでしょうか?そうです,タンパク質の付いてない膜部分にも非特異的吸着が起こってしまいます。

そのため,検出に関係のないタンパク質でブロックするわけです。

ですから,スキムミルク以外にも,目的タンパクの検出に邪魔にならないタンパク質であれば何でも使えます。まぁ,一々考えるのは面倒ですから,通常はスキムミルクを使うと思いますが・・・・。

参考資料:
「最新 電気泳動実験法」日本電気泳動学会 編集,医師薬出版株式会社,1999年
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・。参考になりました。ウシ血清アルブミンなどでも代用できるということですよね?
ありがとうございました。また次回がありましたらそのときもおねがいしますね。

お礼日時:2001/06/12 11:08

RocheのBlochking Reagentは調子いいですよ。


でもスキムミルクの方が安いですね。
余ったら飲めばいいし。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウエスタンブロッティングについて

ウエスタンブロッティングを初心者に上手く分かり易く簡単に言葉で説明するにはなんと言ったらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

多くのタンパク質の中から特定のタンパク質を選択的に検出する方法

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Qウエスタンブロッティングについて

ウエスタンブロッティングでは、どうして一次抗体と二次抗体の2種類の抗体を使うのかがよく分かりません。
宜しければ教えてください。

Aベストアンサー

検出感度を上げるためだと思います。

あくまで例えばですが、
“タンパク一分子に対して、抗体は二分子結合できる”
と思って聞いてください。(実際はもっと多く結合できると思いました)

二次抗体を使わずに、標識してある一次抗体のみを使用すると、
目的タンパク一分子に対して標識物質は二分子です。

一方、標識してある二次抗体を利用すると…
タンパク一分子に対して二分子の抗体(一次抗体ですね)が付き、その一次抗体それぞれに二分子の二次抗体が付きます。
つまり、最終的に目的タンパク一分子に対して標識物質は四分子です。
単純に考えれば、感度は倍になるわけです。

実験の手間や要する時間は確実に増えますが、二次抗体を使うのが一般的なように思います。
私自身はタンパクを用いた実験経験は少ないですが、必ず二次抗体を使っていました。
あるような…、ないような…、などというあいまいな結果が一番困りますからね。

Q極性溶液 無極性溶液

こんにちは、
イオン結合性物質や極性物質からなる物質は極性溶媒に溶けやすい。
無極性分子は無極性溶媒に溶けやすい。
というのを大学レベルではどのように説明できるのでしょうか?

何かお分かりの方、参考になるURLをご存知の方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

度の程度の「大学」かで説明が分かれるのですが.
「溶ける」という状態を.
「静電引力による乱雑さの増加」が極性溶媒
「単なる乱雑さの増加」で説明するのが.無極性溶媒
となります。物理関係の教科書には載っているでしょう。

ハードソフト酸塩基理論でも説明できないことはないです。しかし.エネルギー計算の説明のほうが数式ですから.わかりやすいでしょう。

Qウエスタンブロッティングついて・・・

ウエスタンブロッティングの操作においてブロッキング溶液にスキムミルク溶液を使用するのは何故なのでしょうか?
また、スキムミルク溶液以外にはどのような条件を満たしているものが使用できるのでしょうか?

Aベストアンサー

ウエスタンブロットした膜上には,ブロットされたタンパク質が存在しますが,その他の部分は何もない状態です。

この状態で,抗体(タンパク質)を作用させるとどうなるでしょうか?そうです,タンパク質の付いてない膜部分にも非特異的吸着が起こってしまいます。

そのため,検出に関係のないタンパク質でブロックするわけです。

ですから,スキムミルク以外にも,目的タンパクの検出に邪魔にならないタンパク質であれば何でも使えます。まぁ,一々考えるのは面倒ですから,通常はスキムミルクを使うと思いますが・・・・。

参考資料:
「最新 電気泳動実験法」日本電気泳動学会 編集,医師薬出版株式会社,1999年

Qblank溶液とcontrol溶液の違い

分析機器の検量線を作ってます。
blank溶液とcontrol溶液の違いを詳しく教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

英和辞書を引くと
blank=白紙
control=抑制 と載っているのではないでしょうか。

ブランク実験は何も入れない実験です。
分析溶液
 :水
 :場合によってはバッファー

コントロール実験は反応を抑制している実験です。
分析溶液
 :基質のみ(酵素をいれない)
 :阻害剤をいれる。

Qウエスタンブロッティングの画像解析ソフトを探しています。

ウエスタンブロッティングの画像解析ソフトを探しています。

メンブレンからフィルムに感光させた後に、
バンドの濃さを定量するおすすめのソフトはありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ImageJのAnalyze>Gels。
画像解析ソフトは数値は出してくれますが、それが(特にウェスタンブロッティングとかは)適切な解析方法かどうかは別なので気をつけてください。

ImageJ; http://rsb.info.nih.gov/ij/index.html
使い方;http://www.hm6.aitai.ne.jp/~maxcat/imageJ/menus/analyze.html

Q2種類の炭酸溶液の混合溶液のpH

重曹溶液と、大気圧下でCO2が溶けた水(以後炭酸水)を混合してできる溶液のpHを理論的に求めたいのですが、いい方法が思い浮かびません。
わかっている事は、混合前の重曹溶液の[HCO3-]、pH、水温と、炭酸水の[H2CO3]、[HCO3-]、pH、水温です。
初めは、pHが分かっているので混合比による[H+]の総和と思っていたのですが、実測値に合いませんでした。
きっと、混合時のpH変化に伴うH2CO3⇔HCO3-⇔CO3^2-変動を考慮していなからでは?と思ったのですが、どう考えれば良いのかわかりませんでした。
知りたいのは、どの様に考慮してpHを求めればいいかです。

質問は初めてです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、同温という事で続きを書きます。

#1に記した計算から炭酸水の分析濃度をC1(M)、混合する体積をα(L)
重曹をC2(M)、その体積をβ(L)とすると、
混合溶液の炭酸の分析濃度=(C1α+C2β)/(α+β)=C(M)、また[Na^+]=C2β/(α+β)=D(M)とおきます。
溶液は酸性と仮定して[OH^-]を無視すると、

[H^+]^3+(K1+D)[H^+]^2+K1(K2+D-C)[H^+]+K1K2(D-2C)≒0

この方程式を解いて仮定が妥当かどうか確認して下さい。

Qウエスタンブロッティング法のブロッティングについて

ウエスタンブロッティング法のゲルからブロッティン紙にブロッティングする際に、3回に1回ぐらいブロッティン紙の一部がちょっと透けたようにみえることがあり、このときは決まってうまくいきません。(バンドが出ず、でても相当薄いです)時間が長すぎるのでしょうか?どこが悪いのか教えてください。
ブロッティングの時間は1時間45分で200V,200mAで行っています。紙は、milliporeのimmunobilonを使用しており、wet法でやっています。

Aベストアンサー

メタノールでの前処理がうまくいってなくて
トランスファーされていないのではないでしょうか。

Q溶液濃度測定方法(重曹&塩化カルシウム溶液)

重曹溶液(0.5%前後)と塩化カルシウム溶液(0.1%前後)をそれぞれ供給しているラインがあるのですが、実際に目的の濃度になっているのか確認する為の測定装置を探しています。
カタログやインターネットで探しているのですが見つけられず困り果てております。
重曹溶液は0.05~0.1%程度の精度、塩化カルシウム溶液は0.01%の精度で測定したいです。
ポータブルタイプで簡単に誰でも測れる物が理想ですが、そのような商品が存在しない場合は実験器具を使用して滴定したりする事も視野に入れておりますので、こちらの方法も併せてご教授願います。

Aベストアンサー

前の方が書いてあるとおり、重曹はpHメーターで塩化カルシウムは塩化物イオンを測定すればいいと思います。はじめに目的の溶液を調製してpHと塩化物イオンを測定して、これに外れないようにすればいいのはないでしょうか?ただし、共存イオンの影響もあるかもしれないので、メーカに使用目体を話して目的のメーターを選択すればいいと思いますよ。参考までに下記ホームページをご覧下さい。

http://www.toadkk.co.jp/product_ex/rseries/rseries6_4.html
http://www.rex-web.jp/sui/kan1501.htm


人気Q&Aランキング