基礎パッキンがズレていますが

これは普通でしょうか?

次回の打ち合わせの時に

工務店の担当者にも聞いてみようと

思いますが、教えて下さい

「土台 基礎パッキンのズレについて」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

えぇ!これは…きちんと工務店に言ってくださいね!


また、質問者さんは女性でしょうか?
もしそうならばご主人や男性も連れて必ず言った方がいいですよ!

あと誤魔化されそうとありますがネットで
「土台 基礎パッキン」で画像検索したら同じような土台の画像が出てきます。
出てくる画像はどれもきちんと揃っています。
その画像を見せて普通はこのレベルまで仕上げるしょ!?と言って下さい。
ですが、揉めても相手も人間ですからモチベ下がるとその分仕事に影響します。
たまには差し入れ持って挨拶に行ってあげると喜びますし、モチベも上がるそうです。
    • good
    • 0

>基礎パッキンがズレていますが…



写真では基礎パッキンがずれているようには見えませんけど。

まあ基礎自体は不陸ですし、柱が土台からはみ出ているのも気になりますけど。

>これは普通でしょうか…

ふつうではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりにくい写真ですみません

上から見ると柱からはみ出していました

それから柱がズレていますよね

玄関部分なのでわざとなのかな?

って思ったんですけど

やはり異常ですよね

素人なので工務店に指摘しても

うまく誤魔化されそうで

お礼日時:2015/03/23 08:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸建て判断 ボーリング結果のN値の見方

木造二階建て住宅の建築(ベタ基礎)を予定しております。

1年前まで水田で現在は盛土2メートルの造成がされています。
地盤が気になるので、契約前に周辺のボーリング結果を見せてもらいました。

地下2mまで粘土混じり砂礫 N値3
2m~3m  砂       N値11
3m~7m  砂混じりシルト N値1~3
7m~8m  砂礫  N値40
8m~15m  礫混じり砂  N値11~40
15m~16m シルト  N値11
16m~18m 砂       N値18~35
18m~19m シルト     N値8
19m~20m 砂       N値22

地下水位2m

以上ですが、何分素人な物で地盤が弱いのだろうな・・くらいしか分かりません。
これに適した地盤改良は何でしょうか?
施工業者は、地盤改良の必要は無い、との判断なので不安になります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあるか、敷地内で地盤がどのようにどの程度不均一なのかによって違うようで予測は難しく、10センチ以内で傾くとしか言いようがありません。

傾いた場合は建て替えをせず、傾きを修正する工事をすることになります。
実際に私が担当したことがあるのは、傾いてはいるがこれ以上沈下する確率が少ないと判断して、基礎はそのままにして土台をジャッキアップして修正し、土台と基礎の間にスペーサーを入れた工事。
杭打ちをしているのに支持層まで達しておらずに傾き、杭頭にジャッキを掛けて基礎から持ち上げ(この場合建物の自重で元の杭を支持層まで押し込みます。)足りなくなった杭長分を鋼管杭で足して修正した工事です。
前者の工事で百数十万円、後者の工事で8百万円程度、もちろん建物の大きさで変わりますが、いずれにしても建てかえるよりは安いのですが多額の費用でした。

地盤の保証は10年を超えて行うことはないのではないでしょうか。
例えば20年の保証に応じてくれる施工会社があればいいのですが、まずしないと思いますし、大手の会社じゃない限りいくら信頼できる会社であっても、会社そのものがいつまで存続するのかの問題もありますよね。
理想ですが、これだけやれば大丈夫だ、保証なんかいらないよって言うくらいにご自身が納得できる方法のとれることが一番だと思います。

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあ...続きを読む

Q補強において耐力壁増設で、基礎の穴空けについて。

補強に際して体力壁増設する場合、耐力壁1枚につき両端の柱近くにアンカーボルト2箇所(既存アンカーボルトがある場合は不要)とホールダウン金物用のアンカー2箇所穴を空けてケミカルアンカーを施工する予定ですが、穴の数が多くなることが基礎の劣化につながらないか判断に迷っています。

どのような施工が良いのかお教え下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No1です。

>柱をはさんでアンカーを打ちますので、間隔が狭くても20-30cm以上
>ありますが、1本あたりのアンカーの強度をどの程度低く見込まなけれ
>ばならないのでしょうか。よろしくお願いします。

当然、計算してください。
アンカーメーカー等のHPにも計算式は乗っています。

QN値による軟弱地盤の判定

ある本にN値による軟弱地盤の判定
ってあったのですが、粘性土はN値4以下、砂質土はN値10以下が軟弱地盤とあったんですが、どうして粘性土と砂質土では、数値(N=4、10)が違うのですか?同じN値でも土質によってN値の評価が違うのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 N値から離れて、しばらく経つので、以下は予想です。

 まず同じ土質なら、N値が低いほど軟弱、これは良いですよね?。次にN値って何だったかと言うと、簡単に言えば、鋼管を地面に垂直に立てておいて、パイルドライバー(←だったっけ?)で杭頭を何回ぶっ叩いたら、鋼管が一定量地盤に貫入するかの回数だったと思います。この際、地盤の主な抵抗は、圧縮作用によるものと思われます。

 粘性地盤を基準に取ります。砂質土は粘性地盤より脆いはずなので、貫入試験で砂質土のN値が、粘性地盤を上回ったとしても、主に圧縮抵抗を測っているだけだとすれば、叩いた回数はそのまま信用できません。その辺りが、土質別のN値評価に関わりそうです。

>同じN値でも土質によってN値の評価が違うの・・・?

 だと思います。


 N値の解説は、Googleしてみれば専門サイトで沢山出ると思います。ここはどちらかと言うと、理論物理系の板
なので、ここよりもっと良い解説を見れる気がします。


 調べてみて下さい。

Q基礎パッキンの配置

一戸建てを建築予定の者です。
HMも決めいよいよ契約間近ですが、一つ気になる点があります。

基礎パッキンの配置?についてですが、素人なりに建物の重さを
基礎全周に均一にするため隙間無く(たとえば基礎パッキンのロング様のもの)入れて欲しいと依頼いたしました。

しかし、換気効率が落ちるので基礎パッキンを間隔を置いて
配置します。と言われました。

他社メーカーでは基礎パッキンを基礎全周に敷き詰めているところ
もあるのですが、、、そう簡単には変更が出来ないものなんでしょうか?
基礎パッキン以外については、とても気に入ったHMであるので
この1点だけが気になってしょうがないのです。
基礎パッキンを間隔を入れて配置した場合、パッキンを入れてない部分は将来的に歪み?が生じないものなんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>そう簡単には変更が出来ないものなんでしょうか?
使用するパッキンの種類もありますし、また換気に対する見解の違いもあるものと思います。

>基礎パッキンを間隔を入れて配置した場合、パッキンを入れてない部分は将来的に歪み?が生じないものなんでしょうか?

という心配はいりません。それよりは床下の換気がどれだけきちんとなされるのかという方が気にすべき点です。
昔は換気口を基礎に儲けるのが常識でしたが、パッキン方式の方が施工が簡単、基礎の強度も確保できるということからパッキン方式が主流になりました。
しかしながら換気口方式よりもパッキン方式の方がずっと換気性能が悪いのではという懸念はいくつかの人たちの間で言われています。
換気が悪いと湿気がたまり、これは土台腐食など良いことなど全くないので、そちらの方が問題です。

未だに正解というものはないのですけど、問題ない範囲で可能な限り通気はよくしたほうかよいと思いますよ。

QN値と換算N値

N値と換算N値では、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

N値は「標準貫入試験」という地盤調査を行って得られる値で、今ではもっとも標準的な地盤の強さを表す指標となっています。
換算N値は、それより簡略な地盤調査で得られる指標を、N値に換算したものです。標準貫入試験に比べて誤差が大きく、よくつかわれる「スウェーデン式サウンディング」では、2倍ぐらい誤差がある(値半分)と思ったほうがよいです。

N値を地盤の耐力に換算する式としては、建築基準法の告示H13年第1113号の式が標準的につかわれます。
http://www2.ashitech.ac.jp/arch/osakabe/semi/foundation/low/r93k1113.html

Q基礎パッキン

1Fのルームエアコンが建築の事情でややこしい取り付け方になり、14ミリのドレンホースが基礎と土台の間、基礎パッキン工法で20ミリぐらいある所を1か所通るそうです。この隙間の寸法は将来家の重みで変わったりしなでしょうか?ホースが潰れないか心配です。建築の方は大丈夫と言っておられました。

Aベストアンサー

潰れないでしょう。
地震による伸縮はあるでしょうが、気に留めるレベルではないと思います。
ただ、水切り部分は14ミリ以下だと思うのですが、外部からの害虫やほこりなど、土台への影響ある要素に対する処置はされるのでしょうかね。

また、将来エアコンの取替えも考慮した施工方法とした方が良いと思います。

QN値と深度の関係

ボーリングデータを集約し、縦軸に深度、横軸にN値をとり深度分布を表現した図を見かけます。
説明文に頻繁に「深度が漸増すると伴にN値が増加する」とあります。
深度が深くなるにつれN値が大きくなるのは、古い地層なので直感的にも分かります。
わざわざこのように表現するのには何かあるのでしょうか?(深度が漸増すると伴にN値が増加するとこういう風に安全であるなど・・・)
逆に漸増しなければ安全上など何か問題があるのでしょうか?
そもそもN値と深度の関係を図にする意図とは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

補足について
>違和感を感じるのですが?
違和感を感じないでください。
素直に解釈して下さい。
ボーリングのポイントの地盤高さは、平坦ではありません。
各々の測点ポイントのレベル差があるのは、当たり前の事です。
柱状図は、あくまで測点ポイントの地盤面からの距離です。

実務として建物の基礎を計画する時は、敷地の平均地盤高さ、或いは設計地盤高さを決めて、各々の柱状図に設計基準地盤の印をつけて計画する事となります。
測点ポイントのレベル測量は、ボーリング調査と一緒に忘れずにやる事が大事という事となります。
考え方で見方が変わります。
割り切って見るようにすれば、違和感を感じなくなります。
また、土質の厚さも測点ポイント毎に違います。
地層の形が分かると、昔の地形が予想出来るようになります。
昔は沼地とか河底とか分かるようになります。
此処まで来るには、其れなりの実務経験が必要ですがね・・・
ご参考まで

Q基礎パッキンの設置位置

教えていただきたいのですが、基礎パッキンの設置位置なのですが、通常ですとアンカーボルトの位置には基礎パッキンを置いたほうが良いと良くネット等でみかけているのですが、建築中の家を見に行ったら1~2箇所パッキンが入っていない個所があり、建設会社に電話で確認したら「パッキンは均等に配置しなければならないのでかならずしもアンカーボルトの位置にくるとは限らない」と言われました。
これって問題ないのでしょうか?すでに棟上が終わっているので後の祭りかもしれませんが・・もし問題あるとして
何か対処の方法はあるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#3です。

>後からと言うとどのくらいのタイミングで行ったのでしょうか?

我が家は建売なのでほとんど出来上がった状態でした。

>またパッキン専用の調整板をかましてくださいといえば伝わるものでしょうか?

言わなくても当たり前なので大丈夫だと思います。
我が家も言っていません。

>DIY-sukiさんはどのように伝えたのか宜しければ教えてください。お願い致します。

「基礎パッキンが緩く動く所やアンカーの位置に無い場所があるので補修して欲しい」と言いました。

我が家はそれ以外にも多くの施工不良がありますので
その補修時に伝えました。

他の方が書かれているように
施工マニュアルを見せるのは効果があります。
我が家もいろりろと活用していますよ。

相手はプロですから、素人が対等に交渉する為には
正しい施工方法を提示する事が重要だと思います。
相手も言い逃れはできませんから。

Q地盤反力とN値との関係について

 今日は、地盤反力について質問致します、宜しくお願いします。

 直接基礎(機械室とか電気設備用のマクラ木状または矩形の基礎)について設計していま
すが、地盤反力の考え方がよくわかりません。

 まず、地盤反力(係数)は、地盤のN値からはある程度推定できるものなのでしょうか。
 色々と参考書などから「N値と地盤反力」のおよその関連などを探していますが、なかなか
見当たりません。
 
 また、内容が前後しますが、そもそも、「地盤反力係数」とは、地盤の性質からのみ決まるもの
でしょうか。
 それとも、上からの荷重条件にも依存するものなのでしょうか。
 色々と参考書を読んでいますが、もう一つ理解できずにモンモンとしています。
 
 どなたか、浅学者にも分かり易く、宜しくご教示お願いいたします。
 また、参考サイトなどを教えて頂ければ嬉しいです。
 以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

2つ目の式を間違えていました。もう一度2つの式を書いておくと

Σpi = (w1+w2)*L/2
Σ(pi*xi) = 1/2*w2*L^2 + 1/6*(w1-w2)*L^2

これを連立して解けばよいです。

Q基礎パッキンでの換気について

これから寒さの冬に入りますが、我が家の冬の寒さは尋常ではない、、と築10年たってずっと思っています。その理由では?というのを、今日、本で見つけました。換気について、夫が基礎パッキンを切望し(湿気が一番いやだということで)それが叶いました。たしかに床下はいつも乾いている状態ですが、思えば真冬は床下は外気温と同じになるんですね。また家中にもその冷たい空気が回ってくることに。お風呂も南側の部屋もどこもかしこも冷たーいのです。今更、建て替えるわけにもいかないし、なにか温かさをとりもどすいい知恵はないでしょうか。(基礎パッキンについての考え方はあってますか?)

Aベストアンサー

基礎パッキンでは同様の経験を聞いたことがあります。
湿気ということもありますが、基礎を傷めない床下換気方法として、昔はネコ式換気といってました。
床下換気は家を安全にするために必要なことで、床下を冷たく保つことも必要なことです。
冷たいのを我慢するか、家が壊れるのを心配するか、

ベタギソ工法が普及している現状では、床下を作らない工法の方が快適になるだろうと考えていますが、それは新築のみしか検討できません。

対策は残念ながら知りえません。
床下から、発泡ウレタンを吹きつけるなんてのもあっても良いかもしれないですが、費用と効果を比較する必要があります。
畳を敷くとか、ホットカーペットにするとか、床からの冷放射をなるべく避ける方法が良いかと思います。
こたつなども役立つと思います。
床下換気は必要なことで、従来通りの生活スタイルからは離れられないものと考えても良いのかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング