特に決算月に関してですが、月末回収の手形を月末を振出日として郵送にて受け取る場合、手元に届くまでに2日~3日を要し、月末振出手形は翌月2、3日後に手元に届くことになります。
決算月の自社受取手形として処理してよいものでしょうか?
それとも実際に受け取った日を自社受取手形の残高に加えるべきでしょうか?

A 回答 (3件)

原則として実際に受け取った日です。

ただし、重要性に乏しければ、決算月処理でも構いません。

手形は、「交付」つまりは相手方の手元に届くことによって効力を生じると解されています(判例)。言い換えると、受領してはじめて「手形」が存在することになります。ご質問の場合、「翌月2、3日後に手元に届」いた時点で手形の効力が生じ、その時点で手形が「手形」として存在し始めます。

仕訳は事実を反映させる必要がありますから、受取手形を認識し計上するのは、手形を受け取りかつ手形が「手形」として存在し始める受領時が原則です。ただし、重要性に乏しければこの限りではなく(重要性の原則)、決算月に計上しても構わないといえます。


もし簿記を勉強なさっていたのでしたら、受取手形の例題などを思い出してみるといいと思います。「約束手形を受け取った」「為替手形を受け取った」などと、必ず受領の事実のあることを前提にしています。ここからも、実際に受け取ってはじめて受取手形を計上するのが簿記の原則であり、一般的な会計処理でもあることを確認できます。

なお、決算日に手形受領権を何らかの科目で計上し、受領日に受取手形勘定へ振り替える方法も考えられなくはありません(金融商品会計基準7項、同実務指針233条参照)。しかし、この方法は一般的でなく、お勧めしません。
    • good
    • 1

先方に「決算月に付き末日までに届くようにお願いします」と伝えておけという回答がありますが、事業経営の実際を知らない人物ですね。

滅茶苦茶な回答です。

得意先は、毎月末日が定例支払日なのです。手形が末日までに当社へ郵送されるためには、末日の数日前に手形の振り出し、郵便局への持ち込み、などの事務を行う必要があります。当社のためにだけ得意先に負担を掛けさせることに抵抗を感じないのでしょうか。

得意先に迷惑を掛けることに思いを致すことができないのは、経営の現場を知らない証拠ですね。末日までに手形を入手したいのなら、末日に得意先へ集金に行くべきです。

さて、月末日を振出日とする手形が、翌月の2、3日に郵着した場合、受取手形の計上日はいつなのか、ですが・・

商習慣として、
1.月末日付で手形を受取計上し、同時に、
2.月末日付で売掛金を決済計上、
して差し支えありません。

この会計処理は、手形が当社に到着してから、日付を遡って行って下さい。
    • good
    • 0

>それとも実際に受け取った日を自社受取手形の残高に…



当然そうです。

>月末回収の手形を月末を振出日として郵送にて受け取る…

実際に受け取るまでは、振出日も金額も分からないでしょう。
そもそも、受取側にとって振出日なんか何の意味もありません。

>決算月の自社受取手形として処理してよい…

帳簿上で受け取ったことにしても、実際には郵送されてこなかったらどうするのですか。
考え方がおかしいです。

決算月だからどうしても決済してしまいたいのなら、先方に
「決算月に付き末日までに届くようにお願いします」
と伝えておく必要があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q約束手形の受取日は、振出日?振出日以降?

顧客への売上金が約束手形で払われます。
私の感覚ですと、手形振出日の1~2日前ほどに郵送し、手形振出日には相手先に到着しているものと思っているのですが、現在(転職後)の顧客は、振出日に郵送しており、受取日が数日遅れ(土日を挟むと特に)です。

それでいて領収書も発行し、送付する必要があるので、領収書日付は手形振出日が一般であるため、どうもしっくりしません。

一般的には、手形振出日は、顧客が手形を振り出す日で、郵送などで受け取る日ではないのでしょうか?その場合、遠方の顧客であれば、受け取りまで数日かかりますが、それは普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

一般的には、手形振出日は顧客が手形を振り出す日です。
手形振出日は予め注文書や契約書によって定められた日となっています。

ご指摘の通り郵送すれば受け取りまでのタイムラグが生じます。
じゃあどう捌くかってことになりますが
1)振出日に受け取った物とする
 領収証も入金処理も振出日で行うケースです。
2)入金日を手形受取日で処理する
 筋道からすれば、よりこちらが正確な処理です。
どっちの処理が多数かは統計でも取らない限りは解りませんが実体験では
1)のケースが圧倒的だと思います。

ただ振り出したものの何時までたっても送ってこない会社の場合は
受入日を入金日として会計処理を行うケースもあります。

手形に関する見解は下の方の書いてる通りでしょう。

Q手形の領収書の月日は手形振出日で良いのでしょうか?

初めて手形を扱うので質問します。手形の領収証の月日は手形振出日で良いのでしょうか? 
また 但し書きは どの様に書くのが良いのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

領収日は、あくまでもあなたがその手形を受け取った日です。振出日に必ず受け取れるわけではありません。

ただし書きとしては、
・約手
・○○銀行△△支店
・平成17年○月△日 (←支払日)

こんな感じでしょうか

Q自己宛為替手形の振出日

売掛金入金として得意先を引受人とする自己宛為替手形をもらいましたが 振出日の日付を(もらったときは日付が押されてなかった為)引受日よりも一日遅い日付で押してしまいました この場合訂正は可能ですか 本来なら振出日の方が先ですよね  得意先から新しい手形や訂正印はもらえなくて 困っています それとも このまま銀行に廻しても大丈夫でしょうか? 

Aベストアンサー

私も以前同じような失敗しましたが、振り出したのは自分の会社(になっている)ので、自分の会社の銀行印で訂正すれば、大丈夫でしたよ。
心配なら、取立てに出す銀行に確認すれば、よろしいかと思います。銀行によって取り扱いが違うかもしれないので…(窓口より営業外交さんの方が寛容かも。)

Q相手先に渡す約束手形の振出日の記入について

お世話になります。支払いで約束手形を使うことがあるのですが、以前勤めていた会社では、相手に渡す約手の振出日の部分は未記入でいいと言われました。しかし、次の会社では書かないと駄目だといわれ、混乱しています。どちらが正しいのでしょうか。以前のやり方でも特に問題は無いようでしたが、、、。

Aベストアンサー

寝る前に又、気になって開いています。
当社もずっと以前は廻り手形と言って、
受取手形を支払に充当するため、裏書譲渡していましたが、
最近はファクタリングシステムなどでその必要性もなくなったというところです。
そして、手形は完成しないとお金が動き出さない(出来高制でない場合)建設業などでもよく使われ、
大手さんでも150日とか切ってこられます。
支払サイトが長い=資金繰り困難というイメージではありません。
けれど、事業所の規模も様々ですし、
信用度の問題でしたら、それもうなづけることですね。

Q受取手形割引高と受取手形裏書譲渡高について

貸借対照表にある受取手形割引高と受取手形裏書譲渡高の意味がイマイチ分かりません。検索して色々調べてはいるものの、小難しい説明ばかりでなかなか本質、意味を理解するのが難しいです。どなたか分かりやすく教えて頂けないでしょうか?2つとも受取手形からそれぞれ派生するものと思っているんですけど・・・。簡単な例を挙げて貰えるだけでも非常に助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

失礼ながら、ご質問者様は簿記に対する知識レベルが不明なので、本当の初歩

1 手形の割引
 例えば平成22年3月31日期日の手形(額面100万円)を持っています。このまま持っていれば、期日には手形額面の金額がもらえます[通常は、銀行に取立て依頼をする]。しかし、会社は25日の給料(30万円)を支払うのに現金(預金)が不足するので、『上記100万円の手形を、25日に現金にしてくれ』と銀行に頼みます。銀行は5日早く現金を渡すので、一定の計算をして90万円を渡す。
 これを「手形の割引」とよび、「手形の割引」の対象となった手形の内、本来の期限が到達していない物の額面合計が『受取手形割引高』

2 手形の裏書
 会社は仕入れ代金などを手形で支払う事があり、基本的な形は自社が振り出した手形(支払手形)を先方に渡します。しかし、手元に100万円の受取手形があり、支払額も100万円であり、手形期日も同じだとした場合、手形を振り出さずに手持ち手形を渡しても良い訳です。
 これを「手形の裏書」とよび、「手形の裏書」の対象となった手形の内、本来の期限が到達していない物の額面合計が『受取手形裏書譲渡高』

失礼ながら、ご質問者様は簿記に対する知識レベルが不明なので、本当の初歩

1 手形の割引
 例えば平成22年3月31日期日の手形(額面100万円)を持っています。このまま持っていれば、期日には手形額面の金額がもらえます[通常は、銀行に取立て依頼をする]。しかし、会社は25日の給料(30万円)を支払うのに現金(預金)が不足するので、『上記100万円の手形を、25日に現金にしてくれ』と銀行に頼みます。銀行は5日早く現金を渡すので、一定の計算をして90万円を渡す。
 これを「手形の割引...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報