法定休日だと
時給が1.35倍になりますが

その日に週40時間を越えた労働も重なった場合
0.25がついて
1.60になりますでしょうか?

更に
その日8時間を越えたら
更に0.25がついて
1.85

更に22時を過ぎて働いたら深夜割増0.25が付いて
2.10
になるでしょうか?

宜しくお願い申し上げます。

質問者からの補足コメント

  • 会社の就業規則には書いていません。
    法律の話です。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/04/24 02:09

A 回答 (5件)

回答に先立ち、法定休日を「労基法に定める『週1回の休日』」の事であると意味合いを定義させていただきます。



> 法定休日だと
> 時給が1.35倍になりますが
> その日に週40時間を越えた労働も重なった場合
> 0.25がついて
> 1.60になりますでしょうか?
法定休日の労働時間数は、週40時間を超えたかどうかの判別とは別カウントとなりますので、法定割増率は『休日労働の3割5分以上』のままです。
尚、これは深夜労働に該当していないものとしての回答です


> 更に
> その日8時間を越えたら
> 更に0.25がついて
深夜労働に該当していないのであれば、依然『3割5分以上』のままです。


> 更に22時を過ぎて働いたら深夜割増0.25が付いて
> 2.10
> になるでしょうか?
深夜労働は法定休日を行った際にも適用されますので、休日労働の3割5分以上+深夜労働の2割5分以上=6割以上となります。



他の方も書かれていますが、割増率は次のいずれかとなります
・時間外労働 2割5分以上
・時間外+深夜 5割以上
・休日労働 3割5分以上[同時に時間外労働としてカウントはしない]
・休日+深夜 6割以上
    • good
    • 0

法定休日における0時から24時までの間においては、



35%増しと、深夜(0時から5時および22時から24時)60%(=35+25)増しのふたパターンだけです。

週40時間のカウントは、法定休日以外の週6日(週休制における)のみのカウントとなり、法定休日労働は組み込まれません。
    • good
    • 0

法定休日に8時間を超える時間外労働をしても1日単位では割り増しにはなりません。

(1.35増のみ)
ただし、週40時間を超える時間については時間外の割り増しがつきます。
(+0.25)

また、休日の深夜労働は1.35+0.25増になります。
    • good
    • 1

面倒なのでリンク先を読んでください。


http://okayama-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hour …
    • good
    • 0

会社の就業規則を見れば書いてあると思います。


その他、各種の休暇などについても書かれていますし、
読んでも損にはなりませんよ。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q回答どうか宜しくお願い申し上げます。

長文です。回答宜しくお願いします。

つい先日まで付き合っていた男性とのトラブルなんですが、私は以前彼を一度裏切った事があり、信頼関係を取り戻す為、お金を払うなら信じるみたいな事を誘導され30万支払いました。

それから付き合いを続けていましたが、彼の浮気が発覚。ホテルのカードが出て来ました。けれどそれを自分の物ではないと言い張り結局は持って帰られました。

色々付き合って来た中で今まで喧嘩になれば、ありえないような誹謗中傷などの言葉(メールで)も受けた事もあり、許せなくなって、以前渡した30万を返して欲しいと言いました。そして返して貰えないのならば、今までのあなたにされて来た事の真実をあなたの会社に言います。と言いました。

ですがもうむなしくなり、疲れたのでもう会社にも連絡しませんのでとお別れのメールを送ったら、迷惑防止条例違反と恐喝未遂で告訴すると言われました。

 私が警察で誹謗中傷メールの証拠と今までの真実を話しても、告訴されるでしょうか? 

もしされた場合、私はどう対処する事が一番良い道でしょうか?
法律に詳しくないので是非教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。

長文です。回答宜しくお願いします。

つい先日まで付き合っていた男性とのトラブルなんですが、私は以前彼を一度裏切った事があり、信頼関係を取り戻す為、お金を払うなら信じるみたいな事を誘導され30万支払いました。

それから付き合いを続けていましたが、彼の浮気が発覚。ホテルのカードが出て来ました。けれどそれを自分の物ではないと言い張り結局は持って帰られました。

色々付き合って来た中で今まで喧嘩になれば、ありえないような誹謗中傷などの言葉(メールで)も受けた事もあり、許せなくなっ...続きを読む

Aベストアンサー

実際に、警察に行っても「痴話喧嘩」で片づけられる可能性のほうが高いでしょう。

恐喝ですが、簡単には成立はしません。

相談者さんが、脅迫言動(返さないと暴力団に頼む・殺しに行く・住めなくしてやる・会社を首にさせてやる等)がなければ、単に返して程度では恐喝にはなりません。

迷惑行為防止条例ですが、抵触する心配はありません。
何も迷惑をかけていませんし、彼が思っているから成立ということもありません。
金を返したくない・五月蠅い口を閉じさせたい・有利な状況で別れたいというのが本音でしょう。

一度、弁護士に相談すればわかりますが、心配することはありませんし、警察も元彼女に返還要求をされて逃げ込んできたと思われる程度でしょう。

Q法定外休日の割増の有無判定について

お世話になります。
毎回質問させて頂いて、皆様のご協力に大変感謝しております。

法定外休日の割増の有無判定について、よくわかりませんので、
ご教授お願い致します。

法定外休日の場合、基本的に時間外25%割増だと思うのですが、
その前提は、週40時間を超えた場合のみで、超えない場合、
時間外割増が付かないのでしょうか?

また、給与計算上、月始、月末に週がまたがる際、実際の週の
時間外割増は、週締め日(月曜基点の場合、日曜日が属する月)
の月に、週40時間を越えた時間外割増を払えばよいのでしょうか?

極端な例として、
月末(例8月)の週が、月曜日から土曜日(法定休日は日曜日)
であり、次の月(例9月)の始まりが日曜日であった場合に
各日10時間働くと、
8Hx6=48h(12hの残業含まず)で、8時間の時間外が発生
すると思います。
このとき、8月時点で、8時間分の割増を支払うのか、それとも、
次の月(9月)として支払うのかどちらでしょうか?
#就業規則で規定するものなのでしょうか?

随時計算をしていれば、8月の月に支払ったほうが、事務手続きが
煩雑にならない思うのですが、どうでしょうか?

お世話になります。
毎回質問させて頂いて、皆様のご協力に大変感謝しております。

法定外休日の割増の有無判定について、よくわかりませんので、
ご教授お願い致します。

法定外休日の場合、基本的に時間外25%割増だと思うのですが、
その前提は、週40時間を超えた場合のみで、超えない場合、
時間外割増が付かないのでしょうか?

また、給与計算上、月始、月末に週がまたがる際、実際の週の
時間外割増は、週締め日(月曜基点の場合、日曜日が属する月)
の月に、週40時間を越えた時間外...続きを読む

Aベストアンサー

(1)労働基準法第37条の規定では、1日8時間・1週間40時間の法定労働時間を超えた場合に割増賃金を支払うこととなっているので、法定外休日に出勤しても週40時間を超えない場合は割増賃金を支払う必要はありません。例えば、月曜~金曜に7時間ずつ働いて、法定外休日の土曜に5時間働いた場合、週法定労働時間を超えないため、通常の賃金を支払えばよいことになります。
 就業規則に「法定外休日に出勤した場合は○%増しの賃金を払う」などと規定されていれば、それによります。

(2)週の途中に月の賃金締切日がある場合、週締め日が属する月の期間の賃金として週割増賃金を支払っても、賃金毎月払いの原則には反しないものと考えられます。週締め日にならなければその週の時間外労働がどれだけなのかはわからないですし、月の締切日があるかどうかで週の扱いを変えるのも妙なので、それが妥当と思われます ……が、就業規則に何か規定があればそれによります。

Q週40時間越えの残業時間と休日割増について

週40時間越えをした場合の残業割増と法定休日割増について教えて下さい。

<1日7時間労働が週6日間の場合>
合計42時間のうち2時間が残業割増(0.25)されるというのはすんなり理解できるのですが

<1日7時間労働が週7日間の場合>
合計49時間となり、そのうち7時間は休日割増(0.35)となりますよね?
週40時間を超えているので、残業割増と休日割増はどのように取り扱えば良いのでしょうか?

1.9時間分残業割増 + 7時間分休日割増

2.2時間分残業割増 + 7時間分休日割増

また、休日割増の中には残業割増が含まれているのでしょうか?
それによって上記1か?2か?が分かれるような…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他の方の回答文を読んでいないので、重複していたらお許し下さい。

法により、1週間に1日の休日を与える必要があり、それを与える事が不能となった最後の労働日が「休日労働」となるという考えに基づけは、今回の休日労働は7時間。
すると、
週の総労働時間49H-休日労働7H-法定労働時間40H=時間外労働2H
よって、法条文及びここでは紹介していない通達を根拠として会社に有利な解釈で行えば、2番が正しい。

一方、就業規則や賃金規定で仮に「週の起算は日曜日とする。日曜日及び土曜日を会社の休日とする。会社の休日に労働させた場合には法に定めた割合で割増賃金を支払う」と定めているのであれば、それに従う必要があるので、14時間の休日労働となります。

> また、休日割増の中には残業割増が含まれているのでしょうか?
割増率の考え方は、次の2つなので
・時間外労働(25%) OR 休日労働(35%)
・深夜労働(25%)の加算の有無
法定労働時間を超過した労働時間が次のいずれに該当するのかを個別に考える事となります。
・時間外労働
・時間外労働+深夜労働
・休日労働
・休日労働+深夜労働
よって、1時間の超過労働が「時間外労働+休日労働」となることは有りません。

他の方の回答文を読んでいないので、重複していたらお許し下さい。

法により、1週間に1日の休日を与える必要があり、それを与える事が不能となった最後の労働日が「休日労働」となるという考えに基づけは、今回の休日労働は7時間。
すると、
週の総労働時間49H-休日労働7H-法定労働時間40H=時間外労働2H
よって、法条文及びここでは紹介していない通達を根拠として会社に有利な解釈で行えば、2番が正しい。

一方、就業規則や賃金規定で仮に「週の起算は日曜日とする。日曜日及び土曜日を会社の...続きを読む

Q法定果実と法定利息

父が亡くなり遺留分減殺請求を行っています。法定相続人は私と兄の二人だけです。父は賃貸マンションを所有しており毎月家賃収入がありました。現在は、兄が全額受け取っていますが、当然、家賃収入の遺留分(法定相続分1/2×遺留分1/2)である1/4は法定果実として私は受け取る権利があると思いますが、この場合、法定利息年5分は受け取れるのでしょうか?

もし、受け取れるとしたら、どのように計算するのでしょうか?相続開始から、すでに6年が経過しています。毎月の家賃収入ごとに日割り計算するのでしょうか?

Aベストアンサー

法定果実とか法定利息とか難しいお問い合わせですが、現在、遺留分減殺請求の訴訟中でしよう。
それならば、その訴訟でwencyan さんの持分権は確定するでしよう。
確定した段階で、賃料を全額兄が受領しているならば、受領している中からwencyan さんの持分割合分を請求すればいいのではないですか。
そうでなくても、つまり、持分割合の請求は「損害賠償請求」なので、兄が賃借人から幾ら貰っていてもwencyan さんが独自に「賃料相当損害金」請求すれば、それでいいです。
繰り返しますが、持分権の割合を確定し、その割合で損害金を請求します。
勿論のこと、一定額の損害金とそれに付随した法定利息の請求はできます。
法定果実としての請求ではなくて、所有権に基づいた「損害金」の請求です。

Q法定後見人は被後見人の「法定代理人」である。

被後見人(父親)は生前から二男との間で不動産訴訟があって、地裁一審では被後見人が全面勝訴し、被後見人のものになりました。
それを二男が控訴し、控訴審では土地(敷地)を二男へ、建物(自宅)を被後見人へという和解が成立しました。
そこで質問ですが――
和解素案、和解勧告、和解協議は被後見人側は後見人1人が対応して二男以外の相続人4人には意見を求めることもなく、証拠資料の提出をもとめることもありませんでした。
訴訟理由書も和解素案も決定前には、全く見せてもらえずに高裁が和解調書を通知した後に、裁判所へ出向いて閲覧して知りました。

俗に、後見人は「法定代理人」と言われますが、相続人を無視して被後見人の代理権限を行使しても良いのですか。おかしいのではないかと思って質問させてもらいました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

父親が生きている以上、その推定相続人は、父親の財産にたいして、「期待権」はともかくとして、一切権利がない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報