平成19年に住宅を購入して特例での15年間での住宅ローン減税を受けています。
今年妻が妊娠等の関係で医療費が多くかかっているのですが色々と調べると平成19年の住宅ローン減税は所得税で控除しきれなくても住民税からの控除はできないとのこと。
既に毎年所得税の控除枠いっぱいまで控除されているのですが医療費控除を確定申告で申告しても意味ないのでしょうか?

住宅ローンは税額控除、医療費は所得控除というのは分かっていますが、生命保険も住民税からも差し引かれるという文言もありどんな認識が正しいのかよく分かりません。

合わせて今年は初めてのふるさと納税も3万円しています。医療費控除を申告するかしないかでふるさと納税ワンストップ特例にも絡んできますので詳しく教えてもらえると助かります。

更に必要な情報があれば追記しますので教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>平成19年の住宅ローン減税は所得税で控除しきれなくても住民税からの控除はできないとのこと。


そのとおりです。

>既に毎年所得税の控除枠いっぱいまで控除されているのですが医療費控除を確定申告で申告しても意味ないのでしょうか?
そうですね。
確かに所得税は意味ありません。
医療費控除は住民税にもありますから、「所得税の確定申告」ではなく、役所へ「医療費控除」の「住民税の申告」をすれば住民税の医療費控除が受けられます。

>住宅ローンは税額控除、医療費は所得控除というのは分かっていますが、生命保険も住民税からも差し引かれる…
そのとおりです。
住民税にも生命保険料控除もあります。

>合わせて今年は初めてのふるさと納税も3万円しています。
住民税の申告に合わせて、申告すればいいです。
なお、住民税の申告をする場合も、ワンストップ特例は使えません。

なお、会社の年末調整では、ローン控除、生命保険料控除、地震保険料控除は申告しておけばいいです。
源泉徴収票にその内容が記載されるので、「住民税の申告」をするときに楽です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かいご回答ありがとうございました。
とてもよく分かりましたし、これでスッキリしました!!

お礼日時:2015/10/23 10:57

>所得税の控除枠いっぱいまで控除されているのですが医療費控除を確定申告で…



医療費控除とは、国が医療費の一部あるいは全部を肩代わりしてくれる、ありがたい制度のことではありません。
医療費を多く使った人には、当年分所得税および翌年分住民税を少し負けてあげますと言うだけのことです。
納める所得税のない人には無縁な制度です。

>生命保険も住民税からも差し引かれるという…

医療費控除に限らずすべての「所得控除」は、翌年分住民税にも適用されます。
ただ、所得税の所得控除と住民税の所得控除とでは、少しずつ額が異なるものもありますが、基本的な考え方は同じです。

当年分所得税は 0 だけど翌年分住民税は発生するという人は、確定申告でなく「市県民税の申告」を市役所にすれば良いのです。

(某市の例)
・所得控除
http://www.city.fukui.lg.jp/kurasi/tax/kojin/koj …
・申告書
http://www.city.kakamigahara.lg.jp/dbps_data/_ma …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
全ての所得控除は翌年分住民税に適用されるんですね。
とても勉強になりました。

今回のケースの場合、会社での年末調整(確定申告)は住宅ローン控除だけにしておいて別途市県民税の申告の際に医療費控除・地震控除・生命保険・ふるさと納税を申告すればいいのでしょうか?

無知な為質問ばかりで申し訳ありません。
ご教授いただけると幸いです。

お礼日時:2015/10/21 12:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配偶者契約の生命保険料控除について

年末調整の個人年金控除で配偶者が扶養者の場合、個人年金の契約者、受取人がともに配偶者では控除の対象にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険料控除は、実際に保険料を負担している者から控除できますので、契約者は関係なく、ご質問者様自身が支払われているのであれば、他の要件を満たせば、控除できます。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1141.htm

上記サイトにある要件ですが、「年金の受取人は、保険料若しくは掛金の払込みをする者、又はその配偶者となっている契約であること」という要件は満たしていますね。
ただ、上記サイトには書いていませんが、個人年金保険料については、基本的に、被保険者=受取人、でなければなりませんので、被保険者が、ご質問者様自身であれば、適用はない事となります。
過去の私の回答を参考にされて下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1061518

ただ、被保険者が誰であるかに関わらず、受取時には贈与税の対象となってきます。
ご質問者様自身が保険料を支払って、それを受け取るのが配偶者になる訳ですので、贈与となってしまう訳です。
配偶者の方が支払っているのであれば、贈与とはなりませんが、その場合は、生命保険料控除の適用はない事となりますね。

生命保険料控除は、実際に保険料を負担している者から控除できますので、契約者は関係なく、ご質問者様自身が支払われているのであれば、他の要件を満たせば、控除できます。
http://www.taxanser.nta.go.jp/1141.htm

上記サイトにある要件ですが、「年金の受取人は、保険料若しくは掛金の払込みをする者、又はその配偶者となっている契約であること」という要件は満たしていますね。
ただ、上記サイトには書いていませんが、個人年金保険料については、基本的に、被保険者=受取人、でなければなりませんの...続きを読む

Q住宅ローン控除後の医療費控除(H19年度)

医療費控除の疑問について誰か教えて下さい。

昨年度(H19年度)住宅を新築し、確定申告で住宅ローン控除を受けました。
その後、医療費の控除が5年まで遡って申告できることを知りました。
19年度医療費の合計が10万を超えていたので、住民税のために今からでも
申告をした方がいいのかなと思ったのですが、
H19年度の源泉徴収票は住宅ローン控除の際に提出してしまい、コピーしかありません。
この場合、医療費の控除に提出する源泉徴収票はコピーでもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一度確定申告しているので、更正の請求というのになります。これで確定申告の訂正が出来るのですが、確定申告した翌年の確定申告期限までになるので急いだ方が良いですよ。ちなみに、今年は3/16(月)までです。

この場合、医療費の控除に提出する源泉徴収票はコピーでもいいのでしょうか?>
一度確定申告しているので、源泉徴収票は必要ないと思います。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

Q確定申告 生命保険料控除について。

【生命保険料控除の対象となる生命保険契約等とは、一定の生命保険契約等で、その保険金等の受取人のすべてをその保険料の払込みをする者又はその配偶者その他の親族とするものをいい、契約者が誰であるかは要件とされていませんので、他の要件が充たされている限り、保険料を支払った夫の生命保険料控除の対象になります。】
とあるのですが、

主人の病気などを保障する生命保険を、父が契約者となりかけていて、受取人も父で、支払いも父の口座から行われています。

この場合、父と主人どちらの確定申告で認めてもらえますか?父だとすると、過去5年分まではさかのぼって申告できますか?この件に関しては今までいっさい申告していなかったようです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

要するに被保険者がご主人と言うだけで、支払いはお父様がされているので、お父様の方で控除すべきものです。

お父様が確定申告していなければ5年間は遡れますが、確定申告している年があれば、その年については、申告期限から1年以内に限っての更正の請求という手続きしかできませんので、平成14年分以前は期限が過ぎていますので、できない事となります。

但し、生命保険料控除は、一般・個人年金でそれぞれ最高5万円までしか控除できませんので、既に最高額まで控除済であれば申告の必要はありません。

Q住宅ローン減税の控除と、住民税での控除で質問です。

質問をご覧いただき有難うございます。

ネットで調べたりしましたが、自分は申請が必要なのかそうでないのか、
分らないので質問させていただきます。
税金に疎い為、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂ければ幸いです。

●平成22年7月に家を新築して、約2500万円の住宅ローンがあります。
●会社員ですが、住宅ローン減税の手続きで、23年1月に確定申告を済ませました。
●23年12月、24年12月に勤務先で年末調整をしました。

平成24年の源泉徴収票には
・所得控除の額の合計額 ‥(約157万円)
・源泉徴収税額 ‥(0円)
・住宅借入金等控除可能額 ‥(約23万円)
・住宅借入金等特別控除の額 ‥(約7万9千円)
・居住開始年月日 ‥(平22.7.24)

質問ですが、
住宅ローン減税の控除額で、支払った所得税で控除しきれない金額を
住民税から控除してもらえると聞きました。
こちらの控除を受けるには、手続きが必要なのでしょうか。

昨年の給料明細では住民税が毎月(6500円)ほど引かれています。
対象となるのは今年からなのか、それとも既に控除されているのでしょうか。
宜しくお願い致します。

質問をご覧いただき有難うございます。

ネットで調べたりしましたが、自分は申請が必要なのかそうでないのか、
分らないので質問させていただきます。
税金に疎い為、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂ければ幸いです。

●平成22年7月に家を新築して、約2500万円の住宅ローンがあります。
●会社員ですが、住宅ローン減税の手続きで、23年1月に確定申告を済ませました。
●23年12月、24年12月に勤務先で年末調整をしました。

平成24年の源泉徴収票には
・所得控除の額の合計額 ‥(約157...続きを読む

Aベストアンサー

>こちらの控除を受けるには、手続きが必要なのでしょうか。
いいえ。
必要ありません。
自動的に住民税からも控除(限度額はあります)されます。

>対象となるのは今年からなのか、それとも既に控除されているのでしょうか。
すでに控除されています。
ただし、所得税から引ききれなかった分すべて(23万円-79000円)が住民税から控除はされていません。
前に書いたように限度額(97500円)があるので、それ以上は控除されません。

Q年末調整で生命保険料控除について

配偶者が無職で、所得がないのですが、保険の契約者はそれぞれの名義になっています。ただ、所得が無いので、もちろん支払いは年末調整の申告者(夫)が払っています。
その場合、配偶者の生命保険料控除も申告できるのでしょうか? どなたか教えてください。。

Aベストアンサー

#2です。お騒がせしています。

記憶を元に回答したので若干修正します。(今度は「自信あり」です(笑))

10万円と言うのは「年間の支払額」(月に直せば8000円強)ですが、「一般の生命保険料」は5万円です。「個人年金」と合わせて10万円で「生命保険控除」になります。だから、生命保険だけだと5万円(月に直せば4000円強)しかありません。これを超える額は控除されませんので無意味になります。

もうひとつは、完全に勘違いしていましたが「傷害保険控除」ではなくて「損害保険料控除」(火災保険等)でした。

詳しくは、こちらのページを参考に回答しました。
http://homepage2.nifty.com/hamachikaikei2001/nenntyou.html#6

結論を言うと今回の事例は5万円(月に直して4000円強)までです。だから、合わせてご申告されても控除は無いものと思われます。残念ですけどご期待はされない(調整が多く返ってくる)方が良いと思います。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/hamachikaikei2001/nenntyou.html#6

#2です。お騒がせしています。

記憶を元に回答したので若干修正します。(今度は「自信あり」です(笑))

10万円と言うのは「年間の支払額」(月に直せば8000円強)ですが、「一般の生命保険料」は5万円です。「個人年金」と合わせて10万円で「生命保険控除」になります。だから、生命保険だけだと5万円(月に直せば4000円強)しかありません。これを超える額は控除されませんので無意味になります。

もうひとつは、完全に勘違いしていましたが「傷害保険控除」ではなくて「損害保険料控除」(火災保険等)でした...続きを読む

Q確定申告)年収100万未満時の住宅控除について&平成13年の医療費控除について。

簡潔に書かせていただきます。
至急、お願いいたします。

(1)私は年収100万未満で、旦那の扶養に入っている。
 住居・土地の持分が7(主人):3(私)である。
 主人は、すでに年末調整で住宅控除を受けている。

   この場合、私は、住宅控除を受けられますか?

(2)平成13年の医療費が40万を越していました。
 確定申告のことを知らなくて、医療費控除を受けていません。
 今、申告できますか?
 そのときの収入は、主人のみでした。
 どのようにすればいいのでしょうか。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.年収が100万円以下であれば、所得税も住民税も課税されません。
住宅ローン控除は、既に納付している所得税が減額される制度ですから、所得税が課税されていなければ、住宅ローン減税は0ですから、受ける意味がありません。

なお、源泉税が引かれている場合は、確定申告をすれば源泉税が戻ります。
年末調整で還付されている場合は、確定申告の必要は有りません。

2.医療費控除も、既に納付している所得税が減額される制度ですから、受けることが出来ません。

なお、医療費控除は実際に医療費を支払った人が控除を受けるのですが、生計を一にする家族の場合、あなたに収入のない時期の医療費なら夫が控除を受けることが出来ます。

夫が確定申告を擦れば、医療費控除を受けることが出来ます。

通常の確定申告の期間は3月15日までですが、このように還付になる場合は、5年まで遡って確定申告が出来ます。
3月15日以降は税務署も空いていますから、待ち時間も少なくて済みます。

確定申告には、源泉徴収票・印鑑・還付金を振込んでもらう口座の通帳を持参します。

1.年収が100万円以下であれば、所得税も住民税も課税されません。
住宅ローン控除は、既に納付している所得税が減額される制度ですから、所得税が課税されていなければ、住宅ローン減税は0ですから、受ける意味がありません。

なお、源泉税が引かれている場合は、確定申告をすれば源泉税が戻ります。
年末調整で還付されている場合は、確定申告の必要は有りません。

2.医療費控除も、既に納付している所得税が減額される制度ですから、受けることが出来ません。

なお、医療費控除は実際に医療費を支払...続きを読む

Q年末調整の生命保険料控除について

年末調整の際の生命保険料控除の件でお伺い致します。
当社の職員の配偶者が、企業年金に加入しており、契約者の氏名が旧姓になっております。
確か、控除になるのは、保険料を負担している者が所得者本人の場合だと認識していますが、間違いないでしょうか?
この職員の場合、配偶者(奥様)の旧姓名義の口座より、保険料を負担しているようです。
この場合、当社職員の年末調整の保険料(年金)の控除には
ならないと思うのですが・・・自信がありません。
又、もし、職員の年末調整には、反映されないとなった場合、配偶者の保険料はまったく、どこからも控除されないと
いう事になるのでしょうか?
尚、この職員の配偶者の年収は0です。

Aベストアンサー

奥様が扶養家族であるのならば、
控除の対象になります。

しかし、トラブルを避けるために旧姓のままにして置かない
方がよいでしょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140_qa.htm#q1

Q医療費控除・住宅ローン減税

(1)昨年ローンをくんで住宅を購入しました。夫の会社の年末調整は終わりましたが、住宅ローンの残高表?が年を明けてから届きましたので今年確定申告をします。その際、住宅ローン減税というものが適用になると話を聞いたのですが、主人の年末調整票の徴収額という欄の9万3千円が全て戻ってくるのでしょうか?それとも調整額が3万円あったのでその分差し引いた6万円程が戻ってくるのでしょうか?主人の年収は350万円程度です。(住宅ローン減税だと徴収額の金額が大体全額戻るような話を聞いたので・・・)残高は2700万円程です。
(2)あと、私が去年出産をしました。自分自身、会社に勤めていて辞めたので確定申告して年末調整をしなければならないのですがその際、出産費用や検診費用等で主人のも少しあり合計で40万円程の医療費があります。ですが、出産手当金35万円+出産一時金30万円の収入があり、合計額がかかった医療費よりも収入の方が多くなってしまいます。この場合、医療費控除の対象にはならないのでしょうか?出産手当金も補充額?とみなされるのでしょうか?もし対象になるのなら自分の収入の方で申告する方が良いか主人の方で申告したら良いか知りたいです。
(3)私の収入は170万円あり、徴収額は6万4千円なのですが、自分自身の生命保険で7万円程あり、娘の保険で申告してないものが8万円あります。自分の保険は自分の方で確定申告しますが、娘の保険は主人の口座から一括引き落としされたのですが娘の保険も私の方で申告は可能でしょうか?主人の方で住宅ローン減税が適用になるのならば(もし徴収額が全額戻るのであれば)主人の方でやるよりも私の方で申告した方がお得な気がして・・・。
長文になりましたがどうぞよろしくお願い致します。

(1)昨年ローンをくんで住宅を購入しました。夫の会社の年末調整は終わりましたが、住宅ローンの残高表?が年を明けてから届きましたので今年確定申告をします。その際、住宅ローン減税というものが適用になると話を聞いたのですが、主人の年末調整票の徴収額という欄の9万3千円が全て戻ってくるのでしょうか?それとも調整額が3万円あったのでその分差し引いた6万円程が戻ってくるのでしょうか?主人の年収は350万円程度です。(住宅ローン減税だと徴収額の金額が大体全額戻るような話を聞いたので・・・)...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)主人の年末調整票の徴収額という欄の9万3千円が全て戻ってくるのでしょうか?
概略計算すると、
>残高は2700万円程です。
から2700万×1%=27万

源泉徴収税額が9.3万なので、9.3万-27万×0.9<0円 になるので、ローン減税適用後の納税額は0円ですから、全額還付となります。

>それとも調整額が3万円あったのでその分差し引いた6万円程が戻ってくるのでしょうか?
いえ、9.3万という数字が調整額3万を差し引いた結果です。(だから定率減税前は12.3万ということです)
>(2)この場合、医療費控除の対象にはならないのでしょうか?
正確なところは計算しないとわかりませんが、多分ギリギリ少しは戻ると思います。

>出産手当金も補充額?とみなされるのでしょうか?
いえ、出産手当金はあくまで給与の補填であり傷病に対する補填ではないので差し引く必要はありません。
出さん育児一時金はかかった出産費用から差し引かねばなりません。

>もし対象になるのなら自分の収入の方で申告する方が良いか主人の方で申告したら良いか知りたいです。
これは(3)のところで。

>(3)私の収入は170万円あり、徴収額は6万4千円なのですが
年末調整は済んでいる金額と考えてよいでしょうか。
だとすると、御質問者の収入は多分174万程度ですよね?
で、課税所得は現在71万ありますので、71万分までの控除が意味あるものになります。

>自分自身の生命保険で7万円程あり、娘の保険で申告してないものが8万円あります。
保険の詳細が不明ですけど仮に生命保険料控除できるとするとこれ全体で5万の控除があります。

で先の医療費控除ですけど、全部で40万ほど医療費ということなので、ご質問者が受ける場合には所得が約109万なので医療費控除で差し引く金額は5.5万、そして出産育児一時金が30万とすれば、
40-30-5.5=4.5万の控除となり、先のものと合わせても9.5万ですから、課税所得71万から9.5万差し引くことが出来て、それでもまだ課税所得があるので控除枠は全部有効に使うことができます。

なのでご質問者が医療費控除を受けた方が還付額は大きいです。
(ご主人の所得はご質問者より大きいため医療費控除額が少なくなる)

>娘の保険は主人の口座から一括引き落としされたのですが娘の保険も私の方で申告は可能でしょうか?
これはちょっと問題ですね。ご主人の口座からの引き落としであればご主人の口座にご質問者の収入を預金していて実際にはご質問者の収入から支払われたというのであればよいのですけど、そうでなければあくまで保険料控除は支払った人が受けられるものですから。

>主人の方で住宅ローン減税が適用になるのならば(もし徴収額が全額戻るのであれば)主人の方でやるよりも私の方で申告した方がお得な気がして・・・。

ご質問の場合はそうですね。でも住民税の効果はあります。

>(1)主人の年末調整票の徴収額という欄の9万3千円が全て戻ってくるのでしょうか?
概略計算すると、
>残高は2700万円程です。
から2700万×1%=27万

源泉徴収税額が9.3万なので、9.3万-27万×0.9<0円 になるので、ローン減税適用後の納税額は0円ですから、全額還付となります。

>それとも調整額が3万円あったのでその分差し引いた6万円程が戻ってくるのでしょうか?
いえ、9.3万という数字が調整額3万を差し引いた結果です。(だから定率減税前は12.3万というこ...続きを読む

Q生命保険料控除

社会人1年目の者です。配偶者控除やら医療費控除やらを申告する用紙に、生命保険料控除という項目があります。先輩は自分で生命保険料を払っているので、保険会社から送られてくるハガキを用紙に貼付し、控除を受けています。

親が私の保険料を支払っている場合、控除を受ける事は出来るのでしょうか?また、↑のハガキなんですが、私の場合、親の名前しか書いていないんですが、その場合、それを貼付すればよいのですかね?

Aベストアンサー

親が払っていても契約名が貴方自身なら出来ますよ。
親がお金をはらい契約者も親ならば無理です。
結局貴方の場合親が契約者で被保険者が貴方だと思います。

Q住宅ローン減税と医療費控除について

昨年、出産と住宅の購入をしました。

医療費控除と住宅ローン減税のため、確定申告を行わないとならないのですが、
医療費控除を主人と自分のどちらで行った方が得なのかがわからず、
質問させていただきました。

主人:
年収約600万円 源泉徴収額約17万円
住宅ローン 約3000万円

私:
年収約230万円 源泉徴収額約3万円
(昨年は、産休・育休取得のため、年収が低いです。
今後は、約350万円ぐらいにはなると思います)
住宅ローン 約1200万円

情報不足の部分もあるかと思いますが、
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご主人です。
所得税の税率はご主人が10%、貴方が5%ですから、ご主人のほうが控除の額が大きいです。
なお、どちらもローン控除は所得税から引ききれません。
その場合は住民税からも控除できます(限度額はあります)

本来、医療費控除はどちらか選択するものではなく、その医療費を払った人が控除を受けられるのものです。
年収からして、ご主人が払ったということで問題ありません。


人気Q&Aランキング