量子収率という言葉はよく聞くのですが、いまいちよく分かりません。

どなたか分かりやすくご説明して頂けないでしょうか?

お願いします。

A 回答 (3件)

量子収量の定義は「光化学反応において、吸収した光子に対する生成物の割合」です。

例えば、反応物に光を照射し、そのうち1molの光子を吸収して0.5molの生成物を得た場合、量子収率は50%ということになります。光子のmol数は光強度、振動数、照射時間、プランク定数、アボガドロ数から計算されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

光もmolで量があらわされるとは知りませんでした。

分かりやすい解説でした。(^-^)

38endohさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/03 15:21

光を粒子として考えるとき、その粒子を光量子、または光子といいますが、この”一つ”の光量子のエネルギーはhνで表されます。


量子収率は、「一つの光量子が生成する生成物の数」のことです。

周波数νの電磁波を照射するときの出力P(ワット)と照射時間t(秒)から、試料に与えた電磁波のエネルギーEが計算でき、E=Ptとなります。

このEをhνで割ってやると、照射された光量子の個数N(=E/(hν))が分かります。

で、実際の光反応における生成物の数量Dが求まれば、

  量子収率=D/N

を計算することで、量子収率が得られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おー、御回答の内容もステップアップぽくっていいですね~。

ある程度雰囲気が言葉で分かってくると数式にも馴染めますね♪

ryumuさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/03 15:26

 光も1つの物質です。

この光の1つが物質にあたり、吸収されたときにおきた化学反応の収率を示したものです。
 
 一般に化学反応に使われる収率を「光量子収率」といいます。
 その他に、蛍光を発する収率「蛍光量子収率」...りん光を発する収率「りん光量子収率」等があります。
 
 実験科学講座、新実験科学講座、続実験科学講座等を参考にされるのがよいと思います。
 入門書としては以下の書籍もいいかも?

参考URL:http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN4-7853-3208 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふむふむ 蛍光と燐光の区別もあるんですね~。

YS14236さん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/03 15:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重合反応で収率が100%を超えました

市販の酢酸ビニルを精製後、一部採って重合反応を起こさせたのですが、ポリ酢酸ビニルの収率が100%を超えました。
1日以上風乾を十分に行っていますし、
なにか副生成物かと思索してみても、何もないと思うのですが
どうして100%超えたと考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

たぶんしっかり乾燥ができていないのでしょう。
特にフィルム状や塊状だと溶媒を抱きこんでしまうこともあり、乾燥しにくいです。

僕の場合は、少量の沸点の低い溶媒に再度溶かし、エバポレーターやアスピレーターで減圧させていました。するとうまくいけば突沸を起こし、その瞬間に溶媒が飛んで蜘蛛の巣状のポリマーを得ていました。その後、砕いて粉体にしていました。これなら表面積が大きいので効率的な乾燥ができます。
もちろん突沸させるので、エバポレーターを使うなら大き目の容器で少量ずつ、アスピレーターならサンプル瓶などに少量入れ、口を穴を開けた薬包紙で多い、ゴムで口を縛って固定してください。

ただし、この方法が酢酸ビニルで使えるかはわかりません。

Q量子収率の依存

錯体の量子収率の測定を行っているのですが、その大小は一般的には何に依存するんですか?
電子の供与、吸引、もしくは、共役系の伸びなどが関係するのでしょうか?
どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

>光の量子収率でしたら、吸光度(構造に関係)、温度、増感剤、溶媒に関係してきます。

Q換算収率

分かる方がいたら教えてください。換算収率って、収率と何が違うんでしょうか?? 教えてください。

Aベストアンサー

多分「純度換算収率」あるいは「転化率を計算に入れた収率」のことではないでしょうか。
「純度換算収率」とは収率に純度を乗じたもので、本当に採れた巡撫箇の収率を言います。
「転化率を計算に入れた収率」は収率を「原料の消費率=転化率」で割ったもので、回収される原料を計算に入れたものです。
いずれも「現場」ではよく使われます。
m(_ _)m

Q量子収率

質問よろしくお願いいたします。

量子収率をUVと蛍光スペクトル測定のデータから算出したいのですが、方法がいまいちわかりません。ネットでも調べたのですが、難しく、私には理解が出来ませんでした。

どなたかわかりやすい算出方法をご教授ください。

Aベストアンサー

あああ、WIKIで見ても難しそう。

スペクトルの縦軸をI、単位がcpsであれば、測定時間tで、
I*t = n1 count
一方、UVのエネルギーは、1光子あたり、E1 = hν
照射しているUVランプの開口部での出力をWとして、
照射時間=測定時間tとして、E2 = Wt
countにするには、E2/E1 = n2 count

量子効率 n1/n2 で、ダメでしょうか?

Q収率の書き方について

一般に、有機合成で収率と言ったら
(目的物の物質量)/(加えた原料物質量)*100
で定義されると思うのですが、未反応の原料がいた時にそれを差し引いた形で定義される値は無いのでしょうか?つまり、

A→Bの反応で
原料Aを100mol反応器に入れて反応させた結果、
目的物Pが40mol単離精製でき、未反応の原料Aも50mol回収された。
この時の収率とは、40/100*100=40%ですよね?
 でも未反応の原料Aを回収できてるわけで、実際に反応したのは50molのAで、この50molのAから目的物Pが40mol出来たのだから、
(目的物)/[(入れた原料)-(回収出来た原料)]*100
=40/(100-50)*100=80%
と定義されるような値は無いのでしょうか?
これを収率と言うのはおかしいですよね?

Aベストアンサー

conversionというのは有機合成化学ではほとんど使わないように思います。
また、選択率については、有機合成化学で言うところの選択性(diastereoselectivity, regioselectivity, chemoselectivityなど)と紛らわしいので、使わない方が良いと思います。
ご質問の例であれば、**%の原料が回収されたと書くのが最もわかりやすく、混乱がないと思います。

蛇足になりますが、同じ40%の収率でも、原料が回収されたのと、他の生成物になったのではその後の対応が全く違います。前者であれば、反応条件を厳しくしようかという話になりますし、後者であれば逆に穏やかな条件にしようかと言うことになりますよね。
そういう意味では、回収された原料の有無は、論文を読む人にとっても重要な情報だと思います。
色々な論文や学会発表を見れば、参考になるような表記があると思います。

Q蛍光量子収率の依存

錯体に芳香族環を導入したものと、カルボニルなどの電子吸引基を導入したものとで、蛍光の量子収率を測っています。
その量子収率の大きさは何に依存するのでしょうか?論文などを参考にしたのですが、明確な理由が見えてきません。
測定としては、溶液状態で、室温、溶媒は同じで、基準物質に対して相対的に比べています。
共役の伸びや、分子の平面性が向上するのかと考えていますが…
どうか、知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

蛍光の量子収率に関する一般法則と言うものはありません。
個々の化合物について置換基効果等について調べられておりますが、
それがすべての分子に当てはまるとは限りません。
発光ピークをレッドシフトさせるには共役系の拡張や、
置換基の電子吸引・供与性を強くしますが、
量子収率についてはあまり分かっておりません。

とりあえず、錯体の蛍光を調べられているとのことですが、
まず、それがリガンドの分子内CT発光か金属-リガンド間のCTか、
それともππ*遷移によるものかを分類し、
その後はそれぞれに減衰や時間分解スペクトルを測定と、
錯体のX線構造解析などの情報を集めましょう。
最終的には、質問者さんの研究対象の錯体シリーズでの構造相関を
議論する事になると思います。

Q実験のレポートで収率を書くとき…

例えば、A→Bの反応の実験をした時、Aから得られたBの収率が何らかの理由により100%を超えて120%になったとします。ここで、この計算結果をレポートに書くとき、そのまま120%と記載するのはやはりまずいのでしょうか。理論的に100%を超えることはありえないので、100%超えてしまった時はどんな値であれ100%と書いた方がいいのでしょうか。

Aベストアンサー

確かに、どんな想定外のことがあってもレポートはありのままに、忠実に、そのままに書くべきと思います。私も常にそうしています。

しかし収率が120%になるなんてことはありえないのではないでしょうか?
化学反応である以上反応物全てを消費しても理論的には100%が限界です。(さらに言えば実際には100%になることもまずありません。)
なので何らかのミスで20%分余分にできたということはありえません。
考えられる可能性は収率の計算ミスか生成物の重量を秤量する際に不純物(反応しきらなかった反応物、その他の物質、溶媒、水など)が混じっていたのではないでしょうか?
原因が分からなければ収率の欄には120%と書くしかないですが
堂々とは書くべきではないです。

『何らかのミスで収量が不明となったので収率は計算できない。無理やり計算すれば120%になる。』
程度にとどめておくのがいいと思います。
もちろんなぜ狂ったのかの考察も必要と思います。

長々と失礼いたしました。参考になれば幸いです。

Q蛍光と燐光の量子収率

有機ELの解説等で、「蛍光物質の量子収率は0.25が限界だが、燐光物質を使えば理論的には1.0を出すことができる」という話をよく聞きます。しかし一方で、蛍光に関する本を読むとレーザー色素などは量子収率0.25を超えている記述をよく見かけます。

前者は、一重項→基底状態:三重項→基底状態=1:3になるからとのことで、「これEL(電場励起)のみに言えることなのか?」又は「固体(薄膜)と溶媒へ溶かした(濃度消光を起こさない)状態の違いからくるのか?」などと推測はするのですが、いまいち理解できません。

この矛盾しているように思える点について、どういうことなのでしょうか。

Aベストアンサー

>一重項→基底状態:三重項→基底状態=1:3になるから…

うーん、私の習った系間交叉の理論にはそんな単純な関係は出て来ませんでした。常識的には物質に依存するはずです。
出典を教えていただけますか。

Q蛍光分光光度計を使った量子収率の求め方は?

 私達の研究室では大した測定機器がなく、量子収率を簡単に求めることが出来ません。 しかし、ぜひとも量子収率を求め、一つのデータとして卒業論文に載せたいのです。
 
 そこで、蛍光分光光度計を使って量子収率が求められると聞いたので、ご存知の方がいましたら、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

聞いた話では

1)発光寿命を求める
2)寿命に応じた標準物質(量子収率が既知)を
 吸光度が同じ条件で測定する
3)試料と標準物質の蛍光スペクトルの面積を式に
 当てはめて量子収率を計算する

こんな感じだそうです。
詳細は文献をみてください

Qスペクトルと量子収率

最近問い合わせで、蛍光物質の吸収スペクトルや蛍光スペクトルのデータや、量子収率値を問われます。

こういった光物性というのでしょうか、既知物質の光物性データが載った本ってありますか?
紹介してください。

Aベストアンサー

吸収スペクトルしかありませんし、本ではありませんが、NISTのChemistry Webbookはご存じでしょうか?

参考URL:http://webbook.nist.gov/chemistry/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング