最新閲覧日:

40歳から語学を習得する為の心得を教えてください。
英語とドイツ語に興味があります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1.話し言葉から入る=聞くだけでなく自分で実際に声に出してしゃべる。

いかに頭で考えている音と実際に出てくる音がちがうかわかります。
2.難しい文法書から入らない。文法から入ると覚えきれなくて長続きしません。
3.金銭的に余裕があるなら、マン・ツー・マンのレッスンを定期的に受けると早く慣れます。
4.短時間でもいいのに毎日決まった時間は必ず語学の勉強にあてる。実はこれが一番難しいかも。
    • good
    • 0

経験者として。

私は50歳過ぎから英会話を勉強しましたがその経験から、

1.とにかく毎日2時間近く必ず学習(聞くとしゃべる)を続けること。時間が短いと上達するまでの期間がそれだけ長くなりますし挫折しがちになってしまいます。
2.hearingは9ヶ月くらいまでは効果をなかなか実感できませんがその時期を過ぎると急激に聞こえるようになります。
 とにかくあきらめず最低1年間は続けること。
3.モチベーションを保つために映画を日本語吹き替えではなく字幕スーパーで沢山見る。
4.その他、英語ならアメリカや英国の文化やニュースに触れる機会を増やしましょう。

私の場合は初めTOEICが480点でスタートして1年半で800点を超えるまでになりました。語学は兎に角、時間の積分です。
    • good
    • 2

先ずは 言葉が好きなことでしょう

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか? ドイツ語

ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

Aベストアンサー

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても書き方に違いがあるので、書物ではなく、実際に書かれたものを見て学ぶしかありません。たとえば、ä、ü、öなどのウムラウトも、楔のような二本の縦線を書く人もいれば、ā/ă/ō/ŏ/ū/ŭのような書き方をする人もいます。下のサイトに動画があり、現在のドイツの学校でどのように文字の書き方を教えているかを見ることができます。いくつかの文字で、英語の筆記体との違いがわかると思います。
http://www.swr.de/landesschau-rp/gut-zu-wissen/kulturgut-oder-ueberkommener-lernstoff-ist-schreibschrift-noch-zeitgemaess/-/id=233210/did=15905510/nid=233210/8ggx63/

現代の筆記体の基本的な字体はNormalschriftといいます。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/06/Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg/471px-Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg

英語の筆記体と比較してみてください。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/00/Cursive.svg

>ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

昔のドイツ語の筆記体は、今のものとは全然違います。Kurrentschriftといって、特にオーストリアの役所などで使われたものです。時代によって大きく違いますが、日本の独和辞典などにドイツ語特有の筆記体として掲載されているものは、ルートヴィッヒ・ズュッターリンという人が1911年にドイツ文化省から依頼されて、それまでの筆記体をもとに学校教育用に考案したもので、Sütterlinschriftと呼ばれているものです。しかし、1941年にナチス・ドイツが、このSütterlinschriftや活字のフラクトゥールの使用を禁じ、先述のNormalschriftに切り替えました。Sütterlinschriftは、戦後も1980年代までは部分的に教えていた学校もありましたが、基本的には1941年以降はNormalschriftです。
あくまでも現代ドイツ語の実用範囲でのことなら、Normalschriftだけ知っていれば十分です。過去の偉人の手書きの原稿や書簡などを読みたい場合は別です。今のドイツ人の多くは、KurrentschriftやSütterlinschriftが読めないので、祖父母の残した手紙などが読めないというのはごく普通にあることです。
ただ、日本に書道があるように、ヨーロッパにもカリグラフィーという芸術的な文字の書き方があり、そこではSütterlinschriftはまだ応用されています。
http://www.stehsatz.com/portfolio/page/33/#2770

この古い筆記体は、17~19世紀に下のように変化しています。
http://www.suetterlinschrift.de/Lese/Kanzlei1.htm

これらをもとに1911年に考案されたSütterlinschriftの一覧が下のものです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/59/Deutsche_Kurrentschrift.svg/524px-Deutsche_Kurrentschrift.svg.png

もしこういった筆記体の書き方に興味があるのなら、下のサイトのPDFをダウンロードして参考にしてください。
http://www.kurrent.de/_html/uebungen.htm

実際に書かれたものの読み方の例は下のサイトで見ることができます。
http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Sutterlin.htm

http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Tips_and_tricks.htm

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても...続きを読む

Qドイツ語「私はドイツ語を学びます。」

ドイツ語で、「私はドイツ語を学びます。」という場合は、「ich lerne Deutsch.」ではだめですか?
Deutschは、何名詞ですか?

Aベストアンサー

それでいいと思いますよ。 Deutsch は中性ですが、冠詞は不要です。 但し ich ではなく、 Ich ですよね(^_-)

Q~ の読み方 ドイツ語。 ドイツ語ではなんと読めば良いのでしょうか。 例えば 18~30才だと日

~ の読み方 ドイツ語。

ドイツ語ではなんと読めば良いのでしょうか。

例えば 18~30才だと日本語では
18「から」30才ですよね。

重さ~重さ、体積~体積 単位は変われど、ようは数字~数字のとき どう読めば良いのでしょうか。

お教えください。

Aベストアンサー

bis かな?

Q語学の習得に歌は役立ちますか

語学の勉強に、歌は役立ちますか。

私の経験では、語学的に、少しは役立つ。
でもむしろ、苦しい勉強を乗り越えるため、興味を持ち続けるのに役立つ、といふ面が大きかつたやうにおもひます。特に、好きな歌の、その言語でのカバー曲は、効果がありました。

Aベストアンサー

聞く曲にもよりますね
スラングを言っているだけの曲ならあまりポジティブな結果にはならないでしょう。
一般のPOPな曲もいいかもしれませんが、やはり歌は口語と違って、文を途中で切ったりなど、文法的にはあっているが話してみるとものすごく変になってしまうことが多いでしょう(メロディに強制的い入れている感もありますしね)
自分が一番効果的に思えるのは、何もわからなくていいので、とにかくその言葉を話せる人と話すこと。
日本の中学校のように、機械的に文法を覚えるだけでは使えるわけがありません。
心で覚えるのが一番効果的かつ有効活用できます。

Qドイツ語、フランス語、中国語

今年から大学に入学することになりました。
大学には英語を勉強しに行きます。
私の通う大学の学部では、選択必須科目としてドイツ語、フランス語、中国語のいずれかを受けなければなりません。

初めはドイツ語を受けようと決めていました。
理由は、高校の頃(正確に言えば高3の頃)にたびたび講師の先生の友達として来ていた人がドイツ人で、少しドイツ語を教えてもらったりして興味があったからです。
それに、ドイツ語は英語によく似ているとも言うので、覚えやすいのかなと。
しかし、これから先のことを考えると、やはり中国語が一番役に立つのかなと思ったりして・・・。
フランス語やドイツ語も、覚えてマイナスになることは決してないとは思いますが、プラスになることを想定しても、あまりいい例が浮かびません。

みなさんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

まず英語をひたすら頑張ってください。
最低限TOIEC900点、英検1級くらいまでやりましょう。

第2外国語には、圧倒的に中国語を勧めます。
中国が日本の巨大な隣国であること。経済的な成長に加えて、さらに歴史的な付き合いもある。
日本に滞在している外国人も中国人が1位です。ドイツ人よりも中国人のほうが身近な存在です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA

ドイツ人は英語が上手いので英語で会話すれば済みます。
また以前は医学や物理学、化学、工学、哲学などの分野でドイツ語の優位がありましたが
21世紀に入ってからはそれほどでもありません。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報