去年の検診で悪玉コレステロールが180ありました。他は問題なしでした。
引っ越しなどで自分ではわからないうちにストレスがあったからかなと
思ったりしますが、やはり病院の薬を飲まなくてはいけない状態でしょうか?
他に運動する以外に何かいい方法がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あまりにも私自身と同じで、人ごととは思えず、素人ですが回答させて頂きます。


先に言うと、もし本当に私と同じであれば、あまり良い話ではありません。

まず、健診のお医者様はなんて仰っていましたか?
3ヶ月後にもう一度再検査をと指示しませんでしたか?
もしかするとご家族に動脈硬化や動脈硬化が原因でおきる心筋梗塞や脳梗塞の既往歴について聞いたりはしませんでしたか?
「ほかは問題ない」とのことですが、質問者さんの体重と体脂肪率は同世代平均と比べてどの程度ですか?

血液検査でほかに何も問題はないし、体重、体脂肪率も問題ないのにも関わらず
悪玉コレステロールつまりLDL-Cだけ180以上の場合、家族性高コレステロール血症(FH)の可能性が非常に高いです。
家族性とは、親から受け継いだ遺伝により何もしなくても悪玉コレステロールだけ高い体質に生まれついたという意味です。

診断基準が書いてある日本動脈硬化学会のページを貼っておきますね。
http://www.j-athero.org/specialist/fh_s.html
こちらのページによると
>表1. 成人(15歳以上)FHヘテロ接合体診断基準
>1.高LDL-C血症(未治療時のLDL-C180mg/dL以上)
>2.腱黄色腫(手背、肘、膝などの腱黄色腫あるいはアキレス腱肥厚)あるいは皮膚結節性黄色腫
>3.FHあるいは早発性冠動脈疾患の家族歴(2親等以内の血族)

です。
医者や医療機関によって目安は多少違うようです。
たとえば、1.については総コレステロールで250~260以上でLDLがHDLより40より多い、
LDL-Cが140以上、などです。
ですが、LDLだけ異常な高い値で、二親等以内に平均よりも若く心臓疾患の既往歴を持つ人がいる場合、ほぼ決定的だそうです。
「平均より若く」の目安は、男性なら55歳以下、女性なら65歳以下と聞きました。
引っ越しのストレス程度でLDL-Cだけ高くなるとは考えにくいです。
質問者さんのご家族はどうですか?

ちなみに私は診断されたきっかけになった健診でLDLが184でした。
医者は、あなたは体重も下限だし、その若さと他の数値も考えると184というのは極めて悪い数字だ、といいました。

もし診断が確定したなら治療に入りますが、FHは生まれつきLDLを代謝する能力が
低いために起こる病気なので、運動や食事だけではほぼどうにもなりません。
食事や運動が功を奏するのは暴飲暴食で脂質異常症を患った人だけです。
もちろんだからといって何を食べてもいいとか、運動しなくてもいいというわけではありません。
一次治療として食事と生活習慣の改善、運動を義務づけられるはずです。
なぜなら運動や食事療法で下がることはなくても、脂っこいものを食べたり不摂生で上がりはするからです。
なので、家族性高コレステロール症だと確定した場合、LDLが高い状態がある一定以上続くようであれば即投薬治療になります。
体質なのですから、服薬を止めればまたLDLだけ上がります。
ですので、ご質問への答えはイエスです。
すぐか、いつかはともかく服薬が必要になりますし、生きている間はずっと飲むことになります。
私を診てくださったお医者さまは、20代、30代だと一生薬を飲むことに抵抗を示す方が多いが、
できるだけ早いうちに診断を受け、飲み続けられるほうがよっぽど良いことだ、と仰っていました。

家族性高コレステロール症には、両親から引き継いだホモ型と、片親のみから引き継いだヘテロ型があります。
LDLの数字を見る限り、質問者さんが可能性があるのはヘテロ型のほうです。
このタイプは投薬が有効です。
高LDL-Cは動脈硬化を引き起こす極めて強力な要因です。
そして動脈硬化は脳梗塞、心筋梗塞、その他致命的な疾患につながります。
ある意味では、医学が進んだこの時代に生まれ、効果のある薬を飲ませてもらえる国に生まれたことはとても幸運です。

家族性高コレステロール症の人は、未治療のままでか服薬していてもかはわかりませんでしたが、
統計を見る限り7割以上で男性なら60歳、女性なら70歳までに死亡しています。
普通の体質の人よりも、この世から早くさようならするということです。とてもさびしく、悲しい。
質問者さん、まず、できるだけ早く大きな病院の内科、できれば脂質異常症(2007年以前の名称は高脂血症)に力を入れている病院で再検査を受けてください。
その際、健診の結果を持参し、「LDLだけ高いので再検査するように言われました」とお伝えください。
ついでにABI検査など受けられると良いと思います。

たとえFHでなかったとしてもLDLが基準値以上というのはできるだけ早く改善するべき状態です。
なので、ご自分でもLDLを下げる生活習慣をお調べになって実践なさってくださいね。

まあ、まだ診断が確定したわけではありません。違ったなら、運動を始めて食事に気をつけて長生きなさってください。
ですがもし、FHだと確定したら、そしてご結婚なさっていたら、あるいはこれからご結婚なさるにしても、
お子さまにも遺伝する確率が2分の1であります。
高コレステロール症は常染色体の優性遺伝ですので男女問いませんし、
質問者さんの高コレステロール症のほうの遺伝子を引き継いだら確実に発症します。
もしもうお子さまがいらっしゃるのなら、できるだけ早いうちに、お子さまのことも気にかけてあげてほしいです。
高コレステロール症が遺伝しているかどうか医者の診断を仰ぎ、遺伝していたなら、
濃い味付けや肉食を避け野菜・魚・豆類、きのこ・海藻類が豊富な食事を好むよう誘導してあげてほしい。
そして自分の体質のことを伝えて、できるだけ早いうちに備えられるようにしてあげてほしいです。

私の父は40代半ばで心筋梗塞と診断されていたはずです。
その時、父が、遺伝性ならば子どもたちにも可能性があるということに気がついてくれていれば…
私に、40代半ばで心筋梗塞というのは遺伝性の可能性が高いという知識があれば…。
いろんなことを考えます。
なので、お忙しいだろう折り、長文で恐縮ですが、
FHの可能性のことを知って頂きたく思い、回答させて頂きました。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

とてもていねいなお返事ありがとうございます。おそらく私の場合は家族性ではなさそうです。両親とも私と同じ年代の頃は正常値だったので。今は両親とも80代と高齢なため加齢が原因で高くなってるので薬飲んでいますが・・生活習慣だろうと思われたので最近食生活をすべて見直し運動も取り入れて様子をみています。数か月でまた検診があるので数値が戻っていたらと希望を託しています。変わらなければその時は考えたいと思います。お大事になさってくださいね。

お礼日時:2015/03/07 19:56

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高値の場合は心筋梗塞等の発症する危険性が高く是非コントロールをお勧めします。


今回初めて異常値を指摘されたのならば、まずは定期的な再検査をお勧めします。
食事の種類、カロリー、運動(改まって「運動」をしなくても、毎日少し多めに歩くという習慣だけでも良いのです)、体重のコントロール等に気をつけて生活していると、いずれかに問題がある人は改善する事が多いと考えられます。
明らかに改善傾向(悪玉コレステロール値が低下傾向)にあれば様子を見てもよいかもしれません。
先に述べた生活習慣の改善をしながら再検査して改善傾向が無ければ、高脂血症の治療薬の服用をお勧めします。今までに何回も指摘をされていたのならば、今すぐ治療を開始するべきです。
適切な生活習慣及び体重にもかかわらずLDL等、悪玉コレステロールが高値の方もいます。体質によるかもしれません。同様に高脂血症治療薬服用をお勧めします。
他に糖尿病、高血圧などの疾患がある方は高脂血症の治療はより必要です。
いろいろとサプリメントもありますが、医療機関で処方される治療薬は科学的統計的に効果が証明されており、製薬メーカーが具体的に効果を数値で公表しており、中には善玉コレステロールの上昇効果のある薬もあります。基本的には医療機関で処方されれるお薬が最も効果的でしょう。
ところで、医師は薬の効用や生活習慣病の恐怖ばかり唱えますが、健康であることの有難さをなかなか教えてくれません。
悪玉コレステロールが高くて、血管が詰まって病気になるのも運命なのだ、だれにも迷惑はかけない、という考え方もあります。
最終的には御自身の健康に対する考え方がすべてだと思います。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

野菜を多く摂ったり運動したり豆乳や海草類を多く取り入れて今までと全く違う食生活にすることにしたのですこしでも改善されるといいなと思ってます、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/07 19:54

運動する以外には、食生活の改善が1番だと思います(^O^)


1日3食きちんと食べる事が大事だそうです!
バランスの良い食事であっても食べ過ぎはよくないのと、
アルコールの飲みすぎもよくないみたいです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/07 19:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脂質異常症・高脂血症・脂質代謝異常のまとめページ

    脂質異常症(高脂血症)とはどんな病気か  血液中の総コレステロールやLDLコレステロール、中性脂肪が増加したり、HDLコレステロールが低下した状態をいいます。将来動脈硬化(どうみゃくこうか)を引き起こす状態です。 原因は何か  遺伝による原発性高脂血症(げんぱつせいこうしけっしょう)と、肥満症や糖尿病等の疾患に伴う二次性高脂血症(にじせいこうしけっしょう)があります。腎(じん)疾患や甲状腺(こうじょうせん)疾患などでも脂質異常症を伴います。原発性高脂血症の主なものは、家族性高コレステロール血症と家族性複合型高脂血症です。 症状の現れ方  一般に無症状で、検査で発見されます。したがって、小児期の脂質検査は重...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコレステロールと薬について

コレステロールと薬について

うちの母63歳は、3年前からコレステロール0の薬(クレストール2.5)を服用しています。
どうやら夜寝る前に飲んでいるようです。

以前は総コレステロールが 289 と高く

HDLは51でした。

現在は薬により 総コレステロール 167 LDLコレステロール 95 HDLコレステロール 53 となっています。

あと糖尿病予備軍なのと高血圧の薬(ブロブレス錠4)を飲んでいるようです。

最近、少し元気がなくなり、たまに頭がふわふわするなのどの体調不良があるようなんです。
原因としてコレステロールのが低すぎるからということはないのでしょうか?

もしそうならコレステロールの薬をやめたほうがいいのでしょうか?

高血圧の薬がよくないのでしょうか?

わかる方がいらしたらアドバイスお願いいたします。mm

Aベストアンサー

クレストールの副作用に,頭痛、浮動性めまいが記載されています. http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2189017.html

ブロブレス錠は,特に飲み初めに、めまいや立ちくらみを起こし易いです。副作用としてめまい、ふらつき、立ちくらみがあります. http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen21/sen2149040.html

一度先生に相談されると良いですね.

最近,コレステロールの新基準が出ました.
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070608ik13.htm

Q悪玉コレステロール、尿酸値が高い、30代男性です。

悪玉コレステロール、尿酸値が高い、30代男性です。

先日、主人が健康診断を受け、悪玉コレステロール(232)、中性脂肪(168)、HDLコレステロール(56)、LDLコレステロール(154)、尿酸(7.9)でした。


主人は、180センチ、68キロで、かくれ肥満なのでしょうか?


食事療法、運動不足解消…なにが大切でしょうか?

水分は毎日たくさんとるようにして(ここ1年くらい)、肉系は少し控えめにしていますが、ここ数年
数値に変化はあまりまりません。

なにか起こってからでは遅いので、改善していってもらわないと困ると思い、みなさんにアドバイスを頂きたく書き込みしました。


もっと、体重を落とすべき、や、○○を摂ったほうがいい、や、運動したほうがいい、など、
なんでもかまいません。アドバイスをお願いいたします。


どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

体重をこれ以上落とされるのは、逆に危ないと思いますし、たぶん数値減らないのは
食事が偏っているからだと思えます。

肉食をかなり抑えていると思われますが、肉も食べ過ぎなければ体には必要な栄養なので、
数値が高いのは肉を抑えている事が原因とは思えます。
極端にとは言いませんが、確実に数値を抑える事を望まれるのであれば、
野菜の美味しい食べ方などを実戦成されては如何でしょうか?

それと、運動も極端に言えば、軽いストレッチ程度を数週間してから、
水泳やマラソンなどをなされた方が良いと思います。
体重が少ない方が良いとは言いますが、180センチで70キロも無い状態で、
過度な運動やダイエットは、生命を危険にしてしまう可能性があります。

Q悪玉コレステロールのLDLコレステロールを下げる薬って何がありますか? どの薬がお勧めですか?

悪玉コレステロールのLDLコレステロールを下げる薬って何がありますか?

どの薬がお勧めですか?

医者でも薬局でもドラッグストアの商品でも良いです。

薬で悪玉コレステロールを下げたいです。

Aベストアンサー

薬は 腸内細菌をころします
http://kenkouiji.info/?p=969  腸内フローラ NHKスペシャルまとめ  

これを必ず読んでください。 
医学の常識をひっくり返す発見が出続けています。

https://www.youtube.com/watch?v=Iw6ZifH5-aQ 添加物でハンバーグをつくる!

添加物、安全と思い込んでいる市場にふつうに出回っている商品
 日本は 様々な利権が絡んで、 食の安全の対処が遅れています。

普段摂取する食べ物にこそ  
まいにちの積み重ねとなり その量は膨大になりますし気を遣うべきです



 薬っていうのは薄めた毒物であり、その副作用を利用しているという認識をわすれないでください。
また製薬会社という存在、どういったものであるのか
 こちらのドキュメンタリーをみて しっかり把握したほうがいいですよ
   https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

Q悪玉コレステロールを下げるには

LDL(悪玉)コレステロールの値が、139で基準値より若干オーバーしました。
ここ10年くらい、基準を若干下回ったり、超えたりを繰り返しているのですが、
効果的に下げるにはどうしたらいいでしょうか?

体型は普通(156cm・45kg)で、お酒はほとんど飲まず、喫煙もしません。
コレステロールの高い食品を多く取っている気もしないのですが…。
HDL(善玉)コレステロールは78で、中性脂肪は31です。
中性脂肪については低すぎということでB判定を受けることもあります。

治療するほどではないみたいですが、ひっかかって面倒なので
下げられる方法があったら知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

食生活の改善でしょう+適度な運動は必要でしょうけど。
http://shimane-ud.org/ldl03.html
何より腹八分目の食事!
食事量を減らしていると次第に胃が小さくなってきて、自然に食事量が減ってきます。
漫然と習慣になる間食が一番のくせ者です。

Qコレステロール薬について

 62歳女性です。宜しくお願いします。
総コレステロール・・・255
HDL・・・99
LDL・・・144
中性脂肪・・・59 です。
その他内科的治療はしていません。血液検査の結果、上記の数値でしたが、私はコレステロールの薬は飲まなくても良いのでしょうか。コレステロールの治療薬はどのくらいの数値になったら処方されるのでしょうか。詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

LDLコレステロール値について、健康な65歳、女性の正常値は140mg/dL未満です。
ですから、ほんの少しだけ高いですね。

LDLコレステロール値が高くなるに連れて、動脈硬化性疾患になる危険度も高まることは広く知られています。
LDLコレステロール値がほんの少し高いだけでは、それほど怖くはありません。
しかし、糖尿病、動脈硬化性疾患の家族歴、高血圧症、喫煙などの他因子が重なると、さらにその危険度が高まります。
とくに糖尿病を合併していると、いっきに危険度が高まります。
治療が必要な場合、医師から食事療法と運動療法が指示されます。
3~4カ月後、改善が認められない場合は薬物療法が始まります。

そこで、内科クリニックを受診し動脈硬化性疾患になる危険因子がないかをチェックしてもらうことをお奨めします。
危険因子を評価し管理していくことは、動脈硬化性疾患を予防するために大切なことです。
いらぬ心配はストレスを生みます。
安心するためにも、受診してみてください。
このような機会を利用し、かかりつけ医をつくっておけば、後々便利なことがありますしね。

参考URL:http://www.kenkoigaku.or.jp/html/eiyo/eiyo1302.html

LDLコレステロール値について、健康な65歳、女性の正常値は140mg/dL未満です。
ですから、ほんの少しだけ高いですね。

LDLコレステロール値が高くなるに連れて、動脈硬化性疾患になる危険度も高まることは広く知られています。
LDLコレステロール値がほんの少し高いだけでは、それほど怖くはありません。
しかし、糖尿病、動脈硬化性疾患の家族歴、高血圧症、喫煙などの他因子が重なると、さらにその危険度が高まります。
とくに糖尿病を合併していると、いっきに危険度が高まります。
治療が必要な場合、...続きを読む

Q高コレステロール・・・50代前半

 お世話になります。
5月健診にて、高コレステロール!病院にて治療する様言われました。
(健診前日、飲酒あり)
で、6月掛かり付けの病院にて受診・薬を薦められ、一番軽いのを就寝前1錠、服用します。
 参考までに 5月 総コレステロール 268   6月  267
                中性脂肪   88         57
                HDL      83         69
この6月の、中性脂肪、HDLの変化は、どう言う事なのか?
病院で聞けば良かったのですが(時間が無くて)
丁度、ガン・医療保険に入る予定だったのですが、常備薬を飲んでいれば、保険に入れないのでは?との不安があり、又、今まで病気など無縁だった為、薬が放せない体になっている自分を、どうしたものかと・・・
大げさですが、心の整理がつきません。
高コレステロールと、どう付き合って行けば良いのか、教えて下さい。
カテ違いになりますが、保険は入れるのでしょうか?
コレステロール以外、悪い所はありません。
健診前日の飲酒(反省してます)の為、高いと思っていたのですが、常時で高いのが決定となり、戸惑っています。
 どうか宜しくお願いします。

 お世話になります。
5月健診にて、高コレステロール!病院にて治療する様言われました。
(健診前日、飲酒あり)
で、6月掛かり付けの病院にて受診・薬を薦められ、一番軽いのを就寝前1錠、服用します。
 参考までに 5月 総コレステロール 268   6月  267
                中性脂肪   88         57
                HDL      83         69
この6月の、中性脂肪、HDLの変化は、どう言う事なのか?
病院で聞...続きを読む

Aベストアンサー

私も高脂血症と言われて久しいのですが、昨年の健康診断で、総コレは235でした。その前は265と言われ、食事療法を薦められました。
実際には、何もしなくても、235まで落ちましたので、???という感じではありますが。
中性脂肪とHDLは正常範囲内でしたので、問題は血管内のコレステロールだけでした。

ようするに、検査値は、常に変化しているもので、普通に生活していても変化はあります。だからこそ、正常値範囲があるのであって、中性脂肪やHDLのご指摘の変化にはあまりこだわる必要はないと思います。

なお、ヨーロッパの学会の研究発表では、総コレ235~275の人の癌発生率は、総コレ正常値の人に比べてはるかに低いとされています。
コレステロールが癌の発生に影響があるということのようです。

ご質問の中での検査値であれば、保険の審査も大丈夫です。
なんら問題はありません。ただし、国内会社の場合です。

Q高コレステロールで薬を飲んだ方がいいですか?

25歳、独身女性です。
会社の健康診断で高コレステロールと診断されました。
遺伝的なものと分かっていますが、総コレステロールが352、HDLが85、中性脂肪が21、BIMは18.7です。

病院にも行き、1ヶ月食事に気を付けましたが総コレステロールは300を切りません。そこで薬で数値を下げるとすれば、一生涯飲み続けなければならない薬を今から飲み始めた方がいいのでしょうか?妊娠&授乳中は服用を止めなければならないとの事で、結婚を考えると少し抵抗があります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的にはコレステロールは食事療法より運動療法の方が効果的です。又コレステロールが1%下がると心筋梗塞の危険は2%下がるとも言われています。

さて質問者さんの年齢でこのコレステロールレベルですと確かに家族性の高コレステロール血症の可能性が高いと思います。この場合残念ながらご自分で行う食事療法、運動療法にはかなり限界があります。

血の繋がったご家族に、かなりお若くして心筋梗塞、脳血管障害になられた方がおられるのでしょうか?もしおられるならばより厳しいコレステロールのコントロールが必要でしょう。

最近は頚動脈エコーやPWV等の検査で血管の動脈硬化の推移がある程度判定できます。全ては主治医の先生と良く相談をして、薬を服用しない場合のリスクなどをよく聞かれて納得して治療される事だと思います。

>病院の先生と相談しているのですが、この年齢から服用した例がないとの事で、色々調べて頂いている段階です。

患者さんの質問に調べてきちんと応えてくれる医師ならば信用をして良いのではないでしょうか。

Q総コレステロール値が1番は高かった…

更年期の治療で3年前から心療内科に月一で通院しています。

2月に血液検査をしました。3月下旬に検査の結果を聞きました。
(総コレステロール値です、善玉菌・悪玉菌は低いでした。)
今まで244~250の範囲を超え、286と高数値が出ました。
主治医は「300になれば投薬します」と仰っていました。
他の内科に行って調べたほうがいいのか考えています。

参考
13年前に子宮体癌で子宮と両卵巣除去。
ホルモンの影響もあり。母方は数値高め。
飲酒、タバコは飲みません。
甘党、スナック菓子が大好き。
肉は嫌いなほうで脂身は除去。

Aベストアンサー

初めまして。

医師が「300になれば投薬します」とおっしゃっているなら、そこにお任せした方がよろしいかと思います。「善玉菌・悪玉菌」とは善玉コレステロール、悪玉コレステロールのことかと思いますが「低いでした」というのは「問題なかった」という意味ではないのでしょうか。

コレステロールは便宜上「善玉」「悪玉」に分類されていますが、実はどちらも体に不可欠なものであり「善玉」が多すぎてもいけないし「悪玉」が少なすぎてもいけないものなのです。要は「善玉」「悪玉」のバランスが大切です。医師はそのバランスを見て判断したと思われますので、次回の通院時まで待たれた方が時間とお金の無駄にならないと思います。

甘いものや肉の脂身はコレステロールとは無関係です。(中性脂肪には関与します)

どうぞお大事に。

Qコレステロールを下げる薬について

はじめまして。一つ質問させてください。
うちの母がコレステロールを下げる薬(ローコールカプセル)を飲んでいます。
ある日、母が「コレステロールの薬を飲んでいるのに全然痩せない。」
と言い出しました。
「お薬は痩せるためではなく、血液中のコレステロールを下げるためのもので、
痩せるためには、運動したり、食事を変えたりしないといけないんじゃない。」
というふうに説明しましたが、
「コレステロールが減れば痩せるでしょ。」
といってなんだか納得してくれません。
私も脂肪や肥満、高脂血症、そのお薬についてなど色々調べたのですが、
母になんと説明していいのか分かりません。
なにかわかりやすい説明の仕方があれば、教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。
それと、高脂血症のお薬で痩せることもあるのですか?
その点も伺いたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 コレステロールと脂肪を混同されているわけですか(笑)

 コレステロールというのは、血液の中にあります(厳密にはそうとは限りませんが)。
 それに対して、肥満の原因である脂肪は、「脂肪細胞」という細胞の中にあります。

 よって、これらはぜんっっっぜん別物であり、コレステロールが減れば痩せる、ということはありません。
 よしんば痩せたとしても、それは体質や環境などの偶然が重なった結果であり、「こうすれば痩せる」というものではないのです。

 ……とまあ、こんな説明で納得してもらえそうですかね?(^_^;

Q血中コレステロールが高い人のプロテイン摂取時の注意は?

皆様

どうぞ宜しくお願いします。
最近仕事のストレスで、体重が激減してしまいました。
以前の体型としては身長162cmの体重58~62kgの辺りをうろうろとしていましたが、ここ4ヶ月で体重が53kg(時には52kg)まで減ってしまいました。
当然、病気の疑いも有り、病院に行きましたが、特に異常はなく、食欲も以前程では無いですが、それなりに有ります。
ストレスによる不眠や、その他の原因での体重減少かと思っております。
※以前も同じ様な事が有りました。

体重が減少すると、身体が冷えたり、体力が落ちたり、スーツが着れなくなったりと、色々と困った事になっております。

そこで体重の増加を考え、プロテインを摂取しようかと考えていますが、ここで一つ不安なのが、私の血中コレステロールの高さです。
私は健康診断時に必ずといって良い程、血中コレステロールの高さを指摘され、再検査を行ったりしています。
医者曰く、卵をなるべく控え、魚をたくさん食べなさいとの事。

しかし、体重を増やさない事には色々と不便が有るため、プロテインの摂取を考えています。
私の様にコレステロール値の高い人間にプロテインの摂取は適しているのでしょうか?
摂取によって更にコレステロールが増え、身体にとって好ましく無いので有れば、止めようかと考えております。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら、是非ともご教示頂ければ幸いです。
何卒宜しくお願いします。

皆様

どうぞ宜しくお願いします。
最近仕事のストレスで、体重が激減してしまいました。
以前の体型としては身長162cmの体重58~62kgの辺りをうろうろとしていましたが、ここ4ヶ月で体重が53kg(時には52kg)まで減ってしまいました。
当然、病気の疑いも有り、病院に行きましたが、特に異常はなく、食欲も以前程では無いですが、それなりに有ります。
ストレスによる不眠や、その他の原因での体重減少かと思っております。
※以前も同じ様な事が有りました。

体重が減少すると、身体が冷えたり、体力が...続きを読む

Aベストアンサー

NO.3です。
自律神経失調症は、内臓や器官の病変によるものではないので病院で検査をしても「異常なし」です。

自律神経系の様々な種類の自覚症状なので症状のあらわれ方が非常に不安定です。

また、遺伝体質、性格、ストレスの感受性により症状の出方も様々であると言われ、治療は心身両面から柔軟に行うことが必要です。

ちなみに専門は診療内科ではなく心療内科…


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報