プロが教えるわが家の防犯対策術!

自作PCにDDR3-1333のメモリを取り付け、Memtestを実行したところエラーが続出してしまいました。

メモリ取り付けスロットを変更するなどしても同様なので、BIOS設定でメモリをDDR3-1066に変更したところ収まったようです。

そこで質問ですが、このような場合にはこのまま使用を続けても大丈夫なものでしょうか。
それとも不安定な状態を続けるより思い切ってメモリを買い換えてしまうべきでしょうか。

またこのようにした場合、目に見えてパフォーマンスは低下するものでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • >"KHX1600C9D3K2/8GX" の型番は、2枚で8GBと言う意味

    その通りだと思うのですが、手元のものは1枚が8GBあり、1枚ずつのパッケージなんですよ。

    >CASの設定を "9" から "10" にすると、正常に動くかも知れません。

    実は質問前に DDR-1333 10-9-9-24で試してみたのですが、エラーは減ったもののやはり結構多く出ていました。
    またDDR3-1066の場合でも 9-9-9-24なら大丈夫ですが、7-7-7-20だと少しエラーが出ます。
    ですのでこのメモリは低速マシンで DDR3-800にして使うしかなさそうです。

    このメモリは計4枚購入したのですが、残りの2枚は P8P67 DELUXEで稼働中です。
    これの状態を掲載しておきます。
    Kingstonになってはいますね。

    「Memtestでエラーが出る場合」の補足画像1
    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/02/25 22:31

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ANo.1です。



メモリは、Kingstonですね。メジャーなメーカーの一つですので、早々相性が出るものでもないような気がします。それと、"KHX1600C9D3K2/8GX" の型番は、2枚で8GBと言う意味で、偽物ではありません。2枚が一つのパッケージに入っていて、デュアルチャンネル対応と書かれていたのではないかと思います。最初から、2枚一組で構成されているものは、貼られているシールに4GB×2="8GB"と言う意味で、構成容量が書かれています。

ASUS P8P67 DELUXE → 2枚ともエラー。DDR3-1600は対応。
Intel DH67GD → 正常。マニュアルでは、一応DDR3-1333まで対応!
ASUS P8P67-M → 1枚エラー。DDR3-1600はO.Cでで対応。

と言うことなので、Intelのマザーボードで正常と言うことは、メモリ自体の不良ではないようです。これは、まさに相性ですね。しかし、DDR3になってから、あまり相性は聞かなかったのですが。

ASUS P8P67 DELUXEとP8P67-M には、「MemOK! (メモリの相性問題発生時に強制的にメモリの設定を変更して起動を試みる機能)」と言う機能があるようです。詳しくは、取扱説明書を参照して下さい。P8P67-M のManual をダウンロードしてみましたが、2GB×2=4GBのKingston KHX1600C9D3K2/4GXは対応しています。また、Manualの1-33ページにMemOK! の項があります。

また、下記に価格.comでのレビューを載せておきます。"CL=9" CAS Latencyが9のメモリのようですが、ASUSのマザーボードでは、このタイミングが速過ぎたのでしょうか? 自分の持っているASUSのマザーボードでは、そう言うことはなかったです。→ 後述。
http://review.kakaku.com/review/K0000320941/Revi …

この場合は、マザーボードのBIOSでメモリ・セッティングを、CASの設定を "9" から "10" にすると、正常に動くかも知れません。"9" から "10" に変更した場合でも、メモリアクセスのタイミングが若干遅くなるだけで、周波数を落とすよりはパフォーマンスは下がりません。

複数のメモリスロートがある場合、1枚のメモリを各スロットに挿して確認するとどうでしょう。正常に動くスロットがあるとすれば、NGなスロットには何か障害があると言うことです。全ての組み合わせで確認してみることをお薦めします。

代わりのメモリを購入される場合は、できるだけ同じメーカーで同じ型番が良いのですが、また同じ結果になる危険も含んでいます。一応、デュアルチャンネルにするために、規格上は同じにする必要がありますので、下記の仕様と同じであれば基本的にはメーカーや型番を問いません。
http://www.kingston.com/datasheets/khx1600c9d3k2 …

他に考えられるとしたら、メモリ及びメモリスロットの接触不良でしょうか。端子に汚れなどがある場合は、無水アルコールなどでメモリのカードエッジを拭いてください。素手で電極部分は触らないこと、指の油脂が酸化して絶縁皮膜になることがあります。また、メモリカードスロットの内部に絶縁皮膜などができてしまっている場合は、ケバのたたないもの(不織布のようなもの)でエッジを作り、無水アルコールで湿らせてスロット内部を掃除します。普通は、メモリを何回か挿し直しすれば、絶縁皮膜は削れてしまいます。挿し直しでメモリが正常になる場合は、これが多いでしょう。

下記に自分のパソコンのメモリタイミングを載せておきます。アクセスタイミングは、9-9-9-24 と 10-10-10-30 の2種類です。因みに、使ったソフトウエアは下記です。[Tools]で、テキスト(Text)やHtmlで結果を保存できます。
http://www.pc-master.jp/blog/freesoft/758.html

なお、上記の各パソコンでは、初期の立ち上げ時にMemtest86+で10周以上回してエラーのないことを徹底的に確認しています。
「Memtestでエラーが出る場合」の回答画像2
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答下さいましてありがとうございました。
色々調べていたためお礼が遅れまして申し訳ありません。
詳細は補足の方に書かせていただきます。

お礼日時:2015/02/25 22:13

ANo.5です。



了解です。Core i5-4570Sのパソコンで "F2:SMP" のテストを行ったところ、見事途中でフリーズしました(笑)。このCPUは、ハイパースレッティング無しのCPUですから、当然パスすると思っていたのですが、何のことはない見事撃沈です(笑)。どうしたら良いんでしょうか????

"F2:SMP" のテストは、CPUを切り替えながらメモリのテストを行っているようなのですが。その切り替えに問題があるような気がします。

DDR3-1600をDDR3-1333に落としてもフリーズします。私としては、このテストをそれこそパスしたいと思います.........トホホ。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000244501/SortID=132 …

Memtest86とMemtest86+は違うもので、Memtest86の派生バージョンがMemtest86+らしいです。Web上では両者の情報が入り乱れていて、SMPのテストではフリーズする云々と言う英語のページがあったりします。自動翻訳がひどくて転載できませんでした(笑)。

と言う訳で、私は "F":SMP" のテストでメモリの良否判定を行うと、現在正常に動作しているメモリも全滅になりそうなので、採用しないことにします。あしからず、です(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>DDR3-1600をDDR3-1333に落としてもフリーズします。

SPDに1600と書かれているとダメなんでしょうかね。
まああまり気にしないようにします。

何度もご回答下さいましてどうもありがとうございました。

お礼日時:2015/03/02 00:52

ANo.4です。



"先に記しましたように8GBメモリ(Kingston KVR16N11/8 DDR3-1600)を購入したのでこれと自称『KHX1600C9D3K2/8GX』(正常な方)を挿したところ、一応デュアルチャンネルで動作したようです(自動設定でDDR3-1333 9-9-9-24となりました)。"
→ 了解です。新たに8GBのメモリを買われたそうで。KVR16N11/8 と 良かった方のKHX1600C9D3K2/8GX でデュアルチャンネルになったとのこと、良かったですね。

"自動設定でDDR3-1333 9-9-9-24となりました" とのことですが、これはCPUとマザーボードの定格周波数が1333MHzだからでしょう。私のCore i7-2700Kのパソコンは定格1333MHzですが、メモリにせっかく1600MHzを使っているので、BIOSでDDR3-1600にしています(CPUをオーバークロックしたとき以外はあまり意味ないですが)。Core i5-4570Sのパソコンの方は定格が1600NHzなので、XMPでDDR3-1600の設定がある(BIOSのメモリ設定)ので、クロックを1600MHzにしています(AUTOにすると1333MHzになります)。

"MemtestはSMP有効だとエラーは無いもののTEST7の途中でフリーズします(KVR16N11/8のみ1枚にしても同様です)。"
→ 最新のMemtest86+ Ver.5.01には、F2:SMPの項目がありますが、とりあえずSMPのテストは参考程度でよいのでは。私は、普段は使っているMemtest86+には "F2:SMP" の選択はないのですが、新たにVer.5.01をUSBメモリに落として Core i7-2700K で実行してみました。そうしたら、何と途中でフリーズしました。Memtest86+では、過去にもフリーズするテストがあって、フリーズするようなテストはテスト自体を信用できないと思っていました。また、ハイパースレッティングは擬似的にプロセッサの数を増やしているので、真のマルチCPUとはちょっと違います。そこら辺に問題があるような気がします。従って、SMPテストはそのパソコンに相性が悪いととらえて良いのでは、と思いました。当然、Core i7-2700Kのパソコンには、"F1" で選んだテストの方は何の問題もありません。

と言う訳で、
"SMP無効なら問題なく動作したため、DDR3-1600 11-11-11-28の設定にしてテストを続行したところ、朝まで動かしてもエラーは出ていません。"
→ ならば、DDR3-1600でも良いんじゃないでしょうか。ただ、このパソコンは定格が1333MHz(1066MHz)なので、DDR3-1333で動けばパーフォマンスは変わりません。メモリへのアクセス・タイミング的に多少の余裕があるだけです。

"不良メモリの方はご指摘通り DDR3-1333 10-10-10-30を試してみます。"
→ 前にも書きましたが、パッケージに "KHX1600C9D3K2/8GX" とあるのに "Part Number : Kingston M08GD16P1333C9" のメモリが入っていたわけですから、クレームをつけたら交換してもらえるレベルの話ですね。ただ、パッケージや本体のシールも同じ型番ということなので、何かきな臭い感じがするのも確かです。幸運を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>最新のMemtest86+ Ver.5.01には、F2:SMPの項目がありますが、とりあえずSMPのテストは参考程度でよいのでは。

そう思いたいですね。ただ今までのメモリの場合は不良品も含めてこのようなことはおきなかったんですよ。

>ただ、このパソコンは定格が1333MHz(1066MHz)なので、DDR3-1333で動けばパーフォマンスは変わりません。メモリへのアクセス・タイミング的に多少の余裕があるだけです。

そういうことなんですか。ならばなおのこと定格で使用します。

>クレームをつけたら交換してもらえるレベルの話ですね。

昨年ヤフオクで購入したの物ですので今更無理でしょうね。こういうことがあるとは漠然と知っていましたが、まさか自分がという感じです。怪しいものには手を出さないことですね。

今回は色々どうもありがとうございました。

お礼日時:2015/02/27 22:37

ANo.3です。



メモリ・タイミングの話ですが、例えばDDR3-1333 9-9-9-24の設定でエラーが出た場合に、タイミングを遅くした10-10-10-30で動いたのであれば、DDR3-1066で動かすよりもアクセス速度は速くなります。

また、DDR3-1066で9-9-9-24で動いているものであれば、DDR3-800 7-7-7-20で動かすことは余り得策ではありません。動作周波数によってCPUとの命令やデータのやり取りを行っているので、周波数が下がれば全体の性能が下がります。多少タイミングが遅くなっても、動作周波数を維持したほうがパーフォマンスが下がりません。
http://homepage2.nifty.com/kamurai/MEMORY.htm

上記のページで、"<Memory> CL、アクセスタイミング" の項にチラッと書いてあります。
"例えば、DDR2-800 でアクセスタイミングが 5-5-5 のメモリと、DDR2-1066 でアクセスタイミングが 9-9-9 のメモリがあった場合、アクセスタイミングは 5-5-5 の方が速いのですが、基本性能(FSB)は DDR2-1066 の方が良いので、実際はこちらの方が速くなります。"
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

先に記しましたように8GBメモリ(Kingston KVR16N11/8 DDR3-1600)を購入したのでこれと自称『KHX1600C9D3K2/8GX』(正常な方)を挿したところ、一応デュアルチャンネルで動作したようです(自動設定でDDR3-1333 9-9-9-24となりました)。

MemtestはSMP有効だとエラーは無いもののTEST7の途中でフリーズします(KVR16N11/8のみ1枚にしても同様です)。

SMP無効なら問題なく動作したため、DDR3-1600 11-11-11-28の設定にしてテストを続行したところ、朝まで動かしてもエラーは出ていません。
まあ無理せずDDR3-1333で使うつもりですが。

ただ上記のフリーズの件が不安ではあります。

不良メモリの方はご指摘通り DDR3-1333 10-10-10-30を試してみます。

お礼日時:2015/02/27 06:25

ANo.2です。



"KHX1600C9D3K2/8GX" で8GB 1枚とのこと、それを2枚購入されたのですね。了解です。そうですか。質問の中で2枚を使っているようだったので、ちゃんと補足に書かれていたのを見逃したようです。と言うことは、16GBで使われていると言うことですね。

"実は質問前に DDR-1333 10-9-9-24で試してみたのですが、エラーは減ったもののやはり結構多く出ていました。またDDR3-1066の場合でも 9-9-9-24なら大丈夫ですが、7-7-7-20だと少しエラーが出ます。ですのでこのメモリは低速マシンで DDR3-800にして使うしかなさそうです。"
→ これで駄目な場合は、10-10-10-30 にしてみたらどうでしょう。CASだけを "10" にしてもまだエラーが発生するのであれば、他のタイミングも落としてみるとどうなるかです。

また、CPU-Zの画像をありがとうございます。ただ、現在動作しているメモリの周波数とタイミングは、SPDのタブではなくMemoryのタブになると思いますので、そちらも見て下さい。こちらは、SPDの画面を添付しておきます。左側が、Patriot DDR3-1600/PC3-12800 (800MHz) で動作していることを示しています。Timing TableのJEDEC #1~#4は、SPDで動作可能な周波数とタイミングの組み合わせです。右側はG-Skillで、F3-1600C10-8GAO は800MHzのクロックで動いています。XMP-1600は、下記の機能です。このメモリは、オーバークロック動作で動いているようです。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/dosv/20 …

話は変わりますが、画像から "Part Number : Kingston M08GD16P1333C9" と言う型番が読み取れるのですが、これだと、パッケージにある "KHX1600C9D3K2/8GX" とは違うメモリと言うことになりますね。代替のメモリだったのでしょうか?
「Memtestでエラーが出る場合」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご多忙のところ、何度もご回答下さいましてどうもありがとうございます。

このメモリを4枚(合計32GB分)購入
 ↓
P8P67 DELUXEとDH67GDに各2枚を装着
 ↓
P8P67 DELUXEでエラー発生→両ボード間でメモリを交換
 ↓
双方とも正常動作→P8P67 DELUXEはWindowsをインストールして稼働
 ↓
DH67GD BIOSアップデート失敗で使用不能→P8P67-Mを購入
 ↓
P8P67-MにDH67GDのメモリを取り付けたところエラー発生(現在)

という流れです。

詳しく書きたかったのですが、400字制限があるためなかなか難しいですね。


今日Kingstonの8GBメモリを1枚だけ購入してきたので、それと正常動作の1枚を組み合わせて今からテストしてみます。


結果は4のお礼に書かせていただきます。

お礼日時:2015/02/26 20:53

そのマザーボードと使っているCPUは、DDR3-1333に対応しているものなのでしょうか?


http://homepage2.nifty.com/kamurai/MEMORY.htm

たぶん、マザーボードとそのメモリのタイミング的な特性が合わずにMemtestでエラーが出たのではないかと思います。BIOSで、メモリのアクセスタイミング等を操作しませんでしたか? アクセス速度を上げるため、各設定などをいじった場合など、誤ると正常なアクセスができなくなってしまいエラーとなります。

もし、そのような操作をせずにAUTO設定のままでエラーとなっている場合は、残念ですがいわゆるメモリの相性というものでしょう。

一応は規格内に入っているが、アクセスのマージンが少なくてマザーボードの持っているアクセスタイミングと合わずエラーになってしまうとか、ノーブランド品で検査をせずに販売されているものの中には、規格から外れてしまっていて、マージンの大きなマザーボードでは何とか動くがマージンが少ないマザーボードではエラーになってしまうもの等があります。

マザーボードやメモリ、CPU等が判りませんので言えるのはこれくらいなのですが、DDR3-1333/PC3-10600で動くはずのシステムを、DDR3-1066/PC-8500で動かさざるを得ない状況を良しとするか否とするかは、質問者さん次第です。パフォーマンスは極端には低下しませんが、あらゆる面で性能が低下するのは間違いないです。

と言う訳で、私としては、”不安定な状態を続けるより思い切ってメモリを買い換え” ることをお薦めします。また、ノーブランド物は極力避けて、大手メーカーのものをお薦めします。下記のメーカーの欄にあるもので、メーカーのホームページで製品が紹介されているものが良いと思います。メーカーと言っても、パソコンメーカーの純正品は相場を無視した価格をつけていますので、論外ですね(笑)。
http://kakaku.com/pc/pc-memory/itemlist.aspx?pdf …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

メモリはパッケージや本体のシールではKingstonのKHX1600C9D3K2/8GXとなっていますが、どうやら偽物を掴まされたようです(この型番は4GB×2のはずなのに、手元のものは1枚で8GBですから)。

当初ASUSのP8P67 DELUXEに取り付けたところ2枚ともエラー続出→インテルDH67GDでは正常動作→そして今回はP8P67-Mです。
ASUSと相性が悪いというのも妙な気がしますが。

もちろんテストを始める段階ではBIOS設定はいじっていません。

ただ面白いことに今回はエラーが出るのは1枚だけで、もう1枚の方はDDR3 1600に設定してもエラーが出ません。

ですので1枚だけ購入したいのですが、そうするとデュアルチャンネル動作どころか、まともに動くかどうかも分かりません。
かといって2枚となるとかなりの金額なため悩ましいところです。

お礼日時:2015/02/21 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメモリーテストにおけるエラー検出時の措置

Memtest86+で時々メモリーテストを実施します。今までエラーを検出したことはなかったのですが、最近時々PCが突然ダウンしますので、メモリーテストを実施したところ、エラーが検出されました。この場合どうしたら良いのでしょうか?エラー箇所を修復するか、使わないようにする方法などはあるのでしょうか? 今までエラー検出時の措置も知らずにMemtest86+でメモリーテストを実施していたことがおろかに感じて恥じています。お教えください。

Aベストアンサー

TOK41111さんこんにちは。

Memtestでのエラーですが、メモリー本体の異常ばかりでなく、マザー側の異常、複数スロットの中で特定スロットの異常、電源の異常、それ以外にも全く問題の無いUSB機器の接続などから起こる事もあります。

全てのUSB機器を外してからMemtestを行って下さい。2本のメモリーのどちらかの異常を確認する際、一つのスロットで確認されたら、残りのスロットでも両方のメモリーを確認し、決まった1本だけエラーが出るのか繰り返して判断されて下さい。

もしどのスロットでもどちらのメモリーでも異常が出た場合、マザー側の問題や電源の供給電圧の異常である可能性が高くなります。

特に2006年辺り以前のマザーでは電解液を使った電解コンデンサーが多く用いられており、この電解コンは熱や経年劣化で固体化が始まり、次第に目で見て分かる程膨張し、最後に破裂して電解液をボード上に吐き出します。劣化の初期段階でもメモリーの異常が起こる事があります。

現在のマザーは固体コンデンサーが殆どなので、電解コンの膨満も起こりませんし、その耐用期間もずっと長くなりました。

余談ですが、MemtestはDOSモードで動くですが、OS上で動くAleGr MEMTESTがあります。このソフトはOS上で動き、マルチコア全体への同時アクセスやCPUの負荷状態でのテストが出来、パソコンが実際の稼働状況でのメモリーテストが出来ます。

http://www.home.earthlink.net/~alegr/download/memtest.htm

TOK41111さんこんにちは。

Memtestでのエラーですが、メモリー本体の異常ばかりでなく、マザー側の異常、複数スロットの中で特定スロットの異常、電源の異常、それ以外にも全く問題の無いUSB機器の接続などから起こる事もあります。

全てのUSB機器を外してからMemtestを行って下さい。2本のメモリーのどちらかの異常を確認する際、一つのスロットで確認されたら、残りのスロットでも両方のメモリーを確認し、決まった1本だけエラーが出るのか繰り返して判断されて下さい。

もしどのスロットでもどちらのメモリ...続きを読む

QMemtest86でチェックするとエラーが大量にでます。

DELLのDimensionC521を買いました。
CPUはAMD Athlon(TM)64プロセッサ3500+で
メモリは512MB×2のデュアルチャネルDDR-2-SSRAMです。

納品されたのですが、ネットワーク設定をしたところでブルースクリーンになり、その後起動せず、再インストールもエラーがでて失敗するため、DELLに修理にだしました。
そして帰ってきました。
保険のつもりでMemtest86でチェックしたところ、エラーが大量にでてきました。

サポートに連絡しようかと思ったのですが、DELLの修理報告書には「診断プラグラムにて問題がないことを確認しました」とかかれていたことと、5時間程度のチェックでエラーが100万を超えているので、本当にエラーなのか不安になってきました。

エラーか否かの確認をしたいのですが、いろいろ調べてみたのですが、方法がよく分かりませんorz

どうやって調べたら良いのでしょうか。

Aベストアンサー

Memtest86とMemtest86+は、完璧ではありません。
ビデオRAMとシステムメモリを共有しているタイプは
希に正常にチェックが出来ない物がありますので注意して下さい。
特にビデオRAMを動的に確保するタイプはダメでは無いかと思われます。(C521はどうなんでしょうか?)

対応の有無は、たとえばメモリを1枚ずつテストしてみたり、
スロットを入れ替えてみたりしてテストしてみるとよくわかります。
同じ容量の様々なメーカーの違うメモリをさしても必ず同じアドレスでエラーが発生しますので…

まずDellが提供しているDiagnostics(診断プログラム)でメモリテストをする事をお勧め致します。
Memtest86でチェックされるなら、できればビデオRAMとシステムメモリを共有しないタイプのM/Bか、BIOSで無効にできたり、予め使用するVRAM容量を固定化できるタイプのパソコン(ただし、VRAMに割り当てた領域はチェックされない)でメモリテストされる事をお勧め致します。

ところで修理後に不具合か発生しているのでしょうか?
それでしたら、Dellへクレームを入れるべきですが…

Memtest86とMemtest86+は、完璧ではありません。
ビデオRAMとシステムメモリを共有しているタイプは
希に正常にチェックが出来ない物がありますので注意して下さい。
特にビデオRAMを動的に確保するタイプはダメでは無いかと思われます。(C521はどうなんでしょうか?)

対応の有無は、たとえばメモリを1枚ずつテストしてみたり、
スロットを入れ替えてみたりしてテストしてみるとよくわかります。
同じ容量の様々なメーカーの違うメモリをさしても必ず同じアドレスでエラーが発生しますので…

ま...続きを読む

QCPU、マザーボードが故障していないか検査する方法

PCが壊れたので修理に出しました。
事前に自分なりに色々原因を探してみたのですが結局はっきりと分からず、
「マザーボードかCPUの故障だろう」と考えました。
いずれにしろ自分の手に負えないと思い修理に出しました。
不具合の原因が昨日判明しましたが、どちらかでなく両方壊れていたそうです。

ところで件名の通り、CPU、マザーボードが故障していないか調べる手段はありませんか?
詳しい内容までは理解していませんが、HDDではSMART情報を見れば、
メモリーではmemtestを使えばある程度状態は分かります。
同じようにフリーのソフトでハードウェア(特にCPU、M/B)を検査する物はありますか?

Aベストアンサー

CPU、マザーボード、電源の障害は見極めが難しく、正常品のストックを抱えているショップならともかく、個人ではパーツをとっかえひっかえなど出来ませんから、特定が困難なケースが大多数であるというのが正直なところです。PC-DOCTORみたいな総合検査ツールもありますが、上記パーツの障害には無力なケースが多いです。
自力で何とかしてしまうような人は、寝かせてあるパーツをいくつも持っているようなマニアか、その道のプロです。
自力解決を目指すなら、ケースバイケースの対応で経験を積んでいくしかないのではないでしょうか。

Qメモリ診断ツールによるハードウェアの問題検出に関して

いつもお世話になっております。
Windows10 homeを使用して約一か月経ちました。
購入時はメモリが4GBでそれから一週間後位に8GBに増設しました。
特に問題なく不具合もなくタスクマネージャーを見ても負担が軽くなっています。
ただメモリ診断をしてみると、ハードウェアに問題が検出されましたので製造元に問い合わせ下さいのメッセージがありアクティブでない状態でもそれは生じていますとのことです。
過去Vista等でもメモリ増設をしメモリ診断ツールをしても問題は検出されませんでした。
Windows updateも最新状態です、C,Dドライブのディスクのクリーンアップとツールタブよりエラーチェックとデフラグの断片化もなしです。
CCleanerも実行して異常はありません。
またデバイスマネージャーもとりあえず考えられそうなものをハードウェアの変更とスキャンも最新状態になっています。
電源を一度全て抜いて時間も置いてみた後、PC内のメモリをもう一度しっかりと入っているか?
外して差してみましたが異常ありません。

マイクロソフトコミュニティやここの教えてgoo等グーグル検索でもはっきりした答えが見つけられませんでした。

これは本当に問題が検出されている状態なのでしょうか?
暫くすると問題が自動に修復される可能性はあるのでしょうか?

製造元に問い合わせて解決しますかね?今までの経験上、製造元(メーカー)は失礼ですが時間浪費の上明確な回答はまずなく、知識あるこのような場で勉強させて頂きました。

長文失礼しました。
お分かりになる方、深刻な問題か?ある程度時間を置いても大丈夫か?参考URL等ございましたら
ご教授頂けたら幸いです。

宜しくお願い致します。

いつもお世話になっております。
Windows10 homeを使用して約一か月経ちました。
購入時はメモリが4GBでそれから一週間後位に8GBに増設しました。
特に問題なく不具合もなくタスクマネージャーを見ても負担が軽くなっています。
ただメモリ診断をしてみると、ハードウェアに問題が検出されましたので製造元に問い合わせ下さいのメッセージがありアクティブでない状態でもそれは生じていますとのことです。
過去Vista等でもメモリ増設をしメモリ診断ツールをしても問題は検出されませんでした。
Windows upda...続きを読む

Aベストアンサー

"ハードウェアに問題が検出されましたので製造元に問い合わせ下さい"、"アクティブでない状態でもそれは生じています"
→ Windowsメモリ診断ツールを使って上記のメッセージが出てきた場合、どういう問題があったのかの表示は無いので、さっぱり判りませんね。

"これは本当に問題が検出されている状態なのでしょうか? 暫くすると問題が自動に修復される可能性はあるのでしょうか?
"、"製造元に問い合わせて解決しますかね?"
→ これも同様にはっきりしませんので、有効で的確な回答が得られるとは思いません。

Windows組み込みのメモリ診断ツールでは、その内容に限界があります。WindowsXPのころには、DOS画面でテスト状態を細かく見ることができるツールがありましたが、現在はダウンとロードできないようです。そこで、下記のソフトウェアをお勧めします。Memtest86+ で、USBフラッシュメモリにセットしてそれから起動できるものです。
http://bto-pc.jp/btopc-com/repair/memtest86-usb-boot.html

エラーの有るアドレスが表示されますので、そのセルがおかしいことが判ります。エラーが無ければ、No Error で Pass されます。このソフトウェアは、かなり強力でメモリの診断の標準になっているくらいです。一通りテストが終了すると 1Pass となります。これを 3 Pass 程度回せば、まずメモリにエラーが無いと思って良いでしょう。

もしエラーが出た場合は、1枚ずつメモリのテストを繰り返して、エラーの有るモジュールを特定します。特定されたメモリ・モジュールは、交換が必要です。

自分もブルースクリーンが発生して原因を調べたらメモリだったので、この Memtest86+ でテストしたところ、エラーが出力されました。メモリを交換してエラーは出なくなりましてので、かなり確実にテストが可能だと思います。

"ハードウェアに問題が検出されましたので製造元に問い合わせ下さい"、"アクティブでない状態でもそれは生じています"
→ Windowsメモリ診断ツールを使って上記のメッセージが出てきた場合、どういう問題があったのかの表示は無いので、さっぱり判りませんね。

"これは本当に問題が検出されている状態なのでしょうか? 暫くすると問題が自動に修復される可能性はあるのでしょうか?
"、"製造元に問い合わせて解決しますかね?"
→ これも同様にはっきりしませんので、有効で的確な回答が得られるとは思いません。

...続きを読む

Q正常なメモリ4枚差しでのエラーの原因

4Gのメモリを4枚差すと電源が入らず(ファンが回って止まるを繰り返す)、立ち上がってもしばしばブルースクリーンになる、memtest86+ではエラーが出まくる、という症状がでます。
メモリを1~3枚にすると上記エラーは出ず(空けるスロット関係なし)、1枚を2Gのものに変え14Gとするとなぜかエラーは出ません。
メモリを1つずつmemtest86+にかけても個々のメモリーにエラーはなく、スロットを変えてもエラーは出ないようなのでメモリ自体やメモリスロットの問題ではなさそうです。
電源不足かと考え1000wの電源に交換しましたが症状変わらず。
原因として考えられることを教えてください。

OS:win7 64bit home premium
MB:G-tuneでMSI製らしい
CPU:i7-2600
メモリ:CFD PC3-10600 4GB(型番4枚とも同じ)
HD:WD5000AAKX 2台

Aベストアンサー

そのようなトラブルを一般的に相性って言いますが。
1つ1つは問題なくても、それを組み合わせると問題が出る。メモリはその手のトラブルは結構あるんですよ。
ブリスターパッケージ入りの保証のあるメモリでも、たまにそんな症状が出るメモリもありますし。

マザーとメモリの相性なのか、メモリ同士の相性でトラブルが出てるんでしょう。
保証があるなら早めに交換したほうが良いでしょう。ないなら1~3枚で使うか新しくメモリを買うかですね。

QVT-dの有無で何が変わる?

64bitOSを仮想環境で使う際に必要ってこと以外の情報は検索しても出てきません。それだけなんでしょうか?

Aベストアンサー

「64bitOSを仮想環境で使う際に必要」というのはVT-xでは?
それにしても、XenやVMWareがVT-xなどを使わなかった頃にやっていた特権が必要な命令を何らかの方法で別の命令に書き換えるということをやれば、CPUによる仮想化がなくても仮想環境を実現できるので"必須"というのは違うと思いますが。

閑話休題。
> 検索しても出てきません。
...自分は普通にVT-dで検索してこういうのを見つけましたが。(Google検索の1番目と3,4番目)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB_%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC
http://d.ballade.jp/blog/2009/10/vt-d-5321.html
http://cloud.watch.impress.co.jp/epw/cda/topic/2008/08/20/13656.html

Wikipediaにもちゃんと説明してあります。
| ダイレクト I/O 向けインテル VT とは、I/O処理の仮想化を支援する機能。
| VT-dなどのハードウェア的な仮想化支援が無い場合、仮想マシンモニタは、
| I/Oデバイスをエミュレートし、DMAのメモリ領域のリマッピングを行う必要がある。
| VT-dでは、ハードウェア的にDMA転送時のリマッピングを行うようにする。
| この場合、通常のデバイスドライバを使用することができ、利便性や性能が
| 向上することになる。 メモリアクセスはチップセット側の機能であるため、
| 次世代のチップセットで対応する予定である。

DMA転送の場合、OSが言ったアドレスにハードウェアがデータを転送すると思います。仮想化しているとゲストOSが指定した場所は実は他のOSが使っている領域ということもありえるので、ハードウェアからの指定位置への書き込みを許すことができません。
通常は仮想マシンモニターでそのあたりの調整をするところですが、VT-dがあると、ゲストOSには指定場所に書いているように見せつつ、ハードウェアには別のアドレスに書かせるということができるので、DMAを仮想マシンモニターを特に介さずに出来る
ということでは?

要は仮想マシンからのI/Oがより高速になるというのがメリットかと。

「64bitOSを仮想環境で使う際に必要」というのはVT-xでは?
それにしても、XenやVMWareがVT-xなどを使わなかった頃にやっていた特権が必要な命令を何らかの方法で別の命令に書き換えるということをやれば、CPUによる仮想化がなくても仮想環境を実現できるので"必須"というのは違うと思いますが。

閑話休題。
> 検索しても出てきません。
...自分は普通にVT-dで検索してこういうのを見つけましたが。(Google検索の1番目と3,4番目)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB_%E3%83%90%E...続きを読む

Q接点復活材をパソコン内部に使っても大丈夫ですか?

接点復活材スプレー式ですが、パソコンのメモリやハードディスクなどに使っても大丈夫でしょうか?メンボーに付けて使ったらいいのでしょうか?
ネット情報で使っていたのでメモりに使ってみたらパソコンが起動しなくなりました。

Aベストアンサー

>ノートパソコンを無水アルコールに丸ごと漬けてから出して
>数日乾燥させても壊れることはないのでしょうか?
壊れないとの保証は出来かねますね
壊れる確率の方が高いと思います。

マザーボードを取り外してカルキの入っていない水で洗浄して
乾燥した経験はかなりあります、その後組み立てて
100%問題なく動きました。水の方が良いでしょうね。

ホワイトガソリンは部品洗浄には最適ですが
樹脂系にはあまりお勧めではありません、しかし
長時間液にさらさなければほとんど問題ありません。
試さない方が無難でしょうね。

Q違う規格(クロック、周波数)のメモリを付けても可?

(1)
DDR3-1066という指定のあるUPUに、DDR3-800のメモリを取り付けても問題ないですか。

(2)
DDR3-1066という指定のあるUPUに、DDR3-1600のメモリを取り付けても問題ないですか。

Aベストアンサー

(1)メモリ操作速度が下がるだけです

(2)問題ないがエクスペリエンス7.6だとしてDDR3-1600をつけたとしても
   DDR3-1600に対応したCPUでなければ体感はしにくい

ただDDR3にDDR3-800はないのでDDR2の方だよね、LGA775マザー対応マザーなら
取り付けられるだろうけど1155には取り付けられません、そもそも規格外ですし。

QWindows10 bsod MEMORY_MANAGEMENT ブルースクリーン

PCにお詳しい方に質問させていただきます。

最近自宅のデスクトップPCでブルースクリーンが多発しています。
主にクロームで動画を見ている時やオンラインゲームをしている時にブルースクリーンになる事が多いように思います。

ブルスク時の停止コードが毎回同じではなく、
MEMORY_MANAGEMENT
faulty_hardware_corrupted_page
system service exception
等のメッセージが出現して再起動します。

調べたところ、これらのエラーはメモリに何らかの不具合が起きている可能性な高い事までは理解しました。

メモリ診断(エラー見つからず)、復元ポイントへの復元、メモリの抜き差し、pc内の掃除、グラフィックドライバのアップデート等行いました。

結果ブルースクリーンになる頻度は減ったように思うものの、未だ安定して動作しません。
そこで、
①これらのエラーはメモリに不具合、破損などが起きていると考えて良いと思いますか?

②メモリを交換する事でこれらの症状を解決する事が出来ると思いますか?

③メモリを交換する前に、他に試すべき事はありますか?

ちなみに最近新しく入れたソフトや繋げたデバイス等はありません。

PCに疎く自分で原因を特定する事が出来ませんので、どうかお知恵を拝借願えませんでしょうか?

よろしくお願いします。


PC

OS:Windows10
CPU:Core i7 3700
グラフィックボード: nVidia gtx960
メモリ8gb

PCにお詳しい方に質問させていただきます。

最近自宅のデスクトップPCでブルースクリーンが多発しています。
主にクロームで動画を見ている時やオンラインゲームをしている時にブルースクリーンになる事が多いように思います。

ブルスク時の停止コードが毎回同じではなく、
MEMORY_MANAGEMENT
faulty_hardware_corrupted_page
system service exception
等のメッセージが出現して再起動します。

調べたところ、これらのエラーはメモリに何らかの不具合が起きている可能性な高い事までは理解しました...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.2 です。

Memtest86+ でエラーが出たと言うこと、了解です。開始と同時に出たということは、低いアドレスからエラーが出たと言うことですので、普通に使っていてもブルースクリーンになるでしょう。メモリテストは、低いアドレスから高いアドレスに向かって、各種のデータを読み書きしながら順番に行われますので、たまにエラー出る場合は、高位のアドレスにエラーがある場合が多いです。アプリケーションを沢山起動して、メモリをより多く使う場合などですね。

複数枚メモリを搭載している場合は、1枚づつテストしてエラーを出しているメモリを特定します。交換するのは、同ブランドのものが入手できるなら、それが一番良いですが、そうでなくても、DDR3 では殆ど相性は出ませんので、規格が同じものであれば大丈夫です。

また、念のためエラーの出なかったメモリを使って、メモリスロットを全部テストして、エラーが出ないことを確認しておくと、万全になります。エラーは、メモリばかりではなく、メモリスロット側に不具合があっても発生しますので、その確認も行く訳です。

後、確認してほしいのが、メモリのカードエッジなどの汚れがないかどうかです。油脂などが付いていると、時間とともに酸化して接触不良の原因になります。これを防止するために、静電気に注意しながら、無水アルコールなどで拭いたりします。また、メモリの抜き差しを何回か行って、電極面の酸化被膜を削り落とすのも、効果があるがあるでしょう。

ANo.2 です。

Memtest86+ でエラーが出たと言うこと、了解です。開始と同時に出たということは、低いアドレスからエラーが出たと言うことですので、普通に使っていてもブルースクリーンになるでしょう。メモリテストは、低いアドレスから高いアドレスに向かって、各種のデータを読み書きしながら順番に行われますので、たまにエラー出る場合は、高位のアドレスにエラーがある場合が多いです。アプリケーションを沢山起動して、メモリをより多く使う場合などですね。

複数枚メモリを搭載している場合は、1枚づつ...続きを読む

Qメモリチップの片面と両面

全く同じタイプで全く同じ容量、全く同じチップで出来てるメモリでも片面タイプと両面タイプがありますよね?
あれって何か他に違いがあるんでしょうか?店の人には「ただ片面にチップが乗ってるか両面に乗ってるかだけの違いですよ」って言われたんですけどそれなら別にどっちかの種類だけでも良いのでは?どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

片面、両面かなり違いがありますよ

例えば片面の256MBのメモリだとチップの数が
256ビット(32MB)×8となりますが
両面256MBのメモリの場合は128ビット(16MB)×16
となります。つまり同じ容量で片面と両面ではメモリに
搭載されているチップの数と容量が違うのです。
マザーボードによっては256ビット(32MB)のメモリは
認識されないとかありますので購入する際は
自分を使っているマザーボードの種類を確認してから
購入するとよいと思いますよ
(ちなみに440BX系のマザーボードでは
256ビットメモリは使えませんので
もし256MBのメモリを増設する際は両面の1チップ
128ビット(16MB)のメモリを選んで購入すると
よいかと)

参考URL:http://plaza13.mbn.or.jp/~uzuneko/bangai20010410.html


人気Q&Aランキング