TDIとPPGという物質は有害ですか?っていうかどんな正式名称(学術名?)なんでしょうか??質問者本人がよくわかっていないので申し訳ないですが、おわかりになられる方がいらっしゃれば是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

正式名称はhebikeraさんの言われてるのでいいと思います。


毒性については、神奈川県の環境科学センターで化学物質情報が検索できます。
http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/menu.asp
TDIは英語名称でTDIで検索して下さい。

ポリプロピレングリコールは下記にMSDSがあります。
http://www.jpca.or.jp/61msds/j7cb49.htm

参考URL:http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/menu.asp
    • good
    • 0

TDIもPPGもともにポリウレタンの材料ですね。


TDIはジイソシアン酸トリレン(Tolylene Diisocyanate)といい、トルエンに2つのイソシアナート基が結合したものです。イソシアナート基が2,4にあるものと2,6にあるものとの混合物として用いられますが、2,4体は有毒です。
PPGはポリプロピレングリコール(Polypropylene Glycol)です。ジオール型とトリオール型がありますが毒性に関する表記は見当たりませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTDIナイフとは?

最近米軍で主流になっているらしいTDIナイフですが、カランビットのような独特の形をしていますが、どんな利点があるのでしょう。また「TDI」とはどういう意味なのでしょう。
マニアックな質問ですがお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

> 最近米軍で主流になっているらしいTDIナイフですが

そうなんですか・・・。

このTDI Knife(Knives?)って名称で出ているのってKA-BARのヤツ
しかなかったと思うのですが。最近他からもリリースされたんですかね?

T.D.I(TACTICAL DEFENSE INSTITUTE)は オハイオ州にある銃器の
取扱や自己防衛の訓練を行う民間のトレーニング会社で、KA-BARと協同
でタクティカルナイフを作って、それがTDI Knifeという商品名で出て
いると思います。

TDIのサイト(下記 参考URL)のPro-Shopからも入手出来るみたいです
ね。


> どんな利点があるのでしょう

うーーーん、このTDIは15年以上も(こういったトレーニングの)実績が
あるんで、そこで培ったノウハウが詰められているのでしょうが、サイト
内にこのTDIナイフを使った デモ動画がありまして、一般的なフォール
ディングとの"ナイフハンドリング"の比較があります。
詳しい内容は"全編英語"ですんで、あまり理解出来ませんでしたが(^^ゞ
当然TDIのほうが 断然短時間で目的が達成できる、というような内容に
なっていますので、お時間があれば 見てみてください。

こんにちは

> 最近米軍で主流になっているらしいTDIナイフですが

そうなんですか・・・。

このTDI Knife(Knives?)って名称で出ているのってKA-BARのヤツ
しかなかったと思うのですが。最近他からもリリースされたんですかね?

T.D.I(TACTICAL DEFENSE INSTITUTE)は オハイオ州にある銃器の
取扱や自己防衛の訓練を行う民間のトレーニング会社で、KA-BARと協同
でタクティカルナイフを作って、それがTDI Knifeという商品名で出て
いると思います。

TDIのサイト(下記 参考URL)のPro-Shop...続きを読む

Q有害物質除去技術

有害物質を別の物質との化学反応で無害化する
技術があり、大学などでも研究していると
聞いたのですが、今の段階では一部の有害物質にしか
対応できてないということは、
今後、大いに研究の余地があるということでしょうか。
この技術にはきたいできるのでしょうか。
詳しい方がおられましたら、是非、教えてください.
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

単に有害物質と言ってもかなり広範になるので、その物質により処理方法は異なることは容易に想像できると思います。
例えば重金属類、特定化学物質類、洗剤などの排出物・・・。

際限がなくなるのでご質問の化学反応ですが、現在広く行われている方法として、有害ガスなどを触媒に接触させ分解無毒化する方法などがあります。これは触媒の酸化反応あるいは還元反応を利用しますが有害物質に応じて適正に選択して用います。これは自動車の排ガスにも利用されているので身近に分かりますよね。
また化学物質を利用する工場の排ガス処理などにもよく利用されていて炭酸ガスや水、窒素など無毒の物質に転換します。

吸着はどちらかと言うと化学反応というものではありません。
例えば身近なところで活性炭や、前出(NO3)のゼオライト利用がこれに当たります。なおゼオライトは表面に非常に微細(とても顕微鏡程度で見えるものではありません)な孔が空いていてそこに対象物をすっぽりとはめ込み閉じ込めてしまうものです。一旦吸着したら殆ど離すことは不可能に近くなります。でもこのゼオライトの処理自体が問題になることもありますし、水分に弱いことが大きな欠点になってもいます。(水分子も吸着してしまいますので)
高温で燃やす方法ですが、どちらかと言うと酸化反応を利用した触媒を利用することに共通してますが、より高い経済効果或いは複生成物の発生の有無などを勘案して選択します。
化学反応といっても反応させる物質や、反応した後の物質が有害なものでは何にもならないので選択岐はおのずと限られています。研究段階のものはまだ非公開なので残念ながら。。。

ちなみに触媒(環境触媒と言うこともあります)などは相当以前から研究されているもので、最近では光触媒(酸化チタンを利用)などが耳新しいですね。
興味を持つことは素晴らしいことですよ。これからも色々と勉強なさって、出来れば私からのお願いですが是非環境問題にも視野を広げてみて下さいね。

単に有害物質と言ってもかなり広範になるので、その物質により処理方法は異なることは容易に想像できると思います。
例えば重金属類、特定化学物質類、洗剤などの排出物・・・。

際限がなくなるのでご質問の化学反応ですが、現在広く行われている方法として、有害ガスなどを触媒に接触させ分解無毒化する方法などがあります。これは触媒の酸化反応あるいは還元反応を利用しますが有害物質に応じて適正に選択して用います。これは自動車の排ガスにも利用されているので身近に分かりますよね。
また化学物質を...続きを読む

QダイオキシンのTDI

ダイオキシンについてなのですが、健康影響の観点からヒトが一生涯摂取し続けても耐えうる一日の限度量として、耐容一日摂取量TDI(Tolerable Daily Intake)が定められています。一方、食品添加物や農薬などの許容量としては許容一日摂取量ADI(Acceptable Daily Intake)があります。質問は両者の違いについて知りたいのですが。
素人の考え方としては、添加物や農薬については有害性はあるかもしれないが、有益性も認められるため、意図的に使用されている物質であるのに対して、ダイオキシンは非意図的に生産されてしまう性質上、TDIは示されても暴露量は最小限にとどめるべきだという含みやニュアンスがあるように思うのですが。
あえて、ダイオキシンについてTolerable Daily Intakeという言葉を用いた経緯などの情報。またTDIという指標はほかの分野や物質で用いられているのでしょうか、この辺の事情や情報をお持ちの方教えてください。

Aベストアンサー

一応、一般には下記のように定義されますが、混同されて使われていることも
多いです。

TDIとは、「健康影響の観点から、一生涯摂取しても、一日当たりこの量までの摂取が耐容されると判断される量。本来混入することが望ましくない環境汚染物質(ダイオキシン類は最適の例)などの場合に用い、摂取する利益がないことから、一般に、暴露は最小限に抑えられることが望ましい」と定義されている。一方、ADI (Acceptable Daily Intake、許容一日摂取量)は、「健康影響の観点から、一生涯摂取しても、一日当たりこの量までの摂取が許容されると判断される量。それを使用することによる利益があり、意図的に使用される物質(例、食品添加物、農薬)の場合に用いられる」という定義・・・

参考URL:http://www.nihs.go.jp/center/dioxin/990217/dioxin03.html

Qクロームメッキは有害化学物質?

水銀、カドミウム、鉛、六価クロム、PBB、PBDEの六種類がRoHS指令されています。
クロームメッキと六価クロムは違うものでしょうか?
化学にうとくてすみません。

Aベストアンサー

 6価クロムは主に皮なめしに使われているもので、金属クロムめっきは金属のクロムですので、そのものには害はありません。
 ただ、最近まではめっきの過程で6価クロムが使われていて、作業者がクロム中毒になったりすることが多かったようです。

 1つ目のリンクは、健康への影響、2つ目のリンクは、イオン反応式がかかれています。

参考URL:http://www.kanazawa-plt.co.jp/overview/OV-Cr.htm,http://www.permelec.co.jp/../../%93d%8B%C9%97p%93r_%8DH%8B%C6%95%AA%96%

QTDIとPPGという物質は有害ですか?

TDIとPPGという物質は有害ですか?っていうかどんな正式名称(学術名?)なんでしょうか??質問者本人がよくわかっていないので申し訳ないですが、おわかりになられる方がいらっしゃれば是非教えて下さい。

Aベストアンサー

正式名称はhebikeraさんの言われてるのでいいと思います。
毒性については、神奈川県の環境科学センターで化学物質情報が検索できます。
http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/menu.asp
TDIは英語名称でTDIで検索して下さい。

ポリプロピレングリコールは下記にMSDSがあります。
http://www.jpca.or.jp/61msds/j7cb49.htm

参考URL:http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/menu.asp

Q備長炭で、有害物質はとれるの?

こんにちは。

我が家では、備長炭を使って水のなかの消毒の塩素臭などを取り除いています。疑問に思っているのですが、この備長炭でその他の有害物質、例えばトリハロメタンとか、トリクロロエチレン、農薬、大腸菌、などといった有害物質は除去できるのでしょうか?・・常に、ボイルをして備長炭は活性化?しています。
単純な質問で申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

入っている量にもよりますが、列記された例の中では大腸菌以外は除去(低減)できるはずです。
また、有害なもの意外に有益なミネラル類、ビタミン等も除去してくれます。
備長炭により有害物質が取れるのは、脱臭(活性炭)剤と同じで、有害物質等を表面に吸着するためです。そのため、大きなものは取れませんし、有害/無害の選別も行われません。

Qランドローバーディスカバリー Tdi カウンティ

これから1999年式(平成11年)のランドローバーディスカバリー Tdi カウンティの購入を考えています。
大変壊れやすい車だと聞いて購入になやんでいます、
走行距離は9万6千キロ、車検2年付きで総額¥98万になります。
高いでしょうか?安いでしょうか?
元々欠陥車みたいなので多少のオイル漏れがあるみたいですが、メンテナンスを細めにおこなえば永く乗れる車みたいですが・・・

購入したとして5年は乗るつもりですが、あまりにもランニングコストがかかるなら、ランクル70かその他のディーゼル4WDにしたいと思っています。

これまでにランドローバーディスカバリーTdiに乗られたことのある方もしくはオーナーの方教えてください。

Aベストアンサー

まず先にLR Disは欠陥車ではありません。
何を根拠に欠陥車扱いですか?
しかしながら走行距離96000kmでは車検が満タン2年ついても98万円は異常に高いと思います。
相場的に高くないですか?
1999年式ですよ?
おいしいところは当の昔に過ぎた車両と思われますが・・・
オイル漏れに関しては年式から考えても漏れていないのは不思議です。
よほど前オーナーが手を入れてれば違いますが・・・・
メンテナンス的にもTdiはV8ディスコと違って維持費はさほど掛かりませんが年式的に消耗部品関係は他メーカーと同じく掛かります。
エンジンに関しては丈夫そのものです。
しかしながらディーゼルという点を考えればランクルや、その他と同じくグロープラグやセジメント、インジェクションポンプの故障は出ます。
しかし足廻りに関しては国産4WDと違いフリーハブ等の複雑な構造はしておらずスイベルハウジングを採用してるのでメンテナンスはあまりお金がかかりません。
年式が古くても国産と違い10年で生産終了ということはないので必ずインポーターやパーツサプライヤーから入手できます。

まず先にLR Disは欠陥車ではありません。
何を根拠に欠陥車扱いですか?
しかしながら走行距離96000kmでは車検が満タン2年ついても98万円は異常に高いと思います。
相場的に高くないですか?
1999年式ですよ?
おいしいところは当の昔に過ぎた車両と思われますが・・・
オイル漏れに関しては年式から考えても漏れていないのは不思議です。
よほど前オーナーが手を入れてれば違いますが・・・・
メンテナンス的にもTdiはV8ディスコと違って維持費はさほど掛かりませんが年式的に...続きを読む

Q化学物質について教えてください。最近ニュースで、アメリカで殺菌効果のある物質が禁止になったと聞き、日

化学物質について教えてください。最近ニュースで、アメリカで殺菌効果のある物質が禁止になったと聞き、日本ではまだ禁止になってないと思います。
また、調べてみると他にもヨーロッパでは禁止になってなる化学物質が日本では普通に使われていたりして、日本はきちんと規制していると思っていたのでビックリです。
ですが、反対もあるのでしょうか?
日本では禁止になってるけどもアメリカやヨーロッパでは使われている化学物質など・・・
なんだか、日本の規制は甘いのか、それともきちんとしているのか不安になってしまい、お聞きしたいです。

また、アメリカやヨーロッパで禁止されている化学物質はやはり避けるべきなのでしょうか?
日本ではかなり微量に含まれているだけなので過敏にならない方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず「〇〇は危険である」とか「〇〇は安全である」という単純なものではないということを認識する必要があるでしょう.

たいていの「化学物質」は, 量が過ぎると危険です. たとえばプロピレングリコール (PG はこれのことかな?) だと, Wikipedia によれば LD50 (半数致死量) が 18~24 g/kg となっているので, 体重 3 kg の乳児では 50~70 g くらい摂取すると約半数が死亡するという感じですね. そして, LD50 がこれより小さいものとしてはアセチルサリチル酸やアスコルビン酸, あるいは塩化ナトリウムなどを挙げることができます. つまり
プロピレングリコールは食塩より「安全」
と言えなくもないのです.

あと余計なことを言うと, 特に日本では「どうしようもなく食品添加物を使わざるを得ない」場面が存在します.

QTDI.SYSについて

いつ頃からこのエラーが出始めたのかわからないのですが、
PCを使用している最中に、いきなりブルースクリーンが出て勝手に再起動され、
また、PCを通常起動するときもブルースクリーンがでて再起動してしまします。

エラーの原因がわからなく困っています。頻度は通常起動するときの方が多いです。エラーのメッセージの内容は、

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.
DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
Technical information:
STOP:0x000000D1
TDI.SYS

と表示されます。調べてみたところ、0x000000D1とDRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUALに関することは
いろんな所で記述されているのですが、TDI.SYSだけが調べてみてもよく分からないのです。

エラーの原因はこのTDI.SYSに問題があるのだとは思うのですが・・・。
PCのスペックは以下の通りです。

Operating System: Windows XP Professional (5.1, Build 2600) Service Pack 2 (2600.xpsp_sp2_gdr.061219-0316)
BIOS: Phoenix - AwardBIOS v6.00PG
Processor: Intel(R) Celeron(R) CPU 2.80GHz
Memory: 1022MB RAM
Page File: 465MB used, 1946MB available

Display Devices
Card name: ALL-IN-WONDER RADEON 7500
Chip type: RADEON 7500 Series AGP (0x5157)
DAC type: Internal DAC(400MHz)
Device Key: Enum\PCI\VEN_1002&DEV_5157&SUBSYS_0F2A1002&REV_00
Display Memory: 64.0 MB
Current Mode: 1280 x 1024 (32 bit) (60Hz)
Monitor: Monitor Max Res: 1600,1200
Driver Name: ati2dvag.dll
Driver Version: 6.14.0010.6525 (English)
DDI Version: 9 (or higher)
Driver Attributes: Final Retail
Driver Date/Size: 3/23/2005 12:01:17, 225280 bytes

長文になり申し訳ないですが、知恵を貸していただけたらと思います。
よろしくお願いします。

いつ頃からこのエラーが出始めたのかわからないのですが、
PCを使用している最中に、いきなりブルースクリーンが出て勝手に再起動され、
また、PCを通常起動するときもブルースクリーンがでて再起動してしまします。

エラーの原因がわからなく困っています。頻度は通常起動するときの方が多いです。エラーのメッセージの内容は、

A problem has been detected and windows has been shut down to prevent damage to your computer.
DRIVER_IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
Technical information:
STOP:0x00000...続きを読む

Aベストアンサー

tdi.sysでWindowsの公式サイトを検索すると、どうもネットワーク関連のドライバに関する記述が多く見受けられますので、おそらくLAN関係のトラブルでしょう。

ファイヤーウォールのドライバが干渉していたりする場合もありますし、セキュリティソフトの不具合が原因である場合もあります。
私の経験ではウイル○バスターでした。

あと、PCのスペックは、OS・搭載メモリ・グラフィックボードの情報だけでなく、自作であればマザーボードのメーカーと品名・・・NECなどのメーカー品であれば型番を記載すると、その機能から原因を推測できるので、今後記載していただけますか?

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/887742/ja,http://sonobelab.com/knowhow/computer/vb2007.html

Q可塑剤の有害成分について

建築用の接着剤に含まれている可塑剤の成分について知りたいのですが、どなたかご存知の方教えてください。
インターネットで調べてみたのですが、漠然と可塑剤としか記されておらず、可塑剤の中の何の成分が有害であるかわかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
返事がおくれてごめんなさい。
さて、可塑剤の中に環境ホルモンの疑いのある物質があることは前回の回答で示したとおりですが、毒性については今のところ良く判っていません。
従って、基準値みたいな値は決まっていません。
環境ホルモンの影響は、一番懸念されているのは水生生物(魚や両生類・は虫類など)に対する、メス化の問題です。
これらの物質の人体に対する影響は少ないと言う結果が多いようですが、まだ解明されていないようです。
接着剤の有害性では、接着剤に使用されているワニスを分散させる目的のシンナーも問題があります。
シンナーの成分であるトルエン、キシレン、メチルアルコールなどは「労働安全衛生法」の「有機溶剤中毒障害予防規則」で「第2種有機溶剤」に指定されており、成分の表示義務があります。
接着剤を見ると書いてありますので見て下さい。書かれていない場合はそのような溶剤は使われていないと言うことです。
次に最近シックハウスと言う言葉も流行しています。
特に新築住宅での室内化学物質が問題になっており、接着剤や可塑剤が原因物質とされています。
詳しくは以下のURLを参考にして下さい。

参考URL:http://www.ohtake-zaimoku.co.jp/ohtake/examine.html

こんにちは
返事がおくれてごめんなさい。
さて、可塑剤の中に環境ホルモンの疑いのある物質があることは前回の回答で示したとおりですが、毒性については今のところ良く判っていません。
従って、基準値みたいな値は決まっていません。
環境ホルモンの影響は、一番懸念されているのは水生生物(魚や両生類・は虫類など)に対する、メス化の問題です。
これらの物質の人体に対する影響は少ないと言う結果が多いようですが、まだ解明されていないようです。
接着剤の有害性では、接着剤に使用されているワニ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報