本職にバレずにバイトをしたいのですが、単発のバイトなら確定申告のときにバレませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

誰もそんなことを断言できません。



住民税でばれることを心配されているのかもしれませんが、給与支払者などは、その支払いの事実について、給与支払報告などと言う手続きなどで、あなたの住所地の市役所や国(税務署)へ報告する義務があります。

単発仕事などは、雇っている会社もその事務負担等などからしっかりと報告や手続きをせずにいたことでしょう。しかし、その会社に税務調査に入ることとなれば、税務署はあなたへの支払いなども把握することとなります。税務署が所得税などを是正等を行えば、その内容はあなたの住所地役所へ連絡されることでしょう。

今後はマイナンバーが手続きについて回りますし、給与支払報告等の手続きも厳密化していく方向性となっています。

私が思うに苦しいからバイトなどと言うような人でも、バイト前でもぎりぎり生活できているのですよね。たかが小さいバイトを勤務先にばれることで、リストラの対象となったり、就業規則違反で処罰されたり、昇給や昇格の資格を失い、最悪、降給や降格、解雇となれば、さらにきつくなるのですよね。
だったら割り切って、勤務先に相談のうえでバイトを認めてもらったり、バイトをしなくてよい仕事に就ける努力をすべきだと思いますね。あとは解雇覚悟でバイトするぐらいのつもりで行動し、びくびくしないことです。

私も隠れてバイトをしましたが、ばれて厳しいことを言われたら、給料が足らないからと明言し、問題とされるぐらいだったら退職すると伝えるぐらいの気持ちでバイトをしたものです。ちなみに、私のその時の勤務先は、税理士兼社会保険労務士の事務所でした。当然、ごまかせる相手でもなければ、交渉などで勝てる相手でもありません。しかし、自分自身に自信もあったので、解雇すれば解雇下で勤務先が困ることも分かっていましたし、転職先を比較的早く見つける自信もありましたからね。
    • good
    • 0

俗にばれる、ばれないというのは、5月になって翌年分市県民税の課税明細書が会社経由で社員に届けられたとき、給与計算担当がよほど暇で年中24時間体制でこのサイトで上から目線で回答し、質問者のあら探しにいそしむような古狸さんだと、


「あら、この社員うちの給料だけより住民税が多いわね。さては・・・」
と感ずくわけです。

一方、そこそこ忙しい事務員さんが担当なら、社員の明細などいちいちチェックせず、月々の天引き額を見るだけですから何事もおきません。

さて、あなたの会社には古狸さんがいるのでしょうか。
    • good
    • 3

>確定申告のときにバレませんか…



それはありません。

あるのは、5月になると新年度分住民税の課税明細が、会社経由で社員に届けられます。
このとき給与計算担当が、よほど暇で社員のあら探しにいそしむお局さんだと、
「あらっ、この社員うちの給与だけより住民税が多いわね。さては・・・」
となるわけです。

一方、そこそこ忙しい事務員さんが担当だと、社員の課税明細などいちいちチェックせず、月々の給与天引き額を見るだけですから、何事もおきません。

さて、質問者さんの会社はどちらのタイプでしょうか。

なお、市役所からあなたの会社に、「○○さんは年末調整の金額と違いますよねぇ」などという問い合わせが来ることはありません。
2社以上から給与を得ることが法律違反になるわけではありませんので、市役所が不信に思うはずありません。
市役所は勝手に 2社分足して住民税を課税してくるだけです。
    • good
    • 0

確定申告の時にはバレません、時期が違うから



バイト先が、役所に誰々に給料をこれだけ支払ったという届け出をしますので、役所からあなたの会社に○○さんは、○○という会社からも給料が支給されていますけど、年末調整の金額と違いますよねぇ、どうなってるんですか?と聞かれる事で、バレますので

バイト先が、まともで無ければ、市役所の届け出をしませんから、バレませんけど、そんなまともじゃないバイト先をうまく、見つけられますか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q確定申告をした事がないのですが...(副業で収入を得ています)

私は現在会社員として勤務しています。
それとは別に、個人でも同じような仕事をしていて、収入を得ています。
副業での収入は、年間で200万~300万程度あります。
(ソフトウェア開発の仕事です)

このようなスタイルで収入を得るようになってから3年以上経過していますが、いまだに確定申告というものをしたことがありません。
そこで質問なのですが

・そもそも確定申告は義務なんですか?
・確定申告した場合どんなメリットがあるのでしょうか?
・確定申告しないとどんなメリットがあるのでしょうか?

ちなみに、副業で得ている収入は、源泉徴収(10%引き)されたりされなかったりまちまちで振り込まれてきます。(源泉徴収が何かよく判ってもいませんが...)

このまま確定申告をしないで続けていくと、何らかの懲罰がきそうで細菌怖いです。識者の方、どうか手ほどきをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
一応確定申告していますので経験者とします。

まずきちんと確定申告した場合は脱税で摘発されることが無くなります。
言い換えれば副収入があっった場合は(20万円を超える)必ず確定申告しなくてはなりません。しないと脱税として摘発対象となります。

なお、重加算税を含み以前にさかのぼって追徴になりますので現在ばれていなくともあてにはならなく非常にリスクが高いと言えるでしょう。
また、取引相手先に税務調査が入れば当然ばれることになりますので正直に申告されることをお勧めします。
なお源泉徴収されているなら税金還付される可能性が高いので申告するメリットが高いのではないでしょうか。
ちなみに取引相手も源泉徴収の義務があり、徴収してあれば当然ばれることになります。

住民税など自分で払えば現職場に知られることも少ないと思いますので今からでも正直に申告しましょう。

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q親にばれずにバイト・・・

今高校2年のものです。今通ってる学校はバイト禁止なんですが、
まわりの友達は結構やってます。そこで自分もやりたいと思っているのですが、
学校はたぶんバレないからいいとして親は学校の規則は絶対に守る人なので大学に入るまでやらしてくれません。そこでヒソかにやりたいと思うのですが家にばれずにバイトはできるんでしょうか?

Aベストアンサー

週何回のペースでやるかにもよると思うのですが、いっぱいやりたい場合は親にばれずにやるのは難しいと思います。でも、日曜とか土曜日だったらファミレスとかでも出来ると思います。あたしも、土日だけファミレスでやってたのですが、8時間労働とかして、4万は稼げました。あと、登録のバイトは即日に働いたお金をもらえたり、空いてる日だけ働けたりするので、おこずかい程度にはなると思います。ご参考になればうれしいです♪

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q短期バイト?インターンシップ?とにかくバイトしたいです

就職活動のために、今までバイトをしてこなかったので、エントリーシートのために経験をいまからちょっとやっとこうと思うのですが、こういうとき、
インターンシップのほうがいいんでしょうか。
それとも、いろんな業種の短期バイトをいろいろ経験したほうがいいんでしょうか。
お金が第一全然なくて、困ってます。
時給がいいほうが、そりゃいいんですが・・・

Aベストアンサー

就職活動お疲れさまです。これからですもんね。がんばってください。

エントリーシートに書くとのことですが、企業にとったらインターンシップの方がいいでしょうね(どちらかというとという程度ですが)

インターンも長期バイトもそうですが、同じところである程度働くということは短期バイトと全然違います。長くやると仕事を覚え信頼してもらえ、仕事に対して受け身で無くなるからです。バイトという身分でありながら会社の一員として働ける自負がもてます。
 短期バイトだとこうはいきません。短期バイトをしても、初めての仕事、当然こちらは何もわからない訳で、言われたことをこなす感じになりますよね。

特にインターンの場合は、バイト以上に社員と同じようなことを任されたりするっていう意味、よい評価がされるかもしれません。

 でも短期でも、何度も行ったりして積極的に仕事ができるようになれば、得られる物もあるかもしれませんね。要はバイトをしたかじゃなく、そのバイトから何を得たのかを問うてくるのですから。

短期バイト探すなら学生相談所や、登録制の会社に登録するのがてっとりばやいでしょう。

就職活動お疲れさまです。これからですもんね。がんばってください。

エントリーシートに書くとのことですが、企業にとったらインターンシップの方がいいでしょうね(どちらかというとという程度ですが)

インターンも長期バイトもそうですが、同じところである程度働くということは短期バイトと全然違います。長くやると仕事を覚え信頼してもらえ、仕事に対して受け身で無くなるからです。バイトという身分でありながら会社の一員として働ける自負がもてます。
 短期バイトだとこうはいきません。短期バ...続きを読む

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qビラ配りのバイトを週5でしようとおもっています。 ビラ配りのバイトは大変ですか? また、ビラ配りのコ

ビラ配りのバイトを週5でしようとおもっています。
ビラ配りのバイトは大変ですか?
また、ビラ配りのコツを教えてください。

Aベストアンサー

結構受け取ってもらえなくて苦労しました。
男の人にティッシュを渡すときエロい感じがしてぷっと笑ってしまったり失礼しました。
相手のへその上くらいにくっつける感じで渡したらだいたい受け取ってもらえました。
頑張ってください。

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q年末調整・確定申告(前職を隠してしまった)

こんにちは。
このたび、とある小さな会社に正社員として採用頂いた者でございます。
もうすぐ年末調整・確定申告の時期でございますが、ひとつ大きな問題がございます。
恥ずかしながら、以前の職場に2か月ほど正社員として勤務しておりましたが、
内容の相違などがございました為、1か月前に退職しております。
また、給料の受け取りはあり(計35万円)、保険には未加入でございます。
(健康保険にも加入しておりません)

今回、採用を頂いた会社に渡した履歴書に、前職のことを書かずに面接に挑んでしまい、
見事採用となってしまったのです。

興信所を使われますと一発でバレてしまうので、その場合はもう仕方ないと考えております。
(詐欺ですもんね)

一番問題なのが、来年の年末調整と確定申告です。
自分で確定申告を行うと、なんとか知られずに済むとのことですが、
自分で確定申告に行くとして、以下の理由は通じるか考えていただきたいのです。

「現在母子家庭であり、市営住宅に住んでいて、家賃減免の手続きも兼ねているので、
自分で確定申告を行います」

実際母子家庭で、市営住宅に住んでおりまして、家賃減免も行わなければいけないので・・
ただ、それが確定申告を自分でしに行く正当な理由になるのかをお伺いしたく思いました。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。
このたび、とある小さな会社に正社員として採用頂いた者でございます。
もうすぐ年末調整・確定申告の時期でございますが、ひとつ大きな問題がございます。
恥ずかしながら、以前の職場に2か月ほど正社員として勤務しておりましたが、
内容の相違などがございました為、1か月前に退職しております。
また、給料の受け取りはあり(計35万円)、保険には未加入でございます。
(健康保険にも加入しておりません)

今回、採用を頂いた会社に渡した履歴書に、前職のことを書かずに面接に挑んでしま...続きを読む

Aベストアンサー

確定申告は来年ですよ。
会社には言わずに勝手に行けばいいことで。
理由は
2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
用紙の入手は
ネットで入力すれば
それをプリントすればいいだけです。
https://www.keisan.nta.go.jp/h22/ta_top.htm
住民税のところで
主たる収入以外を普通徴収にするというところに
チェックをいれないと
合算された額の住民税額になるので
注意した方がいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報