今の部屋に移って三年になりますが、
入居契約時、連帯保証人(嫁の母)とは別に、
家賃保証会社とも契約することになりました。
初回に約6万円、後は退去まで(最大10年間)毎年1万円の支払いです。

…で、これっておかしくないですか?

入居時、家賃保証会社と契約して6万円支払う。
これは理解できます。
「6万円で保証人になってあげますよ」という商売ですから。
わからないのは、その後の毎年1万円の年間保証料です。

今までに一度も家賃の支払いが滞ったことはありませんが、
家賃保証会社というのは、もし私たちが家賃を滞納すれば、
大家に対して、代わりに家賃を立て替えてくれる。
つまりは「大家の賃貸収入を保証」しているわけです。
もちろんその後は、私たちに対しての取り立てが始まります。
家賃を払わないでいいわけではなく、支払先が大家から家賃保証会社に移るだけです。
「大家の代わりに私たちから取り立てる」、つまり取り立て代行をするわけです。

では、毎年1万円を払うべきなのは大家側ではないのでしょうか。
私たちは、入居時の保証はしてもらいましたが、
その後は何を保証してもらってるんでしょうか。

どうもそのあたりが理解できません。
「契約したんだからしょうがない」ではなく、
納得できるご回答をいただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>初回に約6万円、後は退去まで(最大10年間)毎年1万円の支払いです。


で、これっておかしくないですか?

どこがおかしいんですか?


>入居時、家賃保証会社と契約して6万円支払う。
これは理解できます。
「6万円で保証人になってあげますよ」という商売ですから。

これが大間違い。
『初回に約6万円、後は退去まで(最大10年間)毎年1万円の支払い』で保証人になってあげますよ、という商売(契約)でしょ。


>私たちは、入居時の保証はしてもらいましたが、
その後は何を保証してもらってるんでしょうか。

入居時のみならず、質問者さんがその賃貸を借りている間中(最大10年間)質問者さんが家賃を滞納した時に、自動的に代わりに立て替えて払ってもらうことを、約束してもらっているんです。その保証会社の約束がなければ、大家さんは質問者さんに、その部屋を貸さなかった。それをよく理解してください。
    • good
    • 3

 大家しています。



 私の所では『保証会社』の保証は受け付けていません。『初期保証料や毎年1万円を払うべきなのは大家側ではないのでしょうか。』は確かに疑問ですし、大家(私)としては『肉親の保証人』を立てられない方と、そこまでして契約する必要もないからです。

 質問者様の場合は『連帯保証人(嫁の母)とは別に、初回に約6万円、後は退去まで(最大10年間)毎年1万円の支払い』で『保証会社』の保証を取り付け、それで大家側との契約が成立した。それだけのことです。『その後は何を保証してもらってるんでしょうか。』たって、いつ何時借主様が滞納事故を起こされるか分からない。それを『契約期間中』ずっと大家に保証しているだけです。

 無論、質問者様が『保証会社』の年会費?を支払わずに『保証会社』との契約を打ち切るのも自由です。『保証会社』は保証を打ち切る、大家側は契約継続のまま『保証会社』に契約打ち切りなんて認めません。『保証会社』がどう出てくるか見ものです。『保証会社』は『賃貸借契約の解除(物件の明渡し)による保証契約の解除』を、大家側は『契約時の保証条件の欠落』ですから退去を求めるでしょうね。どちらにしても質問者様がそこに居座る限り裁判所の判断を仰ぐしかない。

 非常に興味をそそる裁判です。行方によっては大家側は『保証会社』の利用は認めなくなるでしょうし、『保証会社』はほとんど業務を止めるか『保証料』を上げるかです。そうなると『経済力のある肉親の保証人』が立てられない方や多額の『保証料』を負担できない方は路頭に迷う。ぜひやってもらいたい裁判です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

みなさん、ご回答ありがとうございます。

>『初回に約6万円、後は退去まで(最大10年間)毎年1万円の支払い』で保証人になってあげますよ、という商売(契約)

なるほど、「6万円で保証人になってあげますよ」、
さらには「年間1万円で保証人でい続けてあげますよ」ということですね。
私の金銭感覚がおかしかったようで、私はてっきり「6万円で10年間の保証人契約」、
そして「毎年1万円の、謎のみかじめ料(?)」のように受け取っていました。
10年間で16万円ということなら理解できます。

>非常に興味をそそる裁判です

純粋に「毎年1万円の年間保証料ってなんだ?」という疑問からの質問であって、
実際には今年分も支払い済みですし、無闇に家賃保証会社に刃向かう気もございません。
単純に、納得できる理由なら年間3万円でも5万円でも支払うけれど、
よくわからないものには100円たりとも払いたくない、という気持ちからの質問でした。
もちろん裁判沙汰になんてしたくありませんし、
だったらとっとと部屋を出て保証人なしでも可能な物件に引っ越します(笑)。

お礼日時:2015/01/26 22:08

もともと乱立していろいろな契約だった保証人の代行会社だったものが、


2008年に最大手だったリプラスの破産で、その顧客を全部引き継いで、信用情報機関を利用できる業界統一ルールによる、保証人代行業務から家賃保証業務に転向したのです。
業界全体が今までの契約のまま、全案件そのまま移行したので、敷金礼金仲介手数料のように、不動産賃貸契約の仕組み自体が2010年までに変更されたことになります。
その代わり、業界慣習の見直しで、敷金礼金などが自由裁量になって手数料0円契約などが可能になりました。

2010年以降の契約は、「6万円で保証人になってあげますよ」って商売じゃないのです。
「家賃保証に加入し、信用調査を受けないと、保証人の有無に関わらず契約できませんし、更新もできません。」って商売なのです。
    • good
    • 1

契約内容を読んで質問してますか?



家賃保証は、貴方が保証会社に保証を頼んでのですから、貴方が保証料を払うのは当たり前です。

大家は、保証会社のように交渉無しで家賃保証をしてくれる保証人がいなければ、賃貸契約をしないと言っているだけです。

>「契約したんだからしょうがない」ではなく、
とは言っても、契約は両社の合意が基本ですから。
合意がなければ、契約は成立しません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸契約の保証委託更新料について

1年前にアパートを賃貸契約した際、不動産会社から保証人として保証会社と契約が必須と言われ
株式会社casaと保証委託契約を結びました。

更新のため1万円の請求書が届いたのですが、払わないといけないものなのでしょうか?
また、払わなければどうなるのでしょうか。

私の両親が近所に住んでいるため両親に保証人になってもらえばいいような気がするのですが
最近は保証会社との契約も多いと聞き・・よくわかりません。
不動産会社もあまり信頼できないのでこちらに質問させていただきます。

Aベストアンサー

No1さんの回答通りです。
その約束で契約した以上は払う必要があります。

払わないとどうなるか?については、
その保証会社から保証料を払えとしつこく言ってきます。
そのために電話連絡や訪問も度々してきて、払うまで
続けます。

運良くそれを切り抜けられたとしても、
「保証更新料を払わなかった人」としてマークされて、
その保証会社だけでなく、他の保証会社にもその情報が
共有されて、今後、賃貸物件を契約する時に審査が
おりなかったり、厳しくなったりすることも、ないとは
言えません。

保証料や保証更新料は、各保証会社によって違ってきます。
1年毎に1万円というのは、どちらかといえば、借主の負担が
大きい方の部類に入るかもしれませんが、一応は許容範囲と
言えます。

可能性としてはかなり低いですが、保証更新料が一切不要な
保証会社もありますので、そういう保証会社を扱っていないか、
不動産会社に聞いてみるのもいいかもしれません。
だた、それがあっても変更可能なのか、という問題もあるし、
変更ができたとしても、再度、新規保証料を払うことに
なるかもしれないので、その点は注意が必要です。

しかし、滞納する借主が多いためか、倒産する保証会社が
多いです。
実感として、そのような保証更新料が0円だったり、
保証料を安く設定している保証会社が倒産しているイメージが
強いので、変更できても、倒産されたら、また元に戻され、
さらなる出費になる危険性もあります。

No1さんの回答通りです。
その約束で契約した以上は払う必要があります。

払わないとどうなるか?については、
その保証会社から保証料を払えとしつこく言ってきます。
そのために電話連絡や訪問も度々してきて、払うまで
続けます。

運良くそれを切り抜けられたとしても、
「保証更新料を払わなかった人」としてマークされて、
その保証会社だけでなく、他の保証会社にもその情報が
共有されて、今後、賃貸物件を契約する時に審査が
おりなかったり、厳しくなったりすることも、ないとは
言えません。

保証...続きを読む

Q保証会社に払う金額の相場についておしえてください。

すいません。何も知らない人間なんですが、保証人がいないため
保証会社に払う金額の相場についておしえてください。

 保証人を頼む人がいないため信用保証会社を通さないといけないと
不動産屋に言われました。
 その際、入居時に家賃の半額+毎年1万5千円(あるいは月1000円)を
保証会社に払わないといけないといわれました。

 (Q.1)だいたい相場はこれくらいのものなのでしょうか?
 (Q.2)そして保証会社に払う金はこれだけでいいのでしょうか?
部屋の賃貸みたく2年ごとに更新料などその他にもお金取られないのでしょうか?

 4-5万の部屋に入居しようと考えています。
 (Q.3)保証会社を利用するのはかなり危うい橋なのでしょうか?
下手すると金いっぱいもっていかれるものなのでしょうか?あるいは
一般的な物でそうではないのでしょうか?

なにも知りませんが教えて下さい。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

大家してます

1.そんなものでしょう
2.それだけでしょう
3.貴方にとっては問題はありません
>下手すると金いっぱいもっていかれるものなのでしょうか?

なんでそんな心配を?...

保証会社は貴方にとっては...

 「万一家賃を滞納した時に家賃を立て替えてくれる会社」

・家賃滞納
・大家から督促
・払えない
・大家は保証会社に連絡
・保証会社が家賃を立て替えて大家に支払う
・保証会社が立て替えた家賃を貴方に請求する

そんな流れです

>保証会社を利用するのはかなり危うい橋

と言われても貴方に選択権はありません、利用しなければその物件と契約できないだけです

保証人を知人に依頼しても「お中元」と「お歳暮」位は持っていくでしょう
それが世間の常識

で年に5000円×2回...10,000円は必要です

Q家賃の保証料の消費税について

こちらには税金に詳しい方が多く参加されているので教えてください。

賃貸住宅を契約する時に賃借人が保証人をたてる代わりに保証会社に「保証料」を支払えば、保証会社が家賃支払を保証してくれますが、この保証料は金融取引の際の保証のように「信用の保証としての役務の提供」として非課税取引になるのでしょうか?それとも、それには該当しないとして課税取引になるのでしょうか?

Aベストアンサー

あくまでも最終的には、税務署等にご確認される事を前提に、確かに金融取引ではありませんが、内容的に見て、賃借人が支払不能に陥った場合、保証会社が代わりに家賃分を賃貸人へ弁済するのであれば、まさしく「信用の保証としての役務の提供」に該当すると思われますので、やはり非課税となるのでは、と思います。

#1の方が掲げられている通達については、賃貸人に支払うべきものについての事ですので、ちょっと違うと思います。

Q保証人がいるのに、更新時に「賃貸保証料」は支払わなければいけないのでしょうか?

賃貸マンションに住んでいます。来月、初めての更新があり、不動産会社から「賃貸契約更新通知書」が送られてきました。
請求欄の項目に「賃貸保証料」として24,600円とありましたが、契約時に親に保証人になってもらっています。契約時にも「賃貸保証料」の話はありませんでした。通常「賃貸保証料」とは、保証人がいない人が賃貸保証会社に委託した場合に支払うものだと思っていたのですが、保証人がいる場合でも支払う事もあるのでしょうか?直接不動産会社に問い合わせてみようとも思ったのですが、(何も知識がないまま聞いても適当にあしらわれて終わりそうなので…)賃貸保証料とはどういうものなのか、教えてください。宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

大家してます

最初の契約時に条件として書かれていないときや連帯保証人に変化が無いときは不要でしょう

不動産屋はよく単純に間違えている場合が多いです...(笑)。

この時期忙しいのでチェックミスだと思いますよ

>賃貸保証料とはどういうものなのか、

・保証人が居ない
・保証人に不安が有る
・保証人が亡くなられた
・保証人が失業され保証能力が無くなった

こういう場合に保証会社加入条件になるでしょう

いずれにしろ新しい条件なら応じる義務は有りません

Q入居する際の保証会社の審査(株)CASA

賃貸物件の保証会社CASAは信販系の審査になるのでしょうか?

あまり聞いたことがない会社なので、独自の審査をする会社なのかしりたいのですが。

保証会社というのは、クレジット系の審査or独自の審査というのを2種類聞いたことがあるのですが
(不動産の営業の人が言っていた)

こちらのCASAという保証会社は、どのような感じなのでしょうか?

保証会社の審査はどのようなものを基準に見るのでしょうか?

任意整理をした人は、審査上、通らないものでしょうか?(月づき支払いをきちんとしていても)

詳しいかた宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

質問者さんはこれからでしたか(^o^;私は日曜日の昼に審査通ったと営業の方から連絡ありました。
当然なのかわかりませんが、保険証コピーを出せとか、収入証明書を出せとか(当たり前なのかもしれないけど)言ってきてやかましい人なのかなとちょっと不安になってます。なぜ保険証コピー必要なのか疑問です(・・?)
昨日営業さんから大家さんが電話で話したいと言ってると連絡があって待ってたのにかかって来ないし…。保証会社の審査通って早く契約して引っ越しの見積りなどもしたいのに振り回されてる感じでイライラしてきました。
金曜の夕方に審査かけて日曜日の昼には結果出ましたよ。
確かに住居の確保に審査あるってひどいですよね…。滞納問題もあるので仕方ないのかなとも思ったりしますが、路頭に迷えと言われてるようで本当に悲しい世の中です。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q初回保証委託料の減額交渉はできますか?

このたび賃貸マンションに引っ越すことになりました。
父親に保証人になってもらい審査は通ったのですが
それとは別に保証会社との契約も必要とのことで
初期費用に「初回保証委託料」が家賃の半額分入っていました。

この費用は保証人がいたとしても支払わなければならないのでしょうか?
このご時世で家賃を滞納する方が多いと聞いたので
保証会社を通す物件が増えているというのは分かるのですが…。

万が一のときのために親に保証人になってもらったにも関わらず
家賃の半額分を支払うのはとても高く感じてしまいます。
退去時に戻ってくるものでもないようですし。。。
不動産会社に減額などの交渉をすることはできないのでしょうか?

不動産に詳しい方、どうかアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保証会社への加入と、別に保証人をつけることが、その物件の
契約条件であれば仕方がありません。
減額交渉と言っても、保証会社へ払う保証料は確定ですので、
大家さんがそのかわりに敷金や礼金を減額してくれるように
要求することが精一杯だと思います。

保証会社への保証料が家賃の半額ということですが、
この保証料は、父親を保証人にしたことで減額されている
ケースもあります。
保証会社のみですと、家賃1ヵ月分とかそれ以上とられる
ところもあります。

保証人をつけたのに・・・というお気持ちもわかりますが、
実際に身内であっても、滞納があった場合に、すんなり払えるか
という問題があることも事実です。
そういった滞納者が増えてきているので、大家さんや不動産屋は
保証会社を扱うところが多くなってきております。

中には、保証会社へ加入すれば、保証人は不要というところも
ありますが、場合によっては、さらに保証人もつけるように言われる
ことがあります。
例えば、保証会社で審査をしたところ、入居者本人の収入が
安定していないので、誰か、別に保証人をたてるように要求
される場合もあれば、
大家さんや不動産屋が、最初から、保証会社+保証人のダブルで
保証することを条件にしているところもあります。
保証会社へ加入してくれれば、とりあえずは安心なのですが、
その保証会社が倒産してしまうこともあるので、それに対する
ためのものです。

契約手続きはどこまで進んでいるのでしょうか?
まだ、手続きの途中であれば、保証人を用意すれば保証会社なしで
借りられる部屋がないか、何か他の費用で減額できないかを
交渉してみてはいかがでしょうか?

保証会社へ加入されるとしたら、最初の保証料だけでなく、
1年か2年ごとに更新保証料が発生するところがほとんどです。
最初の1回ならともかく、1年ごとに1万円とか請求される
ことにもなると思いますので、保証会社へ加入されることに
なった場合は、そのような点も確認しておいて下さい。

保証会社への加入と、別に保証人をつけることが、その物件の
契約条件であれば仕方がありません。
減額交渉と言っても、保証会社へ払う保証料は確定ですので、
大家さんがそのかわりに敷金や礼金を減額してくれるように
要求することが精一杯だと思います。

保証会社への保証料が家賃の半額ということですが、
この保証料は、父親を保証人にしたことで減額されている
ケースもあります。
保証会社のみですと、家賃1ヵ月分とかそれ以上とられる
ところもあります。

保証人をつけたのに・・・というお気持ちもわ...続きを読む

Q更新時に「賃貸保証料」を支払いたくないのですが。

来月、住んでいる賃貸マンションの1回目の更新があります。
それに伴い、先日不動産屋から更新費用の連絡が手紙でありました。

そこには
・更新料:家賃1ケ月分
・事務手数料:5250円
・賃貸保証料:21000円
・火災保険料:20000円

との記載がありました。

ここで気になったのが、賃貸保証料と火災保険料です。
火災保険料は仕方ないと思ったのですが、
賃貸保証料が納得いきません。

2年間家賃の支払いに遅延はありませんでした。
また、保証人もいます。
入居時は賃貸保証料、火災保険料ともに支払いました。

契約書を見直してみましたが、更新についての記載は、
「更新料として、家賃一ケ月分と事務手数料として5250円を支払うものとする」
という記載のみでした。

この場合でも賃貸保証料は支払わなくてはいけないのでしょうか。
不動産屋に掛け合うときにどのように言えばいいのか
アドバイスをいただけると幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 大家しています。

 『家賃保証契約』は大家や管理会社には直接関係ないものです。これは、借主さんと保証会社との契約で、その契約に基づいて、遅納や滞納等の事故が起きた際に、大家が保証会社に連絡すれば保証会社が家賃分を大家の口座に振り込むというものです。

 ですから、この契約の更新に関しては部屋の賃貸借契約書ではなく、保証会社との『保証契約?』に基づきます。

 質問者様が、この契約の更新料を拒否されると保証会社と質問者様の保証契約が破棄されます。大家さんは保証会社からそのような連絡(今後は質問者様の家賃の保証はしないということ)を受ければ、入居時に条件とした『保証会社の保証』がなくなるわけですから、質問者様と大家さんとの部屋の賃貸借契約の条件を満たしていないことを理由に契約を破棄し、退去を求めてくるでしょう。
 保証人の他に保証会社の保証を求める大家さんですから、その辺はかなり厳しいと思います。多分、保証人だけで契約して“痛い目”にあっているのでしょう。

 それでも居座ることは出来ますが、裁判まで行った場合、一方的に契約の条件を破っているわけですから決して有利な材料ではないでしょう。
 

 大家しています。

 『家賃保証契約』は大家や管理会社には直接関係ないものです。これは、借主さんと保証会社との契約で、その契約に基づいて、遅納や滞納等の事故が起きた際に、大家が保証会社に連絡すれば保証会社が家賃分を大家の口座に振り込むというものです。

 ですから、この契約の更新に関しては部屋の賃貸借契約書ではなく、保証会社との『保証契約?』に基づきます。

 質問者様が、この契約の更新料を拒否されると保証会社と質問者様の保証契約が破棄されます。大家さんは保証会社からそ...続きを読む

Q家賃保証会社から更新の案内が来たのですが

一年程前に仲介屋を通じて、敷金、礼金などなしで賃貸アパートを借りましたが、
その際に入った(仲介屋か管理会社に強制的に入らされた)家賃保証会社から更新の案内が来たのですが更新する義務はあるのでしょうか。
一年前に契約するときに親に保証人としては判を押してもらっているうえで、入らされた経緯があり、また、入居後1ヶ月程で管理会社も売り払ったようで、現在は家賃を別の管理会社に支払っている経緯があります。

Aベストアンサー

不動産会社の者です。

ご参考下さい。

賃料保証会社の加入とご両親が連帯保証人になっている事とは関係ないと思います。
なぜなら、賃貸借契約の条件に「賃貸借期間発生中の加入義務」があれば
保証人の有無にかかわらず加入しなければ違約となります。

保証会社=連帯保証人と考えている方が多いようですが、私の見解は「別物」です。

多くの保証会社は、借主の「賃料債務」の保証を行い、連帯保証人は「全ての債務」を
保証するという場合が多いと思われます。

従って 責任範囲が 保証会社<連帯保証人と考えるわけです。

弊社の契約書では・・・
「本契約は、借主と保証会社である●●●●との間に保証委託契約が成立している事を前提に締結されている為、保証委託契約が満期解約・中途解約・未更新となった場合、貸主の同意が得られない限り本契約は即時解除となることを借主は了承しました」と記載を入れてます。

尚、1カ月後であれ、3日後であれ前貸主様が新貸主様に当該物件を売却した場合、賃貸借契約の条件はそのまま引き継がれます。従って管理会社の変更等があっても振込先や連絡先が変更になるだけで「賃貸借契約そのもの」に影響しません。

逆に貸主様や管理会社の変更時に「賃貸借契約の条件や内容」を簡単に変られるのであれば、借主様に「不利」な内容にも変更出来てしまいませんか? 例えば新貸主に変更時に今までなかった費用の請求や、連帯保証人だけだったのに保証会社も加入して下さいとか・・・

結論:原契約(一番初めに交わした契約)優先で、貸主変更されても基本何も変らないと言う事です。

不動産会社の者です。

ご参考下さい。

賃料保証会社の加入とご両親が連帯保証人になっている事とは関係ないと思います。
なぜなら、賃貸借契約の条件に「賃貸借期間発生中の加入義務」があれば
保証人の有無にかかわらず加入しなければ違約となります。

保証会社=連帯保証人と考えている方が多いようですが、私の見解は「別物」です。

多くの保証会社は、借主の「賃料債務」の保証を行い、連帯保証人は「全ての債務」を
保証するという場合が多いと思われます。

従って 責任範囲が 保証会社<連帯保証人と...続きを読む

Q2年契約で借りた家を途中で解約して引っ越すとどうなるの?

会社の都合で単身赴任することになりました。
赴任先では3年務めることになっていますが、1年で赴任先から戻ってこいという辞令がおりる可能性は十分あります。
そういう場合、2年契約を結んでいるとき、1年で解約した場合。どんなペナルティがあるのでしょうか?
契約内容にもよると思いますが、「一般的に」という感覚で回答いただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。
2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば
解約又は更新しなければならない訳で、
2年間絶対に住みますという契約ではありません。
1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。
2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば
違約金など一切有りません。

突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので
住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが
これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。

違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います)
だと思います。
部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ
・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので
お勧めです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報