個人事業の青色申告です。前年度の申告で事業の現金を普通預金へ入れたのを入力していなかったため
期末残高の現金分と普通預金の金額の値が間違っておりました。
そのため、今年の申告で前年度から引き継いだ期首残高の現金分と普通預金分が間違っているため
期末残高の現金と、普通預金の金額が実際の通帳記帳と合わず、おかしくなっております。
どのように修正したらいいのでしょうか? 今年の期首残高は去年のデーターを元にソフトで自動で入力されていますが、期首残高を実際の通帳の値に合わせていいのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。
    現金分を普通預金へ移動したというのを今年の申告の中に入力して
    修正(金額調整)はできなのでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/02/25 14:34

A 回答 (1件)

>前年度の申告で事業の現金を普通預金へ入れたのを入力していなかったため…



それは、一昨年分の「青色申告決算書」(の貸借対照表) を作り直して差し替えです。
納税額に更正は出ませんが、一種の修正申告です。

>期首残高を実際の通帳の値に合わせていいのでしょうか…

どんなソフトをお使いなのかお書きでありませんが、一昨年分の訂正など今さらできないソフトなら、ソフト上はそのままにしておいて、手書きで一昨年分の「青色申告決算書」を作り直し。

その上で、去年分を実態に合わせてソフト上で訂正します。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金期首は加算期末は減算、買掛金期末は加算期首は減算の意味?

個人事業主の場合、売掛金は期首は加算、期末は減算、の意味
         買掛金は期末は減算、期首は加算、の意味?
決算書を作成しております。いそいで・・青色申告の説明会で聞いたのですが
期首は1月1日とわかります。そして期末は12月31日とわかりますが。
決算書を作成する場合、恥ずかしい話ですが、税務署員の説明では
素人の私たちには理解できない部分があります。専門用語は辞書を調べれば
わかりますが、理論的に簡単に素人にもわかりやすく説明していただきたい。
なるべく具体的にこのような質問をしておかしいでしょうか?
誰か、わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

う~む、青色申告のどの部分の説明でこの話をお聞きになったのでしょうね。それすらもお分かりにならないのでしょうか?
簿記の基礎知識はありますか?
現在の記帳方法は複式簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記のどれでしょう?
質問文にある計算式をお聞きになったということは、おそらく簡易簿記か現金式簡易簿記ではないかと思います。

『期首残高 + 期中発生高 - 期末残高』
おそらく売掛金勘定、買掛金勘定の計算のことだ思うのですが、この計算によって求められる金額は、それぞれ、(1)期中に決済された(支払いを受けた)売掛金の額、(2)期中に決済した(支払った)買掛金の額です。

<売掛金の場合>
元々期首からあった売掛+期中に掛売した額-期末に残った売掛=期中に無くなった売掛
(↑説明会でお聞きになった計算です。よーく考えてみてください)

では、売掛金が減る場合とは?
貸し倒れや掛売りした商品が返品された場合など例外がありますが、基本的に売掛金が減るのは支払いを受けた場合です。

<買掛金の場合>
元々期首からあったツケ+期中にツケで仕入れた額-期末に残ったツケ=期中に無くなったツケ
(↑説明会でお聞きになった計算です。よーく考えてみてください)

では、ツケが減る場合とは?
ツケで買った商品を返品した場合など例外がありますが、基本的に買掛金が減るのはツケを払った場合です。

<補足>
これらの数字は直接的には今述べた額を示しますが、仕入帳や売上帳を使わない簡易簿記や現金式簡易簿記の場合、期末の決算書作成に必要な仕入、売上の額を算定する材料となります。

*現金売上高+決済された売掛金=売上高

*現金仕入高+決済した買掛金=期中仕入高
期首在庫+期中仕入高-期末在庫=売上原価

ちょっと分かりづらいかなぁ・・・。
*細かい部分は無視しました。特に<補足>の計算は、必ずしもこうなるとは限りません。

う~む、青色申告のどの部分の説明でこの話をお聞きになったのでしょうね。それすらもお分かりにならないのでしょうか?
簿記の基礎知識はありますか?
現在の記帳方法は複式簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記のどれでしょう?
質問文にある計算式をお聞きになったということは、おそらく簡易簿記か現金式簡易簿記ではないかと思います。

『期首残高 + 期中発生高 - 期末残高』
おそらく売掛金勘定、買掛金勘定の計算のことだ思うのですが、この計算によって求められる金額は、それぞれ、(1)期中に決...続きを読む

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q(明日午前中締切なのでどうか助けてください)弥生会計07 期末と翌期首残高の繰越ミス

弥生会計07プロフェッショナルについて質問です。
弥生を使用するのは初めてでサポートにもはいっていません。
どう対応したら期首残高が合うのか教えてください!

会計期間が新しくなり、今期10期分を繰越処理完了
⇒その後で翌期11期を入力開始
⇒提出日前日の今日になってチェックした結果、一部の11期の期首残高が10期末残高と不一致である事実を発見。期首の月の試算表を締めた際には資産や負債の残高はチェックして合っていたので不一致は一部のみなようです。

最後に入れた何本かの決算修正が繰越データ処理されていないと思われます。バックアップはとってあります。10期のデータを動かさずに11期の入力済みの仕訳(2か月分)をインポートするなど方法はあるのでしょうか?期首残高を合わせるために仕訳をきると11期の数字が当然ずれるので困っています。よろしくお願い申し上げます!!!いい方法ご存知の方、助けてください(;_;)

Aベストアンサー

要は、「10期の期末残高を11期期首に再移送したい」ということですか?

もしそうであれば、簡単にできます。

1.ファイル→年度切り替えで10期に移ります。
2.ファイル→次年度更新 を行います。
これで終わりです。

Q期末に銀行預金残高と会計帳簿残高が異なる

期末に銀行預金残高と会計帳簿残高が異なる場合は、銀行残高になるように修正処理を行えばよろしいでしょうか

Aベストアンサー

差異が生じる原因さえ把握していれば銀行残高に合わせる必要はありません。

Q会社通帳からの現金引出しに理由は必要ですか?通帳残高=会社の持ち金?

こんにちわ。有限会社を経営しております。会社の通帳に入っている現金を引き出した場合、その現金で必ず何か会社に必要なものを購入したり給与その他の支払いをしなければいけないのでしょうか?引き出して現金として持っていることはいけないことなのでしょうか?また、通帳から引き出した場合、現金出納帳にはどう書いたらよろしいのでしょうか?また、通帳の残高が会社の持ち金ですか?現金として会社のお金を持っていることはあまりしてはいけないことなのですか?アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

会社の資金を銀行預金にしておくか、現金で手元に置くかは全く自由です。
全額銀行預金にしておくと、日常の経費の支払の度に銀行へ行く手間がかかり、全額を現金で手元に置くと盗難などの心配があります。
預金を引き出したから、必ず何かを購入する必要は有りません、予備の現金として手元に置くことが出来ます。

一般的には、小口現金制度という方法で、一定額の現金を手許に用意し置き、日常の経費など支払いに充当します。
残高がなくなったら、銀行から引き出して補充します。
小規模な場合は、あえて現金と小口現金を区別する必要は有りませんから、現金勘定一つで管理します。

銀行から現金を引き出した場合は、現金出納帳の摘要欄に「銀行預金引出し」として入金欄に金額を記帳します。

なお、お近くの商工会か商工会議所へ行くと、記帳などの相談と指導を無料で受けることが出来ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報