主人の特別扶養控除から外れないために収入を129万円以内にしたいのですが
私は2箇所からの収入があるので、面倒です。

計算するのは、1月から12月に働いた分のお金でしょうか?
それとも1月から12月に受け取った分のお金ででしょうか?
(例えば1月から働き始めるとお給料をいただくのは2月からですよね)

あと交通費は入れて計算するのですか?

年内働ける日数を職場に聞かれ、算出しなければなりません、
どなたか教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

年間の収入ですから、1月から12月に受け取った分で計算します。



交通費は月額10万円までは非課税ですから、計算に入れません。
10万円以上は、収入に加算します。

また、自転車や自動車を使った通勤の場合は、非課税限度が10万円では無くなります。
参考URLをご覧ください。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/inoue/zeikin/tsukin.h …
    • good
    • 0

この129万円というのは、収入(受け取れるお金)の


総額だと思って下さい。
1月から12月までの期間に受け取った分ですが、
天引きをされていても、この天引き分も129万円の
中に入ります。
(○×保険料とか、ですね)

さて、交通費ですが、毎月、交通費名目で切符代分を支給されていれば
良いのですが、会社によって結構複雑なようです。
一旦半年分を支給した形にして、あとからそれを毎月
精算していく会社もあります。
(こうしないと、6ヶ月定期の経理処理が複雑になる)
明細書をよくみてください。
単に、出勤日分の交通費(切符代)があっさりと計上されていれば
良いのですが、(そこに、非課税と明記されていれば最高です)
会社によっては、パート、アルバイトに限り
交通費分を時給に上乗せと言う会社もたしかにあります。
この場合は収入に含みます。

昨年の源泉徴収票があれば、これから計算してかくにんするのが
一番かも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

計算 お金」に関するQ&A: 清算 と 精算

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研修時の交通費は課税?非課税?

給与時の交通費の考え方(課税、非課税)について質問です。

通常通勤交通費(車通勤)は、往復距離×@15円で出勤日数を計算し、支給しています。
片道6.5kmの場合、非課税交通費限度額は4,100円になると思います。

例えば15日出勤したとすると、15日×(6.5×2)×15=2,925円の支給となります。
この15日の他に、別の場所で研修があり、その分の交通費=電車代が別途3,000円かかったとします。

この場合、交通費を給与で支払うとすれば、2,925円+3,000円=5,925円となり、
4,100円非課税+1,825円課税、となるのでしょうか。
それとも、2,925円非課税+3,000円非課税=5,925円全部非課税となるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

研修に伴う交通費は通勤手当ではありません。経費処理される旅費交通費に該当します。通勤交通費2,925円は非課税限度内ですので、全額非課税になります。

通勤手当は各企業が独自に設定できますが、非課税限度額を越えた分は課税処理となります。

Q扶養控除対象 12月分給与

平成16年分給与を扶養控除内で抑える必要があります。

そこで、12月に働いた分で1月に支給となる給料は
平成17年、16年どちらの分にカウントされるのでしょうか?

教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常の支給が翌月払いなら、17年度にカウントされます。

12月までの給料で年末調整されちゃいますから、それに入っていなければ17年度ですよ。

Q年末調整 非課税交通費の記入

給与明細には非課税交通費として交通費を記載しています。
年末調整の源泉徴収簿の総支給額には非課税交通費も合わせた金額を記載するのでしょうか。

Aベストアンサー

源泉徴収簿の総支給額の欄には非課税交通費を除いた金額を記載します。源泉徴収票の「支払金額」の欄にも非課税交通費を除いた金額の合計額を記載します。

Q正社員で働いている場合の、副業の収入と税金、のことがよく分かりません。

タイトルの通り、今までに何度か回りが話しているのを耳にしたことがあるのですが、いまいちよく分かりません。

それと、今まで自分はアルバイトで働いていたため、他人事だと思って軽く聞いていたのもあるのですが。。。

この度正社員で働くことになって、副業で少しやりたい仕事があります。
在宅でやるつもりなので、どういう契約になるか?などは働く先によって変わってくるものなのでしょうが。

よく、自分の副業での収入がばれてはいけない(正社員での勤務先、また、国に?)と言いますが、
どのような場合にどういう風にバレるのでしょうか?

また、税金対策を副業の会社側にしてもらっているかどうか、などが関係してくるようだと思っているのですが、間違っていますか?
確定申告をするしない、しなければならない、なども分かりません。

とにかく全体がぼやけていて、よく分からないのでお願いします!

また、副業の会社と契約する時に、気をつけた方が良いこともあれば教えてください。
出す書類とかに関して。

それから、正社員で働いている会社にはもちろん、副業先にも、他で正社員でやっていることは話さない方がいいのでしょうか。

間違ったことを言っているかもしれませんが、一度はっきり知りたいので、お時間のある方、どうぞよろしくお願い致します。

タイトルの通り、今までに何度か回りが話しているのを耳にしたことがあるのですが、いまいちよく分かりません。

それと、今まで自分はアルバイトで働いていたため、他人事だと思って軽く聞いていたのもあるのですが。。。

この度正社員で働くことになって、副業で少しやりたい仕事があります。
在宅でやるつもりなので、どういう契約になるか?などは働く先によって変わってくるものなのでしょうが。

よく、自分の副業での収入がばれてはいけない(正社員での勤務先、また、国に?)と言いますが、
ど...続きを読む

Aベストアンサー

 No.4です。

>そもそも会社との契約書に、「他で仕事をしてはいけません」といった内容が書かれていないのですが。。。。
これはバイトしても良いってことなんでしょうかね。。。

 契約書だけではそうとは言い切れないと思います。主な事項しか書かれていないケースが多いからです。

 一番良いのは、会社が定めている「就業規則」や「労働協約」を確認されることです。

Q交通費の非課税上限について

交通費の非課税上限について
電車・バスなどを利用する場合の交通費非課税の上限は1ヶ月あたり10万円と言うことですが、以下の場合は課税か非課税か教えてください。
・1ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、支給月には18万円が交通費として支給される。よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かりません。
 以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> ヶ月分の交通費は3万円であるが、6ヶ月分がまとめて支給されるため、
> 支給月には18万円が交通費として支給される。
> よって、支給月だけを見ると非課税上限の10万円を超えている。
> 「1ヶ月あたりの上限」の意味が支給した月単位で考えるのか、
> 年間を通して1ヶ月あたりの平均として考えてよいのか分かり
> ません。
↓このように計算してください。
支給した額18万円 ÷ 対象月数6 = 1箇月当たり3万円

Q慰謝料や、貰うお金で生活している場合、収入証明は?

どうなるのでしょうか?

例えば、
離婚して毎月慰謝料を10万円、
子供から毎月仕送り10万円受け取って、生活している場合、
収入証明はどのようになるのでしょうか?(市区役所から発行される物)
また、どうすれば発行してもらえるのでしょうか?
(確定申告?)

実質、自分が働かずに生活をしているので、
給与所得の源泉徴収票などはないのですが、
収入証明が必要な場合はどうすればいいのでしょうか?

急ぎで必要になったため、困っております。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>離婚して毎月慰謝料を10万円、子供から毎月仕送り10万円受け取って、生活している場合、
収入証明はどのようになるのでしょうか?
それらは非課税です。
なので、役所が発行する「所得証明(課税証明)」では0円です。

>収入証明が必要な場合はどうすればいいのでしょうか?
役所に印鑑を持って行き、収入0円の住民税の申告をすればいいです。
そうすれば、収入0円の証明書を発行してもらえます。

Q派遣のバイトしています。 交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社

派遣のバイトしています。
交通費が給料所得になり、課税される派遣会社と、交通費として非課税の派遣会社があるようですが、これで税金の額に違いがあるのは合法なんでしょうか?
派遣会社に交通費は非課税にして分けて欲しいとお願いできるのでしょうか?

Aベストアンサー

おじさんです。
多くの派遣会社は 時給のほかに 交通費を支給することはあっても 実際の金額に拘らず定額です。徒歩で通勤できる人にも 月3万円かかる人にも 一律5千円くらいです。その場合は、通勤手当ではなく給料とみなされ課税対象です。
人によって 通勤手当を計算するなんて 面倒くさいし 派遣先に請求できませんから する会社は極めてまれです。
お願いしても 基本的に認められません。派遣のシステムは そういうのなのでする。

Q9月13日から29日まで派遣で短期の仕事をし、収入額は86,400円に

9月13日から29日まで派遣で短期の仕事をし、収入額は86,400円になります。そして、10月から他の会社で正社員として働く事になったのですが(月収は18万くらい)、その会社で年末調整を行ったら、派遣で働いていた事が分かってしまいますか? 派遣会社には扶養控除等申告書は提出しませんでした。他の収入はありません。
もし分かってしまう場合、派遣での勤務期間も分かってしまいますか?
無知でお恥ずかしいですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>その会社で年末調整を行ったら、派遣で働いていた事が分かってしまいますか?
いいえ。
貴方がそこの派遣の会社からもらう源泉徴収票を、これから働く会社に出さなければわかりません。 

Q交通費の非課税限度額と課税額について

会社で給与計算の担当になって1ヶ月の者です。
給与と一緒に支払われるマイカー通勤の場合の
交通費の非課税限度額について質問なのですが、
決められた非課税限度額以上の額の交通費を
非課税交通費として支払っていた場合、
罰則を科せられることはありますか?

例えば、自宅から会社までの通勤距離が3kmで
会社が支給する交通費が6,000円
そのすべてを非課税交通費として支給していた場合です。

前任の担当者が1年未満でコロコロと変わっており、
どうしてそうなったかまでは把握できていないのですが、
どうぞお力をかしてください。

Aベストアンサー

 支給した通勤手当から非課税分を引いた差額に掛かる
毎月の源泉徴収税額が過少であったということで、
厳密にはその部分につき不納付加算税等が課せられる
ことにはなります。
 ただ国税通則法の規定により、早めに税務署に事情を説明し
て不足分につき納付することで、ペナルティの税金を軽減あるいは
なしにできる場合がありますので、所轄税務署にご相談されること
をお勧めします。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

Q事業収入以外の収入の所得の処理は

家庭の主婦です。
パソコン教室を事業収入(営業)として確定申告をしようとしています。
収入はこの他に、義父が栽培した野菜を、
多少おすそ分けしてもらい販売した売上金があります。
この野菜の売上金(収入)はどこへ入れたらよいでしょうか?
なお、この野菜の必要経費はすべて義父が申告しています。(義父が支払い)

事業の収支内訳書の中のその他の収入に入れるのはおかしいと思うと同時に、
確定申告の農業収入(農業所得)では事業でないのでおかしいと思うのですが。。
確定申告の雑収入ぐらいしか適当な科目が見つかりません。
確定申告の雑収入でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

「多少おすそ分けしてもらい」
の意味を
仕入れたと強調するとー>所得税
もらったと強調するとー>贈与税


人気Q&Aランキング

おすすめ情報