ネットが遅くてイライラしてない!?

将来子供を医者にしたいです。
5歳(年中)と6歳(小1)の子供がいます。将来子供を医者にしたいです。
その為には、今から長時間の勉強習慣が必須だと思います。

公文にいかせて、国、算、英を習わせてます。

公文と学校の宿題だけしかせず、それ以上はやりたがりません。
それだと一日1時間もやりません。

勉強はできるほうでは有りますが、今から長時間勉強する習慣を身に付け
成績も学年上位に常に入ってるようにしたいです。

小学校は普通の区立に通ってます。住まいは東京です。中学は偏差値の高い所を受験させて通わせたいと考えてます。

質問
1、勉強を長時間させるにはどうしたらよいでしょうか?

2、本人に医師への憧れや、どうしても成りたいという強い気持ち、志、信念を持たせるにはどうしたらよいでしょうか?

3、医学部への合格が高い高校への進学を考えると、この時期からしておくべき勉強方法はどういったものがいいでしょうか?

4、医師を前提として、中学受験を考えると今の時期にしておく勉強として、どの教科を中心に、一日に何時間くらいするのが良いでしょうか?

5、そして絶対に必要なのが本人のやる気の継続力をつけさせるにはどうするのがよいでしょうか?

いろいろ本や、サイトでも勉強させていただいているのですが、ご経験などからの失敗談や成功例などアドバイスいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

医師になる苦労は説明できないほど大変な事です。


人の命を預かる職業ですから。
その為に医学部も物凄く本気です。金額も本気です。
浪人、留年は当たり前。
なので両親のどちらか、または両方が医者でなければ
なかなかなれないものです。
大学のその後の国家試験もありますし。

もちろん才能があり、医師になりたい意欲が強い子は
親が何も言わなくても行けますが、お尻を叩いて行かせて
なんとなくなった医師に診てもらいたいと思いますか?

そして下世話な話ですが、子供一人を医者にさせるのに
どのくらい金額がかかるかご存知でしょうか?
お医者様の息子さんが今大学医学部に行っていますが、年間1000万円以上です。
それが6年間。ストレートで行っても8000万円近くかかるようです。
その前のお受験や塾、その他いろいろ考えると、今から一人当たり
1億は準備しておかなければならないようですが、経済的に大丈夫であれば
そこから出発ですね。

お子様が本気になれますように。
    • good
    • 6

「医者にさせる」「公文に行かせる」など思考が「使役」系なんですね。

しかも一人ダメでももう一人、というスペアの発想が透けて見える。長丁場で息をつけない家庭に育つお子さんが気の毒です。

小三まで伸び伸びやらせて普通にあらゆる試験で満点近くを取ってくる、公文はそれなりに楽しく続け先取りが進んでいる

小四になったら塾を選ばせ、そこでも楽しくゲームでもやるように難問に取り組む

中学受験では医学部実績のある一貫校に進む(東大実績とは必ずしもリンクしない)

学校を軸に、塾をペースメーカーにして上位を保つ

場合によっては予備校に切り替える、もっとできるようなら鉄緑など、東大理三が視野に入るようなところに

高二までに先取りを終わらせ、高三では学力や特性に応じ医学部の志望先を複数定める

親は地方進学、浪人(あるいは私学行き)に備え資金を用意する

というのが首都圏のテンプレートでしょうか。この中に「勉強時間」や「教科・科目」、「医師へのやる気」などは出てきません。重要ではないからです。少なくとも子どものうちにこれらよりうんと大切なのは「好奇心」「探求心」でしょう。

公文は先取りには有効ですが、必ずしも受験の実戦向きではありません。中学受験を念頭に置く場合、小四から塾に切り替える、あるいは塾と併用するというのがスタンダードだと思われているようです。

だいたい小学校高学年までに大学としてはどのあたりまでか、というのが見えてきてしまうようです。自分でプランを立てる自主性がそれなりに芽生えていれば、塾づけにせずとも、地方にいてもそれなりに伸びていくでしょう。

もしそんなに利発な子ではないことがなんとなく判明し、それでも尻をたたき続けてムリヤリ医学部を「目指させる」のであれば、相応の犠牲(メンタルや資金、あるいは時間など)が伴う可能性もあります。
    • good
    • 6

まず、教育なんていうのは前提とする最低限の強制的な勉強時間はあるにせよ100%確実な方法なんてないですし、個人差が大きいものだと思ってます。

さらに、例えば30人の平均的な能力の生徒に対する塾だったり公立高校の教育やはたまた国の教育方針それらはすべて同じようにすれば上手くいくというものでもありませんから。そういう意味でいえば、小1の子が上手くいった方法で年中の子が上手くいくかというとそうでない可能性もあるのですから、特定の成功方法に頼りすぎるとか、何か一つの方法に固執しすぎるというのが一番危険な考え方なんじゃないかとおもいます。

下の回答であるように小さい頃の教育スタイルにも色々な考え方があるのも事実で、要するに「放置して自主性に任せたら自然に勉強してめきめき実力を伸ばした」なんて場合もあるし、「親がしっかりと手取り足取り強制してやって初めて精神的にも肉体的にも鍛えられて」という場合もあるし、「やる気なかったけどたまたまブラックジャックを読んで憧れからめきめき上達した」なんて場合もその人次第で様々なケースがあるのです。これらはすべてお子さんがどういう感性の子で、どういうことが苦手で何を得意としているのか、そしてどういう勉強スタイルならばその子の才能を気持ちよく伸ばしてあげられて、一方で苦手なことをがネックになってればそれを克服してあげられるかということでしょう。そして、親は一生懸命試行錯誤して上手くいく方向へ導いてあげるのが正しい教育の仕方なんじゃないかと思います。沢山の親がいればたまたま放任して東大に行く子を育てた親が教育本なんかでエラそうに語るかもしれませんけど、そういう親が絶対的にすごいわけでもなくて、100人ぐらいいれば一人ぐらい適当に教育してもうまくいく感性の子だっているというだけの場合も当然あると思いますよ。統計的には1%でも家庭にとっては成功か失敗かにしかすぎませんけどね。ただ、統計的によりしっかりした話をすれば色々な傾向がある面も事実で、一例とすると東大卒の親や研究者の子どもはそれなりの大学に入る傾向があったり、少なくともそういう「親の背中をみて子が勉強する」というのはある程度あるのかなあとか、勉強する習慣があるとかそいうのはあるでしょうね。そういう意味では、自分が医学部受験の大変さ、大学受験というものの実態を経験してないというならば進学校にさっさと進学させて、小さい頃から周りのそういう学生との生活から良い(?)影響を受けるのは一つのある意味いい選択かなあとは思います。が、これも100%ではありませんね。

第一、自分が小学校の頃に見てた世界って親が大変だなあ、自分でできるかなあ?とおもうようなことも平気でできるように思ってしまうからたちが悪いような気もします。大人になってからの5年10年って案外あっという間な気がしますけど、子供の頃の10年20年は、実際子供はさまざまなことを学んで、吸収して成長するわけですからね。それは勉強の事だけではなくて肉体的にもそうですし、精神的な面でもすごく成長するわけですから、時にはそういうものに立ち止まってあげる余裕のある生活環境も重要なんじゃないかなあと思いますよ。そういう意味では、家庭の経済状況とか、両親が仲がいい家族の方が子供の成績が良い傾向にあるなんて言うのは結構間違ってない気もします。また、小学校ぐらいで多少できないことなんて中学高校に入って精神的に成長すると案外コロッと好きになったりすることだってありますから。そういう意味で言うならば、小学生ならばあまり長時間せかせかと塾通いして単に寝るという精進生活するを強要するぐらいなら、気晴らしがてら水泳なんかの運動をやって、できればピアノとかもちょっとかじらせて、まあ余裕があればそろばんなんかを適度にやって、あとは定期的に勉強する習慣づけをするぐらいの方が丁度良いかもわからんですね。中学高校ぐらいになって、受験という世界を知り始めてから、本気で医学部とかを含めて将来の事を考えても遅くはないような気もしますから。

色々言ったんですけど、要するに試行錯誤ですからね。才能がなくて音楽家になれなくても、息抜きで小学校のころちょっといやいややってたピアノがいい趣味だ、あんていう大人もいますし、小さいころに少しでも運動してると、大人になってもう一回やってみたいなあと思う時も来ますからね。受験勉強は大切ですけど、受験勉強というよりも教養という意味で高校ぐらいの教科書を眺めてみると意外と上手くまとまってて面白いなあと思ったりもするもんですよ。大人になってから読んでみると。そういうのを子供が勉強するときに気付けたらもっとも勉強楽しいだろうなあとか思うだろうし。要は、親ができることなんて、子供に自分や他人の世界観を伝えることで、その一環として勉強という過程があるに過ぎないのだから、それは子供が受け入れられること探すぐらいしかないんじゃないかなあと思います。その延長線上に現実的な意味での医学部合格とか東大合格はあるんでしょうけど、前提として後者が先にきても子供がそれにこたえられるかどうかなんて100%言うのは難しいでしょうね。100人ぐらいいればそういう教育して1,2人ぐらい上手くいく場合もあるでしょうが、そういう例外を取って正攻法だというのは、FXでたまたま大あてした人が天才だというのと大して変わらんと思いますね~。FXなら失敗してもまあいいですけど、子供の人生は1度きりなんで、たちが悪いですけどね。

まあ、どうしても医学部というならば親ができる最低限の事はせいぜい受験などあらゆるものに金をかけて”プロ”に任せておいて、自分は子供が将来浪人した時とかあるいは私立に行きたいという時にドカと出してあげられるぐらいの貯金をするとかお金もちのおじいちゃんおばあちゃんから金をせびることぐらいなもんですよ。それならば、あなたが頑張ればできるんですから、子供の成績を上げるという他力本願なことよりもはるかに簡単なもんです。あなた次第なんですからね。

だから、やる気を出させる方法というよりも、いかに色々な経験をさせて、お子さんと時間を過ごす間にその子に合った方法合わない方法をあなたが探すことが大切なんじゃないですか?その上で医学部受験に対応すればいいともいますよ。
    • good
    • 2

補足です。


経験上、低学年から公文に通う子は、高学年になると成績が落ちます。
    • good
    • 4

成績を上位に持ってくることは努力しだいで可能だけど、医者になりたい思考にさせるのは無理なんじゃない?

    • good
    • 2

自分が塾講師バイトで気づいた点ですが、成績が悪い子ってペンの持ち方とか姿勢が悪いこと多いですよ。


そして成績が良い子は素直な子が多い。ある意味で純粋無垢なんです。
何事も肯定されて生きてきたような子、人を信じ過ぎちゃう子、頑張ったら絶対褒められると信じているような子です。
だから普段から姿勢を良くして、何事も褒めてあげて、本人も肯定し、本人が何かを肯定したら褒めてあげて、そういう子の方が良い気がしました。
個人差なのかもしれないのですが、そういう子は勉強をあんまり勉強と捉えてない気がするんですね。クイズ番組を楽しんでみてるような感じですよ。
要するにとても子どもっぽいんですよね。
親がまずそういう姿勢なのかどうかは大事だと思います。
博物館に行っても親がつまんなそうにしてたり、お金持ちだから成功者だからみたいな理由で医者を薦めても憧れる子どもは少ないと思う。
子どもはカッコいいとか足が速いとか、やさしい、面白いがすごく好きです。お金持ちとかはむしろ嫌いですしね。
だから親のちょっとした性格は子どもにも出るんじゃないかと思いますよ。
意外と世間体やお金のこと気にしますし。ああいうの親の影響ですよ。

ただ同時に
左利きを矯正されたチャーチルやジョージ6世は吃音や学力不振・うつ病で終生悩みます。やはり程度とか理解とか柔軟性とかは大事だと思います。
    • good
    • 1

親戚や友人に何人かいます。



>1、勉強を長時間させるにはどうしたらよいでしょうか?

僕の場合は、兄や友人でした。勉強に限らず競争心が激しかったと思います。ただ性格はそれぞれ違うので個々に合った方法を取ることを薦めます。
また15歳ぐらいまででの性差や個体差は大きいです。
基本的には「興味・関心・好奇心」ですね。
また12歳ぐらいまでの子どもは「信号は守る」「動物はいじめない」などの倫理観は身につきやすいですが、ダブルスタンダードは非常に苦手です。例えば学校で「悪口を言ってはいけない」と習って家で両親が言ってるとひどく傷つきます。親と教師が言ってることが違うと混乱するんですね。
哲学的思考も苦手です。
別途、動物や技の名前を覚えるのは得意です。
そういう子どもの特性を見ながら育てるといいでしょう。

>2、本人に医師への憧れや、どうしても成りたいという強い気持ち、志、信念を持たせるにはどうしたらよいでしょうか?

やはり周囲にそういう人がいるかどうか、医療に関わる経験をしていることは大事だと思います。
医学部は浪人することも多いですが「何でそこまでして」と言う時にこそ、折れない気持ちは強くて純粋な思いがないとだめです。人を助けたいと思ってる子どもは多いから、そういう経験を積ませることは良いことです。

>3、医学部への合格が高い高校への進学を考えると、この時期からしておくべき勉強方法はどういったものがいいでしょうか?

決まりはないですけれど、くもんとかそろばん、読書など。
くれぐれも「興味、関心、好奇心」を壊さないように。
日本のテレビ普及率は100%を超えてますけれど東大生でテレビを見てない家庭はけっこう多いってのは有名です。

>4、医師を前提として、中学受験を考えると今の時期にしておく勉強として、どの教科を中心に、一日に何時間くらいするのが良いでしょうか?

決まりはないです。
通常は小4の春から週2,3で通って、徐々に増えます。
小5の終わりからは週4で1日3-5時間は普通です。
基本は国語算数で、男子進学校の場合は算数・理科が難問になることが多いですね。
小6は夏以降は週に40時間ぐらいはやりますね。
長丁場ですので義務感でと言うより工夫しながら喜怒哀楽の中でやった方がいいと思います。

>5、そして絶対に必要なのが本人のやる気の継続力をつけさせるにはどうするのがよいでしょうか?

そういうもんだ、と思わせることじゃないですかね。
良き悪きは別にして、連中は週3回ぐらい塾通いすることや医学部に行くことは当たり前だと思ってましたよ。
親が医者だし、進学校に行っててほかの生き方も知らないし。
だからぶーぶー言いながらもそういうのを続けてました。
世間のイメージのように天才的だとか、本人の強い意志で、とかで医者になった奴を周りでは知りません。流れや消去法ですね。

東京圏は文系大学(東大早慶)を頂点とした国語英語系に強いイメージはあります。
悪く言えば理数系科目が弱い進学校が多いです。
当然、医学部に不向きなところもあります。
麻布や女子学院なんか完全にそうですね。
ほかにも実際は有名進学校でも医学部実績が薄いところもありますし、調べてから受けた方がいいですよ。

必ずしも有名な所を狙うのではなくて、
東邦大東邦とか海城とか理系や医学部に強いところの方がいいと思う。
あと入ってからですね。
個人差があるので目先のテストでどうこう言わずに、同時に学校名では無くその子の結果としてどこに行けるか?を考えて動かすことです(計画性というものです。子どもや一部の女性が非常に苦手な分野です)。
当然、中堅進学校で1位なら医学部行けますし、進学校でビリなら行けません。そういう部分に希薄な人多い気がします。
    • good
    • 1

親が勉強しろしろと言って勉強してるようでは失格です。

頭の良い子は言われなくとも自分から机に向かいます。これは子供が国立大学に入った親達の意見です。それと宿題しかやりたがらないんだから勉強があまり好きじゃないみたいですね。それとお父さんが医者になるわけじゃないんですから、適性があるかが問題です。注射器みるだけで嫌な人もいます。死体かいぼうもやるんですよ。親に言われて、親が医者だからとせっかく医学部に入学しても何割かは適性がなくて退学します。法曹界とか会計士とか子供ががやりたい事をやらせたほうがいいと思うんですが。
    • good
    • 3

現実問題として才能がものを言います。

まあ、才能と言っても天性のものなのか、乳幼児の時期の環境によるものなのかは微妙ですけど、小学校に入る頃には概ね決まっていると思いますよ。
たとえば、将来、国立の医学部に受かるような子は、勉強などせずとも学校の成績は1番です。「できるほう」ではなく、「1番」です。まあ、相手があるので2番になるかも知れませんけどね。

1:その時期、長い時間勉強することに大きな意味があるとは思えません。
2:医師という仕事の良さでも語って刷り込みますか?子供が小さければある程度の効果はあるでしょうけど、しつこいと反発されるかもしれません。特に、親への信頼感が希薄である場合にはね。だとすれば親子関係の構築も重要です。

医学部、特に国立の医学部を目指すのであれば、実績のある中高一貫校に進学するのが良いです。東京であればトップの数校あたりでしょうか。それ以下の学校では、学内でかなりの上位の成績でないと難しいでしょうね。厳しいことを言えば、トップの数校に入るためには「勉強はできるほう」というレベルでは難しいでしょう。

で、中学受験をすれば現実が見えてきます。国公立に進学実績のある中高一貫校に合格実績のある塾に通って、そこでの成績を見ていけば現実がわかるということです。前述のように、才能のある子は、たとえば5年から塾に入ったとしても、楽勝で難関校に合格します。才能の劣る子は、3、4年から入り、はじめのうちは良い成績を上げていたとしても、次第に、後から入った子に追い越されて、順位がどんどん下がっていきます。それは、後から入ってきたこの中に、優れた才能を持っている子が多勢いるからです。そういう状況になれば成績をあげるどころか維持することさえ困難になってきます。そうなれば、防戦一方で消耗も激しく辛い戦いになります。それが中学受験の現実です。だから、才能がものを言うと言っているんです。もちろん、猛勉強で学力を伸ばす子もいるでしょうけど、小学生では難しいでしょうね。それができるのは高校受験からではないですか。だとすれば、中途半端な進学校である中高一貫校に進むのではなく。高校受験にかける手もあるでしょう。

また、現実問題として、数千万円の学費がかかりますが、私立の医学部も考慮しておくことになるかもしれません。それでも、最近は裕福な人が多いのか、簡単ではないと思いますよ。ご存知とは思いますが、国立の医学部に進もうと思えば、東大や京大に受かるだけの学力が必要です。全国でベストテンに入るほどの進学校でない限り、それだけの学力を有する学生はかなりの少数派です。

ちなみに、医師以外の進路は考えられないような思いをもたせると、受からなかった場合の反動が怖いです。現実を見ずに、何年もの浪人生活を繰り返すことになる可能性もあります。子供の将来は親が決めるようなものではないと思います。

3、4に関しては特に何もする必要はないというか、無駄です。水泳教室にでも通っておくのがよいかもしれません。
結局、医学部進学に向けた準備を始めるとしても、小1から始めると12年になります。人間の精神というのはそれに耐えうるほどタフだとは思えません。小さい子供であればなおさらです。だから、塾よりも水泳教室なんです。中学受験をするのであれば、高校受験を回避して、精神的な回復を図るということになります。メリハリも必要なことです。
    • good
    • 2

親のほうで我慢が必要かと思います。



男の子の場合だけ答えます。

男の子の場合では、競争心という本能がありますから、

これを勉強に向けられるかが鍵でしょう。

また、自然や科学に対する興味も有りますので、これを刺激できるかどうかが大事です。

私は大学院まで出ましたが、塾というものに通ったことがありませんでした。

就職してからは国際特許などもとりました。

ある分野では世界一だと思っています。(と思いたいところですがw)。

そういう意味では、何故このような自分が形成されたのか?

親が何を意図して自分を教育したのか?

晩年になって良く考えます。

わたしの叔父はやはり某有名大学を卒業し、事業を為しております。

その息子である私の従兄弟ですが、有名私立中学の入試で成功した後、突然失速して

いまはニートになっています。もう中年ですが。

遺伝が何らかの関与をしているとしても、親の教育方針により天と地の差になります。

親と言うのは子供の努力の範疇を超えて、多大な影響を与えるものだとおもいます。


自分の場合は、気がつくと一般で言う勉強と言うのをしています。

普通の人が空想と呼ぶものの代わりに、発明や方法論の考案などをしています。

自覚としては遊びと区別がつきません。

普通の子供がゲームやテレビに熱中するのと同じで、趣味として楽しんでしまいます。

長時間持続しますし、集中力も高いです。

つまりご質問にあるお望みの状態です。

如何にすれば、そのように誘い教育できるか?

うちの親が他と違った部分だけご参考にお話します。



勉強をするとか、

良い学校に入るとか、こういった大人が解釈する概念を子供は理解しません。

逆の発想をすると、子供が認知できる概念で、同じ事をさせればよいのです。

ここの工夫が親御さんの勝負どころです。

すべてのご両親が望むことは同じなのですから。

勉強をさせようとするのは誰もが同じ。

ではここで他と差をつけるにはどうすればいいのか?

この工夫をサボってしまえば、結果がよくないのは間違いありません。



また、親のほうも何故有名大学の入試が難しいのかを研究せねばいけません。

一般に有名大学の入試は難しいといわれます。

そのため、勉強が必要なのだと勘違いします。

しかし素直に考えれば、勉強を求めない親や先生はいません。

そうして対策された子供たちが難しいと感じるわけですから、

ここにはトリックがあるはずです。

実は、幼少の頃に年齢にそぐわない教育をした場合は、

脳のある部分が成長できず、どうしても理解できない概念が生まれてしまいます。

これを発達障害と言います。

知の集団である大学の先生たちは、こうした欠陥を毛嫌いするため、

ここを主軸に入試問題を作ろうとするんです。

詰め込み教育が批判され、ゆとり教育が提唱された時期がありました。

こうした経緯からでしょうね。

しかし、忍耐を覚える大事な時期に、ゆとりを教えてしまえば、大変なことになります。

そのため、すぐに批判が集まりました。

結局は、年齢に適したものを与えることが大事ですね。

凡庸なる人が教育方針を考え出しますと、その子供は障害を持つ可能性があるということです。

ゆとり教育の被害者は、未だに苦しんでいます。


例えば小学校の教科書などは、国内でも有数の学者(天才ですね)

が将来の天才の成長を夢見て、脳が成長するために必要なものを選んで作ります。

逆に、入試対策で組み立てられたカリキュラムは脳の成長を阻害します。

天才は天才にとって必要なものは何かを知っています。

有名大学の入試が何故難しいと感じるか?

幼少の頃に親が与えたモノが違うからです。

幼少の頃には爆発的に脳が成長します。

ここで間違ったモノを与えると手遅れとなります。

余計なことをすると、健康な成人よりも頭が悪くなります。

成長相応であれば、自然と天才域まで発達するようになるようです。

親の望みによる教育は阻害の方向に働きます。

如何にして他の親が我慢できないことに賭け、自分は我慢するか。

教育の本質はここにあるとおもいます。



私も医者を目指しても良かったんですが、どうしても嫌だと思っていました。

なぜかと言うと、母親が医者になるといいと言っていたからなんです。

幼少のころはお母さんのために、お母さんに褒められたいと思って、

僕医者になりたいと言っていたんですよ。

ところが、思春期になりますと、これにだけは成りたくないベスト1でしたね。

つまり男の子の成長と言うのは、最後は母親の望みの否定になります。

マザコン男性と結婚したくない女性は多いと思います。

ということは、母親は息子に敵対されることを想定しないといけません。

私の従兄弟は勉強をしたいと思っていたはずです。

しかし、母親に望まれた経緯があり、

これがトラウマとなってどうしてもできないという状態になったようです。



さて、方法論ですが、逆転の発想を使います。


「全ての母親が勉強をさせようとし、これに対して子供は拒絶するため、

 本来の学力よりも低い状態で成長するはずである。」

と考えます。我慢比べですね。

実際に中学入試の面接官をしている方が、この影響を述べています。



私の母親はこういう言い方をしました。

「勉強さえできれば、人に馬鹿にされない。」

子供にとって将来の話は、遠い未来ですから、夢みたいなものです。

しかし、身近な友達に苛められたり馬鹿にされることは現実の問題です。

これは一番心に届きましたね。


そして勉強と言う手段で、限界が来るのは中学から高校です。

父親は自然と遊ぶ、工作する、危険を教える、卑怯と言う概念を教えました。

そして大事な話ですが、偉人の話を沢山しました。

また、絵を描く。模写する。地図を模写する。こういう遊びに誘いました。

小学校の2年くらいからは将棋を教えます。囲碁でも良いです。

ここに向けて準備をするには、遊びを通じて、

自然科学、工学、歴史政治経済倫理・人文学の基礎、

そして計画や駆け引きを教えておかないといけません。

勉強の内容がこちらへシフトしていきますので、

塾などの勉強では対応できなくなるんですよ。

頭が悪いのではなく、小学校時代の遊びの質が悪いんです。


また価値観を変えておかないといけません。

私の場合は塾にいきたいと何度も頼んだんですが、だめだといわれました。

不安でたまりませんでしたね。

親は勉強しろと言いませんし。

問題集と言う高価なものもありません。参考書とかも与えられません。

辞書を買ってもらうために、何度もおねだりをしたり、お手伝いをしました。

教科書と授業のノートしかありませんから、必死でしたね。


親は私の将来について無関心なのだと思い込んでいました。


しかし、父は私のために、引越しをしてまで、自然が溢れる場所を選びました。

時間を作って大事な遊び(脳の成長を誘う)に誘いました。

ある時期はプロの将棋指しになろうかと思いましたが、

すぐにこれは否定されます。

「もうつまらないからやらない」

みたいに付き合ってくれなくなる。

絵描きを目指したときは、

「絵描きは食えない。」

テレビ番組で絵描きの生涯が描かれるたびに、どれだけ貧乏で非業な死を

遂げたかを語る。これにより絵描きを目指さないように制御していたと思います。

自然と興味が別にむくように、細心の注意を払って子供を観察していたようです。




子供が成長するにあたり、自然と脳は成長し、興味がかわります。

この僅かな瞬間を見逃してはいけない。

ここに対して、適切な印象を残す。

父は折に触れて、色んな美人が居るといいました。

思春期まえには、必要悪という概念を教えてくれました。




勉強時間よりも、脳の成長=自力を養うほうに転換したほうが良いです。

ここを充分に蓄積した子供は、高校くらいから飛躍的に伸びます。


勉強については、楽しいものだと思い込ませて、与えないようにする。

しかし、遊びだと思い込ませて、同じ作業や概念を教えてしまう。

一工夫ですね。




急がば回れと言います。

面白いと思って取り組めるように環境を整えて上げる。

反抗期なども含めて、これを逆に利用する。

面白いと思って取り組むと、(以前自分で実測したことがあるのですが)、

上達スピードが2000倍くらいになるようです。


何が一番影響を与えているか?

きっかけは、大好きな人との遊びじゃないといけません。

子供が誰を好きになっているか?

そこでの遊びで何をしているか?

ここを制御するのが良いと思いますよ。

これらを念頭において工夫をしなければ、工夫をしている親御さんには勝てませんよ。

こうした部分で親も楽しみ、面白いと感じるべきでしょう。

面白いと思って取り組まないと、教育についても上達しませんから。

親御さんの晩年の人生に対しても、大事な成長過程でもあるとおもいます。

以上、ご参考に成れば。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q将来医者になるヒトの子供時代

 前に、西川史子が「両親が医者で、自分も子供の頃から医者になることを義務付けられ、子供の頃は泣きながら勉強していた」
と話していました
 奈良で、医者の両親からの厳しい教育を受けていた男子高校生が自宅を放火するという事件に対しても
 「そういう気持ちはすごい理解できる」
 と話していました

 医者になりたいと志す人にはいろんな動機があると思われますが、子供の頃に特別医者にあこがれるような出来事が無く、健康であれば遊びたいという欲求のほうが強くなるのが普通で、自ら自己管理をして勉学に励もうとする子供がなかなかいないのが現実なんでしょうか?

 となると、親が半ば強制的に勉強をさせて下地を作っているのが、将来医者になれる人材を作る教育になるんでしょうか?

Aベストアンサー

私は田舎の公立の進学校の出身ですが、
医学部に受かった人は一部が医者の子供、
残りはそれ以外といった感じでした。
高校によってこれが半々なのかもしれませんが。

私の母校の出身者は、中学時代までは
たいして勉強しなくても試験ができる子が大半なので、
その意味では、まあたいして自己管理できなくても
そこのラインまでなら来る人は難なく来る様です。

で、その中から医学部を目指した人についてですが、
まず医者の子供はほとんど医学部を目指してました。
でもそれはむしろ「例外」といった感じでしたね。
じゃあそれ以外のひとはなんで医学部を目指したか。
「受かる可能性があるから」というのがほとんどようです。
もちろん受かる可能性があっても別の学部を選ぶのが大半です。
そのレベルがだいたい学年で50人くらいでしたが、
その全てが医学部を受けるわけではなく
大半は現役でかたい旧帝大を受け、
残りは東大、京大、東工大、一橋あたりを受け、
一部がどこでもいいので国立医学部を受けるといった感じでした。
あと、私立ならばお金があればそこそこでも入れるので、
親がお金を工面できる家ならそういうのも結構ありました。

> 親が半ば強制的に勉強をさせて下地を作っているのが、
> 将来医者になれる人材を作る教育になるんでしょうか?
それはならないと思います。
多少の誇張はあるでしょうが、西川史子さんの様に
「泣きながら勉強する」状態は、正直いって異常です。
また、奈良の高校生放火事件の例も、
親が地方の医学部を出たことに序列に不満があり、
絶対に旧帝大の医学部じゃなきゃダメだと言ってたのも
子供の性格を歪めてしまったんだろうなあ、と思います。
それでも「絶対に子供を医者にしよう」と思えば
(もちろんそう思うこと自体に問題があると思います)
親も必死にならざるをえない現実はあるのでしょう。
医者のステータスが高すぎるのがいけないのかもしれませんね。
医者が子供に医者にもなって欲しいと思う原因の一端はそこでしょう。
おそらく教員が子供にも教員になって欲しいと思う例は
医者よりもはるかに少ないはずですし。
その意味では、多少医者が余るくらいの方が
医者の有り難みが無くなるのでいいのかもしれません。

私は田舎の公立の進学校の出身ですが、
医学部に受かった人は一部が医者の子供、
残りはそれ以外といった感じでした。
高校によってこれが半々なのかもしれませんが。

私の母校の出身者は、中学時代までは
たいして勉強しなくても試験ができる子が大半なので、
その意味では、まあたいして自己管理できなくても
そこのラインまでなら来る人は難なく来る様です。

で、その中から医学部を目指した人についてですが、
まず医者の子供はほとんど医学部を目指してました。
でもそれはむしろ「例外」といった感じでし...続きを読む

QZ会の通信教育を小学生にさせている保護者の方

小学校3年生の女の子がいます。同級生には公文に行ってる子や、チャレンジをする子、そろそろフランチャイズの受験予備校の塾に行き始める子もいます。
うちの子は塾に行っておらず、算数と国語のドリルなどを家庭学習としてさせております。
そろそろ塾に行かせた方がいいのかなとも思いますが、あんまり早くから塾の宿題に追われたり、塾を1度休むと取り返すのに苦労したりなどということをさせたくないし、自分だったらしんどいなと思うこともあって、塾に行くにしても5年生ぐらいでいいかなと考えています。
塾に行けば、刺激にもなり、受験や試験のテクニックを教えてはくれるでしょうが。
ただ家庭で学習をみるのも学年的に限界になってくるので、4年生からZ会の通信教育をさせたいと思っています。
塾であくせくするよりも、もし、Z会の方が彼女に合っているのなら、そのまま続けさせたいとも思います。
小学生向けのZ会は、中学受験を特にターゲットにしていないようですが、Z会の経験者の方やその保護者の方、または家庭学習で成果をあげられている方、ご意見をお伺いしたいと思います。

Aベストアンサー

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生とか)が添削して返してくれるから高いのです。それだけです。あのぐらいのテキストなら本屋へ行けば山ほどあります。

もし、娘さんがあまり几帳面でなく、計画性がないのであれば、通信講座は良くないかもしれません。添削課題はいいように見えますが、本人のやる気(添削を出したり)がなければまったく意味がありません。

几帳面でないと仮定すると、ご家庭で今までどおり、ドリルをやられることをお勧めします。小学生時代にドリルをやりまくることは、必ず今後役にたちます。どんな応用(Z会とかのテキスト)に立ち向かおうとも、基礎がなければ考え方すらわかりません。進学をご希望ならなおさらです。

塾についてですが、まず公文式。あれはドリルを繰り返しやれば済む事です。お金を払ってまでやることではないです。公文式はひたすら、みんなで集まって基礎問をやるだけです。
次に受験予備校。入試テクは確かに便利です。目が覚めるような感じがします。娘さんがいつも必ず予習をされるのであれば、かなり有効な手段です。予習がなければ行くだけ無駄です。

普段学習について。
九九は見ないで早く、順番を気にせずに言えますか?作図する力はありますか?漢字は小学常用漢字(1000字ぐらいかな?本になってます)全て書けますか?このぐらいは中学受験時あたりまえですが、さらに自信をつけたいなら、中学の参考書を読むことがいいと思います。今、高校だけでなく、中学用チャートも出ています。進学校、中高一貫教育校の強みは高校の勉強を中学で始められる事につきます。そのためには中学の基礎が、中学の基礎をつけるためには小学の基礎が必須です。

なんだか話がとびとびですが(笑

とにかく、一番いい方法だと思うのは、ドリルを続ける事です。一冊終わったらまた一冊と。頭がまだやわらかいですから、なかなか忘れません。国語はよくわかりませんが、数学はとにかく解く。英語は時間がまだあるので、読んで書いて、単語を覚える事。ご両親がたまーにテストしてみるのもよいかもしれません。

最後になりますが、(長くてすみません)
子供の勉強を促すには、まず親御さんが勉強してください。「そんな暇はない」と言わずに、やってみてください。やらない人の言う事は誰だって聞きたくありません。第一、説得力に欠けます。「親が一生懸命やっている」と感じれば、子供だって火が少しづつつきます。

私は医学部志望ですが、私の父はいつも勉強を見てくれます。過去問を解いてる時も、質問すれば必ず教えてくれます。彼は開業医でいつも忙しいですが、時間をみつけては参考書を開き、昔習ったことを思い返しながら、勉強しています。そんな父を誇りに思いますし、文句も言えません(笑

自慢もおりまぜましたが、すごく言いたい事でしたので、書かせて頂きました。すみません。

頑張って下さい。

高3です

小学校の頃、すごく仲の良かった子がZ会会員で、テキストを見せてもらっていました。進研ゼミのより、ちょっと応用編という感じがしたのを覚えています。(私は進研の方でした)その子は昔からやっぱり学年でも上位にいる子で、今の志望大も東京大と聞いています。

でも、それはたまたまZ会が几帳面で器用なその子に合っていただけかもしれません。
通信講座ですよね?進研ゼミとかも通信講座です。一般的に料金が高いです。
ご存知かもしれませんが、通信講座(添削つき)は、プロ(赤ペン先生...続きを読む

Q医学部はいるのってそんなに難しいの?

中学のときの同級生が医師になっていることを
最近知りました。とある地方国立大を出たそうです。
そのときはへえ、で終わったのですがあとで
「地方国立大の医学部は、東大の理(1)・(2)と難易度が
ほぼ同じだ」と聞いてびっくりしました(これ本当
なんでしょうか)。そういえば確かにやつは優秀だった。

でも、ほかに医者になった知人を思い出すと、成績が
かなり???だった人もいます。私立の医大に行った
そうです。なんか医者二代目が多かったような気がする。
彼らも自分の知らないところで猛勉強していたの
でしょうか?

Aベストアンサー

国公立医学部に入るのは本当に難しいです。
父は地方国立大医学部卒ですが高校時代はクラスでトップ、
浪人時代も予備校に通う時間がもったいないからと自宅で自分で
計画を立てて勉強していたそうです。
国公立医学部は東大の理(1)、(2)と難易度は同じくらいだと思います。
地方でも。
私は私立医大に通っていますが私立でもセンター試験で
8割は余裕でとれるような人達ばかりです。
早稲田や旧帝大の医学部以外の学部に受かった人でも補欠合格だったりします。
勉強していない人は絶対に入れません。
確かに、国公立医学部の人よりは成績は劣りますが(^^;)
みんな真面目な性格です。
医者というのはやりがいも収入もかなりある仕事ですから
国公立も私立も医学部は人気が高く、倍率も半端ないので簡単ではないと思います。

Q学校・塾・家で勉強ばかりの子供たち

子供たちにスポーツを教えています

中学になるよ部活に入るために
辞める子は以前からいたんですが

最近は小学高学年になると子供たちは塾へ通う回数が増え
週に6日ほど塾通いとなりスポーツ教室を辞める子供が
最近は増えてきています

僕が子供のころと比べて
ご両親が勉強ばかりさせている、させはじめている子供が増えてきているように感じます

勉強をすることで将来に良い職場へ勤めて社会的地位を
受けるのは生きていくこととして大切だと思いますが
全ての人が勉強ばかりをしても良い職場に勤めることが
出来るわけでも無いですし、エリートと呼ばれる人間が人間らしさを持っているかと
言えば疑問に感じます

今の時代は人間らしさが大切ではないかと思うのですが

子供たちは学校が終わり塾に通い自宅に帰れば宿題等で
夜中までの勉強を繰り返している子も多いです

そのような勉強ばかりをすることは人として
良いことなのでしょうか?

※勉強をしないよりは良いとは思いますの

Aベストアンサー

質問者さまのおっしゃること、何となく分かる気がします。勉強せずにスポーツしろってことではなく、子供のときは放課後に友達と遊んだりする中で、その時しか学べない大事なこともあるのではないかってことですよね。

私自身(現在大学生ですが)今まで一度も塾には通ったことはありませんが、国立大にも入れたし、塾に行かなかったことで自分の未来を狭めたとは思っていません。むしろ自由に人と関わり合って遊んでいた時間が今の生活や思考にも影響を与えている気がします。また、親から、塾に行ったり勉強することを一度も強制されたことがないためか、今でも勉強は好きです。

もちろん、本人が望んで勉強したい、塾に行きたいというのであれば塾に行くことは良いと思います。が、それだけが全てだとは思いません。

塾で教えてくれるようなことを学ぶ機会はある程度大きくなってからでもあるし、同じ塾の子はみんな同じように学んでいますが、遊びやスポーツの中で学ぶことは人それぞれ、その時々で異なり、貴重なものだと思います。

そういう時間をもう少し子供に猶予してあげるのは大切かもしれません。

質問者さまのおっしゃること、何となく分かる気がします。勉強せずにスポーツしろってことではなく、子供のときは放課後に友達と遊んだりする中で、その時しか学べない大事なこともあるのではないかってことですよね。

私自身(現在大学生ですが)今まで一度も塾には通ったことはありませんが、国立大にも入れたし、塾に行かなかったことで自分の未来を狭めたとは思っていません。むしろ自由に人と関わり合って遊んでいた時間が今の生活や思考にも影響を与えている気がします。また、親から、塾に行ったり勉強す...続きを読む

Q開業医の一人娘で、医者にならなかった人

開業医の一人娘で、医者にならなかった方はいませんか?
周囲にそういう人はいませんか?
また、私は「これで良かったのだ」と喝を入れていただけると幸いです。

私は大学の文系学部に通っています。
父の代で開業して、借入金もすぐに全額返済してかなり経営がうまくいっています。
医療法人になっていて、医者は父と母の二人のみです。
病床はなしで、従業員が十数人います。

正直言って私は小中高と勉強の成績はかなり良く、
また運動部の活動や委員会活動もきちんとしている優等生でした。
親には勉強や医者になることを言葉で強要されたことは一回もありませんでした。
でも、私は勝手に強いプレッシャーを感じました。
両親が私立医で一番上の大学出だったので、医学部ならどこでもいいと思えなかったのです。
私は摂食障害になり、うつ病、神経症的な症状になりました。(精神科医に病名は聞いてない。投薬はされなかった)
希死念慮を持ち続ける日が続いて、
「いやいや、自殺するくらいなら医学部じゃなくても文学部にでも行った方がましじゃね?」
「もう限界だ」
「私は医者になるために生きているんじゃない。医者になることは生きるための一つの手段でしかないんだ! 医者になることが私の生を圧迫しているなら、医学部に行くのは私にとって合理的でないんだ!」
と思って、文転しました。
結局、親と同じ大学の文学部に入りました。

今ではほぼ完治しています。

でも、意外と同じような境遇の子がいません。
親の友人の子供にも、開業医の「一人娘」自体が全然いません。
開業医の一人娘で、医者にならなくて、婿を取る気がない娘……はさらにいません。

中高の友人で、親が医者でなく、医学部に進学した人は多いです。
私は全く医者への憧れはなく、ただ義務感と(跡継ぎなら)金が儲かるという動機しかなかったので、
「えっ、皆そんなに医者になりたいの?大変だよ、肉体労働だよ? 」と思います。

あの時文転したから回復できた、これで良かったのだと自分に言い聞かせてはいます。
でも、心身が健康になった今、少し後ろめたく思う瞬間があるのです。

開業医の一人娘で、医者にならなかった方はいませんか?
周囲にそういう人はいませんか?
また、私は「これで良かったのだ」と喝を入れていただけると幸いです。

私は大学の文系学部に通っています。
父の代で開業して、借入金もすぐに全額返済してかなり経営がうまくいっています。
医療法人になっていて、医者は父と母の二人のみです。
病床はなしで、従業員が十数人います。

正直言って私は小中高と勉強の成績はかなり良く、
また運動部の活動や委員会活動もきちんとしている優等生でした。
親には勉強や医者...続きを読む

Aベストアンサー

開業医の息子なのに継がなかった人がいます。
小学校の同級生と大学の同級生の弟さん。
二人とも医者にはならないと決めて別の道を歩みました。

一方はお姉さんが医者と結婚して継いだので
医院としては続いています。
一方はお姉さん二人とも医師とは結婚しなかったので
お父様の代でたたまれました。

特に後者の子供3人いて誰も継がなかったのは
ご両親が期待しなかったのだろうか?と思いましたが
現実を知っているからこそ苦労させたくないというか
半端な気持ちで継いでほしくないという思いもあったのでしょう。
今でも先生、先生と慕われているお父様ですが早めに仕事を縮小して老後を楽しんでいるようです。

あなたが少しうしろめたさを感じているのは親を安心させてあげたかった
親にもっと気に入られたかったという気持ちがあるからではないかしら?
大丈夫ですよ。あなたが本当に幸せになることが親御さんの最大の望みなのですから。
あなたが健康で行きたい道を選び進めることができるのが一番の親孝行。

まだ学生さんでしょ?これからやることはたくさんあります。辛いこともあるでしょう。
でも親が元気なうちは甘えさせてもらって自分の幸せを追求してください。
縁があれば親と同業でいい人との結婚があるかもしれません。
フィルターかけて相手を選ぶ必要はありませんがもし医師と出会えればそれも縁の一つと思うくらいでちょうどいいでしょう。

心身が健康になったならもっともっと前を向いていきましょう。

開業医の息子なのに継がなかった人がいます。
小学校の同級生と大学の同級生の弟さん。
二人とも医者にはならないと決めて別の道を歩みました。

一方はお姉さんが医者と結婚して継いだので
医院としては続いています。
一方はお姉さん二人とも医師とは結婚しなかったので
お父様の代でたたまれました。

特に後者の子供3人いて誰も継がなかったのは
ご両親が期待しなかったのだろうか?と思いましたが
現実を知っているからこそ苦労させたくないというか
半端な気持ちで継いでほしくないという思いもあったのでし...続きを読む

Q数学は才能ですか? 日本の最難関中高一貫校に通う高1です。 入学から4ヵ月を経て、この疑問を持ちはじ

数学は才能ですか?

日本の最難関中高一貫校に通う高1です。
入学から4ヵ月を経て、この疑問を持ちはじめました。

私は高校受験組です。高校受験は所詮「暗記テスト」なので、所謂「努力」による解法の暗記をするだけで、数学や物理は簡単に解けてしまいます。

しかし、中学受験組の友人達と机を並べるようになった今、彼らと私の間にある実力の差に愕然とさせられています。

私は中学校3年間、誰よりも勉強した自信があります。

にもかかわらず、典型的なパターン問題であっても、初見の難問奇問であっても、彼らは圧倒的に早く、正確で、途中式を見ても「こんなの思いつくわけない!」というようなことばかりです。

努力は虚しいものですか?

自分自身が文系強なのですが、家業の関係で医学部を受験す
るということもあり、3年後こんな化物達と戦うのかと考えると、ペンが進みません。

皆さんはどう思われているのでしょうか。

大学受験を経た先輩方に意見を伺いたいです。

受験に関係ないことでも構いません。

叱咤激励でも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたが経験していることが現実です。

東大合格(理3を含む)程度の話であれば、ある程度努力でカバーすることができます。
しかし、さらに上に行った、天才君達の世界は、努力を超越した才能の世界です。

東大や京大の数学専攻クラスは、そういった天才君たちの巣です。
駿台模試で数学成績が全国の上位成績常連で、大数の学コンや宿題のバインダーコレクションをしていた天才君たちが集まったクラスがあります。
そのクラスの普通の天才君達が、一週間かかっても解けない問題を、スーパー天才君は30分くらいで解いてしまったりします。
この世界は努力でなんとかなることはありません。

しかし、東大理3を含む大学入試ではそこまでの頭の良さは要求されません。
医学部合格という目標を持った受験生が戦うのはそんな化け物では無く、努力ではい上がってきた凡人の秀才君です。
「日本の最難関中高一貫校」に合格する頭があれば、普通に努力していれば医学部合格は楽勝ですので、同級生の天才君達を気にする必要はありません。


人気Q&Aランキング