ネットが遅くてイライラしてない!?

100本近く潜っています。潜り始めてからずっと自分のレギュレーターだけを使用していましたが、先日たまたまダイビングショップで貸し出しているレンタルのレギュレーターを使う機会がありました。外観はすごく古い感じがあり、一瞬不安になりましたが、自分の使用してきたものよりもすごく呼吸が軽くできるのにびっくりしながら、1日(2本)のダイブが快適に終わりました。ダイビングがこんなに快適にできるものかと、改めて知らされました。私のレギュレーターは過去に1度、久し振りに使うため、ショップから調整をしてもらったことがありますが、調整後もそんなに軽くなったような気がしませんでした。また、同時に買い求めた違うメーカーのオクトパスも殆ど同程度の固さです。この「渋さ」はメーカーによる違いから来る根本的なものでしょうか。ちなみに私の使用しているものは「DACO?」です。もしもそうでしたら、この際買い換えたいと思いますが、それに関するアドバイスをお願いいたします。軽くて使いやすいメーカーを教えて欲しいというのが、本音です(ムリかな?)。または店頭での比較方法(実際にエアーを通して比較したいけど多分対応してくれないでしょうから)などについて、教えて下さい。よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

レギュレーターは一般的にマレスのものが吸いやすいと言われています。

他のメーカーでも今は高いものほど、吸いやすくなっています。
まず、一般的に多くの人が使っているメーカーから選んだ方が良いと思います。マレス、TUSAあたりが良いでしょう。お勧めは断然マレスです。
店頭では、比較は難しいです。というのも水中に入った場合だと圧力がかかっていますので、全く違うからです。
新宿にある、HIDというダイビング器材量販店のオーナーは、器材マニアで、色々な物について詳しく説明してくれると思います。近ければ、行ってみて下さい。
少なくとも、外出しで渋さ調整できるレギュは必須のようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございます。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2004/06/22 09:58

私も以前レギュレターを選びに、ダイビング器材専門店に行き、いろいろと質問をしました。



下記URLのお店は「渋谷・横浜・池袋・心斎橋」にあります。
私は心斎橋店に行ったのですが、実際にいろんなレギュをボンベにつなげて酸素を吸って比べさせてくれました。
やはりお勧めはマレスのようです。
マレスのは酸素が滑らかで軽かったような気がします。

このお店は安いと思いますし、お近くでしたら一度行かれてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.openair.co.jp/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。地方から出かけるわけに行きませんが、参考にさせて頂きます。

お礼日時:2004/06/28 05:26

今は無きダコーはマレスに吸収されたような記憶がありますが・・・



最近のレギで呼吸が苦しいものはまずありません、あなたの型番を教えて下さい。調整で良くなる可能性がありますがもう買い替える気になってるようだから無駄かな?
マレスからアクアラングに買い換えましたが深く潜っても吸気抵抗が低くこのメーカーも快適です。
軽いレギとは重量のことでしたら手ごろなTUSAや、高価ですが他社にはアルミ合金やチタンもありますよ。
プロショップは取り扱いの多いメーカーを勧めるから各種扱ってる量販店で購買相談し買うのがいいと思います。

この回答への補足

早速のご回答をありがとうございます。おっしゃるように買い換えるつもりではいますが…。型番を見たのですが、「PACER」「XLE」としか印刷されていません。これでお解りでしょうか。すみません、「渋い」の反対語として「軽い」と書いたのですが、「甘い」が正しかったでしょうか。要するに重量ではなく、渋くなければよろしいのです。

補足日時:2004/06/22 09:59
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QチタンレギュレーターATOMIC Bismはどちらが良いですか?

こんにちは。50本の節目?にマイ器材購入を考えています。
軽量と長期安定性に引かれチタン希望で、セット価格で安くなることもあり、BismRX2500PT、RX2510、ATOMICB2を考えています。(T2は予算オーバーでした)

顎が小さいため、BismRX2510をレンタルして潜ったらとても楽だったのですが、ATOMICB2はOHの保証の良さや、チタンの中でも作りが別格でしっかりしているという評判を聞き、逆にBismの情報は少ないので迷っています。

BismRX2500PT、RX2510、ATOMICB2の違いや使用感など、何でもお教え頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

私自身はどちらも使ったことがありませんが、参考意見としてお聞きください。
Bismはご承知の通りブリジストンから派生した、ダイビング業界の中では後発のメーカーですが、良い器材を作っています。
ただし、日本以外では使用者は限られると思われます。

一方、ATOMICは世界的にも高級でよい器材のメーカーとして認知されています。こちらの雑誌のテスト記事でもよい評価を得ています。(英語)
http://www.divernet.com/cgi-bin/articles.pl?id=1449&sc=2019&ac=d&an=1449:REGULATOR+Atomic+B2...
海外で使用する場合、現地でトラブルがあった時にメインテナンスを受けやすいのはATOMICだと思います。

また、どちらもバランス・ピストン・タイプの1stステージで、チタンの部品を使用している点に特徴があります。
私自身はチタン製のレギュレターにそれほど魅力を感じませんが、購入者の好みの問題ですから、気に入ればそれが良いでしょう。確かに見た目が美しいですよね。

確かに、チタン製の部品は腐食に強いですが、内部に使われている高圧シートやOリング等は他のブラスのレギュレターと同じですから、やはり定期的なOHによる部品の交換が無難です。
年に1度のOHをしっかりしていれば、一般的なブラスのレギュレターでもそれほど汚れるわけではないのです。
また、BismのHPにもありますが、チタン製のレギュレターは酸素濃度の高いナイトロックスや酸素には使えません。
過去に爆発した事件がありました。
おそらく、質問者の方が36%以上のナイトロックスを使うことはないでしょうから、その点は問題ないかと思いますが。

Bismの2ndステージはご承知の通りスイベル機構付きですが、この形状の使用に魅力を感じれば、このタイプを選ばれてもよいでしょう。
この方が顎が楽だという人もいます。
私自身は、緊急時のエア・シェアで、自分が吸っている2ndステージをエア切れダイバーに与えるため、スイベル機構があると逆に不安定なため、この形状のレギュレターは使っていません。

ちなみに私自身は、Scubapro、Apeks、Mares、Divewaysを使用しています。Apeksが私のお気に入りです。
結論からいうと、どちらを選んでも良いレギュレターだと思います。気に入った方を選ばれれば良いのではないでしょうか。

私自身はどちらも使ったことがありませんが、参考意見としてお聞きください。
Bismはご承知の通りブリジストンから派生した、ダイビング業界の中では後発のメーカーですが、良い器材を作っています。
ただし、日本以外では使用者は限られると思われます。

一方、ATOMICは世界的にも高級でよい器材のメーカーとして認知されています。こちらの雑誌のテスト記事でもよい評価を得ています。(英語)
http://www.divernet.com/cgi-bin/articles.pl?id=1449&sc=2019&ac=d&an=1449:REGULATOR+Atomic+B2...
海外で...続きを読む

Qお勧めのダイビング重器材メーカーは?

★皆さんお勧めのBC・レギュのメーカーと
  その理由を是非教えて下さい!★
私はダイビング本数20本程の初心者ダイバーです。
重器材を購入を考え、ダイビング器材専門店に行き、
いろいろお話を伺いましたが、どうしても決まりません。
軽器材はSASで統一していますが(Cカード取得店にて)
重器材は別のメーカーで揃えたいと考えています。
専門店に行くまでは、Sプロで揃えたいと思っていましたが、
専門店の方の話では、レギュはマレスが一番吸いやすいという声が多いとのこと。
BCは女性用のが欲しかったので、
いろいろ着用しましたが、どうも決まりません。
結局は本人の好みになるとは思いますが、
皆さんのご意見をご参考にしたいと思います!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

レギュは専門店の方の言う通り、マレスが一番だと思います。
理由はまず質問にもあった様に吸いやすいという事。
これは、地上だとそれ程違いを感じませんが、水中だと確かに違います。
次に信頼性、これが一番大事で私の知る限りではトラブルが一番少ないと思います。
また、耐久性、深い所での動作も信頼できます。

ただ、これはどれが一番かと言う事で、他のメーカーは駄目という訳じゃありません。
デザイン重視で選んでもいいのではないでしょうか?

BCはよく、浮力の大きさを売り物にしているモデルがありますが
それは、どのモデルもまずクリアしているので気にしないで下さい。
大切なのは、フィット感と細かい部分(ポケットや排気バルブの位置など)の使いやすさ
あとは生地の丈夫さでしょう。

どちらにしても、自分の明確なスタイル(シンプル、最高級、デザイン重視など)
を決めてそれに合わせて購入してもいいと思います。

Qダイビングの器材の購入タイミング、メリット、デメリットについて

はじめまして。そろそろ経験本数50本となるAOWダイバーです。
今までレンタル一辺倒でやってきたのですが色々と人の話やこの掲示板を見ていると購入をしている人も多いようです。
経験本数50本程度であれば普通購入するものなのでしょうか。
ちなみに関東在住、頻度は3,4回/年、3ダイブ/日、3,4日/回、主な潜水地は沖縄、海外でほとんど近郊である伊豆などでは潜りません。
家での場所取り具合、オーバホールなどのメンテナンス費用、遠方旅行の際の送料や持参する際の重量追加料金などのデメリットとレンタル代を比較した場合どれほどで元が取れてどれほどのマイギア満足感が得られるものなのでしょうか。

経験者の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。

>オーバホールだけで持つのは何年くらいなんでしょうかね。
知人のイントラに聞いた範囲では、年1整備で5年は持つようです。ダイビング雑誌で読んだプロダイバーの手記では10年愛用、とあったような記憶が。
ところで、先日自分のレギが整備から帰ってきましたが、深度計と残圧計(高圧ホース内部のストレーナー部分が欠けて残圧計内に侵入)の交換が必要との事で(残圧計はメーカーが保障してくれましたが)総額3万5千円ほど掛かりました。

スーツは他の方も書かれているとおり、自前のを作られる方が快適かと思います。スーツは深場を何度も潜ると潰れて薄くなると聞きますが、自分はウェットで深場を含め100本以上潜りましたが問題を感じていません。

マスクはバンドやスカートが劣化してくると交換が必要になります。数年毎に一式2千円弱でしょうか。
フィンのベルトも劣化しますが、フィン自体も劣化します。適当なタイミングで更新しないと、水中で折れることがあります(200本位で潜水中に折れました)。

>実際、器材の不調で亡くなったダイバーの方ってどれほどいるんだろう。
参考URLは、海外で潜水事故にあわれた方のHPです。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/nakadam/diving/index.htm

#2です。

>オーバホールだけで持つのは何年くらいなんでしょうかね。
知人のイントラに聞いた範囲では、年1整備で5年は持つようです。ダイビング雑誌で読んだプロダイバーの手記では10年愛用、とあったような記憶が。
ところで、先日自分のレギが整備から帰ってきましたが、深度計と残圧計(高圧ホース内部のストレーナー部分が欠けて残圧計内に侵入)の交換が必要との事で(残圧計はメーカーが保障してくれましたが)総額3万5千円ほど掛かりました。

スーツは他の方も書かれているとおり、自前の...続きを読む

Qダイビング器材購入の必要性とタイミング、海外へは器材持っていく?

3月にOWを取得し、その後4月に3日ほどで計13本潜った初心者です。(OW取得の際にも質問させていただきました。その際に回答いただいた皆さん、ありがとうございました。)

今後、ずっと続けていきたいという強い思いはありますが、いかんせんお金がないので器材購入等を迷っております。
ショップの方にも相談したのですが、利害関係のない方々からのご意見をお伺いしたいと思います。

<条件>
・趣味として一生続けたい。
・当面、潜りに行けるのは年数回、10~15本程度と予想
・購入するのであれば、軽器材、ウェット、重器材と徐々に揃えていきたい。

<質問>
(1)このような条件で、器材、ウェット等は購入とレンタルどちらがよいと思われますか?
(2)例えば、全部あるいは一部を揃えた場合、海外で潜る機会があれば、どこまで器材類を持っていかれますか?
 *一週間海外に行くとしたら、通常の荷物+器材だと相当な荷物になると思うのですが、皆さん持っていかれるのでしょうか。
(3)揃える順番としては、軽器材、ウェット、重器材というのが効率的ですか?
(4)器材、ウェットのうち、これは安くても大丈夫、これは高くてもしっかりしたのを購入した方がよい等ありましたらアドバイスお願いします。

一部でも、またその他の事でも結構ですので色々と教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

3月にOWを取得し、その後4月に3日ほどで計13本潜った初心者です。(OW取得の際にも質問させていただきました。その際に回答いただいた皆さん、ありがとうございました。)

今後、ずっと続けていきたいという強い思いはありますが、いかんせんお金がないので器材購入等を迷っております。
ショップの方にも相談したのですが、利害関係のない方々からのご意見をお伺いしたいと思います。

<条件>
・趣味として一生続けたい。
・当面、潜りに行けるのは年数回、10~15本程度と予想
・購入するのであれば、軽...続きを読む

Aベストアンサー

happy_hillsさん、OW取って一年未満のものです。お悩みとのこと、よくわかります!私自身、非常に迷ってたくさんの人と話したり、自身で色々経験しましたので、以下ご参考になれば幸いです!

まず、条件に、以下を加えて考慮してください。
A) 他人の咥えたレギュレータや、他人がお小水したことがあるかもしれないウェットスーツへの抵抗はあるか。
B) BCはレンタルだとボタン位置など毎回違うことになるが、機械モノに強くて、すぐ対処できるほうか
C) 脚力は強いか
D) 寒がりか
E) 体型は普通体型か

以下、質問へのご回答です
1) Eで、極端な太りすぎ・痩せすぎの場合はレンタルがないことが多いので、選択の余地なくBCとウェットは購入になります。
Aで気になる場合はレギュやウェットは購入がお勧め。また、DがYESで伊豆等で潜る予定がある場合はウェットの購入(できればオーダーで)またはフードベスト等のウェットの下に着るものの購入がお勧めです。
また、Bで対処し辛いなら、BCは持っていたほうがいいかもしれません。私は一度、レンタルが不良品で、水面まで吹き上げられました(こういう場合は即座に排気ボタンを押せば対処できますが知りませんでした)。レギュで呼吸してたら、海水がやや混入、ということもありました。レンタルである以上、不具合や不慣れによる不便さは多少あるし、事前にきちんとチェックしてやろうとか、不具合が潜水中にあっても対処してやろうという意気込み?は必要です。わたしは良い具合に鈍感なので、レギュでもしょっぱいな~ぐらいで終わりでしたが。

2) 私は結局器材全て揃えました。力持ちだし、もう買ってしまったので倹約のためもあり全部持って行っています。但し、器材を揃える際に軽量化にこだわりました。器材によって重さはかなり違います。また、余分な荷物は一切持って行きません。南の島なら服などはごく少量になりますので、トータルすれば重量制限内で収まります。

3) 欲しいもの・必要なものから揃えればよいと思います。
いわゆる軽器材・重器材などは、一緒に買うと値引きがあることがよくあります。
例えば計器材と言ってもスノーケルは使わない人も多いですし、マスクも度付きが絶対よい、とかでなければレンタルでもよいでしょう。CでNOの場合は、自分の足に合った弱い力でも使えるフィンを持つといいかもしれません。
お勧めの方法は、何度かレンタルで潜ってみて、必要を痛感し始めたら、購入を検討するという方法です。

4) ダイビング器材の秘密をお教えしましょう♪
安いからといって、機能しないまたはすぐに壊れるものはめったにありません。
理由は、壊れると人命に関わるため、メーカが訴訟などのリスクを避けるためにも、安く出すからといって簡単にすぐ壊れるものは作らないのです。レギュなどは一番安いやつだと30m以上の深場に行ってオクトパスと両方で思いっきり吸ったときにやや出が悪くなるとかあるかもしれませんが、その程度です。出なくなることはありません。これが、他の一般商品と違うところですね。というわけで安心して選んでください。
あとは、価格は品質です。BCの価格差はたいてい布の厚さ(=耐久性)やポケット・Dリングの多さです。
ウェットは、オーダーか既製品かで値段がかなり違いますが、もちろんオーダーのほうがフィット感があり寒くないですがこれも寒がり出なければ関係ありません。


私自身は、全体的に鈍感で、レンタルでも充分間に合いました。
ただ、かなりの本数をレンタルの高い伊豆などで潜ったので、買ったほうがどう考えても安い、となり購入に至りました。
でも荷物は増えて移動はタイヘンになるし、手入れもあるし、必ずしもお勧めではありません。
BCやレギュなどは、毎年点検に出さねばならず、それぞれ1万以上の経費もかかります。
特に海外リゾートではレンタルが安い(1日フルレンタルで500円とかタダとか)ところが結構あります。
業界の人や、お金持ちの先輩ダイバーさんはMY器材のほうが絶対いいよ!とすすめてくるとは思いますが、器材購入でお金をつかって潜れなくなるより、少しでも多く潜れたほうがいいかなぁと思いますよ。

長文、失礼しました!

happy_hillsさん、OW取って一年未満のものです。お悩みとのこと、よくわかります!私自身、非常に迷ってたくさんの人と話したり、自身で色々経験しましたので、以下ご参考になれば幸いです!

まず、条件に、以下を加えて考慮してください。
A) 他人の咥えたレギュレータや、他人がお小水したことがあるかもしれないウェットスーツへの抵抗はあるか。
B) BCはレンタルだとボタン位置など毎回違うことになるが、機械モノに強くて、すぐ対処できるほうか
C) 脚力は強いか
D) 寒がりか
E) 体型は普通体型か

...続きを読む

Qダイブマスターのライセンスもってる利点(理由)?

現在アドバンスで今年、ダイマスまでを取ろうと考えています。プロになる気はないのですが、持ってる利点もしくは「必要ないよ。」等ご意見をお聞かせ下さい。自分の収得理由はセルフで潜りたいと考えたのですがみなさんはどう思われますか?かかった費用もよろしければ教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。 不要との意見が多く出ていますが、今はどのように考えていますか?
下記はOWに続き講習を含め10本程度で領収書代わりに簡単にAOW認定するからこんな扱いになったのでしょうね。 お客が付いてる間に講習も器材も押し込んでしまう店が良くないのです。
DMも同じ扱いになりつつありますし、イントラもこれにちかづいています。 あるボートポイントでは団体によってはそこのイントラにはボートを利用させないと休憩室に張り紙がしてありました。

>「えっ、アドバンスなのにセルフですか?」とメジャーなポイントでたまにいわれます。セルフは肩身がせまいのが実情でしょうか?

講習してもスキルはそれほど変わらないし、講習受けなくても今の時代はあふれる情報とファンダイブを通してスキルは身につきますから、受けるにしてもカードがほしいわけではないのならショップ、イントラを十分吟味した方が良いです。 実はかつて自由潜行ができないDMがいまして、本人はスキルがあると思ってそうですがそのショップの講習とツアーしか受けたことがなかったので分からなかったそうです。
ただし、自覚に目覚めDMにふさわしい行動をとるようになればそれは良い方向です。

#2です。 不要との意見が多く出ていますが、今はどのように考えていますか?
下記はOWに続き講習を含め10本程度で領収書代わりに簡単にAOW認定するからこんな扱いになったのでしょうね。 お客が付いてる間に講習も器材も押し込んでしまう店が良くないのです。
DMも同じ扱いになりつつありますし、イントラもこれにちかづいています。 あるボートポイントでは団体によってはそこのイントラにはボートを利用させないと休憩室に張り紙がしてありました。

>「えっ、アドバンスなのにセルフですか?」とメ...続きを読む

Qダイビング用品のメーカーを教えてください

ダイビング用品(マスク、スノーケル、フィン)の業界では、どのようなメーカーが有名なのでしょうか。海外メーカー、日本メーカーと分けて教えて下さい。その中でも、このメーカーは高級なイメージ(ブランド性)がある、ここはリーズナブルな値段設定をしている、ここは取扱店が限られていてプレミアムなイメージがある、など、各メーカーのスタンス(ポジション)も教えてください。なぜ、このようなことを聞くのかと申しますと、広告関係の業界で働いており、各メーカーの位置づけを知る必要性が生まれたためです。ネットでもいろいろと調べたのですが、いまひとつこの業界のことがわかりません。何卒よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

だんだん難しい話になってきましたね。ついていけるかな? (^_^;

わたしのブランドの定義は、「買うにあたって、良さを実感した上での選択でなくても、後で実感できることを期待可能である。」という意味です。

それらは「トヨタなら間違いない」「わたしに似合うのは○○だ」といった言葉に集約されると思います。

「良さ」の中には、もちろんファッション性も含まれますし、スポンサー選手の勝利という満足も含まれるでしょう。

>正直に申しますと、GULLというメーカーの位置づけ、つまりはブランドとしてのポジションを知りたかったのです。

このポジションという言葉があいまいでわからないのですよね。価格感や信頼感、性能、ファッション性といった面は既に答えてますよね?

>フルフットというのはどういう意味でしょうか?

靴のようにフィンがカカトまであるってことです。ストラップタイプは足の先に装着します。

>製造にコストがかかるなどの理由で、可能な会社が少ないのでしょうか?

これは作る側でないのでわかりませんが、やはり日本では需要がストラップにあるからではないでしょうか。ハードミューを作るときに「数が出ないから」という悩みがあったことは聞いてます。

>「海外のダイバーが果たしてシュノーケルに金を掛けるかは疑問ですね。ドイツのダイバーはパイプのみのシュノーケルを使っている事が多いです。」→バイブのみというのはどういう意味でしょうか。申し訳ありません。

ハに○です。pipe 排水弁や蛇腹など複雑な機構がないってことです。マウスピースはありますけどね。

>まったくの素人で、スキンダイビングやスノーケルダイビングなど、ダイビングの種類もろくに知らないのです。

GULLはスキューバーダイビングとシュノーケリングの道具を出してますね。シュノーケリングの道具をまともに出してるのはGULL位じゃないですかね。

>GULLのミューが評価が高いということは、上級モデルのバラクーダはさらに評価が高いのでしょうか。

むむ、ロングフィンですか。どうだろう。個別にはここで聞くよりネットで検索したほうが早いかもですね。万人向けではない気がしますけど。

>そして、一番知りたいのはGULLのブランド性についてなのですが、一般的に日本のメーカーというのは欧米のような確固たるブランド性を確立しているメーカーが少ないように思います。

それは同感ですね。日本のメーカーは往々にして「味」の部分が欠けてると思います。最近はそこに注目しているメーカーも弱小ながらあったりして、そういうメーカーに対してはロイヤリティが高いですね。

>例えば、キャノンやニコンのカメラは性能では世界の頂点に立っているのにブランド性ではライカの足元にも及びません。

そうなんですか? ライカは知らないですけどカールツァイスについて言えば、絵になんともいえない独特の味の良さがあります。ツァイスレンズを使ったときは「文化の差」みたいなものを感じて、これでは、機能一点張りで目先を変えるだけの日本のメーカーは勝てないなと思いましたけど。

自転車はわからないのでパス。でも、多分、フレームのしなりとか独特な乗り味があるのではないかと思いますけど。カートはそうですね。フレームはイタリアが圧倒的に強い。エンジンはYamahaなんですけど。

>ヘルメットのアライやショーエイもしかりです。

ショーエイはどうしようもないと思いますが、アライもダメですか。

>そのような状況の中で、GULLというブランドはダイバーたちからどのように見られているのでしょうか。これまでのお答えから察するに、ダイビング用品の世界では機能性を重視することはあっても、ブランド性まで言及しているようではないようにお見受けします。

国内におけるフィンに関しては「ある」と思いますけどねぇ。話題にならないから広まってない感じがするのかな?

まぁ、国内のインストラクターの勧めるものに、海外と違う偏りがあるのは確かですけどね。

>しかし、スキー靴でいうとラングが頂点に位置していますが、機能性だけでなくラングというブランド性がそうさせているのは否めません。

うーん、ラングは軽くてフィーリングがいいからじゃないかなぁ。わたしは履けないのでなんともですが、試着した感じでは「他とぜんぜん違う」でした。

>ダイビングの世界でもそのようなことはあるのではと思うのですが、実際のところはいかがでしょうか。

盲目的なという意味では、人によってはありますよ。なんでもS-Proがいいって人とか、SASで揃えたいって人とか、、、でもそういう話をしてるんじゃないんですよね?

ブランドを、つまらないものでも売れる、何か魔法のようなものと考えているのだとしたら、地方公共団体が乱発している「キャラクター」みたいに、みんな引いてしまうようなものにしかならないと思いますが。

だんだん難しい話になってきましたね。ついていけるかな? (^_^;

わたしのブランドの定義は、「買うにあたって、良さを実感した上での選択でなくても、後で実感できることを期待可能である。」という意味です。

それらは「トヨタなら間違いない」「わたしに似合うのは○○だ」といった言葉に集約されると思います。

「良さ」の中には、もちろんファッション性も含まれますし、スポンサー選手の勝利という満足も含まれるでしょう。

>正直に申しますと、GULLというメーカーの位置づけ、つまりはブランドと...続きを読む

QバックフロートBCDのメーカを教えて下さい

減圧症に罹患し、復帰プログラムを受けてからバックフロート型のBCDに魅力を感じています。

バックフロート型BCDを扱っているメーカと推薦ポイントなどがありましたら教えていただけませんか?
(URLなどもつけていただけるととっても嬉しいです)
ご自身が使っていらっしゃる感想などもとてもありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

DiveRiteのトランスパック/トラベルウイングBCも使ってます。
バックフロートタイプと減圧症の予防や回復には何も関係がないと思いますが、体の横や前面に何も無いのですっきりして圧迫感が無くカメラなどをやる向きには良いと思います。抵抗を受けにくいの形なので強い流れにも向いています。
テックダイバー向きに作られたBCですが、レジャーにも向いていてソフトハーネスなので折りたたんだり丸めたりしてバッグに詰め込むこともできます。 実にシンプルでポケットも無く軽量ですが素材は頑丈なナイロン製で耐久性もあります。 ただし、付けたい物があれば別売されているオプションをD環やベルトに装着したり、用途によってフロートを選べるなど自分用にカスタマイズでき、フィット感が優れています(これが大きなメリットです) トラベルウイングでも浮力は14Kgもあり十分です。

水面で姿勢が前かがみになるのが欠点ですが、浮いてる場合にだけ感じるだけのことです。

女性がこのようなマニアックな機材選びをすることは少ないのですがどんな要求を持たそうとしていますか?

詳しくは代理店のカタログを見て考えてください。
http://diverite.jp/products/bc.htm

DiveRiteのトランスパック/トラベルウイングBCも使ってます。
バックフロートタイプと減圧症の予防や回復には何も関係がないと思いますが、体の横や前面に何も無いのですっきりして圧迫感が無くカメラなどをやる向きには良いと思います。抵抗を受けにくいの形なので強い流れにも向いています。
テックダイバー向きに作られたBCですが、レジャーにも向いていてソフトハーネスなので折りたたんだり丸めたりしてバッグに詰め込むこともできます。 実にシンプルでポケットも無く軽量ですが素材は頑丈なナイロン製で...続きを読む

Qスキューバダイビングの機材購入は必須ですか?

スキューバダイビングの機材購入(合計70万越え)をする,しないで非常に悩んでいます。
文面長くなりますが、経験者の方のご意見をぜひお聞かせください。

先日、ネットでCカード取得コースが2万以下のショップを見つけました。
10月に海外で体験ダイブをやってみようと考えていたところだったので、その値段でCカードが取得できるなら今のうちにと思い、興味本位で話しを聞きにショップまで出かけ、申込み。
説明では、Cカード取得後は機材購入コースとレンタルコースとをどちらか選択してくださいと店員さんに言われました。

学科まで終わらせ、後は8月上旬の海洋実習だけとなったのですが、ショップの人から機材の購入を強く勧められました。
合計金額は70万超え!!(36回払い)
自分に合った機材を使った方が断然イイとか、女性はウェットスーツが合わないと不快でストレスを感じるとか、次のステップに進んでもらうためには機材を購入した方が意識も向きやすいなどなど、あーだこーだ言われ、でも決断が付かずに海洋実習まで回答を待ってもらうことにしました。
(まずは実際潜ってみないと分からないですし。。。)

自分としては、Cカードを取得後は機材はレンタルでチャレンジしようと思っていたのですが、その場合レンタル料に保険やボート代などを加算すると、1回のダイブで4~5万かかってしまうとショップの方に言われました。(この値段はホント!?)
Cカード取得しても、実際仕事が忙しくて頻繁には海には行けないですし、このご時勢、正社員といえど今後の給料にかなり不安があります。

お聞きしたいことは、本当に自分に合った機材を購入しなければいけないのか?
70万越えって値段は適切なのか?
機材購入したけど、クローゼットに眠らせている方いらっしゃいますか?

ちなみに、70万越えの内訳は以下のとおりです。
・オリジナルドライスーツセット :24万
・オリジナルウェットスーツ    :7万
・BC,レギュレータ(TUSAセット):33万
・マスク,フィンなど軽機材    :6万
・コンピュータ           :10万
・セット割引           :-7万

その他特典として、
・OWへのステップ講習費(およそ1万6千円)が無料。でも申請費6千円は別途必要
・他、5スペシャル講習費(およそ@1万6千円)が無料(ドライ,DC講習など)。でも各申請費@4千円は  別途必要。
・ツアー代18万円分は無料(@5千円分のチケット×36枚)。1回のツアー代は1万5千円~2万5千円程 度で、場所によっては更に高くなる)
★などなど他若干のサービスが付いて、およそ33万円分を特典として付けるとのこと★

スキューバダイビングの機材購入(合計70万越え)をする,しないで非常に悩んでいます。
文面長くなりますが、経験者の方のご意見をぜひお聞かせください。

先日、ネットでCカード取得コースが2万以下のショップを見つけました。
10月に海外で体験ダイブをやってみようと考えていたところだったので、その値段でCカードが取得できるなら今のうちにと思い、興味本位で話しを聞きにショップまで出かけ、申込み。
説明では、Cカード取得後は機材購入コースとレンタルコースとをどちらか選択してくださいと店員さんに言...続きを読む

Aベストアンサー

ダイバー歴は10年以上ですが、ブランクなどがあり本数は少ないダイバーです。

結論から申し上げます。残念なショップに引っかかってしまわれたのは確定です・・・。

ライセンス料金は、どう軽く見積もっても、正規価格は5~6万円かかります。それが2万円台・・・。どこかで埋め合わせしないといけないのは自明の理です。それが器材販売という「打ち出の小槌」なのです。
70万相当の内容を見てみましたが、まず、ドライはどう考えても要りません。なんとなれば、初心者の時点で「冬場も潜ろう」などという猛者はなかなかいません。
重器材もTUSA製であれば、20程度でかなりのレベルの商品が手に入ります。ネットで、ダイビング器材販売をしているところで見てみればわかります。

だいたい、質問者様がダイビングにはまろうが、いやになろうが、器材を「売りつけた」店は、その後の器材の運命など知ったことではありません。売り上げれば利益が、自分たちの給料が出るのですから、執拗に勧めるのは当然です。又、レンタルコースもかなりの暴利であることは、現地ショップのレンタル代などを勘案しても明白です。
サービスが付いているからという部分で逡巡されているかもしれませんが、店側が離さないでおこうとしている懐柔策でもあることに気付かないといけません。突き詰めたいと思っている人なら渡りに船かもしれませんが、そこまで「おまけ」できるのは、もともとの販売価格で十分に利益を生んでいるからです。

対処法としては、すでにカード所得に動いておられていて、若干の手付け等も打っておられるのであれば、レンタルコースでとりあえずのCカードをゲット。その後、連絡を断ち切り、誘いに乗らないことです。
もっと大胆に行くのならば、今の時点で、所得をあきらめたといってしまい、別のショップを探す、という手法です。深みにはまってしまうと、そういうショップは抜け出しにくくなりますので、どのタイミングでもいいので縁を切ることをお勧めします。

もし別のショップをお考えなら、現地サービスを選ばれるほうがいいです。というのは、そもそもこじんまりとした経営で、多額の利益を生む必要がない、つまり、客数がそこそこあれば成り立つので、器材販売に傾注しなくてもやっていけるのです。当然、押し売りまがいの器材売りはほぼされないでしょう。いわれたとしても軽器材+ウエット程度。体験から入っていって、カード所得後の向き不向きもわかるので、いろいろな意味でお得です。

ダイバー歴は10年以上ですが、ブランクなどがあり本数は少ないダイバーです。

結論から申し上げます。残念なショップに引っかかってしまわれたのは確定です・・・。

ライセンス料金は、どう軽く見積もっても、正規価格は5~6万円かかります。それが2万円台・・・。どこかで埋め合わせしないといけないのは自明の理です。それが器材販売という「打ち出の小槌」なのです。
70万相当の内容を見てみましたが、まず、ドライはどう考えても要りません。なんとなれば、初心者の時点で「冬場も潜ろう」などという...続きを読む

Qダイビング器材の購入。ショップか量販店か…。

現在、OWの講習を受講しています。
今週末で学科が終了する予定なのですが
学科終了後、「器材のカウンセリング」の時間があります。
そのときに、器材を購入するかレンタルにするか決めるという事なのですが、器材の購入について悩んでいます。
今のショップで器材の購入を勧められたことは無いのですが
ショップに並んでいる商品を見ると、結構高いんです。
「いいな~」と思っている器材をネットなどで見てみると
ショップよりかなり安いんですが、少しくらい高くてもショップで買うべきでしょうか?
それとも、始めはレンタルを使って、他の人のを借りてみて自分に合う物が見つかったら、ネットなどで安く買ってもよいのでしょうか?
移動手段が無いので、取得後も今のショップのツアーに参加したいと思っているので、器材の事で気まずくなったらいやだな~と悩んでいます。
購入しようと思っているのは、軽器材です。
ショップのスタッフもいい人ばかりで、器材を買った方がお店の利益になるとわかっていても、やはり安いほうに惹かれてしまいます。

Aベストアンサー

>4店舗ほどのチェーン店?です。

この業界では大手にはいりますね。

>器材の割引率を確認してみたら、メーカー品は定価の10%OFF~15%OFFでした。 ショップオリジナルは、「オリジナルなのに高い!」というのが本音です。

オリジナルといってもメーカー品にロゴ付けただけですからね。

>さらに、レンタルスーツがぼろくて寒くてドライを買いたくなってもガマンし、「これからの時期は寒いから必要だと思うよ!レンタルも水没してるものが多いし!」 という感じで薦められましたが、

故障してる物を金とって貸してるのでしょうか? とんでもないショップです。  器材のメンテもまともにしてないし、もし初心者に不良品使わせると講習はうまくいかないし危険になる場合もありますし、なにしろ商道徳に反するでしょう。  
文句なく悪徳ショップといえます。 なんとしてでもキャンセルすることを考えたほうが身のためです。 軽器材は使えますから他でやり直しませんか! 沖縄やサイパンあたりで3~4日の宿泊講習のほうが安くて内容が良くなりそうな強い予感がします。 

>でも、海洋実習が10月28日、29日なので、どのくらい寒いかわからず不安です。 その時期ウエットで潜る人もいますか? その場合、ウエットの下に何か着て泳ぎますか?

最近はドライ派が多数ですがウエットのいます。 その時期の伊豆半島の水温は22度前後ですから5mmウェットならガマン出来るくらいです、しかしへたったレンタルスーツだと寒いと思います。 この時期は陸上に上がってからの方が寒くなるので(風が強いとさらに)すぐ脱いで体を拭いて防寒してください。 ドライ使わせるなら首は回さずネックやリストなどシール部分から水没しないように注意する事。
防寒対策は下にはフードベスやラッシュガードを着ます。
http://www.mic21.com/cgi-bin/item/category.cgi?group1=004&group2=044&s=0&srt_mode=1&MAX=10

このままではダイビングに悪印象を持った人が出来そうなので、重ねてキャンセルをお勧めします。

>4店舗ほどのチェーン店?です。

この業界では大手にはいりますね。

>器材の割引率を確認してみたら、メーカー品は定価の10%OFF~15%OFFでした。 ショップオリジナルは、「オリジナルなのに高い!」というのが本音です。

オリジナルといってもメーカー品にロゴ付けただけですからね。

>さらに、レンタルスーツがぼろくて寒くてドライを買いたくなってもガマンし、「これからの時期は寒いから必要だと思うよ!レンタルも水没してるものが多いし!」 という感じで薦められましたが、

故障して...続きを読む

Qダイビング・・月(年)いくらくらい掛かってますか?

こんにちわ。週末を無為に過ごすことにそろそろウンザリしてきた男、28歳です。

以前、とあるダイビングショップにてCカードを取りました。ですがカードを取っただけの、いわゆるペーパーで終わってます。

ショップがやたらと機材の購入や次のステップに早く進むことを勧めたり、対応もなんかガサツに感じて嫌気がさして疎遠になってしまいました。要は客としてでなく、同好会のノリで接しようとするんで、なにか違和を感じたのです。

ですがダイビングそのものが嫌いになったわけではないし、お金もなんとかなるようにはまあ、なってきた…ような気がするので、最近また始めてみようかなぞと考えております。

普通にダイビングを趣味としていらっしゃる方にお聞きしたいのですが、ダイビングに月額(もしくは年額で)いくらぐらいお使いですか?どの位のペースで潜ってますか?その出費は、ダイバーとして平均額くらいだと思われますか?

最後に、ダイビング最高!!みたいな意見もお待ちしております。

よろしく願います。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は年間2~3回程度です。
だいたい1回が、3日間×3ボート(計9ボート)ですので、年間にすると18~27本程です。
ショップによって違いますが、3ボートが15000円とすると
1回(3日間)が45000円となります。
器材を持っていないとレンタルになるので、
これにレンタル料金を加算しなければいけませんが、
探せば器材無料レンタル店もありますよ。
平均額くらいか?と言われますと、
すくない方だと思います。
よく行かれる方は月1回行く人もいますし。
私もたくさん行きたいのですが、お金も休みも必要になるので、なかなか行けません。

私の場合は特に知り合いもなく、Cカードを取得した
ショップのツアーにはほとんど参加せずに、
リゾート地にあるショップですませます。
その方が安いですし、現地のインストラクターの方が
やはり詳しいと思います。
なぜリゾート地かというと、リゾートの方が綺麗という
至って単純な考えです。近くでもいい場所はあると思いますが。

器材ですが急いで買う必要はありません。
軽器材くらいなら買ってもいいと思いますが、
重器材となると高いですし、もっとダイビングを経験して
これからも続けたいって思われた時でOKだと思います☆
ショップで買うよりも、器材専門店の方が安いです。
参考までにURLを載せておきます。私も使っているお店です。

スキルアップも、自分がしたいって思われた時が
一番ベストだと思いますよ!
だいたいショップの人が勧めるのは、OWで20本程潜ったころ
がAOWに切り替えるのに一番いい時期だそうです。
確かに私も20本程潜って慣れてきた頃に、
もっと中性浮力とかうまくとれるようになりたいと思い
AOWへのスキルアップを考えました。

最後に海は本当にすばらしいです!
是非続けて頂きたいな~と思います☆

参考URL:http://www.openair.co.jp/

こんにちは。
私は年間2~3回程度です。
だいたい1回が、3日間×3ボート(計9ボート)ですので、年間にすると18~27本程です。
ショップによって違いますが、3ボートが15000円とすると
1回(3日間)が45000円となります。
器材を持っていないとレンタルになるので、
これにレンタル料金を加算しなければいけませんが、
探せば器材無料レンタル店もありますよ。
平均額くらいか?と言われますと、
すくない方だと思います。
よく行かれる方は月1回行く人もいますし。
私もたくさん行きたいのですが、お...続きを読む


人気Q&Aランキング