海外口座を使いFXの自動売買をしていますサラリーマンです。
昨年の利益が出まして確定申告が必要となりましたが、経費について計上出来るのか教えて下さい。
自動売買で使うEA、VPS費用、プロバイダー費などです。
昨日、茨城県の下館税務署に行って相談したところ担当者から法人以外の方の場合はすべての経費は認められないと言われました。
私もネットなどで事前に調べていて、「他の方はこういった経費を申告しているみたいですが」と言うと担当者から一冊の申告の仕方なる冊子を渡され「売買の損益だけを申告して下さい」と言われました。
話をしていてもあまり金融や投資といった事に詳しく無い感じだったので諦めて席を立ちました。
ネットに出ている皆様の情報が正しいのか担当者の言う事が正しいのか。
実際に経費として申告計上可能なのでしょうか?
皆様のお知恵をおかりできればと思います。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ネットに出ている皆様の情報が正しいのか担当者の言う事が正しいのか。



結論から申し上げますと、どちらも【ケースバイケースで】正しい(もしくは間違い)です。

*****
(詳しい解説)

まずは、「理屈、建前」から解説してみます。

ご存知の通り、税法上の所得の金額(つまり儲けの金額)は、「収入」から「必要経費」を差し引いた残額です。

もちろん、所得の種類によってルールの違いはありますが、少なくとも「事業所得、不動産所得、雑所得」については、以下のページにある通り【ルールは同じ】です。

『やさしい必要経費の知識|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

そして、外国為替証拠金取引(FX)については、「先物取引に係る雑所得等、もしくは雑所得」に区分されますので、上記のルールにもとずいて必要経費を計上してよいことになります。

---
「理屈」の話が続きますが、「所得税」などの「国税」は「申告納税制度」を採用しているため、「所得がいくらあったか?(いくら儲かったか?)」は、【納税者自身が】算定して申告する(申告してよい)ルールになっています。

ですから、「ルールを間違ってしまう人」や「自分に都合よく申告する人」がいることも国は想定済みで、提出された申告書のチェックはもちろん、必要があれば納税者のもとまで出向いて調査したりもします。

そのような仕組みですから、仮に(現実的には不可能ですが)国民一人ひとりを(重箱の隅をつつくように)詳細に調査したとしたら、「突っ込みどころのある申告書(や申告漏れ)」はいくらでも出てくるでしょう。

そうなると、国が調査すべき事案は年々累積していくことになりますが、原則として5年(最大7年)経つと時効にかかって、国は「申告の間違いや嘘(や申告漏れ)」を発見しても税の徴収ができなくなります。(しなくてよくなります。)

つまり、「時効」のおかげで、国も国民も5年(最大7年)過ぎたら過去の申告のことは気にしなくて済むわけです。

もちろん、発見された事実がなかったことになるわけではないので、違法なことをしていた納税者に対する国の(≒国税職員の)心象は悪くなります。

(参考)

『申告と納税|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
>>【国の税金は】、納税者が【自ら】税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を【自ら】納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。
---
『申告納税制度|kotobank』
http://kotobank.jp/word/%E7%94%B3%E5%91%8A%E7%B4 …
---
『確定申告後に税務署から来署案内?|さいたま市 税理士 小暮巌のブログ』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/pos …
『税務調査って怖いの?|税理士もりりのひとりごと』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373 …
『税務署はいくらから来る?|税理士もりりのひとりごと』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760 …

---
以上が、「理屈、建前」ということになりますが、世の中「理屈、建前通り」に動くわけではありませんので、現実的な話に移ります。

「雑所得」にも必要経費が認められるのは当然として、実務上は「どこまで必要経費を認めるか?(認めてもらえるか?)」ということが重要になってきます。

『やさしい必要経費の知識』で言うところの「一般管理費その他業務上の費用の額」に該当するか否か?ということです。

ちなみに、「FXの売買」などの場合は、「そもそも、その売買は業務として行われているのか?」という視点も加わるでしょう。

---
つまり、結局のところ「納税者一人ひとり個別に検討する」ことをしないと適切な(妥当な)判断は下せないということになります。

しかし、実務の現場に「すべての納税者について詳細に検討する」ような余裕はありません。

ですから、「判断のための指針」をあらかじめ決めておいて、原則として【杓子定規に】その指針に当てはめていくしかないことになります。

なお、指針は実務の現場で適宜作られることになりますが、一定規模で方針を統一する必要がある場合には「通達」などによって広く知らしめられることになります。

(参考)

『法令解釈通達|国税庁』
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/t …

---
ちなみに、「申告納税制度」では、【納税者が自分で判断する】のが建前ですから、原則として国が申告の段階でとやかく言うべきものではありません。

つまり、あくまでも、「提出された申告書のチェック」や「調査」のための「指針」ということになります。

とはいえ、納税者から事前に確認があれば、当然ながらその「指針」にもとづいて回答することになります。

また、前述の通り、問い合わせがあるたびに個別に検討しているほど税務署も暇ではありませんので、ここでも【杓子定規に】回答しないと現場が回っていきません。

ですから、事前の確認でらちがあかなければ、「とりあえずグレーな部分は白(あるいは黒)と判断して申告しておく」、もしくは「詳細に検討してくれるよう交渉する」というのが納税者側の現実的な対処法ということになります。

前者の場合は、「税額を強制的に増額される」こともありえますが、その場合は「不服の申し立て(異議申し立て)」によって「詳細に検討してもらう」ことができます。(見解の一致をみなければ、最終的には「裁判所」に結論を出してもらうことになります。)

また、「不服の申し立て」をするほどではない事案では「納税者支援調整官」が対応することもあります。
後者の場合は「事前照会」という制度もあります。

(参考)

『不服申立ての手続|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/noz …
『事前照会|国税庁』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai …

---
(備考)

「株」の場合は、「所得の区分」に関して以下のような指針が示されています。

『「租税特別措置法(株式等に係る譲渡所得等関係)の取扱いについて」等の一部改正について(法令解釈通達)』の趣旨説明(情報)
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/jo …
>>37の10-2 (株式等の譲渡に係る所得区分)
>>《説明》
>>1…株式等の譲渡に係る所得区分は、……【実質基準を原則としつつも、次のとおり取り扱って差し支えない】こととしている。
>>(1)所有期間1年超の上場株式等及び非上場株式等の譲渡による所得は、譲渡所得とする。
>>(2)信用取引等の方法による上場株式等の譲渡など所有期間1年以下の上場株式等の譲渡による所得は、事業所得又は雑所得とする。



*****
(その他、参照したWebページ・参考リンクなど)

『租税特別措置法施行規則』より
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03401000 …
>>(先物取引に係る雑所得等の金額の計算に関する明細書等)
>>第十九条の七  
>>ロ 必要経費については、「先物取引の差金等決済に係る先物取引に要した手数料等」及び【その他の経費】の別
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365 …
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/503 …
『税務署の無料セミナーを活用して記帳方法を勉強|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-126 …

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は「税務署」に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2015/01/13 20:48

>ネットに出ている皆様の情報が正しいのか担当者の言う事が…



ある意味、ネットは乱れた情報のデパートでもあります。
ネットのすべてを鵜呑みにしてはいけません。

>税務署に行って相談したところ担当者から法人以外の方の場合はすべての経費は認められないと…

株やFXで経費となるのは、基本として証券会社等に支払う手数料とその消費税だけです。
そのほか、もし借金をして株やFXを買ったのならその利息分や、銀行から証券会社等への振込料なども経費となりますが、本やPC関係は無理です。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告の経費計上について

確定申告の経費計上について。

会社員で不動産(家賃)収入がある者です。
正直会社員がメインで、不動産としては家賃収入が毎月はいる位で、事業として特別何かをやっている訳ではありませんが、少しでも節税が出来ればと情報を集めたところ、家賃や光熱費なども経費として計上できると知りました。
今後帰宅後、毎日1~2時間を不動産事業としてやって行こうと思っております。(ネットで次の投資物件を探したりなど)

そこで教え頂きたいのですが、
今の住まいは会社で家賃負担を7万円、自分持ち出しで3万円、2LDKで1部屋の半分を不動産事業用として使用。
パソコンは不動産事業の収益管理やネットとして90%使用。
この場合、
(1)家賃、電気代はどれ位(幾ら)経費計上できるのでしょうか?
(2)不動産事業用に購入したパソコンは全額経費計上できるのでしょうか?
(3)自家用車があるのですが、5~10%は不動産事業として使用しているのですが、ガソリン代や車検、メンテナンス費はどれ位経費計上できるのでしょうか?

以上です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

---
「所得税」は「申告納税制度」ですから、「必要経費(家事関連費)」に関しても【納税者が適正であると考える通りに】「按分の割合」を決定してかまいません。
つまり、「状況がまったく同じでも、納税者ごとに判断は異なる」ということです。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。

『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/
>>税法上は「業務上に必要な経費とはこれこれである」というような例示はなく、逆に「こういったものは必要経費として処理できない」という項目が多い…

---
「税務署」としては、「申告書の数字」に無理がなければ、そうそう「必要経費を否認する」ということはありません。
ただし、「確認が必要」と判断すれば「何年もさかのぼって」裏を取ることもありますから、何年も経ってから否認される(修正申告を求められる)ということもあります。

『確定申告後に税務署から来署案内?』(2011/01/18)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-594e.html
『税務署はいくらから来る?』(2010/12/06)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-760.html

なお、「税務調査」は、「裏を取る」という目的のためだけに行われるわけではありません。

『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html

---
ちなみに、税務署が「申告された必要経費」の裏を取る(チェックする)際に、納税者が「按分の割合は合理的」と考えていても、「誰でも納得できるような客観的な証拠」を残しておかないと、「税務署の判断」が優先されても文句は言えません。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html
『平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm

以上のようなことから、「税務署は何をどのように考え判断するのか?」を「実際に自分の事業に当てはめて考えてみる」という作業が必要になりますので、「税務署の職員さんとコミュニケーションを密にする」というのが、結局は節税につながることになります。(もちろん、「百戦錬磨の税理士さんに相談する」というのも有効です。)

『@IT>第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
>>賢い確定申告の基本…「税務署の心証を良くすること」…

*****
(その他参考URL)

『家事関連費を必要経費に算入できる場合』
http://shotokuzei.k-solution.info/2009/04/_1_125.html
>>…しかし、課税実務では、「主たる部分」でなくても、必要である部分を明らかに区分することができれば、その必要部分を必要経費に算入できるとされています。
>>つまり、実務上は、白色申告者であっても青色申告者であっても、要は業務・仕事に必要である部分を明らかに区分することができればよく、両者は同様の取扱いを受けている、ということになります。
『青色申告と白色申告』
http://www.mt-tommy.com/finalreturn/blueandwhite/page2.html
>>特典5.少額の固定資産を一度に経費計上できる
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
『大阪国税局からのお知らせ>記帳の仕方がわからない方へ』
http://www.nta.go.jp/osaka/topics/shotokuzei/kicho.htm
---
『日本税理士会連合会>相談事業のご紹介』
http://www.nichizeiren.or.jp/taxpayer/consultation.html
『まだまだたくさんいる「偉い税理士先生」』(2012/06/07)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1359.html
---
『起業・独立開業の相談相手は、商工会議所・商工会が一番!!』(個人サイト)
http://www.shoko-navi.com/kaigyou/soudan
※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

※多分に個人的な見解が入っています。最終判断は税務署・税理士に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

---
「所得税」は「申告納税制度」ですから、「必要経費(家事関連費)」に関しても【納税者が適正であると考える通りに】「按分の割合」を決定してかまいません。
つまり、「状況がまったく同じでも、納税者ごとに判断は異なる」ということです。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになって...続きを読む

Q青色申告の経費計上について

不動産所得があり青色申告をしてます。
不動産は事業規模にはできないため、10万円控除での申告です。

この事業規模でない場合、下記の経費は計上できるのでしょうか?

(1)10万円の家賃で、床面積の1/5を不動産仕事で使用しているので2万円/月
(2)光熱費はインターネット代、電気代(仕事で使用している分のみ)
(3)経理用に購入したパソコン25万円、ソフト1万円

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業規模ではないという事は事業とは見なせないという事であり、事業ではないので指定範囲以外の経費は認められません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm
事業ではありません。「不動産仕事」としては認められないのです。ですから事務所も存在できません。もちろん光熱費やPCも同様。
他の事業があれば、そちらの経費として落とせますが。

Q青色確定申告 経費計上

農業と不動産で初めて青色申告しますが、経費計上で抜けがないか心配です。一般的に忘れがちな項目があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

一般的に忘れがちなのは、経費にならない物を経費としてる事ですね

Q確定申告で賃貸住宅の経費計上について

確定申告で賃貸住宅の経費計上について
現在東京に住んでおり、大阪に土地名義が私で、その土地の建物名義が母の物件があります。
今回この建物(戸建)を第三者に賃貸することとなりました。

そこで質問ですが、
(1)青色申告(10万円控除)で賃貸住宅に係る損害保険料は経費として認められるのでしょうか?
損害保険は火災保険、地震保険を払ってます。
(2)この賃貸物件を管理・運用するために、今住んでいる家の家賃や光熱費、年1~2回出向いた交通費は経費として認められるのでしょうか?
具体的には、今住んでいる家面積の1/5を管理・運用用にし、1日2時間使用しています。
仮に家賃年間100万円、光熱費年間20万円、交通費年間5万円とした場合、
家賃分8.3万円、光熱費1.6万円、交通費5万円となるかと思いますが、これは経費として認められるのでしょうか。
(3)管理・運用用に会計ソフト1万円、パソコン20万円を購入しましたが、全額経費として認められるのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)青色申告(10万円控除)で賃貸住宅に係る損害保険料は経費として…

どうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

>今住んでいる家の家賃や光熱費…

生活のための費用は経費でありません。

>年1~2回出向いた交通費は経費として…

先述の参考URLにはありませんね。

>今住んでいる家面積の1/5を管理・運用用にし、1日2時間…

家 1軒貸すのにそんな大げさなことにはなるわけないでしょう。
「事業的規模」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm
ではない以上、細かな経費は無理です。

>(3)管理・運用用に会計ソフト1万円、パソコン20万円を購入しましたが…

1点が 10万円を超える買い物は、原則として減価償却資産であり、取得年に一括して経費になるわけではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>(1)青色申告(10万円控除)で賃貸住宅に係る損害保険料は経費として…

どうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

>今住んでいる家の家賃や光熱費…

生活のための費用は経費でありません。

>年1~2回出向いた交通費は経費として…

先述の参考URLにはありませんね。

>今住んでいる家面積の1/5を管理・運用用にし、1日2時間…

家 1軒貸すのにそんな大げさなことにはなるわけないでしょう。
「事業的規模」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1373.htm
ではない以上、細かな経費は無理で...続きを読む

Q風俗嬢の確定申告(経費について)お世話になっています。確定申告の経費について質問します。

風俗嬢の確定申告(経費について)


お世話になっています。
確定申告の経費について質問します。

現在、ここで質問をしながら確定申告の準備をしています。
6月から県内の店舗で働き、
11月から隣県のデリヘルで働いています。

今回は経費についてお聞きしますので
分かる方がいたら教えてくださいm(__)m


・お店、または待機場所には自分の車で移動していました。
この場合、ガソリン代は経費になりますか?
※11月まで勤務した県内のお店までは片道5km程度
※11月から勤務している隣県の待機場所までは片道70km程度
※車は休みの日なども利用している為、ガソリン代を全部経費として良いのかが分かりません。

・隣県のデリヘル勤務を始めてから、
待機場所に泊まったりしながら通っています。
その際に1日2500円の寮費&駐車場代を払っています。
「〇月〇日寮費+駐車場代 2500円 源氏名」と
泊まった日にサインは書いていますが、
お店から領収書等はありません。
この場合は経費になりませんか?
※領収書がない為

・月に1、2度、お客様とお食事をしたり、
ちょっとしたプレゼント等をしていましたが、
これは経費になりますか?
※お食事は5000~6000円程度
※プレゼントは3000円程度


経費にしたい!のではなく
お仕事の為に必要だったお金なのですが
経費になるのか、経費だとしてどう書いて良いモノなのかが分かりません^^;
他には仕事用の服や下着、
つけまつ毛やストッキング等(ほぼ百均)、
位が経費だと考えています。


経費をノートに書き上げて、
レシートを貼った別ノートを準備する予定ですが
分類(?)して書かなくてはいけないのでしょうか?(分類がわかりません)
確定申告の時に
税務署にそのノート達と国民年金控除票と国民保険の領収書、ゆうちょの保険の領収書、ハンコを持っていけば確定申告は出来ますか?


沢山になってしまいましたが、
始めての確定申告で全くわかりません。
分かる方がいたら是非教えてくださいm(__)m

風俗嬢の確定申告(経費について)


お世話になっています。
確定申告の経費について質問します。

現在、ここで質問をしながら確定申告の準備をしています。
6月から県内の店舗で働き、
11月から隣県のデリヘルで働いています。

今回は経費についてお聞きしますので
分かる方がいたら教えてくださいm(__)m


・お店、または待機場所には自分の車で移動していました。
この場合、ガソリン代は経費になりますか?
※11月まで勤務した県内のお店までは片道5km程度
※11月から勤務している隣県の待...続きを読む

Aベストアンサー

>仕事先までの実際走行距離と通った回数、車の燃費km/ℓ…

それでも良いですし、申告は 3/15 までで良いですから、今日から 1ヶ月間の統計を取ってみて、それを去年分に当てはめても良いでしょう。
もちろん、これから 1ヶ月の仕事量が去年 1年間と大きくは違わないという前提のもとにですけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報